ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2012年10月

ダクソDLCプレイ日記

とりあえずDLCをの要素は大体終わらせてきたので、テキトーなプレイ日記書きます。
なんの価値もねー雑記です。


そしてこれはラクガキ。


その前に、自分はDLCのマップを見つけるのにアホほど時間がかかったので、まずはその話をします。


自分は絶対にDLC関連の攻略情報とか仕入れたくなかったので、完全に手探り状態でした。
(今思えば、公式のアプデ情報を見れば行き方は書いてあるんだけど、そういうのも絶対見たくなかった)

自分のイメージとしては
どっか今までには無かったところにさりげなく分かれ道が出来てて、
その先に行ったら普通に倒しても倒さなくても良い感じのデーモンがいるのかと想像していた。

(はぐれデーモンみたいなイメージ)
(そういう分かれ道が、既存の場所に何箇所か発生してるのをイメージしてた) (勝手に)

しっかし、そのような別ルートが全く見つからない。
既に何週もしたゲームだから改めて全ての道をちゃんと確認していないせいかもしれない。
すごく不安になる。 どこかで見逃したのか。

でも小耳には挟んでしまうのだ。
ウーラシールさんがどうのこうのとか言ってる人がいた。 ウーラシール?

気になったのでとりあえず狭間の森に行って、ヒュドラを倒してくる。
いつもどおり、プロロ→ゴーレム倒す→ウーラシール呼ぶ までやってみる。 ここまではいつもどおり。
しかし、やっぱり何も変わっている気がしない。

いや、ゴーレムの後ろ辺りにやたらとメッセージが置いてあった。
そこに「アイテムがあれば」とか「隠し通路の予感」とか書かれまくっている。

ここが一つの道なのか? とか考えまくる。

条件が分からないので 「宵闇頭」とか「ウーラシールの杖」とか「宵闇リング」とか「鉄壁スカート」とか、
ウーラシール関連のモノを体に装備しまくる。
自分のイメージとしては「暗月の隠し通路」みたいなことになると予想したのだ。

あと、「アルトリウスエディション」なんて言っているから、シフとか、深淵とかは重要だと思った。
(深淵に行くためにはシフを倒さなきゃだし、シフの主人はアルトリウスだし、アルトリウスオブジアビスだし~)

だから、先にシフ、公王を倒すのが道理かと考えていた。 (今思うと謎思考)


でも何も変わらなかった。

募る不安。
自分のダークソウルは、果たして本当にDLC入りのダークソウルなのか。
あまりに変化がなさすぎる。
[ 2012/10/29 18:35 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)

全裸待機のアルトリウス

明日はついに、待ちに待ったダークソウルのDLCですね。 アルトリウス オブ ジ アビス


というわけで色々と準備をしています。


DLC新MAPに向けて
・最初からはじめるか
・それとも自分の今のキャラクターで周回後からはじめるか


この辺は本当に迷うところですが
まぁ自分のメインキャラの内、
一番SL上げてないヤツなら構わんだろう、ということになりました。

そのキャラの、2週目の世界で回ろうと思っています。


そんで、「生身縛り」でもしようと考えています。
(つまりずーっと生身状態で全MAPを走破する)
(といっても死んだら人間性使って戻るだけのことです)
(そして別に白を積極的に呼ぶわけじゃあない) (だから多分、やりたいことは、PKK)



去年の時点では、ダークソウルは初期のバグやらなんやらで
初動組はあんまりオンラインを楽しめずに初見クリアをしてしまってたと思う。

だから、今回のDLCでダクソ熱も再燃するだろうし、
今度こそはずーっと生身で、色々オン要素を楽しもうと思うのだ。
(実際、白サインとかも結構見られるようになってきている)


で、そのためにまずは
巨人墓地でチビ骨を狩りまくって人間性を198個ほど集めていました。



とかなんとか準備をやってたら、
気がついたらガッツリ遊んでしまっていました。

やっぱり、ダークソウルの攻略は超面白い。
これは本心からそう思う。
(対人は、シラン)



最近自分が使ってる武器は
「巨人鍛冶屋のハンマー」ですね。 あの木槌みたいな可愛いヤツ。

コイツが結構ガチで強い気がする。
むしろ、お手軽強武器過ぎるか?


(でもどの武器がどう強いかって、未だによくわかってない)
(槌系で比べるなら、このハンマーよりも強化クラブの方が強かったりする)
(じゃあ一体何が強武器なのかって、分からんよね)
(自分が今振れる武器のうちで、何が一番DPS高いのか、とか難問すぎる)
(自分が今装備出来る防具のうちで、何が一番防御力、強靭度のコスパがいいのか、とかもさっぱり分からない)



初期SLでこの武器を両手持ちで振り回して遊んでたりもするけど、
全然余裕で進んでいける気分になれる。
寵愛と木槌と人間性があれば生きていける!


そんな事をしていると、
そらRTAや縛りプレイも流行るわけだわ、という気分になってくる。

自分は出来ないけど、やってる人は本当に気持ちいいんだろうね。
脳汁依存症にならんのだろうか。



アルトリウス

あとこれはアルトリウスのドット絵。 テキトー。
アルトリ装備を手に入れたら、ちゃんと作りなおす。

[ 2012/10/24 12:04 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

あと一ヶ月でヱヴァQ!

さて気がついたら後一ヶ月で「ヱヴァQ」公開ですよ。 
一体どうしてくれるのですか。

Mark.06

何を語ろうか。

「語ることがない」ということについて語ろう。




今回ヱヴァQは、「びっくりするくらい燃料を投下されていない」と思う。


事前の燃料は、
・破のラストの予告
・新宿バルト9で流された予告
・金曜ロードショーで破をやった時の予告
ピアノ

この4つぐらいである。

とても情報量が少ない。


これだけを肴に、3年の月日を耐え抜いたエヴァヲタ達である。 (本当はまだいくらでも耐えれるのだが)



そんな流れの中で、エヴァヲタ達は「ある傾向」へと向かっている気がする。

それは、「できるだけQへの期待度を下げる」という姿勢だ。

「もう、120分ピアノの映像見せられても我慢する」
「120分シンジくんのアレ行為を見せられても我慢する」
「いきなり実写で映画館の観客の映像を見せつけられても我慢する」
「いきなり昭和特撮が始まっても我慢する」
「120分林原めぐみの童謡メドレー聞かされても我慢する」
「やっぱり3部作ってことになって、尻切れトンボのまま終わっても我慢する」
「わたーしーにかーえーりなーさーい~♪」
「INTERMISSION」
「気持ち悪い」
「終劇」


・・・みたいな感じ。
ありとあらゆる絶望に備えて、待機している。

結局、破の時の素直な感動とカタルシスは忘れて
デスリバとEoEの絶望に怯えているのだ。


これが、悲しきエヴァヲタの性なのか・・・。
(まぁ、そんな不安を煽るのが、あのピアノの予告なんだけど)


まぁ、そんな風な「防御スタンス」でもいいんだけど、
もうちょっと素直に期待していこうと思う。


今回は、そういう話。



追記:この記事を書いた直後に燃料が来ましたよ。全く。



大尉のプラグスーツのデザインが変わっていますね(小並感)

シンジさん、あれだけポカ波さんとフラグ立てたのに、結局ヤンホモに成り下がってしまうんですね
(もうシンジさんなんて呼べない)


やっぱり、パイロットだけに焦点があたって、使徒とかEVAが全く映らない予告ですね。
Qの予告は、意図的にそういう風にしてる感ある。


[ 2012/10/17 13:35 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)

ドラゴン尽くし

長文を書いてて途中でどうでも良くなるのをなんとかしたい。

ところで、「いい加減に自分も絵を頑張らんとなぁ~」ということを感じる出来事があった。
(どういう出来事かは説明しない) (オワリ)



そしてまた別の出来事。

こんな木っ端存在な自分でも、pixivである程度ボケーッとウジ虫のように蠢いていたりすると、
いかがわしげなイラスト仕事の依頼とかが舞い込んできたりする。 
そんな、猫の手も借りたいような時代らしい。


こないだも、「携帯ゲーの企画。ドラゴンとかのクリーチャーの絵を描いたら1セット3万円です」
・・・みたいな依頼が来た。

(こういうのはなんか無視してたんだけど、流石に待遇がいいように思えた)
(もともと単価1000円とかで買い叩かれる事もあるような、ブラックな世界ではないか?)
(そこを、背景アリナシだけど実質絵を1枚描いて3万円くれるとは、相当良い条件なのではないか?)
(しかも題材が「ドラゴン」とは、キャラとか武器とかを依頼されるより、よっぽど食指が動く)
(一応自分の絵を見た上で言ってくれているらしい。スカイリムやドラゴンズドグマをやっていて本当に良かった)

というワケで、なんとこのドラゴンの依頼に自分は返信してしまったのだ。

(ニートがついに働いてしまうのか!?)



・・・と思っていたら
ずーっと返信が来なくなって、
最終的に「なんか企画の仕様が変わったのであの話は無かったことでサーセン」的なメッセージが来て、終わった。


やっぱり色々とブラックな業界らしい。



そんなこんなで、喜び勇んで描いていたドラゴンのラフが全部無駄になったので、並べてみます。
本当にラクガキだけど。


ところで最近よく疑問に思う。
「オリジナリティ」なんてモノは、本当にこの世にあるのかと。


結局、「どっかのゲームか何かで自分が触れてきたようなドラゴンの絵」しか描けないではないか。
(そもそも仕事なのでそんなにドラゴンの常識から大きく外れたようなモノを描こうとしたわけではないんだけど)


ミームとか、ジーンとかと同様、
実は「周囲の情報の寄せ集め」でしかないんじゃないか?という気がする。
「自分の人生、環境、入力された情報の代謝の結果」でしかないのではないかと。



だがそれでも、「自分の嗜好」というモノだけは、ここに確かに存在する気がする。

ドラゴンラクガキ
↑例えば自分はこういう、腕が生えてるマッシブなドラゴンは、あまり好きじゃない。


ドラゴンラクガキ
それでも↑こんな風に地面に這いつくばるようになると、途端にアリになる。


ドラゴンラクガキ
で、自分が本当に好きなドラゴンはどういうのかというと、こういうの↑

腕が翼に変形してるタイプね。
そういうのは、亜竜・ワイバーン扱いになってるゲームもあるけど。


ドラゴンラクガキ
んで、今回いろいろとラクガキを描いてて一番マシだなと思える絵が、コレ↑
この足の感じね。


ドラゴンラクガキ
ところで「ワイバーン」といえば、
なぜか真っ先に思い出してしまうのが「ベイグラントストーリー」のワイバーン。
「ディートッ!!!」

↑これは今回のとは関係ないけど描いてたラクガキ。
ベイグラについても、いつか長文を書きたい。


ドラゴンラクガキ
あと、自分のドラゴンの絵を見てて思うんだけど
主に首にこだわりがある気がする。


こういう感じ、になってなきゃいけない、とぞ思う。
根元が一番細くって、後頭部にかけて太くなっていく。
絶対、こうなってないといけないのだ。

[ 2012/10/13 14:25 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

バイオ5 シェバ擁護

というわけで10日くらいでプラチナトロフィーとってきたので
バイオ5の感想文書きます。

リッカーβ

基本的に、「世間の一般的な評価に対するカウンター」的な擁護話になります。

(でも正直プロフェッショナルのバランスはクソだと思ってしまったので
 かなりどうでも良くなってきています)


あと、↑この絵のリッカーβについて。

リッカーβは非常に丸っこくてちっこくて可愛らしいヤツなのですが
この絵は全然違ってる。
(アイレベル的な? すごくデカく見えちゃうと思う)

でも知らん。

なんか描いてたらこうなってしまうのだよ。


[ 2012/10/09 13:18 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(10)

DMCシリーズとMGSシリーズ比較

いろんな事がメンドクサイ。

アンジェロ・クレド


何か書きたい文章があったはずなのに、
放置している間にどうでも良くなってしまう。



◆書きたい文章候補

「地球の比熱を高めよ」という話
「太陽を礼賛せよ」という話
「歯」の話
「親切」が必要なくなった世界こそ、人間の求める先の未来である、という話
「死に瀕すること」が、人間の人生にとって最も必要なモノなのではないか、という話



最近考えているのはこういうこと。
これらに関してはいつでも駄記事を書ける、と思っている。 でもメンドクサイ。



◆最近やっていること

MGS4のトロコンは、あと4周すれば出来ると思う。 
 でもそれは地味にキツイ。 周回前提のトロフィーは、「ゲームを消費している」感じがしてしまって辛い。
 流石に、MGS4信者になる前に飽きてしまった。


MGS2のトロコンは、VRミッションがキッツい。
 キリがない・・・ やってもやってもキャラが増えない。
 UUDDLRLRBAの裏ワザで始めれば良かったと本気で後悔している。


・一方MGS3のトロコンは、やってみたら簡単すぎてすぐに終わった。


・あと、バイオ5を始めました。 今更。 キャンペーンで1900円以下になってた気がする。
 これだよ。カプコンのバイオの売り方は。
 どうせバイオ6だって、バイオ7が発売される前には
 キャンペーンで完全版のDL版がお安くなるんでしょ?って気分になる。




バイオ5は、一週間でノーマルクリアとベテランクリアまでいきました。 (当然シェバ山はNPC)
粥のようにスルスルとクリア出来る。

あとは、プロフェッショナルとお金稼ぎをある程度すれば、プラチナトロフィーは獲れますね。
(でもトロコンは、オン要素が多いので多分、無理)


バイオ5に関しては、後で「かなり好意的な感想文」を書こうと思う。
なんでシェバが叩かれまくってるのかワカラン。



さて、上のやつはクレド兄さんの絵なんですが、
なんでこんなのを描いたのやら。


確か描いた時には、なにか言いたいことがあったんだ。
何がホンモノのアクションゲームなのか、とか
何がDMCの遺伝子なのか、とか



「DMC4を見なおそう」という動きが自分の中であって、
それについての文章を書こうと思っていた。


でもなんか、めんどくさくなった。



メンドクサイので、どうでもいいことを書こうと思った。


DMCシリーズと、MGSシリーズには、何か似ているものを感じざるをえない。

よって「箇条書きマジック」をしようと思う。


・1はゲーム界で一大ジャンルを築き上げたといっていい、始祖である

・2の評判がシリーズ内でどうにも悪い

・2でダブル主人公をしようとした、というのも同じ

・3がシリーズ内で最高傑作扱いになっている

・3で時間が遡る、というのも同じ

・4で、主人公が老けている

・主人公の親父は、どちらも伝説の存在
 (スパーダ)(ビッグ・ボス)

・主人公もまた「親父を超えた」ということで
 半ば英雄、伝説の存在になっちゃっている
 (ダンテもスネークもそう)
 (ネイキッドもまた、ザ・ボスという師匠を超えた)

・主人公が伝説の存在になっちゃったので、
 「世代交代」「主人公の一新」をしようとするが、なんとなく不人気で失敗。
 結局引きずることになる (MGSで引きずっているのはネイキッドの方だが)

・そしてその「新主人公」は、主人公からすれば「甥のような存在」である。
 ネロ=ダンテの兄弟のバージルの息子
 雷電=スネークの兄弟のソリダスの息子(一応)

・MGS3のヴォルギンと、DMC3のアーカムは似ている
 (ハゲ、左頬にアザみたいなのがあって、溶けてる)
 (ラスボスのような立ち位置でありながら、実は新ラスボスの前の前座である)


・どっちも映画化するらしい



(まぁいつもどおりのこじつけよ)
(でもこんだけ被るのは、他のゲームシリーズでは中々見つからんと思う)


・・・という流れがあった上で、
やっぱりMGRDmCには、ものすごく似ているモノを感じる。


・外注

・コレジャナイ感

・設定無視

・キャラへの愛を感じない

・シリーズナンバリング外

・ファンの怒りを回避するために、「パラレル」という後付け設定

・なぜかどっちもソニーのスマブラに登場するらしい



2013年発売予定、
なんとなく不安、
だけどシリーズファンとしては気になって仕方がないゲーム・・・

でも文句言いながらも結局やるんだろうな。
この際どうせなら、別ゲーでもいいから面白いゲームであって欲しい。 そんな願いもある。


やはり、妙に近いものを感じる。

[ 2012/10/02 10:10 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -