ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  > 

また、最近思ってることリスト


馬鹿な文章を書き続けるのもやっぱり体力が要る。
そんでもう止めたくなっている。(最初からやるな)

多分今回も一週間くらいでやめると思う。


そしてこういうことをやってて、書きたいことのネタが尽きるかというとそんなこともまったくない。

ていうかこういうのをやる時、
今までは「書きたいことリスト」をまずはリストアップしてたんだけど
今回はそれすら忘れてた。

よってそれをやっていく。




大体なんでこういうことをやっているのか。


重要な話をした後に、いつもいつも、なんでこういう品性を疑われるような馬鹿話ばかりをして、
「記事を流して」しまうのかというと、

やはりそれが自分の性格だからとしか言いようがない。 てか流したい。



あと、やっぱどうでもいいコラムみたいなのが自分は好きなのだ。


最近ドハマリしたモノに、
panpanyaという漫画家さんのマンガがある。

INU
(アイコンを見れば分かる)

その人のマンガにも、いい感じの、どうでもいいエッセイ?が載っているのだ。


ああいうのを見ると、あてられてしまう。
ああ、こういう、どうでもいい事書きまくりたいなぁと思ってしまうのだ。

まずはこれが一つ。

[ 2018/02/20 19:54 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

リアリティVSビリーバビリティ


ちょっと、
多分、今までで1番ありえないくらい 頭の悪い、恥ずかしい文章を載せてみようかと思う。
新機軸なレベルで酷いぞ。


どういう類いの文章かというと、
まぁ「ある種のブログ」でよくある、
二人のキャラクターの、顔のアイコンとかを使って、
会話だけを並べて、なんかを主張するような、 そういうタイプの文章である。




まぁ、「ネーム」みたいなもんである。



自分の中で、漫画書くだの、漫画の原作考えるだのは、
ほぼありえない夢であるところなんだけど、

それでも、頭の中で、「キャラクター同士の掛け合い」みたいなモノを考えてしまう、ということは、ある。

(多分↑この現象自体は、やったことがある人も案外多いのではないか?)
(頭の中で、キャラ数人を喋らせて、架空の「1シーン」を考えてしまう、妄想)


で、そういう妄想、 妄想ネームというのがまぁ実はいくつかあるのだが、
そんなかで1番マシなもの、
それをそのまま貼り付けたらどうなるか、という実験である。




まぁとにかく、漫画の原案、ネーム、てかセリフだけ、スクリプト、
そういうものと思って読んでくれればいい。

[ 2018/02/19 09:50 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)

現代版 神曲


(この文章自体は、随分前にメモ帳に書いたままほったらかしにしてた奴です)




「現代版 神曲」というのを考えてしまう。


そういう話をやったら面白いのではないか、という、アイディアの提案話である。
自分では膨らませないので、これも「誰かやってくれ」系の話である。


(ところで、漫画のアシスタントしませんかという話も出たのだが、)
(自分にあってるのは実は、漫画のブレーンとかなんじゃないか、とか思ったりする。)
(だが、「ブレーン」というのは職業たりうるのだろうか?)
(漠然と、アイディアを出すだけの人 )

(スクリプトドクターが必要重要というのは分かるが)
 (この話はまぁいいや とにかく今は、過去のメモ帳を貼り付けたいだけ)




概要

現代人、
無宗教、無信仰の、極めて醒めた日本人が、「ダンテ」の代わりに、あの地獄めぐりをしたら、
地獄の各名所において、どんな感じのコメントをしていくか・・・というのを追っていく話。


そういうのをやったら面白いんじゃないかなーと思ったのだ。

そのワンアイデアを、ちょっとだけ膨らましかけていったのが、このメモである。



ダンテはいない。
でもヴィルギリウスは、そのまま案内人である。 

つまり大体 ヴィルと、日本人主人公の、地獄の二人旅である。

地獄の各名所を、ヴィルが説明する。
そこに、日本人主人公が、「ツッコミ」を入れていく。 これが定番の展開になる。


ベアトリーチェをどうするかは謎。

なぜならヒロインというのはこの話に 不要な気がするから。
なぜなら、この話、主人公は少女にするのが無難な気がするから。


過去の地獄、過去の宗教観、価値観、異文化を茶化しまくる、馬鹿にしまくる、否定しまくる、という展開になるので、
そういうのをいわゆる 髪ボサボサ系のラノベ系男主人公がやるのは、 不快すぎる。

なろう系無双主人公、
または、オリ主が、勝手に他の創作のキャラに説教していく、糞ださい二次創作SSみたいな、不快なことになるから。

それを回避するためには、主人公は、見た目だけは無害そうな少女にするのがセオリーだと思うが、(みーたん的な発想)
そのかわり、ヒロインとしてのベアトリーチェの位置付けがようわからんことになる。



そして、地獄の各スポットでやられている地獄の刑罰、地獄の種類、罪人、罪状、そういうの自体は、ダンテの神曲における地獄と同じものとする。

いや、現代風アレンジをやってもいいかもしれん。そこを考えていく。
罪人に、現代日本人(有名人)をぶっこむのはアリ。面白いはず。



辺獄
地獄
煉獄
そして天国へ至る。

そして最後は、神やキリストにすら、ツッコミを入れていく。
そんなことしてると、まさに地獄に落とされそうだが、そういう「脅し」すらも、完全論破してしまう。

・・・
そんな感じ

そういう「超バチあたりな、現代解釈の神曲」というのをやってみたら、面白い気がするのだ。

・・・

というわけで、ちょっと具体的に、各地獄の名所めぐりをやっていく。

[ 2018/02/18 14:28 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)

蜂蜜、振動服、マイナス調味料


(前回の記事に関しては追記が必要かな、まぁ後でやろう)


やはり本当は、もっと「どうでもいいこと」ばっかり書きたいのだ。
例えばまた、ありえない発明のネタだとか。


こういうお菓子はないもんだろうか。

「蜂の巣を食ってるような菓子」である。

(今回全部マウス絵です ある程度の絵はマウスのほうが早いんです自分の場合 あとこれシロップを描くの忘れた)



↑例えばこういう写真を見たとする。

なんか凄く美味そうに見える。

だが実際は、こういうのにむしゃぶりつくと、なんか蝋?の味がして、想像とは違う食感らしい。
ガムみたいなことになるらしい。 これが駄目な人は、駄目らしい。


だから、この写真を見たとおりの、理想の味と食感を表現したお菓子を作ればいいのに、とよく思うのだ。


あと、コムハニーとか普通に高いし。



「蜂の巣みたいなスナック菓子」
こんなん誰でも思いつきそうなのに、多分そういうお菓子はない。 と思う。
(「蜂の巣 お菓子」でググっても、出てくるのはなんかワッフルみたいなのばかりなので、多分無いのだろう)



では何故無いのか?
多分、成形が出来ないのではなかろうか。

いや、本当に出来ないのだろうか?

アイスクリームのコーンの部分の複雑さとかを考えると、
別に蜂の巣状のコーンくらい出来ても良さそうだけど。

まぁだが、アイスクリームのコーンの食感では、固すぎて、蜂の巣にむしゃぶりついてるイメージとは違ってくるかも。


だから、もっと薄く、もろく、噛み付いたら粉々になるような儚さで、ウエハース状のモノを作らないと行けない訳だ。
すると、それは確かに難しいだろう。


だからそこで考えた。

買った人自身に工作させるようなスタイルにしたらいいんじゃないのかと。


そういう知育菓子はよくある。 「ねるねるねるね」だってそうだ。 子供自身に作らせると。

よって、↑こういう感じの、うっすーいウエハース状のコーン菓子。 これを手でパキパキと割って、
組み立てられるような、そういう板素材のまま、売るのである。



で、このウエハースをくっつけるのに使う、すぐ乾燥するタイプの、接着剤のような甘い液A と、
完成した蜂の巣に上からダバダバと浸すタイプの、ちょっと甘みを抑えた、シロップ風の液B
(これは粉末にして、水に溶かすタイプにするべきかもしれぬ)

これらをセットで売るのである。



これで、
楽しく工作できて、 
完成したら蜂の巣にがぶりとむしゃぶりつく感覚を味わえる、
そんで、実際の蜂の巣よりも美味しい! 安い!
 ・・・そういうお菓子となるわけである。



こういうお菓子を思いついたので、 誰か開発して販売してくれ。 という話でした。

(無理? どっかに無理がある?)


もう一つのアイディア。


「音楽に合わせて振動する服」というモノを作れば、一大ジャンルになると思う。

そのまま、
音楽に合わせて、振動する服である。


自分の考えでは、「音楽」なんてものは、「イヤホン」で聞けばいい。


それをステレオで聞きたいなんてのは、
自分の脳に音波情報を流すためだけに、部屋全体の空気を振動させたい、と言っているようなものだ。

自分の耳の穴の中だけを振動させるか、
部屋全体をイチイチ振動させるか。

全く効率が違う。 省エネである。

よって、ただひたすらそれだけのことで、音楽というモノはイヤホンで聞くべきのなのだ。


でもまぁ、迫力、立体感、実在感、そういうのが物足りないから、結局人間は、音響環境とかに拘って、
サラウンドがなんだとかドルビーがなんだとか 考え出してしまうのだろう。


映画館で映画を見る。
それが家でBDを再生して見るのより何が違うかというと、やはり音響が違う。

何が違うかというと、とにかく1番は、「ビリビリ感」だろう。

空気全体が振動している感じ。
人間は、多分これに1番「感動」しているのだと思う。


では、音楽とか音響にあわせて、まさにこの肌のビリビリ感を再現することが出来る服、というのを開発すれば、
これこそ、さらなるイヤホン的アイディアではないだろうか?


「イヤホン」と、「振動する服」、この2つを用意すれば、もう、映画館全体の空気を振動させる必要は無いわけだ。
家に、物凄いサラウンドの環境を用意する必要も無いわけだ。

多少、質は落ちるかもしれないけど、やはり、エネルギー効率的な面からみても、

部屋全体を振動させるより、
自分の耳だけ、
自分の肌だけ振動させる、という発想の方が理にかなっている筈。


(まぁ最終的には、脳味噌に直接音楽を流せればいいんだけど)


まぁつまりそんな感じで、空気のビリビリ感を、立体的に体感することができる、
そんな、「音楽に合わせて振動する服」というのがあったら、マジで一大ジャンルになると思う、という話。


こういうのは、既にあるアイディア?
でも「振動する服」というのでググっても何も出ないから。


あと、そうじゃなくても、「振動」というのは普通に健康にいいらしい。

猫がゴロゴロいってるのは軟骨にいいらしいし、
最近知ったけど、「貧乏ゆすり」、あれにも、膝の軟骨を再生させる効果があるらしい。


まぁそれは嘘か本当かホメオパシーかしらんが、
人間、感動すると肌がブルブル震えるというのはある、
だから、逆に、肌をブルブル震わせると、条件反射的に勝手に感動したりしないだろうか?
(まるでモーターを逆に回すと充電できるかのような理論)


音響に合わせたビリビリ感を、立体的に再現する、なんてのはまだ技術的に難しいにせよ
「とりあえずビリビリ震えるだけの服」、というのならすぐにでも簡単に作れると思うし、

そんなモノだって理由をつければ、こんな風にホメオパシー的に売りつけることは出来ると思う。


まぁそういうアイディアでしたとさ。


あとまだ残ってるアイディア。

「必要は発明の母」という。

どうやってそれ作るのか?
それ自体は思いつかなくても、
実現不可能レベルでも、「必要性」だけで勝手にアイディアを語っていいのなら、

「マイナスの調味料」というのが出たら、料理界に革命が起きると思う。



マイナスの調味料とは、その味覚を薄めることが出来る調味料である。


で、重要なのは2種類である。

・酸味減算調味料と、
・苦味減算調味料


塩み減算調味料
甘み減算調味料 は、実はほぼ必要ないと思う。

あと、旨味減算調味料、も、要らないはず。


何故、苦味と酸味が必要で、塩と甘みが不要か。


これは、この2グループの味覚の、濃度による薄まり方のグラフが違うから、だと思う。

例えばカルピスを半分に薄めると、
「甘み」は半分になるだろうが、
「酸味」というのはまだまだ十分残っている感じがあるだろう。

つまり、甘みや塩味は n倍に薄めれば素直に1/nで薄まるのだろうが、
一方、苦味や酸味は、1/ルート?だかなんだか知らんが、とにかくそう単純には薄まらない。


つまり、料理に失敗したとき、塩味や甘みなんてのは、水で薄めりゃ究極それでなんとかなるわけだ。
そして、「旨味」成分に関しては、濃すぎて悪いということがない。

よってこれらの3種は、実質、「マイナスの調味料」が必要ない。


一方、水で薄めれば薄めるだけ、苦味や酸味というのは、却って味のバランス的に強まってくるということがわかる。
(だから、カルピスは薄めまくれば、最終的にはなんか酸っぱいのが分かるだけの液体になる)



よって、そういうバランスがおかしくなってしまった料理を直すためには、「マイナスの調味料」が必要になってくるという訳。


これができたら、
人類がどれほど、まずい料理から簡単に開放されることになることか。
後付で、簡単に味を調整することができるようになるのだから。


どうやってそんなもの作るのかは、一切考えてません。



イオンをなんとかする? 塩分ならその方向だろうけど。

酸味や苦味とくっついて対消滅するようなモノなんてあるのだろうか。
[ 2018/02/17 17:26 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(4)

生活費&何でも屋



今日から、まーたクソブログ毎日更新してやろうかなぁ とか思うのである。

腹が立つと、精神的に不安定になると、こうなる。


今回は、
「自分が金を稼ぐとしたらどうやるか?」という話題について、改めて、多少、具体的に詰めてみた話になります。


一応、結構重要な話、のつもり。


でも
導入のきっかけの話は、ホントに碌でもない話なので、
そこは読みとばしておいて。


[ 2018/02/16 17:30 ] ニート生活 | TB(0) | CM(6)
月別カレンダー
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -