ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2015年04月

巨大レギオンの折り紙

 
なんか知らんけど
たぶん今、日本一の「巨大レギオンブログ」だろう、ここは。


去年くらいに
「巨大レギオンの折り紙を作る作る」とか言っといて放置していた奴の
折図をようやく作りました。 


今回はシルバー矩形の紙と、正方形の紙を一枚ずつ、二枚で完成します。

「なんだ一枚折りじゃねえのかよ!雑魚め」と思った人、最後まで待ってくれ)


大きさの比率は、1:√2 と 1:1くらいでいいはず。 多分。
とにかく、正方形側の方がちっちゃいです。

巨大レギオン折り紙 上半身 展開図
↑で、頭部の方の展開図がこれ。
こっちにシルバー矩形の紙を使います。

実際折ろうとしてみるとわかると思うけど、あんがい凄い単純です。

この、干渉波クローの無理やりっぷり。

元々は更に単純に5本出してたんだけど、
頭部の角に引っ張られて4本になり、
それを補うために薬指?の部分を無理やり増設して、5本にしています。
だから薬指?の部分だけちょっと短いのです。

巨大レギオン折り紙


で、これを折図どおりに折っていって
↓ある程度まとめると、こんな感じになります。
巨大レギオン折り紙
この時点で、
頭部の二本の大角、二本の触覚など
レギオンに必要なパーツは大体用意されているのが分かるかと思います。

(不満をいうなら大槌腕のハサミが無いところとか)
(エッグチャンバーをインサイド・アウトで出してないとか)
(そんなとこでしょうか)

まぁこの調子でレギオンっぽくまとめていってください。


↓で、後半の展開図がこれ。
巨大レギオン折り紙
こっちは正方形です。

↓これを折ると、こんな感じになります。
巨大レギオン折り紙

これもこれで凄い単純ですね。

巨大レギオン折り紙
↑「こういう形を折りたいなぁ~」と心の中で思ったなら、

巨大レギオン折り紙
↑こう、配置設計する。 こりゃもう必然です。


で、出来たやつをゴリゴリ折っていってください。
(ここにある展開図は、あくまでORIPAがバグらずに折りたためる部分までしか記述していません)
(そこから先は自分で頑張ってレギオンのイデアを追っていって下さい)

基本は、出来た突起を半分の細さにしていく所から。

30センチ以上のホイル紙が理想です。
小さい紙じゃやってられないと思います。

まぁ、相手は言うて巨大レギオンなので、それくらいの準備は必要です。


で、前半の後ろのほうに丁度「穴」があるので、
そこに後半のでっぱりを突っ込んでください。

そしたらこんな感じで完成します。

巨大レギオン折り紙 完成予想図 画像はイメージです


でまぁ、こんなに単純なら「不切一枚折り」も目指したいもんですね。


これを放置している間に考えました。


それがこれになります。
巨大レギオン折り紙
これが、シルバー矩形の紙一枚で巨大レギオンを作るための折図です。


左の半分の部分が、完全に↑さっきの頭部と同じ構造をしているのが分かるかと思います。


まぁそういうことです。

巨大レギオンだろうがなんだろうが、
どんなに複雑な対象だって、まずこんな風に分割してから折り方を単純化して考えて、
その後で統合してしまえば良いワケです。

(まぁ、その結果できた折り方がエレガントかどうかは置いといて)
(机上の空論)


このままORIPAに折らせても
裏表が滅茶苦茶になってます。
もしリアルで挑戦するときは頑張ろう。
(多分30センチのホイル紙でもこれはキツイと思います 相当のデカさと覚悟が必要)

色々opx置き場

[ 2015/04/27 16:32 ] 創作折紙 | TB(0) | CM(0)

頭痛が痛い

 
最近「閃輝暗点」が酷い。

本当によく来る。

アイツが来ると、暫くパソコンのモニターを見つめられなくなる。

そしてアイツが去ると、数時間は作業なんかやってられないような頭痛が続くのだ。

アイツが来るだけで、午後がそっくりそのまま失われる。



頭痛というのは本当に酷い。
頭痛が痛いだけで、この世の全てを憎めるようになると思う。

例えもし
人生の全てが順調で、何不自由なく生きている人がいたとしても
突然「その人に頭痛を一個付け足す」だけで、その人が持つの幸せの全てが色褪せるようになると思う。 
ワインに泥水。



まぁそんな感じで頭痛が痛いので、
その間に色々考えていた妄想を書いてみる。

最近クソ文章書いてない気がするので、頭痛のせいにして
自分の頭のなかで渦巻くゴミみたいな思考をそのまま垂れ流してみる。




で、さっきから「頭痛が痛い」という表現を使っているが、ツッコミ待ちではない。

色々考えた結果、「頭痛が痛い」という日本語はそんなにおかしくないんじゃないかという結論に達したのだ。


[ 2015/04/22 17:32 ] 駄文 | TB(0) | CM(6)

レギオン2

 
巨大レギオン

というわけで「巨大レギオン」がやっっっっと出来たので、置いておきます




ワリと燃え尽きました。

つっても後から考えるとそんなに大変でもなかったような気がしてくるから不思議。
テクスチャの使い方とかみると分かるけど、
結構おなじ部品のコピペ変形が効くからねレギオン。

例えばサイズレッグを変形させて大槌椀を作るのとか、意図的にそうしてます。
足と腕の構造が実は同じなのとか、なんかカニ系の生き物っぽいから。


干渉波クロー
とにかく一番頑張ったのは
「干渉波クロー」の付け根部分。

ここ作ってる時が最高でした。


エッグチャンバー
「エッグチャンバー」は、
まぁ表から見る分にはいいけど、
裏側を閉じれてないですね。
なんか、ファイルサイズが爆発的に増えるのが怖かった。

意味は無いことなんだけど、
全ての部品を綴じ合わせておきたかったというのはある。 なんか、3Dプリント出来る感じ。

ここ、ちょっとだけ心残り。


レギオン 足の毛
一番テキトーなのは「毛の部分」です。
これどうしたらいいか分からんかった。

本当はメタセコ用の透明マップを用意したかったけど
どうもそれ、ニコニ立体で見ると反映されないっぽい。

テクスチャ自身を半透明にしようかとも思ったけど
やっぱりそうやっても他で見ると二値に分離されるのか、うまくいかない。

大体現時点でファイルサイズが限界なので、これ以上マップを用意したくない。
やっぱ、これだけ作っててもファイルサイズが1メガ超えてない、っていうのが好きなんだよ。


だから、毛の部分は結局、半透明の固まった部品があるだけになってます。
でもこれはこれで、半透明のクリアパーツがあるみたいで
なんかフィギュアっぽいので良い感じだと思う。


全身のバランスは
色んなレギオンのフィギュアの好きな所を合成したような感じ。
好きな所をつぎはぎした、自分だけのオリジナルって感じ。
基本 造型工房パオん マザーレギオン。


今見るとリボルテックのレギオンすらバランス悪く見えてくる。
それくらい、レギオンに関して目が肥えてしまった。
リボルテックのレギオンは
正面から見た時に両目が良い感じには見えませんね。


あと心残りなのは
レギオンビュートと、折れた時のバージョンの角を作らなかったことくらいでしょうか。
まぁそういうのはご自由に改造してくんさい。


大体そんな感じ。

今は撮影しまくっています。

レギオンは本当にどの角度から見てもカッコいい・・・素晴らしい・・・

巨大レギオン

巨大レギオン

[ 2015/04/15 18:45 ] 3DCG | TB(0) | CM(0)

庵野ゴジラへの期待

 
さて、一日経っても、「エイプリルフールでした うっそぴょーん」とはならなかったので、

「庵野ゴジラ」の話をします。  (ソースとか 所信とか

自分としては、これは本当にめだたいことだと思っているのだが、
人によってはどうも嬉しくないらしい。

分からん。 

そういう話をする。


当然めんどくさい文章です。

[ 2015/04/02 17:53 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(4)
月別カレンダー
03 ≪│2015/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -