ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2010年04月

カマキリに見るニートの歴史

今月はカマキリまみれの月になるかと思ったけど
別にそんなことはありませんでした。


ちょっとカマキリに注目して
このニートの進歩(笑)を振り返ってみようと思います。


まずこれ↓
カマキリ
これは2年前、ニート以前
趣味でParaFlaを覚えて作ってた頃の産物です。

やり方としては、
sincosが分かっていれば作れます。

_x=Math.cos( (カマキリの向き / 180)* Math.PI)*半径;
_y=Math.sin( (カマキリの向き / 180)* Math.PI)*半径/2;


この、 「 Yの方を 2で割る 」というのがミソで、
これで縦に潰れた楕円になります。
それに沿って、体を構成している各頂点が回転させれば
それなりに立体っぽく見えるというワケです。


当時の自分は、この「2で割るだけで実現できる疑似3Dを面白がって
現実逃避に糞ゲーを作ることばっかしてましたとさ。


次。 ニートになってからも
現実逃避に意味の分からないモノばっか作ってましたとさ。
2D版モデル人形にカマキリを入れたり。
カマキリ
この頃描いてたパス絵はなんか描き込みすぎててキモイです。
本質的に絵が下手なのに何をやっていたのだろうという感じ。

でも、この時のカマキリのPDRファイルが、
今作っているゲームにちょっとだけ流用されたりしています。
羽根と腹部なんかはかなりそのまま役に立っています。


今見るとこの2Dモデル人形自体もかなり意味が分からない。
まず操作が相当難関だと思う。
例えばカマキリの羽だけ削除するとかも出来た筈なんだけど
その為には羽根のないキャラを選択して
その状態をコピーして削除するとかだった気がする。
もはや当時の自分しか使いこなせない。


それでも、それが3D版のモデル人形に繋がったと思うので
結果オーライ。

「2Dだろーが3Dだろーが、2頂点の距離と角度が分かれば
 スプライトは繋げられるんじゃーい!」
って感じ。
(ニートなりの3Dの理解。その1/その2

そして3D版のモデル人形自体も、今となってはあまり意味が分からない。
(実際こんなの無くても絵は描けるようになるし、ならないといけないのだ)


と、言いつつモーションメーカーに繋がったと思うので結果オーライ。
そしてそれも、カマキリ版モーションメーカーに繋がったので結果オーライ。
モーションメーカー
これもいつの間にか機能が増えてたりします。


そして今、そのモーションを使ってゲームを作ろうとしているワケです。
エターナりそうだけど。
カマキリ
ここで、今までと変わったのは
各間接に「向き」があるということ、
カマなどの左右非対称の部分は、裏表を判断して向きを決定してます。
それをやらないと、左右非対称の部分は角度によってはおかしくなるから。
カマキリ カマキリ
 裏表判断ナシ  裏表判断アリ

カマキリ
3頂点を使って、距離と、角度と、裏表を判断しています。
テクスチャの裏表判断に近いと思います。

だから、見るアングルを変えていると急にクルッと反転する時があります。
すごい単純なんですが、意外と違和感は無い気がします。


さて、結局まとめると、
「意味不明なモノを作ってたけど
 結果何かに繋がったので結果オーライ」
って事ばっかですね。
(自分自身、そういう考え方は過去に全否定してたりもする)


どうせ完成する未来の糞ゲーも、意味が分からない産物にしか
ならないのは分かり切ってます。
それも何かに繋がるのか?


人生自体どうせ無意味なんだから、
その「暇つぶしの結果の産物」がどれだけ無意味であっても
別に構わないような気はする。

[ 2010/04/30 16:39 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(0)

ゴンさん

今週のHUNTER×HUNTER
なんかゴンさんがとんでもないことになっていたので
描きました。

ゴン=フリークス
↑クリックで伸びます。髪が

   \           、_                 ヽ
 ̄ ̄ ̄`         \ `  ‐-   _     _>ヘ.
\              /             `´    / '.
  丶、           ∠ _     ,. ─        - 、\l    そうか
 ̄ ̄              / _,. ´, - 、       , - 、\〉    本当だ
\              ∠、   / /⌒ヽ     '⌒lヽ/    死んでるなんて
  丶      /⌒ヽ /   /  l   l      l │l      嘘だ
     >‐  / ハ.  ′      ヽ、ノ       丶ノ ハ 
  <     人ヽ 〉、    / ⌒)       冫⊂、〉   ちゃんと
     `  、   \丿     ヽ 厂       _,.    /     治してくれるんだ
       `  、 ヽ_,.     l |      └ ′ , イ
            \. /    丶J           /し
          、___/      `>      /
        ノ    `ヽ、         厂´
        / , -─-、 \      〈\

一週前がコレ↑ですよ。 (正直、カワイイ)

   ▼ ███████████████████████████████████▍▼
    ▍ ██████████████████████████████████▎ ▍
     ▎ █████████████████████████████████▎ ▎
      Ӏ █████▅ ▀▀██████████████▀█▀ ▅█████ Ӏ
      ┃██████▅  ┃▍▀████████▀▌▎▎▋▅██████ ┃
        Ӏ ███▆▂▀▀◣ ▎▌▎▎▍▋█. ▉▊▉▎▋▍▍▌▀▀ ▃███▎Ӏ
        ◥█████▃ ┃▍▋▍▍▌▊▉ ▉▋▊▍▋▍▍▍┃█████◤
         ███▀▀ Ӏ ┃▍▋▍▌▋▉▊.▊▌▋▍▌▎▎▎┃ ▀██▊
          ◥███▅◤▀▆▃▎▌▎▋▊▊▋▊▍▌▎▍ ▂▅◤▀◥▅███◤
         ◢▀▀█◣   ▃▅█▇▅▃▂▋▊▌▅▃▅▇█▆▅▃   ◢█▀▀◣
        ▊◢▅▇▀◣ ◥▌ ███◣▀◣▋█ █▼◢███ ▐◤ ◢▀▆▅◣ ▊
       ◥◣▼█ ▌    ▀▀ Ӏ ▎▋▋▊ ▊┃▎ ▀▀    ▐ █▼◢◤
          ▌ ▼ ▋     ┃▎▌▊█▐. ▎▍▎Ӏ    ▋▼  ▌
         ◥◣ ◥▅▌      Ӏ ▎▍▉█ ▌▎▌▍Ӏ     ▐▅◤ ◢◤
           ◥▅▃▲     ┃▎◥▇▀┃▌▍▎┃ ▲▃▅◤
           ▀██  Ӏ ┃ ┃ ▃▂▃┃▍▍▎┃ ◢█▀▀
             █▀◣┃ ▎▎◢▀▀▀▀◥ ▎▎▎ ▅▀▉
             ■  Ӏ◥◣▍▍▎▲▅▃◤┃▃▆▀  ▊
             ▂▅█  ┃▎▀▅▃▌▌▍▄▆▀┃   █◣▂
         ▂▅◤▀ Ӏ▊   ┃▍▎▍▀▇▊▇◤▌▎┃   ■ ▀◥▅▃
   ▂▃◢〓▀  ▂◢◤▀ ┃┃▌▍▌▍█ ▉▊▍▍┃   ▀◥◣▂   ▀〓◣▃▂
▅■▀       ▀◥◣   Ӏ ┃▋▌▊▌█.▊▋▎▌┃     ◢◤▀         ▀■▅

それが一瞬でコレ↑ですよ。 (正直、やだ・・・かっこいい・・・///)



流石ビスケの弟子というかなんというか。
どういう成長速度ですか?何年分髪の毛伸びたんですか?

などなど

[ 2010/04/27 09:11 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

白熱教室の感想

NHK教育で再放送してた
白熱教室って番組を見ました。

Michael J. Sandel

そして色々感想があったはずなので
思い出しながらそれでも書こうと思います。

まぁそんなことよりも似顔絵が全然描けなくなってたことが
一番気になりましたとさ。


とりあえず番組内容は知っているのを前提、みたいな感じで。
[ 2010/04/26 17:45 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(2)

久しぶりに電波っぽい話

さて何も書くことがない。
でも実際のトコロ、
自分は常に、頭の中に流れている文章の量は相当あるつもりなのです。


自分はいつの頃からか、
頭の中で、常に何者かに向かって喋り続けるようになっています。

「自分の脳には常に何らかの聴衆が接続していて、
自分はそれらを楽しませなければならない」
という強迫観念があります。
頭の中で面白いことをしゃべれていない人間の人生には
価値がないような気がするのです。
しかもその内容は本人が本人にとって面白いだけでもダメなのです。

(これはオカルトや宗教臭い話ではない、つもりです)
(その「何者か」は、存在しなくてもいいのです)
(例えるなら、ラジオのDJとか、ゲーム実況主の感覚にきっと近い)
(誰に聞かれているか分からない、そもそも聞かれているかも分からない)
(自分の人生自体をゲームだとして、それを実況しながら生きている感じ)
(でもその内容は、どうせ垂れ流すのなら出来る限り面白くしておかなければいけない)


もしも人間の人生は虚構とした場合、
ある人間の人生の価値を決めるモノは、
その人間にとってが自分自身の人生が面白いとか、
成功しているように感じるとかではありません。
その人間の人生を鑑賞している存在にとって、
ソイツの人生や脳内が面白いかどうか。

これで全てが決まると思っています。

(人生は何者かに対しての鑑賞物であるかもしれない。
 そう考えておいて問題はない。 「被盗聴の妄想」
 というような話は何度か言ってきた気がします。それの延長の話)
(いくら自分自身で自分の人生は面白いとか自分の人生は成功してるとか
 感じていてもダメで、鑑賞者の知的好奇心に応えられる内容でなければ
 人生の鑑賞を切られてしまう
(ちょうど、人間がつまらないアニメ(虚構)を切るように)

例えば、
「何かを食べておいしかった」とか「自分の人生は幸せだなぁ」とか
そんなレベルの低い悦びは、人生の鑑賞者には通用しません。
そんな感情を抱く人間はきっと、見飽きているに決まっています。



これは完全に、自分がいつの頃からか思いついた妄想の話なんだけど、
それでも自分は自分の脳内を何者かにとって面白いモノにしておこうと努めています。

鑑賞者にとっての脳内の面白さ=その人間の人生の価値
これに関しては、出来る限り人類の上位に入り込みたいと思っています。


(いつか人間の人生はメディア化されて接続を選択されるようになっているかもしれない)
(そうであって欲しいだけかもしれない)
 ↑この理由もいつか説明しないといけない
(むしろそうだと考えておこう/そう考えて備えておくべきだ)
(人間の人生は、自分のためでも他の人間のためでもない事は考えれば分かる)


そうやって考えたときに、
自分の人生の「メディアとしての価値」について考える。
コイツは、放っておいても価値ある人生だろうか、鑑賞者に対して。
他の68億の人間を押しのけて優先して接続されるに足る興味深さだろか。
(いや、今まで存在した人間、そしてこれから発生する人間全ても競争相手である)
(特に、完結してきた偉人達の人生なんかは、かなりの人気シリーズになっている筈だ)

それらに対する自分の、このニートのアドバンテージは何だ?
少なくとも自分は、思考と行動の異常さと合わせて、 
(こんな事を考えている時点でそれは保てる)
そして、頭の中で常にゲーム実況のように人生を実況する、
という事をし続けています。
自分の人生のポテンシャルの面白さと合わせて、
「これで全人類の上位何パーセントだろうか」などと考えたりします。



その結果、自分の行動はかなり異常なモノになってくる。
他人から見ると理解できない選択を平然と選んだりする。

それはそうだ。
「利己主義」でも「利他主義」でも絶対に説明が付かない
行動原理なんだから。


存在すらしない何者か(全人類と何の関わりもない存在)が、
自分の人生をヲチしているとして、
その者にとって最も興味深く、面白くなるような行動の選択を選ばないといけない。

これが、このニートの行動原理です。

普通の人間なら到底恥ずかしくて出来ないような行動を敢て選んでみたり
逆に、普通の人間なら当然選ぶような普通の選択は、
当たり前すぎて恥ずかしくて選べなくなります。


こんな、誰のためにもならない 
妄想の上位存在に対しての自己ピエロ化した行動ばっかりしていると、
結果もちろん、人生はボロボロになっていきます。
(まさにニートになったりします)
(そりゃそうだ。利己でも利他でもないんだから)

それすらも、「やはり人生の鑑賞者にとっては興味深いだろう」という
無限ループの正しさで成り立っています。



そして常に自分は頭の中で喋りながら色んな事を考えています。
寝る前とか布団の中とかは、特に大量に頭の中で喋ってます。
そういうときの自分は、いくらでも更新するネタがある気がするし
何だって語れる気分になっています。


でも起きると、全てがバカバカしく思えてきて
結局何も書けないです。

例えば今書いているこの、「ガチ電波」な内容の話は、
寝起きの精神状態では絶対に書けないです。


つまり、こうして何かを書いているときというのは、
「躁鬱」で言えば「躁」の状態の時が多い。 (そりゃそうだ)
だから結局残るのは、常に頭がオカシイ時の文章だけになる。
今だってオカシイ。


さらに、ちょっとした事、下らない事などは
全部ツイッターの方に流れるようになってしまいました。
(それにしたってツイッター上では
 あまりネガティブな事は呟くに呟けない)


これはヤバイと思う。
これをヤバイと思うのがヤバイのか。

[ 2010/04/24 19:35 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)

糞ゲの兆し

作りかけカマキリゲー、とりあえず今こんな感じです。



操作方法
カーソルキー         移動
( SHIFTキー同時押しで、なんというか、軸移動します )
Zキー              なんからを撃つ
Xキー              ジャンプ
ASQWキー/画面ドラッグ   アングル変更
( 視点がフリーダムに弄れるのは今のウチだけだと思う )
Vキー            吐血



主人後機であるカマキリの表示だけで
なんか手一杯な感じだったので、
敵やら弾やらエフェクトが出たらどうなってしまうのか。

で、とりあえずモーションは仮のモノを入れておいて
大体ゲームらしくなる最小限の要素をループしてみた感じです。

どうなんだろか。
これにアイテムやら背景やら表示やらが必要になる。
アイテムはともかく、背景がかなり困ったことになりそう。
(2Dの画像をスクロールするだけなんてのは、使えないし)



というかシューティングだったのかこのゲームは。


今の所、カマキリの動きがシューティングの自機としては
ありえない動きをしています。
(歩いた方向を向いて、更にそっち向きにビームを撃つという)
(SHIFTキーを押すと、それっぽくなりますが)

なんでそんなことにしているのかというと、
今のところ仮に入れている横歩きのモーション
かなりダバダバ歩きになっていてハズイからです。
最終的にはなんとかするつもり。


だいたい、カマキリって横歩きするのか?
縦シューで一番見ることとなるモーションは横歩きだろうに、
これはかなり由々しき問題。

カマキリゲーム

ところでシューティングゲームは
かなり荒唐無稽でも許される気がする。
カマキリが血を吐いたり
ビームを撃ったりしても、何の異常性も無いですよね。

[ 2010/04/21 16:06 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(0)

第二次ニート宣言

なんか言ってたような気がするけど
それらは気のせいでした。
そうだ、これは夢だ。自分が就職就職出来るワケがない。
この自分が、就職出来ているパラレルワールドに遷移できるハズがない。
むしろ自殺して確率を操作してでも、それから逃れるハズだ。



自分はもう、何があろうと、一生ニートです。
少なくとも、心のニートです。
何も変わることはありません。
(いや、更新は落ちるかもしれない
 でもそれは、やる気が無くなったからだと解釈)


この覚悟によって、
最も忌むべき存在になることが出来た気がします。
自分以上の邪悪なニートはいないと思っていたけど、
自分自身がソレになれました。自分を超えることが出来ました。
今話題の、家族5人殺傷ニートなんて目じゃないです。


「そうだ、ニートはニートでしかない」
「ニートはニートだ、ニートでいたい」
「ニートはニートでいたい!」
「ニートはニートでいてもいいんだ!」


\(^o^)/


そしてこれはザリガニです。
ガガザアちゃん

[ 2010/04/19 20:56 ] このブログについて | TB(0) | CM(3)

全力でカマキリ表示

とりあえず自作ゲームの枠組みの方にカマキリを持ってきました。
モーションは後回しで、画面内を移動するだけです。

モーションメーカーの方では、棒人間みたいな表示だったので
「カマがカマになってないじゃないか!」と思われたかもしれませんが
それはまぁあえてそういう風に作っているのです。
モーションを作るために出来るだけシンプルで見やすい表示にしています。

↓実際のゲーム内での表示はこんな感じになります。
これが現段階での全力のカマキリ表示です。
(勿論、ここから更に全力で良くしていきたいけど)
(文字通り、「画竜点睛」欠いてますし。瞳がかけない)


操作方法
カーソルキー         移動
Zキー              ジャンプ
ASQWキー/画面ドラッグ   アングル変更
Xキー            吐血


…あいっかわらず、移動して血を吐くだけですが。
次はこれに全力でモーションを入れていきます。

ゲーム内容そっちのけで、主人公機のグラの事しか考えてないですね。

カマキリ

[ 2010/04/16 13:42 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(0)

分岐

ちょっと
自分の人生の分岐点の気がする。

これ以上の底辺に堕ちるか、
普通のつまらない底辺になるかの境だけど。

詰まらない人生か、詰んだ人生か。
[ 2010/04/12 13:33 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)

カマキリ特化型モーションメーカー改

というわけで、全力で
モーションメーカーカマキリバージョンを作るところから始めました。

そして出来ました。

立体のカマキリのモーションを作るのが目的なので
これだけでは棒人間っぽい表示ですが、
実際に表示するときはもうちょっとマシにするつもりです。


Zキー パースをきつくする
Xキー パースをゆるくする

スペースキー アニメーション再生 (今は何も入ってないです)
方向キーで空間内を移動できます (ラジコン操作)
シフトキー押したままで方向キーを押すと上下左右に平行移動できます

マニュアル
マニュアル
直接swfファイル



まぁ少なくとも、カマキリに好きなポーズを取らせて
あらゆる角度から眺めて鑑賞するフラッシュにはなりました。

例え、全人類にとって「誰得」でも、超絶「俺得」なので良いのです。
一日中眺めていられます。

カマキリ

カマキリ

本当にカマキリって地球上で一番美しい生物ですよね。
[ 2010/04/09 13:14 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(0)

体はうどんで出来ているアゲイン

また今年も、はなまるうどんうどん定期券を発売するようです。
はなまるうどん

今度はなんと、4月7日から5月15日までの間
500円で毎日かけ小(105円)をタダ食いできるようです。
つまり今日買えば39回です
275Kcal×30日=10725Kcal
これだけのエネルギーをタダでいただけるワケです。

牛丼屋チェーンの値下げキャンペーンなんて目じゃないくらいの
施しの精神ですね。
(それでもまぁ太陽が無償で照っていることからすれば
 どうということはないけど)


んでまぁ、毎年この季節はこのキャンペーンのせいもあって
なんかモチベが出てくるのです。
というわけで、ちゃんとしたゲームを作ろうと思います。
宣言しておきますが今度は途中放棄しません。


なんかコメントでも言われたのですが
例の3Dゲーは、
自分の中で最終的に目指しているところはあるのですが
それが途方もなく先にあるので、
ものすごい惰性で作ってる感じになってしまっているようです。

それと、なんか技術的に実現方法を思いついただけの
ワンアイディアで作ろうとしたゲームも、
このニートの場合、大抵頓挫します。
(最近のだとピンボールゲーとか)


つまり自分は、ものすげー長期で作るのも、
ワンアイディアで短期間で作るのもうまくいかないので、
もう自分の作りたいモノを、リビドーにまかせて作ることにします。


というか今まで自分が作ってきたゲームの中で
一番マシなのはそういうのの部類だと思う。
(まぁキリギリスゲーのことなんだけど。糞カオスゲーだけど。)


で、新プロジェクトはどんなモノか。
何に対してのリビドーか。
カマキリへの愛です。


タダ単に、
カマキリがモゾモゾと蠢きながら
敵を倒しまくるゲームが作りたくなっただけです。

ゲーム性とか面白さとか価値とか意味とかは、二の次です。
自分が作ってて面白いかどうかしか考えません。
でないと続かないので。

どうせ、全ては暇つぶしです。

[ 2010/04/07 13:07 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -