ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ドット絵/Web素材 >  ダンジョン飯 エルミナージュ説

ダンジョン飯 エルミナージュ説

 

ダンジョン飯 エルミナージュフェイスロード

もういいやこんなもんで。 久しぶりにドット絵作った気がする。

というワケで、
ダンジョン飯パーティーのエルミナージュのフェイスロード用のドット絵作りました。
(実際には↓の青抜きの個別の画像を使用します)

全身用?知らん。


あとはダンジョン飯のキャラをエルミでやるにあたっての、キャラの設定の話とか色々。
(本当は「その後の話」がメインなので、そこはすっ飛ばしてくれていい)


ダンジョン飯プロトタイプ

パーティーの構成とかジョブの育成の方針は
九井諒子先生が かつてやってたブログに上げてた ↑この画像を参考にしています。
(その時プレイしてるwizのキャラ設定かなにかだろうか?)

ていうか明らかにこの画像が、「ダンジョン飯のキャラデザの原点」となってるのがわかるかと思います。


つまり ダンジョン飯は ウィザードリィ なのだ。

(この当たり前の結論をヒックリ返してしまうのが、今回のお話)






◆ライオス

ダンジョン飯 ドット絵 ライオス

ニックネームは「サイコ」にしてます。

当然種族は「人間」。

年齢はいくつくらいなのだろうか。 

でもとりあえず若めにしたかったので19にしてる。
(チルチャック以下 ファリン以上) (なんとなくボーナス的に18以上にはしたいのだ)

戦士→君主って感じで育成。

フランベルジュぶんぶん丸の前衛です。


◆マルシル

ダンジョン飯 ドット絵 マルシル

ニックネームは「どんくさ」にしています。

種族は「エルフ」。

年齢は高めにしたかった。 (29よりは上なのが確定)


上の画像に習って、
魔術師→司教としたかったのだが、やめといた。 ずーっと魔術師でした。
どうしてもマルシルに司教のイメージが無かった。

エンクミ連打。


実際やってみると、マルシルだけアホみたいにHP伸びなくて、ACも最高なので
なんか本当に「どんくさ」って感じのキャラになりました。

マジでマルシルが足引っ張ってます。 

でもボス級の敵との戦闘になると、マルシルのエンクミが頼りになるのでやっぱ必要な要員なのです。
ホント、「ダンジョン飯やってる!」って気分になります。


◆チルチャック

ダンジョン飯 ドット絵 チルチャック

ニックネームは「こども」

種族は「ホートルット」にしてます。

エルミは「ホビット」って言葉が使えなくて「ホートルット」になったらしいですね。
ダンジョン飯も「ホビット」って言葉が使えなくて「ハーフフット」になったらしい。
つまり、そういう種族で合っておるのです。


年齢は29です。(確定)

でも、実際に遊んでると、
宝箱から「女神の口づけ」という罠が出る度にドンドン年齢は下がっていくので、
年齢設定とかどうでも良くなっていくんですけどね。

ジョブはずーっと盗賊ですね。

しかしチルチャック、本当は「弓」を装備できるらしいです。

エルミの盗賊は弓を装備できないので、ここだけは微妙。
だからといって狩人にするのもなぁ。


◆ファリン

ダンジョン飯 ドット絵 ファリン

ニックネームは「てんし」

種族は「人間」。

年齢は18にしてます。 

ジョブはずーっと僧侶です。 まぁ回復係。

特に言うことなし


◆センシ

ダンジョン飯 ドット絵 センシ

ニックネームも「せんし」

種族は「ドワーフ」。

年齢は40くらいにしました。

ジョブはさっきの画像の通り、戦士→侍に。


◆ねこ忍者さん

ダンジョン飯 ドット絵 ねこにんじゃ

名前は分からんので自分は「ネコ」 ニックネーム「ねこじゃ」にしときました。

種族は「ワービースト」

年齢24とか。

ジョブは戦士→忍者


ダンジョン飯の読み切りにだけ出てきたネコ忍者さんです。

ここで「ナマリ」を入れるべきだったのかも知れんが、
ナマリを何にするんだよという感じがあるし、ぶっちゃけナマリの見た目が好きくないので、こっちを作りました。


以上。 どうでもいいキャラ設定語り終わり。


このドット絵を作っている間に「エルミナージュオリジナル」をクリアしてしまったので
テキトーな感じで終了です。


あとちょっとだけ、ダンジョン飯とゲームの関係について語る。


◆ダンジョン飯は何のゲームをモチーフにしているのか?


まぁ
基本は「ウィザードリィ」であろう。 


一番重要なのは「死生観」かもしれない。 

ダンジョン内で死んでも、死体さえ無事に回収できれば生き返らせる事ができる、あの感じ。 
「死体回収屋」「蘇らせ屋」みたいなのがいる感じ。



あとモンスターで言えば「コイン虫」なんかもマンマである。


だが他にも、「ダンジョンマスター」の要素もある。

ダンジョン内で倒したモンスターの肉を食って生きていくサバイバル感はまさにそれである。 
(あとタイトルも?)
(あとあと、ラスボスがレッドドラゴンで、倒すとドラゴンステーキが手に入るところとかも?)


そして何よりも、2巻にあった「ミミックを扉の開閉に引っ掛けて殺す」というのは完全にダンマスオマージュであろう。

ダンジョン飯をゲーム化するなら、この、「強敵をドアでぶっ殺すギミック」の実装は必須であろう。



他にも言い出すとキリがなかったりする。
1巻の一話に出てきた「歩くキノコ」なんかはダクソ1ではなかろうか?・・・とかね。


で、ここで自分が割と提唱したいのが 「ダンジョン飯 エルミナージュ説」 である。


ダンジョン飯の2巻では、
RPGではおなじみのモンスターのミミックが、「ヤドカリのような生物」として描かれている。



このアイディアが、各方面で凄く高く評価されている。 

面白い発想だと。 

ミミックのような、
「半ば記号化された」定番モンスターを 現実の動物の生態に落としこんだ、見事な手腕だと。




だが実は、ダンジョン飯より先に ミミック=ヤドカリ説 を唱えたゲームがあったのだ。


それがエルミナージュ2である。
エルミ2のミミックの説明欄が↓これである。

エルミナージュ モンスター図鑑 ミミック


で、これだけならまだ ニート特有の言いがかりかもしれない。  
(割と必然的な発想だし?) 
(そもそも「ミミック=ヤドカリ」というワンアイディアから、細かい生態描写にまで広げたところが重要なのであって・・・云々)



だが、次で割と確信に変わる。


エルミナージュの敵図鑑では、ミミックの「次の項目」で「ラグ」というモンスターが出てくるのだが、
その「ラグ」の姿が↓これである。

エルミナージュ モンスター図鑑 ラグ



そう、「遊星からの物体X」のパロディのようなモンスターなのだ。  (これね)


そして!!ダンジョン飯2巻には! おまけページの中で、ミミックが兜の中に入り込んで、
同じく、物体Xの「スパイダーヘッド」状態になるというパロディギャグが描かれているのだ!!


ダンジョン飯 遊星からの物体Xネタ



・ミミック=ヤドカリ説
・物体Xのパロディ


その2つが、「この順番で」、出てくる。

この「2つの符号の一致」は偶然だろうか?


自分には、九井諒子先生が、自分と同じように、
エルミナージュの敵図鑑の文章を片っ端から読みまくっていた時期があったのではないか、と思えて仕方がないのだが、
どうだろうか?


(あの文章ホント面白いからね)


そもそも、ダンジョン飯は
「ミミック=ヤドカリ」というアイディアからスタートしている漫画なのです。

読み切り版のダンジョン飯からして、そのヤドカリネタで始まっているのだから。



・・・となるとだ。 

実は、「ウィザードリィ」をすっ飛ばして、
「エルミナージュ」こそが「ダンジョン飯のキッカケとなったゲーム」と言っても過言ではないのではなかろうか?


そんな気がしてこないだろうか?



(実際にエルミのモンスター図鑑の一気読みをしてなかったら、このことには一生気づけなかったと思う)

ミミック→ラグの順番で読まないと気づけないのだから。

だからきっと、こんな「ダンジョン飯 エルミナージュ説」なんて珍説を唱えているのは、宇宙でただこのニート1人だけなのだ。

九井諒子先生の本当の気持ちを理解しているのは自分だけなのだ!

そこに興奮する!


・・・はい。 そういう話でした。



(ちなみにこの説にも穴はありそうである)

(ミミックをヤドカリのように表現したゲームには、実はエルミより先にベイグラントストーリーがあったりする)
(だが九井諒子先生はベイグラはやっただろうか? それは分からん)

ベイグラントストーリー ミミックヤドカリ


あと自分はそんなにwiz系のゲームに明るくないので、
どこでスターフィッシュによる「孫引き」が発生してるかを把握しようが無かったりする。 ここが痛い。


だがやはり
「ミミック ヤドカリ」で検索すると、ダンジョン飯の話題ばかりなのだ。 
(みんなそれしか知らないようだ)

「ミミック ヤドカリ ウィザードリィ」で検索しても、ダンジョン飯の話題が出るだけである。
(つまりそんなモンスターはwizにいない? だからエルミ発?)


で、自分はこの説に更に確信を持つためにも、
遡るために「エルミナージュオリジナル」をやっていたのでしたとさ。



んで、結局、「エルミナージュオリジナル」には、敵図鑑に面白い文章がついておりません!

そして、「ラグ」みたいなモンスターもおりませんでした!



つうことは やっぱりエルミ2が「ミミック=ヤドカリ」というアイディアの始まりということでいいのかな?
という結論です。


んで、エルミナージュ3や、エルミナージュゴシックはやるのかというと、多分やりません。

凄く 評判が 悪いから。

以上。 最終的に「エルミナージュ2」面白いよ~というお話でした。


最後に真面目に。



まぁ本当に言いたいことはだ、
元ネタ云々がどうのということよりも、

やはり 本当に面白い作品をつくる作者さんは 「貪欲」だということですよ。



重要なのは
多分九井諒子先生も、エルミナージュの敵図鑑の文章を端から端まで貪るように読んだのだろうなぁ、という部分ですよ。


そしてそうやって産まれた作品は 
「作者さんが貪欲に色んな面白いモノを食った末に放り出された上質なウンコ」だということですよ! (話が汚い)

だから良質な肥料になるのです。



それ故に、
そのような作品は色んな所に元ネタを求めることが出来る。 (ジョジョ然り ハンタ然り エヴァ然り ダクソ然り・・・)

自分はそういうのの「元ネタ探しの旅」に出るのが趣味でもあるが、また別の部分で
「それ自体は実はどうでもいい」という感覚も持ち合わせているのです。


本当に大切なのは「貪欲な姿勢」の部分なのだろうと。



で、多分 この「貪欲さ」というのは 優れたクリエイターになるための「必要条件」なので、
単に貪欲なだけで優れたクリエイターになれるかというと、全くそうとは限らんということも分かっておこう。



(このニートを見てりゃ分かる話でしょう?)
(このニートは「コンテンツ貪り能力」にかけては貪欲だが、別に無能である、と)


完。

エルミナージュでダンジョン飯

関連記事
[ 2016/04/22 21:18 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(4)
いまこの瞬間にここでエルミナージュのはなしが読めるとは(笑)でもエルミ3もキャラ設定決めて遊ぶぶんには色々な要素が追加されてるので自分は大好きですけどねえ
ダクソ2と同じでネットで不当に叩かれている続編のひとつだと自分は思ってます

ダクソ2もエルミ3も自分は大好きなのでニートさんなら気持ち少しはわかってもらえるかな?と思って書き込ませてもらいました

ダンジョン飯、自分は気になっているうちに話題になりすぎて手が出せなくなってしまった漫画なのでこういう文章読んでしまうと、少し後ろ髪引っ張られてしまいますね(笑)
[ 2016/04/22 23:03 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しさん


> ダクソ2と同じでネットで不当に叩かれている続編のひとつだと自分は思ってます
> ダクソ2もエルミ3も自分は大好きなのでニートさんなら気持ち少しはわかってもらえるかな?と思って書き込ませてもらいました


ほう、そうなのですか。
なんかそういう言われ方をすると、エルミ3も行けそうな気がしますね。



> ダンジョン飯、自分は気になっているうちに話題になりすぎて手が出せなくなってしまった漫画なのでこういう文章読んでしまうと、少し後ろ髪引っ張られてしまいますね(笑)


そういうのよく分かりますw  ミーハーだと思われたくない心理でしょうか。


自分の場合はダンジョン飯もゴールデンカムイも有名になるずっと前から好きだったので
逆に有名になりすぎると引いてしまうくらいなのですが、それでもこの漫画は
本当に面白いものがまっとうに評価された感じだと思いますよ。
(むしろちょっとコアすぎるものがウケすぎた気もしますが)



まだまだダンジョン飯も単行本が「たった2巻」でただけの漫画なので、
今から入っても全然 遅れて入ったことにはならんと思いますけぢね。

アニメ化前に入ればセーフでしょうw (何かが)

[ 2016/04/29 13:35 ] [ 編集 ]
単純にゲームとしてもエルミナージュ3は面白いですよ
ちょっとストーリーがwizにしてははっちゃけてたから気にくわない人は気にくわないだろうなとは思いますけども
でも俺も2が1番好きではあるけど

あと蛇足ですが、ゴシックは本当にネットの評判通りのゲームな感じですね……
エルミナージュの続編出るのかしら
[ 2017/05/15 22:54 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しさん


あ、3面白いですか。
それならいいのですが。


> ちょっとストーリーがwizにしてははっちゃけてたから気にくわない人は気にくわないだろうなとは思いますけども

まぁエルミ自体がかなり元からはっちゃけてますよねw



> あと蛇足ですが、ゴシックは本当にネットの評判通りのゲームな感じですね……

そんでゴシックはやっぱ駄目なんですかね。

(いま3DSのリメイクの方の評価見てみたらそっちはまだ見れそうな感じに思えましたが)
(まぁ3DSないから関係ないですね)


> エルミナージュの続編出るのかしら

スターフィッシュ、何をしてるんでしょうね。
というか小宮山さんという人の功績のようにしか思えないですが。

あの手のゲームにはずーっとダラダラと、シーラカンスのように続いてて欲しい感覚がありますね。


[ 2017/05/16 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -