ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2014年10月

カマキリゲー再開します

 
さすがのニートも、二回連続クソ記事更新は猛省・・・!

さて最近は何をひたすらやっているのかというと、
ずっと放置してたカマキリゲー作りを再開しています。


流石に、なんか完成させようと思いましたとさ。

3Dカマキリゲー

もう、今年中に完成させます。
例え、どんな酷い中途半端な出来になったとしても、完成はさせます。

もう逃げません。

逃げないために、もうカマキリゲーのために専用のページとかも作ってしまいました。

あと、そこに音楽用のページも用意しました。
ゲーム用のBGMに適したお気に入りの曲とかのリストを、並べまくっています。 趣味全開です。

音楽かけながらのが何億倍もマシなので、↑のページに飛んで試遊して貰うのが良いです。
もうこっちにswfを貼る必要もないかと思います。


◆やったこと

◆ボス2面まで作る。
 レーザー系のボスです。 (レーザーとビームの違いも知らないけど)
 DMC1のグリフォン3とかを地味にリスペクトしています。 
 (でも最大放電とか、5WAY、6WAYの電撃を8回も浴びせてくるような鬼畜ではありません)
 後、映画「バイオハザード」のサイコロステーキとかも。 

◆買い物 → 道中 → ボス → 買い物 → 道中 → ボス という、
 とりあえず「プレイの流れ」をちゃんとする。

 これでちゃんと成長要素とか考えながら面を進んでいけるようにした、つもりです。

 値段について考えるのがとてもむずい。

◆ゲームオーバーした時の「再開」とかも一応。
 (道中で死ぬと買い物直後のお金に戻される)
 (ボスで死ぬと目標金額ジャストに戻される そこからまた買い物して道中にもボスにも戻れる)

◆難易度上昇について考える。
 「道を進む」「時間が立つ」「ステージのレベル」によって
 敵の出現頻度、敵の正多面体の種類が変わるようにしました。

 レベルによって「敵の硬さ」「敵の落とすお金の額」も変わります。
 せめて少しはちゃんとするようにした結果がコレ。 最終的に雑魚の攻撃パターン位は変えたい。
 「上空にいる敵は固くならない」とかも考えてます。

◆用意するだけ用意して、作れてなかった成長スキルをちゃんと完成させる。
 ・頭突き
 ・攻撃力二倍
 ・エネステ エネミーストンプを快適に 
 ・停止ネギ
 (等など、「未定」と書かれているスキル以外は、全部使えるようになってます)

◆ボスのHPゲージ、自分のHPゲージがダメージくらった時に揺れるように。
 自分でテストプレイしていると「いつの間にか瀕死になってて死ぬ」、というのがあまりに多いので、色々考えました。

 とにかく「揺れ」というのは想像以上に重要だと。
 画面の端にある表示でも、「揺れる」と人間の脳は急に認識出来るようになる。
 これで事故死を減らせます。 お金を拾った時も揺れるようにしたい・・・

 あと、敵の攻撃音だけはステレオにしたりとか。

・・・

まぁとにかく今回は二面ボスまでをちょっと見てきてくんさい。


凄い単純だけど、一応、「どんな単純なボスでもゲームになる」ようにはしているつもりなのです。

敵がやってくることは「用意された攻撃セットの中からランダムなのを撃ってくるだけ」なんだけど、
一応こっちは
・避けながら敵を倒さなきゃいけない、
・あと地面に落ちた敵の血を拾わないといけない、
・時間のことも考えないといけない、 (ボス前に注射器や砂時計を集めておいたり)
・お金も無制限ではないし次の面のこともあるので、命中率や攻撃のコスパも考える、
・一応エネステやネギでボスを倒すこともできる、

くらいのことは考えないといけないので、まぁ、ゲームにはなるかなぁ、という感じ。

当然だけど、「わかればノーダメ余裕」な攻撃しかさせてません。
3Dカマキリゲー


まぁとにかく色々地味に変わりました、という感じです。

ずーっと、このクソゲーをどうしようか考えながら放置していました。
それを何とか、二面までは通しで遊べるようにしたつもりです。


エネステとか頭突きの条件をゆるゆるにしたりね。
これでも快適さを追求してるつもり。


あと、ずーっと、どうにもならない糞だと思ってたけど、
BGMかけながらプレイすると、結構ノれるような気分になってきたりします。


次は八面体なのでラミエルさんです。
演出を頑張りたい。

どうなることやら。

以下、脳内垂れ流し。

[ 2014/10/29 11:38 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(0)

初手反省安定

 
また阿呆な記事を書いたものである。


「物言えば唇寒し秋の風」とはよく言ったもので
「何かを叩いた後の不安感」というのは物凄いものがある。

(まぁ分かっていてもやっちまっているワケだが)


こんなこと書いちゃったからこんな風に反論がくるんだろうなぁ~とかばっか考えるようになる。
それだけで、一切自分のブログを見返したりしなくても、精神的に病んできます。


それで、言い訳みたいに書いていた文章がこれです。
これはもう本当に「没」にしようかと思ってた文章です。

書いている内容は自分語りとか引用とかでひねくれまくっていて
前回以上にクソにクソを煮しめたようなことになってしまっています。


あと前回の記事についたコメント、全部読んでますが、とても長いのが多くてちょっとコメ返し出来そうにないです。
(そもそもブログって必ずしも「全コメ返し」するようなものなのだろうかと、たまに思います)
(自分に伝わって自分が読めば、それで完了なのではないかと)

勿論全部読んでます。 あと、大体のことは結構納得できます。 そういうものかという感じです。


本当にコメントが付きまくっててビビっています。
特に「名無しさん」のコメントが激増である。

つまりこれは、「普段は読んでくれてても反応を示したりしない層の人達」も、
「流石に何をいっとるのだお前は」ということでコメントを書いてしまった、ということでしょう。



そう。 人間は他人に「同意」をする時よりも、他人に「指摘」をする時のほうが、
「エネルギーを要しない」
「反応を示すためのハードルが低い」
生き物なのだ。

~カニンガムの法則~

「人間は善意よりも攻撃の生き物」
「人間は褒めるよりも貶す方がやりやすい」
のは、このためである。 (お前が言うのか)



で、まぁ最初の方の突発的コメントを見るに
「ドラクエ8は普通に駄作なので、そんなんでドラクエ全般を語らないで欲しい」
「ドラクエは5が最高傑作」
「5やってから出直して来やがれ」

といった感じですね。


なんか、ファンの方からも叩かれてる8が可哀想になってきました。

まぁ、何故8なのか、などの前提の話は一応書いてはいたつもりだったのですが、
とにかくドラクエ5というモノに対しては一目置いておきましょうか、という感じにはなりましたとさ。


でもやっぱり足りないので、
あともうちょっとだけ、自分の「更なる前提」の話をしてしまいたくなりました。


何故ドラクエ8をやったのか「以前」の前提。

「何故ドラクエに対してそこまで疎遠であったのか」、という大前提
があるはずなのです。

その説明をしておきます。


これまた無駄に長いけど、
もう既に前回の記事が無駄に長すぎて追記を書いてるだけでブラウザが重いんだよ。
そもそも前回の記事自体、いくつかもう追記してるし。 
(チョコボとトリウマの話)
(FF10の巡礼の旅の話)


いまんとこ推敲ゼロの文章です。


ホントクソばっかりでスマンけど、
「今回だけはコメ返し出来ません」
という今までの口上を伝えるため「だけ」に置いてある記事ですね。

[ 2014/10/24 11:01 ] 駄文 | TB(0) | CM(5)

ニートがドラクエについて語ってみる

 
自分自身
何かを叩くような記事を書いたりしなくなったものである。

基本的に自分が何かをレビューするときは「好きなモノ」について「何故好きなのか」ばかりです。


いや勿論、自分にも嫌いなモノはあるワケですが。
嫌いなアニメ、嫌いな漫画、嫌いなゲーム、嫌いな映画・・・そりゃ山ほどあります。

でもそれだけで、それらに執着したり、それらを叩くようなことを積極的にしようとは思わないです。

まぁ、そういうものである。 段々、そういう風になっていくものなのです。



ところが、
こないだコメントで
「あなたがドラクエを嫌ってそうなのは分かってますが、その上でドラクエについてレビューして下さい」
といった旨の要望を頂いたのです。

誠に不思議なリクエストです。 
嫌いだと分かった上で語ってほしいとは。  お、面白い・・・。
中々骨のあるリクエストなので、それならちょっと本気を出してみようかな、と思ってしまいました。


(ふと思ったが、ここまでの流れって凄い「自演臭く」見えるかもね)
(・・・でも自分は、そう気づくことが出来るほど、良く言えば客観的、悪く言えば自意識過剰なのだ)
(わざわざドラクエを叩きたいがためにコメントで自演したりなんかしない、ということは分かっておいて欲しい)
(いくらニートでもそこまで堕ちていない)
(大体文章書くのだってめんどいんだよ。それなりに)


という訳で、自分がドラクエのことどんな風に思っているか、
自分にとってドラクエはどんな立ち位置なのか
、等といった話をしてみます。

しょうもない話なのであまり入れ込まないように。

当然、ドラクエが大好きな人は読まないほうが、相手しない方が、寿命が伸びます。


[ 2014/10/18 13:28 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(21)

メカキン

 
結局、前回のような糞文章を書いておいて
なにか一念発起するかと思いきや、どうせ特に何も変わりそうも無いのが自分なワケです。

それでもまぁ、作りかけていたモノはなるべく完成させよう。
という訳でメカキングギドラがやっと出来ましたとさ。

メカキングギドラ
(はぁぁ・・・メカキングギドラの美しさは五臓六腑に染み渡るで・・・)



追記:そしてまた動画にして頂きました。 誠にありがたきことでする。




なんだろうね。
なんでこんなに時間がかかったのやら。

とにかくウロコがクセモノでした。

で、結局股下の部分とかは抜けてるんだよね。
あの辺は諦めた。

ウロコのせいで、普通に完成させると12万頂点、12万ポリゴン。 ファイルサイズは17MB
そんなファイルを、ミラーやらなんやらで、無理やり1MBにして置いてあります

動かそうとするとき分かりにくいだろうけど、まぁフリーズで固めてから頑張ってください。


◆テキトーな説明。

マシンハンドのメインアームの部分の配置がテキトーになってます。
(サブのアームは根っこを維持したまま引っ張れるようになってるけど)

なぜこんな風にしたのかというと
一応マシンハンドのハサミの部分が、普段、胴体の中央部分に収まって外装になっているから、
それ以外の部分をとりあえず後ろのほうに配置するしか無かったのです。

まぁマシンハンドを前にスライドさせたら、根っこの部分を後ろに引っ張って
↓こんな感じにくっつけてください、ということ。

メカキングギドラ

(ところで、本編でマシンハンドが射出されるシーンのCG部分、ハンドがZ軸に180度回転してるんだよね)
(ただでさえ収納部分が一杯一杯なのに、ねじれずに回転する仕組みが本当に謎です)


あと、結局誘惑に勝てずに
尻尾とか首の部分を「曲げた状態」でモデルが完成してしまっています。

その状態でリギングしているせいか、 (それか自分のアンカーの置き方がなってないせいか)
ボーン機能で曲げた時に、歪んだ曲がり方をします。

メカキングギドラ
↑つまり「こういう曲がり方」をするのです。 (そして尻尾はもっと酷いことになる)

メカキングギドラ
↑でも、本編のキングギドラの首もよく「こういう曲がり方」をしているので、
ある意味、これは忠実な再現なのではないか? とか。


まぁ、首とかを曲げたいときは「曲げ機能」で曲げたほうが無難です。


メカキングギドラ

一応それなりにプロポーションは気をつけてます。 これでも。

印象だけで見ると左右の首が短いように思うかも知れませんが
これくらいでいいはず。


これで一応、三ヶ月前の思いつきからやっと開放されました。
メカ怪獣3体作るだけで3ヶ月です。 ドアホです。
暫く3DCGは作りたくないかも。


とか言いながら、もう、「次怪獣を作るとしたらなんだろうか」とか考えている。


今回、キングギドラの生身部分の為に、めずらしくメタセコの凸凹マップを利用しました。
そしてそれをノーマルマップに変換するやり方も覚えました。

これで、今まで作りづらかった「生物っぽいモノ」も作れるようになった、はず。
そうなってくると、レギオンとかバトラ幼虫とかが作りたくなってくる。


だがダメである。 軽い気持ちで「これ作れるかも」で始めると、酷い目を見るという事が良く分かりました。



[ 2014/10/09 13:47 ] 3DCG | TB(0) | CM(10)
月別カレンダー
09 ≪│2014/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -