FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話

とりあえずダクソリマスタープレイ日記


ようやく編集できた。 ほんとスクショだらけの記事は大変。

ダクソ1リマスターをやったときの 色々スクショとりながら回ったときの日記です。

あらためて色々コメントしながらテキトーに回しただけって感じです。
大して意味ないです。



一応なんとなくの「縛り」みたいなのはやってます。

SL20以上は上げない。
人間の白ファンは呼ばない。
 (自分で白をやることはある)


でも、
あとから見返してみると、
みっともないくらい手段選ばないことしてるなぁとも思いました。


まぁ、これは、とりあえずリマスターを一回通してみて、
色々壁紙とか撮影できるキャラをサクッと作っておこう
ってな目的でやり始めたようなもんなんだから、

縛りもやってることも中途半端でショぼいけど、別にそれが本題ではないので気にしないで、
てな感じで見ててください。


[ 2018/10/29 10:34 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

ダクソうんこちゃんを見てて思ったこと色々


すっげーテキトーだけど、
まぁ一応「感想」もセットで置いておこう。


うんこちゃんのダークソウルリマスターの生放送を見てて感じたこと。


とにかく楽しんでくれてて良かった。
ハイそれが一番です。


「23もやりたい」って言質とった。
万歳

[ 2018/07/28 19:22 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(5)

ダークソウルうんこちゃん

 

大事な話をしている途中で、なんでこんな気の抜ける文章を書いているんだろう。

(あとで日付を捏造して、順番をかえようとは思う)

でも、今日のことだから、流石に今日書くしか無いのだ。



今日、7月27日は、うんこちゃんがついに、ダークソウル1初見に挑戦、そしてそれを生配信する日ですね。


どれほどこの時を待ち焦がれていたでしょう。

このことについては、ダクソリマスターの期待記事でも書いたくらいです。
うんこちゃんがダクソやったら鬼に金棒なのになぁと。
アークデーモンにエクスカリバーなのになぁと。


それが本当に実現するとは。


[ 2018/07/27 13:22 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(3)

ライフイズストレンジのベーコンについて

 
書くべきことが山積みなのに何でどうでもいいことばっかり書いてしまうのだろう。
でもこれも一応書いておきたかった事。

あとこの文章は寝言モードで超テキトーに書いてます。
(口述筆記ってわけではないけど)
(でも自分が口述筆記するとこれがもっとひどい文章になるだけだと思う)


ライフイズストレンジの続編(正確には続編ではなく前日譚なんだけど)が出ているわけです。
で、そのついでに
ライフイズストレンジについての感想でも書いてみたかった。

と言いつつ自分はこの前日譚をやるつもりもない。
それくらいテキトー。

そのくらいテキトーだし、
そもそも書くべきことも書かずにこんなことばっかり書いている。

でも本当に、「どうでもいいことだからこそ書ける」というのもある気がする。


大体、ゲームについての話題にしたって本当は山積みなんだよ。

書くべきゲームのネタ。

◆SEKIROについて
SEKIROを受けて、天誅がどれだけ偉大で面白いゲームだったか、延々と語りたい

「SEKIROは何故プレイヤー1人なのか」
そのことについてだけでも語れるはずだし、
「なぜソウルシリーズには垂直ジャンプが無いのか」という話題でも記事は一個書けるレベル。
 (なぜロックマンにしゃがみが不要なのか、みたいな話 哲学)

◆一方、何故自分は「仁王」をクリアする前から放置気味なのか、についても語ろうと思えば語れる。
多分、「血塚」がダメなんだあれは。

(なぜああいうのはダメなのか、についても延々と語れる)
(FF8の「ドロー」と絡めた話題になると思う)


◆バイオ2リメイクについて
バイオ2がどれだけ偉大で面白いゲームだったか、延々と語りたい

◆DMC5について

◆FFTの開発者実況について
これだけでも延々と語れる

◆あとはダークソウルリマスターの日記とかもいつ書くのやら
・・・



でもこれらの話題は、ちょっと「重い」
いざ書くとなったら、本気で長文書かなければならなくなる。
だから面倒くさい。

書きたい書きたいって思ってる間に、どうせ書かないまま終わるんだ。


そのかわりにこういうどうでもいい話をしてしまう。

[ 2018/06/13 21:52 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(7)

最近のDDON事情 3.2について


(この文章も、書いてたのは二週間以上前です)
(Evernoteみたら、4月20日に書いてた)
(でも色々編集するのがめんどい そうやって 山程ゴミが溜まってる)

DDONが3.2になってから
面白いです。

(また言ってるよ オオカミ少年)
いやでも、偶数アプデは本当に良アプデなんですよ! なんかしらんけど)


よってその話をする。
主に理由は3つ。

・ハイセプターが良ジョブ

・黒呪島が良コンテンツ

・ポーンと冒険するモチベがいい感じになってる


大体これですね。

[ 2018/05/05 10:25 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(1)

ダークソウルリマスターについて


(やっぱ自分に下手にタブレットPCなんか持たせると、長文書きすぎて良くない マジで長文の垂れ流しが止まらない)


前前前回の記事では、ゲームのリマスター系にケチつけるような事を書いたけど、
結局 やってるハードでやりたいゲームが移植されたら、嬉しいは嬉しいのです。


「ダークソウルリマスター

というわけで、あと二ヶ月くらいで発売の
「ダークソウルリマスター」について、

・期待されること
・期待すること
・期待したいこと
・やりたいこと (これらは微妙に意味が違う)

そもそもダクソ1がPS4に来ることがどれだけ素晴らしいことか

・・・
みたいなことを、ひたすら延々と グダグダ語りたい。
(最終的に、延々とダクソ関連の話題を垂れ流しています)


(ダクソリマスターに関しては、
 多分、動画を見る限り、前回のような「悪くなってる移植」ということは、そんな無いと思う 思うんじゃないかな)
(大体、PS2時代のゲームをPS3とかPS4とかに移植するときに、しょぼくなるんだよね 半透明の処理とか)
(ダクソに関してはPS3がPS4に来るだけなので、まぁ大丈夫だろうと)

(追記:この文章を書いた後に出た、色んな比較動画を見てるうちに、なんか結局
色合いやコントラストが駄目になってるパターンな気がしてきました なぜじゃー)



買うのかどうかは分からない。
いや、買うべきなのかもしれない。

いや、この文章書いてるうちに、やっぱこれは買うわ、ということになりました。


ほんと、これほどのゲームは、無いからね。 (デモンズくらいだよ)
このブログ読んでてダークソウルやってない人とか、ありえんからね。 (威圧)

[ 2018/04/04 09:28 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(7)

ライフイズストレンジ、サイレントヒル説

 
物凄い今更な話題だけど、 (最近クリアしたんで)
Life Is Strange と サイレントヒル は (特に静岡3)
物凄っっっく、類似点が多いと思う。



というわけで、箇条書きマジック系の記事を書いてみる。


半分ギャグ、半分ネタ、だけど、半分マジで書いてます。

(当然だけど、ライフイズストレンジとサイレントヒル3のネタバレを含みます)
(今更なゲームの話題だけど、ネタバレを喰らいたくない人は読まないように)


まず冒頭からして似ています。


ライフイズストレンジ 

サイレントヒル

いきなり、「自分が死ぬ」ような夢 というか白昼夢?を見せられる。
そんな、超リアルな悪夢から スタートする。


そして、死にかけて、ハッと目が覚める。
 
白昼夢? 夢オチ? あのリアルすぎる夢は何だったの?というところから、日常がスタートする所。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

ほんと「入り方」が完全静岡3なのです。


てか、主人公像からしても、静岡3です。

ライフイズストレンジの主人公マックスの、こういう感じ。 ビジュアルというか、全体の印象
ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル


けっしてバリバリの美人さんではない。
明るいアメリカンな性格では全くない。 むしろ性格や表情は、暗い。 てか目つきは怖くさえ見える

クラスのカーストで言えば、最下層では無いにしても、パッとしない位置。
上目遣いの不安そうな表情。
てか、見ようによっては、「いまにも泣き出しそうな弱気な表情」を、常にしている。 キョドってる感じがある。

この目の感じといい、
女の子主人公だというのに、
ニキビだか、目の下のクマとか、 普通のゲームならカットするような「リアルさ」「すっぴん感」を、容赦なく描写している。
そんな風な、リアルな、
等身大の、主人公像。


そんなだから、
第一印象は、「なんかあんま可愛くないな、パッとしないな、この主人公」、って思うけど、
プレイしている内に、可愛く見えてくる。



そういうのが、マックスであり、
つかそういうの、全部静岡3のヘザーですよね、と。



いやまぁ、「顔自体」は、別にマックスはヘザーにそんな似てはいないんだけど、「印象」ね、印象。
「顔」だけで言えば、静岡4のアイリーンに似ていると思う。
ライフイズストレンジ サイレントヒル
サイレントヒル4
(写真のチョイスが酷い)


あとヘザーから言えば、 ヘザーもインスタントカメラを使うことがあります。 (無理やり)
ライフイズストレンジ サイレントヒル3


で、「主人公が似てる」とかいう言いがかりから入りつつも、本編スタート

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル

でまぁこういう、ゲーム初めて最初に入る部屋、
そのトイレの鏡に、なんか赤い落書きが書いてあるとか。


なんか妙に似てるなぁと。

こっからもう「疑惑」が始まったわけです。

自分はライフイズストレンジをやってる最中、少しでも"静岡味"を感じるシーンがあったら、
すかさずスクショを撮るようになっていました。 (「迷ったら撮れ」 写真の基本だ)



ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

こういう、赤いペンでチェックしてる地図みちゃうと、どうしても静岡を連想してしまう。

ライフイズストレンジ サイレントヒル


これ、
ペンキ入れの針金に細工をするシーン
ライフイズストレンジ サイレントヒル

サイレントヒル3では、ハンガーを曲げるシーンがありました。
ライフイズストレンジ サイレントヒル

共通点としては、 「効果音」「モーション」だけで、 実際は針金モデル自体は一切曲げてなんかいないのに、
上手いこと見せ方で誤魔化している点ですね。


「背中だけ」しか映さないで、音と動きだけで、なんか金属を曲げてますよー的に説明する。
当事からこの演出は巧みだな、と思っていたので、こんな何気ないシーンのことでも自分は一々全部覚えているのです。


手の届かない、狭いところに落ちちゃったキーアイテムを拾う要素があります。 

ライフイズストレンジ サイレントヒル ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル ライフイズストレンジ サイレントヒル

静岡3の場合はトング
ライフイズストレンジの場合は、板を使う。


ここ!

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

急に敵(or来訪者)が来たので、
クローゼットの中に隠れるイベント
があります。


そうやって隠れていると、二者の喧嘩、格闘が始まります。
それを、止めようとする展開。


ライフイズストレンジ サイレントヒル ライフイズストレンジ サイレントヒル


静岡2の場合は、 マネキンと、▲様が、((なんらかの格闘))を始めます。
それをジェイムズが、クローゼットの中から銃を乱射して、▲様を撃退するのです。


ライフイズストレンジの場合、クロエと デイビッド(クロエのパパ2)が大喧嘩を始めます。
そこんとこで、マックスは、クローゼットからでてその喧嘩を止めるかどうかの選択を迫られます。


冒頭の 白昼夢、悪夢、 それと全く同じ状況にふたたび叩き落される展開が来ます。
悪夢か現実に! 
あれは夢じゃなくて予知だったの!!??
 ということです。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
(「ああ、あの灯台は!」)
ライフイズストレンジ サイレントヒル
(「ああ、この遊園地は!」と)


ライフイズストレンジは「ゲーム全体でそれを何とかする話」でもあるし、
静岡3の場合は、まぁ鍵を使って、なんとか轢き殺されずに済ますわけですね。


廃車置場、ゴミ捨て場に、真っ黒焦げの人形が転がっている。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル


なーんかこれはさぁ、静岡4森マップを思い出して仕方がないよ。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル


ライフイズストレンジ サイレントヒル

電車に轢かれそうになって危機一髪!なイベントがあります。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

つーかもたもたしてたら本当に死にます。


ライフイズストレンジ サイレントヒル

もうこんなん完全に静岡です。

こんな場所、すげー静岡にありそうだし。
夜の学校、暗がり、懐中時計、そして地図
もうこういう構成されたら、静岡しか連想しない。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル


で、また謎解き。
とつぜん科学のお勉強になり、いくつかのアイテムを集めて科学反応を起こして、道を開く謎解き要素が発生します。

ライフイズストレンジ サイレントヒル ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル

静岡3の場合は、 「オキシドール」「肉」「マッチ」の組み合わせで、酸素を発生させ、絵を燃やします。


ライフイズストレンジ サイレントヒル ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジの場合は、「塩素酸ナトリウム(除草剤)」「砂糖」「缶」「ガムテープ」
で、爆発を起こします。


その謎解きをするために、缶を集めるイベントもある。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル

つまりこの場所は、静岡3で言うところの雑居ビルなのですよ!


ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル
このロッカーの感じは、静岡1だなぁ~。


キャンピングカーの内部に入って色々調べる感じは、静岡2を思い出す。

ライフイズストレンジ サイレントヒル


父親が絶対に死んでしまう という展開。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル


この構図、 この夕焼け、 この表情、 やはりヘザーを連想してしまう。
この物憂げな表情で窓の外を見てる感じ・・・

この、顔に、しましまの影が重なる感じ!!!


ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル


てか、クロエもクロエで、髪染めてないと、なんか、ヘザーっぽく見えてきます。
(ヘザーは逆に髪染めてるんだよね)

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

つまりなんというか、クロエの見た目とマックスの性格を足したら、ヘザーになるんじゃないかと。
(アレッサ+シェリル=ヘザー)
(クロエ+マックス=ヘザー)

 (どうせクロエも本当はヤンママで二児の母なんでしょ)


怪しいやつの所持品を調べていたら、
逆にソイツが自分の隠し撮り写真を持っていた! うわっこわっ!
「えっなんで私の写真を?」
 ・・・という展開。
こういうのが両方とも出てきます。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

これも、やっぱし、静岡3のあの写真を思い出します。
ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

聖母を発見。 殺すか?

マックスを発見。 殺すか?



ていうかこの「隠し撮り写真」のアングルといい、表情といい・・・

もしも静岡ファンがライフイズストレンジやって、ここで、「聖母を発見。殺すか?」を思い出さなかったら、モグリだよ。


でもうトドメはこれですよ!


どうしても素手では壊せないような扉に鍵がかかってある。
これをどうやって壊すか。


サイレントヒル3では、 鍵とロケットコースターに鎖を結びつけて、それを引っ張らせることで、鍵を破壊します。
ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル


ライフイズストレンジでは、鍵と機械(古いモーター)をロープで結びつけて、それを落下させることで引っ張り、鍵を破壊します。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル


で、更なる完全なトドメがこれ。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

事前ヒントなしで、その場で暗証番号を解かされる、という謎解きがあります。


「え、何も手がかりなんてなかったけど?」って一瞬思うけど、

よく見たらボタンがすり減っているので、 その数字を順列組み合わせで6パターン総当りでやっていけば、
解けるようになってる
、という謎解きです。


これ、完全にサイレントヒル2同じタイプの謎解きがありました。


ライフイズストレンジ サイレントヒル


そんな謎解きを、
どちらも、「これから地下に進もう」という所でやるもんだから、
完全に同じ印象になります。



いや、そんなの他のゲームでもあるかもじゃん、と思うかもしれない。
でも、自分的にはここまで全く同じことやってるゲームなんて、ぶっちゃけ意外とパッと思いつかない。
そして、これを最初にやったゲームは静岡2じゃないかなぁとか睨んでいます。


もう、どう考えてもDONTNODのスタッフの中にはサイレントヒルプレイヤーがいます。
つーか色んな謎解きとかがマンマ過ぎます。


ライフイズストレンジ サイレントヒル

そんでもってトイレでゲロ吐いている人がいます。 お前はエディーか。

ライフイズストレンジ サイレントヒル ライフイズストレンジ サイレントヒル




ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル

そしてこういう感じ、部屋の壁が崩壊するエフェクト
この演出が一番激しかったのが静岡3ですね。 だからやはり、静岡3を連想してしまう。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
ライフイズストレンジ サイレントヒル


ライフイズストレンジは、写真の「フィルム焼け」を表している。
サイレントヒル3の場合は、アレッサの味わった生き地獄「焼けただれた火傷」を、壁で表現しているのです。



終盤、雨の中、車を走らせて、決戦の場所へと運転する、 そういう「決意を固めるシーン」があります。

ライフイズストレンジ サイレントヒル
なーんか、いい感じの、ムーディーなBGMも流れてます。
流れてる曲も、静岡3のこのシーンのBGMと印象が似ています。

やっぱこの辺の演出も、すっごい静岡3に似てるんですね。
ライフイズストレンジ サイレントヒル


こんな静止画像じゃ、「雨のつたっていく感じ」が伝えられないけど、

てか、静岡3のほうが、
この、「走ってる車の窓に雨が当たって流れるエフェクトの表現」、すごいんですよ!


つーかあれ当事は、PS2ですよ。 どうなってるですか!この雨の演出。 今見ても凄いわ。

完全にPS3、PS4のゲームに勝ってる。


ライフイズストレンジ サイレントヒル

全然関係ないけど、ここの演出はあれだね、 ↓これを思い出した。

ライフイズストレンジ サイレントヒル

Oh fuck...



ライフイズストレンジ サイレントヒル
この場所、ここで延々とケイトのすすり泣きが聞こえてくるという演出は、
ちょっと静岡3のこれを思い出した。 廊下の角度とか、位置的なモノもね。
ライフイズストレンジ サイレントヒル


ライフイズストレンジ サイレントヒル
てかこういう、真っ暗闇のなかに、 パックリと開いた、 赤い口紅を強調するような写真
置いてあると、妙にゾッとする感じ


ライフイズストレンジ サイレントヒル
これもまた、静岡3なんじゃないかと思う。 (この写真自体は静岡1のキャラのもの多分)


というかこのエリアの、
「ドアを開けても開けても同じところに戻ってしまう感じ」、
ドアが異空間的な繋がり方、メチャクチャな繋がり方をするというのも、静岡では日常茶飯事のことですよね。
2のホテルとか、1の病院とか。



ライフイズストレンジ サイレントヒル

この文字だらけの部屋は、なんか静岡1のあの部屋を思い出す。

ライフイズストレンジ サイレントヒル


ライフイズストレンジ サイレントヒル

自分自身との対決。

無理やりいうなら、静岡3のアレッサの妄執戦、とか。
ライフイズストレンジ サイレントヒル


こんなのもある、
教室の真ん中に机があり、落書きがビッシリしてある。 

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル


学校でイジメられていたケイト、
学校でイジメられていたアレッサ・・・



・・・というような感じです。


ほんとこんな感じなので、 静岡ファンがライフイズストレンジをプレイしたなら、 
「あのゲーム、一々サイレントヒルを連想させる要素のオンパレードなんだけど、どういうこと?
という感想しか出てこないと思うんだけど、 どうなんですか?

(一応ライフイズストレンジのちゃんとした感想文も書いてみたいけどね)
(今回はこんなパクリ認定みたいなネタ文章書いてるけど、名作だと思います そこんとこよろしく)


それなのに、 「"サイレントヒル ライフイズストレンジ"」でググっても、誰も、同じようなことを言っていない!!

そのことが一番のミステリーですよ!!


こんなこじつけを考えているキチガイは、地球上に、インターネット上に、自分一人しかいないわけ? 
それはそれでおかしいでしょ。



(普通に静岡ファンがプレイしたら、絶対引っかかるはずだと思うけどなぁ)

(自分だけか? サイレントヒルシリーズの、全ての演出、全ての謎解き、そういうの、全部覚えちゃってるの、自分だけか?)
(そら自分は、4までの静岡は、何周したか分からんし、)
(更に、各静岡を実況している実況動画だって、何十人分と見てきている) (つまり4かける実況者数 に近い数)
 (そんなだからか?)


それにしても何故こんなに似ているのか。

いやそりゃ、「箇条書きマジック」は、所詮「箇条書きマジック」ですよ。 
ある程度は、錯覚や誇張に依るものです。 
こうやって似ている要素を並べていくと、不思議とそれっぽく思えてくる、それ自体が面白いものです。


でもやっぱ、 仮にランダムに2つのゲームをチョイスして、「箇条書きマジックで似てるとこリストアップしてみろ」ってのを
やろうとしたって、 普通は、なかなかここまでは類似点、挙げられませんよ。


そもそもが「似てるゲーム」でやろうとしても、こうはなりません。

例えば、 ヘビーレインライフイズストレンジで箇条書きマジックやれ」って急に言われたって、あんまし思いつかない筈です。
(今考えてみたけど、「シャワーシーンがある」、くらいしか思いつかなかった)

ヘビーレインとライフイズストレンジで似てるシーン
ヘビーレインとライフイズストレンジで似てるシーン

追記: 一個思いついたよ。 ↑このシーンは似てると思う。
睡眠薬、
罠、
目覚めた後、
拘束、
注射、
薬物、
ギリギリのタイミングで登場する訪問者、
危機一髪・・・


「Gone Home」というゲームと、「ライフイズストレンジ」なら、結構類似点見つかるかもね)
(いやそれでも、「レズ」「行方不明」要素、くらいか)



自分が今までやった箇条書きマジックネタ系文章は、 
バイオハザード5 と メタルギアソリッド4

ゼノギアス と ブレスオブファイア3

パラサイト・イヴ と けものフレンズ」とかかと思う。

(あと、「ベルセルク」と「ダークソウル」もやったが あれは完全に意図的にリスペクトしてるだろうし)


それらのネタと比べてみても、やはり、
ここまで大量に、「演出」やら「謎解き」やら「キャラ」やらで、類似ネタで溢れる組み合わせは、珍しいと思います。

てか、今回のこれが今までで最大の箇条書きマジックでしょう。
ネタ豊富すぎ。 大漁すぎた。
こんなに、全然関係ないのに似まくってるゲームも、ないと思う。


というわけで、ライフイズストレンジのスタッフの中には静岡ファンがいるに違いないと、そう決めた。 決めつけた。


(もしくは、サイレントヒルというものは、やはり
 アドベンチャーゲームとして、優秀すぎ、お手本すぎ、見本すぎ
、 ということかもしれぬ) 
(秀逸すぎる故に、王道になり、陳腐化してしまう定め)

(そして静岡も知らずにゲームを作ってると、似たような演出や謎解きで被りまくっちゃうよ、ということか?)
 (となると、人類は全員静岡をやるべき。 4までは、義務教育



で、他にもまだある。
クロエ、クローディア・・・ クロ、クロ、、 似てる・・・似てるな・・・ (やっぱり似てないでごわす)

ライフイズストレンジ サイレントヒル

本気でこじつけするなら、
クローディアは、14才の時の主人公(アレッサ)と姉妹のような存在であります。
ヘザーはクローディアのことを忘れてたけど、クローディアはずっと主人公のことを覚えていた。

クロエは、14才の頃、主人公のマックスとめっちゃ仲良かった。姉妹のような存在だった。
マックスはクロエのこと忘れてたけど、クロエはずっとマックスのこと覚えてた。


みたいなね。


ヴィンセントと、ジェファソン先生
ライフイズストレンジ サイレントヒル

ライフイズストレンジ サイレントヒル

このメガネはまともそうだな紳士そうだな、と思いきや、この性格。
とかね。


ゲームのクリエイターにインタビューとかするなら、
いっぺんくらい、こういう訳のわからないことを問い詰めて困惑させてほしいよ。
「なんでこのゲームはこんなにサイレントヒルにそっくりなんですか????」

[ 2018/03/02 10:57 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(3)

ホライズン感想文


で、やっっっとホライズンゼロドーンの話をする。
(まともに新作ゲームの感想文かくの、一年ぶりとかじゃないか?)
(昔はここ、ゲーム感想ブログみたいなところあったのになぁ)




手短に語るなら
本当に、まっとうに面白いゲームでした。


主人公の謎と、
世界の謎が、少しずつ明らかになっていく。

それが普通に面白い。

まぁ今時、ゲームのことを「映画的」「映画の中で動いているよう」みたいに褒めることが
そんなに良いことかどうか分からんけど、
まっとうに、映画的スケールで、スッゴイ作り込まれてて、面白い、
遊ぶことで、リッチな気分にさせてくれる、そんなゲームでした。


で、もうこれで良いやと思ってるんだけど、

まぁせっかくなんでダラダラ語る。


で、クリアして数ヶ月放置してるゲームについてダラダラ語るのに1番楽なスタイルを考えた。
それは、自分のスクショを順番に貼りながら、
色々思い出しながら語るという方法。


というわけで、スクショを貼りながらホライゾンの思い出について語っていきます。
(とかいいながら最初は結局スクショも貼らずに語ってるんだけど)


当然ネタバレだらけなのでクリアした人しか読むべからず。
クリアした人が読んだとしてもクソみたいな文章なので覚悟しておくべき。

[ 2017/12/27 18:07 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

最近のゲーム生活 主にARK: Survival Evolved話

 
ようやく弐号機関連のことが色々一段落ついた気がするので、
最近やってるゲーム関連の話します。

こういうのすっごい久しぶりな気がするけど、まとめてします。
寝言垂れ流しです。


・ARK: Survival Evolved
・LET IT DIE
・ドラゴンズドグマオンライン



まぁこの3つの話ですね。 (結局DDONの話するのかよ (まぁ今回は添え物だから) )

あと「ホライズン」については、次回があれば書く かも。
(ホライズンはこないだクリアしたけど、このゲームは、それで一個で記事ちゃんと書かないと失礼なくらい)


本来なら3回に分けて更新すべき内容を一個の記事にぶっこんでるから糞長いです。
それぞれ単品だと思ってください。
(限界までブログを更新したくないし、ブログの画面を見たくないんだ)


でなんかもう最近、
「ゲームはもうこの3つのローテーションだけでいいじゃないか」と思うくらい、
この3つで完結してますね。ヤバイ。多分よくない。


てか最近、延々とゲームをやっている筈なのに「ゲームをやってないような感覚」があります。
どういうことか
なんか、今やってるようなゲームって全部、
「ゲーム」というより「生活の一部」になっちゃってる気がする。


ARKは勿論、「もう一つの人生(無人島生活)」って感じだけど、
レリダイとDDONは、ノルマに追いかけまくられてて、なーんか「仕事」みたいだし。

だから、ゲームっぽくないのかなぁ。


[ 2017/11/14 16:37 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(6)

最近のDDON事情 その3


寝言。


(もういい加減ゲームの話でDDONのことばっかしか喋ってないから)
(今年DDONの話するのはこれで最後にしようと思う)


とりあえずDDON3.0になってから、3週間くらい経ちましたかね。


自分としてはまずは、
このクランクエスト計算ツールがシーズン3用に結構直したので、その話をしつつ、
最近のDDONの自分のプレイ状況の話でもします。


まぁ大体の感触としては、
ソロプレイヤーとしては滅茶苦茶遊びやすくなりました


あと、色々と美味すぎます。 DDONは今が1番美味いのではないか? そういう話になります。


?

[ 2017/09/09 16:59 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(4)
月別カレンダー
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -