ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2015年11月

私はなんでこのような つらいつとめをせにゃならぬ

 
えーと、一応なんかシメに書いとこうか。


というわけで、一週間ほど「毎日更新」とかしてみたわけですが、
なんだったのだろうかこれは。
(そしてこういうことは二度とやらないと思う)


どういう意味があったのか。

とにかく
一度こういうことをやってみたかった (やれるかどうか気になっていた)
というのはある。


実際やってみると、まぁ意外にすぐに疲れる。
文章だけの更新なら毎日余裕とか、全然嘘である。
文章だけのはずなのに「追われる」感じがして、凄く落ち着かなかった。


ブログを初めようとしたときの最初期の感覚を思い出せたような気も、する。
(なんでもいいから毎日ウケるようなことをしなければ、というピエロのような感覚)


あと、逆に本当に書きたい内容は書けなくなるな、ということも分かった。


「本当に書きたい内容」の記事という奴は、
まぁ例えばリストアップしたように「人間と動物の何が違うか」とかなのだが、
(なんでそんなのをそこまで書きたいのかは知らんが)
色々調べたり学習しなおしたりしないといけないので一日一日で書けるようなモンでは無かったりする。
あと、「自分が一日に貯めることが出来るMP」の問題もある。


だから、毎日更新とかやってみようとすると段々内容がアホなことになってくる。 多分。


で、最終的に自分は妙なことを口走った訳であるが、

これは、「時間を置かずに連想ゲームでなんでも思いついたことを言ってみろ」みたいなことを
せっつかれたときに最終的に人間が何を口走るか、みたいな物ではないだろうか?
まぁいずれにせよ興味深い。


あと、こういう「恥さらし」みたいなことをしてしまうと、
自分的にもなんか吹っ切れるモノがある。


自分がずーっと言ってきた
「自分のブログの管理画面を確認するのが死ぬほど苦手」という奴だが、
今回のことで多少緩和したのではないかと思う。 (ショック療法)


これ以上恥のかきようの無いことをした気がする。 (んなこたーない)


・・・というのが「自分としての」
今回の、一週間、毎日発狂したように駄文だけで更新してみるキャンペーンの効果だったのだが、


傍から見る分にはどうなったかは分からない。
例えば、内心相当馬鹿にされたとか、相当軽蔑されたとか、
もうこんなクソブログは見ねえよと、愛想つかされたとか、
そういう「見えない効果」は山程あるのだろうが。



変な文章書いた後の自己嫌悪というのは相変わらず凄い。

自分は自分の文章を、「この世で一番自分のことを憎んでいるこれを人間が読んだらどれくらいムカつくだろうか」
というのを基準にして客観視して読んでいるので、凄く嫌な気分になる。


だが、今は割りと全てがどうでもいいです。


何故かと言うと、水木しげる先生が亡くなってしまったからです。


なんかしらんけど、偉大な人が死んでしまうと、
自分の恥とか、自分のクソ記事とか、自分のクソブログとか、
そんな有象無象共は、全て、物凄く小さいことのように思えてきて、逆になんか安心するのだ。



そういう時は、いつにも増して、フラットな気分でブログの管理画面を開けるようになる。
全然いいことでは無いのだが。

[ 2015/11/30 16:22 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

格差の否定

 
というわけで今度は「格差を否定する話」。


しかしこれは大変な話題な気がする。


大体、「格差を否定する」とか 結論としては普通すぎて自分の趣味に合わない。
「人を殺してはイケナイ」とか、自分が言ったって面白くもなんとも無いからだ。

そういう「当たり前な結論」というのは逆に難しい気がしてきたぞ?



まぁいいや。
前回のクソポエムだけで止まっている方がもっと危険だから、やろう。
(前回がポエムで今回がプレーンなテキストって時点でね)



格差の何が間違っているか。
というか正確には今回のこれは
通常の「格差の是正の話」とは全然違ってくるかもしれない。


もっとこう、

人生の成功と失敗の補正の話とか

人生は運ゲーである本当の意味とか

人間の功績から運の要素を排除して評価する必要性とか

能力主義、成果主義の是非とか

悪いことしても儲ければ勝ちとか
下の人間が苦しんでも儲ければ勝ちとか
炎上商法とか、そういうのを否定する話とか

最終的に「セレンディピティ」の否定とか

下手すりゃノーベル賞の否定とかの話になるんだ。



そう、自分が格差を否定しようとすると、行く所まで行って、
なんと気がついたらノーベル賞を否定することになるのだ!

まぁそういう話をする。

[ 2015/11/28 19:23 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)

格差の肯定

 

(毎日駄文で更新キャンペーン)
(なんかやればやるほど自分の価値を捨ててるような気がしてくる) (そんなモノはハナから無い) (ハイ)
(やはりやればやるほど馬鹿らしいという感覚が強くなってくる)
(書きたいこと自体は山ほどあったはずなのに)


まぁでもやります。 今回の記事は、次の記事へのフリの予定。


ずっと前に書いたポエムみたいなのが出てきた。
ネタが無いので貼り付けておきます。

ていうかどう考えてもボツにするべきだろこれ


現在進行形黒歴史

[ 2015/11/27 20:38 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

英語が先か日本語が先か

 
書きたいことは山ほどあるはずなのに気力の方が続かない。 
というか「バカバカしい気分」になってくるのでそれが一番良くない。 
というわけでリスト系記事にして放置しておくことにする。


ずーっと気になっていることがある。


「英語が先なのか日本語が先なのか分からない言い回し」という奴がある。



まぁ

・外国語が日本語になったやつとか (イクラが元はロシア語とか)

・和製英語とか (ディスクジョッキーとか)

・日本語から英語になった言葉とか 

・もしくは語源が同じだったモノが別れたモノとか  (虎とタイガーの関係とか)

(卒塔婆とかジャマーとか)

・・・
そういう奴に関しては、よくまとめられてたり、研究されてたりする。


でも、ほんとうに自分が気になっている奴は、もっと地味すぎて、
誰もこういう問題について研究したりまとめようとしてない気がする。


どういう奴かというと、
↓こういうイディオムなのです。

"run away with your tails between your legs" 

これ、どうみても「しっぽを巻いて逃げる」です。
で、実際に「しっぽを巻いて逃げる」ようなシチュエーションで使ってました。


これをみて、日本語の「しっぽを巻いて逃げる」を直訳して出来た英語だと思うだろうか?

分からんじゃないか。

ここまでくると、むしろ
「run away with your tails between your legs」が先にあって
それを日本語に訳して出来たのが「しっぽを巻いて逃げる」になったのかもしれないじゃないか。


つまりまぁ「借用語のイディオム版」のようなモノについて気になっているのだが、
こういうのは調べようとしてもさっぱり分からない。
どうやって調べたらいいかも分からない。
でも、凄く気になるのだ。


"horse power"「馬力」なら"horse power"のが先なのは歴史的に分かること)


実際こういうことはあるらしいのだよ。

「波長が合う」という慣用句は、
英語の"have someone's wavelength"から出来たらしいのだ。

これに関しては答えが分かっているからいいのだが、
こういうことがイチイチ気になる。

こんな「波長」みたいな例が本当にあるということは、
案外自分たちが「これは日本語の言い回しだ」と思って使っている慣用句も
英語由来だったりすることが多いのかもしれない。


もっとシンプルなので言うと、

「インスタントキリング」 と 「即死」 はどっちが先に生まれた言葉なのか? とかだ。
このレベルの言葉で。
多分、どっちかがどっちかの直訳なのではないか。

もしくは「収斂進化」のように
別々のところで同じような言い回しが偶然産まれたりすることもあるのかもしれないけど。
シンプルな単語ならそれも十分ありうる。

でも↑の「しっぽ~」みたいな奴は流石に収斂じゃないだろう。
(いやどうかな? 犬の習性から別々に産まれた? でもそれにしたってどっちかが先だ)


まぁこんな感じ。

英語とか聞いてると、日本語の慣用句と構造がソックリだけど、
ここまでソックリってことはどっちがどっちを訳して出来たのだ?って奴にたまにぶち当たる。
そういう言い回しをひたすら集めていきたい。


洗脳
brainwash



好意
goodwill



善意
good intentions



目を見張る
eye opening



伏魔殿
den of evil

(これはネタです) (でも好き)


血も涙もない
don't bleed or cry



気が変わる
change one's mind

(これは偶然やろなぁ)


骨が折れる
break one's leg

(これはそんなに似てるワケでもない)


青天の霹靂
a bolt from the blue



夢とdreamの両方とも、
「睡眠時のアレ」と「人生の目標のアレ」がセットになってるのとかも地味に気になるんだ


墓穴を掘る
dig my own grave

ゴッド・オブ・ウォーでもクレイトスさんが自分の墓掘ってましたね


口に気をつけろ
Watch your mouth



永眠
forever sleep



火口
mouth of volcano

「口」なんて生き物みたいな言葉を山に使う。 こういうセンスもどっちが先なのやら。


俺の屍を越えてゆけ
over my dead body

まぁこれはどちらかというと日本語のほうがあえて直訳をしてみたというか。。。


冷血野郎
cold blood

これも「変温動物 or 冷酷な奴」 両方の意味が、英語日本語共にありますね。
多分英語が先なのだと思う。


火に油を注ぐ
add fuel to the fire



手に余る
out of hand



負け犬
loser dog



五感
5 senses



日の目を見る
see the light of day

これ、特にあまりにもマンマすぎると思う。 どっちかがどっちかの直訳なのだ!


実を結ぶ
Bear fruit

これも超まんま!
こういうのを見るたびに、なにか、日本語に対する信頼みたいなモノががたっと崩れるのを感じるのです。
そしてそれが面白いからこそ、こんなのを集めているのです。


脱帽する
take off one's cap
take one's hat off

これも、単に普通に帽子を脱ぐ場合と、
すごすぎて「マイッタ!」ってなる感じ、共通しています。
やはりどっちかがどっちかを直訳したのでしょう。


時間稼ぎ
buying time

時間稼ぎのことを英語でも、まんまそのように書くようです。


ウシガエル
bullfrog

こんな生き物の名前でもなんか思ってしまいます。
食用ガエルは輸入された外来種でしょうか。

じゃあ牛のように鳴くからウシガエル、と決めたのではなく
既に英語の直訳としてのウシガエルだったのではないでしょうか。
同じようなことなのですが。


喰らえ!
eat this!



~を手中に収める
have ~ in one's hand
手の内にある
be right in my hands



恥知らず
shameless

シェイムレスという英単語のことを、「恥が無いから恥ずべき状態ではない」という曲解ができるみたいです。
この辺恥知らずも似てると思います。 サウスパークでそういう話がありました。


~の名において
in the name of ~



星くず
stardust

星というキレイな言葉のあとに「クズ」という言葉を並べることで、却ってキラキラ感が増す、という不思議な語感。
でもこれ、英語にstardustがマンマあることに気づくと、どちらかがどちらかの直訳なんじゃないかと
そんな気がしてくるのですね。


右腕
right hand man 



一石二鳥
Killing two birds with one stone

これは本当に英語のほうが先らしいです。


良くも悪くも
for better or for worse



頭の痛い問題
headache

英語でも頭の痛い問題のことをヘデイクという
snow is also a headache in japan みたいに


世界観
world-view



言葉の壁
language barrier



海賊版
pirated version



裏口入学
backdoor entry to a school




・・・とまぁ、言ってる割には
まだまだ数自体は全然集まってないんですけどね。
わりとレアよこういうの。


とにかくこれは集めておくためだけの記事。
[ 2015/11/26 20:15 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(4)

ゲーム片耳プレイのススメ


またゲームに関する話題だけど
今回はゲームプレイの話はこれで終わりにすると思う。


これは自分でも思うのだが
自分はゲームに対する「ある種の耐性」があると思う。


普通の人がクソゲー認定してるゲームを普通に遊べたり、
到底ガマンならない作業ゲーを耐えぬいたり、
もうやってられるかと投げ捨てるようなゲキムズ難易度に挑戦したりすることができる。


でも別に
自分自信は決してプレイヤースキル自体が高いということは無いと思うのです。


で、そこんところがどうなっているのかの「説明」をしてみたいと思う。


何故、上手くもないのに、このニートはゲームがやり込めるのか?


そこには「コツ」があるのです。


[ 2015/11/25 18:50 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(2)

一日一コードトーカー


そろそろもうバテてきた毎日更新キャンペーン。

「最近のゲームは大変だなぁ~」という
まとまりのない、どうでもいい報告話です。


最近主にガッツリやってるゲームはこの3つです。
・MGSV
・DDON
・バイオリベ



この3つのゲームの話。 
・なぜこれらのゲームにハマっているのか。
・あとこれらのゲームの中にある「射幸心」を突いてくる部分についての話。
・そして「ドロップアウト感」の話。


どうでもいい話をよくもまぁここまで引き伸ばせるな、という話。

[ 2015/11/24 20:12 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

初心者狩られたい

 
で、結局
一番ラクなスタンスで語れるのはやはりゲームの話。


「ブラッドボーン」のDLCが明日11月24日に出るワケですが、
それでブラボの完全版も同じ日に出るモンだと思い込んでいました。 
(ダクソ1のときってどうだったっけ?)

でも実際はそれは思い違いで、
ブラボの完全版は12月3日に出るらしいのです。

DL版くらい同じ日に出てもええやないかい!と思うのですがどうなんでしょうか。

で、通常版+DLCよりも (6900+2000)
完全版まで待った方が  (5900)
3000円も得するっぽいです。


後続の自分としてはまぁそれは嬉しいのですが、そんなんで良いのか?とも思ってしまう。


・・・とかまぁそういうことなので
ブラボをやるのは来月からになると思います、というどうでもいい報告です。 報告オワリ
(あと10時間から、あと10日へ延長)


今年最後にやるゲームはこれで決まりでしょう。

[ 2015/11/23 15:17 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)

ニセズシ肯定論

 
前回の記事関連のちょっとした追加。

自分は「ある種のニュースとその反応」についても同じような事を感じるのだ。


例えば、
「海外に進出してる寿司屋で食中毒が起きました~」というニュースがあった時に対する、
「日本の恥だ」or「どうせ経営者は○国人なんだろ?」or「どうせ板前は日本人じゃないんだろ?」みたいな反応。

そういう反応を見た時も、なんか違うかな、と勝手に感じてしまう。


じゃあ発想を変えてみよう。


もしも「本格的イタリアピザ」を謳っている店で不祥事があったとき、
自分たちはそのニュースを見て、「イタリア人が悪い」「イタリア人の恥」だと受け取るだろうか??

多分普通に、そこの経営者の問題だと考えるだろう。



もしも「本格的インドカレー屋」を謳っている店で、そこで働いているのが
インド人ではなくてパキスタン人とかだと分かった場合、「騙しやがって!」と思うだろうか??

多分、あんまりそうは思わない筈だ。


自分たち自身、
なんとなく肌が浅黒くて、なんかインド人っぽい外国人がカタコトで働いてる店なら、
そこで勝手にエキゾチシズム?オリエンタリズム?を補給して、満足できるワケだ。


自分たち自身が外国人の区別なんか付かない癖に
自分たちだけアジア人の中から見分けてもらおうなんて都合のいい話ではないかと思う。



だからだ、
「本格的寿司屋」とやらが海外にあり、そこでアジア系の人が働いていれば
GAIJINはそれで全く満足するだろうし、それが本当に日本人かどうかなんて真剣に考えてないはず。


そしてそれで別にいいと思う。


と同時に、そこで不祥事が起こったとしても彼らは
「やっぱ魚を生で食うなんてファッキンジャップな発想には無理があったんだ!」とは思ってないんじゃなかろうか?

案外、「我々のやり方に問題があったんだろう」と、普通に認識してるんじゃないかと思うのだ。


もっというと、
「SUSHI」「RAMEN」は、「ピザ」とか「パスタ」とか「ハンバーガー」に肩を並べるような国際的料理になっただろうか?

多分、まだまだ全然だろう。


もし本当に肩を並べるような時が来るなら、
それはこういう時だと思う。


ピザを食ってる時に別にイタリア人に感謝しない感じ
イタリア人がピザをどの程度誇りに感じているかなんか意識しない感じ
そもそもピザがどこの国のモノか知ったこっちゃない感じ



そこまで広まって、はじめて国際的に定着したと言えるだろうという感覚がある。

異国趣味でフレーバーつけて売ってる間はタダの珍味と変わらんのではないか?

自意識過剰、自国意識過剰なウチは、まだまだ食としてニュービーなんじゃないか、と自分は思うんだ。


はい。 どうでもいい話でした。
いかんなぁ。 もうどうでもいい感じが凄い。



[ 2015/11/23 10:18 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

スーパーミュータントカミカゼアターック!

 
すっごい今更な話なんだけど

フランスの自爆テロのことが海外で「KAMIKAZE」と打電されてることについて、何か思ったことを書く。

そっから派生して色々思うことについて。


[ 2015/11/22 08:27 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

最近考えていることリスト

 
前回の記事は意味不明で分かりにくかったと思うので
あの妄言を一言で説明すると、

「自分のやる気の無さを色々自己分析した結果、
 むしろ毎日クソ文章で糞ブログを更新してやる、ということになりました」

ということになります。

意味は分かりませんが、そういうことなのです。


でも本当にそうなんだよ。

最近、頭のなかでずーっとしゃべりっぱなしなのだ。 頭痛になるくらい。

精神的に自分のブログは見れないし書けなかった訳だが、
その間も書きたい文章のネタはどんどん溜まっていく一方なので、
頭の中がネタで爆発しそうになってしまうのだ。

だから反動で、こういうことになる。



で、実行に移すことは決まってしまったのです。
どう言われようと、何の反応もなかろうと、やります。


多分、一週間くらい続けると思います。

(このまま丸一週間暴走を続けるだと・・・!?)

(「これから毎日更新をずっと続けるんじゃねーのかよ!」と思ったかも知れんけど)
(そんなのは流石に無理だ すぐにやめます)


んで
ここでは、これから何について吐き出したいか、書きたいことをリストアップしてみます。


[ 2015/11/21 08:51 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
10 ≪│2015/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -