ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文

祝・封神演義アニメ化!


どの程度のことでブログを更新したらいいのか実はさっぱり分からん感じ。
未だに分からん。一生分からん。

封神演義再アニメ化

封神演義が再アニメ化するらしいですね。
(これ、「再」を付けない方が、ガチファンっぽい?)
「前アニメなんてなかった・・・」という意味で) (まぁどうでもいいや) (WILLは名曲



これは多分、自分的に今年で1番凄いニュースなので、
考えてみれば更新して当然の話題だったかもしれない。

まぁそうだよなぁ。
書いて当然だよなぁ。

でも別に「自分が書いて何だよ」って気分もある。 すっごいテキトー。


それでもとにかく
自分にとって「封神演義」という漫画は滅茶苦茶重要。

どのくらい重要か。


多分自分が、人生で最初に「漫画の単行本を全部集める」「漫画の単行本の最新刊を楽しみにする」
みたいな行為をした漫画
が、封神演義だったと思う。


人生においてそういう、「最初に本気で追いかけた漫画」というのは、とても重要だろう。

あとから考えて、どれくらい名作だったか
客観的に考えて、どれくらい面白かったか、
・・・
そんなことよりも何よりも
「最初に追いかけた漫画」という事実はデカイことだろう。 唯一無二である。


まぁそんな感じ。それだけで自分の中で封神演義がどんだけデカイ漫画か分かる。

このブログの「駄文」というカテゴリは封神演義の断崖絶壁今何処から来ている。 以上。

(で、こういう話、絶対どっかで過去にした もう脳ミソが)

あとはまぁ「アニメ化」について。


どうもやるのは「仙界大戦メイン」らしいですね。 聞仲たおしてオワリ。
何クールかはともかくとして、これは英断だと思う。


そら、理想としては「全編、完全にアニメ化」というのが嬉しいけど、

そういうことしてたら本当に何クール、何年かかるか分からんし、
序盤の雑魚とかをやるのかやらねーのか、非常に微妙にダレることになると思う。

序盤の雑魚ホントどうでもいいからね。 「全世界のちんとうさん、すみません」
別に面白いけど、魔家四将クラスなら別に飛ばされても問題ないような気がしてくる。
(でも象レースとか料理バトルみたいなのに限って飛ばしてほしくなかったりする)


まぁそこんところを全部すっ飛ばして、仙界大戦「だけ」をガッツリアニメ化するというのは、
中途半端に原作を追おうとしてメタメタになってしまった前アニメよりかは滅茶苦茶正しい判断だと思う。


仙界大戦というのは、中盤のほんとクライマックスですね。
考えてみるとラストバトルより盛り上がってたような気がする。
いやほんと楽しみです。


だがどうなんだろうか。


封神演義の、仙界大戦を今、本気で映像化するとして、
そのヴィジョンを想像してみると、

やっぱ最初にイメージされるのは、あの金鰲島ゴウンゴウンと移動している姿だ。


金鰲島


あれ、どの程度の迫力が出せるだろうか?



あれ自体、
あの金鰲島が移動してくるビジュアルとか、
崑崙山と金鰲島の激突バトルというのは、多分、
当事の藤崎竜が、「インデペンデンス・デイのUFO」とか、「FF8のガーデン戦」に影響を受けてやってたことだと思う。
(妄想)(要出典)(独自研究?)

インデペンデンス・デイのUFO FF8のガーデン戦

(でも時代的には完全に合ってると思う)



でまぁ、金鰲島のデザイン自体は↓これですよ。

金鰲島

凄いですよね。

藤崎竜のデザインセンス、興味あるモノは凄いけど、どうでもいいモノに対しては手抜きが凄まじすぎる。
(それは「通天砲」「元始砲」とかのデザインにしてもそう ダサすぎる)


こういうのを、(多分3DCGでやると思うんだけど)
アニメでそのまま動かして、
迫力って出るんだろうか?


それがスッゴイ疑問。 不安。


それ以外はあんま特に不安ない。

仙界大戦。
十天君と十二仙が戦いまくる。 

殆ど死ぬ。 マジで死ぬ。

少年漫画で、敵味方共に、
あんなにキャラが死にまくるマジ戦争という奴、他にあっただろうか。
そんくらい死にまくる。

ああ楽しみ。


何より自分は聞仲好きだし、黒麒麟好きだし、
十天君好きだし・・・
そういうのが大活躍する仙界大戦とか最高ですねと。

黒麒麟expresii


まぁそんな感じ。


やっぱ「楽しみですね」という報告だけで、書こうと思えばこんだけ発作的に書ける。


一方、完全に吹きとぶのは「ゴールデンカムイ」のアニメ化である。

[ 2017/08/02 15:55 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)

「恐竜」と「後ろめたさ」について


 
というわけで「恐竜」について、なんぞ思うことを、グダグダ語っていく。 かなり寝言感すごい
なんでこんなことになったんだっけ。


「どうでもいい人」にとっては「凄くどうでもいい話」だし、
「恐竜ガチな人」にとっても、雑魚のボヤキみたいな話」なので、どうしようもないんだけど。

(てかどんどん独善的な文章になっていくので注意)

ティラノサウルス sculptris

[ 2017/07/26 16:18 ] 駄文 | TB(0) | CM(6)

思考ログ1


なんかコメント不可にすると物凄い開放感があって、
いくらでも、なんでも、書ける気がしてくる。 なんだこれ。

結局自分を縛り付けていたのは他者の反応(があるかないか気にすること)だったんじゃないかと。
嫌なコメントがついてたら嫌だなぁと思うからブログの編集画面を見に行けなくなる)
完全に断ってしまえばもう何も気にならない。 体が軽い

5月まではこの方針なので、今のうちに好き勝手なことを垂れ流しまくっておきます。
最近考えたことも膨大すぎて頭がおかしくなる。


思考ログ 垂れ流し


ネタ候補

◆自分の好きな話とは 小説とは 本とは

◆良いレゴ 悪いレゴ

◆電子レンジでパンをこんがり焼くやつについての怒り


◆人口論 VS 小国寡民 VS 8分の1計画
 人間が大勢いる真の意味とは

◆邪悪な動物とは? 邪悪とは独善とは?

汚職とは


◆トリコについて
◆沈黙について   未だ書けてない感想文


◆ダクソDLCについて 
 書いた

◆ソウルシリーズ全般について

◆もし自分がフロム社員なら
 書き中


◆将棋について
 競技というものについて

◆多様性について

◆自立 自給自足という概念について

◆攻殻について

 


・・・この辺が
自分が最近考え、ブログに書こうと思いつつ書いてなかったり、
メモを書いたは良いが投稿はできずに放置してたりする話題。

GWあたりまでにこれらの話題を消化できるだけしていこうと思ってたりする。


今回のメインは、電子レンジの話

[ 2017/04/26 11:58 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

コミュ障について等々

 
4月は破滅的な気分になる時期だと思う。
自暴自棄というか。



今月のはじめくらいからずーっとそういう気分で
ろくなことを考えてこなかったのだが、

そういうときの気分で書きなぐった文章というのは
当然なかなかそのまま貼ることはできない。

で、そのまま放置してると、やはり後から読んでも
その時と今とではテンションが違うから貼ることはできない。

じゃあ「こういう気分を自分が抱えている」ということは一生表に出ないじゃないか!とか思ったりする。



自分は大量の文章を書きかけのまま放置しまくっている。

たまにはそういうのを無編集のママ貼り付けてやろうかと思ったりする。

そういう行為は良くないのだろうが、
やっぱ多少は意味もあるはずだと思ったりもする。

クソ文章だけど、ある特定の人3人くらいには読んでほしいと思ってるんだよ。

 (ちなみに今回の記事は「思ったりする」の塊だろう)
 (大体全ての文章の語尾なんてものは「思ったりする」で統一してもいいくらいなんだ )


[ 2017/04/13 12:17 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

突然の三国志ブーム

 

最近、三国志ブームが、突然来ています。
(ブームというか、自分で考えてやってるんだが) (つまり自分自身に対する「作られたブーム」



よく「これを知らないと人生を n割り損してる」みたいな表現がある。

(「n割」とはどういう意味なのか自分でもよく分かってないが)
(自分にもまぁエヴァだのジョジョだのダークソウルだの・・・それを知らないままでいる人生などもはや考えられぬ、)
(というジャンルのモノはあるわけで・・・)

(人生にも知識にも必須アミノ酸の「桶」のような物があり、何かを知らないままで食うことでこぼれ落ちていった栄養素「損」と)
(呼ぶのなら、その「桶」のことをそのように表現してもいいのかもしれぬ) (意味不明)


そこんところで、「今の自分が知らないでいることで、現状もっとも損をしている分野のモノがあるとしたらなんだろう?」
・・・
ということを真剣に考えてみた。

(これについて考えるのは結構面白いと思う)



すると・・・
実は「三国志」というモノを知らないでいるということが1位クラスなんじゃないかなぁという結論になった。


(他の候補としては「ガンダム」とかかなぁとも思うのだが)
(それでもやっぱりガンダムに詳しくなろうという気は全く起きない)
(昔、なんか流行ってたseedとかを見て、なにが面白いのか全くわからなかった・・・というのがある)
(最初の出会いが最悪だったのだなぁガンダムは)


ところでこれは
なんとなくこれを考えていた時がドリフターズのアニメやってた頃で、
そこで「あんた三国志知ってる?」「あったりめぇだろ俺俺信長だぞ?」
とかいってたりして、それが凄い引っかかったりしたのもある。

「信長が三国志好き」だというソースが全く見つからんのだが、どういうことなんだろうか)


・・・とかなんとかで、突然、三国志について詳しくなりたいモードになりましたとさ。
突然、自発的に。



でまぁごく当たり前のように横山三国志を読むとこから入ってるということでした。
横山三国志関羽


しかしまぁ本当に面白い。


そして三国志を知ることで
今までなんとなく過ぎ去っていったモノの味わいも変わってくるよなぁと痛感している。


「監獄学園」とか見返すのも面白いだろうし、



例えば↑こういう実況動画、昔見たときは三国志のこととか全く知らんで見てて、キャラメイクだけで面白いと思ってたのだが、
(つまりそれはタイチョー視点ということだ)

今では「祝融」とかも分かるようになった。
(つまり二週目はオッサン視点で見返せるようになったということだ)


三国志について詳しくなってくると、
誰もが通る道なのだろうが、演義と正史の違いみたいなのが気になってくるらしいですね。


でも自分の場合、それもあるが、
「本当の本当はどうだったのか」というのが気になる。

つまりそれは正史どころではなく、本当の実際のあり方。 「実際に過去に戻って見てみたい」というのがある。


例えば、張飛だの関羽だのは正史でもくっそ強いだろうし、一騎打ちとかで勝ってたりとかはしてるのだろうが、
そのときの彼らの動きだとか強さだとかいうのは「実際」どういうモノだったのかというのが気になる。


そんなに強い人間というのが本当にいたのだろうか、という疑問。

だが実際に、いたことはいたのだろう。 

ではそのような「リアル一騎当千」な人間が実際に動いているところのビジョンというのは
マジでどのようなものだったのだろうか?、という純粋な疑問。

そしてそのような疑問というのは、たとえ「レッドクリフ」のような映画を観たところで、絶対に満たされることは無いのだ!!

(どこまでいっても、偽モンだ、演技だ、別人だ、作りモンだ、という思いが抜けないし、実際違うモノは違うのだから仕方がない)
(そしてホンモノは絶対に見ることができない) (だがホンモノは本当に「いた」のだ) (存在する不可知)


なんやらよくわからんだろうが、
この「気になり方」というのは、「恐竜」について思いを馳せるときの感覚にとても近いと思う。

心のどこかで信じてないのだ。 大好きなくせに。

映画を観ても、
作られた映像を観ても、
「それらは実物とかけ離れているであろう」という先入観は、絶対に拭えない。

よって、「その存在に憧れているくせに」、心の奥では「その存在を信じられていない」のだ。



関羽は恐竜。



とかまぁ、
普通にこういう動画とか見て「劉禅は本当に暗愚だったか?それとも名君だったか?」とか考えるのも
マジで面白いですね。



三国志演義という「二次創作」が有名になりすぎてしまったせいで
現実の人間の評価や印象が固まってしまうというのは、
たしかに許せん人からしたら許せん問題なのかもしれない。

ウサミちゃん問題


サンゴクシ・エンギ・コンプレックス


なんつーかこの回とか、このような問題をずっと前から指摘しているように思える。


とにかくまぁなんでも良い。


今更ながら、「タクティクスオウガ」って三国志だったんだなぁとか思ったりしてる。
バクラム、ガルガスタン、ウォルスタの3勢力の戦い。

ていうかタクティクスオウガの超神曲「Three Kings」って、 タコレ(Gはサイレント) (崎元神)
これ要はマンマ「三国」志じゃね?とかいうことに今更気づいたりする。






そして次
この、「正史と演義の解釈の違い」 みたいなのが、FFTにつながってきてるような気がする。


FFTは、
表の歴史では反逆者扱いになっているラムザの人生を歴史の裏の視点から紐解いていくと・・・みたいな話だったワケだ。

FFT 高速フーリエ変換

そういう意味じゃ、
「曹操って悪いやつじゃなかったんじゃね?」みたいな話とおなじことかもしれん。

ラムザが曹操?それは何か変だな。


もうちっとまとめるとこうだ。

「演義では悪役?っぽい曹操 ・・・現実では名君だったんじゃね?」
「演義では主人公っぽい劉備 ・・・現実ではヤクザだったんじゃね?」

という感じと、

「デュライ白書では主人公っぽいラムザ  ・・・現実ではどうだか」
「デュライ白書では悪役?っぽいディリータ ・・・現実ではどうだか」

みたいな関係だったり?


いやもっというと
ディリータは「現実世界」では英雄視されているが、デュライ白書(FFT)をやるとそんな良い奴には思えなくなってくる。
FFT 高速フーリエ変換

すると
実はディリータが劉備に近いんじゃないか?とかとか



(だがまぁデュライ白書を「真実の物語」とするか、デュライ白書を「現実に対する二次創作」と解釈するかで)
(ここがまた捻くれとるのだな)
オーラン自身をあんな風に激強に描いている時点で、あんなのは俺TUEEEラノベと同じだろ、という考えもある)


(いやまてそういう話はよくするしされるが、)
デュライ白書が「正史」でブレイブストーリーが「演義」って解釈もできないか?)
(だとすると勝手に派手にしたのはラムザの名誉回復が目的のアラズラムのせいかもしれぬ)


・・・ややこし


こういう風に、三国志を知ることで全然関係なさげなモノの見方もまた変わってくるかもしれぬ。



三国志クラスで「知らないで人生n割損してたモノ」というのは、やはり他になかったように思う。

オタクメリット
↑こんな風に、
大抵のものは、何かを知ることでソレについて詳しくなる程度のメリットしか無いし、
その小さなメリットを取り上げて、
「詳しくなって良かった良かった」とか思っている訳だけど、


本当にここまで他ジャンルに渡って見聞が広がるというモノ となると相当限られてくるよなぁ。

[ 2017/01/15 12:17 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

色奉行

 

「色」とか「リアルさ」とか、なんかそういうことについて、自分が漠然と思ってること。

そういう話をする。


この話は、昔やったVSシリーズ云々の話とかとも関連している。 延長かもしれん。
(あのときは、「白み」とか「光の漏れ方」とか「拡散光」とか、そういう話をしたけど)

本当にリアルに見える映像とはどうあるべきか?みたいな話。


素人が漠然と思っている価値観の話なので
別になにがどうとかいうことではないのだが、こういう嗜好、志向があるということ。

[ 2017/01/10 16:05 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

ブログの読者なんて一人いれば十分論

 
前回ああいうことを書いたのだが
逆のようなことも考える。


何がどう「逆」なのか。 自分の中にある「他人の軽視」みたいな事にたいする「逆」である。


この話は次の「自作パラドックス」にも並べようと思っているのだが、
「ある考え方」をすると、突然「他人というモノの凄まじさ」というものを再認識しやすくなるのだ。
(別にそんな回り道しなくても分かる人は分かるんだろうが)


ツイッターの「真のフォロワー数」は一人程度にしかならないというパラドックスである。


今回の内容はマジでポエムです。 ポエム注意


[ 2016/12/22 18:43 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)

人に話しかけられない権利について

 
今せっかく巨神兵が完成しそうで、 (つーか完成してます)
それは多分今まで自分が作ってきた3Dモデルの中で一番いい出来なモノになりそうで、
そんなときは、黙って作ったもんだけ置いておけばよさそうなもんなのに
そんなときに限って、全部台無しにしてしまいそうなことを書きたくなってしまう。



まーた頭がおかしくなってきているのか
ブログを毎日更新したいなぁとかいうことを思ったりしている。

(去年の自分の発狂具合を知らない人からすれば、毎日ブログを更新するのは良いことだと思うだろうか?)
(とんでもなくみっともないことになるだけなのだぞ)

理由は寒さとか。あとは家族が糞とか現実が糞とかネットが糞とかでムカつくとか、そういうことだ。



年末まで10日ほど。  
まーた10回連続で文章だけの更新をしてやろうかなぁというキャンペーンである。
(それにしても前回のときは二度とこういうことやらないとか思ってたくせに、一年も経つとまたやりたくなるのか)


頭のなかにものすごく陰鬱な気分が溜まってきたりすると、そういうテンションになってくる。



だがこれもものすごく難しいのだが、 自分の場合 朝の頃はブログ更新したい気分になってきて
いくらでも吐き出すべき、考えるべき文章のネタがあるような気がしてくるし
実際頭の中で延々とモノを考え続けているのだが、

午後になると、なんかもうそういう気分が全部吹き飛んでいて、
「なんでこんなクソブログにわざわざ恥ずかしい糞文章を追加して、恥の上塗りしなきゃならないんだ???」
みたいな気分になってきて、今度は全くもって更新なんかしたくなくなっているのだ。


この精神状態の不安定さのせいで、
書きたいことが頭のなかに貯まるだけたまり (午前)
だが全く何も書けないまま時間だけが過ぎていく (午後)
ということになってしまうのだ。


この場合、朝がなのだろうか? 夜がなのだろうか?
(多分、朝が躁であり鬱なのだろうなぁ)



とにかく、この場合の「朝のときのテンション」を維持してないと、
ブログに文章なんて、とてもじゃないが書けないのだ。



まぁそんな感じで無理して書いていく。

第一回目は
「人に話しかけられない権利について。」

[ 2016/12/21 18:58 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)

連絡事項

 
二ヶ月ほど前に
ブログのメールフォームで何らかの依頼をしてくれた人がおったのですが、

で、気づくの遅れて自分はそのメールに一ヶ月遅れで返事をしたのですが、 (酷いメール不精)

んで、それから一ヶ月ほど経つのですが、今度はその人からの返事がありません。
(一応自分は2通ほど返事したのですが)

ひょっとすると自分の返信のメールが届いてないという可能性がありますので、

一応ブログはちょくちょく見てくれているということなので、こっちに書いておきます。


佐藤さん。
多分自分は作ると思うので、そのユニフォームのデータを貰わんことには作れませんよーということです。

以上。
[ 2016/11/30 13:36 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)

生命を冒涜する側の人間宣言

 
なーんでこう、次から次へとめんどくさい文章を書いてしまうんだろうなぁ。
(大体この文章
(書いてから保存して寝て、一日経って、そしたらもう自分でも割りとどうでも良くなってるのだが)


まぁとにかく今回の話題はこれである。

NHKスペシャルの宮﨑駿特集 「終わらない人 宮崎駿」




そこでドワンゴの会長が、あるプレゼンを宮崎駿の前でやった。

AIを使って、ゾンビの這いずるモーションを生成する、みたいな技術だった。
それに宮﨑駿が激怒、という流れである。 (正確には激怒まではしてないと思うのだが)


この、一連の流れ。
60分の番組の中で、2分弱の流れである。


この2分の出来事について、自分は小1時間以上語れるかもしれない。 増えるワカメか。
それほどまでに色々なことを思ってしまった。


その思いを羅列するだけである。


もう、接続詞とかも無視して、思ったことをそのまま羅列するだけにしてやろうかという勢いである。



あと、この話題自体はもう、一日寝て起きた時点で
既にまとめブログ等の「きな臭い話題」になっており、「老害」やら「ポリコレ」やら「モラハラ」やら、
自分の好む方向には進みそうにない領域の話になっているらしい。


それに自分はこのブログにコメントが付くことを別に望んでないので、
(それは何度も書いてきたけど) (自分は本来、人と会話とか積極的にしたくないわけで)
(じゃあなんでコメント禁止ブログにしないのかという話も何億回もループしてるのだが)
(それは言いたいことを言いたい放題書いておいて反論不可にするのはイカンだろ、という意識があるからなのだが)

やはり今回の話題は相当ロクでもないということで、珍しく言いっ放しにします。

[ 2016/11/15 19:57 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)
月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -