ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  2018年02月21日
月別アーカイブ  [ 2018年02月 ] 

「夜汽車の男」は国境を超えるか

 
まぁ今日はそういう日である。


突発的に予定を変えて、大杉漣「関連」の話をします。

人の死に関して、あまりあーだこーだ言っても胡散臭い気がしてしまうので、
そういう湿っぽい話はしない。


でまぁこれである。


「夜汽車の男」

これについて、ちょっとだけの話。


自分はこれ多分、リアルタイムで観たと思うんだよ。テレビで。
始めてみたときは、まぁそらホントに面白かった。



これの面白さは何なのか。

(勿論ラストの大オチもあろう)
(でも、別にあれは無くても成立するくらいだとすら思う)

(それこそ大杉漣の演技力もあろう)


でもまぁ、
それはまぁ、要は
「泉昌之テイスト」でしょう。


「メシを食うとき、そこまでアレコレ計画立てて食うのかよ!」というおかしさ。

そういう軍師的な?ダンドリくん的な?そういう面白さ。 
つまり、「過剰ギャグ」とも言える。


いやだが、
なんというか、
実はみんな、ある程度は「共感」もするのではないか?

「あるある」でもあるのではないか。



なんだかんだ、日本人であれば 
いつだって、なんだって、
これくらいの弁当を食うときだって、何らかの計画、予定
「コメとおかずのバランス感」 というのは、無意識レベルで考えてしまうことなのではないかと思う。
で、
これが分からん奴は日本人ではないと言ってしまってもいいのではないか?


本当に思ってしまうのだが、

もしも この、「夜汽車の男」という短編ドラマを 外国人に見せたとする。 すると、外国人はどう思うのか?

笑うのだろうか?
どこで笑うのか?
本当に笑うのか? 面白いと思ってるのか?


そら、ラストの大オチでは笑うかもしれん。
この主人公の男の、几帳面さに、 大杉漣の演技に、ある程度は笑うかもしれん。


いや、それすらサッパリ伝わらんかもしれん。
「イカリングって何?」ってなるかもしれん。



結局、その程度なのだ。

伝わってもその程度、
伝わらなくてもその程度、
笑ってもその程度、
笑えなけりゃ、その程度。



よく、 外国人が日本にやってきて、日本の料理を食って、
うまいうまいと褒めるだけの動画があったりする。



でも、「実は全然分かってないよな」、と思うのが、こういうことなんです。


例えば、こうやって海鮮丼を食べたりするのだが、
「魚とご飯を同時に食う」ということが全くできてなかったりするのである。
刺し身だけ食って、それで、旨いね、とか言ってる。

酢飯と魚のバランスとか、全く気にしてないのが、分かる。


これくらい、日本食に理解がありそうな人間でさえ
結局根本のとこじゃ何も分かってない食べ方をしているではないか!ということ。



ご飯とおかずの配分。
ご飯とおかずによる口内調理。


ただそれだけのことだけど、
これが分からない人間には、
これを自発的にできない人種には、
そういう人種では、一生和食を食べたとはいえないんじゃないかと思ってしまう。

この人に「夜汽車の男」を見せたって、分からないだろう。
笑ったとしても、愛想笑いだ。


・・・そういう感じ。

伊丹十三の「たんぽぽ」を外国人に見せたって、 絶対、心の底じゃ真の理解は得られないんじゃないかとか、
「孤独のグルメ」だって、絶対 本当に伝わるべき部分面白みは分かりっこないんじゃないかとか、

結構そういうことを思ってしまう。


「映画は国境を越えられない」と押井守は言ったけど、そういうこと。

映画は文化を超えられない。

映画は言葉の壁も越えられない。



そら、多少は「抜けて」伝わっていく部分もあるだろうけど、そういうのは言葉抜きで最初から伝わるような、
いわゆる、「パントマイム的なギャグ」のような話ではないのか?


だったらそれは、「最初から通っている要素」だと言えるので
「面白さが国境を越えた」とはいえないわけである。
(パントマイムが国境を越えたとは言わないだろう)



1番重要なコアなところに限って、伝わりづらい、
伝えることはできないのではないか?


そしてそれが伝わってなんかないくせに、なんかわかったフリして褒めたり笑ったりしてるのが、
海外間の作品なんじゃないかと、思うのだ。 

で、それはお互い様のこと。 
自分たちが向こうさんの映画がピンとこない時、こういう抜け落ちがきっとあるはず。 (ポプテピのときと結局おなじような話してる)


・・・
大体そういうこと。 
今、自分が改めてこの「夜汽車の男」を見て思うのは、そういうことです。


真にこれが面白がれるのは、日本人だけではないのか。 いい意味でも、悪い意味でも、

[ 2018/02/21 22:20 ] 駄文 | TB(0) | CM(2)
月別カレンダー
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -