ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系

アニゴジについて

 
アニゴジのデザインについて

まぁ何か書く。

こんなことは「思考ログ」の中にでも詰め込んでおくべき、
毎日山ほど考えてることの100分の1くらいの事柄なんだが、

やはり話題が「ゴジラ」だけに、一応これだけで何か一個 記事を書いておこう。


まぁアニゴジのデザインがお披露目されたわけですよ。


↓コレである。
虚淵ゴジラ

コレ一枚だけのことについて、延々と語らせてもらう。



まぁ自分の第一印象は、「落胆」ですね。 がっかりです。

てか、ギャレゴジやん!です。 まんまやんけ。


↓こんなのを発作的に作ってしまうくらい、似てると思いました。

アニメのゴジラ


でもこういうことを言うと、結構な人が
「いや、そこまでまんまじゃないじゃん」
「いや、そこまでは似てないじゃん」
とか言ってたりするのだが、

自分はこれも分からない。

いや、マンマはマンマでしょ。


これがギャレゴジまんまでないと感じる人は、
むしろギャレゴジのシルエットというものを、「360度感覚」で捉えられてないのではないだろうか?

ギャレゴジポスター
正面のギャレゴジしか覚えてない、
ポスターのギャレゴジの顔しか覚えてない、みたいな画像認識しかなく、
ギャレゴジを「斜め後方」から捉えると、思いっきり↓こういう見た目になるということを、
ギャレゴジ
網膜、っつーか「脳内3Dモデル」の中に焼き付けられてないからこそ、
アニゴジがギャレゴジそっくしだということを認められないのではないだろうか?


いやこれは本当にソックリです。


・・・
だいたいこういうのはよくある。

ある人が
「AはBと似ている」
というと、それに対して
「いや、別に似てない」
「いや、その例えはおかしい」

みたいなことを言ってくる人がいるが、

もう、そういう反応自体がおかしくないか?とか思うのだ。


ある人は、AとBの「類似点」に注目し「似ている」と言った。

それに対して別の人が割り込んで、AとBの「異なる点」に注目して「似てない」と否定して、一体何になるのか。
 (これはもう後から割り込む側の人が配慮すべき問題である)



カラスと机は似ている。
・・・似てるっつったら似てるんだよ、似てると思った人にとっては。


・・・でまぁそんな話もどうでも良くなるくらい、アニゴジは「素」で、ギャレゴジに似てると思う。
だから自分は落胆した。



アニメでゴジラをやる。

新展開のゴジラをやる。


・・・
そう聞いたら、色々気になるだろう。


手書きでやるのか?
CGでやるのか?
CGだとしたら、どんな質感か? トゥーンか? どんなだ?
 (ポリゴン・ピクチュアズってことはCGなんだろうが)
・・・
「アニメ映え」する新デザインのゴジラは、一体どんなものか?


「おぉ!?」っと思うモノを期待するじゃないか。


・・・
そこで出てくるのが、既存のゴジラにソックリってのはどうなのよ。
いかんでしょ。


 (「ゴジラなんかいまさらどんなデザインを出してこようが既存のどれかに似てくるだろ」とか言う人もいるだろうが、)
 (そんなことあるかぁぁあ???) (それはあまりにも「デザイン」というモノに対して・・・ もういいや)


大体、「ギャレゴジからシンゴジラ」という流れのことを考えても、これは無い。


ギャレゴジが、世界中で大ヒットした。

まぁそれは目出度い。 目出度いが、
下手すりゃ、「ゴジラ」といったら「ギャレゴジ」を指すくらい、
世界中でのゴジラ観・認識が塗りつぶされてしまうかもしれない。

ギャレゴジを自分も褒めたけど、その点は「寂しかった」わけです。


でも、そこんところで、「シンゴジラ」が、
アメリカのゴジラに対して、「日本のゴジラかくあるべし!」というのを
デザイン的にも、内容的にも、バシッと示してくれた訳ですよ。
(筋肉なんかシミュレートしてんじゃねーぞ!と)
(着ぐるみ感を持たせつつ能をモーキャプして歩かせてんだぞ!・・・などなど)


そここそがありがたかったワケですよ。


で、今度はアニゴジのデザインもまた、
「日本のアニメゴジラかくあるべし」というものを示してくれるかと思ったら、
ギャレゴジそっくりのデザインって、
そりゃないでしょ。



例えアニゴジのデザインが
シンゴジラ、または日本のいずれかの既存のゴジラにそっくりのデザインだったとしても
「1」落胆だったろうに、
これには二重の意味でガッカリしましたよ。


(だからもう、「今度のゴジラは120メートル超えで史上最大です!」みたいなインフレ合戦も、どうでもよくなってくる)


じゃあ次の段階

ここまで似てると、
ここまで勝手にガッカリすると、
むしろ、「逆」のことを考え出すようになる。



つまりこれは、「何らかの意図」があって、こうしてるんじゃないか、と。



相手は虚淵である。 何も考えてないハズがなかろうよ、と。
これはトラップなんじゃないかと。
「待てあわてるなこれは虚淵の罠だ」


大体、
今度のゴジラも、シン・ゴジラ同様、「進化するゴジラ」であることが、最初から提示されている。
(てか思いっきりポスターにも書いとる!)


今お出しされているこのシルエットだけで判断してしまうのは、早計ではないか。


おおそうじゃ。


きっと、このゴジラ、
一旦はギャレゴジそっくりの見た目で落胆させておいて、
そこから全く別のデザインに進化して、驚かせてくれるんじゃないか?
とか

・・・
そういうことを妄想したりはする。


もしくはまた別の視点。

これはもう、裏で何らかの圧力がかかり、
アニゴジのデザインはギャレゴジそっくりにしろという指示が出てただけのこと。 (レジェンダリー基準にしろと)
だったらしょうがないんじゃない?みたいな勝手な想像と諦めだ。 大人の事情 おつらい

そういうことも考えておく。


・・・てか大体
「こーいうこと」は今までも、何度も何度も、他の映画でもあったはずだ。


最近だとなんだろ?


何故か自分的には、「ロボコップのリメイク」のことが思い出される。


ロボコップの映画の新しいのを作ります。

デザインが発表されました!

ででーん


ロボコップの新作


ファンの声。
「なんじゃこりゃ!? (怒)」
「今風に仕上げようとして、むしろダサくなってる (悲)」
「ロボコップといえば銀色メタリックだろうが!やりなおし」



もう最初のデザインお披露目の時点で、ファンは怒ってただろう。


・・・
だがその時も、裏で自分はこういうことを考えていた。



このデザイン「外し」は、実は意図したモノだったりはしないだろうか?


例えば、もしも↓「こんな展開」だったらどうだろう?


・新ロボコップ、最初はこの通り、黒いカラーリングで出てきます。 活躍します。

・でも、ものすご強い敵が出てきて、コテンパンにやられて、壊れちゃいます。

・一旦外殻がボロクソになるくらい、滅茶苦茶にやられます。

・そこんとこで、なんとか修理して、強化して、カラーリングもやりなおして、
銀色の処理を施された「シルバー・真・ロボコップ」になって、その強敵にリベンジする展開とかになったら、どうだろうか?

・・・
とたんに「アリ」になるじゃろう。


ファンも大喜びで、結果、全部の展開が許せるようになるだろう。


・・・
そこまでのことを、
デザイナーは、脚本家は、全て見越した上で、
敢えて最初はああいう「全然違うデザイン」のものを「お披露目」しているのではないか?


ファンを怒らすような真っ黒のデザインは、「フリ」だったワケだ。


・・・
自分はそういうことを勝手に妄想していたのです。


(そして結局自分はロボコップの新映画を観てないので、この予測が正しかったかどうかすら確かめてないという)


なんでこういうことをよく考えるのかというと、
やっぱ色んなことがあったからだね。


だいたいDmCのときもそうだよ。

デビルメイクライの新作はカプコンじゃなくて海外で開発します。
はぁ?

完全新作です。
はぁ?

ダンテのデザインがこれです。

デビルメイクライ


・・・・

なんじゃこりゃああああ

ダンテといったら「銀髪」だろうがああああ!

それがダンテのトレードマークだろうがあああ!!!

名倉云々以前に、なんで「黒髪」なんだよ、この新ダンテのデザインはあああ!!!!



みんな怒っただろう。


・・・
でも、実はこれ、
デビルトリガーを発動させた時だけ銀髪化する、という
まぁ、割りかしDMCリスペクトな演出だったことが分かるわけです。

デビルトリガーを



で、結果DmC自体はアクションの質も高く、ゲーム自体の評価はアリということになったのですよ。



not a million years ありえない
(でもまぁ↑こういうこと言わせるから、ファンは根に持つんだけどね)
("not a million years"は、絶対ないわ~みたいな意味)


・・・まぁそういう例が、今まで山ほどあっただろう。


デザイナーは、『敢えて』、「外したデザイン」を見せてきて、ファンを一時的に混乱させることがある。
それも「戦略」だと思っているワケだ。



だから、このアニゴジのデザインにしたって、
「どうみてもギャレゴジまんまじゃねーか!」
「日本産のゴジラで!なんでオリジナリティ出せないんだ!」
という落胆も、なんらかの戦略である可能性が・・・・?
とか、考えたいんだけどね。


でもやっぱ、既存のゴジラ、(それも海外のゴジラ)
にソックリのデザインをイキナリお出ししてくるというのは
どう考えても悪手だったとも思うんだけどなぁ。



大体、
日本人なら (なんとか肯定的に捉えるために) これくらい捻くれ曲がって、穿った見方で考えたりもするだろうけど、

海外はどうよ。


海外のゴジラファンは絶対、「素」で、呆れてるよ。


OH ~ it looks like 2014 GOJI ~
とか言ってるよ、絶対。多分。


これがもう本当に、どう取り繕うことも出来ないほど、恥ずかしいと思う。
どうなんですかこれは。 それでもこれは「妙手」なんですか。


・・・
・・・
・・・
以上。
大体以上のことが、自分がアニゴジのポスターみた時に、頭を駆け巡った感想です。



一応、なんとか肯定的に考えようとしたところはあるけど、
基本は「否」ですよね。



シンゴジラを庵野監督と樋口監督がやるって、2015年のエイプリルフールに発表されたとき、
みんな割りと「否」でしたよね。
自分は全力で期待してましたけど。


で、みんな掌返しましたよね。 
 (いやまぁそれはいいんだ)


じゃあなんだ?
そのことを学習して、
今度のアニゴジは、デザインでいきなりケチがつきはじめてるけど、
今度は最初から「否」で捉えたりせずに、掌を返すこととのないようにしようとでもいうのか?



いや、自分はこのことに関しては、普通に、
今回書いたことがまんまの第一印象です。


「否」というか、
まぁ、このデザインから大幅な進化とかでもしない限り、この評価がひっくり返ることはないだろうなぁ、という考えです。


「進化しなきゃならない」ってことは、
どのみち、「ギャレゴジまんまのデザインは『無い』」ということです。
 (言っとくけど、ギャレゴジ自体が嫌いなんじゃないからね) 
 (日本製のゴジラアニメなのに、アメリカのゴジラに追従したようなデザインなのがとにかく嫌なんだ)
  (ギャレゴジも好きだよ 一方シンゴジラは超好きすぎる、そんだけだ)


・・・
大体そういうことを言っておきます。


でもこれはこれで面白いじゃん。

後から、
「お前アニゴジに対して、最初のデザイン見ただけで、あんなこと言ってたよな~w」とかなるのも、いいだろう。

(そうやって笑い話にできるようになるということは、良い未来が訪れたということだ)
(笑い話にもできないような「お通夜状態」というのが1番良くない)

(こんなことを言いつつ、岡田斗司夫がシンゴジラに対して掌返したことを、ずーっと覚えている)

虚淵ゴジラ レジェゴジ

[ 2017/06/14 10:19 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(1)

自分が好きな話とはどういう話か、という話

 
ほんとうに寝言注意!


結局寝言みたいなグダグダしか書けない。
(そんで自分の文章の文体もどんどんテキトーになっていくけど、これ、どこまでいくんだろうね)


ある、3回に分けて話そうとか思った話の内の1つ。



普段コメ要らないとか言いながら、
ある種のコメントには結局、物凄い答えてしまいたくなることがある。
 (そう思いながらも)
 (前に上手く答えられなかったコメントについてなのだが、)

「どういう本が好きなのですか?」みたいな質問があった。


自分は本を全然読まない奴なので、
その場では多分上手く答えられなかったけど、
考えようによっては、この話題は延々と語れるはずなのだ。


(勿論、「この類の質問に答えたくなっちゃう欲求」というのは、
 100の質問 ザ・インタビューズ ask.fm Miitomo・・・というような、
 世間で流行ったクソサービスの遍歴を見てても分かるように、実は「安易なリクエスト欲求」に過ぎなくて、
 そんなもんは「質問ポルノ」「インタビューポルノ」とでもいうような、しょうもない話でもあるのだがー)


それでもやはり、「どんな本が好きなのですか?」という質問にちゃんと答えられるかどうか、というのは
自分の問題として相当のモンだと思う。


よってちょっと考えてみたのでした。


 (そしてこういう話が、次と次の話に繋がることになる) 


[ 2017/05/06 22:54 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(4)

(今更)シン・ゴジラ二回目以降の感想文

 
なんで自分はああいうタイミングでああいうクソみたいな文章を書いてしまうんだろうなぁ。

愛想つかされる、というよりは、もっと正確には
「知らん人から勝手に呆れられる」ということになってるとしか思えない。
なんでやるんだ。 何か作ったら無言で貼れば良いんだ。


ところで自分が今やるべきことの最優先はこれ。

シンゴジラの感想文、二回目とか書いてみる。

おせーよと。
書いてくれと言われてたのに
ずーっと放置してました。 放置してる案件多すぎ。

シンゴジラのBDが出て後になってから二回目の感想文とか出してきても意味がなさ過ぎるので、
もうギリギリのタイミングだが、これを済ませておかないとならなかったのだ。


ところでこのメモ帳の作成日時を見てみたら、「2016年の9月」になってた。
まあそうだ。自分は二回目、9月のファーストデーに行ったから。

つまり、メモに書きなぐっておいてから、そのあとずーっと、半年放置してたんですねこの文章。


なんで、書いてくれってリクエスト貰ってることをすぐにやれないのかというと、
それはもう、自分が自分の文章嫌いだからとしか言えない。 
(自分は自分のブログも嫌い) (大体この文章だって超テキトーな書きなぐりだし)

自己嫌悪しか無いから中々更新なんて出来ない。

なんというか、自分の精神の中に「何か」が溜まらないと、 (多分、自己肯定感?のようなもの)
クソメモ帳を編集して貼る、という行為は、なかなか出来ないんだよ。


[ 2017/03/20 10:22 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)

トニオさんVS吉良吉影

 
ジョジョ4部のアニメが終わっちまったので
前からなんかしたかったこの話を、やっとする。


吉良吉影 VS トニオさんという架空のカードについて、ただひたすら妄想するだけの話である。


原作では吉良吉影は、殆ど勝ってたようなもんですよね。

あの3回目のループのときに早人が超絶ファインプレーをしなければ、
主人公チームの主力メンバーは全員爆破されて、
まさに第四部完!だった訳です。



まぁ、実際は 早人が 

・仗助に電話する だとか
・キラークイーンの爆弾が一発づつなのを見破る だとか
・億泰にさわって決死の爆弾解除をする だとか


・・・などなどの「天才かよ」としか言いようのないファインプレーを連発したおかげで、
なんか知らんけど最終的に吉良を皆で囲んで棒で叩いて勝てた訳ですが。



だからこそ考えてしまうのだ。
もし、あんな、チートのような早人がいなければ、どうなっていたのかということを。


実際どうなのか?


あのバイツァで 仗助、承太郎、康一くん、億泰、露伴を爆破していたら、
あのあと、杜王町は吉良吉影の思うがままのワケだが、それで本当にバッドエンドなのだろうか?


一応、まだ、「正義側」のスタンド使いは残っている。
一応、由花子と、ジョセフと、トニオさん、
(あとは、宇宙人とか赤ん坊とか・・・? まぁそれくらい)


この、残存勢力で、吉良吉影を倒すことはできるだろうか?


自分は、「出来うる」と思っているのだ。 それも、トニオさん一人で、勝手に解決するのだ。

[ 2016/12/26 15:00 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(-)

( ●━● )

 
「ベイマックス」について突然なんか書く。

( ┯━┯ ) そしてこれはロビタ


ベイマックスは普通に面白かったです。
「普通に」なんていう表現使うのが失礼なくらいには面白かったです。

ディズニー映画みて感想かくことなんて無いだろうと思ってたのに、
まんまとである。 (そういう言い方してる時点でやっぱり失礼なんだか)



この映画の「前半」部分がひたすら興味深かった、という話をします。


一方、後半は割りとマジでどうでもいい。

[ 2016/12/25 10:54 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)

この世界の片隅に感想文

 
「この世界の片隅に」を見てきました。

ので 色々思ったことを書きます。 この映画を受けて 自分が思ったことを テキトーに羅列してるだけです。


まず言っておくと、本当っっっっに掛け値なく、神映画でした。 
(安易な表現でスマンが)
(今年の日本の映画どうした?)
(生涯に残るクラスの神作がボンボコ産まれて、大丈夫か?)

自分が今まで見てきたアニメ映画の中で、生涯ベスト3には確実に入ると思う。
(まぁこれを実際具体的に考えると、ヱヴァ破とかEoEとか
(本当に自分の中で最大瞬間風速抜けるのか?という問題があって、難しいのだが)


とにかく
「うぎゃあああああ!??こうの史代先生の絵がうごいとるううううう!!!!」
「100億万点。」

そんな感じの映画でした。 本当に。


ん?絵が凄いの?動きが凄いの?
いやそれだけじゃない。
喜怒哀楽。
これほど感情を揺さぶられまくる映画もないと思った。



あと空爆が凄い。 音響が凄い。 これだけはもう映画館で観るしかない。 それだけで価値がある。
本当に怖い!
シン・ゴジラのバンカーバスターよりも恐ろしいぞ! どういうことなの



さて、もうこれで終わりでいい。  解散。
日本人なら全人類が見ろと言いたいが、まぁ見たい人だけ見ればいい。
(あ、もし今から見るなら、原作読んでない人は原作読まなくていいです、)
(ネタバレに気をつけて、映画館へゴーです)



あとは全部蛇足。


何が蛇足か。


この映画は「戦争映画」である。

「戦争映画」といってもまぁ色々ある。

好戦的か反戦的か、愛国心をどう入れてるか。 そういうスタンスだけで全く風味が異なる。

終戦映画、敗戦映画とでも言おうか。

まぁそういうモノについて自分が語りだすと碌なことにならない。
こんな素晴らしい映画、自分なんかが語ると汚すだけになるので、何も語るべきではないとすら思う。



本当にロースおじさんの言うとおりだと思う。
この映画について、あれこれ語ってしまうこと自体が、なにか冒涜的なように感じる。


この映画は、本当にただただ、あのリアルに再構築された世界に「浸れば」いいだけのようにも思う。


・・・
でもやっぱ色々書きたくなるから書いてる、そんだけのことなのだ。
 
[ 2016/12/02 18:49 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(8)

シン・ゴジラ感想文

 
なんとか当日中に感想文を無理やり書く。 
まぁ、あとからどんどん追記するかもしれんけど。


シンゴジラ、最高でした。
最高としか言えないだろうと思う。


日本が今ゴジラ映画を作るとしたら、
これ以上というか、
これ以外は考えられないというか、そんなゴジラ映画でした。


なんつったらいいんだろう。
別に自分如きが語る必要のあることなんて何もないし、
「ネタバレ食らう前に全人類が見に行けやコラァア!」だけでいいような気もするけど。


といいつつこれはもう、「見てしまったら何かを語らずにはいられないような作品」。
事前の心配など全て吹き飛ばしてくれました。


というわけでシンゴジラの感想垂れ流しです。 当然 ネタバレ注意!

[ 2016/08/01 23:03 ] 痛感想文系 | TB(1) | CM(16)

ゴジラ不安症



世間一般はポケモンGOで大騒ぎのようですが
自分はゴジラのことばっか考えています。

さて あと2週間で シンゴジラ ですよ。 
(そして、この文章をメモ帳に書きかけて放置してる間にあと一週間になっちまいましたよ)

そしてこれがなんというかまぁ あまり実感がない。


なんでだろうね? CMとか全然見ないから? (変なコラボは色々してるみたいだが 雨戸とか、寝具とか)
この「来そうに無い感」は何なんだろう。


自分の中でも全然心の準備ができている気がしません。
すごい不安な感じ。


予定。
自分は、多分8月1日に見に行くと思う。 (だから2日間のネット断ちを決行する)

封切り日は無理だ。 多分。 夏休みの土曜日とか、無理。

といって、 月曜日とはいえ「映画の日」を選ぶのもリスキーな気もするが まぁなんとかなるだろう。
座れないなんてことはないだろう。
(ちなみに、自分は 怪獣映画って「ちょっと前すぎるくらいの席」を選ぶのが結構いいんじゃないかと思ってたりする)


で、まぁ不安要素は色々ある。

いや
特撮・映像に関しては不安は無い。 多分。 多分大丈夫。


あとはまぁ 怪獣映画で常に問題になるのが「人間パートが退屈か退屈じゃねーか」みたいな話なんだが、
自分的には 「安っぽい演技でさえなけれれば」、退屈なのは全然許容の範囲内、くらいに思ってます。
シリアスばっちこいです。



自分が不安に思っているのは 実は
「見に行った後に 自分が長文を書けるような何かがあるだろうか?」ってことだったりする。

なーんか「昔の自分はよくあんなに長文書けたなぁ~」とか思うことがよくあります。 
エヴァにせよなんにせよ。 

例えば今 シンエヴァが来たとして、 
自分がまた長文の感想文とか書けるかどうか、自分の中でも疑問に思う時があります。


自分の中で、色んなモノに対する 情熱とか、理解力とか・・・つまりはまぁ「ファン度」みたいなモノ 
それのピークを維持するのが、どんどん困難になっているのを感じるのです。 脳が腐ってきている。

このことは 「スターウォーズ」の時にも書きました。
ファン度というのはほうっておくとドンドン下がっていくという話。

そして
自分のなかでスターウォーズ熱を十分高められないことに気づいたので、自分は見るのを諦めたと。


さて、 自分の中でゴジラ熱は 今どうなっているのかね?


シンゴジラを1週間前にして、 なぜか高まっている気があんまりしません。
これが怖いんですね。

それでも、映画見に行くのは100%決まっているとして、
実際映画をみて、 悪くなかったとして、 別に特に語ることがなかったらどうしよう。
そういうことを不安に思ってしまうのですね。
(いや長文書くことを目的化してしまうのはどうなんだということも分かっているのだが)


とにかく
こうやって不安になってくると 人は色んな所でブレてくるのでしょう。
(怪獣映画ファンというのは皆繊細なんだ。多分)


すごい気になること。

http://cinemassacre.com/2016/07/12/godzilla-2014-re-review/
AVGNが新しいゴジラレビューで、なんか「ギャレゴジsage」に入っていました。 おやまぁ
(ニコニコでもまだ誰も翻訳してない もし翻訳するならシン公開までにやらないと旬のがすぞ)


なんか、色々なポイントで、「実はエメリッヒゴジラのが良いところが無かったか?」みたいな事すら言ってます。

(ちなみに自分の場合、元からそこまでエメゴジはキライなわけではない)
(ヘリ追いかけてるシーンとか元から好きだったよ)


なぜ、ここに来てAVGNはギャレゴジsage、エメゴジageなんてするようになったのだろうか?


多分、これも「不安」になったのだろう。


こういう流れがある。

アメリカでエメゴジをやってすぐに、日本でミレゴジが来た。
「これが本場の日本のゴジラじゃい!」ということだ。

アメリカでギャレゴジをやってすぐに、日本でシンゴジラが来る。
こらまた「これが本場の日本のゴジラじゃい!」ということだ。
 歴史は繰り返す。



ギャレゴジのとき、比較基準はエメゴジだったから、そら賞賛するしかない。

でも、もしも日本の「シンゴジラ」がすごく良い出来だったら、
こんなアメリカ産のゴジラを自画自賛してた自分達アメリカ人は実は恥ずかしいんじゃないかな・・・?

・・・
みたいなことを、AVGNは思ってしまったんじゃないかなぁ。 シンゴジラの予告をみて。

だから、このタイミングで、急に、ギャレゴジを下げておく方向に入っちゃったんじゃないかなぁ?


そういう邪推をしてしまうのです。


こういう考え方もある。

AVGNがシンゴジラの予告を見た時の反応。

彼はこの予告の映像を見て、このゴジラを「きぐるみによる実写」だと思ってしまった。

やっぱこういうきぐるみの「実物感」には敵わねーな!みたいなことも言っちゃったはず。
(実際は、シンゴジラはフルCG+ギニョールで、きぐるみでは無いらしいのだが)


この勘違いの引っ込みがつかなくなった。
それで、フルCGのギャレゴジの質感を、恥ずかしく思うようになったのかもしれない。


CGに見えるゴジラはだめだ!
シンゴジラのように実写にしか見えないのが本物だ!


・・・そういう感覚に陥り、
ギャレゴジsageに入ってしまったのかもしれない。

(で、エメゴジはエメゴジで着ぐるみ使ってたから、相対的にエメゴジageにもなるわけ)

シンゴジラ

ギャレゴジ

CGに見えちゃうCGと
実物に見えるCGの違い。

視点、質感、空気遠近法・・・
あと、彩度を下げまくりゃいいってもんじゃねーな、というのも感じる。
トーンカーブの多用は現実感が失せる。


まぁそんな感じ、
みんな期待と不安で精神的にブレやすい時期なのではないか。

でも
自分はこんな風にあとから「実はギャレゴジってつまんなかったかも・・・」とか言いたくないなぁ。



自分の「スタンス自体」は、だいたい固定だとは思う。

VSゴジラ大好き

エメゴジそこまで嫌いじゃない

ギャレゴジ好き

ミレニアムきらい

初代はほんと至高

平成ガメラがぶっちぎりで好きすぎる!


・・・というのがだいたい固定。
この嗜好の流れなら、当然シンゴジラには期待したいのだが。。。 


やっぱなんか、予告とか情報とかが全然でてこないのが不安を誘うのかもね。
相当情報しぼってる?

実は未完成だったりしないか?とんでもないオチだったりしないか?とか、わけの分からん心配をしてしまう。


とんでもないオチといえば
例えば
「ゴジラは、俺達の中にいるんだ」(ミレニアム)みたいなこと。

これは
現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)というキャッチコピーが、なんか変なことを想像させてしまうせいだろう。


といいつつ、予告編が出ても、もう自分は見ない体制に入ってるんだけどね。


予告編の2が出たらしいけど、自分は見てないです。  もう見ません。
(予告編2に対する反応が良好なことだけは感じています)


・・・つっても自分の中のこういう「予告みないわー縛り」がなんの役に立つのか
よくわからなくなったりもする。


ダクソ3の予告とかも見ないようにしてたけどさ、
じゃあこういうのを先に見てしまってワクワクするのと、
見ないでおいて、後から見て「へー」ってなるの、本当に得なのはどっちなのかって考えたら、

実は予告を見てワクワクするのが普通に良いんじゃないかとか思ったりもするのだが。


・・・とか考えたりもするが、それでもやっぱり予告は見ない。


なんのこっちゃ分からん文章だけど書かずにはおれなかった系文章。

なんも来てないしなんも見てないのに結局長文書いてる自分はなんなのか。

とにかくシンゴジラ、いい映画だといいなぁああ。

もしこれがコケて庵野監督の鬱が悪化したらどうしよう。

ああぁめんどくさ。
[ 2016/07/22 12:59 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(3)

アイアムアヒーロー感想文

 

気がついたら「なんだこれ?」って感じのキモい長文が出来ていた。
なんで素でこんな酔っ払ったような文章書いてるんだろうなぁ。

ボツにするか否かギリギリなラインなんだが、
世間はゴールデンウィークだというのになんも出来てないのでこんな文章でも貼っておく。


映画の日に「アイアムアヒーロー」の映画観に行ったのですよ。
(自分的に、今年は多分、ゴジラのこれの二本で映画は見納めだと思う)


それが凄く良かったのですよ。

だがだが、
凄く良かったのだが、冷静に考えてみると、そうでもなかったような気がしてくる。


そんなことを悶々と考えてしまう映画なのでした。


原作ファンとしては120点くらいの映画だったような気もするし、
同時に、
原作ファンとしては70点くらいの映画だったような気もするのです。


そんなことを延々と考え続けていて疲れてしまうので、
この映画を見て感じたモロモロのことを、もう全部吐き出してしまおうということです。


誰に向けて書いている文章なのかは全く分かりません。


原作未読者の人には読んでもらっては困るようなことも書くだろうし、
映画見てない人にネタバレになるようなことも書いてるだろうし、
読む人のこと全く考えない文章になっております。


とにかく自分の中の「モヤモヤ」を解決するだけのゲロ吐き出しなのです。

寝言。

[ 2016/05/07 09:24 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)

スターウォーズ・ドロップアウト宣言


スターウォーズについて延々と考えなおしてみた結果、
「自分には観に行く資格が無い」ということが分かりました、という話。



スターウォーズについて。
というかまた「ファン度」、「ファンレベル」の話になる。



一部の人がブチ切れそうなことも書いてある。

[ 2015/12/17 13:11 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(7)
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -