ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2010年11月

五条△

まぁ定期、んなこと言ってても仕方が無いので
カオスにしてウヤムヤにします。

今月もアホみたいに短い月でした。



レギオン
最近、画風がイミフになってる気がしたので
普通に戻そうと思った。

多分ペンタブ買って最初に描いたカマキリが一番マシだった。
何をやっとるんだ自分は。


            /. :人厂\: : : :|: ::|: : .\
           /:/⌒   ,-、∨: :|: ::l⌒ヽ::.l
            |::|    八__ノ.: :/: :/   |::|
            |::|
 |  \__//  | |::|
           _|::| |              | |::|_
        | 〈_,===、__,===、_〉 |
        |   《  //厂 ̄ト   //》   |
         \〉 `¨¨´│  │`¨¨´ 〈/
          | \  〈    〉  / |
          |  ∧_\/_∧  |
          \   ∨ー-‐-‐∨   /
            /\  ` ̄ ̄´  /
         , ─
  ∧       ∧  ─ 、
       / ̄|  l
  ` ‐--‐ ´  l  | ̄\


              / 〃丶           \
             / //               \
           /           n          〈∨ヽ
           ,_儿ヽ      丿        ∨ 儿_、
        _〉: : l| │               〈Ⅵ |l : :〈_
       ⌒. : : : :|| 〈  , ─ 、     , ─ 、∨ ||: : : : .⌒
      ⌒. : : \厂\_∨,イ⌒ヽ ', __ /,イ⌒ヽ ∨_/气/ : : .⌒
    │. : : : : :│⌒仄八 l: : : :リ爿冂片〈l: : : : 八仄⌒│: : : : : .│
    人: : : : : :人_|::| ヽ`ニ =彡/\ヽ`ニ =彡 |::|_人: : : : : :人
   〈: : : : : : : : : :.八|::|   `¨¨´ \/ `¨¨´   |::|八.: : : : : : : : : :〉
   ヽ : : : : : : /| |::|     ^卜ェェェェェイ^    |::| |ヽ : : : : : : /
   _>: : 个 人_|::|      ` ̄ ̄´        |::|_人 个: : <_
 / ̄ ̄  │   气人_              _人厂   │   ̄ ̄\
   / ̄ ̄│    ∨//              //∨    │ ̄ ̄\
 /      │     \〉              〈/     │      \
         |        >、_、      ,_, <       │
         │    /⌒\ ` ‐--‐ ´ /⌒\    │


            , : :/: : : :/ . : : : : : : : : : . ヽ: .ヽヽ
           .: : :l : : :/ : : :l : : : : : : : : : . l: : .l: .l
          |: : l : 〃: : : :|: : : : : : |: : : : :|: : :| : |
          |: : | : l|: : : : :|: : : : : : |: : : : :|: : :l: : |
           /: : :L;儿:: : : :|: : : : : : |: : : : :|_儿: l
        /: : : : 厂 〈 ̄ト_、___ ,_イ ̄厂 |: : :',
         ,: : : : : :| |  ` ー ' 〉 〈 ` ー '´ | |: : : :,
        ,: l : : |: :l八     <  >     八|: : : : ,
        Ⅵ: |: |: :| ∧     └′     ∧: :|: : : : :〉
         │:|: |: :|ノ| ∧ ,. -───- 、/ |: :|: : : :/
        V : |: :| │ ヽ ´二二二`ノ ,'  |: :|: |V
          /\|: :|/l   ヽ        /  |: :|/⌒\
      /   /ヽ:| l   ,.个ー──‐个 、 |:/ \   \
     /   /    | / ̄\    / ̄\ |   ヽ  ヽ


         l:: : : : :/. : : : : : : : : : /     丶: : : : : : : : : : . \: : : : ::|
         |: : :/. : : : : : : : : : : /         丶: : : : : : : : : : : .\: : :|
         |: /. : : : : : : : : : : :/_        _\ : : : : : : : : : : .丶:|
         l/. : : : : : : : : : :/   ̄`    ´ ̄  \: : : : : : : : : : : .l
          /: : : : : : : ://                    \\: : : : : : : :ヽ
         /: : : : : : :/:< _/ ̄`ヽ\      // ̄ `ヽ_>:\: : : : : : :ヽ
        .: : : : : : / : :/∨  /⌒ヽ       / /⌒ヽ  ∨\: :\: : : : : : :.
        .: : : : : :/ : :|:乂  |: :じ: :|│    │|: :じ: :|   乂:| \: 〉: : : : : : :.
      .: : : : : / : :/|  |: : |  ヽ : :ノ          ヽ: : ノ   | : :|  |/: :/ : : : : : l
      l: : : : / : :/八 |: : |:                        | : :| 八:/: : :/ : : : |
      |: : : / : :/|: : :: : | ///      ,l       /// l : :: : :| : :/: : : : ,'
      l: : / : :/: |: : :/: : 从                       从: ::|: : : | :/: : : : /
      ヽ : : :/: : |: :/: : /: 人      ┌──┐       人: : ::|: : : |/: : : : /
       ヽ : : : : |:/: : /: / : .\     ヽ   ノ      /. : :ヽ: :|: : : | : : : :/
          : : : :/: : : : /: : : :| : \  /^'⌒'^\  / . : :| : : :ヽ: : :│: : :〈
        ノ : : /: : : : /: : : : :|: : : ./         \ : : : : |: : : : :|丶│: : : :ヽ
       /.: : :/: : : : /|: : : : : l: : /             ヽ:: : :l: : : : :| : .ヽ: : : : : :丶
      /.: :/: :│: : : /: |: : : : : ∨⌒)ー、      , -(⌒∨ : : : : | : : : .ヽ: : : : : :.
    /: : /: : : : :/: : |: ::l'⌒Y  /  /⌒l   l⌒ヽ ヽ  Y⌒l: :| : : : : /ヽ: : : : l
    .:: : / : :/  \ : : | :│ /  /  /  /     '   ',  ',  :   |: :|: : :/  ヽ : : |
   :: : / : :/      \:| :ノ /  /  /  /     l  l  l  l.  |: :|/     人: : |

イナイレ人気投票のために作った工作AA
なんか、みんな左右対称。
五条さんまじぱねえっす!

あと良くワカランけどこのおにぎりの人はかわいいと思った。




試しに一枚の画像を貼り付けるようにしたけど
予想以上のクソ重さと汚さに絶望です。
もう諦めていいでしょうかtakoさん。

[ 2010/11/30 14:57 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

創作に貴賎あり

ここでハッキリ言っておこう。
趣味には貴賎がある。

「趣味に貴賎はない」なんて、綺麗事を言う人、知らんです。
あるよ。これはもう。
少なくとも、創作系趣味なら、確実にある。
うん、
創作にも貴賎がある。

例えば自分はマンガが描ける気がしないので
マンガ > イラスト だと、ハッキリ思っている。
ある種の上位互換性があると思ってる。

例えば、ある人が趣味で作れるモノがあるとするなら、
それでもう、作れるモノによってランクあるだろって思ってる。
自主制作アニメ > マンガ > イラスト
みたいな感じ。

マンガはタダのイラストの集合ではなく、
そこに物語性やら、
とにかく、一枚イラストしか描けない人間には
至れない壁が、山っっっほどあるのは確実なので。

これを単に趣味のステップアップといってもいいけど、(それにしても貴賎だ)
それ以上に、作る物の自由度の次元が上がっているってことが大事。
イラストが2次元情報なら、マンガは3次元のメディアってこと。
(3次元っていっても立体って意味じゃないよ)

自由度の次元が上がるということは、
それだけ作るのが難しくなるということでもあるから
ともすると実際に出来上がるモノのクオリティは下がるかもしれない。
(例えばマンガをアニメ化したらガッカリにしかならない現象など)
でもそんなことに関係なく、自分はアニメ>マンガだと思ってる。

それはもう表現の自由度の次元
メディアの上位下位を語ってるから、だけかもしれないけど。


で、こんな風に
創作活動に貴賎があるなんて事を書いて何が言いたいのかというと、
いつもどおり自虐がしたいだけなんで、そこんとこは宜しく。

あと、「趣味に貴賎があるかないか」で議論をする気も一切ないので。

              │
              │     上   文   ど   思   ? 
              │    で  化  う   っ
              │    す  と  考  て
              │     よ   し   え  ま
              │     ね  て  て   す
              人     ?       も           ,
            /. : : .\                       /
            /. : : : : : : . 丶.. ___   ____/
          //. : :/.:: : : : : : : : : : : : : ::)/: : : . \
        〃. : ::/∧:: : .  : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ
       ,′  // ヽ: . \\ : : : : : : ::::.l : : : : : . l
        l:  //   〉: : . \\ : : : : : ::::| : : : : : : |
         |:; // -一个 : :、: : : . \ : : : ::::| : : : : : : |
       l:|//:|  イ厂「ト、\\>─≧、: :::|l : : : : : :l
         Ⅵ.::| ヽヽ.:ノ    \ /゙厂丁lⅥ| : : : : :.;'
         l:人_,.             丶.:ノノ |:|l : : : : :/
            ヽ::::.       ,           /.;リ : : : :/
            ト::;ヽ     `         /.:/ : : : :/
            |:人::.、   ,= 、   、_,:イ : : :/
         ノ'   ヽ\   ニノ     / : :/
              〉「\_    イ  |::〈
              八          /\\
             / ノ        |l   \
             /  ,イ        从   \

(ま、マンガとイラストなら自分は容易に決められるけど、
 この岩瀬さんが言うような、「小説 > マンガ」とかは
 なかなか決めがたいです)


で、ここで
自分の創作系趣味の中の
メインウェポンだかサブウェポンだかよく分からない
AAについてだけ絞って語ってみる。

で、やはりAA系の趣味においても貴賎はあると思っています。
ハッキリ書いてしまうとこうなる。

やる夫 > 長編 > 顔文字 > ただのコピペ文化

うむ。こうなる。
例えば長編>顔文字なのは、
それはもうさっき言ったのと同様。
単体の二次元情報である顔文字系AAと、
二次元情報の文脈のある配列である長編。
ここには確実に表現の自由度の上昇があるので、
この上下関係を逆転させる考えは、自分は聞く耳もたない。

(まぁどっちにしても顔文字を最下位にしてるのは自虐もある)


で、なんでやる夫が最上位なのかというと
それについて語るのが今回言いたいメインのことかもしれない。


とにかくやる夫は、スゴイ。考えてみれば考えてみるほど、スゴイ。
こんなにも人間の表現欲を簡単に満たしてくれる
表現方法って、他にないんじゃないかと思う。


まず、使用する絵に関して、
かつてのAA文化で大量にトレースされ、収集されてきたAA群を
使い放題、というのが凄すぎる。

そしてそれを、誰が作ったモノだとかいう事を気にしないのが
凄く重要。
そんなのはトレースAAに関して、本質じゃないってこと。
(もともと限りなく黒に近いグレーなシロモノ)

そしてパッチワークのように
既存の絵、記号を組み合わせて
自分の好きなように物語を紡ぐことができる。

なんか、凄すぎる。
完全に極まったアシスタントを装備した状態で、
漫画家になれるようなものではないのか?
(全てのAA職人をアシスタントに従えていると考えると、ちょっと凄すぎる)
下手すりゃ、自分は一切絵を描かなくても
マンガのような熱さ、文脈、物語、それらを作り出すことが出来る。

一切悪く言ってるつもりはないです。
これは本当に凄い、創作のパラダイムシフトだと思う。



そこんとこを自分みたいな人間は、
「全部自前でAAを用意しないとやる夫とかやる気になれない」
とか思ってしまうんだけど、
そこがそもそもの大きな間違いなんだってこと。
長編も同様。
ただの記号である個々の人物描写を
いちいち自作であることにこだわる必要は、実は全く無いということ。


その辺、やる夫というシステムは凄すぎる。
既存のAAは全て素材、記号。それでいいのである。
そもそもAAとは本来そのように使うべき素材である。

その辺の認識を誤っているから、
自分みたいな人間は、生涯地を這う・・・!


全くもってうまく説明できる気がしないけど、
とにかくこんな体系の創作文化って凄まじすぎるとしか言えない。


AAがコピペ改変容易な文字列情報であるということとか、
それでいて、やはり絵でもあることとか、
掲示板で気軽に発表できるとことか、
本当に、全てが噛み合ってる。


で、ここまで持ち上げておいて
「結局お前は顔文字系トレースAAしかやる気ねーのかよ」
ってことになる。
なんでだろね。

やはり、自分の中に表現したい物語がないんだろう。
あと、全力出すのが怖いんだろう。

というか、やる夫で
自分の暖めている設定とか物語を使うくらいならマンガ描くわい。
そう思っている自分がいる。


はい、これらもまた全て、負け組の発想
(とりあえずまた、絶夢でも置いておきますね。)


創作に貴賎があることは分かってる。
それでも、やはり自分のような底辺は底辺を這いずるしか出来ないんです。


追記:
まぁ久しぶりに発狂しようとしたけど
うまく発狂できたかどうか分からない。

いくつかいい言葉を引用しておいて逃げる。

「一つの道を究めようとすれば必ず成功と失敗を問われる。
 しかし……その道を歩むことにこそ掛け替えのない価値があるのだ」
「お前も自分の力を信じて――ただ只管己の道を歩むがいい!」

オキクルミさんの名言。

「ええ!自分が失敗してる理由を分析してるつもりで、
 浅薄な「いいわけ」を用意すると、
 そのいいわけは自分の歩みを今後一切阻む高い壁になるのかい?」

マスオさんの名言。

[ 2010/11/27 14:16 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

趣味に貴賎あり

最近なかなか発狂もできなくなってきた。
あとで発狂します


たまには発狂というか、愚痴りたいんだけど、
最近は本当にそれすらできなくなってきた気がする。
twitter上だろうがブログ上だろうが
どこでも本音を言えなくなってきている気がする。


「何故昔の自分はあんな事ができたんだろう」って
思うことは山ほどあるけど、
ブログ上で発狂するというのも、その中の一つ。


まぁ理由はいくらかあって。
一番大きいのは多分、
「愚痴の内容が既出だから」


自分が愚痴りたい内容なんて殆ど過去に愚痴り済みなので
一度愚痴るともう、なかなか同じ内容の愚痴は出来なくなる。

自分が言いたいことなんて大体、
・自分の無能さに死にたくなる
・自分の低レベルさに死にたくなる
・何も出来ない、何も頑張れてない
・実のところ何も面白くないけど面白いフリをしている
・思ったことを素直に愚痴ることもできなくなってきた←NEW!


辺りで固まってる。
多分全部、過去の記事でボヤキ済み。


だけど、
いざこうやってブログの編集画面を開くと
やはりものすごい勢いで糞文を書けている自分がいる。
あら?自分は文章書くの好きだったのか?


とにかく、N番線じだろうが
自分の低レベルさを嘆いてみる。


その前にちょっと「趣味」について書いてみる。

いまどきの人間というのは、普通どんな趣味を持っているモノなんだろう。

なんとなく考えたんだけど
趣味は3種類くらいに分類できる気がする。

曰く
・発散系
・消費系
・創作系

この3つ。
まぁ、それぞれの属性が被ってるのもあるだろうけど。


発散系は、
まぁ一番最後に言ってもいいけど、
消費にも創作にもならない感じ。
カラオケとか、ありとあらゆるスポーツ系、アウトドア等。
あと、ショッピングとかも、消費系ではなく発散系だと思う。
自分で料理せずに外食するのも、それを趣味だというのなら、
発散系だと思う。

ちなみに自分は、これでも多趣味な人間だと思っているけど、
この発散系は、自分でも一番下に見ている趣味の類です。
これらの趣味活動は、いくらリアルでやっていても
ネット上ではそれについて殆ど言及しません。
(どっちにしても自分は、スポーツとかを軽視しているし)


消費系は、まぁメディア系とでも言えそうな感じ。
映画鑑賞、読書、アニメ、ゲーム、マンガ、
何でもいいから、何かのメディアを鑑賞して、面白がる。
そういう、受身な趣味。
これも、結構自分自身でも下に見てしまっている。

何々を消費して面白かったorクソだった。
そんなのが、チラシの裏にしか感じられない。
それでもこの消費系の趣味からひり出されるボヤキは、
ともすると自分が一番ネット上に吐き出している情報かもしれない。
なんだかんだで、アニメゲームマンガ映画、好きだし。

あと
もし、自分の夢を自分で面白がるのを消費系趣味といっていいのなら、
ひょっとすると夢を見ているのが一番の消費系趣味なのかもしれない。
今のところ人類が体験できるバーチャルリアリティとしては、
夢が一番面白くて、一番クオリティが高いモノだと思うので。


つまり、アニメとかにうつつを抜かしている輩は
一日中夢を見てればいいんじゃないのかな、とか。自分でも思う。
本気でどんな映画よりも自分の夢のほうが面白い。


で、最後に創作系
創作系ってのは、まぁどんなに低レベルだろうが
何かモノを作った気になって自己満に浸る系。

自分が一番力を入れているのがこれなんだろうな、と思う。

理由は、わからん。
どうしてこうなった。
とにかく、ニートになったとき、それを頑張るしかないと思った。

で、結果いろんな方向に手を伸ばしてみたつもりだけど、
やっぱり死にたくしかならない。

んで、どう死にたくなるのかについて延々と語ってもいいんだけど、
やめておく。
とにかく、自分は低レベルだと思う。


続く

[ 2010/11/26 17:20 ] 駄文 | TB(0) | CM(6)

チンポコモン ゲットだぜ!

今日は勤労感謝の日ですね。
勤労感謝の日にニートは一体、何を為すべきか。
糞の如き更新をします。

チンポコモンが全部揃いました。
これで自分もチンポコマスターです。

チンポコマスター

こんなんでもワリと、渾身の力を込めて作ってます。
「 なぜオレはあんな無駄な時間を・・・」

一匹づつ解説。

チンポコモン寸評
チンポコモン多分こいつの名前はランブター。 偽ピカチュウ枠。 最初に作ったのもコイツ。 かなりカワイイ気がしてきた。
チンポコモン多分こいつがラントロン。 (ひょっとすると逆かもしれない) 偽ピカチュウ枠その2。 キモイ。
チンポコモン偽ブイズ。 色を相当いじった。 結局こいつは上手く直せませんでしたとさ。
チンポコモン偽ブイズ? コイツはブイズですらない。 キモすぎる。 
チンポコモンペンギン。 水・飛行って感じ。 Pengin is the cutest. 違いますね。 例の回で一番可愛いのは、このペンギンをケニーから奪おうとしているときのカートマンです。 まぁカートマンがサウスで一番可愛いのは分かりきってますね。 
チンポコモン多分名前はドンキートロン。 こいつも色的に相当うまくいってない。 突き出してるのはヒヅメで、なんかビームをだす。
チンポコモンひょっとするとコイツがドンキートロンかもしれない。 後半カートマンのママ(本当は父)が持ってたとき、名前が変わっている。 ほんとうに良くワカラン。 あと、今回の全チンポコモンの中で、コイツが一番出来が悪いです。 断言できる。 ドット的には、ドゴーム辺りをかなり参考に。
チンポコモンかなり美化したチンポコモン。 本当はもっと腹立たしい顔つきをしています。 ミネズミ辺りをイメージ。
チンポコモン結構上手く行った方のチンポコモン。 草・ドラゴンって感じ。 リザードをイメージ。
チンポコモン"チューチューネズミ"って発音してますね。 炎・悪って感じのチンポコモン。 (まぁチンポコモンは全部、悪が混じっててもおかしくないんだけど) コイツは、頭からアンテナを出すけどなんとなく描かないでおいた。 後、牙は片方だけについてる。 イミフ
チンポコモン名前はフューリーキャット。 つまりオコリネコ。 偽ニャース。 本当はもっと可愛くしてやりたかった。 コイツも手からビームを出す。 コイツのあんまり描き込んでないけど結構上手くいってる感じは、BWのドットに近いと思う。
チンポコモン名前は、ルースター。 どう見てもエアームドです本当に。 鋼・飛行。 コイツは進化もするらしい。
チンポコモン完全にカメックスもどき。水タイプのチンポコモンですね。 出来は、あまり良くない。 というか色もかなり違いますね。 これはいかぬ。
チンポコモン実はコイツがチンポコモンなのかどうかはかなり怪しい。 チンポコモンセールをしているときのオモチャ屋さんのポスターにいただけのキャラです。 他のエピソードにもこいつが出てたら確実に冤罪です。 ドット的には、クマシュンとか、熊系の進化前をイメージ。
チンポコモン。 特に言う事なし。 あえて言うなら、地面タイプのチンポコモンですね。

あと、数合わせにボールも作りました。
チンポコモン
とにかくまぁ、今回のことで
ポケモン風ドット絵は結構上達したと思う。
(何も深く分析せずに、漠然とマネてたなるたるの時と比べれば)
この最後のチンポコボールとか、十数分でやっつけることが出来た。

あとそれ以上に、
本家のポケモンのドット絵の凄さが分かった気がする。
あれは、モノによっては結構粗いように見えても、
やはり物凄いバランスによって成り立ってる。

ちょっとでも崩れると↑の中の出来の悪い奴のように
ポケモンドットらしさが失われます。

[ 2010/11/23 18:54 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(5)

プリミティブっつーか、なあなあじゃん?

なんか突然作った、よく分からない物。


ちょっとリクエスト的なものを貰ったので、
そのために地球儀でも作るかなと考えて
球面上にテクスチャを張るのをparaflaでやろうとしています。

そんでまぁ、U方向とV方向の分割数も自由に変えたりしつつ
自動でテクスチャを貼る感じのモノを作ってみました。
(3Dソフトのプリミティブを生成する感じ)

とりあえずここまで。



さてどんなもんか。
やはりparaflaとゴリ押しプログラムで愚直にやってるので
糞重いかもしれない。

(といっても、自分で3D表示のホントの根本のとこから
 突っ込んで作っているので、どんなに重かろうと、
 このニート製3Dライブラリは、自分にとって
 取っ付き易すぎるんだよね)



まぁこれで、ある程度の分割数でいいなら
今自分が構想してる感じの地球儀は作れそう。

あとはユニバーサルメルカトル図法でテクスチャを用意すればいい。
ここまできたらサルでも時間をかければ地球儀が作れます。

(ネタくさいけど、このUVマッピングの場合、メルカトルなのは本当。)

でも地図のベクタ絵を描くのが普通にめんどくさそう。

球体分割
球体分割
球体分割

[ 2010/11/19 20:27 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(0)

ポケモン風ドット絵作り方講座

本当にポケモン風ドット絵をやろうとすると気が滅入ってくる。
ポケモンらしいドット絵とはなんなのか分からなくなってくる。
あんまり考えすぎると、本家のポケモンでさえ、なんか違って見えてくる。

ちょっと数個ほど考えながら作ってみて、
分かってきたノウハウをまとめようと思います。

ところで、
「下手クソほど講座系をやりたがる」
という言葉があります。 (まぁこれは何事においても)

言いたいことは結構わかる。
自分も、そういうところがあるし、
これからまさにやろうとしているワケだし。

だがしかし、その真逆の概念もある。 それは
「下手な奴は人に教えようとしてみるとよい」
という言葉。

人に教えようとする過程で、問題やノウハウを言語化できて
自身にとってもハッキリと何かが習得できるやもしれぬ、と。

つまり、「下手糞がやりたがる講座」というモノは、
他人のための講座というよりも、
自分自身のための講座なのではないか、
とかなんとか。



というワケで、逃げ道も用意したところで
ポケモン風のドット絵の作り方講座()

ペンギン
↑今回は、この憎らしいペンギンをポケモン風に作ります。

① まず色を作る

ポケモンカラーパレット

ポケモンの色で分かっていることは、
まず背景色含めて16色以下であること。
その中には#0f0f0fくらいの黒色がほぼ必ずと、
#f0f0f0くらいの白色が大体含まれています。

ソレ以外は、各色パーツごとのグラデに使う。
各色パーツには、それぞれ大体2~3色が使われてる。
(これにハイライトも入る場合は、4色になったりもする)

で、やはり一つの色パートに3色使う場合が1番多いです。
(今回はペンギンの紫の部分)
それがどんな感じになってるかというと、

1.まず普通に塗りつぶす部分。
██

2.それに対する一段階の影。
██
(これで1の塗りつぶしに影をつけます)
(この色を、二段階明るくなった輪郭線に使う場合もある)

3.それよりももう一段階暗い影。
██
(これはあくまで輪郭線を明るくするための色)
(これで影にアンチエイリアスをかけるなんてことは、
 滅多にしてはいけないっぽい)


追記:
この、実際に作った色の具合が一番大切なことが
だんだん分かってきたけど、すっごい説明しづらい。
とにかく、コントラスト、ガンマ、彩度、ちょっとでも
ずれると、とたんにポケモンらしさがなくなります。
でも、なんかハッキリとしたやり方があるかどうかも
自分はわかってないので愚直に弄りながら色を準備することしか出来ません。



② 輪郭線を作る

まぁこれは①と前後してもいいです。
ペンギン
ペンギン
この時点で単純な塗りつぶしはしててもいいと思う。
というか自分はそうしてます。

とにかく分かったことは、
ポケモン作るときは最初に輪郭線をしっかり作ることに
注力すれば、あとは殆ど決まりきった作業で終わるということです。
あと、ポケモンは必ず、太さ1の輪郭線です。

③ 輪郭線を明るくする

ペンギン
これがポケモンドット絵の特徴。
作った色を使って輪郭線を明るくします。
光は必ず左上から当たってる感じで。

この時のやり方は、
EDGEでやる場合は輪郭線の色を選択して、
「背景色を全て選択」をした状態で、
ペンを太くして、明るくしていけばいい。(レイヤイラネ)

このとおりにやると、この作業は瞬殺できます。
で、こうなる。
ペンギン


④ 影をつける

ペンギン
③の選択状態から、
「選択範囲の反転」をします。
すると、輪郭線以外の部分を選択した状態になるので、
それぞれの色のパーツに一段階だけの影をつけます。
(これも、ペン効果「暗くする」で瞬殺できます)
ハイライトがあるなら、それも。

で、これでもう終わっているのです。
とにかくポケモンはそうなってます。
(結局レイヤ機能とか全く使う必要が無いです)


まぁ後は微調整ってことなんだろうけど、
とにかく、輪郭線と色が決まったら、
あとの作業は瞬殺できるように決まっているんでしょう、ポケモンは。


で、これだけのことが、現時点で自分が把握していること。
ソレ以上のポケモンのドット絵らしさは言語化できてません。

だから問題なのは、
一応、上記のようなフォーマットを満たしているのに
「なんかポケモンっぽくないドット」が出来てしまうこと。

ペンギン
左はおkだけど、右はNG。
この違いは一体どこから来るのか。


上手く言えないけど、
「ゲーム画面の右上に現れる姿をイメージできるか出来ないか」
というのはあるかもしれない。

[ 2010/11/14 17:44 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(0)

Collect Them All

やる気なしで何もできてないくせに
三日以上止まると謎の焦燥感を感じるので。

今やろうとしていること。
チンポコモン
たまにはドット絵でも頑張ろうということで、
サウスパークの言わずと知れた神回s3e10に出てくる例のアレを
ポケモン風のドット絵で作ろうとしています。

(基本やりたいことは、昔なるたるでやったのと同じ)

でも、「全然ポケモン風ドット絵のノウハウを分かってなかったな」
ということが分かってきた。
チンポコモン
まぁ↑こいつはまだいい。

チンポコモン
例えばこの3つ目のブイズもどき
一応ポケモンドット絵としての体裁は守っているつもりなんだけど、
やっぱり、コレジャナイ臭がする。


何が違うのか。
もちろん元のデザインがポケモンらしくないというのもあるけど。

ポケモン風ドット絵をやるときのノウハウを
自分なりに考えてまとめたりしたいんだけど、
コイツがなんとなくポケモンらしくないということは
どう言語化したらいいのだろうか。



それにしても最近のサウスは面白いんだろうか。良くワカラン。
今に始まったことじゃないけど、映画のパロディが本当に多い。

最近だと、ミストとか、時計じかけのオレンジとか、
インセプションとか、見てないとわからんパロばっかり。

そもそも向こうのCMとか知ってないと分からないパロとかも多い。

これを笑うのは、外人さんが「絶望先生」をみて無理して笑ってる
ようなものではないのか、とか思う。

あげくにトトロのパロとかもやっちゃって話題になりましたね。


ちなみに自分は、
「サウスs14e04のFacebook回サマーウォーズのパクリという
説を押していきます。
(パロとパクリの区別ができてない人も多いけど)
(逆にこれに関しては「パロ」ではなく、「パクリ」。対象が自明じゃないから)


まぁ言いたいこととしては、
「ランディ回・ギャリソン回にハズレなし」

[ 2010/11/13 12:44 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(0)

FONTPARKへ行こうぜ!

今日やったアホなこと。

これまたtwitterで教えてもらったんだけど (scribblertoo同様)
FONTPARKってサイトで作れる 文字を組み合わせて作る絵 が面白い。

「文字を合わせて作る絵とか、どこのアスキーアートだよ」って感じに
聞こえるけど、まぁ実際は全然違います。

いや全然違うんだけど、AA作ってる人なら、
これはかなり極められるのではないか、とか思いました。
だって、あらゆる記号を把握してる分有利というか、
「記号による図形の推定」の中毒患者が、AA職人なワケだから。


というわけで、練習にいくつかやってみた。

ルシフェルさん
初めて作ったのがこのルシフェルさん。 (リンク先アニメーション)
最初は「イーノック」の文字だけで作ってやろうかと思ってたけど、
上手くいきそうにもないのですぐやめた。
目の部分の「♪」が結構気に入ってたり。

巨大レギオン
二つ目にテキトーに作ったのがレギオン。 これは大失敗。
文字制限が結構厳しいので、線をいっぱい要するようなのは
全く自由に描けない事がわかりましたとさ。
でもまぁこれで、文字制限内でどうやってやりくりするかを学習。

ツタージャ
なんかもう飽きかけてきたけどツタージャさん
このツールにおける曲線の可能性を考えてみた。
というか他の人の作品とか見てると、いろいろと使い方を間違っているような気もしてくる。




とりあえず3つほどやってみて分かったこと。
(基本的なことは、全部HOWTOに書いてあるのでソレ以外)

◆文字の制限が結構キツイ
文字数の制限というか、
これは一塊として弄れる文字の「パーツの数」が問題なので
パーツが分かれてる文字や、画数の多い漢字を使いまくっていると
すぐに文字を追加できなくなります。
そういう場合は、似たような形で、一画/一パーツで表現できる
文字を探してきて、当てはめるとよいです。

なんかその辺の感覚は、AAを作るときの
「容量制限オーバーしたからサイズを色々やりくりする」ときの
感覚に凄く似ている。 ある意味一番楽しい作業かもしれない。


◆ユニコードも使い放題
半角のカタカナじゃなければなんでも追加できるので、
▂▃▅▆▇█▀▉▊▋▌▍▎■▲▼◢◤◥◣ とかも、やりたい放題。
というか、そんなレベルじゃないレベルで2バイト文字フリーダムなので
もし本腰いれて作ろうとしたなら、相当なことになりそう。
やったーオタマロの顔文字できたよー∈(´◕ ◡ ◕`)∋

まぁそうでなくても、AAをやってる人なら、
⌒)丿ノ~ー辺りの記号を、フォントの太さとかも変化させつつ
パレットに追加していくと、このツールでも
かなり自由に線を引けるようになることがすぐ分かると思う。


◆結局何に似ているのか。
AAにも似ているといえば似ているけど、
自分的には、昔コミスタとか、SAIのベクターレイヤの
ペンのデータを、マウスで延々と弄っていた頃を思い出した。
あの時の感覚に一番よく似ています。
(特に最後のツタージャ作ってる時とか、マンマそれ)



ほかにも色々思うことはある。

自分みたいにセンスない人間が作っても無駄だな、とか。
(こういうのやらせても、スゴイ人のはいきなり凄い)

これは、「文字の組み合わせ」であることが、ある程度
分かるようで無いと意味がないな、とか。
(つまり、へのへのもへじ的な面白みが無いと、やる意味が無い)

でなければ本当に、「ベクターレイヤで線引いてろよ」ってことになる。
もしくは、リアルで筆ペンで絵描いてる方がよっぽど気持ちいい。


とかなんとか。なんで最後の方ネガティブなんだ。

[ 2010/11/09 18:26 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

不謹慎船破壊ゲーム

殆ど放置しかけていたマトリエルさんの何か。

なんかそういう時期なので、(尖閣的な意味で
今回はひたすら船をぶっ壊すことだけに特化して弄ってみました。


方向キー         歩く/蹴り飛ばす
マウスドラッグ/QWASキー  視点操作
マウスクリック           船破壊
Zキー          ビーム溜めモード

全画面とか。

はい。結局まだ全然出来ていません。
ここまでやる気なしになるとは思ってなかった。

「次の更新で完成させる」とか宣言すると
よけいに手がつけられなくなることも分かりました。
というわけでまたしても、「有言不実行」

今回は、戦艦をいくらでもぶっ壊しまくれるようにしています。
ストレス解消にどうぞ。


やったこと
・船
とにかくコイツらの破壊に特化しています。
マウスクリックだけで即死させられますし、
Zでビームを溜めると本編同様の感じでぶっ壊せます。
あと、蹴りとばしてダメージを与えても破壊できます。

マトリエルさんの歩く感覚はかなりクセがありますが
慣れると結構いい感じにまとめてぶっ壊せます。

ちなみに蹴り飛ばして壊した時と
ビームで壊したときは差別化したかったけど
結局今回は両方共、光の十字架で死にます。
つまり今回が一番、無駄にド派手です。

・カメラアングル
いい加減カメラの動きとかを状況に応じて動的に
動かしてみようという感じで、いくつかやってみた。
ビーム貯めてから→発射→船を見上げる
みたいな感じです。

・氷
ずーっと放置してたけど
やっと数段階のモーフィングで展開してみた。
でもなんかイマイチです。

・溜めビームやら
これもやたらとモーフィング。
多少それっぽい。
でもくちばしがギュルっと吸い込まれるのは出来なんだ。

マトリエルさん

マトリエルさん

マトリエルさん

マトリエルさん

[ 2010/11/06 12:39 ] 作ったゲーム | TB(0) | CM(3)

今日は馳走だ 食っていいぞSOF

なんか予感がするんだけど、
今月は今までで一番、最強にヤル気がない月になると宣言。

というわけでSOF描いた。

スピリットオブファイア

これは、なんだろ。

スタンド的な、あらゆる「人型の能力体デザイン」の中で、
自分が一番カッコいいと思っているモノ
それがこの、マンキンのスピリットオブファイアですね。


まぁ、古い漫画だとは思う。
でも多分、自分にとって、この辺の漫画が原体験なんだろう。
(といってもリアルタイムで読んでたワケではないけど)
(大体ジャンプを毎週購読とか、したことがない)
大抵あとから、「あの漫画の絵って凄かったよな」
とか思って、コミックスを集めたりする。
それがまぁ封神演義だったりマンキンだったりしたわけで。

よく、ジャンプ漫画家の中での画力ランキングとか話題になるけど、
自分は武井宏之とか、相当上位に置くと思う。


ちなみにコイツのデザインも、コロコロ変わりまくりなんだけどね。
初期(なんかズングリしてる。色々定まってない)
中期(16巻の設定画あたり。なんか足にホイールがある。この辺が好き)
後期(足のあたりとか、まぁ全体的に違う。タッチも)
完全版(そもそも読んでないので知らない)



で、なんども言うけどスピリットオブファイアのデザインは
カッコ良すぎだと思ってる。
これ以上カッコいい能力体デザインを自分は知らない。

[ 2010/11/03 21:40 ] イラスト | TB(0) | CM(2)
月別カレンダー
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -