FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ニートメソッド

石版サービス

 

まーたこれですよ。

書きたいだけのことを書いて、そんで10日間くらいブログを見に来れなくなる。
そんで、今度はリストだけ書いてすぐ逃げるというやつ。 もうずっと自己嫌悪だからこうなるんです。


大体、こんなことしないで、黙ってりゃいいのですよね。

または、「エヴァの話」ばっかしてりゃいいのです。
真逆の、やらんほうがいいことばっかりやってるんだから。

(バズってるときはホントに自分は黙ってるほうがいいタイプの人間だと思う)
 (でもさぁ、ブログにクソみたいなこと書いてるときにかぎって・・・ いやまぁいいか)



最近考えていることリスト。


◆石版サービス
これを今回ちょろっと書いてみる。



◆神の視聴率

今回の「一行詩」。
自分的にはこれだけでむちゃくちゃ面白いものが詰まってるつもり。



◆双方向性の排除
書いたわ



・私の頭の中のフェ
・私の頭の中のヴィ
もう書かんでいいわ



◆さるかに合戦パートII
これは自分でも面白いと思っているのでいつか書きたい。

でやっぱり、たった1行でも、もう殆ど内容や、言いたいことが、想像つくでしょ?


◆ゴブリン老若男女
↑これは、モンハンのお題文の前に、書いておきたい文章です。


◆witnessの感想文
なんでデモンズ前にこれやってんのか。
でもこのゲーム、「記憶力教」の話と繋げられるかもしれない。あれも書かないといけないんだけど。


◆最近のゲーム事情
PS+コレクションがヤバい

娯楽のサブスクは、もう充実しすぎの時代である。


◆飯のサブスクについて
◆不健康税

高級ジャンク飯


「不健康税」と書いただけで、自分がいいたいこと全部推理してくれる人っているだろうか?



◆人類が今たまたま生きているから維持されてるってだけの情報について。

たとえばイントネーションなんかもそう。

発音記号だけじゃ表現できてない情報が普通にある。

日本人がある日全員滅びたら、「馬場」と「baba」の区別もできなくなる。その情報は失われる。

(つまりどうせ「能」とか「歌舞伎」とかも、当時の人が聞いたら失笑するほどの発音デタラメでやってる筈、とか)



◆「似てる」と「似てない」は、「似ている」
ちょっとおもしろい。


◆「シン・」について 「シン・」とは何か
これは書きたい。



◆サガフロリマスターについて ジャンク無限漁りの是非について
これ、結構語れる気がするんだよ

「残したほうがいいじゃん、面白いじゃん、楽しいじゃん、楽じゃん、オリジナルに忠実じゃん」 それを言うのは簡単
でもそうじゃない。 それだけでは終わらせない話。


[ 2021/04/13 13:59 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(2)

エビフライVSエビの天ぷら


がー駄目だ。

アホみたいなボツ文章が山程ある。
しょうが無いから置いておきます。



エビフライとエビの天ぷらは、どちらが「優れた料理」だろうか?

そしてこれに対して、「自分なりの答え」を持っている人間がどれくらいいるだろうか?


自分は、即答できます。

エビフライと海老天なら、海老天のほうが優れた料理なのです。


こういうことが、自分の中でどういう観点で決定されているのか、という話。

[ 2020/07/08 06:22 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(0)

頭蓋骨カフェ






一度ブログから心が離れると、アホ文章というのも書けないもんだなぁって思ったりする。
ネタはあるけど書けない。


しょうがないのでやっぱボツ文章でも置いとくか、となる。
でもこれは「既出なボツ文章」だったりする。


それでもこれは結構置いておきたかった奴なのだ。

[ 2020/05/07 17:04 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(3)

「頑張るって言葉を使う人間は成長しない」みたいな法則について


言葉を「呪い」のように使う人、とでもいいますか。
そんななことをずっと前から思ってたりする。
ちょっとしたキッカケで思い出したので、一気に書いてみる。


キッカケはこういうのね。


ひろゆきのRT。 こういう精神論もまぁ多いです。


別にこの段階くらいならまだセーフだと思ってます。  こんな法則が正しかろうが正しくなかろうが、自戒に使ってるだけだから。


でもこういう精神論が広まりすぎると、 
こっから更に間違った導出をして、他人を害し始める人間が出てくるのです。
それが、よくない。



それで嫌なことを思い出したから、自分は突然こんなことを書き始めているのです。


(ちなみにこの文章の目的は、 「自衛」とか「言い訳」とかではないです。多分)
世の中を世知辛くするルールを作ろうとする人に反発したいだけ、ということにしといて)



まぁとにかく 世の中には、 
「なにか法則」を見出して、それに勝手に縛られたり、それで他者を縛ろうとする人間というのが出てくるわけです。

で こういう「言葉の捉え方」というのがある。


・「頑張る」って言葉を使うやつは、成長しないんだよ 大抵
・「頑張る」なんて言葉を使ってる奴は、頑張ってないんだよ
・頑張るのなんて当たり前だよ 何を当たり前のことを言ってるんだよ
・頑張り自体は評価されねーよ、 だから頑張ったとか言うな、馬鹿。
・世間はお前らのお母さんじゃないんだよ (トネガワ)


とか、そういうの。
他には、


・「死ぬ死ぬ」って言ってる奴は死なない法則
みたいな法則も流行りましたね。

で、この自殺の奴なんかは、それが間違った言説である、ということも大分広まってきましたので、言う人はもう減ってきたかと思います。
でも、前者のような法則を見つけ出したり、その法則が正しいかのように思ってしまう人は、やっぱり後を絶たないわけです。




さてこれは何なのか? なんか意味はあるのか? それは本当に正しいのか? みたいなことを考えていきたい。
(究極的には、 「馬鹿って言うやつが馬鹿なんだよ」くらいのルールでしかないと思ってますよ)


[ 2020/03/10 17:17 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(2)

巨大印刷代行業

 
自分の持ってる漫画や本を スキャンして電子書籍にしてもらうサービスってのがある。


でももう1段階、 アイディアがある気がする。 逆のアイディアとも言える。


そのデータを使って 「大判の漫画を勝手に印刷して作ってもらう」、というサービスはどうだろうか?
それは、まだ誰も思いついてないし やってないのではないか? とか思った。


自分だけの、通常の2,3倍デカイ本を作ってもらうのだ。
周知されればかなりの需要がある気がする。


「あの漫画を、ナウシカAKIRAみたいな ド迫力の、テンションで、読みたいいい!!!!」
とかって思ってる人は、案外いるのではないか?


電子書籍の時代だからこそ、一周して、こういう需要も持ち上がってくるような気がする。
「自分だけが持ってる 糞デカイ 紙の本」

(あとまぁ、老眼のオタクもこれから先増えてくるだろうしねぇ)


本を勝手にスキャン代行してデータ化してもらうサービスってのは、あるわけだ。
自炊代行。

(でもこの時点でよくわからない)
 (こういうのはもう「グレー」だとも言われている)

「スキャンを拒否してる作家一覧」みたいなのが並んでたりする。
むしろそういうもんなの? ものすごく少人数に思えるけど??
逆に、ここに載ってなかったら、全員やっていいわけ??


じゃあそれがいいとして、
次に、そのデータを勝手に印刷、製本代行するサービスとなると、それはどうなんだ?


・・・
みたいなことを考えたりするのだが。


・・・
っていう思いつきの文章があったりするんだけど、まぁ、ダメなんだろうな。


コンビニで確定申告のプリントをやってて漠然と思いついたことなんだけど。
個人でやれって感じなのだろうか?


実際、
自分だけのデカイ漫画を勝手に作って勝手に楽しもうと思ったら、実現するにはどういうルートがあるのだろうね。


(印刷会社に勤めてる友人がいるので業務外でこういう遊びに付き合ってくれるぞ、みたいなケースが、宇宙のどこかにあったりするのだろうか?)
(更に言うと、自分自身が例えば小さい印刷会社の社長だったりしたなら、こんなん思いついたら、なんか遊びでやっちゃうだろう??)

(そういう「遊び」ができる人たちが宇宙のどっかにいるわけだ。 なんか無性に羨ましくなってきたぞ!)



コンビニで時間をかければ、しょぼくても擬似的にそういうことも可能だったりはするのかなぁ?とかなんとか思ったりしたけど。

[ 2020/02/04 16:16 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(2)

「pixivの改変」と、「雪だるま式」について思うこと

 
またなんか書いてしまった、どうでもいい文章。

なんでリクエストの前に、こういうのはすぐに書いてしまうんだろうか。
たぶん、気負わないから書けるんだろうと思う。



まぁそれは置いとくとして、
こっちをここにも貼っておきます。




[ 2019/11/15 19:17 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(3)

殺すべき人間リスト.com



これも本当は、もうちっと何段階か踏まないといけないくらいめんどくさい話だと思うんだけど、まぁいいや。

自分の文章が「怖い」とか言ってる人がいましたが、本当に狙って怖い文章書くとしたらこんなですかね。
(でもこれも、「ジョーク」なんだよね。 なんというかSF脳ですね)



最終的に
「この世にどうやってデスノートを顕現させるか」みたいな話になってきます。



で前回の話とか、 (「ネットで皆が好き勝手なことに怒ってる」という現象についての話)

・ジョーカーとか、
・タクシードライバーとか、
・攻殻の、「個別の11人」とか、
・デスノートとかが組み合わさった考え方です。


「制御された無敵の人」みたいな話です。



前回の話、そして映画ジョーカーの話の「キモ」はなんだろうか?


ジョーカーの行動や、ジョーカーという映画には政治的思想は「ない」ということになっている。


いうて
あの映画は、まぁどっちかというと「無敵の人」というよりかは アメリカに根強い「1%」みたいな考え方が滲み出ていると思う。
意図はなくとも、映画の中のゴッサムシティの住民の行動から、思想は滲み出ている。

富裕層を憎む下層。


それで実際は、ジョーカーが3人を撃ち殺したのは、「歌が下手だったから」であって、そこに意味はない。
単に、「目の前に現れた」ムカつく奴をぶっ殺しただけの「いきあたりばったり」の行為であったと。

タクシードライバーもそんなところだ。 いや彼の場合は市長を殺すという明確な意思があったかもだけど、
やっぱりいきあたりばったりであって、 向かう矛先はポン引きだろうが「どっちでもよかった」訳だ。

そういうどうでもよかった場当たり的殺人なのに、 大衆が勝手に「意味」を与えて、彼を英雄視してしまった、というのがある。


まずこれが一個。



で自分が 最近起こってるいわゆる「無敵の人」系の犯罪で思うことは、
彼らの対象が「しょぼい」「ズレてる」ってとこだったりするのです。

最近に限らず、まぁ昔からそうだ。



・とりあえず、集団登校中の小学生を狙う。

・とりあえず、人がごったがえしているところに車で突っ込む。

・とりあえず、自分が個人的に恨んでた奴を刺し殺す

・とりあえず、アニメ会社に脅迫、放火。




まぁ大体これくらいの行為であって、 全然、 ネット上で「英雄視」されるような行為にはつながらない。
彼らの中から、トラヴィスやジョーカーみたいな「英雄」は、出てこない。

(唯一かすっているのが、相模原の障害者大量殺害くらいかもだけど、 あれもまぁ賛否両論というか)
(宅間を英雄視してるやつもいるっちゃいるだろうけどね)



つまりなんというか、 「無敵の人」というのは結局は 近視眼的な突発的行為でやっているので、
「意義ある殺人」「歓迎される殺人」というのを滅多にやれないわけですね。なかなか。


それは結局ジョーカーだってトラヴィスだって同じ筈。
彼らが映画の中でなんかしらんけど祭り上げられるようになったのは、もはや「運」というか「脚本のおかげ」としかいいようが無い。



・・・だから、現実で起きるのは、いつもいつも つまらない殺人事件ばっかりなわけですよ。
(この「つまらない」は、 雨ニモマケズの「つまらないからやめろ」みたいなもんだと思っといて)



つまらないというか、支持されぬ殺人、役に立たない殺人、世界を変えられない、無意味な殺人


じゃあ、いい殺人とか、 役に立つ殺人とか、 世界を良くしてしまう殺人なんてあるのかよ! と思うかもしれない。


自分は、あると思っています。



(思ってるんだからしょうがない)
(この部分に関しては、わからない人とはいくら議論しても合わないと思うので、しょうがない)

(自分は、「この世には生きているだけで他人を殺してるのと等しいほどの害がある人間がいる」と考えています)
(そういう人間の活動を止められないのなら、殺してしまうのもいっそプラスだと考えています)


(で、まして無敵の人は無実の人を既に殺しているのだからどうせなら彼らがそういう害のある人間を殺していたほうが良かったというだけの話です)



例えばまさに「デスノート」のキラですが、 自分は普通に 月が野放しになってたら「世界は良くなっちゃってた」と思ってる側の人間です。

もちろんそれじゃあ妙なハッピーエンドになってしまうから、エンタメとしてお話にならないから、
Lという奴が現れて断罪されるしかなかったのだけど、
もしも現実にデスノートと月がいたら、この世の悪い問題はかなり解決してしまうと思っています。

というか悪人というのがどんどん減っていくはず。 (実際、劇中でもそんな描写だった筈)
まぁそうだ。顔と名前が出ている悪人というのが断罪されていく世界というのをまざまざと見せられたら、みんな慎ましく生きていくしか無い。


デスノートなんてもんがあって、 そしていくら月が独善的な人間だったとしても、 一応は、私利私欲ではなく社会正義のためにそれを使おうとした。
そんだけで、悪に対する抑止力は物凄いことになるだろう。


デスノートに対する自分の考え方は大体こんなです。

L側がどんな理屈を言おうと、 月のいる世界では戦争がなくなっちゃったのです。
そら、キラ教なんてのも生まれますわ。 



でも、あたりまえですが 現実にデスノートはありません。
「こいつ死なねーかな」レベルで他人を殺せるような装置なんてありません。 いまのところ。


でも一方で、 無敵の人は、殺さなくていいような人を殺して、自爆していきます。

小学生を殺したり、
歩行者天国の人を轢き殺したり、
自分の妄想の中で悪だと決めつけた京アニの人間を焼死させたりしている、と。




無敵の人はどうして犯罪をやるのか?
それの一部の心理は自分にもわかります。 自分の中にもあります。


答えの一つは、 「刑務所に入って飯食っていきたいから」「死刑になりたいから」「こんな人生終わらせたいから」
みたいな感じでしょう。


つまり普通の「刑」というのが抑止にならなくなった人たち。 
そういう人がもう生きていくのに絶望したり、失うものが無くなったりしたときに、爆発して、ああなると。


自分も過去の記事でこんなことを書いていますから、自分だって、いつ無敵の人になってもおかしくないと思っています。


というか、案外「みんなそんなもんではないか」と思っています。

就職氷河期から数十年。
今から数十年後、 年金払ってこなかったり、 年金が十分にもらえなくなったりして食えなくなった人が増えていくと、
こういう人間が大量発生するのではないかと思ってたりします。




そんなとき、「俺の答えはこれや!」をやる人間が、どんどん増えていってもおかしくない。




(もちろんこういう、「世界はどんどん悪くなる」「治安がどんどん悪くなる」「犯罪が増えてる」、みたいなのは真実ではないのでしょうが)
ファクトフルネス) (凶悪犯罪自体は減ってるんだよ)

(でも、そうやってすぐ「ファクトフルネス」言うのも、なんかアレじゃないのかな。 それはそれで、少子高齢化という現実から目を背けてないかな)




つまり、なんというか
これからは、「頭がおかしい病気の無敵の人」 というよりも、 「飯の種のため、刑務所入りするための無敵の人」というのが、増えてくると思うのですよ。


・・・で、今まで書いてきた点と点が結びついていきます。



・「無敵の人」の行動力は、無駄になっている。
 殺すべき人間を殺さずに 彼らにとっての「目の前」にいた人間を殺しているだけだから。


・「制御されてない無敵の人」が対象にするのは大体、何の罪もない人である。
 映画のように 無敵の人が英雄扱いされるなんてこともなく、彼らは処罰されて自滅していくばかりである。


・どうせ殺すなら、もっと殺すべき人間、 殺すことに社会的メリットがある人間だっているはずである。
・世の中には、殺すべき悪人なんて本当にいる。


・どうせならもっと怒るべきところに怒ろう。

・どうせならもっと殺すべきところを殺そう。

・彼らの怒りの矛先を制御できれば・・・


・これから先、無敵の人が増えてくるであろう。 
 それも、「頭の病気の無敵の人」というのよりは、 「飯目当ての無敵の人」である。

・刑務所に入ってとりあえずの飯が欲しいだけの犯罪。


・そんな「飯目当ての無敵の人」だからこそ、 制御しやすい筈である。


・無敵の人を制御するためには??





・・・
で、まぁどうすればいいかは大体見えてきたかと思います。


ここで、攻殻機動隊2ndGIGの 「個別の11人ウィルス」の話とかもしようかと思ってたんだけど、 (英雄をプロデュース)
ちょっとずれるし、 それ、完全に自分の趣味の話だし、 ちょっとめんどくさいので、無し。



自分的には、もっとシンプルなやり方があると思っています。



つまり
「殺すべき人間リスト.com」みたいなサイトが誕生し、有名になってしまえばいい
ということになります。


人から憎まれるような謂れのある人間が、 ランキング形式で大量に並んでいる感じのサイトになります。


イメージとしては、 「検索してはいけない言葉wiki」みたいな感じに近いかと。

(ああいう感じで、みんなで編集できるwiki形式だろうなとは思っています)
(そして投票のシステムも)
(どうやって有名税を排除するかのシステムの構築がキモだろうけど)



そいつが何をしてきたか、
その人間の有害度に合わせてジャンル化されたりしてて、 
どんだけ憎まれているか、どんだけ他人に、社会に害を与えているかがどんどん分析されていくサイトです。

自分の考えでは 新興宗教の教祖とか、ヤクザとか、エセ科学商品売ってる詐欺師とか、 汚職してた政治家とか、
情報商材売ってたユーチューバーとか、
・・・
そういうのがズラ~ッと並ぶかなと思っています。 



こういうサイトが 一般常識レベルで知れ渡るようになり、
無敵の人が、 このサイトの上の方から順にターゲッティングして殺していく社会、 そのような構造が実現したらどうなるでしょうか?


それはもう、普通に、 デスノートが、この現実世界に顕現したのと匹敵すると思われます。



こういうのは最初が肝心です。

なんでもそうですが、最初に起きて、報道されたら、あとはもう一気に広まるのです。
「芋を最初に洗う猿」が一匹現れたら、それが群れ全体に広がるようなもんです。





こういうことですね。


「何故、あなたと全く無関係の〇〇社長を殺害したのですか?」

 「いや、このサイトに書いてあるの読んで、許せないと思って殺しただけなんすけど」

"新型無敵の人"現る!?」



こんな調子で、「最初の殺人」が起きれば、あとは周知のものとなり、自動的にムーブメントになっていきますよ。
サイトも有名になり、誰にも止められなくなる。


「そうか、この手があったか」
「このサイトを見て、上から順に自分が殺せそうな奴を探していけばいいんだ」



これまでの「無敵の人」というのは、自分が誰を狙ったらいいか、分からなかった。
悪人探しが適切に出来なかった)(ヒミズの主人公のように)


だから、とりあえず殺しやすそうな小学生とか、
とりあえず大量に轢き殺してみるとか、
とりあえず「自分が悪と信じる京アニ」に放火するとか、

そういう「自分基準」「自分本位」の殺人しかできなかった。
でも、このサイトが出来てからはそこが変わってくる、ということです。


これからは「他人本位」「ネットの民意に合わせた殺人」を行っていく。



これから増えるであろう無敵の人は、 「年金が貰えないから刑務所行こう」みたいなメンタルの無敵の人ですから、
どうせなら 「叩かれたくない」というのがあります。 

人殺して、どうせなら称賛されたい。

どうせなら英雄になりたい。




結果、この「殺すべき人間リスト.com」に載っている人間を殺すことが出来た無敵の人には、
もう普通にファンから 「差し入れ」が殺到することになると思います。 これは、絶対マジで。

ファンクラブが出来ますし、ファンの人は皆、その人を悪人だとはみなしていません。

(身勝手な殺人鬼にもファンが出来たりするのですから、
 ネットの民意を反映したような殺人を本当に執行できた奴なんて、普通に崇め奉られることになるでしょう)




例えば、自分だって、 
自分が憎む新興宗教の教祖を殺して自爆してくれた無敵の人が もしも将来現れたら、 その人に差し入れしますよ!
その人を応援します。 これはもう、断言しておく。

その人が出所したら、何かしてあげたいと思う。

その人を悪人だとは微塵も思いません。 むしろ自分にとっては正義のヒーローです。 
よくやってくれた。よくアイツを殺してくれたと。


こいつを殺してくれた人には自分は絶対差し入れするぞ、とか
こいつ殺してくれた人には出所後仕事紹介するぞ、みたいなことになってくる。



つまり、 こういう「流れ」が当たり前になった社会というのが存在しうる、ということです。


これからは、無敵の人が 「他人のために」「社会のために」「ネットの意思に忖度して」 殺人をする、
そういう世界の成立です。



こういう形で、 現実にデスノートが成立すると。


これからは、顔と名前が出てる悪名高い人物は、萎縮して生きていかないといけません。

今、でかい顔して生きてる人間とか、もっと謙虚になりますよ。
自分的には、細木数子くらいの自称霊能力者とかも狙われるようになればいいと思っています。

(まぁその順位は、殺すべき人間ランキング.comが、民意として決めていけばいいことなのだけど)


もちろん山程のデメリットや反論があるでしょう。


・そんな「私刑」の横行みたいなのを喜ぶのは間違っているとか、 幼稚だ とかね。
 そんな時代を逆行させるようなことを喜ぶのはあかん、とか。 何のための法治国家だと。



それこそ冤罪も生まれてくるでしょう。


何故か悪者にしたてあげられて、ランキング上位になってしまって、
ついに無敵の人に狙われて殺されたが、よくよく調べてみたら何も悪い人じゃなかった、みたいなことが。
(スマイリーキクチのように)

メキシコのフェイクニュースみたいなこともありました。



でもまぁ、そもそも今は 「無敵の人」が、既に「無実の人」を殺しているのが現状ではないですか。

彼らは「制御されていない」。  誰を殺していいかの「指針」が全くない。 

この世界にはまだ、「殺すべき人間リスト.com」が無い。
だから、自分にとっての「目の前の人間」を殺すしかなかった。
だから彼らは身勝手な殺人者として糾弾され、人生を終わっていくしか無かった。


その現状と比べれば、マシといえばマシではないか。 とかね。


あとはまぁ、その実行犯が悪人リストとして「殺すべき人間リスト.com」に乗せられたら
無限ループして復讐の連鎖が終わらねーじゃねーか!とかもありますかね。 



でもなんかね、 この文章を読んで 「ここに反論!」ってのは違うんだよ。多分。 違うと思ってしまう。


この文章を読んで、真っ先に思い至るべきことは、
「こういうのは近未来SFのプロットに使える」、っていうことですよ。 

そういうところに頭が働かせられる人が、自分と同種の人間です。(全然褒め言葉になってない)



でも本当にそういうことだと思う。


これが一種のディストピア社会でもいいのですよ。


未来はこうなるかもしれませんよと。 
これが、新しい形の、社会の中での無敵の人の立ち位置になってくるかもしれませんよ、と。


ネット上に渦巻く怒り、 
「あいつ死なねーかな」

それと無敵の人の行動力、
「どうせならあいつを殺せばよかったのに」 

これらを連動させるシステムがあれば・・・
・・・
このようなアイディアがいつ実現しても、そうおかしくないと思っています。




もしもこんな「殺すべき人間リスト.com」と、それに合わせて社会正義として殺人を犯していく「無敵の人」が現れたらどうなるか?
彼らを英雄視するネット民は絶対現れるし、支持されてしまう。
さてどうなるのか、これでいいのか?

その後、具体的に世界はどう変化していくか?

そのような独善的な裁きを、どうやったら止めることが出来るのか? (無敵の人は、法律では止められない)


こういう展開を考えてこそSFでしょう。


(つまり これに反論というのは、劇中の人間のセリフを考えているようなもんだよ) 
(勿論それには意味はあるけど) 


(だから、この文章を、途中までブチ切れながら読めた人ってのは、頭主人公なんだと思う)
 (自分はいっつも悪役側からでしかモノ考えられないから)


(「これこれこういう理由で実現化は難しいでしょ」、みたいなのはあるかもね)
 (有害サイトとして国からブロッキングされるか?)
(でも、ただ単に事実とランキングを表示してるだけのサイトってことにすることも出来るしなぁ)



いやなんかね、 映画のジョーカーみてたら 予告編やってたのですよ。


「AI崩壊」みたいな映画の予告。


あんなん、自分に言わせれば近未来SFでもなんでもないですよ。


「暴走したAIによって人間が命の選別をされるようになった!」みたいな話。


今更。 古すぎ。 陳腐すぎ。
バカみてーとしか思わなかった。 多分、何の怖さも、リアリズムもないでしょう。(すっぱい葡萄)

あの程度のことで、「未来の技術に警笛」とか、絶対ない。



どうせなら、自分のこの
「殺すべき人間リスト.com」から想定される近未来のゴタゴタやった方がマシだろ くらいのこと思ってしまうのですよ。



「制御された無敵の人が、ネットの意見を参考に私刑を執行しはじめた近未来」


これは、現実に今にも起こりそうなことだと自分は考えています。

[ 2019/10/25 19:20 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(8)

炊きたてご飯スプレー


ボツ文章の量がヤバイことになってる。 またリスト作ろうか。
すげえどうでも良いこと書きたいって思うことがある。



最近思いついた「発明系」?のネタ。



「炊きたてご飯スプレー」

炊きたてご飯スプレー


冷やご飯を「炊きたてご飯風」に復活させられるようなスプレーがあったら、売れないだろうか?
とか考えるのです。

(勿論そんなドラえもんみたいに便利なもんがあったら売れるだろうということだけど)
 (タイムふろしき?)

いや違う。 タイムふろしきよりよっぽど現実的に作れると思うのです。 そういう話。



ぶっちゃけ冷やご飯は、どうやったら復活させられるだろうか?


水をぶっかけて、電子レンジでカーっと温めるだけで、実は結構 何かが復活しているような気はするのだ。
アツアツ感とか、食感とかに関しては。


では何が決定的に違うのかというと、やっぱり「香り」だろう。
鼻から抜けるあの炊きたてご飯臭が、永久に失われてしまっているわけだ。




人間はほとんど香りで飯食ってるような生き物だといえる筈。

つーか「8割くらい」を香りに頼ってるとか なんとか。
鼻つまんで食べたら、すぐに何食べてるかが全く分からなくなる程度なのだ。




逆に言うと、
あの「香り」さえ再現できてしまえば、飯なんてものはかなりそれっぽく復活できてしまうのではないか?と思うわけですよ。





そこで、メーカーの人にはそういうところで努力してもらいたい。

炊きたてご飯から出ている香り成分。 
あの香りを完全に再現・濃縮したようなエキスを作って、スプレーにして、売るわけだ。


それを冷やご飯にふきかけて、 電子レンジでカーっと温めれば、 冷やご飯がかなり炊きたてご飯っぽく復活しますよ、 という
そういう商品なワケです。


・・・
・・・
これは、自分の発明ネタの中でも かなり実現可能性高いと思うし、 もし完成して周知されたら、めちゃ売れると思うのです。

コンビニとかにこれが並んである図が想像できる。
(てか、食卓の必需品レベルの商品になると思うのだが??)



あとこれが成功したなら、
炊きたて化スプレー以外にも 派生アイディアはある。

例えば「コシヒカリ再現スプレー」だとか「ひとめぼれ再現スプレー」だとかの
コメグレードアップ商品もありえるわけだ。 安いコメをブランド級に変えてしまいますよーと、



「コメなんて香りだ! 味なんて香りだ! ほとんど香りの問題だったんだ!!」ということに庶民全体が気づきだしたら、
そういう商品も出来てくるだろう。



・・・そうやって考えてみると
「むしろなんで今まで 誰もこの程度のことを思いつかなかったんだ」という気分にはなってくる。 

実はもうあんのかね?
でも実際コンビニにはないし。

まぁいいか。


また、「そんな商品売れねーよ!」と来るだろうか。

どうだろうなぁ。




自分的にも「こんなん誰が買うんだ??」みたいな商品、コンビニやスーパーにはいっぱい転がってる気がする。


最近だと、これ↓

バター醤油うどんの元


これをうどんと卵にぶっかけると、いい感じのカルボナーラなうどんが、できるらしい。



「誰が買ってんるだこれ?」と自分は思ってしまう。
別にまずいとは思わん。 多分美味いのだろう。 想像通りに。


でも、これくらいのことだったら自分で材料集めて作ったほうが、絶対安いし手軽だと思うのだ。 流石に。
(自分は 原価厨自炊厨では無いつもりだけど、流石にこの材料は、ねぇ)
 (うどんと卵まで自分で用意しておいて、バターと醤油が無い??)


こんなん、醤油とバターを粉末状にしたのと乾燥ネギが入ってるだけのようなパウダーだろう。 あと旨味成分。
冷蔵庫の中のモノで、自前でちゃっちゃと作れるでしょう? 
自分ですら、そう考えてしまう。


・・・
でも、こんな商品でも案外売れてるらしいし、 
「これ美味かったぞ」みたいなスレが立ってるのすら見たことがある。
「想像を絶する旨さ」とか言ってる人もいる。






つまり庶民というのは、「この程度のモノでも案外買う」 ってなことですよ。


「本質」はなにか?


「面倒くさがり屋の貧乏人の満足感をちょっと上げる」 これがコツだと思う。


こういうので、商品は売れていくわけだ。



そうやって考えた場合、
「冷やご飯にスプレーシュッシュとかけて、レンジでチンしたら そこそこ炊きたてっぽく復活する」、というスプレーだって、
作ったら売れると思うんだけどなぁ。 

そんなに劇的に「炊きたてそっくり」になる必要はないんだよ。 「そこそこの復活性」で、十分。



つまりこれも、「貧乏人の満足度」ということである。


貧乏人だから思いつくことなのです。

自分もいっつも 冷やご飯を電子レンジで温めて食べてます。 だからこそ こういうこと思いつくのです。

以上。

[ 2019/07/18 16:41 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(6)

天下を取れる新レビューサイトのアイディア

 
ちょっとクソ文ボツにしたので、反動でなんか デカイこと書く。
あんま大言壮語なこと言わないつもりだけど、今回は別。


もしもこのブログに一攫千金な要素があるとしたら、今回のこれかと思うよ。
だから、割と真面目に読んで欲しい。


このアイディア通りのレビューサイト立ち上げたら、天下取れますよ?というレベルの話をします。
なかなかここまでの話というのはしないんだけど、今回はする。



概要的には、二本の柱。

1. ユーザー間の「センスの距離」というのを計算して、それによって「個人専用の予想点」を算出するレビューシステム

2. ユーザー主体のデータベース。 全てのメディアを総括してしまうような、個人プロフィールのためのレビューサイト



こんな感じ。
まぁ良くわからんだろうから、延々と説明していきます。


[ 2019/06/13 21:38 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(15)

宝くじをこの世からなくす方法


最近、没文章のストックが凄いので、
やろうと思えば毎日更新できる。 ちとやってみよう。


(「ここに」省略した文章がある。)
(「宝くじみたいなのをあえて肯定しようとする文章」も、自分は書こうと思えば書けるのだが、)
(その上でさらに一周して完全論破、みたいな文章を書こうとしてたけど、やめた。)

(そういう文章が延々とあったと仮定した上で、 すっとばして次の話。)


とにかく、宝くじというのは社会悪である。 (いきなり)


では、真の 「反・宝くじ主義」 というのを実現するためにはどうしたらいいか?



割と多くの人が、「宝くじ」というシステムに対して、

なんかうっぜーなー 

あれって詐欺みたいなもんだよなぁ

馬鹿から金巻き上げて、濡れ手で粟すぎるよなぁ

あんな事業で飯くってる奴らがいるんだよなぁ

騙される奴も騙される奴だよなぁ

まさに「貧者の税金」だ!

・・・
と、反感を抱いているだろう。


だが、別に手は出せないわけだ。

宝くじを潰す方法なんて、思いついたりはしない。 

「買わない」または 「買うな」と周りに言って回るくらいしか 対抗手段が思いつかないだろう。


じゃあどうしたらいいか?

「宝くじを貧乏人が買ってしまう心理そのものを破壊してしまえばいいんじゃないだろうか?」



「買ってない宝くじがあたらねぇかな~~」
みたいなボヤキをしている人をみて、ふと思いついた。




つまり、 「買ってない人にも自動的に勝手に当たることがある宝くじ」 
というのを設立してみたらどうだろうか?


もう、本当にランダムで、電話帳で無作為に当たるような感覚のシステムである。


貧乏人が宝くじを買ってしまうその理由は、

「期待値とか良く分からんけど、買わなきゃはじまらねーじゃん」
「買えば当たるかもしれねーじゃん」
「人生が変わるかもしれねーじゃん」
「そんなチャンスを得るためには、結局買うしかねーじゃん」
「買わなきゃ人生は変わらねーんだよ!!」




くらいの心理だろう。


では、そこんところで
「別に買わなくても勝手に当たることがある宝くじというのが、新たに登場しました!!!」
ということになったら、どうだろうか?


「えっそんなのが出来たの? じゃあもうこれからは別に宝くじ買わなくてもいいじゃん!!」
ってことにならないだろうか。



いやこれはマジであると思うのだ。



世の中の貧乏人をだまくらかして、更に貧乏人を貧乏にする、
パチンコやら宝くじやら新興宗教やら・・・
そういう悪循環な仕組みそのものを、世の中から一掃するには、これではないだろうか?


で、勿論最初のツッコミどころとして、 「買わなくても当たる宝くじ」とか、運営資金が集まらねーだろって思うだろう。


まぁ、この部分、
 「この理念」を理解してもらえる人から募金してもらう、という形で金を集めたらいいんじゃなかろうか?



一度有名になったら、一度この理念さえ広まれば、 これに金を出してくれる人は出てくると思う。



金持ちだけど、元々は貧乏人だったとか、
知り合いとか、元・家族とかに貧乏人がいたことがあって、

「世の中に貧乏人がいることに心を痛めている人」
「貧乏人こそが宝くじとかで更に貧しくなる、という構図に理解がある人」

そういう人だって、いっぱいいるだろう。


金持ちだけど、貧乏人から搾取しようとするような奴は許せない人。
金持ちだけど新興宗教を憎んでいる人とかだって、世の中には山程いるだろう。


そういう人だって、
宝くじみたいなシステムの存在を憎んではいるけど、 「買わない」以外の 対抗手段があるとは、思いもしなかっただろう。




そういう人、

そういう人に向かって、

「これからの時代 買わなくても当たる宝くじ というのを設立して、 
それが知名度を獲得したら、 宝くじに搾取される貧しい人が一気に減るはずです」

「こういうシステムに資金提供することこそが、社会をよりよくすることに繋がるのです」


「貧乏人に金を寄付したって、結局そいつらは宝くじとかギャンブルに浪費してしまうから、意味がないでしょう????」
「だから、貧乏人に直接金をやるより、まず先に通常の宝くじを潰すことに金を出すほうが、正しいのです!!!」

「これこそが最も効果的な貧困救済なのです」


・・・
みたいなことを言って、説得したらいいんじゃなかろうか?



資金はそんな問題でもない気がする。


てか、つまりこれは言い換えると、
「期待値がまじでプラスの宝くじを作ってしまう」ってことでもある。
プラスでさえあればいい。
だから当たる人間は、一年に一人とかでもいいのだ。
それくらいの規模でも、他の 期待値が絶対にマイナスの宝くじより魅力的だろう。


ということでした。


もしくは、本当は、金なんて集めなくてもいいし、誰にも渡さなくてもいいのかもしれない

誰も「裏」なんて真剣にとらないだろう。


「あたった人のプライバシーを守るためだ」とかなんとか言って、
個人情報を出さなきゃいい。


それか、
その「反宝くじ運営組織」 の身内で、 金をぐるぐる回したりして、
「どっかの誰かがあたりました」ってことだけを、外部に宣伝してたらいいんじゃないだろうか?


とにかく、
「これからは買わなかった人にも宝くじが当たることがある」って印象づけさえできれば、もうそれでいいのである。


「いつの間にか真の社会悪になってるじゃねーか!」と思うだろう)
 (まぁここはそういうギャグなのだ オチの部分)
 (だからこれで、何かのショートショートのネタにしてくれてもいい)

(でも実際の宝くじだって、身内に当選者を出やすくしてるかもしれないじゃないか)


・・・
というわけでした。
今回のこれは久々になかなかのアイディアだと思う。
これを誰かがマジに実行したら、 世の中から宝くじの悪影響というのを減らすことが出来ると思う。


いいなと思った人、実行力や影響力がある人は これを実現させることを真剣に考えてみてほしい。

[ 2019/04/28 12:36 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(5)
月別カレンダー
04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -