ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2011年11月

最初の火

炎
ボアー

とりあえず今月はエフェクトメーカーがなんとか完成したので
あとはもうどうでもいいです。

コレくらいの規模のモノを、
思い立ってからちゃんと完成させるのは凄い久しぶりな気がする。

(途中で糞さ加減に挫折しつつも)


本当にいろんなことを思いついては
途中で放置しすぎているなと思う。



結局このツールは自分のためにしかならんなぁと思う。
パス絵の素材を新規登録出来るのは自分だけなワケだし。

(そもそも自分もゲームでこれらの素材を使うのかどうか怪しい)
(自分自身としては、ゲーム内のエフェクトとかは
 リアルタイムにパス絵を描画しているものに限定したかったりする)



では結局何になるのか、というと
まだ先のプランはあります。

そのためには、まず「乱数をループさせる」機能を実装する必要があります。
それまではまぁ、GIFアニメとかを作って眺めてニヤニヤしています。


しかし素材化するのがめんどくさすぎる。

でもまぁせっかくなので、サンプルエフェクトくらいは全部
素材化しておこうと思って今撮影しまくっています。

炎

こんな感じで、128*128の炎のアニメ素材となる。

[ 2011/11/30 04:23 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)

エフェクトメーカー

カスタマイズした物理法則に従ってスプライトを出力・変形させ、
エフェクトアニメを作成・撮影する「エフェクトメーカー」です。

(主に自作ゲーム用の素材作りに役立つと思われます)



全画面とか (最新版とか、サイズ640版自ページにあります)

Zキー 「玉」発射
Xキー 一時停止・再生
Cキー コマ送り
(方向キーやシフトキーで移動もできます)



とりあえずは典型パターンのサンプルを再生出来るようにしましたので
かなり弄りやすくなったと思います。

エフェクトメーカーエフェクトメーカー
エフェクトメーカーエフェクトメーカー

エフェクトメーカー

↓続きは細かいマニュアルです。 超長いです。


[ 2011/11/26 19:27 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(10)

花火メーカー作り その4

花火メーカーもとい、
「エフェクトメーカー」が、素材を充実させる意外ほぼ出来上がりました。
(名前もどうしたものか。パーティクルメーカーとかも)

あとは素材を40個くらい作って最終調整したら完成です。



全画面とか。
Zキー 花火発射
Xキー 一時停止・再生
Cキー コマ送り


やったこと

・カラーチャンネル
・加算減算チャンネル
・大きさチャンネル
・根本的な大きさを変化させる大きさチャンネル

 を追加しました。


そして一番大きいのは
ようやく3種のエフェクト▲◆●を実装したことですね。

「▲エフェクト」は、今まで通り
 過去、現在、未来の3つの座標から、3角ポリゴン状に変形するエフェクト。

「◆エフェクト」は、
 過去と現在の2つの座標で、その二つを結ぶように直線的に変形するエフェクト。

「●エフェクト」は、
 現在の位置にただ存在するだけのエフェクトです。
  「ポイントスプライト」というのだろうか。



あとは、
その3種のエフェクト
サブメニューを、開いたり閉じたりするUI周りとか、

全てを撃ち出す基準となる玉自身を制御するメニューを追加して、
移動しながら数フレームかけてランダムに撃ち出せるようにしたりとか、

撮影用のフレームとか、
色々非表示にするボタンとか、
背景色いじれるようにしたりとか、ですね。



で、今の段階でも色々作れるとは思ってるけど
やっぱりとっつきにくいとも思う。
「こんなんじゃ何者も得られねーよボケが」と言われても仕方がない。
(一番問題なのは画面が糞小さいことと、
  糞重いことだと思うけど)


でもこれでも作れるモノは作れるし、
結構事足りると思うのです。


例えば静止画だけどこういうの↓ (最終的にこういうのが動く素材になる)
エフェクトテスト

エフェクトテスト

レシビ

●を使います。

「泡」を選択。色をちょっとだけ緑方向。グロー効果。

発光効果は「加算」
明暗効果は「消滅」
大きさ変化は「小大小」

縦広を90くらい。
ランダムを30くらい上げる。
重力を高め、減速も下げておく。


そして「玉」を選択。玉は「減算」にして見えないようにする。
●を「ランダム」で、20フレームくらいかけて撃ち出すようにする。



そうすると、こういう
ポコポコする泡のエフェクトが出来るわけです。


[ 2011/11/18 19:07 ] Flash作成過程 | TB(0) | CM(0)

コテ当てという名の殺し合い

コテ当て競作イベントなる、楽しい楽しいイベントに参加してきましたとさ。


自分は諸事情により名乗り出はしません。

このブログ上で、自分が作ったのはコレ↓だということだけを表明しておきます。
(まぁ殆どの人が当ててくれてて、それはとても有り難いのだが)

       ∧  ∧  ∧  ∧  ∧  /            ,. -──‐ ´ ̄ ̄ `丶.                            ∧  ∧
     ,//∧/  ∨//∨  ∨//∨          /    // .        \\                         /  ∨/∧
     /∨/∧  ∧ ..   ∧///         /  . : . : :/ . : : : .        \\                      ∧  ∧///
      ∨   .. ●¨  /  ∨        , :′ / . : : / .:   l  i :.       : . :.                    /  ∨  ∨
        /.. ●¨∧  ∧  /     // :  / . : / : ′l;  l .:l :l  ;. _n_n_ ',                  ∧  ∧  ∧
   ../ ●¨  ∨//∨  ∨        / ; ;' . : / .:  l :|l  l .:l :| . :i |「x_x||  l:                ///∨  ∨/∧
   ●¨ / ∧  ∧//∧  /        ′.:l .:| : : |: :| .:|: :八  | .:| :l : :l └r‐r┘: :l                ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨  ∨         l八人:|:l:. :l‐==ヘ  \ ̄ 二..‐-| .: |l : .:l .:l              /  ∨  ∨  ∨
       ∧  ∧  ∧  /            /八 ,彳厂ハ      ´厂≧、| .: |l ; .:l .;ヽ             ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/  ∨//∨              //! .;┏‐|乂リ┰‐ ┏─「乂リ :八,' .::|: :l: . \         /  ∨//∨  ∨/∧
     /∨/∧  ∧///            // l:./l━━┛, ┗━━━┛,:' :/; : :|: :l: :卜. `¨¨´    ∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨ /⌒ヽ,/⌒ヽ   :. ; l/ ; 八              / .:// : :l:: : :丿         /  ∨  ∨  ∨  ∨
       ∧  ∧  / l /⌒ヽ '⌒ヽ l  ヽ乂 .::| : l:\   ヾ、 ノ   /:// . ::;' .:/         ∧  ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/  ∨   ; ,       ノ /    `l  ::l : |: :/.:> 、   ,_∠二、 /. : :人〈.          ///∨  ∨//∨  ∨/∧
     /∨/∧  /   \\  //     l;.  l :.乂l/'⌒∨  广厂 ̄「/. :∠二≧:.      ∧//∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨      ヽ V /        八. l人   __∠ー┴─/∠二//⌒ヽ.   /  ∨  ∨  ∨  ∨  ∨
      ∧  ∧ , - 、                \l   /二二.厂   /∠二///     :. ∧  ∧  ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/ Yヽ\\r‐ 、                 _∠二二ニ/__/∠二// /     V  ∨//∨  ∨//∨  ∨/∧
    /∨/∧ 〈,\\ ,>ー- \            八人二二厂/∠二//   /         ':, ∧//∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨\`∠ _      :.           /  \\ニ/∠ ニ> ´ ´ \ ′         ∨  ∨  ∨  ∨  ∨  ∨
      ∧  ∧ /\         '          / / ̄ ̄厂厂 ̄`ヽ、     l            ',  ∧  ∧  ∧  ∧  ∧
     ,//∧/  ∨/∧`> 、   '         //. : : : ⌒L.ノ⌒: : : : . \   │   , ____∨//∨  ∨//∨  ∨/∧
    /∨/∧  ∧//∧  八    ':.     \: : : ://厂|ヽ: : : : : : 厂  ∧  / ____ ∧//∧  ∧//∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨  ∨/∧     :.   </⌒人/. ://  |: : \: : ノ   /  V /l    ∨  ∨  ∨  ∨  ∨ ..
      ∧  ∧  ∧  ∧  ∧     ヽ  /   /. : ://   |: : : . ∨     /   ∧〈_';     '   ∧  ∧  ∧ ../●¨
     ,//∧/  ∨//∨  ∨/∧     ∨    /: : ://   l: : : : . ヽ   / /  ∨/∧     ∨//∨  ∨..,●¨∨/∧
    /∨/∧  ∧//∧  ∧//∧     ';   `V/   l: : :/ ̄   〉 〈    ∧//∧     ∨// .. ●¨∧  ∧///
      ∨  ∨  ∨  ∨  ∨  ':,       /  〃     l;/       /l  \ /  ∨ ∧    ∨/●¨  ∨  ∨  ∨



このAA自体に対して語ることは殆どないですね。

背景は、本当はそんなに凝りたくなかった。
せいぜい / / 状のタイルを敷き詰めればいいと思ってた。

結果的に 〈 / 状になってしまったのはなぜかというと、
元絵の右手の角度鬼畜すぎたからですね。
捏造せずにこの角度の腕をこなすためにはスラッシュトーンは必須だと思われました。
でも腕毛を生やすワケにもいかんし。

だからこんなんになりましたとさ。


あとメガネに太線使うのはどう見ても失敗だけど、
それでも他の人と差別化したかった。

足あとを
..
●: 
 じゃなくて

..
●¨ 
 にしたのも、そう。 

こういう競作イベでは先にやった人がいつだって有利ですね。

以上。



続きは深淵を覗き込みたい人はどうぞ。

[ 2011/11/15 18:45 ] アスキーアート | TB(0) | CM(2)

アルカの能力、または万能について 

とかなんとか言っておいて、
しばらく放置しているとまた土曜日である。

もうすっかり「アルカの能力」についての謎も解明してしまった。
殆ど疑問点は無くなってしまって、考察する要素は無に等しい。


というわけで糞文もいいところだけど
あんま関係ない最近のハンタについて思うことをダラダラ書いていく。


[ 2011/11/12 23:10 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)

アルカの髪の毛について

アルかの能力について思ったことでも書きます。
その前に、久しぶりに作ったAAについて

      ▅██████████▀▀
    ▆███████████
   ████████████▌
  ████████▊████ ▂▃▃▅▅▅▆▆▆▆▆
 ▐████.██▊█ ████◤▋██▉ ▊█. ▌███▎
 ▐███▊██▌█ ████.▐▐.██ ▋█ ▐ ███▌
  ████.██▌█ ████!▐▐.██ ▌█▂▋▅██▋
  ███▊██▋█ ████▂▌▌██▀ █ ▋███▌
 ▐███!██▋█▐███▍▐▐! ██ ▍█ ▌███▎
 ▐██▊██◤ ▀◥████ ▍▋▐█▋▎█ ▌███
  ███.██▍◤ ◥ ███▀▂▃▃▂
  ██▊█▀▀◣▂◢▀█▌▅▇▀▀▀▀◥◣◥◣
 ▐██.█    █ █▍▼  ▅██▅ ◥◣
 ▐█▊█    █▍ █  ▍ █████ ▋
  ██.█▌   █▊▍▉  ▌ █████ ▌
  █▊██  ◢█▋▌ ▊ ▐▃ ▀██▀  ◤
 ▐█.█▊▊  █▍▊ ▋  ▀◥▅▅▅◤
 ▐▊█▉ █▇▅█ ▋▌ ▌
  █.▉█ ██▉█▐▍▊  ▍
  ▆▉█ ██▉█◤▀◥▉
 ▐█.█ ██▊▉ ◣ ◢ █◣       ▂
 ▐▊█ ██▊█◣ ▂◢█▍▅▃      ◥◣▃▂▂▂
  █.█ ██▋██ █ █▌█▋▀▆▃    ◥▅▃▂▂
  ▊█ ██▋██▐█▐▋██  ▃▂▐◥◣
 ▐.█ ██▌██ ██ ▀▀█▌   ▀◥◣ ◥◣
  ▆▊██▍██▌██   █▌     ◥◣ ▀▇▆▅
  █▀▀ ◢███ ██   █▌
           █▉  ▐█◣▂
  ◣        █▌   █▋  ◥◣
  ▍        ◢▀▀◣  █▊    ◥◣▃▂▂▂
  ▐◣      ▍◢ ◣ ▍  █▉
    ▊       ◥▃▃◤   ██



このAAを作る過程で、
久しぶりにユニコードAAに於いて新しい技術を思いついたのです。


前提

MS UI Gothic 9ptsと
MS Pゴシック 9ptsと
MS Pゴシック 12ptsで、同時にズレないAA
を作ること。

そして自分は、ユニコAAを作る際でも
空白系ユニコ記号は使用しません。

例えば、8ドット消費の空白系記号「 」等を使えば
修正ドットを使わなくていいし、傾斜発生も楽になるのですが、
自分はそういうことはしないということです。

あくまで使うのは全角スペースと半角スペースのみです。



かつてユニコードAAではドット絵のような表現しかできないとされていました。

 ▓█
 ▓▓█
 ▓▓▓█


使える記号がほぼ11ドット系ブロック系の記号に限られ
それと11ドットの全角スペースを組み合わせただけの
単純なモノクロドット絵のようなものしかありませんでした。


そこに半角スペースを導入しただけでも表現の幅は増えたのです。

 ▓█
  ▓▓█
  ▓▓▓█


更に8ドット系の ◢ ◣ ◤ ◥ も取り入れることで
3ドット系の傾斜領域に入り込むことも可能になり、
┃▎▍▌▋▊▉█
もともとブロック系ユニコードが太さを自由に変えられることも相まって、
一度傾斜を発生させてしまえば、ユニコードAAに於いては
あらゆる黒髪ロング系の表現が出来ると思われていました。


でも、それにしたって制限はあるのです。

左に何も置かないところから始める場合、
左側が真っ暗なところから始める場合、
結局傾斜づくりは、せいぜい5ドットずつに限られるのです。


こういう場合は
「&#9612」の反転モードの
「&#9616」を使います。

 _ ▓█
  ▓█
 _ ▓▓█
  ▓▓█
 _ ▓▓▓█
  ▓▓▓█
 _ ▓▓▓▓█
  ▓▓▓▓█

(赤いのが「&#9616」 _ が半角スペースに当たります)

結局このようにして、
9pts上において4ピクセルのズレ直し領域に入り込んで傾斜を作り出し
そこから誤魔化しながら書いていくしかなかったのです。
この「4ピクセル」というのが最小限の傾斜発生単位だったのです。


で、本題。

今回のアルカの髪の毛を見れば分かりますが
左側に何も置かずに真っ暗なところから、
2ピクセルの傾斜を発生させて髪の毛を描いています。


今までそんなことは出来なかったはず。
これは一体どうやったのか、という話。


説明するのが面倒になって来たので
図示するとこういうことです↓

 _ ▓
 _ ▓█.█
  
  ▓█.█
 _ ▓▓
 _ ▓▓█.█
  ▓▓
  ▓▓█.█
 _ ▓▓▓
 _ ▓▓▓█.█
  ▓▓▓
  ▓▓▓█.█

(赤いのが「&#9616」 _ が半角スペースに当たります)
(水色なのが「&#9610」に当たります)


このような4行を1セットとした構造になっています。
「&#9616」を2行ごとに、使ったり使わなかったりしていますね。

一番ミソなのは、
「&#9608」 に対して右側が2ピクセル削れている記号の
「&#9610」 を使うポイントですね。

こいつが使われている場所に注目してください。
そしてその下の行では、「&#9608」の右側に修正ドットを置いています。
(これは苦肉の策でもあり、偶奇を分割するような重要な役目も果たしている)


単純に言ってしまえば2進数みたいなもんです。

赤い&#9616の部分が、2桁ビット目の1、
ドットを置いてる部分が、1桁目の1だと思って
このAAを見てみてください、

00
01
10
11
00
01
10
11

このようにして進んでいることが分かります。
要はそういうことなのです。

そうやって、9pts上の2ピクセルのズレ直し領域に入っているのです。


結局こういうのは思いつくか思いつかねーかだけなのですが、
今回はアルかのお陰で思いつきました、という話です。


調べてみると、昔一瞬だけ気付きかけていたらしい。


 ▐█▉▓▓▓▌▓▓▓▓▓▓▍ ▊▓▓▓▓▓▓▓▓█▋▓█▊ █▓▉▓▓▓▓▌ ▓▓▓█▓
  ██.▓▓▓▋▓▓▓▓▓▓▌ ▋ ▓▓▓▓▓▓▓▓█▎▓█▍█▓▊▓▓▓▓▋ ▓▓▓█▓▓
  █▌ ▂▂▃▃▅▅▅▅▋ ▌▆▆▅▅▅▃▃▂▓▉ ▓█ █▓▋▓▓▓▓▊ ▓▓▓█▓▓▎
  █. ▓▓▓▉▓▓▓▓▂▃▃▃▃▂▓▓▓▓▓▓▌ ▓▋█▓▌▂▃▃▂▉ ▓▓▓█▓▓▌
  ▊ ▅▆▇█  ▂▂▂▂▂▃▃▃▃▂          █▓▍▓▓▓▓█▇▅▃▓█▓▓▊
  ▋ ▓▓▓▎ ▃▆▀██████▀█◣▂       ◢◤▂▃▃▃▂▀▀█▓▓▓▓█▓▓█
  ▊ ▓▓▓▍ ◢█▓████▓▋ ▀◣       ◢◤          ▀▓▓▓█▓▓█▎
  ▉ ▓▓▓▌  ▓███▓▌             ◢▆▆▇▇█▇▅▃  █████▀▀
  █. ▓▓▓▌    ▀▀▀▀◥◤            ▐▓███▓▀█◣ █▓▓█▓▉
  █▎▓▓▓▋                    ▓███▓◤ ▼█▓▓█▓▓▋
 ▐█. ▓▓▓▊                      ▀▀▀◥◤   █████▀▀
  █▊ ▓▓▓▉                           █▓▓▉▓▎
  ██. ▓▓▓█.                ◢◤         █▓▓▊▓▍
  ██▎▓▓▓█▏                         █▓▓▊▓▌
 ▐██. ▓▓▓█▎          ▂▃▃▂           █▓▓▋▓▋
  ██▊ ▓▓▓█▍                       █▓▓▌▓▊
  ███. ▓▓▓█▌◥◣                   ▃▆██▓▓▍▓▉
  ███▎▓▓▓█▋  ◥◣              ▂▅█████▓▓▎▓█


(例えば↑こういうのが、かつての技術で作られたベルンカステル卿
(このベルンカステル様の髪の毛の左端をドラッグしてみると色々見えてくる)

(でもこのやり方ではまだまだで、いきなり細い線とかは置けません)
(そのかわり半スペを置いて髪の毛のハイライトっぽくして誤魔化しているらしい)


[ 2011/11/08 18:46 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

我が名はレギオン

レギオン様

今日は特撮リボルテックのレギオンを買って来ました。


なんかもう、素晴らしいですね。
レギオンの干渉波クローをワキワキできるだけで至上の喜びです。

ヤバイもうレギオンかっこ良すぎる。

レギオンとシリコンさえあれば生きていける!!


実は、未だにレギオンの足の部分(普通にアクターが足を入れている部分)
に関しては、造形をよくわかってなかったので
こういうので形をキチンと把握出来るのも凄く嬉しいですね。
去年描いたレギオン様
(↑例えばこういうのも、誤魔化しながら描いてる)

またレギオンの絵を描きたくなるな・・・


しかしこうしてアマゾンのレビューとかを見ていると、
どうなんだろうと思ってしまう時がある。

これはあらゆることで起こるんだけど
自分が買ってきて「ウヒョェー素晴らしぃ~!!」
と思っているモノに対して文句を言っている人がいると、

謎の反抗心が芽生えてきますね。 (例えばダクソとか特に)

「お前のレギオン愛はどの程度のもんじゃい!」とか言いたくなる。
こちとらレギオン愛し続けて15年じゃ!
(それは誰でもそうか)


そりゃ、不満なんて挙げようと思ったらいくらでも挙げられますよ。

・個人的には後脚にはもう一個、間接が欲しかったですし、
エッグチェンバーを守る間接も動いて欲しかったですし、
発狂モード赤目レギオンも欲しかったですし、
・それならレギオンビュートも欲しかったですし、
飛翔モードに変形できたら最高を通り越した何者かですし、
・別に飛翔モードのガメラと、小さすぎるソルジャーレギオンは要らないですし、
・・・
ソルジャーレギオン



レギオン

でもそんなの関係ないですよ。

こうして常に手元にレギオンがいて、
事あるごとにレギオンを撫でたり愛でたりすることが出来る。
それだけでもう、最高の気分です。


このクオリティで4000円で買えるというのもリーズナボゥ過ぎますね。



というわけで皆さんリボルテックレギオンを買うべし。

そしてリボルテックイリスに繋げさせるべし。




[ 2011/11/04 21:09 ] 駄文 | TB(1) | CM(2)
月別カレンダー
10 ≪│2011/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -