ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  作ったFlash >  閃輝暗点フラッシュ

閃輝暗点フラッシュ



ちょっと、閃輝暗点を作ってみました。







なんでこんなものを作ったか?

なんというか、こいつが本当にムカつくから。

こいつが見え始めると、もうそれだけでディスプレイとか文字は見てられなくなります。
まずそれが小一時間続く。

そしてこいつが消えてからが本番
そっからは数時間の頭痛が続いて、何も出来なくなります。

コイツが見えるだけで、数時間作業が飛ぶんですね。 そういう奴です。


見たことがある人は、
これを眺めてるだけで吐きそうになってくるでしょう



あとは、「閃輝暗点」でイメググったりしたときに見つかる画像とか動画が、
自分の思ってるのと似ても似つかない奴ばっかりだから、
それにもムカついて自分で作ったともいえます。


wikipediaの閃輝暗点の項目の画像のこれ↓、
多分これが一番有名な閃輝暗点の画像だと思うけど、
こんなんじゃないでしょう。
(まぁこんな風に見えている人もいるのかもしれないけど)


閃輝暗点


こんな黄色いトゲトゲじゃなくって、

自分には、赤とか緑とかの細かい線が、ビリビリしているようなやつが回ってるんです。
そしてその回り方は、こんな感じなんです。


自分でもびっくりするくらい、そっくりの動きをするやつが産まれたと思ってます。


この形状、この曲がり方、この伸び方、この発生の仕方・・・、色々完璧だと思ってます。
もうほとんど偶然の産物です。


あと今回のこれは、なんか「ズーム操作の感じ」が好きですね。
この辺、ちょっとしたミニゲームとかに活かせたらなぁ。


久しぶりにこういう意味不明なモノを作れたよ。


次は飛蚊症を作りたいですね。


飛蚊症とか・・・
緑内障とか・・・
閃輝暗点とか・・・
光視症とか・・・

そういうのを倒していくシューティングゲームとかどうだろうか?


(あとはチリメンモンスターを倒すシューティングとかも、誰か作れと思ってる)
(自分なんかが言わなくても、こんなのは必然的すぎる発想じゃないか) (ダライアスなんかよりも)



それにしても、なんで人間は、自分が見えているモノすら正確に表現することが出来ないんだろうか。

例えば、「目を閉じた時に見えている模様」とかですら。


あれを正確に絵にする、映像化する、そういうことをするだけで、物凄い価値ある芸術になると思うんだが、
誰もそれを本気でやってみようとは思わないんだろうか?


閃輝暗点


関連記事
[ 2017/03/27 13:39 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(2)
あとあれだな
目を閉じて眼球を圧迫するとしばらく見えてくる水玉模様と市松模様の組み合わせとか
[ 2017/03/28 00:30 ] [ 編集 ]
養老孟司が「人間に似せた人工知能(AI)を作るのって地球上に70億も溢れてる物を
わざわざ作るのってどうなんだろう」(うろ覚えの意訳)って書いていた本が有ったなあ。
前に有った猫型湯たんぽもそうだけど、目をつぶれば見えるもの(あるいは本物の猫)に似せた類似品を作る意味は
おそらくはディストピアSF的な近未来に置いてでしか価値を見いだせないのではないだろうか。
あと目をつぶれば見える幾何学的な模様ってスクリーンセイバーのアレ以外の何者でもない気もするし。
[ 2017/03/29 01:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30