ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2012年08月

「紙に線を引く」ということ

 
絵について、なんか言いたいことが出来たので、なんか語ります。
ド下手糞のニートが、語ります。


デジタルでしか絵が描けない人が増えているという。(都会では)

デジタルのお絵かきツールで絵を描くことに慣れすぎて
アナログで描こうとしてもさっぱり描けない人が増えているらしい。(都会では)
 



これが「事実」だとするなら、それに反発する必要あるか?という気がする。
もしも「自分はアナログで絵が描けません」というのなら、
そこはもう、猛省したり、忸怩たる思いで生きていくしかないのではないか?
自分はそう思っている。


一方自分は、アナログでもちゃんと描けるつもりなんだ。
むしろ、アナログの方が上手くかけると思っている。
(これは今現在絵が下手糞な言い訳でもある)
(その変身を あと2回も オレは残している… その意味がわかるな?的な)


だから自分に言わせれば、
「アナログで絵が描けない人」というのが、ちょっと「信じられない」のだ。
(「存在」を信じないのではなくて、その「姿勢」が信じられない)


というか、そういう人達は子供の頃、何をしていたの?
教科書とかノートにラクガキしたりしなかったの?


自分はしてたぞ。

少しでも紙に余白があったら、そこはもうラクガキのフィールドだった。

自分にとって「授業中」というものは、
「先生の顔をクロッキーするために与えられた猶予期間」だった。


だから自分のノートも教科書も、殆どお絵かき帳と区別はつかなかった。

それぐらい、するもんだろ?

そういうことが、「絵が好き」ってことじゃないのか?

リアルで紙にペンを走らせる喜び、そのどうしようもない「衝動」

それを知らない、出来ない、そういう練習を自発的にやってこなかったのに、
「お絵かきが好き」なんて、のたまえる人間がいるのか?


こういう話になると、なぜか自分は急にアナログ志向になってしまう。


普段は、「脳で直接絵が描ける様な装置ができないかなぁ~」とか言っているのに、だ。


だがコレに関してもちょっと考えてみよう。

「脳で直接絵を描く装置」とは、いかなるものか?

頭の中で画像を思い浮かべれば、それがそのままプリンターのようにウネ~っと印刷されるのか?

「脳の中にある画像イメージ」というものは、そのまますぐにひり出せるものだろうか。

そこにあるべき「具体的な線の動き」はどうなっている?

入り抜きは?太さは? それら線の一本一本まで、全て事前に、完璧に、しっかりイメージできているか?


そのへんを、ちょっといっぺん本気で「想像」してみてほしい。


・・・
多分、線というものは、自力でなぞらなければならない。


絵というものは、多分
「出力と入力」それらを交互に行いながら、その相互作用によって完成するのだ。

(ここでいう「入力」とは「実際に自分が引いた線」を見て、それが次の線に「フィードバックされる」という意味)

(いや、自分自身も、脳内の画像イメージの鮮明さには自信がある)
(かなり鮮明な画像データが「そこ」にはあるような気はしている)
(2Dデータにかぎらず、頭の中で3Dモデルをクルクル回したり、
 パースの強弱を自由自在に付けることも、出来るつもりだ)

でもやっぱり、頭の中に浮かべるだけの画像イメージでは、
そういった「出力と入力の相互作用」という過程を経て完成する絵には「叶わない」気がするのだ。


だから、仮に、無限の未来に、「頭の中でお絵かきが出来る装置」などが出来たとしても
それは今のお絵かきツールや、紙とペンと根本的なところでは変わらないモノ、
線を自力でキャンパス上に一本一本引いていくところから始まるモノ
になるんじゃないか。


そんな気がしているのだ。

そして、そのようなものなら結局、
リアルで紙にペンで線を引く時の「力」が多かれ少なかれ必要になってくると思うわけだよ。
(極論すると、「脳で直接絵が描ける装置が出来たとしても、絵が下手な奴は下手なママ」ということ)


つまり、どこまで行っても
「紙にペンで線を引く」という、力、コツ、喜び、衝動、本能・・・
そういうモノは必要だし、最も重要だと思っているのだ。
(たとえ、デジ絵であっても)
(たとえ、脳内出力なんてものが出来たとしても)


これを蔑ろにしている奴が、楽しく絵が描けるはずがない。(そう決めつけた)

リアルで紙に線を引く喜びを知らない奴が、本当にお絵かきが好きなはずがない。(そう決めつけた)


「本気で好きかどうか」というのは重要だ。

「好きこそモノの上手なれ」 VS 「下手の横好き」
ことわざ同士でバトルさせるのは好きだが、
どっちにせよ「好きじゃなきゃ話にならない」のだ。
(自分は自分の絵が下手だとは思っているけど、
 「お絵かきが嫌いだ」なんて言ったことは、一度たりとて無いぞ)


だから、自分はそういう人間にならないためにも、
アナログの練習はいっつも裏でしているのだ。 
(そういうのはスキャナが無いのでブログには貼れない)


さて、上の話の中では、
むしろデジタルとアナログを一緒くたにしている部分もあるかもしれない。

どちらも、「線を一本一本自力で引いていること」に違いはない、と。

だから、別にいいではないか。
そう思うかもしれない。


(いや、自分も元々はそういう考えでいたんだけど)
(だからこそ、「アナログで全く描けない」ってどういうことだ?と思ったんだ)
(だって普通は、アナログ>デジタルなんじゃないのか?)


じゃあアナログとデジタルの何が違うかというと、
やはり補助ツールとしての便利さだ。

アンドゥ・リドゥ
消しゴム (これはリアルにもあるが)
左右反転・回転・縮小拡大
自由変形
色調補正
レイヤー
加算、減算塗り、なんてのも現実じゃ出来ない話だ


・・・こういうのが、「補助」になっているわけだ。


つまり、「アナログで絵が描けない人」というのは
それ即ち「こういう便利機能が無いと絵が描けない人」ということなんじゃないのか。
アナログ・デジタル間で「線引きの喜び」に貴賎が無いというのであれば、違いはここしかない。


そしてやっぱりそれは、何かがダメなんじゃないか、と思う。


確か前に自分は
「弘法筆を選ばず」ということわざを否定したと思う。
(その文脈は多分、「自分は弘法ではないと思うからこそ、道具は選ばねばならない」という感じ)


でも、それとこれとは矛盾しないつもりなんだ。

自分がどういう点で下手糞なのか、理解しなければならない。

自分がどういう便利ツールによって、マシに見せてるだけの存在なのか、知っておかなければならない。


でなけりゃ、向上なんてできないからだ。
向上心のないやつは馬鹿だ。

「便利ツールで自分の下手な部分は誤魔化せるから、ここは苦手なままで良い」なんて考えで、
生きていていいはずがない。

ツールに頼らずに、自分の思った通りの絵を出力できたなら、それが一番の喜びではないか?



だからこそ自分は、

・一発書き感
・クロッキー感
・最低限の線感
・躍動感・スピード感
・下書きなし感


そういうのを大事にしたいと思っているのだ。
(そして、そういう「地力」は、紙の上じゃないと培えないのではないか、と)


まぁ今の自分が思っていることはそんな感じ。
どっかに大いなる矛盾があるかも知れないけど、知らん。


というか、最近になって、特に
紙の上によくラクガキをするようになったのだ。


で、また性質が変わり始めているかもしれない。
(人から見れば、何も変わってないように見えるかもしれない)

恐竜

2号機

こういう変化も、
アナログでなにかやってるから、それが反映されるのだ。そう思う。

実際の紙に絵を描いてると、
ペンタブでアタリ考えてる時では思い浮かばないようなインスピレーションが出る、気がする。
(こういうのがそもそものアナログ志向に繋がるのだ)

2号機

mark6

クレド

で、こういうラクガキラフが増えていく。 いつかちゃんと描く。

(↑下手糞な奴の特徴)

[ 2012/08/30 12:07 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

MGS4の話 またはオセロットの頑張り物語

 
というわけでやっと、MGS4の話です。


まぁ自分でも、なんで突然ゲームについて語り出すのかってのは謎だけど、
やっぱり基本は「大量に時間をかけたというのに一人で消費しただけってのは嫌だから」
という事なんだと思う。


あと、「脳みその中で一度整理をつけた道筋」というのは
ちゃんと出力しておきたくなる。
でないと、ボーッとしてる時に、頭の中で同じ所を何度も通ってしまう。
それこそが、一番不毛だと思うからだ。


だから、自分が感じたことを、遺しておきたくなるのだ。

まぁその結果、ゴミ情報がまたしてもネット上にばら撒かれることになるんだけどね。
MGS2のミーム話


[ 2012/08/27 22:24 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)

メタルギアシリーズについて

さて、MGS4のトロフィーを少しずつ集めているわけですが、
とりあえず一番メンドそうな「チキン」の称号を獲ってきたところで
今更にも程がありまくるのですが、MGS4というモノについての感想を書きたいなぁと思います。

ですが、やはりその前にメタルギアシリーズについてまずは書かないと、4は語れないと思うのです。

だから、まずはその話。 
MGS25周年だしね)

REX VS RAY


ちなみに自分は、
MGS1 & インテグラル
MGS2 & サブスタンス
MGS3
MGS ポータブルOPS
MGS ピースウォーカー
MGS HDコレクション

しかやってない程度のニワカですが、
(つまり、メタルギア1も、メタルギア2も、メタルギアアシッド12も、ゴーストバベルも、バンドデシネ12も、
 ポリスノーツも、ZOEも、ボクタイもやったことがないのです。 ま さ に ニ ワ カ


それでもやはり、これだけでもシリーズやってりゃー
その時点でMGS4は神ゲーにしかなりえません。



もしも「MGS4はムービーゲーだよ」的な評価で二の足踏んでる人がいたとしても
その人が123をやったことがあるなら、自分は全力で4をオススメします。
本当に、見る価値のある「神ムービーゲー」です。


ちなみに↑この絵について

見る人が見たら、
「なんでこのREX、レールガン装備してんだよ!」
「なんでこのRAY、尻尾が付いてんだよ!」
てことになるかもしれないけど、
知らんです。

最初からおかしいことは承知で、描きたかったから描いてしまっただけです。


あと、なんか色々言ってたけど、
結局この絵に学ぶべき黄金長方形はありません。

[ 2012/08/23 13:23 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(6)

戦争の申し子

ドロッセルお嬢様

ごああああ書くことが何もない。
世間一般では夏休みだというのに。
こういう時に何がしか頑張るべきなのに。



でも本当は書きたいことはあるにはあるんだ。

・一つ、スポーツを馬鹿にする文章。

・二つ、戦争を再評価する文章。



オリンピック中とか、終戦記念日とかに
この2つを書きたくて仕方なかったんだけど、
何故か自分の中でブレーキがかかってしまい、すぐやめてしまう。


すっごくつまらない気がする。


でも世界にあふれている
スポーツは素晴らしいとか、
戦争は悲惨だとか、
そういうメッセージの方が、よっぽどくだらない気がする。
(そういう厨二なマインドは、ずっと持ち続けているらしい)


だからやっぱり、自分の気分を糞文にして、簡潔に書く。


今回は、「戦争についてなんとなく思うこと」です。


(ちなみに自分は、左翼とか右翼とか、そういう思想には全く染まってないと思う)
(なぜなら、何も考えてないから)

[ 2012/08/19 15:34 ] 駄文 | TB(0) | CM(8)

チャーミングお嬢様とりあえず完成

やっっっと、ドロッセルお嬢様が出来ました。

チャーミングドロッセルお嬢様

↓mqoファイルのzipファイル
チャーミングドロッセルお嬢様.zip IE系だと右クリック保存

(403とかで取れない場合は3DCG置き場へ)


ZIPに圧縮しても1Mギリギリです。
だから、これでも色んな所を割愛してます。
足パカとか、頭の後ろがパカっとするのとか、無いです)


ミラーしてる部分と、曲面分割もフリーズしていません。
胸、腕、足の部分は、ミラーで増やしてください。
(足のすねの部分だけはフリーズしてるけど、
 そこだけは左右非対称のテクスチャーを貼っているから)


テクスチャーと言えば
このZIPファイルにはテクスチャーが入っていないので、↓ここから保存してください。
チャーミングドロッセルお嬢様テクスチャー


あと、今回は「ボーン」をようやく入れてみました。

見よう見まねだけどメンド過ぎ。 どれだけ大変かよく分かりました。


↓ボーン入りmqoファイルのzipファイル
ボーン入りお嬢様.zip IE系だと右クリック保存

(なんで上位互換のファイルを別にUPしているのかというと
 やっぱりこっちは部分の名前とか素材の名前が目茶苦茶になっちゃってるから)
(そもそも、メタセコのボーン機能使える人自体が限られてるし)


ボーンに関しては覚えたてなので、まだまだ分からん事だらけです。

お嬢様は一応ロボなのでボーンの影響範囲とか考えずに
とりあえず「bdef:」「-素材指定」だけで作ってみました。


それでもさっぱり分からない。

そもそもお嬢様の足とかって、どうやってボーン入れるのが最適なんだ?
お嬢様の足
今はとりあえずこうやってるけど、本当にこれでいいのか。
指も全部こんな感じだけど、不安になる。 すっごい捻じれるし。

→  →  → なのか?

それ以外にも
  ↑
→  →
 みたいなやり方もあるのではないか?



あとシリンダーとかも通ってるし、
普通の木構造で片付くようなボーンなのか?


思えば一期のお嬢様にはこんな構造は無かった気がする。
なんだかんだで進歩している気がする。(おかしな話)



・・・こんな調子なので、
「ポーズ付けてレンダリング」とかが却って遠ざかっています。

[ 2012/08/15 13:54 ] 3DCG | TB(0) | CM(0)

スーパーダンガンロンパ2 全プレイ日記

遅ればせながら、「スーパーダンガンロンパ2」をクリアしました。
(自分は読み物系のゲームクリアするの遅いのう)

             ▊     █     ▉ ▀▅▂
            ▌       ▉    ▊    ▀▅▂
           ▲       ▊   ▋       ▀▅▂
      ◥▅▃▂◢◤         ▋  ▌           ▀▅▂ ▂▃▅◤
       ▂▅▀▀▅▃▂       ▌ ▍            ▂▃▅▀▀▅▂
     ▃▅▀      ▀▀▇▆▅▃▂ ◥◣▎    ▂▄▅▆▇▀▀      ▀▅▃
   ▆▀ ◥▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▂    ▃   ▃   ▂▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅◤ ▀▆
   ▌▌  █▌  ▐▓▀▓▌  ◥◣  ▐▐▂▂▌▌  ◢◤  ▐▓▀▓▌   █▌  ▌▌
   ▼
 ◢◤▀█▃▂ ▀▀▀      ◢◤▀▀▀◥◣      ▀▀▀ ▂▃█▀◥◣ 
    ◥◣◥◣▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂◢◤       ◥◣▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂◢◤◢◤

                        
                       
                         █


                ▌                 ▌
                  ▊  ▂▃▅▂   ▂▅▃▂  ▊
                    █▀▀   ▀◥◤▀   ▀▀█
                  ▊               ▊
                ▌                 ▌

                 ◥▅▃▂         ▂▃▅◤
                   ▀▀▇▆▆▆▆▆▇▀▀


まぁ自分の基準で言えば神ゲーです。 大満足の続編でした。

「PSPで面白いゲーム何?」と問われれば、
1にダンガンロンパ、2にダンガンロンパ2です。 依然これは変わりません。


結局、自分はこういう読み物系・推理系(+キャラ要素)のゲームが大好物なんだろう。
(未だうみねこも大好きだし)
(タイムトラベラーズの宣伝すごかったけど面白いのかな)



シリーズを重ねて、各犯人の動機も深化しすぎ。
「殺人の定義」について考えさせるようなトリックも多い。

で、思ったことはあまりに膨大。

膨大すぎて、
感想とか、ちゃんと書ける気がしない。




だから、
プレイ中に思ったこととかツッコミどころとかをテキトーに書いていったメモ
用意していたので、ここにはソイツをペタっと貼り付けるだけにしようと思います。


当然全てのネタバレになっていますが、まぁ不完全な文章ではあります。
全てにキチンと突っ込めてるわけではないです。
むしろこの文章自体がツッコミどころ満載でしょう。



とにかく、
プレイ中に予想していた先の展開とか、
自分がどこでどうミスリードされていたかとか、
「だれが犯人であって欲しくない!」とその時自分が感じていたか、とか

そういう、「リアルタイムで読んでる時に自分が何を感じていたか」が、
後から分かるようになっています。 そのための文章です。

(そういう意味で、全ての謎が明らかになってから振り返る感想や考察とは、違うのです)

[ 2012/08/09 13:17 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)

突然チャップリンの話

書くこと無いけど無理してなんぞ書いてみる


全てに通ずるモノ
全てが詰まっているモノ
祖にして全
アルファにしてオメガ


・・・そういうモノを探す旅に出ているのだが、
 (例えば自分にとってその一つが諸星大二郎であったりするような)
また一つ見つけた。
 (というかそういうものは、自分にとって「再発見」でしかないんだけど)

チャップリン

自分がチャップリン大好きだったことを突然思い出した。
(多分チャップリンの「キッド」以降の長編映画は、多分殆ど観てる)




ふとしたはずみで、ニコ動にチャップリンが大量に転がってるのに気づいたのだ。
(多分「総統閣下」とかのリンクから)

そんでコメ付きで見てみると、意外と素直なコメが多くて楽しめることが分かった。
(最初の方は、ドリフがどうの、タモリがどうの、ダウンタウンがどうの、くだらんコメが多いけど)



しかしすごいねチャップリンは。 (←この発言の馬鹿さ下限も凄まじいが)


「今見ても楽しめる」とか、そんなレベルではない。 そんなのは失礼過ぎる。
今見ても断然傑作。 光り輝いおる。 そんな感じ。

パントマイム、サイレント、天丼、泣き笑い、ペーソス、シリアスな笑い、ハナモゲラ、謎のシンクロ、
・・・ああもう並べ足りるかこんなもん。
「すべてが詰まってる感」はまさにこれだ。



しかしそれ以上にも凄いと思うのは
例えばまさにこの「独裁者」とか、実際風刺だし警笛なんだけど、
全然説教臭くない所だ。 

「風刺」と「笑い」が同居出来てるのが、凄い。

(まぁアレよ。 「ポリティカルなのにノンポリな作りの作品凄い」とか、そういう話よ)



例えば今現在、そんなもの、存在するか? 「風刺」と「笑い」の同居。

「サウスパーク」くらいじゃないのか。


日本のギャグアニメで、そんなもの存在しない。
ギャグアニメにはギャグ要素しか存在できない。
(だから薄っぺらいし、一歩引いたテンションで見たら全く笑えない)

そして、仮にそんな要素混ぜられたとしても、すぐに説教臭くなるか、うっとおしくなる。
(「絶望先生」とか? うーむ)



メッセージ性があるのに、うるさくない。

笑いに風刺を込めているのに、説教臭くない。


だから凄いのだ。

だから、格が違うのだ。


うむ。断定。


自分がチャップリンとサウスパークが好きなのは、
そんなところにあるのかもしれない。

(ああ、あと「高橋邦子」もか?)


[ 2012/08/04 21:08 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
07 ≪│2012/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -