ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2011年12月

とりあえず自分の2011年まとめ

もはや殆ど惰性なんだけど、
大晦日ということで、今年のまとめ記事でも書いとこうと思う。

勿論、今年の自分は何もしていないし、
ロクなものも消費していないので、
特に書くことはない筈なのだが、まぁ書くに任せて書くのである。

例年通り、ホニャララ・オブ・ジ・イヤーを勝手に決めていきます。
(今年のモノに限らずに、
 今年このニートが消費したモノで
 それが今年一番面白ければそれとなります)



今年見たアニメ。
◆アニメ・オブ・ジ・イヤー・オブ・ニート
(そもそもアニメを全く見なくなったので、こんなのを語る資格などないのだが)

第一位 ウテナ
まぁウテナです。

ピンドラを観る前に「幾原信者」になっておこうか、
ということで観たのですが、結局今年観たアニメで一番面白かったです。

だが観たのはずっと前なので
特にここで書く感想はもう残っていない。

楽曲は神ですね。

神アニメというのは、
最後のダメ押しのように音楽が神である、そんな所があるように思う。

エヴァ、攻殻、ビバップ、フリクリ、・・・そしてウテナ

「あるレベルを超えて自分が本気で好きになるアニメ」ってのは、大抵
このニートがサントラを買うレベルで音楽が良い」のです。
(逆に言えば、使用楽曲がサントラ買いたくならなかった程度なら、
 それは大して神アニメじゃない。 そう認定していく)


第二位 ぐだぽよ
挙げといてなんだけど、やっぱり感想はない。

自分はこういうカオスアニメ?(そもそもアニメか?)
が好きな筈なんだけど、
最近だんだん乗れなくなってきたかもしれない。

めちゃくちゃならいいのか?
不条理ならいいのか?
ぐだぐだならいいのか?

「声優に未完成動画ぶっつけてアフレコさせて、
グダグダになったその雰囲気を楽しむ」
ってのは、
なんか、一歩引いてみると何が面白いのか全く分からなくなってくる。
不気味だ。

とにかく、「寄らなければ」笑えないとは思う。
そして、その「寄る」ための体力を、自分は失いかけている。

(そういえば去年の時点でカブトボーグ挙げたっけ?もういいや)


第三位 まどマギ or ピンドラ
orってなんだ。 もうテキトーになってきた。
この2つを挙げてる時点でアレな感じはするが、挙げないのも変だと思うんだ。

(そもそも自分はまどマギ嫌ってそうに思われるかも知れないけど
 実はそれほど嫌いではない)
(そして、自分はピンドラ好きそうに思われるかも知れないけど
 実はそれほど好きではない)


ところで、全然関係ない話になるけど、
平行世界上で運命操作をする能力者同士が殺し合いの戦いをする場合、
最終的に結果はどういうことになるのかというと、
「自分だけが生き残った場合の並行世界」双方にとって生まれるだけなのです。

つまり、平行世界上での殺し合いとか命のやり取りというのは
そのような「別離」が本質になるわけだ。

(命をかけて相手を殺すとか、命をかけて相手の命を救う、とかね)
(お互いが、相手を別の並行世界に送還したような状況になる)
(これは平行世界の取り合い合戦とも解釈できる)


そして、こういうのは、「当たり前の前提レベル」の話だと思う。


ウテナとかピンドラとか、そしてまどマギの最終回
結局全部まとめて、それだけの話なんじゃねーのか?

という気がするんだけど、それは自分が馬鹿すぎるからだろうか?



◆ゲーム・オブ・ジ・イヤー・オブ・ニート

さて今年はPS3を買ってしまったわけですので
色々書きたいはずなのですが、
大した量のソフトををやれたわけではないので、やっぱりテキトーに。

第一位 デモンズソウル
とにかく、今年やったゲームではコレがベスト。

理由?
「ラトリアが神だったから」
以上。


で、終わり。

あとは、ダークソウルとかスカイリムとか(まだメインクリアしてない)
ベヨネッタ辺りが面白かったけど、
何故かゲームで2位とかは決められない気がする。

そういえば、去年の時点では
「ここにエルシャダイが載ればいいですね」とか言ってましたね。
やっぱり大丈夫ではなかったですね。


◆マンガ・オブ・ジ・イヤー・オブ・ニート

今年、ふとしたことで読んで「やべぇ!」とツボったのは
こうの史代の「夕凪の街」
自分はこういうの好きなんだなと分かった。

あと、今年呼んだマンガで面白かった奴をテキトーに並べとく

青木雄二の「ナニワ金融道」
山岸良子の「テレプシコーラ」
丸尾末広の「パノラマ島綺譚」
古屋兎丸の「人間失格」
山野一の「四丁目の夕日」

・・・などなど。


共通点?
全部病んでるよ!


あと、「鈴木先生」が完結しましたね。
相変わらず説教とオカルトのマンガですが、やっぱり好きです。


◆アニメ神回・オブ・ジ・イヤー・オブ・ニート

またアニメの話に戻って順番がおかしいけど、
今年最後に言いたいのはコレなのです。

今年観た全てのアニメの中で一番の神回は、
サウスパークシーズン15のepisode7のYou're Getting Oldです。


この回は、ヤバイです。


人は何故、アニメ、ゲーム、映画、マンガ、音楽・・・
その他ありとあらゆる消費物に飽きてしまうのか。


何故、かつて愛していたモノを愛せなくなってしまうのか。

何故、子供の頃のような視点でモノを愛し続けることができないのか。

何故、他人が愛しているものが自分にとって糞だと我慢がならないのか。

そして、若者が好きなものが糞にしか感じられない心理や、
その反動で、無理をして若者の嗜好に歩み寄ろうとする心理

(こういう奴は最近非常に多い)

さらに、このようにして人の嗜好に文句を言う行為、
人の嗜好を軽視し馬鹿にする行為

それらの行為自体も、作品内で提示され、皮肉られています。

・・・などなどそんな感じで、
人間の「飽き」・「嗜好の変化」についての考察が満載なのです。



このエピソードを観るだけで、物凄い大量のことを考えさせられます。



丁度サウスもシリーズ15にさしかかり、
「サウス自体がマンネリ」と言われたり、
「サウスパークも終わるんじゃねーか」という噂が出たり、
「サウスなんかつまんねーよ」、
「サウスを面白がってるヤツとかインテリぶりたいだけだろ」
などの
説得力のない視聴者攻撃を言いたいだけの人間が増えてきた頃に、
こういう神エピソードが来るわけですから、なんかもうスゲェなと思いました。


この、サウス自身の内省とも取れるような、
そしてサウス視聴者、更にはありとあらゆる鑑賞者への内省を促すような高度な内容、
このエピソードを観た上でサウスを馬鹿にできる人間がいるなら見てみたい位です。


という訳で、サウスパークは常に神アニメです。


まぁ相変わらず自分はサウス信者ということでした。

(人間が信者化する過程についてだって、サウスは既に示し終えている



[ 2011/12/31 19:47 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(0)

桃音ピクAA


まぁそんなこんなで年末ということで、
第八回紅白AA合戦に参加してきました。


もうすっかりAAとか作らなくなったくせに、
こういうイベントにはギリギリ参加するのだから
もう殆ど老害ですね。

(老害という程には成熟していないのだから余計に痛々しい)


作ったのはコレ↓

「gdgd妖精s」の「桃音ピク」

                        , -─- 、              ,. ´ ̄ ̄` 、
                    /     \_  ___  __∠. : :: :: : .     \
                    /       . ;/ ,∠ -──- 、`ヽ. \\; : : : .    ヽ
                   /     . : :《_/  .;      \ \_人_》: : : : .     .:ハ
                /  ./l : .   . :/  .:: |        : . '⌒'⌒厂`ヽ; : :   . ;' ハ     ,. - 、
                ,'  :/ :| : ; /:/ / :   人  :、    : : \/     ';  . : :/ /: :l   /    .:
                .: .:/  | :/ /〃:l .;:  /  ヽ \    : : .l^ヽ     l',: : :/ / : :l/     ,'
                ;: .:/ /| |/ /.:/|:.;| .:| .:/ \   / ヽ__、 : :|   l    |:.∨ /  : :l     /
                 l:./ /.::| ./.:/.ノ:八:.| ;ノヽ     イ.ノ八 . :|  ノ     |:、 /    :: l
                  |:' / .:|.:/.:/ヽ \|l:じリ     l:.じリ |l/    │∨    ::│    :′
                  |;/  :レ.:.;'  `¨´ ,     `¨´ ,イノ     |:. : : .    :: |   ,:′
                  |    : ::l     《_,ニ,  ー‐ '  / |  / .:l:.: : .    :: l  .:
                 l    : ::|    ̄ー┘ > 、..   ´ /八 / / .;.: :     :: l
               l    : ::l\\  \_/人レ∠二/ / 厂`ヽ′ .;'.:      :: l
                 :.   : ::l  \\厂: : 《⌒》: : : : ノ》/∨   \/.:       :: :
                 ',:   : ::l   V/⌒>ーイ⌒ヽ彡'  /    丿l:.:       :: ;
                 ',:.   : ::l / . : :〃. : : .\     .:;′  /  |:.:      :: ;
                 ';.   : ::l 人 : :/|. : : : : : :ノ  /人  ∠, ─ 、〉:.     :: .:
                  l:   : ::|/_ノ///|: : : : /   / 仄>ー'^二八::.   . : ,'
                 |:  .: :八_/《〃|: :厂≧ 、__  /└个'⌒ |  ヽ:. : . : : /
                   丿 .:./ 厂′》 /  '^'^'^'リ彳   l    |    \: : .l
                ∠ .:/  /   《/         ノ     :.    |    \:.ヽ
                    /个ー‐'^ー─'^ー'^ー彳  人: .  ',    l      丶:...
                    , </////////; ; >个 、  \ : . ',   ',   
                   ///////////; ; ; : : . 八 \    l   ;.    
                   /////////////; ; ; : : .人/\ \    │   l: .      丶
                  /.://////////////; ; ; : : . . .\/\ :..   l    |丶: .   __  : .
               , '///////////////////; ; ; : : . . . \/\ :.  l   |  / 》   : .
               :'/, -─- 、///////////////; ; ; : : . . . \/\   ;  l   / /:..     丶
              //'^^^^'ヽ \/, -─- 、/////////; ; ; : . . .\/\ l  l/ /    丶 、_ ノ
             /      . ::/\/'^^^^'ヽ \/, -─- 、///; ; ; : .\丿   ヽ
          ∠-─- 、 . : : :/        厂\/'^^^^'ヽ \, -─- 、レl    〉
        , ' , '^^^^'丶: :   , -─- 、/ : . l      │\/^^/ |  . イ
      ,:'/ .:      \/'^^^^'ヽ : : |   _   |   . : / /`¨´;
       /′ .:       : ::       ′\\< ̄`ヽ.:.:/ /     :;
     〃  .;      : :;        /     >┴ 、ヽ、 乂/ /,.-─- 、  l
      \/      : :l       /  ∠ _    \/⌒ ∨/'^^^^^ヽ|
        > 、   : :l      /       ⌒\ /     ノ⌒ヽ       \|




見たとおり、これは明らかにミクさんのトレパクなのですが
パクリ商法ではなくて、そういう炎上商法ですね。
(だが、ぐだぽよ知ってる層が今更こんなので騒ぐのか)
(そもそもミクさん描いてる絵師の描き下ろしなのだからパクリですらない)

とかまぁ、そういうのが面白かったのでAAにしたわけです。
(というか紅白は、自分の中での時事ネタを投稿する)



で、出来自体は明らかに手抜きAAです。
(というか他がレベル高すぎるんだよ)

自分の中でも、去年とか一昨年の方が気合が入ってた。

実際このAAはステップ1,400ぐらいの時点でほぼ完成してる。
(それでも、それ以降は自分にしては珍しく結構修正とかをしているので
 そこまで手抜きという訳でもない。 だが・・・)



まぁ自分は元絵がスッキリとしているモノはスッキリとしか
作れないので、どうやったって元絵チョイスが全てなのです。

逆に「あの元絵をよくぞここまで」という感じの方がおられますね。
誠に凄いことです。

[ 2011/12/30 20:43 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

デイドラ装備 VS 黒騎士装備

クリスマスとか、知らん感じで。

もう、この日は「甲冑とかそういうのを描く日」にしよう。
そういうことにしよう。


というわけで描いた。

デイドラ

スカイリムのデイドラ装備という一式がカッコよすぎます。
( ※こんな風に両手逆手持ちとかは出来ません )
( ※ただしMODを除く )

最初に読み込み画面で兜を見ただけで惚れ込みました。

という訳で、速攻で鍛冶をLV100にして、
「アルカディアの大釜」のオバちゃんを、
殴っては心臓、殴っては心臓して、
一式揃えてきました。


あとはエンチャLVと錬金LVを100にしたら、
超伝説的で最強に強まった強化をしようと思っています。


それまでは、
このデイドラ一式はずっとゴリディアさんに着せています。
(まぁそのおかげで一人称視点でジロジロ細部を観察することが出来たのですが)



そういえば、ダクソのユルトさんの絵もずっと前に描いたのに
貼るのをずっと忘れてた。

だからついでに並べとく。

ユルトさん

つまり、こういう甲冑が自分の好みということですね。
(ツノがこういう感じで、目がこういう感じ)


ようはトゲトゲしてりゃいいのです。
(トゲの騎士カーク?知らん)

[ 2011/12/25 14:45 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

ループ乱数

とりあえずエフェクトメーカー
verアップの話です。

乱数をループできるようにしました。
(サンプルエフェクト:ループ泡

あと、ランダムでエフェクトを作ってもらうのも用意しました。
(サンプルエフェクト:ランダム





乱数をループさせることで何が出来るのかというと、
↓このように、とかとかのループするエフェクトアニメ
作れるようになったということです。

炎ループ
ぼわぼわ

泡ループ
ぽこぽこ


右上に付いている数字が
乱数ループするのにかかるフレーム数です。
(0の時にはループしません)


例えばこれが「30」になっていると、
30フレーム経過するごとに、
乱数テーブルがリセットされて、30フレーム前の状態に戻るのです。

だから、弾メニューの「ランダム」で出力されたエフェクトや
挙動もそのまま繰り返され、アニメがつながるのです。


それだけじゃよく分からんかもしれないので
もうちょっと細かく具体的に説明すると

例えば6フレームのループアニメが作りたい場合は、
「玉」の「出力フレーム数」その2倍の12にします。

そして取り込むのは
エフェクトを打ち出してから
6フレーム目~11フレーム目を撮影すれば良いのです。


6フレームのエフェクト12個を
12フレームかけて撃ち出し
乱数のループフレームを6に設定した場合の図を示します。

            |            |
            |            |
  ■■■■■|          |
    ■■■■|■■        |
      ■■■|■■■      |
        ■■|■■■■    |
          |■■■■■  |
            |■■■■■■| ←ここで乱数がリセットされる
            |  ■■■■■|
            |    ■■■■|■■
            |      ■■■|■■■
            |        ■■|■■■■
            |          |■■■■■
            |            |■■■■■■
            |            |
  0102030405|060708091011|121314151617
            |←        →|


まぁこんなふうになるので、6フレーム目から11フレーム目を撮影すればいいということです。



結局、今回何をしたのかというと、
内部で擬似乱数関数を自作したということです。
(今までは Math.random() に任せてたので、こういうことは出来なかった)
(ちなみにメルセンヌ・ツイスタ)

設定したフレーム数が経過するたびに
乱数の種を戻して、その自作擬似乱数のテーブルを初期化しているということです。

では乱数の種自体はどうしているかというと、
このフラッシュを起動するタイミングで、
起動ごとに変わるようにしています。
(つまり、気に入らなければ一旦「やめる」を押してから「デフォルト」を押せば
 また違った結果のランダムループを見られます)


逆にこれを利用すると、乱数ループのフレーム数を
エフェクト全体のフレーム数を超えるくらいの大きい数字にしておけば、
何度も同じエフェクトを見れるようにも出来ます。
(ランダムでありながら)

このフラッシュには巻き戻し機能はありませんが(おそらく実装できない)
これを利用すれば同じフレームを再び蘇らせることは出来るのです。

まさに乱数調整ですね。



[ 2011/12/22 17:57 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(6)

しんねんことばあらし

最近全然絵も描いてない。
たまには何ぞ描きたい。

来年は「辰年」だし
スカイリムのドラゴンとか描きたい。

というか、スカイリムのデイドラ装備がかっこ良すぎるので
さっさと全身揃えて、むしろそっちを描きたい。

だが心臓が足りない!


あと郵便年賀jpに「しんねんことば」とかいう
「水墨画風の何か」が描けるサービスがあったので、
また荒らしてきました。

なーんか、去年の今頃も、同じようなことをしてた気がするけど。


というわけで色々落書きしてきた。

スカイリム
スカイリム風ドラゴンとか
バハムート
バハムートとか
レックス
REXとか


超ド下手糞なのは全部ツールが悪いからということにする。
(過去に言ったこととか知らん)


あと他にも描きたいなぁと思ってるモノはある。

リボルテックレギオンがずっと手元にいるもんだから
レギオン熱がヤバイ。

レギオン
レギオン飛行形態

イリス
イリス飛行形態



つまりまぁ、こんな感じで落書きばっかで止まっています。

まじやるきでない。

全部スカイリムが悪い。

そして、膝に矢を受けてしまったのが悪い。

[ 2011/12/17 18:04 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

スカイリム vs ダークソウル

コメントが付いてるのを確認せずに
前回の記事を非公開状態にしてしまっていました。


凄いコメント書いてくれた人スイマセンでした。

最近土下座するようなことばかりやらかしています。



前回の記事は、自分の糞さが分かるだけなので
できえばこのまま闇に葬り去りたかったのですが、
自戒としてそのまま公開しておこうと思います。


あと最近は「スカイリム」をしています。
(これのせいでさらに気付くのが遅れました)

これまた、人生の大量の時間を奪われそうなゲームです。
この世界の圧倒的情報量には目眩がします。


LV25です。
スリと窃盗とピッキングばっかりしています。
(やはり主人公はプレイヤーの本性を写す鏡ですね)


しかしスカイリムをしていると
どうしても自分の中で「ダークソウル」と比較してしまう部分が出てきてしまいます。


「中世ヨーロッパ風ファンタジーのアクションRPG」という共通点があるとはいえ、
全く方向性の違うゲームなのだから比較するのは本当はおかしいのですが、

それでもやっぱり自分は
スカイリムダークソウル
「洋ゲーと和ゲーの代理戦争」を脳内で始めてしまうのです。

(なんだかんだでダクソとスカイリムのプレイヤー層は相当近いと思うし)

スカイリム ユルトさん


スカイリムをやることで
洋ゲーと和ゲーの本質的違いが見えてくるような予感がします。
(戦闘? キャラメイク? いやもっと別の何か)

ダクソは洋ゲー寄りのゲームだと思っていたのですが
「なんだかんだでダクソは和ゲーしてたんだなぁ」と気付かされます。
本当に。色々と。


そういえば、ダクソはテキトーなプレイ日記を書いただけだったのですが
まだ感想文を書いてなかったですね。

スカイリムをクリアしたら
それぞれの良さを比較しつつ
ちゃんと感想文を書きたいですね。
(先延ばし)

[ 2011/12/12 18:43 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)

なぜ自分はアナログの乱数志向なのか

ある人と下らん口論になった際、気付かされたことがある。


自分の中で「前提」が知らぬ間に積み重なって「当然」
なってしまった概念の説明は大変面倒臭い。


人からすると「なんだそれは?普通逆だろ?」となっているのだが
自分からするとそれを逆だと思ってる状態はとっくに過ぎているのだから
立ち戻るのは、嫌だ。


そしてそれを説明するには自分が辿った思考パターンを
すべて明らかにしなければならない。

なんという面倒くささと恥ずかしさだ。
こんなので議論が出来るはずがない。


テーマは
「アナログとデジタルの乱数の質の差」

まぁそんな感じで、ちょっと説明をする。


だからこれは駄文の中でも「私的な駄文」です。

あと、全く推敲してない糞文中の糞文なので
読むと体調を崩します。
ここまでの超糞文はなかなか無いし、久しぶりに書く。

[ 2011/12/08 16:02 ] 駄文 | TB(0) | CM(12)

ヘビーレイン

というわけで
せっかく作ったエフェクト素材を活用してデモ的な何かを作って見ました。

まぁ相変わらずです。
(でも、珍しく血の雨ではなく普通の雨です)


全画面とか

勝手に風向きとか雨の勢いが変わったりします。

解像度とか角度によっては、そこそこリアルに見える、はず。



結局「雨」を実現するのはこういうのが最終結論なんじゃないのかと思う。

モーションブラーのかかった雨が降ってきて、
そいつが地面に衝突すると
プリレンダしたエフェクトアニメを再生しつつ
同時に地面に波紋も再生しつつ、消滅する。



で、それを実現するためには結局、
「その2Dのエフェクトアニメ」をどう「調達」するかが問題なわけです。

「雨の飛沫エフェクトなんて3、4フレームだろうから手で描きゃいいだろ」
と思っていても、 (実際自分も思っていた)
実際は↓こんな雨にしたって15フレームくらいあったりするわけです。
(そんなにあるようには見えんモノです) (ゲームとかを見ていても)

飛沫

例えこんなものでも、手で描くのはめんどくさい!

だから、そのためのエフェクトメーカーなのですよ。

(そして、こういうモノは自社ツールが各自あるのだろう)
(なら、こんなアホツールを自作するのも意味があったのではないか)



雨エフェクト雨エフェクト
雨エフェクト

まぁこの雨が何になるのかはサッパリわかりませんが。

[ 2011/12/06 23:43 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(0)

エフェクトメーカー サンプル集

エフェクトメーカーサンプルエフェクト
説明を詳しくしておきます。
作り方のコツが分かると思います。

これらはあくまで、「最も単純な典型パターン」です。
だから全て、使ってるエフェクトは「1種類だけ」です。

これらを「雛形」として工夫を凝らせば、更に様々なエフェクトが得られる、はず。

サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト

ちなみにここに並んでるのは128*128の縮小版GIF素材です。


[ 2011/12/04 14:29 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31