FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  このブログについて

なんでも屋の最低額を3000円に引き下げます



なんでも屋の最低額を3000円に引き下げるかなぁ、みたいな話
(これだけのことに関して文章が長過ぎるわけだけど)


一日で済ませられるくらいの小規模のことをやってったほうがまだ楽だし、「面白い」んじゃないかと思ったりする。


ところで どうも今、「バックレ」が起きてる気がするのですよね。
メール返信が2週間途絶えている人がいて、依頼完了したのにアマギフの話を振ってもスルーされています。


「初」の、依頼達成後バックレかなぁ、という感じです。


勿論自分のなんでも屋は 「後払いでいい」と書いてるし、 そういうところ「ユルユルだからこそ」だと考えているわけです。

契約ガチガチにするのの、逆の発想なわけです。
そうでもないと、こんな依頼こないだろうということなんです。

だからそういうことが甘かったとかの文句は言わない。 


で、依頼に関してだけど、 「逆に」最低額を下げたらどうか? みたいなことさえ思うわけです。


今、なんでも屋の依頼の最低額は「5000円から~」ということになっています。
これを、3000円くらいにしても良いんじゃないかと思っている。
(多分それがコンビニで買えるアマギフの最低額です 一番サクッと買えるやつ)


一日で調べられること、一日の作業量で達成できるくらいのこと、ほんのちょっとの事、
・・・そういうことなら別に3000円でもいいんじゃないか?と。



だって、今の自分の所にくるのは大体、竹コース以上の3DCGの依頼ばっかになってる気がするけど、それ結構な負担なのだ。
実際問題、一個一個完了するのにどう考えても2週間以上はかかってる。 

2万を14で割ったら、1400とかですよ。 日給1400円の作業賃と考えられる。
でも、そういうのやってるわけだ。 (勿論副業みたいなもんだけど)

このことから考えたら、
一日作業で済むくらいのことを3000円で細かく受けるのは、むしろ全然OKと思えてきた。



てか、竹コース以上が、大変すぎなんですよね。

8号機臨時とか、 あんなんサクッと作ってるように見えるかもしれないけど、
やっぱ、一ヶ月以上かかってる気がする。
今、新2号機作り始めてますが、やっぱ超大変だと思う。 「千里の道も一歩から」の気分でやってくしかない。


3DCGのそういうお題ばっかこなしてると、疲れてくるし、なんかどっかで、頭がおかしくなるんじゃないかという感覚がある。
ずっと、朝から晩までモデリング、モデリング。 何をやってるんだ?
(じゃあゲーム作れよって話なんだけど、 やっぱ、 一つ一つの仕事を済ませてからじゃないと気持ちが落ち着かないってのあると思う)


こんなじゃなくて、

もっと別の、 バリエーション豊かな、 変なお題、 変な依頼、 思いもよらない所からのお題、

そういうのをやって、そういうのを一日くらいでサクッと完了して、3000円でいいようなお題、

そういうのがちびちび来るくらいのほうが、 まだ楽だし、 「楽しい」 「面白い」んじゃないかと思うわけですよ。



(また人生ナメてる? 仕事をナメてる?)
(まぁ自分はどうあっても人生を真剣に捉えられないんだけど)



てか、「人に頼みたい事柄」 って、 色々思い浮かびませんか? 自分は毎日山程思い浮かびます。
なんでも思い浮かびます。


いや何でも良いけど。


本当に何でも良い。



「この曲とこの曲ってなんか似てる」 「繋がりそう」 「誰かマッシュアップ作って」


この曲のここから、 この曲のここ!!
これ繋げたら、すっごい気持ちいいマッシュアップ曲が出来る気がする。 だれかやってみてくれ。


もう一個。
KOTMゴジラのED曲と、 WRYYYYってマッシュアップ出来ると思う。

・・・みたいなことを"思いついたりは"する。


自分でやるのはめんどくさいけど、こんなん、ちょっとそういう作業に慣れてる人ならすぐ出来るでしょ?
少なくとも、一日以内には出来るでしょ?とか 思う。
だったら、そういう人に投げて作ってもらえばいいじゃん、とも思う。


例えばニコニコには
「全く気付かないうちに○○になるシリーズ」ってあるじゃん。

あれだって、作ってる人は無償で自分のアイディアだけでやってるわけでしょ?
そういうことを日常的にやってる界隈の人に投げられるのなら、有償で投げていいとも思ってる。 
問題は、別に繋がりがないってことなんだけど。



「思いついたクソコラのアイディアを他人に投げる」


この画像をみて自分が思うこと。


なんか、ひぐらしの詩音と沙都子の関係性を思い出してしまう。


この絵を、ボーボボエミュでパロって、
「殺してやるぞ沙都子」 ってやったらどうか?、 とか思ってしまう。



この画像をみて自分が思うこと。


「右代宮朱志香 シュコッ」でイメぐぐったら、これのパロの絵があったような気がするんだが、
今探したら、なんも出てこない。 なかったっけ?

なんで出てこないんだ? 誰か作れや!と思う。


やったねたえちゃんの新作、
この画像、さくたろと真里亞にコラしたら、うみねこ界隈でうけねーだろうか?とか思ったりする。


・・・
こういうのを思いついたり、
思ったり「まで」は、する



こういうどうでもいいネタのアイディア自体 を、 誰でも「思いつきはする」

でも、思いついたとして、 それを「自分で」 実際のクソコラとしてちゃんと作るというのは、
なかなか実行できないモンなんです。
なーんか、めんどくさいよなぁって思う。



(こんなん大したアイディアじゃないよな)
(大したギャグじゃないよな)
(しょーもないよな)
(どうってことじゃないよな)
(わざわざ作るほどじゃないよな)

くだらない

と、理由をつけて、やらない。
でも実際は、こんなアイディアでも、すぐ実行して出力して投稿できる人が強いように思う。


思いつきはするけど、自分のアイディアに「くだらない」「つまらない」と思って、すぐ打ち消してしまう。

行き着く先はうつ病。


個人ではなかなか作れない。思いついても。


でも、人間は逆に 「他人に頼まれたら」 なんか急にモチベってのは妙に上がるもんだと思う。

自分で思いついて自分で実行するのはなんか億劫な事でも、
他人から頼まれたら、だいぶ行動へのハードルって下がると思う。 

ましてそこに、報酬がついてくるのなら!!
(言いたいこと見えてきますか?)


また話が変わるんだけど (変わらないけど)

自分がドリフのコントで一番好きなのに、 「二人のおでん屋のコント」があるわけですよ。


二人の酔っぱらったおでん屋がいて、 片方が100円だけ持ってる。
そんでお互いにその100円を行ったり来たりさせながら、お互いの売りもんのおでんを全部食べちゃうってコントなんです。

これは落語の花見酒のパロディーなんだろうけど、自分はこれがめちゃくちゃ好きなんです。 まぁこの世の本質です。


自分は、 このなんでも屋の依頼も「こんな感じになればいい」と思ってる。


ドリフの場合は おでんを食べちゃって「何も残らない」けど、 なんでも屋の場合は全然違うわけです。



自分はたまに、↓「こういう企画」を立ち上げて、 ほんとにどうでもいいことで アマギフ3000円あげるよーってのをやったりしてる。

こういう企画
こういう企画
こういう企画

(当たり前だけど、まだ未達成のやつとか、いつでもやってくれていいんですよ)
(今増やしてもいいくらいだけど)

(てか、デモンズの賭けのやつ、もうそろそろ間に合わなくなるぞ?)
(そんな自信満々で「北の巨人の要石なんか作るわけねーだろ」って言ってくるのなら、賭けてくれればいいのに)



ああそうだ。


この、ドリフのおでんのコントでいい。 自分はまたこのコントがみてみたい。
youtubeとかで動画を探して来れる人がいたら探してきて欲しい。
そのリンクないし動画が見つかったら、3000円あげます。

「ドリフ おでん」とかで探しても、自分の思ってるやつが見つからなかったんです。 
一番の傑作だと思うのに見つからないもんなんでしょうか。  ドリフで一番の傑作がこれでいい。



まさにこういう感じで、

自分が気になってることを調べてもらったら、その人に3000円気軽に投げる。
逆に自分にもどうでもいいこと、 一日で解決するくらいの事 (でも自分でやるにはなんだかめんどくさいこと)
を、バンバン投げたり投げられたりするような関係性が出来たら、 「お互いに面白い」 気がするのですよね。



これが自分の思う 「おでん感」ですよ。


3000円のアマギフが行ったり来たりする。
結果、大して儲からんかもしれん。


でも最終的に、 お互いの疑問とかは解決している。

漠然と思いつくけど実らなかったアイディアが絵になったり、形になったりしてる。

自発的には行く気にもならない図書館やコンビニにもたまには行けるようになる。

・・・それでいいではないかと思ったりするわけです。



依頼ページに関して、
この「おでん感」を目指していきたいなぁって、 思うようになったんです。

で、そのためにはハードルは下げるくらいがいい。
というわけでコンビニで買える最低額の3000円にしとくくらいでちょうどいいと思ったのです。


(つまり自分は別に 前澤社長 (お金配る蔵さん)のマネごとで、こんなことしてるんじゃない)
(あんなん嫌いだし。 痴豚様が馬鹿にしてるのと同様に、嫌い)
(てか自分がこれ始めたの、前澤社長より前じゃない? どっちが先? いや、全然違うつもりだからいいんだけど) 



本当、 「なんでもいい」と思うんだけどなぁ。
ちょっとアレなお題でもいいし。

そもそも自分が頼んでる 出してるお題だってアレなお題だし。
「ドリフの二人のおでん屋のコントの動画がyoutubeとかにあるのなら探してきて」とか。 そういうの。

なんも思いつかないのなら、 自分でも 「まだ出てない依頼の傾向」とか、例示できるけどなぁ。
なんでもあるはずなんだけど。



「3000円からで何でもやるつってるやつに、 投げるべき一日仕事」
山程あると思うんだけど。



◆「この漫画のこのページ、 すごいお気に入りなんだけど、 ここだけカラー化してくれ 壁紙にしたいから」
みたいな依頼。
そういうのでもいいし。

メイドインアビスの9巻で、ファプタが穴開けたシーン。 
ああいうのカラー化して壁紙にしたら、すごいカッコいいんじゃないかとか思うんだけど。
そんな壁紙自分でもほしいし。




◆実際、図書館でなんか調べてこいとか

自分で思いついた疑問を自分で図書館に調べに行くのはすごいめんどくさいし嫌だけど、
それを他人に頼まれて3000円でとなったら、急にモチベが出てくる気がするんだけどなぁ。
(探偵みたいな気持ちになるからだろうか)


たまには図書館いくか、という、いい気分転換ができる。

とにかく自分的には筒井康隆の「ネムエ」が何に載ってたかすごい気になるんだけど。
自分で調べろって話なんだけど。

まぁこの辺の問題は 調べたけどわかんなかったときの対処だよね。




◆ここの画像全部保存してこいとか この作者の画像全部保存してこいとか。

まぁそういう「使いっぱしり系」ですよね。

ただ単に労力が必要なだけの問題のヤツ。

こういうのに関しては、やっぱファイルだけ貰って「バックレ」が問題にはなってくると思う。
お互いに信頼がない場合は先払いとかにしてほしい。



・鼻歌検索

まぁこんなのはアプリでやりゃいいか。
でもそれすらめんどくさいときがあるし、 アプリじゃ解決しない問題だってある。

文字列だけで鼻歌当てるのとか、まだまだAIには無理だろう。

例えば、

テンテン テテトン、テテテトテン。

テトテン テトテン、テテテトテン。

テトテトテトテト テトテンテン。

テトテトテトテト テトテンテン。

テンテン テテトン、テテテトテン。

テテテ、テテテン。 テントンテントンテン(デュラララララ↑) チャン。


ってな曲があったと思うんだけど、

これがなんて曲名の曲か、分かる人いる?
AIにはこれで探すの無理だと思うんだけど



まぁこういう感じ。

自分の何でも屋の依頼ページには、ガチガチの数万円のモデリングの仕事ばっかりくるけど、
なんかもっと小規模でカオスなのが来るくらいでもいいかもしれない、 そう思った、みたいな話です。

(まぁどっちにせよ「忙殺されない」で且つ「楽しい」のがいいんだけど)

(人生ナメてる?) (でも人生なんか真剣に生きたくないし) (死ぬか楽しいかの二択しか選びたくない) (ブツブツ)


探偵ナイトスクープの探偵になったような感じでいいんだが。
レンタル何もしない人のなんかする人版じゃん、とも思う。


そういう感じ。
そういう「おでん感」目指していこう、という話です。

[ 2020/10/31 18:49 ] このブログについて | TB(0) | CM(9)

依頼についてあらためて考えたこと


まぁ思ってることは山程あるんだけどー、
またあらためて、依頼システムについて。



というか人間の金銭感覚について でもいい。
(お金についての記事は、多分10個くらいは書けるネタがあると思う これはその内の一つだろう)



あぁあと関係ないけどこの動画は紹介しとかないと。



[ 2019/09/25 14:35 ] このブログについて | TB(0) | CM(0)

pixivFANBOXはじめました



pixivFANBOXというのを始めてみました。


pixivFANBOXってのがなにかっていうと、多分、これから日本で一番有名な
クリエイター支援系になるんじゃなかろうか?ってやつです。 (説明になってない)

ほんと、pixiv見てたら焦るくらいに誰も彼もはじめてて、それがウサギ通知になって押し寄せています。
(自分のウサギじゃねえのかよ!ってくらい)


(こういうのを乞食的に思う人もいるかもしれないけど、)
実は最終的に人間というのはこういうので生きていくべきなんじゃないのか?

(一々個人が会社と契約したり)
(一々会社に出勤して、そこでなんかするとかじゃなくて)  (それが凄い時間と資源と気力の無駄)
(単に個人は個人で、家のPCの前で作業して何か作って、)
(そしたらそれで生きていける金が手に入る、)
(というのでいいんじゃないか?)

そういう世界のほうがよっぽどシンプルだし、無駄がない。


なーんか、今年は、自分もああいうことを書いて、生活費のために依頼を受けようとしはじめた訳ですよ。

と、同時に
色んな人から、patreonとか、ココナラとか、VALUとか、そういうのを勧められたときは、
なんか色々と理由をつけて渋っていたのですよ。 (こういう文章を書いたり)


でもそのくせ、この、pixivFANBOXというサービスが出たら、割りとあっさりとはじめてしまったのです。

これはこれで不誠実なんじゃないかとか後から思い始めたんですが、まぁどうなんだろう。

やはり、究極的には 登録の楽さ、日本語であること。
そもそも見知ったpixivの派生サービスであること、とか・・・そういうことが敷居の低さとして働いたんだと思う。


・・・という訳で、なんかこういうのをはじめてしまいましたよーと
そういうことなんです。


まぁ、自分としては、例の依頼だけで、年最低10万稼ぎたいとか。
そして、「年40万以上稼げるなら、今のバイトやめたい」とか、漠然と思ってるだけの
そういう皮算用だったわけです。

でも、まぁなんだかんだで、
そういうのを直接依頼してくれる人、というのは極めてレア、ということが見えてきました。
(今日ちょうどイラストの依頼が増えてて安心するやら、依頼のタイプに焦るやら)


やはりこういう、広く浅く、大勢の人から小銭をすこしづつ投げて貰って、
それで小遣いの足しにする、口に糊する、シノギにする

・・というスタイルの方が正しいのではないか、という気もするのです。


つまり、
ダイレクトな「依頼」というのは、個人への負担が大きい。

自分が生きていくために、個人の人から5000円、2万、5万の単位で貰っていく、というのは、
やはりなんだかんだでハードルが高かったのではないか?

自分としては、通常の基準からしても相当安く設定しているつもりでも、
やはりそういうのに乗ってくれる人というのは限られてくる。

そして、限られてくれば、あまりやれる機会も少なくなってくる。


自分は、今年自分がああやって「何でもやります」という依頼ページを用意したことで、

「何らかの面白いことが起きるんじゃないか」
「自分の発想には無いような、面白い依頼、考えられないような無茶振りが発生するんじゃないか」
「それにより、自分は何らかの形で、もうちっと面白い人間になれるんじゃないか?」

・・・
みたいなことを思っていたのですが、
そもそもの依頼の数が少ないと、そういうことも起こりようがありません。


いざ発生する案件は、モデリングの依頼やら、そういう「型にはまったようなこと」ばかりになってきます。

自分が期待していたのは、「5000で何でも」「何でも」の部分です。

「ブログの削除依頼すら受け付ける」とか書きましたが、
そういうメチャクチャな何でもアリの中で、なにかハプニングが起こるのではないかと期待していた部分もあるのです。

メチャクチャな無茶振り、自分の脳味噌では起こりえない発想からの依頼がこないかなぁと思っていたのですが、
まぁ、結局みな真面目です。



・・・
まぁとにかくなんだろう。

自分は「直接」「個人対個人」の依頼(それもアマゾンギフトタイプ)というのがシンプルでいいだろうと思って
依頼受付を始めたのですが、
結局そういうのは、個人への直接的な負担が大きい


大きい故に、「依頼」というのは「真面目なモノ」に限られてくる、のかもしれない。
そしてそもそも絶対数が少ない。

そこんとこで、こういう「広く浅く大勢から支援してもらう」というのがなんだかんだで正しいのではないか
ということです。


てか、その両方でやってりゃいいんじゃないかと。
広く浅くも募るし、 オーダーメイドの依頼も募集する、と。

(わかりきったことをくどくどと・・・)


で、はじめてしまったと。

じゃあそういうサービス始めてそこで何をするのか?

今のところ、あんま特別なことは考えていません。 (プラン?なにそれ?)

自分としては、何も変わらないとも言えます。



自分は常に同時進行で何か複数のモノを作っています。

この10年、「何かを作ってなかった」という時など一時も無かったと思います。

(今は、「ぼくらの」ジアース敵性体全部作ろうとか考えてます)


自分にとって「なんか作ってる」というのは中毒になっていて、息を吸うように当たり前のことなので、
別にそれはいいんです。


だからまぁ、このpixivFANBOXは、完全に、
自分の生活費をカンパして貰うための受付みたいなもんだなぁ、
という感覚で置いとこうかと思ってるんですが、どうなんだろうか?



つまり、自分のこの辺の文章、「過去の文脈」をすべて読んでいて、
すべてを理解して、 
まぁ、月100円とかならこの乞食ニートに投げてやらんこともない。
という考えを示してくれる人、を募るだけの場所、ということです。


それともやっぱし、
pixivFANBOX専用のコンテンツとかをやっていくべきでしょうか?

この辺が悩ましい。


つまり自分としては二択

◆このpixivFANBOXは、完全に寄付の受付

ここ自体には特に何の投稿も増えない。
そこ自体は見てても何も面白くはない。

そのかわり、今やってる活動については、引き続きここのブログにダラダラ書く、という
相変わらずのスタイルを続ける。




◆もしくは、このpixivFANBOXで、
普通にそこ専用の活動をやっていく。

なんか面白そうなことをする。
こっちでなんか依頼とかも受ける。

そんでそっち用の、お金を払ってくれた人にしか読めないブログみたいなのも始める、という
ある種二面性のあるスタイル




(でもこういうことも結構考えるんだ)
(ある種の有料ブロマガスタイル)

(こないだ、パシリムアップライジングの感想文書いて、そのあとすぐに自己嫌悪で消してしまった)

(なぜ前作の良さが駄目になっているのか?みたいなことばかり書いてた)
(ああいう文章を読んだ人は腹を立てるんじゃないかと思って、自分で嫌になって、消した)
 (そのあとずーっと強力な自己嫌悪がつづいてるんです)


(でも逆に、自分の過激な駄文を、「あえてお金を払ってでももっと読みたいという人」がもしもいるのなら、
 そういう人専用になら、ああいう文書も置いておいていいんじゃないか?とも思ってしまうのだ)


つまり、奇妙な話だが、
普通に考えたら人を怒らせるような文書であっても、
有料にして限定的に公開するのなら、何故か、逆に自分も安心して公開できるような気がするんです。



有料ゆえに怒られない。
有料ゆえに、怒られてもいい。



(でも、それもヤバイ気がするんだよね)

(有料にして、限定にして、メチャクチャな文章を読んでもらう、もっとメチャクチャ書いていいってなったら、)
自分が書く文章というのは本当にヤバイことになると思う


(今まで自分は、色んな、通常の価値観を破壊するようなメチャクチャな文章を書いてきたと思うけど)
(あれはあれで全部セーブしています

(自分のヤバイ文章を有料でも読みたいという人にむけてリミッターを外したら)
(やはりなんだかんだで結局はドン引きされて、人が減るんじゃないかと思ってしまう)


(だからそういうのに甘えるのも難しいなぁと)



(そもそもpixivFANBOXを、そういう風に有料のブロマガコンテンツみたいに使うのもどうなんだと)
それなら最初から、ここのブログで有料コンテンツやれよという話になってくると思う)
(あんまり、やってるサービスを色んなところでばらけさせるべきではないと思うから)

(でもなぁ、ブログの有料化とか絶対やらないみたいなことどっかに書いたような気がするのに・・・)


どっちがいいのだろうか?

pixivFANBOX自体は、もう始めてしまったので、
例え誰もお金をくれなくても、まぁページは置いておくでしょう。
(恥を晒しただけ)


あそこで何をするかだなぁ。

[ 2018/04/27 19:17 ] このブログについて | TB(0) | CM(4)

何でも屋はじめました


というわけで「依頼」に関する看板記事、というか説明記事を、やっと書きます。


出来る限り簡潔でわかりやすいものを書きたかったんだけど、
どうせゴチャゴチャ注釈が増えまくることになるんだ。





◆基本1

ネット上で何でも屋をやります。


3000円から~で何でもやります。

まず基本がこれ。


でも一応コースがあります。
松竹梅のコース
こういうことについては、続きから。


◆基本2

支払い方法は、アマゾンギフト券のコードとか。 

これはコンビニで買ってきて、そのコードを教えてくれてもいいし、
ネット上で買って、メールタイプで受け取って、そのメールを送ってくれてもいいです。


自分へのコードの教え方は、
・ツイッターのDM
・ブログのメールフォーム
・ブログの非公開コメント


などが考えられます。
(ちなみに自分はこのブログの確認頻度は、一週間に一回くらいです)
 (自分は自分のブログ嫌いなので見たくないんです)
(メールも無精です 碌でもないです)


アマゾン以外でも、プレイステーションストアのチケットでもいいです。
これもコンビニで買えます。


そんでもって、支払いは基本「後払い」でいいです。
(twitterなど半匿名である人なら、信用します)
まずは相談してみてください。


自分が作れそうなら、納得なら、作る余裕がありそうなら、間に合いそうなら、やるでしょう。
作れたら作ります。


勿論、期限だのなんだのも、自由に設定できます。


で、完成したら、ファイルを送ります。

(だからある程度は「そういうやり取り」が可能な人に限られる)
(ブログの非公開コメントだけでは、アップローダー等の秘密のやり取りとか難しかろう)

その出来に満足したなら、後払いでいいのです。
(でもこれに関しては結構な注釈があるよなぁ)


◆それ以外の細かいこと。
色々あるはず。

こっから長いです。

[ 2018/03/18 19:56 ] このブログについて | TB(0) | CM(3)

賤業CO


糞自分語り回。
糞寝言回。
糞ボヤキ回です。


でも必須な回です。


糞ニートブログが10周年です。これで。

(正確には今年の4月まで待てばそうなんだろうが、我慢できなかったし)
(最近はここに書くべきことを夜中寝ながら考えるだけで脳味噌がどうにかなりそうになる)
(一日中眠れないのがデフォになってきている 知恵熱みたいな現象が普通に起こる)
(頭が痛くなるのでもうさっさと書いてしまっておきたい)


というわけで10年の節目にちょっといい加減、色々と、
今まで語れなかったこととかを語ろうかと思うんですが、
それにしたって自分は自分のこと語らなすぎて正体不明な奴すぎると思う。


自分のこと分かってくれ 自分がどんな気分で生きているか
(お気楽そうに見えるが、自分が一日の間で何千回「虚しい」「ああ嫌だ」って頭の中で呟いているか)
・・・

とか思いつつも、
客観的に見ても、やはりちょっと自分は意味不明すぎる 筈。
(てかマヌケで気楽な奴にしか見えない筈)
(まぁ、そういうふうなことしか書かないようにしてるからそうなってるんだけど)



一応、
このブログの記事を全部 隅から隅まで読めば、自分がどういう奴なのかは 多少わかってくるとは思うけど、
それをイキナリ全部他人に要求するのも無理だし、

10年間、ワケの分からない妄言のような記事ばかり吐き出し続けてきたこのブログの中には、
自分に関する情報がまぁ色んなところにランダムにバラバラに散らばっているワケで、
それを探し出すのだって大変でしょう。


というわけで、
大体どの辺を読めば自分のどういうことが分かるか、というのをまずちょっと
めぼしい所、見繕ってみようかと思う。


自分の家族については、ここを見れば大体察せると思う。
 ひでー家族なのだなぁと思ってくれればいい。 勿論自分も糞人間です。 家族全員救われなくて当然と。


自分の価値観については、
この辺がデカイと思う。

宗教について
労働について
株について (「ニートは株をしろ」みたいなことを言う人がいるが、そんな意見がどれだけ馬鹿か)

自分自身の金儲けについて
勉強について (だが実質は、「競争」というものについてだと思う)



こういう風に、

家族を憎み、
宗教を憎み、 

労働を軽視し、

株・ギャンブルを憎み、

「自身の金儲け」についてもこのような価値観で、
「競争そのもの」についてもこういう考えを持っている。


そういうやつだから、ニートなんだなぁということです。



でも本当は、自分の性格がクズで、コミュ障だから、ニートになった筈です。
そこんところも、本当は分かっておいて欲しい。

だから、このような価値観は、実は「ニートになってから後付で理論武装した」というのが正確なのかもしれない。
(宗教を憎んでたのは最初からだけど)


ところで、この辺も正直にちゃんと言っておきたいんだけど、
てかそれについては一応、去年のここに書いてあるんだけど、今の自分は完全に無収入という訳でもないんです。


一応、年収10万円くらいあるんです。 (え 自慢?)


この日本で、年収10万で生きていける人間がいるのかよと 驚くでしょうが、自分も驚きです。

いやでも、それは単に「家に寄生」しているからそうなってるだけなのだと、そんだけの話でしょう。
だから、今の自分はニートではなくてパラサイトと呼ぶべきかもしれません。

その辺のことも、改めて言っておく。


じゃあ、具体的に何の仕事をしているか?

そういうことだって、自分は喋りたくない。 限界まで、「自分語り」は、やりたくない。
(今やってんじゃん)

でも、そうやって自分語りしたくないしたくないってずーっと口をつぐんてきたから、
このブログは ブログ主のパーソナリティが全くの不透明で、意味不明で、
全然ニートブログらしくなくって、何がナンやら分からん文脈のないブログ
になってしまっているんだと思う。
(この点は、本当に、致命的なことを10年続けてきたなぁと思う)
(そういう、「このブログの根本的欠陥」について、次回か次々回で自己分析していこうと思ってるけど)





だからまぁ今回言うけど、はい


清掃バイトをやっています。


はい


はー 情けな



なんかこう、ブログ上で色々と偉そうなこと語ってるじゃないですか、

株がどうとか労働がどうとか創作がどうとか
AIがどうとかCGがどうとかゲームがどうとか
アニメがどうとか漫画がどうとか映画がどうとか

・・・


そういうやつが、結局リアルでやってるのが、清掃バイトなんですよ。


「賤業」ですよ。底辺職ですよ。3Kですよ。当たり前だけど。


ちなみに、「職業に貴賎なし」なんて、ウソですよ。

それが言える人は、必ず「貴サイド」に位置する人だけだし、
「賤サイド」の人間が「職業に貴賎なし」なんて言ってたら、悲しいだけです。


 (上の立場の人が言っても上から目線でおかしいし、下の立場の人が言っても恥ずかしくておかしい
 (これも一つのパラドックスじゃないですか? 一体どの立場の人が、貴賎なしって言えるんだ?)

 (モンティ・パイソンの高学歴低学歴ギャグと同じこと)


だから言わせてもらう。 職業に貴賎はある。 当たり前です。

この認識をごまかす輩は一生地を這う。
(今リアルタイムに地を這っているお前が言うなというギャグ)

(そうでないにしても、「詐欺ギリギリのビジネス」とか、
 「法律スレスレのビジネスが1番儲かるんだよ」みたいな発想がある限り、どう考えても賤業はありますよね。
 情報商材売ってるユーチューバーが賤業なのは、わかりますよね?
 つまりその「貴賎」とは、「犯罪行為へのグラデーション」なんだから)


・・・
というわけで、喋りたくなかったんですね。
(ニートだとアピールするのは平気なのかよって感じだけど)

これを喋ってしまうと、
これからなかなかあんま偉そうなことブログに書きづらくなると思う。

「なんかこいつ偉そうなこと言ってるけど、本当は清掃バイトだしなぁ」って なるから。

(ニートは良かったのかよって感じだけど)
(いやほんとに)

(でも、「ニートが世界・人類・宇宙について偉そうに語る」ってのはまだ逆にアリな気がするんだよ)
「清掃バイトが世界・人類・宇宙について偉そうに語る」ってなると、途端に、ただただかっこ悪いだけになる気がする)


諸葛孔明だって劉備にスカウトされるまでニートみたいなもんだったって、よく言うじゃん)
(つまりなんというか、完全にニートのほうが「世捨て人感」があり、それゆえに逆に何言っても・・・)
 (何言っても許される 「王の道化」のような、そんなところがあったと思う)
  (「完全に社会と絶たれているニート」が、社会に対して皮肉をほざいてるからこそ、逆に聞く耳を持てる、みたいな?)

(一方、中途半端にバイトでもなんかしてると、途端に「社会との接点」が生まれてしまう)
(その社会との接点のデカさorショボさに応じて、「口の利き方考えろ!」ってなってしまうのだと思う)

(だから、しょーもない清掃バイトになってしまうと、途端に喋りづらくなるのだ)

(だからこそ、自分はこのカミングアウトをしづらかった) (あとやっぱ賤業だし)


で、もうちっと具体的に言わないと駄目だろうか。



なんでバイトしてて年収10万とかなのかっていうと、
それは自分が二時間しか働いてないからです。

なんで二時間しか働けないかというと、それは自分がめちゃくちゃ疲れやすいからです。
これは我ながら本当にどうかしてると思う。 これ以上無理ってなった。


自分に言わせれば、8時間労働(ましてや残業)とかしてる人はスーパーマンです。


自分は、清掃バイト二時間やっただけで、疲れ果てて、もう嫌になって、終わります。
そんで家帰ってきて、すぐ寝ないと、なんか、筋肉と脂肪がおかしくなったように感じます。

自分にとっては、本当に二時間が限度です。
これ以上やったら、ネットで創作活動なんか1時間もできなくなります。あとずっと寝るだけになると思う。

だから、これが自分の限界ということです。

自分は年10万の清掃バイトが限界の、糞野郎ということです。


ちなみに 職場では一切口を利きません。
誰に話しかけられても、「はぁ」「そうですか」でごまかします。


二時間ですぐに帰る奴だし、
何を話しかけられてもロクに受け答えせずに逃げる奴なので、
多分職場では馬鹿にされて陰口叩かれてると思います。


「なんでそんなすぐ帰るの?」「家で何してるの?」とか何回聞かれたかわからないけど、
答えられるわけないじゃないですか。

「家でブログやってます」 
「こういうモノ作ってます」
「こんな、世間様をナメた文章書いてます」

そんなん言えるわけないよ。絶対。


だから、魔法の言葉「はぁ」「別に」「いえ、特に」でごまかして逃げるしかないんです。
で、やっぱ自分は「昼行灯の何考えてるか分からん奴」って事になってると思う。

自分だって、職場の人間を軽蔑しています。 
それは、所詮は、賤業だからです。 禄な人種があつまる筈がない。

なんで、「ああいうところに来る人種」というのは、
集まって、井戸端会議開いて、「その場に居ない人間の陰口叩くような人種」ばかりなんだろう。


で、この10万だかを家に入れるとかも自分にとってはありえないワケで、
これで好きなものを買って それでのうのうと生きていやがる訳です。



あと、自分が未だに引きこもりなのもガチです。

といっても、
アマゾンの買い物でATMに振り込みにいくのとかと、
コンビニでPSNのカード買うのと、はなまるうどん、
とかには出かけます。 (あと、見たい映画があれば年数回、映画館だけは死ぬ気で行くんです)


それ以外のことで、家の外に外出することはマジでありません。
マジで皆無です。
これは、引きこもりのランクとしてはどのくらいなんだろうか?

(でこれを見てみると、もはや自分は真性ヒキでも半ヒキでもないらしい)
(Mまで行く気がするが、その一方でEFGは怪しいぞ 深夜だろうと自販機に行こうとも思わんし)



本当に完全ガチ引きこもりだった時期もあります。

あの頃は本当にやばかった。
深夜にこっそり起き出して、こっそり、そうめんを1束だけ茹でて食べる。
一日にそうめん一束で、あとは寝るだけ。
マジでそういう時期があった。
体重30キロ台。
「布団が重くて持ち上げられない 起きることが出来ない」って、本気で感じてた時期がある。
あの状況がもうちょっと続いてたら死んでたと思う。



本当に自分なんかが生きてるのが不思議だと思う。

なんで生きてるんだろうって。

本当にそういう感覚がある。



自分でも不思議なのは
自分が生きているのもそうだけど、自分の家族が生きているってことですね。



自分の親は離婚してて片親で、
自分の姉はキチガイで障害者で、(まぁこれは障害年金はもらってるだろうが)

そんで自分は一年に10万しか稼がないパラサイトで、当然家に金を入れない。

これで、なんで 我が家の住民が生きられているのか、本当に謎です。


これ、なんか隠してるとかじゃなくて、本当に「知らない」んです。


普通の人間なら、自分の家の経済状況とか、何がどうなってるかとか、
誰がどう大黒柱だとか、物心ついたら把握し始めるでしょう。


でも自分は、もうそういうことも出来なくなっているんです。

自分は自分の親と口を利くことができないし、
自分の家が何がどうなってるのか考えることもしたくない。

本当に、なんで生きてるのかなぁ、生活保護をもらってる様子もないし、という感じなんです。


自分の家は、もともと自分の爺ちゃんが病院の院長とかしてたことはあるはずなんだけど、
じゃあそれで家に金があるかというと、そういうことではないと思う。


それだったらあんなことになってないわけで、

自分の母親自体は末っ子で、
絶対に金には困っているとは思うし。

実際、自分だって、
この、「てこでも動かないような自分」が、一応はバイトをするようになるほどの出来事があったんだから、
やはり、金には困ってる筈。



・・・でまぁこういうことについて自分は
自分の家族に聞いたことが無いし、自分は自分の家族と口を利くことが精神的にできないから、
わからないんです。


で どう考えてもこんな生活にいつか限界は来るよなぁ、とは思ってるんです。

一応危機意識はあるんですが、
この通り「自分でも」具体的に自分の危機意識とかリミットとかが正確に見えているわけではないんです。

何故今自分が生きていられるのか、パラサイトしていられるのか 全くよく分かってない現状で、
それも明らかにすることが出来ずに何故か生き続けていられるので、

そういう、危機感をハッキリ持つことが出来ない、 という状況にあるわけですね。

自分の置かれている立場のヤバさを直視できないから、まぁニートなんだろう。

茹でガエルが自分が茹でられていることに気づいてないレベル。
(この例えがありえなくても、自分にはあてはまる)


・・・

まぁこんな感じ。


自分が今回言える自分語りが、この程度のことです。


これは、どうなんだろう。


10年越しのネタバラシにしては、まぁヌルい事実ですよね。
そんなもん。 こんなもん。



あと、結局自分がなんでニートになったかの話はまーたしてない。
これは、いつしたらいいんだろう。


自分は、ゆとり教育と、氷河期が微妙に重なり合っている、ギリギリの、最悪のタイミングの時期の奴だったとは思う。

でも、別に全てがそのせいではないハズで、

どう考えても、自分自身のコミュ障と、 
自分の「他人に一切何の相談も出来なくなってしまった性格」
と、 

(これは結局またここを読んでくれ)
(本当に他人に相談が出来ないんだ) 
 (じゃあ今書いているこれはなんだろう?)
  (ブログだとこういう文章は書ける)
  (本当にブログ弁慶だと思う)


自分の、将来について真剣に考えることが出来ない脳味噌とか、
・・・

そういうのが色々重なった結果、自分はニートになったのだと思う。

(普通の人間なら、友達とか家族とか先生とかに「将来どうする?」「何を目指す?」「どこ進学する?」とか、)
(そういうこと、そういう腹を割ったような相談が出来るんだろうけど、)
(自分にはそういうことが一切できなくなっていた)
(漠然とヤバイなと思ってても、他人と一切相談が出来ないと、本当に詰む)




でもねぇ、

10年前に自分がニートになろうと思った時、
 (いや実際「ニートになろう!」という、そういう気分だったんだよ)


「自分なら、ネット上でなんか作ってくだけでなんかになるだろう」とかいう、そういう考えがあったんだよ。
あったはず。


でなきゃ、就職に失敗した人間だとしても、普通は、まずはバイトとかを考えるだろう。
(でも自分はそれを考えなかった、考えられなかった)


そもそも自分には、「家族を憎む」というモチベーションがあるわけで、
なんでコイツらのために働かなきゃならないんだというのが未だにあるわけです。

普通の人の場合、
実家ぐらしだろうが働き始めるのは、多分「家族への恥」とか「体裁」とか、そういう面もあるんだと思う。
でも自分にはソレがない。 「憎しみ」「恥」が上書きされているので、それを消せてる。


更に自分の場合、「宗教への憎しみ」もある。


「家族が宗教を信じている間は、絶対に働いてやるか!」という断固たる思いがある。


「宗教を信じてれば子供の就職だって進学だってなんとかなる」
「宗教を信じてればうちのニートもなんとかなる」

・・・
そういうことを信じてる家族が許せないので、絶対にその通りになってやるかとマジで考えています。

宗教を信じれば信じるほど、泥沼で、事態が悪化してくということを己の身で証明してやろうと、
本気で思ってるんです。

(だから、今バイトしているということが自分は悔しくて仕方がない)
 (だからこれが、自分のギリギリの妥協点なんです)
 (絶対にこれ以上譲歩してなるかと思ってるんです)


自分みたいなクズはさっさとクビになればいいと思ってるよ 本気で。



まぁこの辺のモチベーションの置き方というのも、
自分の特殊なところかと思う。

「ニートへ向かう意志」、というのが自分にはあるんです。 デストルドーニート版。
(人ソレを破滅願望と呼ぶ)


そうやって、ほとんど自発的に
むしろ、それを目指すかのような感じで、ニートになった筈なんだけどなぁ。


で、それで10年たって、これですよ。


何にもなってない感じがあるんです。


勿論、10年間、パラサイトorニートとして生き残ることが出来たのは、
「恵まれてる」「甘えてる」と考えることもできるでしょう。

10年好きなことやって、間抜けに生きてこれたじゃないかと。



多分、普通の人は、精神的にも、年単位でニートを続けることは出来ないのだと思う。
絶対、途中で普通に就職とかしてしまう。(いやそれでいいんだが)


自分みたいに、罪悪感とか焦燥感とか全部ごまかして塗りつぶして、ずーっとダラダラ続けられるというのは、
まず精神的に「心底クズ」でないといけないという条件があるだろうし、

その上で、やはり「環境」が、普通は許さないと思う。




だからなんというか、
やっぱし、自分は、ニートとしては 結局
そこそこ恵まれてる条件に当てはまる? そういうことになるのかなぁ、とは 思うんです。


(まぁだからこそ、本当に長期的に見たときには、完全に人生詰んでるオワッテルということにもなるのかもしれないけど)


で、結局これは何の話だったんだろう。


まぁこれが自分が今できる限界の「自分語り」だなぁという感じです。
流石に言っとかないと駄目だなぁと思った話です。

しょうもない話だけど、こんなもん。



その上で、
今どんな気分で生きているのか言わせてもらうと、

「10年ブログ続けてきても、10年ネット上で創作活動続けてきても、
 自分の場合、何にもならなかったなぁ」
という、虚しい感覚はあるんです。
(これを言うと、みんな本当怒るだろうけど)


でもこういう言い方も出来る。
「10年棒に振って来たけど、まぁ他の選択肢を選んでも自分はきっと10年棒に振っただろうな」と。
(これなら怒らないだろう)

そういう話を、次回からやっていきたい。

[ 2018/01/03 08:11 ] このブログについて | TB(0) | CM(14)

ビブリオバトル ウェブサイト版


というわけで書き始める。


結論だけいきなり書くと、
この記事で自分がつのりたいことは
「あなたの知ってるサイトで一番面白いサイト(企業のサイトとか(後述)以外)を貼ってくれ」
ということだったりする。



もう、それでいいと思っている。

んで、これは結構凄いことだと思っている。

個人が、その人が知っている中で一番面白いサイトを貼っていけば、
そのリンク集というのは相当興味深い、かなり凄いことになるはずだし、
そうすれば、「もうこんなクソブログなんか見なくて済むだろう」ということである。


つまり本気で、そういうことである。


自分が前に言ってた、
ブログの読者をゼロにする方法、それも、あくまで建設的な方法でというのが
これである。



で、本当にこれが結論だし、その通りに思っている。

ここには、あなたが知っているサイトの中で一番面白いモノのURLだけを貼ってくれればいい。

それ以外の議論は一切不要。



で、残りは、
何をどう考えるたら、前回、前々回からの繋がりで こういう結論に飛ぶのかとか、
細かいルールの話。

[ 2017/05/20 13:51 ] このブログについて | TB(0) | CM(12)

第一次パラサイト宣言


えーと、糞ブログ8周年ですね。 おめでとうございますの反対語。


スイマセン。
今日何か書くはずだったのですが
何が言いたいのか全くわからない ゴミみたいなヘロヘロの文章にしかなりませんでした。 いつものことだけど
この文章は本当に酷いので流したい。 (8年ブログやってても文章力なんか全く上がらんぞ! 反面教師)
号泣議員がやった記者会見みたいなモンだと思ってください。


今日この日に何か発表するとかなんとか
そういうことを言ってたような気がするんだが、
何の話をしたらいいのやら。


本当に何の話をしたらいいのだ?


結論から言ってしまえば、
今、自分は、完全に無収入というわけではない ということです。 そんだけです。


それが今回の発表ごとです。 以上です。
(まぁ、PS4とか買ってる時点で怪しいと思われてただろうけどさ)


で、そんだけで終わりでも良いのだろうが、まぁダメなんだろうなぁ。


なんで収入を得ているのかは、やはり語る気がないのです。
「そこ一番重要だろ!」ということなのだろうが)


いやもっと重要なことがある気がする。

自分としては 一番の問題は
ひきつづき 「ニート」を名乗って良いのか?とか そういうことになってくる。


言葉的にはまぁ
Not in Education, Employment or Training
という奴だが、

それよりかは
「34歳以下の無職」という方が定義的にハッキリ分かりやすいだろう。


で、この「無職」の部分に引っかかるような気がするのだが、でもなぁああ。 
別に無収入と無職はイコールじゃないではないか。


そもそも、自分の中の この
「何をして収入を得ているのかについて全く喋る気にならない」
という感覚についても 全部説明しないといけない気がするのだが、これも面倒くさい。



だいたいどれくらいの収入なのかというと、

↑昔こんなコラがありましたね。

(でもこのコラに対する評価も、 「当時は笑えたけど今は笑えねぇ」 みたいな意見多いらしいですね)
「今見ると十分貰えてるじゃねぇか」みたいな感じ)



自分は ↑これとは 「桁」が違います。 
勿論、「下方向」に違います。


これは「月収」って言ってますが、それが「年収」になったようなもんです。
(これにはギニュー隊長も真っ青でしょう)

そんなのは当然 到底働いているとはいえないし、 
通常、そんなので現代日本で生きていける筈がありません。


が、それでも何故か自分は生きています。


で、これももう結論を言ってしまえば、 
それは自分が「パラサイト」というやつだからだろうということです。


前にクソ家族の話をしましたが、
それでもなお、自分みたいな奴でも、家で生活していると、かろうじて生きていくことが出来るということです。


・・・

ということなので

もう「ニート」を名乗るのを辞めて これからは 「パラサイト」を名乗るべきなのではないか?

というのがこの記事での議題のような気がします。

[ 2016/04/01 17:37 ] このブログについて | TB(0) | CM(12)

コメント削除エボリューション

 

去年書いたワースト記事は「ミュート論」だったろうけど、
多分、今年のワースト記事の決定版が、もう出来てしまいましたね。 それがコレです。


「罵倒コメント」「嫌味なコメント」というモノについて真剣に考えてゆきます。



このブログのコメント欄というのを注意深く見てる人は分かるかもしれんけど
このブログには定期的に「さっさと働け!死ね!」みたいな罵倒コメントがついてたりします。


自分はもうあんまし罵倒コメを相手したくないので、
最近はそういうコメントを削除するようになってしまったのですが、
まぁそのことについて書く。


見ている人も、「なんかコイツ感じ悪いコメントはすぐ消すようになったなぁ」って
思ってるかもしれないから。



なぜ、そういうことをするのか。



最終的な結論を書いてしまうと、自分は
「自分のコメントが「消されている」ということに気づくことが、相手の精神的成長に繋がる」と信じているからです。


何言ってるかイミワカラんだろうけど、
このことについて延々と説明していきます。


嫌いになりたい人しか読むべきではない

[ 2016/03/03 10:42 ] このブログについて | TB(0) | CM(12)

無償が世界を滅ぼすなら

ふと気付くと
(実際はふと気付くとどころではなくずっと意識しているのだが)
3日以上も、何も出来ていない。

恐ろしいことである。今までこんな事はなかったのに。
(どんなにやる気が無くても何か出来てた筈)
(今はやる気があっても何も出来ないでいる)


だが、一体なんで自分はそんなに必死なんだろう。
ブログが更新出来ないと死ぬのか?
(だが実際、自分はそれだけのことで殆ど死にたくなる)

考えてみれば別に、どうでも良いと言えばどうでも良い。
一ヶ月更新が無くって変な広告が出たりしても別に構わない筈だ。


でも自分は二年以上、このニート生活の全てを捧げて
ワケの分からない更新をしてきたワケであり、
それが行えなくなることは、それだけで絶望的な気分になる。
でもやっぱり、何をそんなに必死めいているのかもよく分からない。


・・・という堂々巡りを延々と続けています。
やはりつまらない。
生き甲斐になっていたとでも言うのだろうか。
こんなにつまらないのに?



ところで、自分が作ったモノを使って
↑こういうのを作っていただけるのは本当に有り難いです。
自分は何も出来ませんが。


いちおうこのブログで、このニートは、
「自分の作れるモノなら無償でなんでも作ります」
「無償というのは本当に無償なので、お礼も感謝も何も要りません」
「天国へ行くための 「見返り」すら必要ありません byプッチ神父」

ということになっています。

(これはどっかに明文化しておくべきだったかも知れない)
(というわけで、今ココに書いておきます)

(と思ったら前にも似たような事を書いていました。
 何でも作るといっておいても、やはり基準はあります)
(何でもは作れません。自分の作れるモノだけ)
(結局、自分が作りたいモノを作ってるだけなんですね)

[ 2010/06/05 19:19 ] このブログについて | TB(0) | CM(1)

第二次ニート宣言

なんか言ってたような気がするけど
それらは気のせいでした。
そうだ、これは夢だ。自分が就職就職出来るワケがない。
この自分が、就職出来ているパラレルワールドに遷移できるハズがない。
むしろ自殺して確率を操作してでも、それから逃れるハズだ。



自分はもう、何があろうと、一生ニートです。
少なくとも、心のニートです。
何も変わることはありません。
(いや、更新は落ちるかもしれない
 でもそれは、やる気が無くなったからだと解釈)


この覚悟によって、
最も忌むべき存在になることが出来た気がします。
自分以上の邪悪なニートはいないと思っていたけど、
自分自身がソレになれました。自分を超えることが出来ました。
今話題の、家族5人殺傷ニートなんて目じゃないです。


「そうだ、ニートはニートでしかない」
「ニートはニートだ、ニートでいたい」
「ニートはニートでいたい!」
「ニートはニートでいてもいいんだ!」


\(^o^)/


そしてこれはザリガニです。
ガガザアちゃん

[ 2010/04/19 20:56 ] このブログについて | TB(0) | CM(3)
月別カレンダー
04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -