ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  アスキーアート

500AA

 
ほっとくとポエム系ばっか増えそうなので報告系。 


作ったAA500個超えましたよーというそんだけの報告です。
(すずさんのAAを発作的に7個程つくって、それで500オーバーになった感じ)


でもこれは多分 相当に遅い部類だと思う。(8年で500個なんてーのは)

昔は物凄いスピード・量でAAを作る人がいっぱいいたもんです。


だが今、AAをコンスタントに作ってる人って、生き残ってるんじゃろうか?


新作のAAが確認出来る場所があるとすれば、
2chの顔文字版の
・アニメスレ
・漫画スレ
・発表場
・・・くらいのモンだと思うが、


もはや、それらのスレですら、ろくに新着がない状態になってしまっている。
(そして書いてる人は、自分でも知らない人ばかりになってしまった)


自分一人のが、よっぽどAA作ってるんじゃないかというレベル。 (それはないか)
自分としても、もう殆ど忘れ去っている1カテゴリの、AAという趣味なのに関わらず。


いつの間にかマジで、AAを作る人は絶滅危惧種になってしまっているようである。


まぁ今でも紅白とか選手権とかの「イベント事」はあるみたいだけど、
そういうの以外で「その時の旬のモノを作るような人」というのは、マジでいなくなってるんじゃないかと
そんな気がする。



みんな死んだのだろうか? 1つの趣味を捨てた人というのは、どこへ行くのだろうか?


謎である。



Flashなんかは本当に廃れちまったと思うし、紅白Flash合戦とかも今年で最後らしい。

それでも、アスキーアートは、なんだかんだで廃れないだろうと思っていたのだが、
いつの間にやら、AA文化も相当のトコまでキてるっぽい。


やる夫とかどうなったの?
(やる夫系もすっかり死んでるっぽいが、何によって息の根を止められたのかよく分からん)



・・・まぁこんな事言ってるけど、自分自身も大して他の人の行末が気になってる訳では無いと思う。
自分は、自分が一人ほそぼそとAA作ってりゃいいやーとしか思ってないはず。


にしても
なぜ、1つの趣味をそう簡単に捨てられるのだろう?


みんな、「AA作るのが面白いから」作ってたんじゃなかったのか?



それとも、単にAAというのはコミュニケーションのためのツールだとか、
自給自足、使われるためだとか、ちやほやとか、そういう目的のための「手段」でしかなかったのだろうか?


だから、界隈そのものが廃れると、その趣味も捨てるということなのだろうか?



自分にとって、AAというものはそうではないんだがなぁ。

AAという、「不自由な」「制限付き」「なぞり絵」というのは、
やはりそれ単体として、パズル・気晴らしとして、相当の面白さだと思うのだよ。


故に、多分
これから先どんなにAA界が廃れようが、仮に2chとかが滅びようが、

思い出したかのようにAAを作ってると思うのだが。 どうなんだろうか。

[ 2016/12/24 19:34 ] アスキーアート | TB(0) | CM(2)

AAら貼る

 
今はひたすら、ダクソ2のノーデスクリアを目指してます。


自分には天才肌のRTA走者さんみたいなプレイは出来っこないので、
何度も死んで体で覚えるスタイルではなくて、ひたすら慎重に石橋を叩いて渡るスタイルでやっています。

同じ進捗状況で進んでいる2キャラ目を用意し、ソイツで下見をしてから、
本番の3キャラ目を進めていく、というやり方です。

これでかなり事故を減らせます。

が、もう3回くらい失敗してキャラデリしています。
たったの3度とはいえ、超慎重にジックリ進めているだけに、精神的ダメージがヤバイです。 時間ドブ。
(PS+に入ってセーブデータバックアップ? それは金ドブ )

でも、やめられない。

ここまでの入れ込みは初めてかもしれない。

「トロフィーと直接関係のないゲームのやりこみ」で、
これほどの難易度のやりこみに挑戦しようという熱意が湧いてくるのは、本当に初めての事だと思う。

(逆に言えば、トロフィー目当てならなんでも出来たのだ)


はぁ、ダクソ2面白すぎる・・・。


トロコンしたらじゃなくて、ノーデス指輪取ったら、ダクソの感想文を書くことにします。
(一生書けないフラグ)


てなワケで、ちょっと本気で人間性を捧げてくるので、暫くブログに書くこと無いと思う。

突然だけどキルラキルのAAを置いておきます。

              ◢▀      █ ▅██▀
                  ▃▂▃█▅████▇▅▂
             ▃▅▀▀▌ ▅██████████▆▃
         ▃▅◤ ▍ ▍ ▍ █████████▊████▃
        ▅▇█▀ ▃▌ ▌ ▐▅███████████ █████
     ◢███▅▇██▂▲▃█▊██████▉███▉ ████▀◣
      ▐███▊███▉████ ██████▉████▎██▀▂▃▲
     ████ ████.██▉█ ████▀█▉████▎███████◣
    ████ ████ ██▉█ ███▀▅█▊████▍███████▌ ◥◣
    ▐█▊█ ████. ██▊█ ██▀▅█▀▋████▍████████  ◥◣
    ██ █ ███▋ ██▊█ ▼◢█▀◥▅▌████▍██████▉█▍   ▍
   ◢██▌▼███ ██▋█▃▆▀    ▲████ ███████▊█
   ▆███▅▃██▋ ██▋█▀  ▐◣   █▊██▌████████ ▉  ◢◤
   ▀▊▀█████◢██▌▊   ◥█▆▲ ██ ▼ ████████ ▊ ◢◤
     █▆▅▆▇█▎██▌▊   ▐▀▀ ▀◣▼   ███▀▀██▊▐◤
     ▀▀██▇◤ ██▍▉    ◥◣       ▂▅▆████◤
       ▼▋  ██▍█           ◢▆▅▂◢██▀▼
      ◢▌ ▌  ██▎█            ▀▀▂◢◤▂▅▇█◤
       ▌ ▍  ██▏█            ▍   ▃▆█.▉█▉
     ◢▀▼  ██ █◣  ▃▂   ◤ ◢▀ ◢▇█▉█▊▉██
     ▂◢◤   ██ █ ▲    ◥◣  ▂◢████.██ ▊██
          ◢██  ▉ ▐▀◣▂▃▅▆▇▀ ███▋ █▉ ▊██
           █▉▍ ▊ ▌   ◢◤     ███  █▊ ▊██
          ▐█.▊  ▊▌▂◢◤  ▎ ◢◤ ██▊  █▊ ▊██
         ▐▊▊  █▀     ▍◢◤  ██▋  █▉ ▊██
   ◥▅▃▂▂▂ ▉▊   █      ▐◤   █▉▌  █▊.▊██
          █▎   █       ▌   █▋▍  █▋▊█▉
          █▎   ▉       ▋   █▍▎ ▐█.▋█▊
           █▌    ▊     ▋  ▼   ▐▉▌█▋
            █▊    ▋     ▊       ▼▍█▌
             ██     ▌     ▼       █▋

[ 2014/04/11 11:18 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

歌はいいね

年開けてから何のやる気も出ないけど
まぁ蓄積があるから更新するためのネタはあるのだ。

第九回紅白AA合戦に参加してきましたとさ。

「AAを作るという行為」は、
「自分がねらーであるという最後の砦」みたいに思っているところもあるので、
まぁこういうイベントにはひょっこりと出るわけである。

と同時に、
「普段何もしてねーくせに、こういうイベント事にだけは参加する奴っていけ好かねーよな」ということを
自意識過剰的に思ったりもするので、非常に難しいところでもある。


まぁそんな感じで、今回作ったのはこれ↓
Qのサントラのジャケット絵。
(いや別にこれはQのイメージイラストであり、ポスターでもあるんだが
 「この大きさ」で切り出しているということは、そういうこと)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                                                                              ┃
┃                                                                                                              ┃
                                                              __, 、 ヽ                                        
                                                            ,.二、 ヽ \〉∨lヽ                                   
                                                      __∠、   _ ⌒ヽ_ ノ ∨                                 
                                 ヽ ,  -──- 、      、_ヽー─ >'´ ̄ > ノ厂\⌒ <                              
                             丶ー‐ヘ . : : : : : : : : : .\   、>ー‐   / / / l   、 ヽ \                              
                             _//∨//∠: : : : : : : .ヽ   \__, / /   / │ 八丿ヽ 丶                            
                            /_ ′ '⌒ ヘ ヽ: : : : : : :.  \ ̄∠  / / /l八 l //⌒「 /                             
                                、__` < : : : ∨: : : : : : :.∨<_,  ∠/| /´厂|/レ_,.イ^l/          ° : : . .              
                                 j厂ヽ ヘ : :/ : : : : : : : : ::ト `≧  八 l/_,.イヽ    `¨ l                     +. .        
                            _ノ        |/⌒l : : : : : : : ::l   >─/⌒Ⅳヽ`¨′     / ,                        ゚ 。     
                            ヽ          ´_ノ : : : : : : : :ノ   ⌒>人_|ト     __ -‐' /                           : :    
                              :- ‐      〃^ヽ : : : : :/      ´ ノ勹厂丶        /                           +      
                               l        ∥  ノl.: :, '′          ∥     ` ー--┘                       . :+ °     
                               ヽ __ .、  |l    ヘ;/             〃 ̄` 、   /                     . . o : °          
                                     ||   / ̄ヽ、_,       〃⌒\  \/ヽ _          . . . : : : °                
                                      ||/   , ==≦===彳     \  \ \ > 、. . : :+: :                        
                                     ノ〉||  /      \     ノ    厂 ̄`ヽ  \冫厂l、                             
                                  / イ |l /         ヽ  /    /|       ',  厂《                              
                                  厂|ノ⌒|l′     イ´ ̄ ̄`lノ      |       lノ |  》  〉、                          
                                   ノ /彳     //       lハ     ,′     / 丿 /  /⌒ヽ                        
                                  /// ||  / /       /l :.   /      ∨ 厂  //   ト、                        
                                  ′│ || / /        / l ',  /        ∨     /´   丿 ヽ_                     
                          . . . : : 。 : : : ゚ノリ / /      /   l  ∨          〉   / / ̄´    ̄`ヽ、                 
                   . . : : o : : : °       / l /      /    l  |   /   〈 \ イ⌒丶          /               
               . : + °               | l′|/      / l     :  l /     │  \_  \  / ̄ /                 
            . :                       ; |  |      /   |     ;  ノ´         │   /     ヽ __/⌒\/   l -──- 、   
            ゚。                      / l /     /   l     ; /___     l   ′             │    |/////// ハ   
              °: : 。              / / /           l     ;/` ̄ ̄厂 ヽ┬┘   l             |     |//////// l  
                    +: .         /__/ 〈_         l   ,∠l     ,′   |     |              l   ,l//////// /  
                       +        /   `==‐-、__| /⌒ |           |      〉          ///l   l ////////   
            . . : : :o : : : : °       〈 _/     /   ` ̄__ /     ノ     l  _/       /////l    l //////l/     
       . . : :+                 /  ,  ´      /     ∠二ノ´イ    / !    l/ ̄>─/>ー///////l   | l//////      
    . : o: °                 , ′ /        ,∠.._____/│   __|     ;  __/ __∠ ///////ノ    |//////        
                      / . '´      _,. 彳「二二[「二二[厂 l  ∠二│    /___丿  Ⅳ//////////     |/// /         
+                    / '´     _, </| |//////////川   l __ノl    /  ̄ ̄´   |l /////////       ∨//            
° /》 ヘ、 r‐、_,  ──- '´    ,. <//////ノ ノ//////////Ⅳ    イ/////,′  ハ、        八////////l イ | | │l          
  〃\┌个ー‐┐       _,/ ///////// イ////////////    ヽ////     l//> 、   //////>//儿ノ | | │|│            
  l|    ,≧=、 ノ      , <///////////八 ∨//////////        \/     l//////\_////////////> 、イ丿イノ            
  l|   (⊃‐ 、_    ////////////////∧ ∨///////    ___/     l/////////////////////////> イ              
  l|    ヾ⊃ー─'  ̄´///////////////////\_>///∠___「 l┌─   _, 从////////////////////////////> 、          
  l|     ,. </////////////////「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |_L|│/⌒7 ,-'´ ̄ ̄ ̄` <////////////////////////冫 、     
  ヽ、_//////////////////////|                         └|_l  ー′            ` <////////////////////// ヽ    
   / ////////////////////>│                                             /  /|| < /////////////////// ハ   
  〃 /////////////////> ´  │                                           //  //||   ` < //////////////// ∧   
 从/////////////////       │                                         ///  ///||      丶/////////////////ハ  
 ||//////∨////厂 ̄´         │                                       ////  ////|l         \///////////////∧ 
 Ⅵ ///\ \///\           │                                     /////  /////||           ` ̄\///////////ハ.
┗━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━┷┛



以降、いろいろと解説

[ 2013/01/07 04:37 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

ウェカピポの妹の夫のAA

(とっくの昔のニュースだけど) 誠に目出度いことに
PS3でジョジョゲーが出るとのことで、
それに触発されて、改めてジョジョを読み返しまくったりしています。


ジョジョ系のAAでも作ろうか、と思い立って、
3つくらい作った時点で息切れしました。



ウェカピポの妹の旦那さん1

                ,.    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\
                >'′__  ´二二二ヽ〉ノ _                |\        /|
              / //´ ̄二ニ= '´ ̄ ̄`ヽ∠二、ヽ              |  \    /  |  /|
                l /////´           `ヽ⌒ヽ             |   \ /    |/  |
              ノ////                ∨//l       ____l                 |_____
        、  / ////|  ,.===ミ    彳===、  ; //|      \       逆    逆    だ          /
        `¨´_/////|/_,.二..、、    _,.二..、\////          \                           /
          ` ̄厂`Ⅵ彳T"T>l|l   <T"T卜 Ⅳ/         /   鱗    に   が    /
            ´/⌒|l|  `¨¨´l|l|l  〈  `¨¨´  l| |ノ⌒ヽ       /                 /
            〈 八 |:l|      从、 _,. 〉      l| | 八 〉    /      に   妹       _____
              〉卜|.:l|      `¨l 厂      ´ 乂/「     ̄ ̄ ̄ ̄                     /
                ヽ」.:l|     /,ニ==ニ,ヽ     ∠ノノ         /    触   の   そ      /
             ` ーヘ l|    ´、___,.`     l トー'        /                  /
                トl|、     `'⌒'´      l l        /      れ   夫    れ     \
                | ll \             / ;         /                         \
              /|l|l l| |l\, -──-、_/  |        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  た   の   が       \
              〈 : : .\l| |l三三三三/    l|                |                   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              _,. 个: : : : .` '<三三∠____八               |   !      |\    |
     _,. -==≦/ │: : \: :/ ─<\: : : : : : : : : :〉              |    /\   |  \  |
  =彡/⌒》/  /⌒\: :∨ . : : .\: :丿 : : : : : :/\             |  /   \  |    \|
     ー─/   / : :/〉: ;二人: : : :/ 冫: : : : : :/ 厂 \_         |/       \|
       ´     / : :// : :/: :ノ〉: : : : :/\ー─<_,ノ    ` ̄\
            / : ://: : : : :/〈: : : : :/ |: : .\ : : .\  ヽ       `   、
         l : :/ : : : :/|」┘ヽ ー─个:: : : .\ : : .\、 l        `   、..___
         /. :/ : : :/|」┘ヽ │   |l : : : : : ∧ : : : .Ⅵ              ` ̄l  ヽ
       /. : :;l : :/|」┘   `│ _、|l : : : : : : : '; : : : l/                 |    l
      //⌒ノ/|」┘       ノ 《_》八 : : : : : : : ',: : :〈                    ノ   |
    └ ′ │l |┘      〈   `  `ー───ヘ : : \                 /     |


このセリフ、
刷によって変わっていたりするんだろうか。
「何をするだァーッ!」のように)

イメググったりすると
「妹の~」がついて無いバージョンもあるようだ。

第一刷の時点では「妹の夫の~」だったり
雑誌に載ってた時が「妹の夫の~」だったりするのだろうか。

どちらにせよ「ウェカピポの妹の旦那」というフレーズは凄く面白いのでこれでよい。



ところでウェカピポの妹の夫の妻の兄の方はゲームに出れるだろうか。
絶対に出て欲しいし、あれくらいのキャラは出すべきだ。
「同じ鉄球を使うライバルキャラ」として、使用キャラとしても重要な筈だ。



ウェカピポの妹の旦那さん2

          ー==彳| |│|厂 /(;: : : :;ノ  /   \ ー──ヘ
                l |│| ノ   冫ーイ_/         〉
                 l|│|、 ー' ̄ ̄ ̄厂       <             ━┓     ヽ │ /
   、_     |l      l│l > 、_ /          \       /\ノ┼‐      ─┴┐
    ,三ニ==─ヘ                            ヽ         ニlニ ‐┼‐      ──┤
    / ,.二、 人                              ',       ニlニ ノ\       ──┘
   /  /:: :;)/》,       丶、、
      /ヽ:_/ 〃l       l |\                  l       ┬ ー┼‐     ノ┐_|_
    人.__// ノ//l         l│| lヽ              │    ┼ 冫| く      フ′ノ\
    ー /   ∨//|       ,.⊥l⊥Lノ                |     ┴   亅      / l l \
           l///|     丿(__/                   |    ┗━
   │      |//八 ー─'′ ` /                   丿       |    、       /〉
   人      |// : :\'⌒ヽ_/乂___            /      ̄厂 _ ヽ        //
   ⌒',      l/ : : : : :  ̄ノ    /│|│| > 、      <        /  、_        o
   │∧      \: : : _;∠..__丿|│|⊥l⊥l⊥> 、    \
   人//\     \;'⌒l|│|│|⊥|∠__/⌒\| |∧     ヽ       ヽヽ /
    \//\        l|│|:≦三三三/      >ーヘ       )       ノ
       ヽ///\    \人|│|\三三/    //   l\   /
        ∨ ///\  \\\|│|:三/  / /     |\   ⌒ヽ     /〉
       \_/ノ⌒\\\\\仄厂 ̄´   /     |\ヽ     ;     //
                \\\ l⌒\    ノ       ノ\\   /    o
                  `\\ l|、   `¨´      /ヽ\\  /
                      \」| \       <\\\\ /


そしてやはりこの人は凄くイイキャラ。


クズに見せかけて、やるときは正々堂々とやる。
紳士である。
でもクズである。

紳士系クズ。


だがどんなにイイキャラだとしても、
流石にこの格でゲームに登場は出来ないだろう。
いくらオールスターゲームだとしても。



で、最後
『週給20ドルの機関車の運転士』

                                        /  ‐-=ニ二三三三≧ 、 > 、
                                         |  ニ二三三三三三三三≧ 、 \___
                              /⌒ 厂)个ニ二三≫‐====‐≪三二ニヽ ヾ/////
                              ((_八_乂∠ノー==彳、__二ニ二三_\三二ニヘ Ⅵ//
                  //           ⌒>∠ニ=>'´ ̄厂ノ  ̄   `ニ二三_从 三二ニ l//
    |\          / 〈           ((三/ー=≠彳  (_≦三≧、_    ⌒Ⅶ 三二ニ ′
    |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    \         ヽー彡〃   ニ二〉ー 、ノ/⌒ヾ三≧===ミ|l 三二ニ
    l  :   関 遭  何  何  |       ⌒》 /|l 、_,.二ミ/  彡' > ,. 二二、´ ̄`Ⅵl 三二ニ
    l 給  係  う   で  で │        《,ノ⌒》'└┴'/    〈_/∠´<^ヾ\∪从|| 三二ニ
    | 料  な  ん  オ  だ  ヽ、         /`二ニノ__//,  ,二、 ⌒ヽノ イ厂三|| 三二ニ
    | 安  い  だ  レ  よ     >        〃 -=《`厂 `ヽ//, ⌒ヽ)⌒) ー彡′三リ 三二ニ
    | い  の  よ  が  ォ  /        /^Y  -=彡仆、┌ヽノノ〉     / 厂   二/ 三二ニ
    | ん  に  ォ     ォ  〈        |L」|  ニ「「幵frn、_) |⌒     ( (   _ニ / 三二ニ
    │ だ  よ  ?  こ  (   〉      Ⅳリ 二リ凵匸|⌒(_ノ   ∪  し′ u  ̄/ 三二ニ
   ノ  ッ   :      ん  )  l        |l/ 三厂l‐┐└凵しヘ    u  //,   / 〃/ ̄`ヽ
      ! !          な       |        《_ノ⌒L人_ノ⌒ト┐_人 し , ///  / 〃  イ⌒
  ⌒ヽ            目       l         从、/ノ⌒ヽヘ_丿丿===∧  ////,  / 〃 _ノ 厂
     \         に   /⌒    __///ノ/≧ 、__厂厂 ̄`ヾ 人 ////  / ノ〉 〈_ノ
         \__      /      / ̄〃//ノ⌒ヽ三ノ イ⌒ヽ、 ノ////乂'/ ノ乂__, イ
                ⌒ヽ/      /    |l//′   ⌒リ ノ乂乂//乂乂爻/ ノ乂\\\ノ
                       _,/     |乂ハ   、ノ,ノ乂乂乂爻爻≫'′ノ乂 \\> `
             _,. <´ ̄      ヾ八乂ゞヾ〈乂乂爻爻爻≫'′ ノ乂 \> `


↑この人大好き。

↑このコマ大好き。

↑このセリフ大好き。



なんというか、
まぁターミネーター2のダイソンさんなワケだけど、
(いや、どっちかというと5部のサーレー戦のトラック運転手なワケだけど)


この、「なすすべなく利用され蹂躙される一般人」という感じがたまらん。
あと、この人を縛り付けているギミックが凄すぎてたまらん。 
(大統領は天才。 荒木先生は天才)


そして本当に、
このコマだけ迫力がおかしい。
(あまりの迫力に、ページめくったら笑ってしまうレベル)


気合の入り方としては、6部のリキエルの
「ヤツは神父の実の弟だからな」 レベルの魅せゴマ。

それなのに言ってることは「うわっ…私の週給…安すぎ…?」
このギャップがたまらん。


やはりSBR全体で一番好きなコマだと思う。 これが。



ところでジョジョ全体について語れと言われたら、
自分は多分、三日三晩くらい演説しても足りないと思う。


だから語るのは無理なのだ。


それでも、
SBRについて、もしちょっとだけ言えることがあるとしたら、
やはり傑作だということ。


ポコロコとはなんだったのか・・・
ゾンビ馬とはなんだったのか・・・
サウンドマンとはなんだったのか・・・
ルーシーのスタンドとはなんだったのか・・・
ウェカピポの妹とはなんだったのか・・・
DIOの父親とはなんだったのか・・・
少年Aとはなんだったのか・・・



全体を俯瞰で通してみると (俯瞰で見れてるわー
もんにょりする部分が多いような気もするけど、
やはりそんなのは関係ない。




自分がSBRですげえいいなと思うのは、
それぞれのキャラの父親との関係性だ。

ジョニィとジョニィの父親
ジャイロとジャイロの父親
大統領と大統領の父親
DIOとDIOの父親


この4つの関係がいい。

誰が、父親を誇りにしていたか、
誰が、父親を軽蔑していたか、
誰が、父親を畏れていたか、
誰が、最終的に父親を愛せるようになったか。


この対比と変化がいい。


なんかもう、それだけで十分だと思う。


[ 2012/07/12 18:12 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

空が灰色だからAA貼る

ひっさしぶりに
最近作ったAAとか並べます。


もうAAに色塗ったりとか全然しなくなった。
そんかわり作ったAAのeudは全部晒しています。

    | : : : : : :|:|     /                  \ー ─‐ ─│  |
    厂 ̄`ヽ|:|   /           /           丶 ─ ─│  |
    〈     .ノ:| > ─'厂)    . : / ,            : . ー ─│  |
    厂 ̄`> ´. :/⌒7´l   : : / /   . : ,   . :,'  : .  :. :. ─│  |
    /. : :/ .: ://  ./ :l\ : : :′/_  : : /  : :/  : :.l l: :..ー│  |
    ,′ :'  : :/|    .;'  l\ 丶;  :. `ヽイ  : :/   : : ;l │ : ', │  |
   ,': .:/   : :/: | ′.;   :|: : .\l  ;,. ∠ ノ\ノ    : :/ l │ :; :l│  |
  ,' : ;'   : :/│|/  :l  : :| ⌒ヽl  l厂 厂`ヽ   . :ノ厂| .;  ;lノ│  |             ___
  .;  :  : :; : :l/  : |   : :|    | :l  〈:.じノ     ,.==、lノ ノ─┘  |:            」|冖|_|_
  ′ ;  : :l: :/   : :|   : :ト、  │.:l , ,`¨´    イJリイ 「人      :|:.          |└┘「l
  : │  : :|:/   : : ;|   : :l: :>イ .:l          ー''∠ ノ八 ':,   . : :|: :         |__|」
  : │  : :|′ .: : :八   : ∨ー┤.:l    __   ′/コ /厶 l :. . : : : :|:: : : . .  ______
  ::. │  : :l  : : :/ノ∧  :. ∨/l .:l\   ‘ ′ , イココ// ノ l l: : :( > '⌒ヽ<)(_/二二二二イ/
  : :: .',  : l .: : :八///ハ  :. ∨l .:l  冫ー <〔 __// /__l l_:.:|  o .o│  ̄ ̄// ̄ ̄
  : : : :〉,  ',: : :/:/`ヽ//∧   Ⅵ :|\ \    (  j/ /ー─; ;┐| 冫、 ーー 丿 __//___  ___
  : : :/ 〉,  '; /:/__ \/∧  ',l :|,\\ 个 、  ',   │ : :/ /:│l八 ヽ  ヽ │ //__ | | |┬|二| |:|l
  : :/ //∧:. V    \丶∧  Ⅵ//\ |.://\》ー─'^ヽ:.:/: :│| ̄|\_)(_人_ //| ̄|| |_|_|│|」」| |:|l
  :/ ////∧:. ヽ      \丶:. 八///ハノ//: : :八    ノ/: : :│|─|(”’)__(”’)〃|  || |_|_|│|」」| |儿_
 / //////∧: . \     \〉: : . \/イ//: :/  〉   \ : :│|二二二二二二二二二二二二二二二」


某所で何故か発生した、「咲-Saki-阿知賀編」の競作AA


これに関しては
ぶっちゃけお題チョイスが意味がわからなかった。


実際作ってみると分かるんだが、
こういう目が縦に半行くらいズレてるAAは意外と難しい。
(同じ目の形で対応出来るくらい小さく作るか、デカく作ればいいんだけど)
(自分は全く似なくて血反吐を吐いた)

しかも元絵は微妙に不機嫌な表情をしている。
なぜそんなシーンを選んだのかが謎。
(自分は全く表情が出せなくて血反吐を吐いた)


・・・とかそんな感じで、気の進まないお題だったからこそ
背景まで作ってしまった。

eud的には、
左側の髪の毛とかカーテン辺りを作ってる時はノリノリだったけど、
顔のつじつま合わせに差し掛かると急激にグダグダっているのが分かります。


他にも色々と

[ 2012/05/08 18:26 ] アスキーアート | TB(0) | CM(2)

なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ

「自分が絶不調なのが分かる自覚症状」というのがあります。

1つ、寝るのが楽しいとき

(絶不調の時は、夢が面白すぎて起きてる意味がわからなくなるレベル)

2つ、糞なAAを量産してるとき
どうも絶不調の時は
AAに逃げているような気がする。

そして、その逃避のようなAAの出来がこれまた、ボロクソなのだ。

だが、まぁどうでもいいのだ
如何にして時間をかけずに作るかしか考えてないんだから。
(言い訳おつつ)


そして気がついたらまたどうしようもないネガ文を書いている。

ちょっと楽しいことを考えてみようと思う。


例えば、今年は「見るべき映画」が結構ある気がするのだ。
(引きこもりとしては困るのだが)

まず、何はなくとも『ヱヴァQ』

これだけでまぁ、自殺しない理由にはなる。

             / : :  /  /⌒ヽ    _
             /  : : /  __/     \′  ヽ
             /   : :/  / /            \_
          '      .:/   _/  /  . . : : : .       : : .ヽ
        /      .:イ //   ′. : : : : : :/|        : : .\
        .:       :/ ∨. :,'   . : /: : : :.:/\_|: .    l     : : : :.
       |       :|: : |: : l  : : / : : :∠   |: : :/  .:|  :.  : : :.',
       │  丶  :ヽ_;|: : |: : : / .::/__`ヽ\_,.|:.:/: :l;、: :|   .:∧:      /
        ヽ:.   \ 〈「|: : |: : /..::/ イじl l   |/|:/∧:.:|:|: : . : | :/     /
         \: .   : 八:/: : :;  └┘    l ∨/∧|/∧|: : |ヽ|/__/ . : : : /
         _>─: :ヽ厂∨\|       _ 〉 ∨// //八: :|: : \: : : : : : : : /
    、    ` ̄ ̄/ : :∧ 〈              \///: : 〉,': : : : .` < __´
     ` ̄ ̄ ̄ ̄/: : :/ ∧└       , ─ 、     j厂: : : /: : : : : : : : : : . .  ̄ ̄ ̄ ヽ
      . . . : : :∠: : :/ ://'⌒ト            /\: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
               . : /: : : : ノ| ヽ          /. : : .\: : : : : : : : : : . .
             . : : : : : : : :/. :|   \      /|: : : : : : : .丶 : : : : : : : : : : : : . .
         . : : : : : : : : :/ . : : |.     \_/|: : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
    . . . : : : : : : : :/ . : : : : : : 个─────个: : : : :/ ̄`ヽ: : : : . \: : : : : : : : : . .
   / ̄ ̄ ̄ ̄´/: : : : < ̄ヽニ ニ厂 ̄|//》─< イ厂ヽ ',: : : : : . \ ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : .
            /: :>´___ノ   ∨_/  ∠二、   ヾ/__ノ  l: : : : : : : . \
        /: :/∠二二厂 ̄ヽ  / ̄ ̄ ̄\     /\ l: : : : : : . ´ ̄\
         '⌒  ∠二二.ノ ∠二.ヽ∠二>=ニ二二\  》//// |' ̄ ̄ ̄`ヽ
           /´ ̄ ̄ ̄ ̄\ 0 2 /=ニ二二二二 ヽ |///  |


次に、『おおかみこどもの雨と雪』(07/21)

頭がオカシイほどに
細田監督の特殊性癖が詰め込まれているのが分かる。

アバター先輩はこのための布石だったのだ・・・

              ヽ: ..ヽ、                , イ
              ヽ、: .> 、_,.  -──-  ..  , - :ノ  レ,
              〉 \ : : . . . : : : : : : : : : : : : . .く     |
               |  イ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ  l
              :.  丿.: ; : :/: : イ: ; : : : : :;| :l: : : : : .  ノ
              ∨ .: : :l :// | :l : : : :;ノ|:ノ ヽ: : : :∨
              ,' .: : : :j//⌒ 乂 : :/ '⌒ヽl: : : : l
               l: ; : : :/冫,ニ、 ノ/     ,ニ 、八 : |
                |: :l: : :| |じl        |じl冫 /: :|
                |: :.l : :|
  `¨′  ,.--、 `¨′ l : : ト
               |: : l.: :|
        ヽ.ノ     | : : |
              l: :. l: :|
   v⌒ ー '^ー v  ノ : :│
             ノ: : :.|: :ト
、 丶       ノ ,.イ: : : : |
             ,'. : :.:∧:.|
  > ` ー─  , < l : :l: : : |
             ,' ; ; :
/  ';l:.     ` ー─    | : :ト : : |
            ,': :|:l
l    |:':,  ⌒ヽ   /  l : :从: : l
            人 :川
   |: :l           ;!: :/ |: ;.ノ
           . '⌒ |   |: :|            ノ.:/  l/
          /  //  |   |'; l ・        ・.イ:/   l
        , ′  /  l  |   |       / ノ|′  |
 ヽ. _ ノ     /   |  |    |        ノ    l    |
 ヽ. _     / . '⌒|  |   |` ー┬‐<    l    l
   ヽ、_, ′ノ   l  │   │  |    ヽ    |;.    ;
           l  ,ハ '  l   l   |  ,ハ  ',   |:;    l
          人__ノ八   ;    ;   人_ノ八     | l  │
              ヽ、__〉   l       ヽ _丿 l   │
                 /     |              ノ   |
                 ノ      l           l    \_
                (_ノ  l   |         (_人  )_)
                (_人__ノ                `¨′


                , -──-  .
             . . : : : : : : : : : : : ;> 、
              /. : : : o: : : : : : ノ⌒   )
          .∠ノ⌒ヽ. : : : : : : :(     ノ.: : .
         ,イ     丿O: : : : : : 人   丿: : : l
         /ノ    ノ. : : : : : : : : : :`ーイ.: : : : :|
        ノ八   /. : : : : : : : ; :人: : : |: : : : : :|
         /.:人  厂,>\: : : ::/l/  ∨.:ノ: : : : : :|l
          ′
|ヽノ_,∨:/ ^'¬,.二、ヽ: : : :八
         ノ   丿,==、ィ⌒ヽ       丿 : /
         /  /   厂   |    /ノ. :/
       /  .へ、ノ∧ ヾl  l    /⌒ヽ
       ヽ    `¨ へ、 |   l=ニ⊃ノ     l
        ` ー-  ..、  `l   ∨/      |
              `ヽ  l   ヽ   /  |
                │ ヽ    /   l
               |  ヽ、/      ;
                 丿           l
              /               |
            /⌒ヽ 、'′        l
          人    ヽ\'⌒ヽ       :
         (   :;.        \  ⌒)
        /⌒ヽ ::.       ;  \_ノ   ;
        /      ヽ    l      ノ
      /       /∧   l    /
      ;     _, イ; r ノ:.   l_,.
      ヽ.__´ '´  `¨¨´  〉  |
                 /    |


あと、『コードギアス亡国のアキト』

自分は4年くらい前の時点では
ドツボでギアス厨だったはずなのだが、
いつの間にやらすっかりどうでもよくなってしまっていた。

多分2期のせい。
ギアスってどんなストーリーだったっけ?

でも、アレクサンダ↓ドロッセルお嬢様そっくりだったので
多少興味が出てきた。
それだけです。

    ▊▼    ▍▐▓▓█              ▼   ◢▌ ▎    ▌
    ▋ ▂▂▃▃▃▐▓▓█▅▅▅▅▅▅▃▃▃▃▂▂       ▌ ▎    ▋
    ▐◣▐▓▓▓▓▓▓▓▓██████████████▇▆▅▃  ▌ ▍    ▊
    ▍      ▍▐▓▓▋                 ▀▀▌ ▍    ▉      ▂▂▃▃▃▃▅◤
    ▎      ▍▐▓▓▋                  ◢▌ ▌    █▂▃▅◤▀▀      ▼
   ┃▂▃    ▍▐▓▓▋                   ▋ ▌  ◢◤▀▀           ▅▀
    Ӏ:▓▀▎    ▍▐▓▓▋     ▐▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▉ ▋◢◤◥▅▃▂            ▅▀
    ◥▓▃▍    ▎▐▓▓▋     ▌ ▆▆▆◤       ▊ ▼    ◢◤         ▅▀▍
     ▌   ┃▐▓▓▋     ▌ █▀        ▐▼   ◢◤        ▅▀  ▍
      ◥◣▲    Ӏ ▐▓▓▋     ▌       ▂▃▅◤▉   ◢◤       ▅▀    ▍
       ◥◣    ▐▓▓▋      ▌   ▃▅◤▀▼  ▊  ◢◤        ▅▀      ▍
         ▲   ▐▓▓▋     ▐▃▆▓▓▓▓◤   ▊ ◢◤       ▅▀        ▍
        ▀█▇◣  ▐▓▓▋ ▂▃▅◤▀▀▀▀     ◢◤▋◢◤      ▲            ▍
        ▐▀▀▎◥▅█▀▀█◤          ◢◤  ▊       ▌▍▀◥▅▃▂       ▌
        ▐◢◤◢▍  ◥◣  ▌        ◢◤▊  ▊       ▌▍    ▲      ▋
        ◢◤◢◤▌    ◥◣▂     ◢◤   ▋  ▊       ▌▍     ▌┃    ▊
        ▐◢◤◢▋       ▀◥◤        ▌ ▉       ▌▍    ▌ ▎   ▉
        ◢◤◢◤▊              ▃▂ ▐▅▉       ▌▍    ▌  ▎   █
        ▐◢◤◢▉              ▐▓▓▀▀█       ▌▍   ▌   ▍  ██▃
        ▲◢◤█              ▋ ▍   ▀▅▃    ▌▍  ▌   ▍ █ ▀█▅▃▂
         ▀▀▀                ▋ ▐▀▅▃   ▀▅▂ ▲▍  ▌   ▐ ■   ▀▀██▇▆▅


他にはまぁ、
ベルセルクの映画(02/04)とか、
.hackの映画(01/21)とかあるけど、
それらはよく分からないのでどうでもいいです。


特に
ベルセルクの映画って、どういう層が行くんだろう?

原作ファンは、
あの顔とか、声とか、3DCGの合戦とかの時点でアウトでしょう。
ロッテリア食ってるグリフィスの時点で・・・)



あとアニメでは「男子高校生の日常」が面白い気がします。
きがします。

                /     ___    丶      \
                / 
  . : :´: : : : : : : :`: : .、   \       ノ
             ' / /
. : : : : : : : : : : : : : : : .\   \  /
              ' //
.: : :/ : : : :l : : : .ヽ: : : . 、: : .ヽ   ∨l
            〈  /
. : : : :l : : : : :| : : :l\:\: : .ヽ: : : :.  |: :',
              : l: : : :| : /: : :;l : : :l  \;> 个:. : : 〉ノ: : :ヽ
                ; : :l: : : :|.:/l: : / ヽ: : ':. / >‐=r┐:|⌒ヽ: : .\
        '⌒   ⌒l: :|: : :-||:./- 、 ヽ: .  oじ:ノ: :| l│: : : : `: . 、
        :.  l  |  |: :|: : : :|===、 \   ´¨¨´ l : |ノノ: : : :.ヽ: : : . >
   (⌒       l l  lヽ|八.:人\゚じリ,        ' ' ' '│.:|: : : : : : : : .\
    \ \ .〉 └'   l   / :「\` ¨´   ヽ    、   |: :l: : : : : : : . \:.\
     \ ヽ      |   / : :ヽ 人 ' '    __ ノv) /|:/ ̄`>ヽ : : : .ヽ
  ( ̄ ̄´   ノ  ̄  ヽ/⌒): : ∧: :> 、 └  ´ / 丿ヾ: : : :|ヽ: : : : :.
    ̄ ̄厂    / ̄´ /´/: :/: :l: :\: : :.> ー‐'  /    〉、_;ノ 八: : : :|
       l        /   /: :/: : :|: : : :\: : 厂><     /    ̄ ̄/⌒ヽ
      ,ノ ー-‐ ´/    l: :八: : :|>厂 ̄厂 ヽ_,∠⌒ヽ′      /    \
     /人___ ノ〉
    V  /  /   /   L.厂   /       /        \
   /ヽ      /      /    l / `フ⌒ 厂卜ー‐┘     /      ̄ ̄ ̄\
  /       /    厂 ̄ ̄ ̄   |/   /   / |   ヽ     /|            \
  .:        /   ,/          /   ⌒¨′|  ⌒ ー′     |
  l        厂 ´       //         │             |⌒> 、

すいません気のせいでした。


そしてゲーム関連では、
断然『ドラゴンズドグマ』が超絶、楽しみです。

今年はもう、これだけが楽しみ。

あとは、
DmCとか、DMCHDコレクション(03/22)とか。
(基本的にはコレクションだけで生きていける)


そんな感じで、今年のニートは「カプコンっ子」になると思います。
バイオ6(11/22)も、結構面白そう)


だから、
「アスラズラース」(02/23)も気になってたけど、体験版やってみたらダメダメでした。


体験版といえば、ACV(01/26)の体験版も良く分からなかった。
あれは、面白いのだろうか?

自分はデモンズダクソ信者ではあるけど
フロム信者ではないので分からないのだ。


こうやって並べ立ててみると結構
楽しみにしていることがあるような気もするけど、
別にそれらが全て没になっても平気な気がする。

(平気というか、何かを心の底からは楽しみに出来ない、醒めた感じがする)
しらけた感じがする


むしろ、ヱヴァQなどは何年でも待てると思っていたので
いきなり今年の秋とか言われても、
「えっ?もっと放置されても待てますよ?」って気分になる。


うむ。

今年楽しみなのは本当に「ドラゴンズドグマ」だけですね。

これが微妙ゲーだった日にはどうしたらいいのだ。

[ 2012/01/20 04:49 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

桃音ピクAA


まぁそんなこんなで年末ということで、
第八回紅白AA合戦に参加してきました。


もうすっかりAAとか作らなくなったくせに、
こういうイベントにはギリギリ参加するのだから
もう殆ど老害ですね。

(老害という程には成熟していないのだから余計に痛々しい)


作ったのはコレ↓

「gdgd妖精s」の「桃音ピク」

                        , -─- 、              ,. ´ ̄ ̄` 、
                    /     \_  ___  __∠. : :: :: : .     \
                    /       . ;/ ,∠ -──- 、`ヽ. \\; : : : .    ヽ
                   /     . : :《_/  .;      \ \_人_》: : : : .     .:ハ
                /  ./l : .   . :/  .:: |        : . '⌒'⌒厂`ヽ; : :   . ;' ハ     ,. - 、
                ,'  :/ :| : ; /:/ / :   人  :、    : : \/     ';  . : :/ /: :l   /    .:
                .: .:/  | :/ /〃:l .;:  /  ヽ \    : : .l^ヽ     l',: : :/ / : :l/     ,'
                ;: .:/ /| |/ /.:/|:.;| .:| .:/ \   / ヽ__、 : :|   l    |:.∨ /  : :l     /
                 l:./ /.::| ./.:/.ノ:八:.| ;ノヽ     イ.ノ八 . :|  ノ     |:、 /    :: l
                  |:' / .:|.:/.:/ヽ \|l:じリ     l:.じリ |l/    │∨    ::│    :′
                  |;/  :レ.:.;'  `¨´ ,     `¨´ ,イノ     |:. : : .    :: |   ,:′
                  |    : ::l     《_,ニ,  ー‐ '  / |  / .:l:.: : .    :: l  .:
                 l    : ::|    ̄ー┘ > 、..   ´ /八 / / .;.: :     :: l
               l    : ::l\\  \_/人レ∠二/ / 厂`ヽ′ .;'.:      :: l
                 :.   : ::l  \\厂: : 《⌒》: : : : ノ》/∨   \/.:       :: :
                 ',:   : ::l   V/⌒>ーイ⌒ヽ彡'  /    丿l:.:       :: ;
                 ',:.   : ::l / . : :〃. : : .\     .:;′  /  |:.:      :: ;
                 ';.   : ::l 人 : :/|. : : : : : :ノ  /人  ∠, ─ 、〉:.     :: .:
                  l:   : ::|/_ノ///|: : : : /   / 仄>ー'^二八::.   . : ,'
                 |:  .: :八_/《〃|: :厂≧ 、__  /└个'⌒ |  ヽ:. : . : : /
                   丿 .:./ 厂′》 /  '^'^'^'リ彳   l    |    \: : .l
                ∠ .:/  /   《/         ノ     :.    |    \:.ヽ
                    /个ー‐'^ー─'^ー'^ー彳  人: .  ',    l      丶:...
                    , </////////; ; >个 、  \ : . ',   ',   
                   ///////////; ; ; : : . 八 \    l   ;.    
                   /////////////; ; ; : : .人/\ \    │   l: .      丶
                  /.://////////////; ; ; : : . . .\/\ :..   l    |丶: .   __  : .
               , '///////////////////; ; ; : : . . . \/\ :.  l   |  / 》   : .
               :'/, -─- 、///////////////; ; ; : : . . . \/\   ;  l   / /:..     丶
              //'^^^^'ヽ \/, -─- 、/////////; ; ; : . . .\/\ l  l/ /    丶 、_ ノ
             /      . ::/\/'^^^^'ヽ \/, -─- 、///; ; ; : .\丿   ヽ
          ∠-─- 、 . : : :/        厂\/'^^^^'ヽ \, -─- 、レl    〉
        , ' , '^^^^'丶: :   , -─- 、/ : . l      │\/^^/ |  . イ
      ,:'/ .:      \/'^^^^'ヽ : : |   _   |   . : / /`¨´;
       /′ .:       : ::       ′\\< ̄`ヽ.:.:/ /     :;
     〃  .;      : :;        /     >┴ 、ヽ、 乂/ /,.-─- 、  l
      \/      : :l       /  ∠ _    \/⌒ ∨/'^^^^^ヽ|
        > 、   : :l      /       ⌒\ /     ノ⌒ヽ       \|




見たとおり、これは明らかにミクさんのトレパクなのですが
パクリ商法ではなくて、そういう炎上商法ですね。
(だが、ぐだぽよ知ってる層が今更こんなので騒ぐのか)
(そもそもミクさん描いてる絵師の描き下ろしなのだからパクリですらない)

とかまぁ、そういうのが面白かったのでAAにしたわけです。
(というか紅白は、自分の中での時事ネタを投稿する)



で、出来自体は明らかに手抜きAAです。
(というか他がレベル高すぎるんだよ)

自分の中でも、去年とか一昨年の方が気合が入ってた。

実際このAAはステップ1,400ぐらいの時点でほぼ完成してる。
(それでも、それ以降は自分にしては珍しく結構修正とかをしているので
 そこまで手抜きという訳でもない。 だが・・・)



まぁ自分は元絵がスッキリとしているモノはスッキリとしか
作れないので、どうやったって元絵チョイスが全てなのです。

逆に「あの元絵をよくぞここまで」という感じの方がおられますね。
誠に凄いことです。

[ 2011/12/30 20:43 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

コテ当てという名の殺し合い

コテ当て競作イベントなる、楽しい楽しいイベントに参加してきましたとさ。


自分は諸事情により名乗り出はしません。

このブログ上で、自分が作ったのはコレ↓だということだけを表明しておきます。
(まぁ殆どの人が当ててくれてて、それはとても有り難いのだが)

       ∧  ∧  ∧  ∧  ∧  /            ,. -──‐ ´ ̄ ̄ `丶.                            ∧  ∧
     ,//∧/  ∨//∨  ∨//∨          /    // .        \\                         /  ∨/∧
     /∨/∧  ∧ ..   ∧///         /  . : . : :/ . : : : .        \\                      ∧  ∧///
      ∨   .. ●¨  /  ∨        , :′ / . : : / .:   l  i :.       : . :.                    /  ∨  ∨
        /.. ●¨∧  ∧  /     // :  / . : / : ′l;  l .:l :l  ;. _n_n_ ',                  ∧  ∧  ∧
   ../ ●¨  ∨//∨  ∨        / ; ;' . : / .:  l :|l  l .:l :| . :i |「x_x||  l:                ///∨  ∨/∧
   ●¨ / ∧  ∧//∧  /        ′.:l .:| : : |: :| .:|: :八  | .:| :l : :l └r‐r┘: :l                ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨  ∨         l八人:|:l:. :l‐==ヘ  \ ̄ 二..‐-| .: |l : .:l .:l              /  ∨  ∨  ∨
       ∧  ∧  ∧  /            /八 ,彳厂ハ      ´厂≧、| .: |l ; .:l .;ヽ             ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/  ∨//∨              //! .;┏‐|乂リ┰‐ ┏─「乂リ :八,' .::|: :l: . \         /  ∨//∨  ∨/∧
     /∨/∧  ∧///            // l:./l━━┛, ┗━━━┛,:' :/; : :|: :l: :卜. `¨¨´    ∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨ /⌒ヽ,/⌒ヽ   :. ; l/ ; 八              / .:// : :l:: : :丿         /  ∨  ∨  ∨  ∨
       ∧  ∧  / l /⌒ヽ '⌒ヽ l  ヽ乂 .::| : l:\   ヾ、 ノ   /:// . ::;' .:/         ∧  ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/  ∨   ; ,       ノ /    `l  ::l : |: :/.:> 、   ,_∠二、 /. : :人〈.          ///∨  ∨//∨  ∨/∧
     /∨/∧  /   \\  //     l;.  l :.乂l/'⌒∨  广厂 ̄「/. :∠二≧:.      ∧//∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨      ヽ V /        八. l人   __∠ー┴─/∠二//⌒ヽ.   /  ∨  ∨  ∨  ∨  ∨
      ∧  ∧ , - 、                \l   /二二.厂   /∠二///     :. ∧  ∧  ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/ Yヽ\\r‐ 、                 _∠二二ニ/__/∠二// /     V  ∨//∨  ∨//∨  ∨/∧
    /∨/∧ 〈,\\ ,>ー- \            八人二二厂/∠二//   /         ':, ∧//∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨\`∠ _      :.           /  \\ニ/∠ ニ> ´ ´ \ ′         ∨  ∨  ∨  ∨  ∨  ∨
      ∧  ∧ /\         '          / / ̄ ̄厂厂 ̄`ヽ、     l            ',  ∧  ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/  ∨/∧`> 、   '         //. : : : ⌒L.ノ⌒: : : : . \   │   , ____∨//∨  ∨//∨  ∨/∧
    /∨/∧  ∧//∧  八    ':.     \: : : ://厂|ヽ: : : : : : 厂  ∧  / ____ ∧//∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨  ∨/∧     :.   </⌒人/. ://  |: : \: : ノ   /  V /l    ∨  ∨  ∨  ∨  ∨ ..
      ∧  ∧  ∧  ∧  ∧     ヽ  /   /. : ://   |: : : . ∨     /   ∧〈_';     '   ∧  ∧  ∧ ../●¨
     ,//∧/  ∨//∨  ∨/∧     ∨    /: : ://   l: : : : . ヽ   / /  ∨/∧     ∨//∨  ∨..,●¨∨/∧
    /∨/∧  ∧//∧  ∧//∧     ';   `V/   l: : :/ ̄   〉 〈    ∧//∧     ∨// .. ●¨∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨  ∨  ∨  ':,       /  〃     l;/       /l  \ /  ∨ ∧    ∨/●¨  ∨  ∨  ∨



このAA自体に対して語ることは殆どないですね。

背景は、本当はそんなに凝りたくなかった。
せいぜい / / 状のタイルを敷き詰めればいいと思ってた。

結果的に 〈 / 状になってしまったのはなぜかというと、
元絵の右手の角度鬼畜すぎたからですね。
捏造せずにこの角度の腕をこなすためにはスラッシュトーンは必須だと思われました。
でも腕毛を生やすワケにもいかんし。

だからこんなんになりましたとさ。


あとメガネに太線使うのはどう見ても失敗だけど、
それでも他の人と差別化したかった。

足あとを
..
●: 
 じゃなくて

..
●¨ 
 にしたのも、そう。 

こういう競作イベでは先にやった人がいつだって有利ですね。

以上。



続きは深淵を覗き込みたい人はどうぞ。

[ 2011/11/15 18:45 ] アスキーアート | TB(0) | CM(2)

アルカの髪の毛について

アルかの能力について思ったことでも書きます。
その前に、久しぶりに作ったAAについて

      ▅██████████▀▀
    ▆███████████
   ████████████▌
  ████████▊████ ▂▃▃▅▅▅▆▆▆▆▆
 ▐████.██▊█ ████◤▋██▉ ▊█. ▌███▎
 ▐███▊██▌█ ████.▐▐.██ ▋█ ▐ ███▌
  ████.██▌█ ████!▐▐.██ ▌█▂▋▅██▋
  ███▊██▋█ ████▂▌▌██▀ █ ▋███▌
 ▐███!██▋█▐███▍▐▐! ██ ▍█ ▌███▎
 ▐██▊██◤ ▀◥████ ▍▋▐█▋▎█ ▌███
  ███.██▍◤ ◥ ███▀▂▃▃▂
  ██▊█▀▀◣▂◢▀█▌▅▇▀▀▀▀◥◣◥◣
 ▐██.█    █ █▍▼  ▅██▅ ◥◣
 ▐█▊█    █▍ █  ▍ █████ ▋
  ██.█▌   █▊▍▉  ▌ █████ ▌
  █▊██  ◢█▋▌ ▊ ▐▃ ▀██▀  ◤
 ▐█.█▊▊  █▍▊ ▋  ▀◥▅▅▅◤
 ▐▊█▉ █▇▅█ ▋▌ ▌
  █.▉█ ██▉█▐▍▊  ▍
  ▆▉█ ██▉█◤▀◥▉
 ▐█.█ ██▊▉ ◣ ◢ █◣       ▂
 ▐▊█ ██▊█◣ ▂◢█▍▅▃      ◥◣▃▂▂▂
  █.█ ██▋██ █ █▌█▋▀▆▃    ◥▅▃▂▂
  ▊█ ██▋██▐█▐▋██  ▃▂▐◥◣
 ▐.█ ██▌██ ██ ▀▀█▌   ▀◥◣ ◥◣
  ▆▊██▍██▌██   █▌     ◥◣ ▀▇▆▅
  █▀▀ ◢███ ██   █▌
           █▉  ▐█◣▂
  ◣        █▌   █▋  ◥◣
  ▍        ◢▀▀◣  █▊    ◥◣▃▂▂▂
  ▐◣      ▍◢ ◣ ▍  █▉
    ▊       ◥▃▃◤   ██



このAAを作る過程で、
久しぶりにユニコードAAに於いて新しい技術を思いついたのです。


前提

MS UI Gothic 9ptsと
MS Pゴシック 9ptsと
MS Pゴシック 12ptsで、同時にズレないAA
を作ること。

そして自分は、ユニコAAを作る際でも
空白系ユニコ記号は使用しません。

例えば、8ドット消費の空白系記号「&ensp;」等を使えば
修正ドットを使わなくていいし、傾斜発生も楽になるのですが、
自分はそういうことはしないということです。

あくまで使うのは全角スペースと半角スペースのみです。



かつてユニコードAAではドット絵のような表現しかできないとされていました。

 ▓█
 ▓▓█
 ▓▓▓█


使える記号がほぼ11ドット系ブロック系の記号に限られ
それと11ドットの全角スペースを組み合わせただけの
単純なモノクロドット絵のようなものしかありませんでした。


そこに半角スペースを導入しただけでも表現の幅は増えたのです。

 ▓█
  ▓▓█
  ▓▓▓█


更に8ドット系の ◢ ◣ ◤ ◥ も取り入れることで
3ドット系の傾斜領域に入り込むことも可能になり、
┃▎▍▌▋▊▉█
もともとブロック系ユニコードが太さを自由に変えられることも相まって、
一度傾斜を発生させてしまえば、ユニコードAAに於いては
あらゆる黒髪ロング系の表現が出来ると思われていました。


でも、それにしたって制限はあるのです。

左に何も置かないところから始める場合、
左側が真っ暗なところから始める場合、
結局傾斜づくりは、せいぜい5ドットずつに限られるのです。


こういう場合は
「&#9612」の反転モードの
「&#9616」を使います。

 _ ▓█
  ▓█
 _ ▓▓█
  ▓▓█
 _ ▓▓▓█
  ▓▓▓█
 _ ▓▓▓▓█
  ▓▓▓▓█

(赤いのが「&#9616」 _ が半角スペースに当たります)

結局このようにして、
9pts上において4ピクセルのズレ直し領域に入り込んで傾斜を作り出し
そこから誤魔化しながら書いていくしかなかったのです。
この「4ピクセル」というのが最小限の傾斜発生単位だったのです。


で、本題。

今回のアルカの髪の毛を見れば分かりますが
左側に何も置かずに真っ暗なところから、
2ピクセルの傾斜を発生させて髪の毛を描いています。


今までそんなことは出来なかったはず。
これは一体どうやったのか、という話。


説明するのが面倒になって来たので
図示するとこういうことです↓

 _ ▓
 _ ▓█.█
  
  ▓█.█
 _ ▓▓
 _ ▓▓█.█
  ▓▓
  ▓▓█.█
 _ ▓▓▓
 _ ▓▓▓█.█
  ▓▓▓
  ▓▓▓█.█

(赤いのが「&#9616」 _ が半角スペースに当たります)
(水色なのが「&#9610」に当たります)


このような4行を1セットとした構造になっています。
「&#9616」を2行ごとに、使ったり使わなかったりしていますね。

一番ミソなのは、
「&#9608」 に対して右側が2ピクセル削れている記号の
「&#9610」 を使うポイントですね。

こいつが使われている場所に注目してください。
そしてその下の行では、「&#9608」の右側に修正ドットを置いています。
(これは苦肉の策でもあり、偶奇を分割するような重要な役目も果たしている)


単純に言ってしまえば2進数みたいなもんです。

赤い&#9616の部分が、2桁ビット目の1、
ドットを置いてる部分が、1桁目の1だと思って
このAAを見てみてください、

00
01
10
11
00
01
10
11

このようにして進んでいることが分かります。
要はそういうことなのです。

そうやって、9pts上の2ピクセルのズレ直し領域に入っているのです。


結局こういうのは思いつくか思いつかねーかだけなのですが、
今回はアルかのお陰で思いつきました、という話です。


調べてみると、昔一瞬だけ気付きかけていたらしい。


 ▐█▉▓▓▓▌▓▓▓▓▓▓▍ ▊▓▓▓▓▓▓▓▓█▋▓█▊ █▓▉▓▓▓▓▌ ▓▓▓█▓
  ██.▓▓▓▋▓▓▓▓▓▓▌ ▋ ▓▓▓▓▓▓▓▓█▎▓█▍█▓▊▓▓▓▓▋ ▓▓▓█▓▓
  █▌ ▂▂▃▃▅▅▅▅▋ ▌▆▆▅▅▅▃▃▂▓▉ ▓█ █▓▋▓▓▓▓▊ ▓▓▓█▓▓▎
  █. ▓▓▓▉▓▓▓▓▂▃▃▃▃▂▓▓▓▓▓▓▌ ▓▋█▓▌▂▃▃▂▉ ▓▓▓█▓▓▌
  ▊ ▅▆▇█  ▂▂▂▂▂▃▃▃▃▂          █▓▍▓▓▓▓█▇▅▃▓█▓▓▊
  ▋ ▓▓▓▎ ▃▆▀██████▀█◣▂       ◢◤▂▃▃▃▂▀▀█▓▓▓▓█▓▓█
  ▊ ▓▓▓▍ ◢█▓████▓▋ ▀◣       ◢◤          ▀▓▓▓█▓▓█▎
  ▉ ▓▓▓▌  ▓███▓▌             ◢▆▆▇▇█▇▅▃  █████▀▀
  █. ▓▓▓▌    ▀▀▀▀◥◤            ▐▓███▓▀█◣ █▓▓█▓▉
  █▎▓▓▓▋                    ▓███▓◤ ▼█▓▓█▓▓▋
 ▐█. ▓▓▓▊                      ▀▀▀◥◤   █████▀▀
  █▊ ▓▓▓▉                           █▓▓▉▓▎
  ██. ▓▓▓█.                ◢◤         █▓▓▊▓▍
  ██▎▓▓▓█▏                         █▓▓▊▓▌
 ▐██. ▓▓▓█▎          ▂▃▃▂           █▓▓▋▓▋
  ██▊ ▓▓▓█▍                       █▓▓▌▓▊
  ███. ▓▓▓█▌◥◣                   ▃▆██▓▓▍▓▉
  ███▎▓▓▓█▋  ◥◣              ▂▅█████▓▓▎▓█


(例えば↑こういうのが、かつての技術で作られたベルンカステル卿
(このベルンカステル様の髪の毛の左端をドラッグしてみると色々見えてくる)

(でもこのやり方ではまだまだで、いきなり細い線とかは置けません)
(そのかわり半スペを置いて髪の毛のハイライトっぽくして誤魔化しているらしい)


[ 2011/11/08 18:46 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

しぼむメンガーのスポンジ

なんぞ縮小スレで
メンガーのスポンジ20行に縮小しやがれ」という依頼があったので
おもむろにやってみた。

                  __..__..__..__..__..__..__..__..__
                ./  __        __        __    /l
              /  ∠l_./'      .∠l_./'      .∠l_./  /  .l
            ./'                    _.            /    l
          /  __    /l ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄./  __    /  /l  l
        ./  ∠l_./  /  .l    __../  ∠l_./  /    l_l  l
      /'          .∠.__.l__.l_l/'          ./'      l/  .l
    ./  __        __        __    /  /l        .l
  /  ∠l_./'      .∠l_./'      .∠l_./  /    l_l        .l
./'                                  ./'      l/'        .l
l ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄.l  ./l      ./l  ./l  l
l    __        __        __.    l  l_l    /  .l  l_l  l
l    .l  l∠l        .l  l∠l        .l  l∠l    .l  l/  ∠l    .l  l/  .l
l    .l/  .l        .l/  .l        .l/  .l    .l      l  l    .l      l
l     ̄ ̄         ̄ ̄         ̄ ̄.    l      l ̄    l      l
l            __..__..__            .l      l__.._l      l
l            .l  ./l  l    /l            .l  ./l  l    /  /l  l
l    __.    l  l_l  l  ./  .l    __.    l  l_l  l  ./    l_l  l
l    .l  l∠l    .l  l/  .l∠.__.l    .l  l∠l    .l  l/  .l/'      l/  .l
l    .l/  .l    .l    /  __.l    .l/  .l    .l        /l      ./
l     ̄ ̄.    l  ./  ∠l_./l     ̄ ̄.    l        .l_l    /
l            .l/'          l            .l        .l/  /
l             ̄ ̄.. ̄ ̄.. ̄ ̄            .l  ./l      ./
l    __        __        __.    l  l_l    /
l    .l  l∠l        .l  l∠l        .l  l∠l    .l  l/  /
l    .l/  .l        .l/  .l        .l/  .l    .l    /
l     ̄ ̄         ̄ ̄         ̄ ̄.    l  ./
l__..__..__..__..__..__..__..__..__.l/


↑これがこうなる↓

                   _________________
                ./  __       __       __      /|
              /  ∠L/    ∠L/    ∠L/   /  .|
            ./  __     /厂 ̄ ̄/  __      /    |
          /  ∠L/  ∠_|_ /  ∠L/   /   /| |
        ./  __       __       __      /     .L.. | |
      /  ∠L/    ∠L/    ∠L/   /  /|  |/ │
    ./                               /     |_|,    │
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /|  |/   /| |
    |   ___       ___     ___  | L.. |   /| L.. | |
    |   |  厂|      |  厂|     |  ノ |   | |/  /  | |/  |
    |   |/ ̄|      |/ ̄|     |/ ̄」   |     l__|,    |
    |    ̄ ̄´       ̄ ̄´       ̄ ̄   |  /| |   / /| |
    |   ___,  | ̄ ̄ ̄厂 ̄|   ___   | |_| l,/   |_| |
    |   |  厂|  |    / ̄ ̄|   |  ノ |   | |/   /|  |/  |
    |   |/ ̄|  |  /  ∠二|   |/ ̄」   |       |_|    ./
    |    ̄ ̄´  |∠____|    ̄ ̄    |  /|  |/   /
    |   ___       ___     ___  │ |_|    /
    |   |  厂|      |  厂|     |  ノ |   | |,/   /
    |   |/ ̄|      |/ ̄|     |/ ̄」   |     /
    |    ̄ ̄´       ̄ ̄´       ̄ ̄   |  ./
    |________________|/


コレに関しては、作成過程がワリと面白いことになりました。


これでもまだ22行だし、
9ptsで発生するズレを結局解消できなかった。
(もちろんやろうと思えばズレ直しはいくらでも出来るんだけど
 できるだけ綺麗にスマートに、となるとこれくらいが限界になる)



この「メンガーのスポンジAA」がどう厄介なのか。

・幾何学的なモノ
・単純だからこそごまかしが効かない
・使える記号がほぼ絞られる
 (殆ど縦線系と16ドット系記号しか使えない)
・縦線を完璧に揃えなくてはならない
・さらに、斜め線も揃えなくてはならない
・修正ドットもトーンでごまかせないので極力まで抑えなければならない

・・・等々

AA化において、こういうメンドクサイ要素の塊のような奴が、
この斜投影図なワケですね。
(ナメてる人は一度、斜投影図のAAを実際に作ってみるといい)

そしてそんなメンガーのスポンジを
「出来る限り小さく作れ」というミッションなのです。


自分の場合はさらに、
12ptsと9pts上で同時にズレ直ししながら作るワケだけど、
そういう作業こそが、最も難しく、最も楽しいと、自分は思っているのです。
(12ptsだけでズレ直しするなら、この条件だって別にどうということはない)


だからまぁ
本当は9pts上での作成過程と通常の作成過程を同時に見てくれれば
色々分かるとは思う。
( 何を基準に縦線を揃えているのか )
(|と|の使い分けとか、Lを使うタイミングとかね )


でも結局、自分のAAのどこに一番力が入ってかなんて
理解できる人は、この世に一人くらいしかいないんですけどね。

だからこそ、このブログでも
もういちいち自分のAAに関して
9ptsと12ptsの同時ズレ直しがどうのこうの~とか言わなくなったけど、
やはり一番注力しているポイントはそこなのですよ。


まぁその上で、
メンガーのスポンジとしての
情報を保ったままこれ以上の縮小はムリかなーと
思ってたけど、

ちょっと首を30度傾ければ、まだいけることに気がついた。

         ▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁
        ╱╲  ▁▁    ▁▁    ▁▁ ╲
       ╱  ╲ ╲╱╲   ╲╱╲   ╲╱╲ ╲
      ╱ ╱╲ ╲ ▔▔   ▁▔▔▁▁▁ ▔▔  ╲
     ╱  ╲╱  ╲  ▁▁ ╲▁▁  ╱╲  ▁▁ ╲
    ╱        ╲ ╲╱╲ ╲╱ ╱  ╲ ╲╱╲ ╲
   ╱ ╱╲    ╱╲ ╲ ▔▔  ╲╱ ╱╲ ╲ ▔▔  ╲
  ╱  ╲╱ ╱╲ ╲╱  ╲  ▁▁ ▔▔▔▁▁▔   ▁▁ ╲
 ╱     ╱ ╱╲     ╲ ╲╱╲   ╲╱╲   ╲╱╲ ╲
╱ ╱╲  ╱▁▁▔▔╲  ╱╲ ╲▁▔▔▁▁▁▁▔▔▁▁▁▁▔▔▁▁╲
╲ ╲╱  ╲  ▁▁╱  ╲╱ ╱ ▁▁    ▁▁    ▁▁  ╱
 ╲     ╲ ╲╱     ╱ ╱╲╱   ╱╲╱   ╱╲╱ ╱
  ╲  ╱╲ ╲╱ ╱╲  ╱  ▔▔ ▁▁▁▔▔▁   ▔▔ ╱
   ╲ ╲╱    ╲╱ ╱ ▁▁  ╱╲ ╲╱ ╱ ▁▁  ╱
    ╲        ╱ ╱╲╱ ╱╲ ╲  ╱ ╱╲╱ ╱
     ╲  ╱╲  ╱  ▔▔ ╱▔▔  ╲╱  ▔▔ ╱
      ╲ ╲╱ ╱ ▁▁   ▔▁▁▔▔▔ ▁▁  ╱
       ╲  ╱ ╱╲╱   ╱╲╱   ╱╲╱ ╱
        ╲╱  ▔▔    ▔▔    ▔▔ ╱
         ▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔▔

これで20行ジャスト縮小。
やはり「ユニコ最強」という結論に落ち着き、終わる。




ちなみにこの一番上の元AAは、これはこれで何気に凄いモノなのですよ。

これは立方体Makerというソフトで自動生成されたAAなのです。


漠然とAAを作ってる人なら、このAAを見て
「修正ドットや'の並び方が汚い」などと感じるかも知れませんが、
自分はここに「機械の美学」のようなモノを感じます。


例えば「/」に注目するだけでも分かります。
迷いなき最低限の動きで、斜め線が18~19ドットずつ並ぶように
プログラムされていることがおわかりいただけたでしょうか。



結局、このAAはこのAAで、完成されたひとつの形なのですよ。

よく見てみれば、本来このAAが、メンガーのスポンジとして
最低限で最大限の大きさで作られていると分かると思います。

だからこそ、このAAの縮小依頼が出ているのを見たとき、
自分は速攻で飛びついたわけですね。


一つの「機械VS人間」の結果だと思います。

[ 2011/07/10 12:08 ] アスキーアート | TB(0) | CM(2)
月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -