ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  > 

VALUとか、金儲けとか、生き方の根本について



コメ欄で
自分に、「ニートさんVALUをやりませんか?」、とか勧めてくれた人がいたので、
それについて、思ったことをここに書きます。



返信を普通にやろうとしたけど、これくらいの量のことを考えたので、とても書いてられなくなった。
めんどくさくなって、こっちに全部書くことにしました。

[ 2017/08/17 10:40 ] ニート生活 | TB(0) | CM(2)

最近のDDON事情 その2


(恐竜はティラノとアロとインドミナス、実はもう大体完成しています

(でも今度はラプトルができてない)
(どうせならラプトルは、通常のと、それを改造してブルーも作れるようにしたい、ということになった)

(そんなことばっかしてるので、いつまで経っても完成しない)


ところで、
結局最近1番時間を吸われてるのは やっぱりDDONなんです。


例えば
こないだのレベル上げ。


成長パスと報酬パスと安心サポートの3種のパスが、メールで無料で送られてきてたんです。
3時間分の奴が、二回分も来てた。 (そんなの要らないから冒険パスを一時間でいいからくれと思った)



で、これで元々レベル67だったウォリアーのレベルを、一気に80までカンストさせてきたんですよ。

計6時間ほど、延々と、賞金首狂侵ベヘモットを狩ってたことになります。



運営さんはこれで味をしめさせて、このトリプルボーナスのパスを売りたいみたいだけど、
ぶっちゃけ3時間の成長サポと3時間の賞金首ってのは、疲れるよ。

「3時間も同じ敵を連続で狩り続ける」なんてーキチガイじみた作業は、ニートくらいにしか出来ないと思う。
そして、ニートは課金しないんだから、誰もやらんよと自分は思う。



てか、カプコンなんだから、ロックマンとかDMC3みたいな、
ボスラッシュで経験値稼ぎできるコンテンツ作ればいいじゃん。
賞金首サイクロプス~賞金首狂侵ベヘモットまで、全種類の賞金首を順番に倒していくステージでもあれば、
割りと全然退屈はしないと思うんだけど、なんでそういうことしないんだろ。 


・・・
まぁそんな感じで、ウォリアーがレベル80になったんですよ。
IRも72です。
自分ウォリアーのステータス


続く。


[ 2017/08/15 19:09 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

鱗、鱗、鱗

 
もうずーっと鱗ばっか弄ってる。

他なんも出来てない。
ゲーム作りも全然。


なんかこの感じは、
「マップチップばっか作ってて全然ゲームが完成しない」

「キャラドットばっか作ってて全然ゲームが完成しない」

「キャラの立ち絵ばっか描いてて全然ゲームが完成しない」

・・・
みたいなのと同じですね。 ワナビあるある



しかもこれが終わったあとはウナゲリオンをリメイクする予定が入っている。
一生なんも終わらんですね。

だが作っててクソ楽しいんだから仕方がない。


肌をきめ細かく

肌をきめ細かく

とにかく最近やってるのはこういうことばっかり。


鱗のキメを整える。

肌をきめ細かく

こういう作業が、ブラシ機能で一発で終わるかというとそんなことはなくて
そのあとの調整に延々と時間がかかる。

隙間の開いてるトコとか
微妙に凹んでるとこを膨らませたり・・・


「鱗の流れ」みたいなのがそれっぽくなるように整えていかなけえればならない。



そしてこういう作業を自分は全部マウスでやってます。
延々と、こういう鱗を描く作業をぶちぶちぶちぶちマウスでやってるのだ。


(こういうパーツ毎に分割した作業とか、低品質の筆で延々とゴリゴリ書き込む感じとか、)
(結局すべて、100万ポリゴン以下縛りの中での最大のクオリティを出すためにそういうことをしてる)
(100万越えた状態で作業してるとsculptrisは落ちまくるから)



勿論キメを整えるだけじゃなくて、
全体の肌を整えたあとは、また、「大きいシワの流れ」をそこに書き込んでいく。

それでようやくスカルプトの作業は終わりになる感じ。


で、今大体、ティラノは終わったんですよ。
スカルプト、リトポ、UV、ベイク、着色、の大体のところが。

ティラノサウルス 一応
 ((まぁアップで見ると結局全然ヘボいんだけど、テクスチャの解像度的も仕方ないという諦めはあります))


勿論これもここで完成ではまったくなくて、この後のバランス調整が大事。

手がデカイですね。 頭が小さいですね。 なんかバランス変ですね。 しっぽももっとピンと伸びないといけない。
これを全力でかっこよくしていかなければいけない。

そういうのを直して、ボーン入れて、それで大体完成になるはずです。


で、今回は足とか尻尾とかのパーツを他の恐竜とも使いまわす予定だったわけだけど、
ティラノのスカルプトが出来たらそれで半分完成かというと、そうでもないっぽい。


ヴェロキラプトル


ラプトルの顔をここまでやってて思ったんだけど、
やっぱこのラプトルの鱗の感じとティラノの胴体じゃ、鱗のキメの感じが合わない。

(ちなみにこのラプトルの方は、ブラシ機能も使ってません。)
(これはもう全部「CREASE機能」だけで、線を刻み込むだけで、やってるようなもんです)

やっぱ恐竜のサイズが変わってくると、相対的に鱗の大きさが変わってくるので
描き方も変わってきますね。

こうなってくるとラプトルは結局、足も胴体も尻尾も、全部ラプトル用のスカルプトをしないとダメッぽい。



ラプトルに関しては、テクスチャも一苦労すると思う。



↑ジュラシックパークのラプトルのウロコはなんか蛇っぽくて、
鱗と鱗の間の溝になってる部分が、逆に明るく白くなってる
んです。

これ、アンビエントオクルージョンで表現できる代物ではないので、
結局、全部手書きで白い線を鱗と鱗の間に引いていくしかなさそうですね。

(AO画像をネガ・ポジ反転すりゃ済むって問題でもなさそう)


アロの方は別にティラノとの使い回しで行けると思う。

アロサウルス スカルプティング
この首のウロコの感じなら、さっきのティラノの胴体とくっつけてもさほど違和感なかろう。


ただ、ここでまーた思いついてしまったのが、
「どうせならアロを魔改造してインドミナスレックスも作れるようにしたいなぁ」ということ。



インドミナスに関しては、アロのこの顔を変形させるのプラス、

あとは胴体は↓こういう感じのを用意して、 (これはアロの手のベイクをするためのモデルに、背中の鱗だけ描いたもの)
インドミナス用の背中の鱗
その差分のトコだけノーマルマップとテクスチャに被せれば、行けるんじゃないかと思う。


そのために、アロの角は大分「インドミナス寄り」にするようにしてます。

アロサウルスの顔



・・・
とにかくそんな感じ。
ずーっと鱗のことばっかかんがえてる。


それ以外だと、今回は、「口の中」とかも気合入れてますね。

シンゴジラは「舌」を作らなくてよかったし、実は「歯茎」も考えなくてよかった)
 (その代わり喉の奥のヒダヒダが厄介だったんだけど)

(あとインドミナスは歯茎作らなくてよさそう。 あれも口の端から歯が生えてる)


も一応、内側に「ナイフのようなギザギザ」が刻まれてるようにしてる。知らんけど。
恐竜の歯のギザギザ


歯茎から分けて作ってます。
歯茎

全部、歯茎から歯がちゃんと生えてる感じを出したい。


で、歯を生やしていって、
今、顔が↓こんな感じまで出来てます。

ティラノサウルス顔アップ
 (でもこれ人間の目なので恐竜用の目玉を作らないと駄目ですね)

じゃあこれポリゴン的にヤバイかというとそんなこともなく、ワイヤー的にはこんな感じになってます。 省エネ。
ワイヤーティラノサウルス


とにかくこの段階に持っていく喜び。


全部をベイクして
簡単なワイヤーの状態に落とし込んで、それで手軽にいじれるようになった時の多幸感というのはすさまじいですね。


そしてメタセコでリアルタイムで見てこれなのが最高。

[ 2017/08/09 12:23 ] 3DCG | TB(0) | CM(3)

祝・封神演義アニメ化!


どの程度のことでブログを更新したらいいのか実はさっぱり分からん感じ。
未だに分からん。一生分からん。

封神演義再アニメ化

封神演義が再アニメ化するらしいですね。
(これ、「再」を付けない方が、ガチファンっぽい?)
「前アニメなんてなかった・・・」という意味で) (まぁどうでもいいや) (WILLは名曲



これは多分、自分的に今年で1番凄いニュースなので、
考えてみれば更新して当然の話題だったかもしれない。

まぁそうだよなぁ。
書いて当然だよなぁ。

でも別に「自分が書いて何だよ」って気分もある。 すっごいテキトー。


それでもとにかく
自分にとって「封神演義」という漫画は滅茶苦茶重要。

どのくらい重要か。


多分自分が、人生で最初に「漫画の単行本を全部集める」「漫画の単行本の最新刊を楽しみにする」
みたいな行為をした漫画
が、封神演義だったと思う。


人生においてそういう、「最初に本気で追いかけた漫画」というのは、とても重要だろう。

あとから考えて、どれくらい名作だったか
客観的に考えて、どれくらい面白かったか、
・・・
そんなことよりも何よりも
「最初に追いかけた漫画」という事実はデカイことだろう。 唯一無二である。


まぁそんな感じ。それだけで自分の中で封神演義がどんだけデカイ漫画か分かる。

このブログの「駄文」というカテゴリは封神演義の断崖絶壁今何処から来ている。 以上。

(で、こういう話、絶対どっかで過去にした もう脳ミソが)

あとはまぁ「アニメ化」について。


どうもやるのは「仙界大戦メイン」らしいですね。 聞仲たおしてオワリ。
何クールかはともかくとして、これは英断だと思う。


そら、理想としては「全編、完全にアニメ化」というのが嬉しいけど、

そういうことしてたら本当に何クール、何年かかるか分からんし、
序盤の雑魚とかをやるのかやらねーのか、非常に微妙にダレることになると思う。

序盤の雑魚ホントどうでもいいからね。 「全世界のちんとうさん、すみません」
別に面白いけど、魔家四将クラスなら別に飛ばされても問題ないような気がしてくる。
(でも象レースとか料理バトルみたいなのに限って飛ばしてほしくなかったりする)


まぁそこんところを全部すっ飛ばして、仙界大戦「だけ」をガッツリアニメ化するというのは、
中途半端に原作を追おうとしてメタメタになってしまった前アニメよりかは滅茶苦茶正しい判断だと思う。


仙界大戦というのは、中盤のほんとクライマックスですね。
考えてみるとラストバトルより盛り上がってたような気がする。
いやほんと楽しみです。


だがどうなんだろうか。


封神演義の、仙界大戦を今、本気で映像化するとして、
そのヴィジョンを想像してみると、

やっぱ最初にイメージされるのは、あの金鰲島ゴウンゴウンと移動している姿だ。


金鰲島


あれ、どの程度の迫力が出せるだろうか?



あれ自体、
あの金鰲島が移動してくるビジュアルとか、
崑崙山と金鰲島の激突バトルというのは、多分、
当事の藤崎竜が、「インデペンデンス・デイのUFO」とか、「FF8のガーデン戦」に影響を受けてやってたことだと思う。
(妄想)(要出典)(独自研究?)

インデペンデンス・デイのUFO FF8のガーデン戦

(でも時代的には完全に合ってると思う)



でまぁ、金鰲島のデザイン自体は↓これですよ。

金鰲島

凄いですよね。

藤崎竜のデザインセンス、興味あるモノは凄いけど、どうでもいいモノに対しては手抜きが凄まじすぎる。
(それは「通天砲」「元始砲」とかのデザインにしてもそう ダサすぎる)


こういうのを、(多分3DCGでやると思うんだけど)
アニメでそのまま動かして、
迫力って出るんだろうか?


それがスッゴイ疑問。 不安。


それ以外はあんま特に不安ない。

仙界大戦。
十天君と十二仙が戦いまくる。 

殆ど死ぬ。 マジで死ぬ。

少年漫画で、敵味方共に、
あんなにキャラが死にまくるマジ戦争という奴、他にあっただろうか。
そんくらい死にまくる。

ああ楽しみ。


何より自分は聞仲好きだし、黒麒麟好きだし、
十天君好きだし・・・
そういうのが大活躍する仙界大戦とか最高ですねと。

黒麒麟expresii


まぁそんな感じ。


やっぱ「楽しみですね」という報告だけで、書こうと思えばこんだけ発作的に書ける。


一方、完全に吹きとぶのは「ゴールデンカムイ」のアニメ化である。

[ 2017/08/02 15:55 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)

ドラゴンズドグマオンライン クランクエスト計算ツール


ドラゴンズドグマオンライン クランクエスト計算ツール

ドラゴンズドグマオンライン クランクエスト計算ツール


こんなモノが出来ました。

Flashに死亡宣告が出たというのにね)

ドラゴンズドグマオンラインのクランクエストの内容から分析して、
今週のオススメダンジョンを提示して貰うためのツールです。



作った経緯。

自分のクランって、
毎週毎週、↓こういうことをクラン説明文に、いちいち書いてたんですよ。






これみて、クラメンさんがオススメダンジョンを回ってくれたらいいなぁ、って感じで。
まぁ実際は、殆ど自分自身がCP稼いでたので、自分用のメモというか、
「自分は今週こういうメニューで頑張ってますよー」みたいな表明みたいなところもありました。
 ((実際、先週、モルトロールx2を8回と侵食グリx2の8回を倒してたのは自分だけだと思う))


「めんどくせーやつだな」、と思うかもしれないし、
「そんだけやっててまだクランレベル14かよ」って思われるかもしれない。
でもまぁ頑張ってる人が少ないと、そんなもんです。


とにかく、「毎週のオススメメニュー」というのを、イチイチ考えて書いてました。


でも、もういい加減にこの、「高度すぎる神経衰弱」を毎週毎週やるのに、無理があると思った。

てか、個人の脳ミソでは色々と限界がある。


自分的に、
「あそこにブラックグリフィンがいる」
「今週はあのワークエやってるから、侵食グリやれる」
「あそこに夜にいくと、ブルーニュートが3匹いる」

・・・
とか、
そういうの、かなり結構把握しているつもりでした。

それでもまだまだです。

ある日突然、あ、「モルトバにウォリアーアンデッドいる。ウィッチもいる。ゴーストもいる」とかいうことに気づいて、
スケブルートボルトとリンドブルムと合わせた場合、
急にモルトバがオススメダンジョンな気がしてくる週、とかあったりする。


でもそういうの、誰が正確にすべてを把握出来るというのだろう。

自分じゃ分かってるつもりでも、何かどこか抜け落ちているかもしれない。

個人の脳ミソの中の個数の把握程度では、本当に正確にオススメのダンジョンというのは分からないのではないか。


大体、すべての納品アイテムと、地域素材の関連性を、全部ちゃんと覚えている人がどれほどいるだろう?
(自分は地域素材の神経衰弱だけでも、もう全部正確に覚えるの、無理です)


ダンジョン内にいるすべてのモンスターの匹数・・・
匹数とノルマの割合、納品数とノルマと割合を出して、
得られるCPにその割合をかけて・・・


大体の、
「一回そのダンジョンに潜ればどれくらいCPを稼いでくることが出来るか」という数値
その数値をすべてのダンジョンで出して、
その数値を比較して、
本当のオススメのダンジョンというのをバシッと提示してくれるツールというのを
作るべきではないか?


そんなことを思ったのでした。


・・・
で、まぁ大体できましたね、ということです。


色々と仕様について説明。


まずは
「割合」について。

このツールで出る数値は、
「適切にクエストを受注した上で、そのダンジョンを一通りクリアしたら、大体どれくらいCPを稼げるか」
ということになっています。



例えば、
「Lv60のジオゴーレムを二体倒せ CP90というクエストがあるとします。


これを入力すると、まぁ、「ソロEM」と、「灼熱の道」の二箇所で、「45CP」というのが追加されますね。

この45というのは、そのとおり、「90を2で割った数値」です。


実際、一回ダンジョンに行っても、ジオゴーレムは一体しか倒せません。 (鍵クエやらない限り)(これについても後述)


一回では0CPです。
で、二回目行くと、90CPになります。


これを平均して、一回あたり約45CPということにしているワケですね。


で、「割合」といっても、この数字、
単純に「ダンジョン内にいるモンスターの匹数をノルマで割った数字」という訳ではありません。


例えば「ストリクスを4体倒せ」というクエストがあったとします。


ストリクスを1番大量に倒せるダンジョンというと、ディナンの「飛天のテラス」かと思います。

あそこで16匹もいます。 


かといって、この飛天のテラスに行けば、そのクエストをダンジョン内で4回もクリアできるわけはないですよね。
だから、この割合は「100%」が最大にしかならないようにしています。



ちなみに、ダンジョン内で突発的にワークエがやっている場合、
ワークエ用のモンスターを倒した後に、通常のモンスターの「再湧き」というのがあります。
その再湧きした敵もすべて倒した上で、この「16匹」という数字になったりします。

だから、飛天のテラスの場合、「古跡の厄介者」をクリアしてすぐに先に進んでしまうと、
「ストリクス16体もいなかったよね、このダンジョン? このツールの数字、間違ってね?」
って、思うかもしれません。


でもそこんとこは、「再湧き」も含めたうえでの「最大の数字」を入れているモノと考えてください。


その上で、本当に数字が間違ってる場合は、指摘してくれると嬉しいです。


他にも気になる所として、納品系のアイテムの「6」ってなんだよってのがありますが、
これはまぁ、大体一回潜れば6個くらい地域素材手に入るだろうということです。 ここはランダムを決めつけてます。


このツールは、「寄り道系のモンスター」にも対応しています。

これが1番重要だともいえます。
 (むしろこの寄り道モンスターを調べて入力するのが1番大変だったかもしれん)


てか、ただ単にダンジョンや冒険スポットにいる敵を把握したいだけなら、
クラン拠点でメインポーンに話しかければ、そこそこの情報を見ることができます。

(でもあの情報ってそこまで正確じゃない)
(いるモンスターが書いてなかったりする 匹数も分からない)


この機能があるからこそ、本当に正確に、本当にコスパの良いダンジョンめぐりが出来るようになるともいえます。


が、このツールの仕様上、
この「寄り道」が点いているモンスターの匹数はちょっと変則的だったりします。

例として、モローの二箇所の寄り道。

モローで、「侵鬼の洞穴」か、「モローケイヴァン」に行く際、
「森精の隠れ家」という冒険スポットを通ることになります。
凄い大量の侵食ゴブリン系の敵がいます。

よってここの冒険スポットのモンスターを、寄り道として入れているのですが、

「侵食ホブゴブリンx8」というのを、「その先のダンジョン内で倒せる侵食ホブゴブリンの数」と足した上で、
「侵食ホブゴブリンx9 寄り道」という風に表記しています。


これはもう、
割合を表示するこのツールの仕様上、1つのタブのところに1つのモンスターでまとめるしかないから、
そういう風にしているのです。


実際、寄り道で倒せるホブゴブリンは8体です。

でも、ダンジョンによっては、「9 寄り道」と書いてある場合もあるということです。



つまりこの数字は、
「適切に寄り道上にいるモンスターも倒したうえでの、
そのダンジョンに行くと倒せるモンスターの最大の数」
・・・みたいな意味ですね。


そこんとこよろしく。


ワークエについて。

DDONのダンジョンの中には、週がわりで、ダンジョン内で受注できる突発的なクエストがあったりします。


例えば、ガルドノック排水廊の中で「この世の地獄」というワークエを、やってる週とやってない週がありますね。

「この世の地獄」やってる週に、
「メデューサを二体倒せ!100CP」なんてクランクエストがかぶってれば、これは美味しいですね。
そのまま、100CPアップするわけです。

でも、やってない週なら、別にガルドノックはオススメダンジョンにならない訳です。


そういうのにも、このツールは対応しています。


でも、それらのワークエが、「どの週にやっててどの週にやってないか」という情報は、
ゲーム内の「レスタニアニュース」を見るか、地図をみるか、まぁ実際にダンジョン行ってみるかでしか分かりません。


よって、そのワークエのオンオフ機能は、自分でオンオフしてくださいってことになります。


そのオンオフのやり方は、
「WQアリ」と書いてあるダンジョンの方をクリックして開くパネルをさらにクリックすると、オンオフできます。


「賞金首フロストマキナ」とかにも対応してます。


ちょっと迷ったのとして、
「ダナンデール洞窟」前で「賞金首ゴアキメラ」を寄り道で倒せる週もあると思うのですが、(まさに先週がそう)

でも一応、あくまでこれは「ダンジョン内で突発的にやれるワークエのみ」に限定することにしました。


そして、竜力の鍵とかで追加されるクエストには対応していません。

それはもう、自分が面倒だったのと、
さっきも言ったように
「寄り道」と道中のモンスターを合計するしかないタブの問題があるので、実装できませんでした。


てか、自分はソロプレイヤーなので、鍵システムはマジで知ったこっちゃないんですよね。

そこんとこはスマンことです。


あとまぁ、作ってないダンジョンとかありますねー。
キリがないので基本的に、「クリアしたらAPが入るレベルのダンジョン」だけをこのツールは入れてるんだけど、

それ以外にも、
ダウの「騎士団補給所跡」とか、 (くそ珍しいスケルトンブルート・フレイムはここくらいにしかいない)
魔赤島の「陽射す地下洞」とか、 (あれは通り道っぽいから) (でもグリム系が寄り道にいますね)
ダナの「ダナウィンの挑堂」とか、
あと、全部繋がってる「ヴェイガサス回廊」とか、
・・・この辺用意できてないですね。


寄り道とワークエの話で言えば、

例えば、
ホワイトグリフィンとブラックグリフィンがクランクエストに来てた場合、
真っ先に頭に浮かぶのは、
「エラニック・コントラスト」ですよね?


でも、エラニックコントラストというワークエは、このツールには入っていません。


それは、「寄り道」と、「ワークエ」と、「運の要素」が絡むからですね。
そして、ダンジョン内で受注するワークエでもないし。

よって、タブになんて書いていいかわからなかったので、エラニックコントラストはありません。

でもまぁ、わかってる人は分かるよね。
ホワイトグリフィンとブラックグリフィンがクランクエに同時に来てたら、そら、エラニックコントラストですよ。


「寄り道」についてあと補足すべきこととしては、
昼夜によって変化する場合があります。


例えば、「氷気の遺路」の所に
「ブルーニュートx 3 寄り道」って書いてあります。

「氷気の遺路」は、白竜神殿の「港」方面から、0リムで飛べるダンジョンなので、
ブルーニュートがクランクエストに載ってる時は、これは結構楽な稼ぎどころかもしれません。


ただ、このブルーニュートは夜?にしか出てこないと思います。
昼にいっても「いねーじゃん」ってなります。

そこまでの情報はイチイチ書いてられないので、まぁそこは覚えていってください。


まぁ大体そんな感じ。
で、今週のクランクエストを実際に入れてみると、↓こんな感じになります。

今週のクランクエスト


でもまぁ、これをそのまま使ったりはしませんかね。自分の場合。


先週は、モローケイヴァンで5種類クリアできて、滅茶苦茶美味かったんですが、
今週の「ディプニエ大侵林」で「3種類」というのは、そんなにです。


やはりこれ、実際のCPよりも、「☆の中の数」のほうが、気になっちゃう。

どっちかというと、奥底で「4種類」のほうがデカイかも。

自分の好みとして、
いっぱいパーソナルクエストを受注して、それをいっぱいダンジョン内でクリアしてくのが楽しかったりします。
最終的にリム策金策としてはどっちがうまいのかね?



てか、当たり前だけど、このツールに頼ってるだけじゃまだ不十分ですよ?
本当は、ダンジョンだけじゃなくて、魔物警戒スポットの把握とか、各ワークエの把握をしてくと、
もっと色々見えてきます。


・・・
まぁそんなこんなで、
これからはあんまりクラン情報の伝言パネルで
あそこ行けここが美味いみたいなことをこまめに書かないかもしれません。

このブログみてるウチのクランの人は、まぁこのツールだけ見てればいいんじゃないでしょうか?


まぁテキトーでいいよもう。
3.0でクラン機能がどうなるかわかったもんじゃないし。


他にはまぁ、このツールを弄ってると、色々見えてきますね。

どのダンジョンが変化に強いか、とか見えてきます。
ミスリウ古墳、モロー系は強い気がする。



クランクエストの構造について、運営さんに対して言いたいことも出てきます。


この、スケブルートフレイムとかいらねーだろとか。 (ルクスにしたほうがまだマシ)
オオカミLV40とかいらねーだろとか。
そもそもこのLV40枠というのをLV30にするだけで、よっぽど色んなとこに行くモチベになるのに・・・とか。
なんでロックリザードスピネルなんだよ、とか。
サイクロプスx5とか、やってる人みたことねーぞ、とか。
エンプレスゴーストが10体になりうるとこにいるのは絶対おかしい、とか。
デスナイト10もおかしい。

・・・

まぁこの辺もまた、自分がソロプレイヤーだから、
GMとかEMとかやれないから、その辺のことよく分からんだけなのかもしれません。

自分がやれるのは ソロEMの「戦徒と共に」だけなので、それしか作れてません。


でも、GMはレベルが変化するので、マジで対応してられないと思います。


最後に、
やりたかったけど作ってない機能について。


・コピー ペースト機能
 (クエストの入力状態を配列でコピーしたりペースト出来るようにしたら、もっと便利かもしれん)
 (てかそれで毎週毎週のクランクエストを、一行で自分がこのサイトに追加していけばいいだけかもしれん)
 (皆はその配列をペーストすればいいだけ?)
 (でも面倒だから作ってない)


・入力したクエストを消していく機能
 (回数こなしきったクエストは、CPを稼げなくなるので、その上での今週の最大効率ダンジョンを常に求めていくなら、
 そういう機能もあったらいいかもしれん)


・マップ機能
 「どのダンジョンがオススメか言われても、どこにあるんだか分からーん」なんて人はいるだろうか?

 レスタニアや魔赤島ならともかく、フィンダムになると、もう覚えてない人いるかもね。

 そういう人のために、一応サイトの方には、マップの画像を用意してはあるんだけど、
 これをもっと連携させて、「対応するオススメダンジョンをマップ上で光らせる」とかあってもいいかもしれんと思った。

 でも、もうそんなの作るのメンドイし、レイアウトもどうやったらいいか大変だし、
 そうやって画像ファイルとか内部に入れると、またファイルサイズが重くなるしで、入れませんでした。


・・・
まぁ大体そんな感じでした。


このツール、クランマスターとかの人になら、役に立つツールなんじゃないかなぁ???


自分みたいに、毎週毎週、「今週のクランクエストのオススメこなし方」ってやつを更新してる人って、結構いると思うから。

毎週こういう情報を更新しているブログの人とかも、いるだろう。

でも、こういうのって、個人の把握力じゃ絶対限界があるし、または、コピペになりがちだと思う。

そして何より、一種一種ごとの、「個別対応」になってしまう。


このツールなら、「今週の組み合わせのなかで、もっとも効率のいいダンジョン」が分かるようになり、
まとめて討伐、まとめてクエこなせるようになるわけですよ。


[ 2017/07/27 17:24 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -