FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文

バカさとは何か?


これも駄文。


「バカさ」とは何なのか?

みたいなことを、バカなりにちょっと考えていた。



この後からちょっと馬鹿な文章を本格的に書こうと思っているので
その前に、「バカさ」自身についても考えておこうということである。


[ 2018/07/11 13:40 ] 駄文 | TB(0) | CM(10)

ジョジョ5部アニメについて

  
自分の絵って全体貼ったら下手くそなのバレるから
顔アップだけ貼ったらいいんじゃないかとか思ったりした。 (無駄)
パープルヘイズ


ジョジョ5部アニメ化決定
多分今のところ「今年の一番めでたいニュース」だと思うので
なんか書きたい気がする。

けど、今は何も書きたくないような気もする。本当に文章かくの面倒くさい。
(でも一度書き始めると止まらなくなる)


色々作業をしている筈なのに何も書きたくない。
この絵もあっちゅうまに描いたけど、別にどうでもいい。
今はそんな感じ。


でも自分は5部が一番好きなジョジョだとか過去に言ってなかっただろうか?
それとも2部だっけ? まぁそんななので、やっぱこれについて語らないというのはありえない気がする。
よってなんかだべっていく。


ジョジョ5部は戦闘が本当に面白い。一番面白いと思う。
「戦闘が面白い漫画」のジョジョの中で一番面白いので、そりゃぁもう面白い。
だから期待してくれ(お前が描いたのかよみたいなテンションで褒める)
そればっかずっと何度も言ってる気がする。
だからもういいや。


見たいシーン
・ズッケェロ拷問 のダンス
・敵か!敵か!敵か!
・こっちこっちおあああー
・早送りされるナランチャ


言い方が気になるシーン
・誰のだってぇー
 (このセリフ大好きなので)
・あんたの名前公衆トイレ?
 (声でバレるだろうが、という話)
  (でも2部でも同じような問題はあったはず)
   (痛メツケテヤル)


分かってること
・蛇はパンを食うのか? まぁ食うんだろうな
・ポルポは指を食うのか? まぁ食うんだろな
・このド低脳がぁー まぁこの腐れ脳みそなんだろうな


テンポについて

1部は全44話

2部は全69話

3部は全152話

4部は全174話

5部は全154話


1部+2部113話を26話でやって、物凄いテンポだった 4.34
 (1部はダイジェストすぎたかもしれんが)

3部152話を48話でやって、ダレ気味の部分があった 3.16

4部174話を39話でやって、まぁちょうど良かった 4.46
(作画力が3部のときよりかなり落ちていたが)


・・・ということから考えた場合、
まぁ今回も3クールでちょうどいいのではないか?
(原作4話をアニメで1話、というのが良いテンポっぽい)


ジョジョのアニメは、今のところ2部が一番良かったと思っている。
多分、「ジョジョをアニメでしか知らない人」からの評価も、そうなっていると思う。(独自研究)


3部アニメが面白いとしたら、
それは実は、玄田哲章とかねるねるねるねの人とか、上院議員の怪演が面白かっただけなんじゃないかという
そんな気がしないでもない。

実際、「ジャスティス戦」だの、「ストレングス」だの、「ダークブルームーン」だの・・・
3部の序盤のスタンドバトルには、
「なんだその勝ち方?」てのがすごく多い。雑。 

それでも、エンヤ婆が出てるだけでアニメのジャスティス戦は面白かったような気がしたので、やっぱこれは「声の力」だ。


でもよく考えてみると「声の力」が一番すごかったのは1部なんだよね。
一部はとにかく熱い。暑い。


というわけで各部アニメの「魅力」「強み」というのを考えた場合、こういうことになる
(スゴイ、超スゴイとかで6角形でやったほうがよかったか?)

1部 テンポ+声の力
2部 テンポ+戦闘の面白さ (あと地味に二部アニメはBGMも好きだ)
3部 声の力+作画力 -ダレ
4部 



今の処、
4部アニメが一番中途半端であるような気もする。 
(6角形を作ると、一番面積が小さかろう)
(ま、まぁ作品全体に漂うオシャレ感?みたいなのが魅力か)

多分、アニメでしかジョジョを知らない、という人の評価であれば
4部は今の処一番インパクトに欠ける。 多分外人の評価もそうなってる(独自研究)


じゃあ5部はどうなるかというと、
とにかく戦闘の面白さは保障済みである。 マジで5部の戦闘はいい。


そうなってくると、自分としては「作画力」が気になるのだ。
5部の戦闘の面白さを底上げするためには、それが必要。


何億回も言ってるけど、5部の戦闘はただ面白い、ただ過酷なだけではなく、
空間感、スピード感がある。 

戦闘のシチュエーションが、「常に移動しているような状況」が多い。

走ってるケーブルカーの中での戦闘、
船の上での戦闘、
走ってるトラックの上での戦闘、
走ってる列車の中での戦闘、
走ってる車の中での戦闘、
更には、飛行している飛行機の中での戦闘!
・・・


「3部でもそういうのはあっただろ」って思うかもしれんが、)
(やはり同じ「飛行機の中での戦闘」にしたって、 
 3部のクワガタ戦と、5部のノトーリアス戦では、「実際に読んでる時に感じるダイナミックさ」が段違いだというのがわかるだろう)
(5部はそういうのが凄い)
(マジで自分は初めてホワイトアルバム戦読んでたとき、「寒いような感覚」があったのを覚えてる。それくらい夢中になった)



5部のこの、ダイナミックな戦闘感、
ここのところをちゃんと映像化できれば、「ジョジョ5部アニメが最強!」ということもありえる。

この辺、
「サーレー戦」の絵面が、しょーもないか、しょーもなくないか が分かれ道な気がする。

サーレーが石をバラまいて登っていって、先回りをするシーン、
あれの、「空間感」。
それを見たい。


そういうので言えば、4部アニメの「ジャンケン小僧」は本当にガッカリだった。

あの、「ジャンケン小僧回」の面白さというのは、
しょうもないジャンケン勝負というのを、
まるで3部のラストバトルとかドラゴンボールの戦闘であるかのように 物凄いジャンプ、空間移動のなかでやってるという事。

ただそこに付き申す。


それなのに、あれの映像化で背景動画を頑張らなきゃ、
本当に「単にしょうもないジャンケンをしているだけの図」になってしまうじゃないか。
で、そうなってた。 ガッカリ。

てか、
気合を入れるどころか、4部アニメでは明らかにこのジャンケン小僧回を「捨て回」にしていた。 作画的に捨てていた。

それはダメでしょーがと思ったものです。

「そんなこと言ったってスケジュール的に、労力的に無理です」
というのなら、
最初から完全にエピソードごと捨てて、あとでOVAの特典にでもしてれば良かったんだ。
(岸辺露伴のOVAとか作ってるんだから)


でアニメの「作画力」を憂うのはまぁここまでにして、
じゃあ次は「声」でも憂うかというと、それはもういいや。

自分的には「5部ゲー」に思い入れがそこそこあるので、
ジョルノの声は朴璐美がいいとか、そういうことも言おうと思えば言えるけど、まぁいいや。

5部ゲーの存在が最近どんどんでかくなっているのは、
やはりこの動画ミーム汚染がひどいというのもある気がする。
名シーンが事前に全部崩壊するのでもうヤバいと思う。



あとはまぁ「ローリング・ストーンズ」をやるのかやらないのか。
これをOVAにして特典にするならちょうどいいね。
(恥知らずも・・・無理か)



もう一個思ったこと。
キング・クリムゾンを特殊OPで表現しようとしたら、タダのスキップにしかならない気がするんだけど、
そこんところをどう処理してくるんだろう?


・・・
今の所、5部アニメで気になってることはこれくらい。
とにかくめでたい。

[ 2018/06/23 11:24 ] 駄文 | TB(0) | CM(5)

iPad買いました。

 
結果としてクソ記事二連打ということになった。
でも全部分かってるんだよ。
ああいう馬鹿な文章書く心理というのは「先に限界まで嫌われておきたい」ってだけのことだ。
分析完了。

というワケでオワリ。流す。

もっとマシな話をする。


依頼もあったし、
有り難いことに、石油王の支援者さんも得たりしたので、

いい加減、なんか自分のスキルアップの為の投資をしよう、ということで
iPadを買ったのです。 で来たので、その報告。



前に、中途半端にkindle fireを買ったりしたのですが
あれはやはり、安物買いの銭失いでした。

あれではお絵かきは無理です。(なぜ出来ると思った)



で、新しいiPadが、筆圧感知に対応してて、
アップルペンシルが使える、iPadプロみたいなことが出来るらしいと、
そう勧められておりました。

じゃあこれを買おうと。

iPadプロに8万9万払うより、いい買い物だろう、と。

それにこれは、「液タブ買う」と考えた場合より、いい買い物のハズです。



あと、iPadで使える、FORGERというソフトが良さそう、という噂も入ってきてました。

もういい加減に、sculptrisとマウスだけでスカルプティングやってるのは限界だろうと。
クオリティ的にもスピード的にも。

で、かと言って自分にZbrushを買う予算はない。
そもそも、Zbrushを買ったところで今のPCで満足に動くかどうかもわからん。
PCまで新調するとなると、余計に無理である。


というわけで、Zbrushに10万、PCに数十万とかかけるよりも、
iPad買って、このFORGERというソフトに賭けたほうがいいんじゃなかろうか?ということです。


・・・そんな感じです。


iPadプロ買うよりこれがお得。

Zbrush買うよりこれがお得。

液タブ買うよりこれがお得。

PC買うよりこれがお得。


5万+1万で、これらに匹敵するものが得られるじゃろう、
ということでした。

これは賢い買い物をした、と、思いたい。


ということで、まずはFORGERについて。

正直今は、sculptrisとの違いに戸惑っています。

sculptrisは、触ったら触ったところが勝手にどんどんポリゴン分割されていく感じで、
そのかわり、重くなったら自分で減らしたりする必要がありました。

一方、FORGERは、そういうのは無い感じ?
予めどれくらい細かいか決まってる感じ?

そんで、「リメッシュ」で細かさを変えていく感じ?
・・・いややっぱよく分かってない。


まぁとにかく、今練習に作っているのは、バトラです。

FORGERの練習でバトラ

FORGERの練習でバトラ
(こうやって資料を置けるのすら嬉しい)


なんで今バトラか?


プロジェクト・メカゴジラの小説に、バトラが出てきたのです。
すげー嬉しかったです。 (あとバトラはモスラとデフォでカップルなの?それは決定なの?)

それが理由。 以上。

(まぁ、バトラはスカルプトで作るべき怪獣でしょう)


あと、もう一個、リッカーを作っています。

FORGERの練習でリッカー



なんで今リッカーか?


SOS団部室

依頼で、SOS団の部室を作ったのですが、

自分は、この部屋にはリッカーが似合う、

この部屋にはリッカーが住んでいるべき!
と思ったのです。

SOS団部室 リッカー部屋


それが理由です。 以上。

(あといっぺんくらい、こういう背景をバイオハザード風にレンダリングというのもやってみたい気がする)


で、あとはお絵かき関連について。

絵は、多分問題なく描けます。 
いや、今まで自分が使ってたペンタブより、よっぽど良いはずです。


まぁ問題は解像度かな、とは思う。
ぶっちゃけ、ディスプレイ画面の大きさで絵の上手さって変わってくると思う。
上手さというか、丁寧さ。

自分の場合、iPadを手に入れたことで、絵がますます雑になるのではないかと思っています。
ただでさえ雑な絵がさらに雑になるぞと。



で、まずは練習に描き散らすために、なんかネタ企画を考えた。
「ガメラフュージョン」というネタ。

ガメラ怪獣をガメラ怪獣どうしでモーフィングしていく感じの絵を描いていく。
脈絡は分からない。

ガメラフュージョン


多分キッカケは、
「巨大レギオンとソルジャーレギオンって似ても似つかないよね?」みたいな話題があったから。

あれで、レギオンの成長過程みたいなのを描いてみたくなったから。


だがこれが結構難しい。
レギオンイリス
レギオンレギオン


いい感じにモーフィングしようとしても、結局どっちかに寄ってしまうのです。
まぁそんな感じ。


あとは何だろ?

iPad買ったけど、一度もsiriには話しかけてないですね。

音声入力も、一回も試してない。


口述筆記がタイピングより早いことってあるのかね?
たとえ早いとしても、自分には使うの無理だなぁ。

相手が機械でも、死んでも喋りたくないってのがある。 マジである。

[ 2018/06/02 09:37 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)

自分の性格について考えて見えてきたこと


自分がクズ過ぎてちょっとドン引きしました。


はい。前回の記事はひどかったですね。本当にひどい。
今年のワースト記事ノミネート。


(なんで自分があんな馬鹿なことを平気で書けるのかっていったら)(そらクズだからなんだけど)
(やっぱ自分のブログの読者なんかゼロだって本気で信じられてるから、そうなるんだろう)
(それが間違ってるんだろうけど、 精神的にその確認ができないから)


で、今回は自分の「性格」というモノについて考えて行こうと思う。

これは正直、面白い話が出来ると思う。 (勿論いつもどおりの駄文だけど)(駄文のわりには)


前回、超絶クソみたいなこと書いたと思うけど、
これのための前フリのようなもんである。


自分の性格について語るといっても、それは今までのような
「自分はこういう奴!」「自分はこういう奴だから!」とか連呼するだけの話では、留まらないつもりです。
こういう人間

そっから「先の話」が出来ると思う。


性格と、「その先」の話。


あと藻屑さんへ

メールに返事をしたら
Undelivered Mail Returned to Sender
って出ました。

で、よくみたら、
「行動で示していただくか24時間以内にご返信くださいませ」って書いてましたね。

自分が24時間以内にメーラー確認しない奴だったらどうするつもりだったんでしょうか?
実際そうなりましたけど。
筆不精の自分に無理なこと要求してもこうなります。 それで覚悟とか言われても無理です。

それと、その返事の内容は、こういう公開の場で書けるようなものではありません。
よって、捨て垢とかでなくまたメールをしてほしいです。
そうでないと返事ができません。
(この時点で「断り」ではないとわかるとおもうんですが)

[ 2018/06/01 12:49 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

反スポーツの価値観

 
自分の中にある、反健康、反運動、反スポーツのような価値観についての話です。


「運動がまるで"善いこと"であるかのように賛美する価値観」が当然のようにはびこっている中、
「その真逆のような考えの方が実はよっぽど正しい」、そんなことが考えられるのではないか?
少しは逆方向にバランスを取るくらいやってもいいのではないだろうか?

そんなことを訴えるための文章です。

[ 2018/05/07 09:52 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

「規模」の話


(この文章、一回消えたんですよ ほんとやる気なくすわ)

今日書こうと思っていたことは、
1月とか、
2月とかに 先送りで書いてしまったような気がする。

まぁああいう話。
賤業COと、
依頼の話ね。


だからまぁ、今日は別に特に言うことは無いのだ。
一応、
正式には今日がクソブログ10周年なんだけど。
なんで毎度毎度、エイプリルフールに重大そうなカミングアウトをしたくなるのかってのはあるけど。
まぁどうでもいい。


じゃあ今日は何の話をするのかというと別に
先月やったことの報告とかでもいい。

 

 

 

先月はこんなんばっか作っていました とさ。 依頼で。
これくらいで一ヶ月飛ぶのですね、割と。


勿論見る人が見れば、
ヘボいと、
なんじゃこれはと、
こんなのモン、もっとすぐ作れと、
こんなので金を取るなと、
・・・

そういうことになるのだろう。


そこはまぁね、なんとかしていかんとね。


あと、こういう記念の日に、
「ブログ10年続けてきたけど、良いことなんか一つもなかったよ」みたいなこと書いてやろうかと思ってたんだけど、
まぁこうなってくると、中々そういうことは言えなくなる

自分なんかに、こうして、依頼を投げてくれる人はいたわけだから。
とても有り難い。

だが、果たしてそれで良いのだろうか?



十年やってて、得られた関係が、それくらい。
というのは、
どういうことなのか。

それが自分の「人望の無さ」なのか。


定期的に、ドン引きされるようなことを書いてしまうからか?
人に嫌われるようなことを書いてしまうからなのか?
(今も書いてるけど)


・・・
するとここで語りたくなることが、また別の話題。
「規模」の話だったりする。


というわけで「規模」の話をする。
本当はこういう一個一個の、
「自分の価値観の前提」となっている基礎の話を
もっときっちりやっていきたいんだけど


今回は概要レベルでサクサク書いていく。


(サクサク概要を書いていくつもりがやっぱし電波長文になってしまった)
(でやっぱりコメ禁止にしてしまう)

(結局 10周年に書くのが電波文章というのは、自分らしいと思う)
(酷い文章だけどもうどうでもいいやと思っている)
[ 2018/04/01 11:54 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

ダビデの鼻



アホなテンションでアホなこと書きすぎた気がするので
かなり制限します。



寝言です。


今月は多分忙しいです。 (なんか言ってる)
依頼こなしてるだけで、他、何もできなさそう。


作ってるモノが作ってるモノだけに
こっそり作ってこっそり完成させるべきではないかと
思いつつも 結局なんか書いてしまう。 (ここに書く必要ないだろうがと)


ブログに書くべきことなんか何もないよなぁと思いつつも
どうせ一度書き始めると延々とどうでもいいことを書いてしまう、いつものやつ。

[ 2018/03/13 23:49 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

骨視察




すごいどうでもいい話。
こうやって自分で骨を作ってみると、
「色んなゲームの骨」というのが急に気になってくる。

よくよく、骨を観察するようになる。



そんでもって、「別に市販のゲームの骨も大したことないじゃん」などと思うようになる。(増長)


骨 ポリゴンだけ 骨 普通

自分の骨が、ポリゴン減らしまくっても、こんな感じです。リアルタイムでこれ。
もっと減らしてもいい。


で、色んなゲームの骨を見ていく。

スカイリム
の骨。
スカイリムの骨

ホントはもっとヘボかったはず。mod入れてこれじゃないかな。
あとはまぁゴリラみたいな顔。


ダークソウル3の骨。
ダークソウル3の骨


まぁこういうのは難しい。
灰で白く煤けている状況だから、こんなのっぺりした見た目になっても仕方ないのかもしれない。


で、全身を見るとこんな感じ。
ダークソウル3の骨

こうしてみると、ダクソ3の雑魚骨、物凄い頭が小さいような気がする。


ダークソウル3の骨
ウォルニール初見時のアップがあった。
歯グキの穴も鼻の穴も、頭蓋骨の継ぎ目も、ないっぽい。





ちょうどダクソ2の骨がアップで見れる機会がありました。

盗賊物語2 30


で、ダクソ1のガイコツがこんなんだったなぁ。



こうやって見てみると、ダクソの中でもガイコツのグラフィックって
進歩してきている?

(でもデモンズの金ガイコツとかもっと気合入ってたような気がする)

DDONの骨。

DDONの骨
これはちとローポリだからしょうがないとかいう問題ではない。
ローポリでもノーマルマップが適切ならいくらでも出るのだ。


スケルトンサイクロプス。
スケルトンサイクロプス

動いてる所を見るとしょぼいという印象は全くなかったんだけど、
こうやってスクショを撮って見ると、随分とカクカクに見えるもんです。

逆に言えば、ゲームのモデルなんて相当カクカクでもいいということかもしれぬ。


まぁこういうので分かることは、 一度骨モデルというものを作ってしまえば、
コピペ改造で、こういうモンスターだって作れるようになるはずだ、ということです。


ライフイズストレンジの骨

ライフイズストレンジ
の骨。

まぁやっつけっぽい。
それっぽい骨。

ライフイズストレンジの骨


骨の作り込み一位のゲーム
はなんだろうか?

[ 2018/03/02 09:48 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)

カーリングロボ


 
どうでもいい文章を毎日書くというの、やろうと思えば出来るけど
毎回やろうとして後悔してくるパターン。

なんで自分の文章は無駄に長い割につまらないのか。

もっとこう、マンガの1Pにおさまるくらいの短さで、
面白さを煮詰めたようなのが書けたら良いんだろうけど。


最近思ったこと。

一応、オリンピック関連のことで思ったこと。


カーリングについて。

[ 2018/02/22 22:09 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

「夜汽車の男」は国境を超えるか

 
まぁ今日はそういう日である。


突発的に予定を変えて、大杉漣「関連」の話をします。

人の死に関して、あまりあーだこーだ言っても胡散臭い気がしてしまうので、
そういう湿っぽい話はしない。


でまぁこれである。


「夜汽車の男」

これについて、ちょっとだけの話。


自分はこれ多分、リアルタイムで観たと思うんだよ。テレビで。
始めてみたときは、まぁそらホントに面白かった。



これの面白さは何なのか。

(勿論ラストの大オチもあろう)
(でも、別にあれは無くても成立するくらいだとすら思う)

(それこそ大杉漣の演技力もあろう)


でもまぁ、
それはまぁ、要は
「泉昌之テイスト」でしょう。


「メシを食うとき、そこまでアレコレ計画立てて食うのかよ!」というおかしさ。

そういう軍師的な?ダンドリくん的な?そういう面白さ。 
つまり、「過剰ギャグ」とも言える。


いやだが、
なんというか、
実はみんな、ある程度は「共感」もするのではないか?

「あるある」でもあるのではないか。



なんだかんだ、日本人であれば 
いつだって、なんだって、
これくらいの弁当を食うときだって、何らかの計画、予定
「コメとおかずのバランス感」 というのは、無意識レベルで考えてしまうことなのではないかと思う。
で、
これが分からん奴は日本人ではないと言ってしまってもいいのではないか?


本当に思ってしまうのだが、

もしも この、「夜汽車の男」という短編ドラマを 外国人に見せたとする。 すると、外国人はどう思うのか?

笑うのだろうか?
どこで笑うのか?
本当に笑うのか? 面白いと思ってるのか?


そら、ラストの大オチでは笑うかもしれん。
この主人公の男の、几帳面さに、 大杉漣の演技に、ある程度は笑うかもしれん。


いや、それすらサッパリ伝わらんかもしれん。
「イカリングって何?」ってなるかもしれん。



結局、その程度なのだ。

伝わってもその程度、
伝わらなくてもその程度、
笑ってもその程度、
笑えなけりゃ、その程度。



よく、 外国人が日本にやってきて、日本の料理を食って、
うまいうまいと褒めるだけの動画があったりする。



でも、「実は全然分かってないよな」、と思うのが、こういうことなんです。


例えば、こうやって海鮮丼を食べたりするのだが、
「魚とご飯を同時に食う」ということが全くできてなかったりするのである。
刺し身だけ食って、それで、旨いね、とか言ってる。

酢飯と魚のバランスとか、全く気にしてないのが、分かる。


これくらい、日本食に理解がありそうな人間でさえ
結局根本のとこじゃ何も分かってない食べ方をしているではないか!ということ。



ご飯とおかずの配分。
ご飯とおかずによる口内調理。


ただそれだけのことだけど、
これが分からない人間には、
これを自発的にできない人種には、
そういう人種では、一生和食を食べたとはいえないんじゃないかと思ってしまう。

この人に「夜汽車の男」を見せたって、分からないだろう。
笑ったとしても、愛想笑いだ。


・・・そういう感じ。

伊丹十三の「たんぽぽ」を外国人に見せたって、 絶対、心の底じゃ真の理解は得られないんじゃないかとか、
「孤独のグルメ」だって、絶対 本当に伝わるべき部分面白みは分かりっこないんじゃないかとか、

結構そういうことを思ってしまう。


「映画は国境を越えられない」と押井守は言ったけど、そういうこと。

映画は文化を超えられない。

映画は言葉の壁も越えられない。



そら、多少は「抜けて」伝わっていく部分もあるだろうけど、そういうのは言葉抜きで最初から伝わるような、
いわゆる、「パントマイム的なギャグ」のような話ではないのか?


だったらそれは、「最初から通っている要素」だと言えるので
「面白さが国境を越えた」とはいえないわけである。
(パントマイムが国境を越えたとは言わないだろう)



1番重要なコアなところに限って、伝わりづらい、
伝えることはできないのではないか?


そしてそれが伝わってなんかないくせに、なんかわかったフリして褒めたり笑ったりしてるのが、
海外間の作品なんじゃないかと、思うのだ。 

で、それはお互い様のこと。 
自分たちが向こうさんの映画がピンとこない時、こういう抜け落ちがきっとあるはず。 (ポプテピのときと結局おなじような話してる)


・・・
大体そういうこと。 
今、自分が改めてこの「夜汽車の男」を見て思うのは、そういうことです。


真にこれが面白がれるのは、日本人だけではないのか。 いい意味でも、悪い意味でも、

[ 2018/02/21 22:20 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)
月別カレンダー
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -