ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2016年05月

結局誰も来なかったというワケか

 
日記みたいな糞文章を書く。 どうでもいい話です。
ある理由により 文章を書くモチベ自体はちょっとあがったのだ。


・DDONの続きの話と

・パソコンの話と

・あとは最近の言いたい話 羅列



巨人の星状態
[ 2016/05/28 09:19 ] 駄文 | TB(0) | CM(15)

ドラゴンズドグマオンラインでダンジョン飯


パソコンが完全にセーフモードでしか起動しなくなったので 日本語入力 できなくなrimasita!

(これはパソコンがギリギリ調子いい時に書いてた文章 です)
(それはなぜかというと グリーンシードwo500集める前に予約投稿してた文章だから)


ゲーム内で ダンジョン飯のロールプレイをする企画 第二弾です。


ドラゴンズドグマオンラインで作ってるダンジョン飯ポーンが大体完成したので、そのお披露目です。
(これも全部細かく説明しだすと止まらんのだけどね)

ドラゴンズドグマオンライン ダンジョン飯ポーン

マルシル チルチャック センシ の3人のポーンを育ててます。

(実際のゲーム内での名前は
Marushiru
Chilchack
Senshi
です)


ドラゴンズドグマオンラインは、まぁ普通にプレイすると寿命がマッハで縮んでいくのですが、
トロコンとメインクエストクリアまではやって、燃え尽きたつもりでした。

それでもまぁコスプレポーンを育てるというのを目標にしたら
それなりに修練とかも耐えられるようになりました。 気は持ちようですね。

マルシルポーン
大体こんな感じのコスプレ具合です。
チルチャックのコーデは結構いいと思うんだよ。

なぜエルフ耳が無いのか。 エルフ自体はストーリーにいるのだぞ?


追記: エルフ耳きました!
マルシル 耳はえた
カワイイヤッター

ライオス

あと自分はこれでライオスのつもり。 (マシな髪型がない)

これでも、[ドーンプレート]っていうのがライオスの甲冑に一番近いとおもったからそれを着飾りにして、
あとウェアに似たような色の奴を着てごまかす、という工夫をやってるつもりなのです。


あと たった一人でクランやってます

クラン

ByNEETっていう まんまの名前のクランです。 略称「nee」で検索してみてください
それでも出なかったら「byneet」で試してください

(はずかしいけど あとから名前変更出来ないのだ)


たったで一人だけど グリーンシード500 集めるのとか達成しています。

証拠

続きを読んで
活動方針とか 参加する意味が納得できた人は このクラン入ってくれると 嬉しいです。

★クランまだ入ってない人とか
★でもクランミッション報酬とか気になる人
★だけど引っ込み思案なので、知らない人のクランは入れず 一人オフでDDON遊んでる人

★つまり自分みたいな人

そういう人大歓迎です。


お互いに
何も期待しないで遊びましょう
[ 2016/05/23 11:58 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

油の再発明

 
前回の油のやつ、どうやって作ったのかの話をします。


「自由にくっついたり千切れたりする油を作れ」と言われた時
普通はどういうアプローチをするのだろうか? どういうのを思いつくだろうか?



ところで、昔 wonderflというサイトがあって (今もあるわい)
そこで色んな人が試作品みたいなフラを公開していたもんです。

そういうところで 例えば「water」とかのタグで検索すれば、
色んな人による水を表現しようとする技術・作品が見れたりします。 (コースティクスとか 凄いの)

では、を作っている人もいるかとおもって「oil」で調べたりすると
これが全く見つかりません。


あと、リアルタイムな流体力学を利用したゲームというと殆ど知りません。
ゲームの中で 水滴やスライム油滴の分離や結合を リアルタイムに描いているモノなど、とんと見た記憶がありません。

かろうじて、PSPの「ハイドリウム」というゲームくらいかと思います。


「ロコロコ」とかも、ある程度は「水滴」だと言えるかもしれないけど、
やっぱり、くっつく瞬間・分裂する瞬間はごまかしているのが分かります。

blenderの水とかはどうやってるのだろう。 (でも水はあるけど水の上の油はないよなぁ)


まぁそんな感じ。
それくらい、リアルタイムに油滴を表現している技術というのはあんま知らないワケです。

なんも参考にならんので自分で色々考えました。


今回の自分の油の作り方、まぁ車輪の再発明かもしれませんが、
一応書いておくのです。


二次元配列だけで簡単につくれる油表現です。


[ 2016/05/18 16:26 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(2)

ラー油シミュレーター

 


♪ラー油の膜を、全部つなげて、壊してつなげて、会社は行かない♪


「ラー油」を作りました。




操作方法
ドラッグ  ラー油操作
       視点操作
ホイール 拡大・縮小
Zキー   時間停止
Xキー   コマ送り
Cキー   スロー再生



いろいろと、「理想のラー油の動き」としては足りない部分とか変な動きとかバグとかありますが、
「リアルタイムくっつけ」「リアルタイムちぎり」が出来た時点で、これは実はもう良いのです。


なんでこんなのを作ろうと思い立ったかというと、
(そりゃ自分が青春時代糞ミュージックボックスが好きすぎてほぼ全ての歌詞を覚えてるレベルなのもありますが)

実は「バナナゲー」への反省から だったりします。


あれは、
アニマルメーカーのシステムをゲームにまで持っていく」
「地形、武器、アイテム、ドア、敵、ギミック、エフェクト等の ゲームとしての必要最低限な部分を用意する」

そして「配列からマップ作成可能なエディタを用意する」のが目的なので、

例えどんな糞ゲーだろうが 一応その目的自体は既に達成されているのです。


ですが、実際に動かした時の問題として、
アニマルメーカーの歩行処理では、敵としてひよこを2、3体も配置すればもう処理が重すぎてやってられない
というのがありました。


こんなんではアクションゲームなんか作れない。


とはいえ、あのバナナゲーのシステムは、
「武器振り」とかに関しては結構気に入っているのです。

モーションの質の話ではなく、
武器のリアルタイム切り替え、リアルタイム取得、リアルタイム投擲、
武器ハジキ、武器破壊、地形破壊、
近接武器と遠隔武器(弓矢)の統一・・・ (武器同士のハジキもできているので、将来「盾」も統一できるだろう)
武器投擲でスイッチ起動、武器投擲で地形破壊・・・
そして武器で箱や敵を切った時の動き・・・
そもそも「2ボタン」であれだけのアクションになっていること・・・
・・・

そういう部分に関しては、結構満足がいっているのです。 こんなのは他にない。


(ロウソクを攻撃することでバナナを焼くことが出来るシステムも、将来の「リアルタイムエンチャント」を見越して作ったのです)
(つまり、マップ上の松明とかを棍棒で殴ることで、棍棒をエンチャントファイアすることが出来る)


・・・
ここまでできていれば、本当はなんでも出来る。 ハクスラもローグライクもいける気がする。


というわけで、
「敵の処理さえ軽くすれば、バナナゲーからアクションゲームを作ることはまだ十分可能である」
ということを考えるようになったのです。


では、実際問題「敵の簡略化」をどうやって実現するか?
まさかまた、「カマキリゲー」みたいに全部クリスタルシンボルにでもするのか?


いやいや、
そこで前々から考えていた 「油を作る」という部分から進めていくことを思い立ったのです。


「油」を作れるようになり、それなりに動かせるようになれば、
敵として「スライム」を用意できるようになります。
(実際の動きで分かったのですが、油10滴くらいなら安定して動きます)
(つまりアニマルメーカーで動物を配置するのよりはそうとう軽いだろう)


スライムなら敵として不自然ではない。
ていうか「全ての敵がスライムのゲーム」みたいなコンセプトのゲームにしてしまってもいいような気がする。


お互いにリアルタイムにくっついたりしてパワーアップするスライムの大群、
それらを剣でぶった切って、スライムをちぎったり吹き飛ばしたりして倒していくゲーム。
「スライムをリアルタイムにくっつけたりちぎったりするゲーム」
なんてのは、まだ全然無いはずだ。 多分。


そんなことを考えているのです。


そのためのラー油です。
[ 2016/05/10 15:52 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(0)

アイアムアヒーロー感想文

 

気がついたら「なんだこれ?」って感じのキモい長文が出来ていた。
なんで素でこんな酔っ払ったような文章書いてるんだろうなぁ。

ボツにするか否かギリギリなラインなんだが、
世間はゴールデンウィークだというのになんも出来てないのでこんな文章でも貼っておく。


映画の日に「アイアムアヒーロー」の映画観に行ったのですよ。
(自分的に、今年は多分、ゴジラのこれの二本で映画は見納めだと思う)


それが凄く良かったのですよ。

だがだが、
凄く良かったのだが、冷静に考えてみると、そうでもなかったような気がしてくる。


そんなことを悶々と考えてしまう映画なのでした。


原作ファンとしては120点くらいの映画だったような気もするし、
同時に、
原作ファンとしては70点くらいの映画だったような気もするのです。


そんなことを延々と考え続けていて疲れてしまうので、
この映画を見て感じたモロモロのことを、もう全部吐き出してしまおうということです。


誰に向けて書いている文章なのかは全く分かりません。


原作未読者の人には読んでもらっては困るようなことも書くだろうし、
映画見てない人にネタバレになるようなことも書いてるだろうし、
読む人のこと全く考えない文章になっております。


とにかく自分の中の「モヤモヤ」を解決するだけのゲロ吐き出しなのです。

寝言。

[ 2016/05/07 09:24 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
04 ≪│2016/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -