ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  自作ゲーム開発 >  Unity諦めなかった

Unity諦めなかった


unity諦めたといったな、あれは嘘だ。
ということで
これはすぐにでも言っとかないといかんなぁと思った報告です。


前々回、unityのビルドが上手くいかん、やる気が出ないとか、アホが抜かしてましたが、
なんと作業してるパスに日本語が含まれてた、とかいうド素人なミスをしてただけでした。

で、普通にWebGLのビルドが出来るようになりました。


で、unityへのアニマルメーカーの移植も、いくらか、山場を越えてきました。
基礎の基礎、のような部分はなんとかなってきてると思います。


ということで、plicyというサイトに投稿してみました。



ブラウザ上で触れます。


アニマルメーカーからの移植として、
今なんとかなったのが、

・2、3関節、逆関節までの対応、表示。 (関節の回転と長さ調整も)
Z注視、平行移動、
・しゃがみ、しゃがみ移動、
・しゃがみ短押しからのジャンプ


・・・くらいのことです。

(他にも、今は自分しかいじれないけど、「全身の大きさをリアルタイムに変えまくっても歩ける」、というのもやりました)


まぁ、まだまだ全然ですね。

アニマルメーカー全体が持っていた機能の数々から考えると、10分の一も進んでないかもしれません。

四肢切断、再接続、これらのことを考えるだけで頭が痛いし、
そもそも、頭、しっぽ、羽根、ヒレ、という、足以外の体のパーツの挙動についても考えなければいけない。



でも、基礎の基礎の部分、こうやってちゃんと歩けるようになっただけでも、わりと糞嬉しいのです!!


(前は、崖際から落下する、ということすらままならなかったのだ)

諦めかけてたところから、そこそこ動くようになるというのは、死ぬほど嬉しいのです


ここまで来るのも結構たいへんで、内部ではトンデモないことをしてるんだけど、まぁいいや。
 (特に関節の回転の仕組み)


で、これで色々もう試せますね。


でも課題が山盛りなのが分かります。


1つ、足音が変ですね。 これ、exeや自分の手元でテストしてるときはこんな変な音じゃないのに、
なんかWebGLだと凄いピチピチした短い音に聞こえます。 


しゃがみ


一応は、「Cボタンでしゃがみ移動」することで
「普段は頭がつっかえる場所」に入っていくことが出来る、とかのプレイも、既に出来つつあるけど、

ダッシュで突っ込むだけで、地形のなかにめり込むことが出来るし、

そもそも、しゃがみで入ったあとにしゃがみを解除すると、すっごいガクガクする、とかの問題もあります。


ジャンプにも問題あります。

てか、かなり誤魔化してます。 空中でジャンプできる時点で、現状色々誤魔化してるのがバレバレです。
まぁこれ自体はすぐ直せますが。


アニマルメーカーの一番の問題として、「ジャンプの挙動が安定しない」というのがありました。

キャラが同じ量、同じ距離をジャンプしてくれるかどうかがかなりバラつく、という問題があって、
これは謎解きメーカーからもずーっと解決してません。

今回も解決しそうにありません。


まぁそれにしたってね、自分のこの、「1ボタンで、しゃがみ、しゃがみ移動、ジャンプをまとめることが出来る操作感」を、
こっちに移植できたってだけで、滅茶苦茶嬉しいんですよね。


で、今一番酷い問題が、
壁、柱にむかって走り続けると、そのまま壁をよじ登れてしまうことですね。


これ、なぜこうなるかは、半分くらいは理解しています。
図で説明するといいんだろうけど、まぁメンドイからなし。

地形メーカーのときとやり方を変えたから発生した問題だともいえます。
(そのかわり、球の上だろうがなんだろうが自由に歩けるようになったんだけど)


解決方法も、半分くらいは思いついてます。

足から撃った、RAY(ビーム) は、 ぶつかったメッシュの法線(ノーマル)を調べることが出来る。 (凄い機能が使えるもんだ)

これで、「垂直の壁を蹴ったときは、上方にかかる反動に、バイアスをかける」
みたいなことをすれば解決しそうに思えるではないですか。


で、それやったんですよ。

でも、そしたら余計にひどくなって、余計に地面にめり込むようになりました。 わけが分からん!!

全く、こういうところが一番たいへんなんです。


一番酷くて雑な解決の仕方としては、「頭部が持っている衝突判定」を凄くデカくして、
足が壁をけろうとする以前に戻しちゃうみたいなのも考えられますけど。


まぁそんな感じで、

WebGLのビルドできるようになりましたよー、

ブラウザ上で試作品を公開することが出来るようになりましたよー、

触れますよー、

今こんな感じですよー


という事が報告できるようになりましたとさ。

関連記事
[ 2017/07/12 09:50 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(3)
音声の劣化の解決策について記載します。例のごとく、もう解決していたら一言か返信不要で問題ありません。

・解決策
Unity webGLの音声劣化はwavファイルなどの無圧縮ファイルからやることで防止できる。
以下、音声劣化の対策についてのリンクです。

tp://techblog.kayac.com/unity_advent_calendar_2016_17

音周り以外やりたいでしょうし、ウェブに上げるテスト結果は日が経ってからで構いません。
つまり、何週間か経ってからウェブでテストしてその時までこの問題が未解決でもこちらは気にしません。
(優先度の低いワークタスクについてテストしてもらって報告を強要する(印象を与える)のもなんかなぁと個人的に思うので。)
[ 2017/07/12 14:27 ] [ 編集 ]
横からだけどそういう音源にFLACやALACは使えんもんなのか
[ 2017/07/12 21:12 ] [ 編集 ]
コメント返信

> 名無しさん


どうもです。


> ・解決策
> Unity webGLの音声劣化はwavファイルなどの無圧縮ファイルからやることで防止できる。


ふむふむ、と思ったんですが
自分が使ってるのは、既にザ・マッチメイカァズさんのところのwavファイルなのですよね。


wavファイルを使ってるのに劣化するとはますます分からなくなりましたが、

自分がみつくろってるファイルが、「サイズの滅茶苦茶小さいwavファイル」なので、そのへんが問題なのかもしれないなぁと思っています。

それか、「短すぎる音」が悪いのかもしれません。 一応、7足音は別のファイルに変えてみました。



自分で効果音作る必要も出てくるかもしれません。
で、確かに音周りはやる気ないですね。

[ 2017/07/13 12:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -