ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  作ったゲーム >  利きゴジラゲーム

利きゴジラゲーム

 
利き酒、利きうまい棒、利きじゃがりこ、利きポテチ、闘茶・・・
「モノを判別する能力」をテストする競技は色々ありますが、
それの「ゴジラ版のゲーム」を作りました。


というわけで「利きゴジラ」のゲームです。



swf直接 保存・全画面表示用


やることはかんたん。

ゴジラの画像が出てくるから、 (フェイクとしてゴジラ以外の変な奴とかも出てきますが)
それに当てはまりそうな答えを選んでいくだけです。

そんで20問答えたらテストは終了。 点数に応じて称号が出ます。
そんだけ。

何度も挑戦して、頑張って「利きゴジラ力」を高めて、最高の称号を目指そう!というクイズゲームです。




シンプルだけどそんかわり
色々モードがあるので、以下、その説明とか。



 

「利きゴジラ」の説明とか色々


基本モード、「作品あてクイズ」で正解すると、基本となる6点が入ります。


「作品あてクイズ」じゃなくて「ゴジラあてクイズ」を選んだり、
モードを制限したりすると、基本の獲得点数が減ります。 

(なぜなら、作品あてクイズよりもゴジラあてクイズのほうが、「難易度が下がる」からです)
「よく分かんないけどとりあえずここは総進撃ゴジラ選んどけ」みたいなヤマが張りやすいのです)
(「利きゴジラゲー」と言っておきながら、「ゴジラあてクイズ」の方が基本じゃないのは、そういうこと)



20回のクイズで120満点を取ると、最高の称号が出るワケですが、
そのためには 「作品あてクイズ」を「基本モード」で全問正解してください、ということになります。

(ポスター等を排除した「劇中モード」というのもありますが、)
(実はこのモードだと点数は下がりません)
(ポスター画像はわかりやすいので「ボーナス」みたいなもんです。 そのボーナス問題を排除するのだから、点数は下がらない)
(あえてこっちでやるのもアリかと)



まぁつまり、それ以外のモードは「おまけ」みたいなもんです。

または画像に制限をつけて「学習するモード」みたいなもんだと思ってください。 練習モード。
熱線クイズモードなんかはわかりやすく楽しいんじゃないかな?)


だから「このモードでいくら頑張って満点取ろうが、最高の称号取れねーじゃねーか!」などと怒らないように。
それはそういうもんなんです。


あと
結構いやらしい引っ掛け問題とかがあるので、
「この問題の正解、おかしいだろ!」って思うことがあったとしても、まずは熟慮してください。


例えばこういうの、
地球最大の決戦 股間ビーム ゴジラ対ガイガン 股間ビーム

左のシーンは「地球最大の決戦」 右のシーンは「対ガイガン」のシーンです。

「作品あてクイズ」のときはそれが答えですが、このシーンのゴジラは使い回しですね。

だから「ゴジラあてクイズ」のときは、
左は勿論「決戦ゴジラ」。 右も、「決戦ゴジラ」ということになります。

「ガイガンのシーンだからガイガンゴジだろ!」という風にはなりません)


他にもこういうのがややこしいところ。

↓これは、「初代ゴジラの再現シーン」ということですが、「演じているのは」あくまでギラゴジです。
だから答えはどちらも「ギラゴジ」です。
初代と答えると△になります。
メガギラスでの初代ゴジラ


一方
↓こっちも初代ゴジラの再現ですが、これはあくまでCGです。
「機龍ゴジのスーツ」が演じているわけではありません。
だから「ゴジラあてクイズ」のときは、「初代ゴジラ」ということになります。 (他に答えようがないから)
そして登場作品を答えるときは、「Xメカゴジラ」になります。
×メカゴジラ


・・・
というわけで、「そのゴジラスーツが何なのか」を一番重視してたりします。

しっぽちぎれゴジラ

こういうシーンも。
↑これが「スペゴジのシーン」なのは誰でも分かるでしょうが、
海ゴジラなので、スーツ自体はバトゴジでしょう。  ボロボロだから尻尾もちぎれちゃってる。
だから、この場合の答えは「モゲゴジ」ではなくて「バトゴジ」なのです。




そういう点を踏まえ、
明らかに作者の知識不足で間違えているであろう問題があった場合は、指摘していただけるとありがたいです。



あとまぁそれ以外の不満点は自分が一番わかってるつもり。


まず画質が酷い。 

ゴジラの微妙な違いを見て当てていくべきゲームにおいて、この画質と画像の解像度はどういうことかと。

でも
これはFC2ブログにアップする以上、このゲームのファイルサイズを2メガバイト以下に抑えないといけないということで
自分でも滅茶苦茶やりくりを頑張って、その上でこれなのです。 


(トリミングするとき、jpgファイルのピクセルを8の倍数にしたり等、最大限の努力をしている)
(ちなみにHPの方では更にひどく、1メガバイト制限です。 余計に酷いことになっています)


または、サンプルが少ないことによる、
単なる「名シーン当て」に終始しているところも問題であるかと思います。

(それでも400枚近くもゴジラの画像を調達・選出・調整、そして問題として設定するのは、本当に大変でした)


純粋に、各ゴジラスーツの特徴、微妙な違いを把握して、それで見分けてこその「利きゴジラ」であるからして、
このように単に、各作品の名シーンをそこそこ覚えていれば、 それは純粋にゴジラを見分けているのではなく
シーンとの関連付けでそこそこ答えられてしまうではないか!、という問題もあるかと思います。



これはまぁ、なんかそうなっちゃいましたね。
(名シーンを設問にしたくなっちゃうんですよ!)


この辺は、
「フィギュアモード」「ゴジラあてクイズ」をやればいいのかもしれませんが、
これはこれでサンプルが少なく、「ほぼフィギュアと各ゴジラスーツが一対一対応」しているようなもんなので、
一回遊んで全部の答えを覚えてしまえば、それで終わりになってしまうかもしれません。



・・・そんな感じ。

とにかく
自分の環境では結構限界があるわけです。 自分でも不満があるが、これが精一杯です。


このゲームのアイディアを活かして、
「自分の方がもっといい利きゴジラゲームを作れるわい!」という方がいたら、割りと大歓迎です。

このゲームはフリーソフトのParaFla!というソフトで作っているので、
そういう方でもし本当に必要な人がいれば、プロジェクトファイル.pflを上げても良いと思っています。 
(自分のソースはゴミですが)
(あと素材のファイルは自分で用意してくださいよ)


また、ゴジラにかぎらず、

利きウルトラマン、
利きガメラ、
利きギドラ、
利きモスラ、
利きバラゴン、
利きキングコング、
利き仮面ライダー、
利き戦隊ヒーロー、
利きガンダム、
利きセイバー
利きガッツさん (何じゃそりゃ)
・・・

などなど、何にでも発展性が見込めるアイディアだと思います。



ゴジラの鳴き声を判別するゲームとかもありえますね。 まさに「聴きゴジラ」
(ガメラっぽい鳴き声したら、それはゴジラザウルスです)


(普通にもっと、学術的な意味で役に立つ学習ソフトにも出来るかもしれませんが)


そういうのを作りたいって人にも、プロジェクトファイルが欲しければ上げますよーと。
(そもそもゲームアイディアなのか? こんなシンプルな当てっ子ゲームが今まで存在しなかったことがおかしいのだ。)


あとはまぁこのゲーム ツイッターとかで結果をシェアする機能とかがあれば、
ともすれば、別の世界線とかでは流行りうることもあったかもしれない。
 (いや流行んないかな? ゴジラ全作品見てる人じゃないとマトモに点数取れない難易度かもしれんし)


でも自分は、普段から「診断メーカー死ね!」って言ってる人間なので、そういう機能は無理でしたね。


まぁこれは乱数でデタラメな診断を貼るんじゃなくて、本人の能力をちゃんと測定してるゲームだから
全然違うと言えば違うのですが。


ちなみに、作者としての自分の「利きゴジラ力」はどの程度かというと、そこそこ何度かシンゴジラの称号は出せるようになりました。

でも運が悪いと間違えることもあります。 いまだに間違っちゃう問題が結構あります。 
作者なんだから全部覚えておけということなんだけど。 割りと無理。


一方「ゴジラあてクイズ」なら、自分レベルでもコンスタントに満点が出せますね。 やっぱ難易度落ちます。
だから「作品あてクイズ」を頑張らないと最高の称号が出ない設定にしたのは妥当だったと思います。


関連記事
[ 2016/09/18 12:15 ] 作ったゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -