ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  人に話しかけられない権利について

人に話しかけられない権利について

 
今せっかく巨神兵が完成しそうで、 (つーか完成してます)
それは多分今まで自分が作ってきた3Dモデルの中で一番いい出来なモノになりそうで、
そんなときは、黙って作ったもんだけ置いておけばよさそうなもんなのに
そんなときに限って、全部台無しにしてしまいそうなことを書きたくなってしまう。



まーた頭がおかしくなってきているのか
ブログを毎日更新したいなぁとかいうことを思ったりしている。

(去年の自分の発狂具合を知らない人からすれば、毎日ブログを更新するのは良いことだと思うだろうか?)
(とんでもなくみっともないことになるだけなのだぞ)

理由は寒さとか。あとは家族が糞とか現実が糞とかネットが糞とかでムカつくとか、そういうことだ。



年末まで10日ほど。  
まーた10回連続で文章だけの更新をしてやろうかなぁというキャンペーンである。
(それにしても前回のときは二度とこういうことやらないとか思ってたくせに、一年も経つとまたやりたくなるのか)


頭のなかにものすごく陰鬱な気分が溜まってきたりすると、そういうテンションになってくる。



だがこれもものすごく難しいのだが、 自分の場合 朝の頃はブログ更新したい気分になってきて
いくらでも吐き出すべき、考えるべき文章のネタがあるような気がしてくるし
実際頭の中で延々とモノを考え続けているのだが、

午後になると、なんかもうそういう気分が全部吹き飛んでいて、
「なんでこんなクソブログにわざわざ恥ずかしい糞文章を追加して、恥の上塗りしなきゃならないんだ???」
みたいな気分になってきて、今度は全くもって更新なんかしたくなくなっているのだ。


この精神状態の不安定さのせいで、
書きたいことが頭のなかに貯まるだけたまり (午前)
だが全く何も書けないまま時間だけが過ぎていく (午後)
ということになってしまうのだ。


この場合、朝がなのだろうか? 夜がなのだろうか?
(多分、朝が躁であり鬱なのだろうなぁ)



とにかく、この場合の「朝のときのテンション」を維持してないと、
ブログに文章なんて、とてもじゃないが書けないのだ。



まぁそんな感じで無理して書いていく。

第一回目は
「人に話しかけられない権利について。」



 

最近おもってること 書きたいことリスト



◆人に話しかけられたくないということについて


マジで今回はこれを訴えていきたい。


ここんとこ。
自分と他人とで決定的に前提が違うのだということをわかってほしい。


一体何度おんなじこと言ってるのか分からんが、自分はコメントが欲しくてブログを書いてるのでもないし、
リプが欲しくてツイッターやってるわけでもない。

(そしてこれも、別に岸辺露伴みたいなことが言いたくて言ってるわけじゃない)


むしろ欲しくないし、そういうのを貰うことが どう考えてもストレスになっている。


これは「強がり」ではないと思う。


「強がり」というのは、  
「別にコメントなんて最初からなくていーし」「リプなんて最初からいらねーし」ということなのだろうが、

自分が定期的に言っているのは、「もうマジで自分なんかに話しかけないでください」ということなのだ。 


人に話しかけられると自分は
いつまでたってもビビるし、慣れないし、「そこに返事をしなければならない」ということがストレスだし、

そもそもそういう風なコミュニケーションに発展したくて何か喋ってるわけじゃないし。 (前提が違う)


本当に自分は、壁に話しかけてるような気分で生きていきたいのだ。 リアルでも。ネットでも。


そしてそういう風に、「これ書いたらコメントもらっちゃいそう」「こういうことつぶやいたらリプが飛んできそう」
みたいなことを最初から予測してしまうことが、

そもそもの
「ブログみたくない」 「コメントの新着があるのを見たくない」
「ブログ更新したくない」 「ブログの管理画面を開きたくない」 

という感情につながっているのだから、もうどうしようもない。



ツイッターも同様で、誰かから話しかけられる度に、

「ああもうツイッターやめよう」
「しばらく隠れてよう」
「誰も起きてないような時にこっそり呟こう」
「一日に二回くらいしかつぶやかないようにしとこう」
「そうすりゃ誰も自分なんかに話しかけて来ないだろう」

・・・
とか、そういうことしか自分は思わないのだ。 マジで。 本当にもうツイッターやめろよってレベルだが。



勿論そこで ある程度は反応を返したりはするが、あんなのは本当に無理してやってるのだ。


もうこの時点で既に自分のことを
「なんて失礼な奴だ」「なんて調子乗ってる奴だ」「なんて勘違いしてる奴だ」と思ってるひとがいるかもしれんが。


だが自分にはどうしようもない感覚がある。



自分はいつもいつも、リアルでもネットでも
他人から話しかけられる度に↓こういうことを思うのだ。



「誰かに話しかけたいという欲求を持つ人 Aさんがいるとする」

「誰にも話しかけれたくないという欲求を持つ人 Bさんがいるとする」


「BさんがAさんに話しかけられてしまったとする」



その時点で、Bさんの願望は破壊されてしまっているのだが、

ここでBさんがAさんに対して無視したり、そっけない態度をとってしまったりすることは、

そんなに失礼なことなのか????



という疑問である。


誰かに話しかけたい人の願望
誰にも話しかけられたくない人の願望がぶつかりあった場合、
なんで、話しかけたい人の願望のほうが当たり前のように優先されなきゃならないんだ???

(つまり、なんで「無視=失礼」「話しかけられたら喋らないと非常識」「人と人は会話をするべき」ということになってるんだ?)
(いきなり話しかけられるというのだって、失礼じゃないのか?)


(ツイッターでリプは、「貰えば貰うだけ嬉しいもの」なのか?)
(あげればあげるだけ親切なものなのか?)
リプ=良い物だと思い込んでないか?)
(だから、人に話しかけちゃうんじゃないか?)
(だが、それは、自分に関しては絶対に間違いである)



マジで。 リアルで話しかけられたり、なんか世間話みたいなのを振られたりしたとき、
自分はいっつもこういうことしか考えられない。

(頭のなかでずーっとこういうことばっか考えて、一言もしゃべらないことにしている)
あんたは自分の「話しかけられたくない」という願望を、もう既に無視したんだからな!とか、マジで考えている)



なんで、黙っていられないんだと。 なんで、世間話みたいなのを振ってくるのかと。
ずーっとお互い、沈黙してりゃいいだけじゃないかと。


そして、そっちが話しかけてきたのはそっちの勝手だ。

そっちが人に話しかけたいというのはそっちの欲望だ。 そっちの都合だ。 そっちの価値観だ。


こっちにはこっちで、誰にも話しかけられたくないとか 世間話なんて糞つまらないからどうでもいいとか、

話しかけれただけでストレスで硬直するとか、 なんか、色々あるのだ。

お互いになんの会話もなけりゃ気が楽なことだとか ・・・そういうことを考えているのだ。




それなのに、そっちがヒトの欲望を「もう既に」無視しているのに、

会話を無視したら、

「話しかけたのに無視した失礼な奴」

「愛想の悪い奴」

「感じの悪いヤツ」

「コミュ障」


ってことになるのは、おかしくないか?と思うのだ。



(いや、百歩譲ってそのように思ってくれていい。 多分その通りなのだろう。
 だが、次からはそのことを学習してもうマジで自分には二度と話しかけてこないで欲しい


自分の言っていることはそんなにおかしいだろうか?

いや、ここで書いているシチュエーションの書き方が足りないから まだ変な感じになってるんだろうが、



自分はマジで、ツイッターでは誰からも話しかけられたくないし、ブログにコメントは必要ないみたいなことを
うざいくらいに定期的に訴えているつもりなのに、 

それに気づいてないのか、毎回毎回リプくれてるんじゃないか?って勢いでリプをくれる人は、

一体どういうつもりなんだろうかと、 最近まじでそのことが憂鬱なのだ。


ミュート論とか読んできてくれ 自分がどういう性格の奴かはそれでよく分かるはずだ)

(それで自分のことを軽蔑してくれ)

(そしたら本当に、今度こそ、二度と自分なんかに話しかけようなんて思わないはずだ)

(つまり、あの記事を読んでない人が自分に話しかけてきてるということだ
(自分のブログを読んでない人が自分に話しかけてきてるということだ)
(自分の性格を理解してくれてない人が自分に話しかけてきているということだ)


・・・
((まぁこうやって「自分のこと理解してくれ!理解してくれ!」って言い続けてるのもどうかと思うけどさ))

((でもさぁ、じゃあ「相手のこと大して理解したくもないのに話しかけたい」ってこと? それはおかしくないか???))


勿論、ひょっとしたら 自分は失礼なことを書いてるんじゃないか?という内省は多少あるつもりだが、


やっぱり自分は誰からも話しかけられたくないと間違いなく思っているし、
「ツイッターのリプって別に無視してもいいよなぁ?」
「ここでイチイチ返してしまいそうになるから、まーた次のリプを貰ってしまうのだよなぁ?」
下手に返信するから『この人には話しかけて良いんだ』って学習させちゃうんだよなぁ???」

ということを考えてしまうのだ。



・・・そしてまた「こんなことを考えてしまう自分は失礼なのでは・・・?」ってことを考えてしまって、
どんどん頭がおかしくなってきそうになるのだ。



だからやはり、「そもそもリプなんて誰からも飛んでこなけりゃ」、こんなことで悩まなくていいし、
そもそもブログにコメントなんて一切付けられないように設定してしまえば、こんなこと書かなくてよくなるんだし、



そもそも自分の糞ブログなんて誰も読まなくなってしまえばいいと思っているのだ。
 割りと本気で。
(誰もこんなブログを知らなかったような最初期の状態に戻りたいと思ったりする)
(そのように台無しにする方法について、マジで、一個企画を考えている
ブログ削除するとかではない、 そうではない方向で、読者さんを無くしてしまう方法だ そのアイディアがある)
(さらにその方法は、「糞文章をかいて軽蔑される」とかそういう不毛な手段ではなく、建設的なやり方なのだ!!)


これはマジで思っているのだ。


理解できないだろうか? (誰か分かってくれ?)

(あれ、結局自分も「共感」を求めているだけなのか?)

(それは結局そうなのかもしれない だが、自分の心を煩わせるような「反応」は、マジで要らないのだ)


(いつもいつも言っていることだ 黙って読んでくれたらそれでいいのだ)
(このことについても、いい加減もっと掘り下げるべきだと思う 後述)



(だがこの全てを台無しにする話なのだが)
結局自分も、尊敬する実況者さんとかにはリプを送りつけたりしているので
マジで単に自分が自分勝手な奴であるだけなのだよなぁこの話)

(完)


(でもそういうときは、当然だが、自分はその実況者さんから返事なんか要らないと思ってるよ


・・・というような心の叫びみたいな内容を、毎日毎日ブログに書いていけば、
本当に望みどおりに、自分のブログなんて誰もよまなくなるだろうから、
そういうことやってやろうかなぁとか、真剣に思ってたりするのだが・・・。


でもそれはつまんなさそうだから、結局「まじめに面白そうなネタ」とか「書きたいネタ」リストを真剣に考えていくのです。



最近思ってること 書きたいことリスト


ゲーム

◆ ドラゴンズドグマオンラインが2.2になってから結構遊びやすくなってますよ~という紹介記事
  これは割りと一番最優先で書きたい  なぜトリコを差し置いてこれなのか、というのも含めて。

  あとクランミッション達成系クランやってます。 クラメンはいつでも誰でも募集中です。


◆ MGSVのFOBが全基地完成しましたよーという報告
 セキュリティチャレンジしたら、一日でそれまで集めた全ての警備兵がいなくなってて、すげえと思いました。


◆ 「トゥモローチルドレン」というゲームの遊び方を紹介する記事
  「そんなの必要あるのか?」と思うだろうが、
  実はこのゲームの遊び方をみんなよく分からずにやって、飽きて「作業ゲー」「労働ゲー」と思ってやめてるんじゃなかろうか

  その根拠として、自分が獲得したトロフィーの中で、レアリティが高いトロフィーの1位があっさり更新されてしまったのだ。
  今まではMGRの「ストームブリンガー」というトロフィーが1位だったのだが、
  なんとトモチルの「強化少女」というトロフィーがダントツ1位になってしまった。

  この、「強化少女」というトロフィー、20回、あるドリンクを飲むだけなのである。
  これ、本当にどうってことないやりこみ要素です。
  難易度は全く高くないし、そんなに作業を強いられるわけでもない。 (作業がつらいトロフィーなら他にいくらでもある)


  それなのに、この程度のトロフィーが「激レアトロフィー」になっているということは、
  みんな、このゲームの基本的なキャラ強化の手順。
  そもそもの「依頼のこなしかた」という部分が全くわかってないのではないかと思ったのです。

  その部分の話と、そういうことが分かってくるとトゥモローチルドレンに対する労働意識って全然変わってきますよ、という話がしてみたくなった。


◆FF15の体験版の話


◆グラビティデイズの感想文

実は思ってたゲームと違かったという話になってしまう
こういう話はあまりよくない



◆アスキーアートについて
 「この世界の片隅に」のすずさんのAAを作っていたら、いつのまにか作ったAAが500個を超えていた。
 久しぶりにAAについてなんか書くべきか。



◆吉良吉影VSトニオさんについて
 これは前の書きたいことリストの時もいっていた話題だが、
 まぁそろそろジョジョ4部アニメが終わるからやっぱこの話は書きたい。

 「究極の癒やす能力とは」「真の最強とは」「真の無敵とは」という話を経由して、

 行き着く果ては 「悪をさばくとはどういうことか?」とかそういう話になるのだ。


 そしてそれは責任能力とか自由意志の話になっていく


◆人間が高度な機械でしかないとすれば
 この世が決定論的であろうがなかろうが 人間の行為に責任などないのではないか?


 この世にどうやったら自由意志なんてものを用意できるのか? 無理だ


自由意志といえば、

◆「ミスト」について考えていて突然わかったこと 「迷い」について

 ふと、ミストという映画について思い返していたら、突然、「迷う」という人間の行動の意味が分かった。
 今まで自分は「迷うという状態はなにもしないと決めているだけの無駄な状態」のように思っていたが、多分違う。

 多分これも、生物の脳がここまで進化してくる際に獲得してきた、必然的に必要な能力だったのだろう。


◆あらためてトロッコ問題について

 そして「迷い」の意味がわかったとき、トロッコ問題についての結論もまた変わったのだ。
 あそこですぐに決断を下すのが正しいわけでもないのだということ。
 


◆・・・そんな風に人間の行動について考えだしたとき、
 「迷う」という行動にこそ、「自由意志」をねじ込むことが出来る余地があることに気がついたのだ!

 (こっから先はゲームの設定の話になる)





これ、全部一連の話である。 トニオさんから始まって、

悪とはなんだ

悪をさばくとはなんだ

責任とはなんだ

自由意志はあるのか? あるはずがない!

迷いとはなんだ

迷いの意味がわかった!

もしもこの世に自由意志があるとしたらこういうありかただ!

・・・
という流れなのですよ。


◆ 堕落論の話

実は一種の「無気力肯定ビジネス」なのではないか?という疑問

で、一個、「こういう本を売ればベストセラーになるのに」という本のジャンルを思いついたので、その話がしたい。



◆ 追悼.com

「追悼.com」というサイトのアイディアが浮かんだ。 

無茶苦茶炎上するし、無茶苦茶受けると思う。

そしてこれは、現在の最も正しい宗教になりうる、という話。



◆ チスイコウモリと菜食主義について



◆ 「VR幽体離脱」ということばを突然思いついたということについて



◆ 残虐性の肯定のはなし


◆ 最近のメシ漫画について思っていることについて
  「ディストピア飯」というジャンル



それ以外の
書きかけの文章
(書きかけのメモ帳txtファイルが既にある文章)


・シンゴジラの話

・でもどっちかというと初代の話もしたい

・シンゴジラに一番似ているゴジラ映画は実は84ゴジラじゃないか?とかいう話もしたい


・「自分がフロムの社員ならこういうシステムをダークソウルに用意するのになぁ」
 みたいなアイディアをひたすら書きなぐったリスト


ポケモンGOについて書いてた文章が実はあるのだ。
 あのボツにした文章をそのまま貼っても良い


・自作パラドックスの話
 自分でパラドックスみたいなのを作ってメモすることが多いのだが、
 そのメモを貼り付けるだけの更新。



・そのなかの1つのパラドックスなのだが、

 ある考えを突き詰めていくと、
 「実はブログの読者は一人で十分なのではないか?」 とか
 「実はツイッターのフォロワーというものはたった一人いれば十分なんじゃないか?」とか そういう考えに行き着くのだ。


そういう話。


いつか絶対にしなければならない話


◆ 宗教を全否定する話

 これ、ずーっと放置してしまっていたのだが、

 ウチの親が水素水に騙されているのを知って、まーた許せなくなってきた。 なんとかして宗教とか疑似科学を全否定してやる




・・・
・・・
だいたいこんな感じのことを最近は考えています。

これらのことからすれば、世間話というのがどれだけつまらないかということも分かってくれる筈。


もっとしょうもない、時事ネタみたいなことも勿論日々考えている。
今年の漢字、オリンピックイヤーだからって「金」になるのつまらんよなぁ。
という話から始まって、投票とはどうあるべきか、 民主主義とはなんなのか、みたいな話もできるが・・・やらない。



この中から見繕って、まーた年末にかけて、10回連続で更新とかしてやろうかなぁとか思っているのだ。



ちなみにこの記事は冒頭に酷いこと書きすぎたので、そのとおりに コメント出来ないようにする。

関連記事
[ 2016/12/21 18:58 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -