ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2014年11月

とてつもない量の無気力が集まってくる!

 
なんでこんなに虚しいのやら。

カマキリゲー

4面のボスが一応出来たところです。 flash貼りはしない。

なんか、グリーヴァス将軍(近接担当)と、浮遊するソウルの矢(遠距離担当)を
合わせたようなボスになってます。


でもコイツと戦ってて楽しいのか、自分ではもう、全く分からない。

この感覚がものすごく虚しいのかもしれない。
自分が作ってるボスの攻撃は理不尽ではないか、
自分が見慣れてて、身構えてるから避けられるのではないか、
初見の人がみたら「溜め」が足りなすぎる攻撃だったりはしないのか、
そもそもがつまんない攻撃ばかりなのではないか、
そんなことを考える。


どうやったら「ギリギリで攻撃を避けられた」という快感を提供できるのだろう。

「理不尽」と「ヌルさ」の狭間。

実際、ゲームのボスの攻撃って、「逃げ」とか「見」に徹すると、実は意外と緩慢な攻撃しかしてきてなかった事に気づく
そんなことって少なくない。

最近だとなんだろう。 ダクソ2の「闇潜み」とか?
初見だと、「うわーわけわかんねぇ」「なんつー多彩な攻撃してくるんだー」「なんで分裂するんだーぎゃああ
とかなった気がするけど、意外と観察してみると、どう考えても楽勝で避けられるような攻撃しかしてなかったりする。


「自分が攻めるかどうか」の意識の持ちようで、敵の強さが全然違って感じたりする。

(まぁ白王の攻撃スピードはホント速かった気がする)


てなことを考えると、
敵の攻撃はもう、開発視点からはユルッユルにしておくくらいが丁度よかったりするのか?とか思ったりもする。

(でも弱すぎるような気もしてるんだよなぁ)

自分で作ってると余計に客観視出来なくてワケわからん。


まぁそんな感じ。
ずっとこれに注力しているつもりなのに、クソゲーにしかならなそうな感覚。
これが一番辛い。

カマキリゲー


さて、そんなこんなで次はとうとうラスボス作りです。
(それ作って、道中の雑魚の行動作って、難易度作って、メニュー作って、そしたら完成。 多分)


アイディアとしては、サガフロ2のエッグみたいなのにしたいとか思ってたりはする。
(RPGとSTGなので実際は全然別物になるだろうけど)

もう気力がないので、今まで戦ってきたボスの攻撃を大量に流用してくることにする。 

そこんとこで、エッグの「将魔」のように、
形態が生き残っている内はその形態に変化して、そのボスの攻撃を繰り出してくるようなのにしたい。

・うざい形態を先に倒してボス戦を楽にするか、
・それとも形態破壊は無視して本体を速攻で叩くことだけを考えるのか。 そんな感じのボスにしたい。

・・・とか、考えているだけ。


こんなのを作って何になるのか、ということでもあるんだけど、
今更これを放置するのだけは避けたい、と思っているのです。

その謎の義務感だけで作ってるから、虚しいのかもしれない。

[ 2014/11/30 11:11 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(2)

サイコブレイクの感想文


「サイコブレイク」を一応トロコンしたので、その感想文を書きましたとさ。

サイコブレイク 金庫頭

これはもう書く前から、一度書き出すととんでもない量になるだろうな、という予感がありました。

まぁなんでかというと、このゲームのレビューもまた、大荒れしてるから。

「賛否両論」でいうと、多分「非」側の意見の方が多いんじゃないかな?と言うくらいのバランス。

で、自分はどうかというと、これまた「いやいやいやそんなに悪く無いだろ!」ということを全力で言いたいので、
物凄い面倒くさく、糞長い文章になることが予想されるのです。



追記:
あとから冷静に考えてみたらやっぱり
独善的な糞文章だったので、もうどうでもいいです。

(でも世の中の糞レビューには、こんな悪文よりよっぽど酷い文章が溢れているのだよ)

[ 2014/11/24 13:10 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(3)

ラミエルさん試遊台


びっくりするほど更新してない気がする。

サボってるつもりはないし色々やってるつもりなのだ。
最近やってることは
・サイコブレイクのトロコン
・サイコブレイクの絵描く サイコブレイクの感想書く
・カマキリゲー (コレ)
あとモデリング色々


うん、全部、サイコブレイクの難易度「悪夢」が悪い。


「ボス一個作っただけで更新」とかするまいとか思ってても
結果してしまう。

とにかくラミエルさんが一応出来ましたとさという報告。

ラミエルさん

この、ラミエルさんの変形を再現するのとか、なんか懐かしい。
昔酷いのを作ってましたね。

でもこれは、モーフィングする2Dのベクタ絵の組み合わせによる擬似3Dだけで再現しているので、
前の奴よりも結構大変なことをしているつもりなのです。

あと、今回はコレをやってくるラミエルさんとちゃんと戦えるのですよ!

(音に関しては前のほうがいい気がする)
(でも使えるwavファイルの種類とかサイズを、かなり切り詰めないといけないんだよゲームの場合)




swf直接・全画面表示

結局swfも貼ってしまう。

今回はいきなり3面ボスのラミエルさんと試遊できます。
(下をクリックすると4面ボスステージのテストが見れます)


◆ラミエルさんの攻略ばなし

ラミエルさんなので、結構強めにしたいとは思っています。
ノー成長状態で戦うと中々強いのではないかと思う。
(思えば前回の2ボスは弱すぎた。 敵が軸を合わせてくるとか流石にダメすぎる。 作りなおす)

で、攻略方法を自分で書いてしまう。

・当たり判定が小さいので、「集弾」or「速射」で弾を絞るのが有効

・攻撃を当てられる時間が限られているので、「早打ち」も有効

・意外と物理的に殴られるのは苦手なので、「無敵モードB」にしてぶつかるのがかなり有効

・ミョウバンを展開してこっちに突撃してくる攻撃に合わせてストンプすると連続大ダメージ

・突撃を射撃で押し返すとき、「速射」or「連射」で押し出す力を高めておくのが有効



・・・みたいな風に、敵に合わせて色々カスタマイズしがいのあるように、一応これでも色々考えているつもりなのです。


それにしても、これだけかかって、用意出来たボスの行動ルーチンが、これだけなんだよね。


気合入れて作った変形が、一個だけという。
(まぁ、★変形は後々のために取っておいてあるつもりなんだけど)


攻撃パターンも、
いちおう なぎ払い4種類 + トゲトゲオプションの展開が5種類 + 突撃 の10種類あるとはいえ、
大まかには3パターンなので、やっぱり見飽きてしまう。
もう少し用意したいのだが・・・。


全く、DMC3の「リヴァイアサンの心臓」のビーム攻撃とか単純だよなぁと思っていても、
結局自分で何か作ろうとしたら、出来上がるのは同じようなモノだったりするのだから、やるせない。



ラミエルさん

ATフィールドの表現とかは、前に作ってた「ゼルエルゲー」よりかはいくらかマシになった気がします。
こんな感じのグラデにして、「シャポン玉っぽさ」を出すほうが良いですね。

ラミエルさん

ラミエルさん


4面ボスさん

さて、もう流石に次くらいで完成させたい。 (これを言うの何度目だろう)

次のボスからは、もうリニアなステージをやめて、
回転するフィールド上で戦えるようにしたい。
なんかもう全然違うゲームにしたい。

[ 2014/11/18 11:03 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(6)

黄昏系絶滅ソング

 
精神的に落ち着かない。 こんな時はモノを並べるのだ。

なんかテーマに合わせて好きな音楽を並べるのとか、結構楽しくてやってしまう。

今回は「黄昏系絶滅ソング」 (自分がいま作った造語)
というのを集めてみましたよ~という実にどうでもいい話。


前に「葬式用BGM」とか作ったけど、今思うとあれは全然荒唐無稽だったような気がするので、
もうちょっと全体のテイストが通るようなのを考えてみました。


エボラ出血熱が話題になったりならなかったりな日々です。

“The single biggest threat to man's continued dominance on this planet is the virus”

映画「アウトブレイク」より孫引き。


人類はいつ、どんな風に絶滅するだろうか。 そんなことを良く考える。

実はそんなに破滅願望・日蓮チックな話ではない。

別に期限を考えなければ、「人類が絶滅すること自体は確定」なのだから。
最終的には「熱的死」or「ビッグクランチ」で、どうあがいても人類は後世に何も残せずに終了するしかない。

でも、そもそも宇宙の寿命まで生き残ることすら出来ないだろうと思う。
「ビッグクランチ時に永遠の主観時間を手に入れる」なんて、夢のまた夢)
そのはるか以前に起きるであろう「人類の頓死」とは具体的にはどんな要因が考えられるだろうか?

・ウイルスか
・全面核戦争か
・遺伝子の劣化か
・隕石墜落か
・火山の爆発か
・太陽フレアによる文明崩壊か
・資源の枯渇か 環境汚染か

・・・(まぁこれについて考えるための記事では無いのだ)


で、そこでの人類の死に様は、阿鼻叫喚・地獄絵図なのか?
実は、案外そんなでは無いんじゃないかと思ったりする。


もっとこう、ゆるやかな、
「黄昏系」の人類絶望が、いいんじゃあないかと思ったりする。 

永いたそがれの時代を人類は生きることになった。

つまり「渚にて」系。


で、そういう「人類の終わり」際に流れてて欲しい曲達。 流れるべき曲達。
そういう時のイメージ曲みたいなのが、なんかあるのだ。 自分の中で。

共通する特徴。

・絶望的
・確定で終末がやってくるのが分かっている
・もう既にバッドエンドなのが分かっている

でもそんな時にかかる曲なのに、妙に曲調自体は

・穏やかで
・やさしくて
・明るい曲調の曲が淡々と流れる


そういうパターンって結構あると思う。 自分はそういうのが好きなのだ。 (結局は好みの話である)
だからちょっと色々思い出して並べてみる。

で、まぁ最終的に単に「ミスマッチな感じの曲」ならなんでも良かったりする。

あと色々とネタバレ注意


天人の音楽 映画「かぐや姫の物語」より

なんかもう
この曲と、この曲が流れるシチュがあまりに凄まじすぎてさ、
ある意味そのことを伝えたいだけにこの記事を書いたのかもしれない。

それくらい、絶望度と曲調の落差が凄い。 こんなに恐ろしい曲はない。


交響曲第6番 映画「ソイレント・グリーン」より

見事な安楽死BGMとなっております。 田園。

自分の相棒、この施設で死んだらどうなるか知っている状況でこれ。
そこで流れる映像。 
全ての動植物が死に絶えたと知った状況で、かつての美しい地球の自然が流される。
タマランですね。


"What a Wonderful World" 映画「トゥエルブモンキーズ」より

まぁこれ系ね。 

人類オシマイですわーって状況で、流れるのがこれ。
この素晴らしき世界。 ルイ・アームストロングはこんな使われ方してどう思うのだろう。 最高。


"I can't stop loving you" アニメ映画「メトロポリス」より

まぁ曲の使い方のセンスとしては「12モンキーズ」と全く同じタイプのものだと思う。

カタストロフィ + 黒人ジャズ


大きなのっぽの古時計 「ヴィーナスアンドブレイブス」より

これも中々。 世界崩壊時に童謡が流れるという衝撃的シーン。
100年も世界を守るプレイをさせられた結果がコレ。 酷い。


それ系なら勿論、
今日の日はさようなら 「ヱヴァ破」より
まぁエヴァヲタとして。

こうなってくると、
甘き死も
ヘイ・ジュードもね。
で、もっというと、ビートルズなら人類が滅びるときなんでもかけていいような気すらする。
AYNIL


で、もう最終的に暴力的なシーンで明るい歌を歌ってりゃよかったりする。
こういうの印象的ですよね、という話。

雨に唄えば 映画「時計じかけのオレンジ」より

天才的アドリブシーン


美しく青きドナウ 映画「ハンニバル」より

映画でこの曲といえば、普通思い浮かべるのは「2001年宇宙の旅」だろうけど、
自分はハンニバルでメイスン・ヴァージャーの育ててるバビルサが人形をグチャグチャに噛み砕いてるシーンを連想します。

強烈ですね。 奇しくもハンニバルは2001年の映画なのですね。 偶然でしょうか。


春の声 映画アイアムアヒーローより


・・・
そんな感じ。 

エボラのニュースを見ながら、「人類が滅びるときに流すべき曲」について真剣に考えてましたとさ、という話。

ぱっと思いついたのこれだけ。 

終了。



[ 2014/11/08 11:01 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(2)
月別カレンダー
10 ≪│2014/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -