ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  レットイットダイ クリア後感想文

レットイットダイ クリア後感想文

 
こないだ
LET IT DIE をクリア してきたので、なんか感想文でも書きます。

レットイットダイ

このゲームに関しては、ちょっと触った最序盤の段階で (まだ3階くらいを彷徨っているあたりの時点で)
「理想のローグライク+ハクスラ+アクションが来た!」と、 大興奮で絶賛してたゲームですので、

それをクリアまでやってみて、最終的にどういう印象だったか、みたいな話ですね。


そんでまぁ今はダクソ3の最後のDLCですね。

今度のDLCは、なんかもう今までで一番死にまくる予感がします。
もう既に凄い死にまくってます。

ソウルシリーズについては、全部終わったらまた何か語りたいですね。
永遠に語り尽くせないゲームだけど。


あとは、ドラゴンズドグマオンラインで今は、ニワトリを殺しまくってますね。
(なんじゃそりゃ・・・)

モローでニワトリ狩り


モローに10匹いるニワトリを刈るのです。
1分で30匹くらい殺せます。

3分に1回くらいで、「薄桃のレリーフコイン」が出ます。
それを200枚集めるのです。

すると、それが錆武器に交換できます。

錆武器を手に入れるのに、約600分。 10時間必要ということですね。

そこまでやるのにニワトリは18000匹殺してることになります。
経験値は100万入ってることになりますね! (ニワトリパワーレベリング)



自分はラジオやアニメを見ながら完全に脳死状態でやってるからいいのですが、
まぁ、馬鹿げてますね。


なんでこんなのを続けてるかというと
↓この錆武器、自分は今のところロクなのが出てないのです。
異彩武器

(緑職の武器なんか、強い必要ないんだよ! コア出しと支援ができりゃ十分なんだから)
(てか自分はすでにアリズンズ武器持ってるから、それでもう十分すぎ)

(しかもエレアチャ武器の場合、凍結が出来なきゃゴミなんだから、異彩+1なんて却って要らないでしょ?知らんけど)
(だから、使える赤職の錆武器が出るまで、このニワトリ大虐殺を続けなければならないことになっているのだ)


ますます何のゲームだか分からなくなってきましたね。
ゼルダならニワトリに殺されてるレベル。


覚者とはなんなのか・・・
(哲学) (これにはディアマンテスも困惑)




レットイットダイ クリア後感想文とか


でまぁレットイットダイの感想文。
一言で言えば、やはり非常に面白かったです。

最後まで歯ごたえ凄かったです。


自分は無課金でクリアしました。 
これはつまり、最初の100円以外、ビタ一文課金しなかったということです。


(じゃあこの最初の100円はなんなのかというと、これが完全にフリープレイのゲームだと18禁の認証が出来ないということで
 しょうがなく、100円入金が必要になっておるのでしょう)

(それでも一応このゲームは、「基本プレイ無料」のゲームの一覧にあるのだから、
 この100円は形式的なモノで、ノーカン!ということなのでしょう)

(そういうわけなので、100円は払ってるけど無課金クリア!と言っているのです)


ただ、最初の印象とは色々変わってきた部分もあります。


3階あたりを彷徨ってる段階ではわからなかったこと。

とにかく、10階上がる毎の敵の強さのエスカレート具合がやばいです。

ファイターの★を上げなければやってられない感じ。

さらに装備のグレードアップを開発していかないとやってられない感じ。

そのためにはレアメタルのマラソンをしないといけなくなる感じ。

でまぁ、この辺の「作業部分」が見えてきてしまって、
そこがこのゲームの評価の別れてるところかなぁという感じです。



ローグライクに欲しいのは

・素潜り感
・臨機応変感
・自給自足感
・ヒリヒリ感
・危機脱出感
・九死に一生感
・自分の中に蓄積していく感

 (キャラの成長はリセットされるけどプレイヤー自身がレベルアップしていく感じ)

・・・
等であって、

・作業感
・素材マラソン感
・レベルアップ感
・自分の外に蓄積していく感

 (ファイターのレベルやらなんやらが蓄積されていく感じ)


はちげーだろ、

それはRPGだろ、ということでしょうか。 (いやハクスラではあるか)


あと、実際クリアしてみて
色んなトロフィーの獲得率を調べてみて、思ったこともあります。


このゲームの「クリア」に当たるトロフィー、
つまりラスボス撃破のトロフィーの獲得率をみてみた所、なんとこれが
たったの0.2%でした。



これ、ちょっと低すぎかと思いました。


0.2%台のトロフィーというのは、自分もめったに持ってないレベルのトロフィーです。
ウルトラレア級です。


こういうのは、他ので言うと、

リンボのノーデストロフィーとか、
MGRで難易度リベンジェンスで全ボスをSランクで倒すとか、

そのレベルの難易度のトロフィーです。


普通の、ちょっとむずかしいアクションゲームのプラチナトロフィー (全部のトロフィーを集めた証)
とかのレベルですらありません。
そういうのでも、案外5%くらいは、みんな獲れているもんなんです。


世間一般で難しいとされているアクションゲームの「クリア」に当たるトロフィーとかでも、
もっとヌルいです。
ダクソのクリア率、ブラボのクリア率にしたって、みんな案外30%くらいはクリアしているのです。


・・・そういうことを踏まえた上で考えてみると、

このレットイットダイのクリアに当たるトロフィー獲得率0.2%というのが
如何に半端なく低いかというのかが分かるかと思います。


別に「エンドコンテンツ」とかじゃないわけですよ。

「これをやったらもう、このゲームのやるべきやりこみ全部終ったも同然!」みたいなことじゃないのです。

(例えばこのゲームのエンドコンテンツといえば、ジャッカルズを倒すだとか)
(ジャッカルズの装備を完成させるだとか、そういうレベルのことでしょう)
(そういうトロフィーが0.1%とかなら問題ないけど・・・という話)



「ただ単に、ゲームを一応クリアした」、という段階のことで、
もう、こんなに、皆、やってない。
・・・これは結構問題なんじゃないか?という話です。


だって、他のローグライクとかだと、
「クリアしてからが本番」
「クリアしてから開放される、あのダンジョンが楽しいんだよなー」

・・・
みたいなの多いではないですか。 
シレンとかまさにそんなだし。
 (シレン4の夢中の小路とか妙に覚えてる)


でもこのゲームの場合、
単にクリアする前までの段階でほとんどのプレイヤーが投げちゃってるのが見て取れます。


大体、各ボスの撃破トロフィーを観察するだけで分かってきます。

10階層のボスを倒したトロフィー、10%

20階層のボスを倒したトロフィー、3%

30階層のボスを倒したトロフィー、0.8%

40階層のボスを倒したトロフィー、0.2%


これはちと低すぎです。


よく、
「ブラッドボーンの最初のボスのガスコイン神父を倒したプレイヤーが60%
「ブラボは最初のボスで40%のプレイヤーが脱落してる」
とか、そういうことが話題になりますが、

そんなレベルじゃなさすぎます。


10階上がるごとに、プレイヤーの4分の3くらいが、
見事に、等比級数的に脱落しています。


これはこのゲーム、ちとマゾ過ぎたんじゃないか?と、
あらためてトロフィーみてて思いました。


(勿論、トロフィーとか確認せずに)
(そんなの気にせず遊んでる間は、全然そんなふうには思わなかった)


「良い具合の歯ごたえしてますなぁ畜生め~」
「10階上がる毎に、また新たな地獄が見れるぜぇ~」

・・・
そんな風に思っていました。


むしろ、未だにクリアしてない自分を恥ずかしく思ったり、
自分は下手クソなんじゃないかとすら思っていました。


だからこそ、ダクソ3のDLCが来るというのに、
まだこのゲームを終わらせないの恥ずかしいなぁと思ったから、
自分は急いでこないだクリアしてきたくらいなのです。


で、クリア後にトロフィーとか調べてみると、
こんなに皆やってないのかと、驚いたわけです。


さて、このゲームの、このレベルのマゾさをどう解釈したらいいのか。


勿論、基本プレイ無料のゲームですから、
「無課金では激マゾ、課金して丁度よくなる」みたいなバランスであることも考えられます。


でも、このゲームの場合、課金することでそんなに根本的にゲームのマゾさが緩和するようなデザインでも無いですよね?


デスメタルは死んだときに復活できる程度のことで、
何度もその場で復活したからって、それで根本的にボス戦が解決するってわけでもない。
諦めるべきときは諦めないと、何度デスメタル使ったって無駄になるだけです。

(一方、慎重にすすめてリャーそんなにデスメタルにお世話にはなりません。)
(自分は結果、手に入れたデスメタルの殆どは、荷物置き場の拡張に使ってたと思います)
(デスメタル復活は、10回もやったことないと思う)


エクスプレスパスも、アイテムがいっぱい持てるってだけのことで、
それは強さとは直接にはつながらない。 (勿論「攻略しやすさ」は間接的な死ににくさにはつながってるけど)



自分は無課金でこのゲームをクリアしたけど、
じゃあ仮にもしジャブジャブ課金してたらもっと楽勝だったかというと、そんな気は全然しません。

下手に課金なんかしてたら、単にもっと雑なプレイになってただけのことで、
まぁ、色々とクリアにかかる時間は短縮したかもしれないけど、
それは結局ゲームを楽しめる時間を短くしただけ程度のことじゃないかとも思うんです。


ところで話は変わるけど
自分が基本プレイ無料のゲームに死んでも課金しなかったりするのはそういう理由もあります。


勿論、
・第1には自分がドケチなのもあります。


・第2には、「ゲーム内の強さ」「現実の金で買う」という行為が如何に馬鹿げているか、という価値観を、
痴豚様のラジオから学んできたというのもあります。


・第3に、
ゲームはパッケージで売るべき。
課金性にして、射幸心を煽ったり、確率の誤謬・有利性の誤認でユーザーを騙くらかして、
青天井に儲けようというビジネススタイルを全否定したいというのもあります。


・第4で、課金なんかしたらゲームを楽しめる時間が減るだけじゃないか、という思いがあります。


そして最後。
・第5に、「意地」があります。

「課金しないと激マゾのゲームを、完全に無課金でクリアしてやったぜー!!」と思えるための達成感がそこにはあるので、
そのために、むしろ意地でも金を払ってやらない、という気持ちになってるのもあるでしょう。


(だから難しいゲームであればあるほど課金しないし
逆にヌルいゲームもまた当然、課金しない
(よって、課金性である時点で、このニートに課金をさせることって不可能なんですね)


・・・
大体、これらの感情でもって、
自分は基本プレイ無料のゲームは、
その通り、無料で遊んでやるのです。


(一方で、パッケージのゲームは、やりたけりゃー余裕で買うわけです)
(そこに矛盾は一切ないわけです)


・・・でまぁそんなこんなで
一応
基本プレイ無料のゲームだからこんなに難しくしてるのかと言う風に解釈は出来るのですが、
それにしたってこのクリア率はなぁ・・・とも思えます。



まぁ、基本無料のゲームなんだから、

大勢のプレイヤーが「タダだからやってみっかー」と思ってダウンロードしてみたはいいものの、
実際触ってみたらムズすぎて投げた
それで辞めた人が大勢いるから、トロフィー獲得率が相対的に下がって見えてるだけなのかもしれません。



このゲームは全世界ですぐ200万DL行ったそうですが、
じゃあここで仮に、
「約9割のプレイヤー」というのがDL数を稼ぐためだけの「賑やかし」だったとカウントしてみましょう。


じゃあそれで全てのトロフィー獲得率を10倍にしてみたとしても、やはりまだまだ低すぎですよね。
「2%」というのは、かなり難しいゲームのプラチナトロフィー以上のレアさに匹敵します。

 (ちなみに「賑やかしが9割」だとした根拠について)
 (まず10階を抜けてた時点で、もうかなりガチに取り組んでいるプレイヤーだとみなしていいだろう)
 (やはりマックスシャープを倒したプレイヤーが丁度10%であることを考えれば、)
 (「真面目に挑んでるプレイヤーは1割」と計算して良いのではないか)



・・・いやでもそれにしたって、
10階上がる毎にクリアしてる人数が4分の1にキレイに減っていくというのは、
やはり難しすぎたんじゃなかろうか。


・・・とまぁそんなことを思いましたよ、ということです。


なんでこんなことを長々と語っているかというと、
なんかこのゲームのスレが立ってるのを見ると、毎回必ずと言っていいほど、
「もう誰も」って書いてあるんですよね。


なんかもう、誰も遊んでないかのような語り口で、スレが立ってるんです。


なんだそれは?
0.2%の人しかクリアしてない筈のゲームを
もう誰も遊んでないとは、どういうことか。


勿論その1つには、このゲーム、
「頂上に到達してしまえば、割りと燃え尽きてやることなくなる」
というのもあるでしょう。
 (これは今自分も感じている)
 (自分はトロコンまではしたいと思ってはいるが)


さっきも言ったとおり、このゲームは
シレンとかのローグライクとは違って、
クリア後に「大量の派生ダンジョン」が解除されて、むしろ「クリア後が本番~」みたいな要素があるわけじゃあありません。



クリア後は、
ジャッカルズ倒すとか、
装備をどんどん強化していくとか、
TDMランクを上げ続けるとか、
四ツ山グループに殴り込みに行くとか、
激むずのクエストをこなしてみるとか、
・・・
なんかそういう、「個人で勝手に挑むべき細かいやりこみ要素」はあるにはあるんだけど、

そういう要素は、「クリアしたらもういいや~」となってしまう層には、響きませんよね?


・・・
だからそういう意味で
「もう誰も」という風に語られてしまうのかもしれません。


いや、でも、やっぱそれにしたって、
その領域に立てているプレイヤーは0.2%しかいない筈なんだよ?


皆が皆クリアして「もうやることなーい」って言ってるわけじゃないと思う。


どっちかというと、
「やってみたらなんかマゾすぎて、途中で止めちゃった」というプレイヤーがほぼ大半を占めている筈だと思うんですよ。


んで、そういう、途中で投げただけのプレイヤーに限って
「もう誰もやってねーよ こんなマゾゲー」ってふうに文句を言ってるのかと思うと、

なんか自分は無性に腹が立ってくるのです。


そういうことです。 

自分がここまで、長々とクリア率の話をしてきたのは、そういうことなんです。


みんな、このゲームの難易度についてはあんまり語らないと思う。

どっちかというと文句を垂れるのは、
「装備の開発が面倒」ということをメインにグチグチ言ってる気がします。


これは結局、ゲームの難易度に文句付けてると「下手くそ」だと思われそうだから、そういうことは言えず、
その代わり、
「装備を整えないと敵の攻撃が痛すぎてやってられない」

「武器を作らないと敵が固すぎてやってられない」

「装備を開発するためのレアメタルマラソンが作業すぎ」

「結局作業ゲーになっちゃってやってられない」

・・・という方向性の文句になっていくのかと思います。

そして、皆マラソンのせいでこのゲームを投げたに違いない、という愚痴と反省会で、
スレは埋まっていくのではないでしょうか。


では、ここんところで
どのような生産的な話ができるだろうか?


自分としてはこういう話をしたい。


自分は無課金でこのゲームをクリアしたけど、
実は、そんなにレアメタルマラソンをやった訳ではないのです。


そういう、マラソンをせずにクリアするコツ

作業ゲーにせずに、レットイットダイをクリアする。 それも無課金で。

そういう「コツ」の話。 「立ち回り」の話をしたい。 


そういう話をすることが、このゲームの評価を下げずに
語ることになるんじゃないかと思うんです。


(あとなんで、自分がこういうコツの話をやたらしたくなるのかというと、)
(それはまぁ自分のブログ内でこのゲームをオススメしてしまったからだ)


「ブログ読んで今レットイットダイやってます!」とか言ってくれた人が、
0.2%の壁を突破してくれないことには、自分は申し訳なくて仕方がない。


適切に立ち回れば、誰でもその0.2%を突破出来るということを、ここでちゃんと書いておくことが
「マゾゲーをオススメしてしまった責任を取る」ということなんじゃないかと思うのです。


んで、どうせ書くのなら、wikiとかにも書かれてないレベルの役立ち情報を書いていきたい。


というわけで
猿でもわかる 
レットイットダイを無課金でクリアするための基本立ち回り

の話。



このゲームは、10階層を上がる毎に、
敵の強さが、(攻撃力防御力)なんか二倍二倍といっていいレベルで、
グンっと上がるんですね。


それに対応するためには、もう一ランク上の★のファイターを育てるとか、
もう1ランク上の★の装備を開発するとか、そういう必要が出てくるのです。

この辺が、
素潜りでも上手ければ、ちゃんと立ち回ればなんとかなるローグライク的ではなくて、
RPG的なところなんですね。 (それをハクスラともいう)


で、その装備のランク上げには大量の開発用素材アイテムを拾ってくる必要があり、
更にその「ストッパー」になる要素として、「レアメタル」というのがあります。

レアメタルには各派閥の種類とランクの色があり、
ソレに応じて、開けるべき金のアタッシュケースの階層やら、倒すべきボスやらが決まってくるわけです。


だから真面目に開発をしようとすると、マラソンゲーになってしまうんですね。



でも自分の場合、
装備は★2あたりの奴までは開発しようとしてたけど、
★3★4の武器防具とかは結局、まったく作れてない状態で、このゲーム、クリアしたんですよ。



つまり、やったのはせいぜい「レアメタル」までのマラソンで、
とかとかは全然マラソンしませんでした。
 

ミッションも、
せいぜい楽な、「同一武器で10回連続敵を殺す」系のミッションのやつ位しか、やってません。


つまり自分がやった思い出があるのは、
テモウママラソン・あとせいぜいカワベマラソンくらいですね。

(ダダから下のテモウマに降りる。 そこにある金のアタッシュケースから、レアメタルを狙う)
(そんで帰るやつ)



で、これでも十分クリアできたんです。


じゃあその代わりどうやったのかと、そういう話をします。

まずはそこまでの装備で、なんとか30階のボスまでを倒すんです。
これはまぁ、登るのは実直にやって、最後はキノコでゴリ押しすりゃいけるでしょう。


で、そっから先、★4のファイターを作れるようになったら、
31階層~35階層までを攻略しているプレイヤーのところに遠征を出せるようになったはずです。

自分はこれをやりまくりました。

すると、31階以上の階層に遠征に行ったファイターから、
極稀に★4、★5の装備と、
極極稀に「シアワセタケ」が手に入るのです。


 (やり方としては31階以上を攻略してる人を探して、9人のファイターで、1時間の遠征を出しまくるだけなのです)
 (勝ち負けは気にしなくていいっぽいです 運でアイテム拾って来ます)


これです。これ。

このシアワセタケを使って、★4、5の装備を修理し、それを持ち込んで攻略を進めたのです。

このやり方に切り替えれば、もうレアメタルマラソンからは開放されるのですよ。


(逆に、シアワセタケが手に入らない内はこのやり方が通用しないことも分かるでしょう)
(自分自身が★4のランクにならなければ、31階以上を攻略してるプレイヤーを遠征先で検索するのは無理かと思う)
(だから、★4のファイターを作れるようになるまでは、ある程度開発を自分でやる必要もあるかとも思うのです)
 (いや、それも本当は要らないのかもしれない)
  (この辺の話については後述)


(つまり30階あたりから、「切り替え」が重要ということです)
壊れてない装備は、開発するものじゃなくて、遠征で拾ってくればいい、という発想の転換)


勿論この話は、

「それはレアメタルマラソンの変わりに遠征マラソンをするようにしただけじゃねーか」
「てかそんなん、皆、当たり前にやってることだよ」

ってだけの話かもしれません。


でも、やっぱ、こういうことを思いつかずに苦しんでる人、
マゾすぎると思ってやめちゃった人もまた、結構大勢いるんじゃないかなぁと思うんです。


大体この、
31階層以上の遠征からシアワセタケを入手する方法とか、攻略wikiにも書いてないっしょ?
いや書いてるか? でもそのことが如何にターニングポイント的に重要か、とかは書いてないでしょ?


自分は元々、
防衛を真剣にやるのを早期にあきらめて、
9体のファイター全員で遠征しまくるのが日課になってたから、
偶然シアワセタケを手に入れて、この方法に気づけたから良かったものの、

知らない人は、こんな装備の供給源があること、思いもよらんでしょう。



レアメタルマラソン方式じゃなくて遠征マラソン方式に切り替えれば、
装備は「時間」基準で、勝手に・自動的に充実できることになってきます。

そして、「もうこれくらい武器防具あれば行けるかな?」という段階になったら、
攻略を進めるのです。

自分はそれでクリアしたも同然だと思います。

これに気づけたことが一番デカイかと。


それ以外の、無課金でもクリアするコツ。


デスメタルを無課金で集める方法としては、
所属チームをカリフォルニアにして抗争に参加しまくるってことは
既に書きましたね。




これはその通りです。



あと重要なのは、「エクスプレスパス」ですね。

これ、無課金でも、
今ならメイジンのハイパーログインボーナスって奴と、最初の奴だけで7日分くらいは貰えたんじゃないかと思います。

でもデスメタルと違って、無課金ではもうそれ以上手に入ることはないです!!
だからこの7日分のやつを、大事に、最大限に活用しましょう。


勿論、「自動更新発動」なんて絶対にありえません。

そもそもこのエクスプレスパス、
日別に発動してりゃ、一日分で二回、ログインボーナスが貰えるようになっています。

その時点で自動更新にする意味がありません。



そしてこのゲーム、
さっきも言ったとおり、素材マラソンではなく遠征マラソンに切り替えることを考えると、

最後の段階で必要になってくるのは「実時間」です。


大体、自分がこのゲームクリアした時点で、
プレイ時間は100時間を越えていましたよ。

ニートがクリアするのに100時間以上かかるゲームを、一週間のパスを自動発動してる間に
クリアできるわきゃーありませんね。


だから、
貰ったエクスプレスパスは
「ここぞ!」というときだけに発動するようにしましょう。



気力・体力・時間ともに充実していて、
「今日こそ、あそこのバルブ開けてくるぞ!」
「今日こそ、あのボスをキノコ漬けで倒してやるぞ!」

・・・
みたいなやる気が充満してる時、

そんな、10階層ごとの節目の時とか。

「ここで一気にカワベマラソンを完了させるぞ!」みたいに
マラソンすべき時をちゃんと定めた時とか。


大体そういう時。

そういう時だけですね。パスを発動させるのは。


そうすれば、貰ったパスだけで十分クリア可能な筈です。

「一度パスの味を知ってしまったら、もうパス無しじゃ攻略できないよ~」とかそんなことはねーはずです。

てか、20階以降の攻略以外は、発動させる必要なんてねーかと思います。
無課金でやるなら、それくらいエクスプレスパスはケチるべきかと。
デスメタルとは希少性が違うんです。


更にそれ以外の立ち回りの話。 

◆戦闘編 ノーロックのススメ


自分は一切、「防御」とか「ジャスガ」を狙いませんでしたね。 
ローリング以外でほぼバツボタンを押しませんでした。

ロックオンも、動物を撃ち殺すとき以外はほぼ使ったことないです。

自分のプレイスタイルは、ひたすら
「ノーロックで相手の前をクルクル回って、空振りを誘ってから、カウンター気味に殴る」という奴でした。

絶対、下手にロックオンするより、ノーロックのほうが敵をカウンターで殴りやすいはずです。


これで序盤はどんどん敵を殴り殺していきました。


よってまず、素手のマスターレベルがカンストします。

そしたら素手は凄い基本攻撃力が上がるので、
素手だけで20階までの雑魚には対応できちゃうようになります。

(ローグライクでそれはどうなのよという感じなのだが・・・)
武器の耐久が消耗するゲームがいいんじゃねーかと言っておきながら、結局素手なのかよ、という感じなのだが・・・)


素手は、R2、R2、R1というコンボが基本ですね。
ハンマーは強いですが、スキとタメがあります。コンボの最後に入れよう。


でも全部が全部素手ばっかりじゃありません。

素手で殴ってても、敵がグロッキー状態になったときは、武器を切り替えて別の武器でゴアティカルを狙うとか、
敵にトドメを指す時だけは別の武器にするとか、そういうことも、自分は最初期から意識していました。
(ゴアティカルだと武器の耐久が減らないのです!)
(武器を壊さずに武器を上達させるならこれですね)


つまり、

・素手で敵の体力を削るのは基本、
・でも、素手で敵にトドメを指すのは悪手、 


 そういう立ち回りですね。

この2つを心がけていけば、武器が無くなって攻略に困るということもなくなるし、
素手に頼りすぎて、それ以外の武器のマスターレベルが上がってなくて、
本当の強敵との戦闘で火力が足りずに困ったりすることもなくなる ということです。


でも、素手だけでもなんとかなるのは20階層までですね。

30階層から上の敵は雑魚でもマジで固いので、殴って削るのは凄い時間かかります。

勿論素手削りも使うには使うけど、
自分はチョッパー系でまず切って毒にするとか、そういうことをしてましたね。


◆戦闘に入る前もとにかく卑怯に

雑魚敵との一対一の戦闘は、そんな風にノーロックで敵の前をクルクル回る戦法だけで
最後の最後まで対応できるかと思います。


敵がナイフだろうが、サーブルだろうが、なんだろうが、とにかくこれでいけます。
下手にロックや防御するほうが踏み込むタイミング分かんなくなるかと思います。


が、このゲームは2体1とかになったら、一気に死の危険性が出てきます。

だからとにかく戦闘は1体1に持ち込むことを心がけること。


複数戦を避けるためにはどんな卑怯なこともやりましょう。

・エスカレーター逃げ
・角待ち
・段差利用
・ステルスキルも出来る限り狙っていく


それでも複数戦になってしまったら、
とにかく冷静に、同士討ちとかを狙っていきましょう。


◆ボス戦は、相手になにもさせないこと

そんな感じで雑魚戦は最後までなんとかなると思います。
最悪逃げちゃえばいいのです。 
(シャッターとかしまって強制戦闘系とかだと困るが)



で、問題はボス戦ですが、
このゲームのボス戦は、これはこれで、かなりなんとかなる部類なんじゃないかと思うのです。

大ボスの前には必ずエレベーターあるんだから、
一端帰って装備とキノコを充実させれば、初見で各ボスを倒していくことも十分余裕なことになってると思うのです。


てか、とにかくキノコです。


20階までは、
スケルタケ+ドクバリタケ

30階以降は、
ヨロイタケ+ドクバリタケ

このコンボを意識するだけで、ボスはなんかもう
「あのボスってどういう攻撃パターン持ってるのか知らんまま倒してしまったなぁ」ってなるレベルで、一方的にボコれます。


相手が何をしてくるのかなんか一切考えず、滅多打ちにするのです。

「滅多打ちであったそうな」
「見えぬゆえそうせねばならなかった 盲目の剣とはそうしたもの…」




むしろそうしないと駄目なゲームなんじゃないだろうか?
死んだらオシマイなんだから。


様子を見るとか、死んで覚えるとか、ボス戦では考えちゃ駄目なゲームなのかと思います。


唯一、ガチらなきゃいけないボスがいるとしたら、それは案外、最初のボスの「コーエン」ですね。

アイツだけはスケルタケとか関係ない奴なので、逆にガチるべきボスになるかと思います。
みんな、コーエンとだけはちゃんと戦えるでしょう。 良いボスだと思います。


どの辺がいいのかというと、分かってる筈のボスなのに、
体力攻撃力が跳ね上がると、それだけで怖くなっちゃうとこですね。


自分が初めて26階のコーエンに出会った時、
↓ビビりすぎてログがこんな動きになっちゃってましたよ。 真っ赤
26階のコーエンを倒したあとのログ

でもなんとか倒せたのですね。 (まぁ倒せたからログが残ってるのだが)

臆病な立ち回りに徹していれば、初見でもなんとかなるのが、またコーエンのいいところでもあります。



ジンダイ系のボスの楽しさは最後まで分かりませんでした。 (でもBGMは好き
結果スケルでハメるのが最適解になってしまった。


◆それ以外の細々としたこと。


・ポイズンイーターのデカールを付けて、カタツムリを二匹ほど連れて歩くと凄い安心感
 (マジで世界が変わりました) (モスキートなんかいらんかったんや!)


・食べ物を食べないでいるとスタミナ最大値が減っていくっぽい? (地味にかなり後半まで気づかなかった事)

・金はなんだかんだでプレミアムデカールにつぎ込むべきかと

・ベレー系の装備が開発しやすいかも

・敵を全滅しなけりゃジャッカルズは出ない

・38階のジンダイを倒した後は、怖くても39階に「上がる」べし。 そこで一旦帰ると二度手間になる

・34階のコーエンを倒した後は、怖くても35階に「上がる」べし。 そこで一旦帰ると二度手間になる (自分はなった)


・・・
とかとかとか
大体こんな感じです。


こういうことに気を使えば、

無課金でも、十分、誰でも、このゲームをクリア出来るようになるかと思います。


で最終的な話。


このゲームの、武器防具を開発するための素材マラソンがマゾい・タルいというのは
既に間違っているんじゃなかろうかという話。


本当のところは、
結局はローグライクなんだから、
雑魚もボスも、十分ドロップ品でなんとかなるようになっているのではないか?


あとから考えるとそんな気がしてくるんですよね。


特に落ちている動物やキノコを全てフルに活用すれば、
ボスも雑魚も、もっとなんとかなった気がするんです。


このゲームで
最初にボスの強さに心折れかけるやつと言えば、
まさに23階のゴートク辺りかと思います。 あそこで、ボスのいきなりの強さに、まずビビる。



でもあれも今思えば、 
スケルタケとかを遠征マラソンで集めたりしなくても、
自分で強い★の武器防具を開発とか目指さなくても、

敵が落とす 斧Sとかをちょいと拾って、
あとはドクバリタケと、ムキムキタケを適切に使えば、十分なんとかなったような気がするんですよね。


・・・
このゲームのボス戦というは結局全部、そのようにできていたような気がしてくる。

 (「喉元過ぎれば熱さを忘れる」だろうか?)



でもそこんところを、
★3の武器防具を揃えようとかそういうことを言われるので、
皆バカ正直に、開発をしなけりゃー進めない、倒せないと思ったりしちゃう。

ローグライクを、RPG的にやろうとしちゃう。

そんでクリアに時間がすごいかかっちゃう。

そうなってるんじゃないのか?


でも、この「開発」という要素は、「救済措置」のようにも捉えられるんじゃなかろうか?


開発を地道にすすめていけば、まぁ、敵のドロップ品とかに頼らなくても
確実に安定して、強い装備を高い耐久で持っていくことが出来るようになりますよ~

という程度のことであって、それが必須科目だということでもない。

そうやって石橋を叩いて渡るようにすれば、まぁ着実ではある。

だからみんな開発のためのマラソンをしてしまっているが、
実はそこはローグライク、
本当は、開発するより敵のドロップ品をきっちり使っていけば、
ちゃんとなんとかなるように出来ているのではないか。


本当に、動物やキノコを全てフルに活用すれば、
何度も何度も待合室に行ったり来たりを繰り返して地道な強化をしていかなくても、
クリアするだけなら案外もっとスピーディーにいけたんじゃないか?


そんな気がしてくるんです。


自分自身、キノコや動物を、全く活用出来てなかったように思うんです。
(鳥の捕まえ方とか自分は最後まで分からなかった)
(殺したらカシワタケになるんだが、これもあんまし活用できなんだ)


ローグライクで一番面白いとこ、興味深いところが、
この辺の、「アイテム活用の妙味」だと思う。


自分が全然使いこなせてなかったアイテム、
自分が全然重要だと思ってなかったようなアイテムを、
上手い人は使いこなしたり、重要視したりする。


そういうトコ。

人によって、それぞれのアイテムに価値をつける「重み」が全然違ってくるところ。
 (それにより、限りあるデスバックの中での取捨選択が、人によって全く変わってくるところ


こういう部分こそが一番おもしろいと思うんです。



自己分析してみると、

自分が好きで、よく使ってて、
落ちてるとつい拾って持ち歩いちゃうようなキノコとか動物は、

・スケルタケとか、
・ダンゴムシからオダンゴタケとか、

そういう「自己補助系のアイテム」ばかりでしたね。
 (あとはひたすらカタツムリで毒リジェネやっていました)



その一方で、
投擲系のキノコは全く使いこなせませんでした。
 (エレキ・ボカン・コブシ・カザン、全部ほぼ使ってません)


この辺、他のゲームでも見事にそうなってるのが面白い。
自分はあらゆるゲームで、投擲系・爆弾系のアイテムを全く有効活用できずに、持ち腐れてしまうんです。
(唯一の例外が、天誅シリーズの「痺れ団子」である あれは上手く使えばなくならないのがすっごい好きだった)



あと、敵に状態異常を起こすキノコも、
まったく使って来れませんでした。

(ケロタケ・モフモフタケ・ノウミソダケ・トトダケ・・・)
(この辺の状態異常の違いとか、未だによく分かってないです)



こんな有様なので、
自分が使いこなせないキノコや動物は、
せっかく落ちててもなんかバックに余裕が無いときはスルー。
遠征で手に入っても、嵩張るから結局10円で売っちゃう。
使ったことがないから効果自体も今ひとつ分かってないままクリアー。

・・・
そんな感じだったのです。


本当に、ここんところが、「上手い人」と「下手クソ」を分ける基準だと思います。
 (勿論自分は下手くそサイドである)


こうやって振り返ってみると、
アイテムの中の要素の

・自己補助
・回復
・投擲
・状態異常
・・・
これらのウチ、「半分」くらいしか自分は活用できてなかった。


「半分のアイテム」を見過ごしていたも同然のまま、クリアできたということなのだから、

この辺もっとちゃんとしてれば、
このゲームはもっともっと楽に、適切に、速く、マラソンなんか必要なく、エレガントに、
クリアできたと思うんですよね。



(つまり、もっとちゃんと立ち回れば、全然マゾゲー作業ゲーにはならないんじゃないかと思えてくるんです)



・・・そういうことを考えていくと、
やっぱし観たいのは、他人様のプレイ動画です。


とにかく
上手い人のプレイが見てみたい。



自分が考えもしなかったようなキノコや動物の使い方をしてるような、スーパープレイを見てみたい。


やっぱ、ローグ系は、
「初見攻略」とかそういう実況よりは、
「縛り系」とか「スーパープレイ系」がみたいですよね。



このゲーム、本当面白いとおもってるんだけど、 
動画界隈を見てみる限りは、
そういう盛り上がりは全くないですね。


プレイ動画、全然ないです。

なんか、初見攻略系とかを地道に上げてる人とかは一応はいるようですが、
やっぱローグ系でそれやるのは、ちと違うかな・厳しいかなという感じがする。

それやって通用するのはよっぽどトークが面白い人、
その人がプレイすること自体に価値が出る大御所くらいでしょう。

(大体1つのゆっくり実況の奴見てみたけど、クリア済みっぽいデータでマスタリーとか装備とか極まってるキャラで)
(俺TUEEしてるだけだった そんな動画何が面白いんだよ)



で、やっぱ気になるのが、
このゲーム、どれくらいスピーディーにクリアできるのか?ということ。


新規アカウントで始めたとして、
★1のファイターから初めて、
一度も待合室に帰らずにクリアするなんてことは、可能なのだろうか? 不可能なのだろうか?


その辺気になります。


まぁ
純粋なローグライクじゃなくて、
自己の強化・アイテム掘りのようなハクスラ要素もあるゲームなんだから、
そんなに「素潜り感」というのに拘ることもないとは思うんだけど、

やっぱし、「開発のための素材マラソンがだりー」という批判をよく聞くゲームですから、

そんなに何度も待合室に戻ってちまちまマラソンや強化しなくても、
こんな風に上手く立ち回れば
落ちてるアイテムをフルに活用すれば、これくらいのスピードでバシッとクリア出来るようになってんだよ!!!


・・・と、背中で語ってくれるかのような、
そういうスーパープレイ動画が見てみたいというのが、自分の中で凄いあるのですね。


だからこそ、気になる。


このゲームの、
「待合室に戻らなきゃレベルアップできない」という仕様だけは、よく分からんのよな。


その場でレベルアップできるシステムなら、十分「素潜りクリア」もあり得た気がするんだけど。

それなのにこのゲーム、
強い装備を装備するためには、HPとかSTRとか、色々と「ステータスによる装備条件」がついているので、
レベルアップをせずに強い武器を持つことって不可能なんですよね。


だから例えば「レベル1の★1のファイターでラスボス撃破」ってのは、どう考えても無理だと思う。

じゃあ素潜りは無理だとしよう。

待合室に何度か戻ってくるのは必須だとしよう。

じゃあ、一体何回くらいまでに抑えることが可能なのだ? (何回よ?マジで 自分はそれが気になって仕方がない)


このゲームでRTAは無理なのか? そんなことはないよなぁ?


いやでも、
ウエポンマスタリーとか、ファイターのアンロックとか、全部アカウントに連動されてるから、
そういうのを最初からやり直すこともメンドイしなぁ?

そこはまぁ、多少ソーシャルな要素があるから、自分の履歴をリセットすることとか、無理なんだろうけど、


・・・なんかそれが勿体無いよなぁ。 


だって
自分がこのゲームで一番みたいのが、
上手い人による、スピーディーで、テクニカルで、素潜り的な、クリア動画なんだよ。

マスタリーとかも全部最初から初めて、
「どの武器のマスタリーを上げるべきか」から考えて立ち回るような、そんな動画。


そういう動画が一番面白いと思うんだが・・・?


どうしたらそれが見れるようになるだろうか・・・


例えば、
「こういう追加ダンジョン」があるだけでもいいと思うんだが?


・育てるのは★5のファイターをレベル1から

・ダンジョン中に任意のタイミングでレベルアップ可能

・マスタリーは全部最初からになる? (その代わり成長はしやすくする)

・そういうダンジョンに全裸持ち込みなしで乗り込んで、まぁ、40階を素潜りしてくる

・バルブ関係はそんなにややこしくしない
・てか階層を「戻れない」ようにする
 (そうしないとこのゲーム無限に経験値稼ぎ出来るし)

・シェルターは数個ランダムで落ちてるようにする (つまり休憩は可能)

・武器防具のドロップ率はこれ用に見直したものにする

・オンライン要素はこのダンジョンの場合はなくす
 (運ゲー過ぎる要素になるから)

・デカールの取得やリアルタイム貼り替えについては考え中



・・・だいたいこんな感じのダンジョン。
40素潜りがきつけりゃ、10階区切りとかで。


まぁそういう妄想。


このゲーム、色々とキャンペーンとか今もやってる訳ですが、
やっぱ、クリア後のプレイヤーを引きつけるには
全く別の派生ダンジョンみたいなのが必要だと思うんだけどなぁ~。


そんなに皆、変な部隊の装備集めとか、したいかなぁ?

あれも結局マラソンだし。

まぁ「引き伸ばし要素」としてそういうことになってるんだろうけど。

自分の言うような「素潜りダンジョン」用意するだけで、
全然やりごたえ違うと思うけどなぁ。


・・・ブツブツ

何の話をしてたかよく分からんけど、
まだまだいくらでも語れるとおもうぞこのゲーム。


例えば
キノコの英語名だけでも色々語れる気がする。


ケロタケは何故"ケロタケ"なのかとか。


カエルを潰すとガスを噴出するキノコになるって、
一見すると意味がわからないだろうけど、


ケロタケは英語ではfrongusっていうらしいです。 

これ、カエルのfrogと、
キノコのfungusと、
それにフロンガスをかけた、結構高度なダジャレだと思うんですよ。


こういうの、日本人のセンスじゃないと思うんだけど
誰が考えてるんだろうね、と。


だって明らかに英語のダジャレを基準にゲーム内のアイテムの効果を定めているんだから、
それってどういうこと? 日本人が作ってるゲームな気がしなくなってくるんだけど。

とか。


てかホント色々と上手く考えられてると思うんだよね。


例えば自分は
「カリフォルニアに所属してると抗争だらけで美味しい」って言ったけど、そうと限ったわけでもない。


カリフォルニアなんかに所属してると、毎回毎回ファイターが送り込まれて来てキツイし、
ログアウトしてる時にちょっとでも金とかスピリタスを持ってると、大抵襲撃されて待合室が炎上してる。
(地味に腹立つ 敗北感がすごい)

だから待合室にいるときは
装備買ったりデカール買ったりして、ギリギリまで金を持たないようにするようにしてた。

じゃあそれで対策できて全部問題なしかというと、
そういうことをしてると、普段の冒険をしているときに金をちょっとしか持ち歩けないってことに繋がるんだよね。

すると、ふいに逆噴射を見つけた時に、何も買えないってことになってくる。
 (デスメタル換金とかもしたくなってくる。 見事な心理誘導!)


じゃあ金をいっぱい貯めて
いざ逆噴射を探す旅に出ようとしたら、今度はまぁ、すぐに襲撃をかけられる。

(見事旅先で逆噴射を見つけられて金を使い切ってしまえばまぁ問題なしなんだけど、)
(まぁこれも人生そう上手くはいかない 見つからないで金だけ取られるということもある)
(良く出来てる)


だから案外、抗争が全く起きてないような過疎なチームに所属するのも
逆にアリなんじゃないかとか思うようにもなるんです。


・・・ほんと、「あちらを立てればこちらが立たず」が上手くできてるなぁと感心するんです。


他にも変な話。


自分がこのゲームをクリアした後、真っ先にしたことって何だか分かるでしょうか?


★5ファイター

自分は、クリアするのに使ってた★5のファイターを、真っ先に削除したのです。


意味わかるでしょうか。


こういうのがおもしろいところなのです。



何故そんなことをするのかというと、
自分のランクを下げるためなのですね。


持ってるファイターを★4までとするなら、ランクが40台になります。
(★5のファイターを一人でも抱えていると、ランクは60以上になってしまいます)



では何故ランクを下げたいのかというと、
これは防衛の成功率を上げたいからです。


クリアまでの間は、上で書いたとおり
「遠征マラソン」が重要だったワケですが、
クリアしてしまえば、もうそんなのどうでもいいのです。

どっちかというと、トロフィーの「100回防衛に成功」とかの方が気になってきます。


よって、なんとか防衛を成功させまくれる体制を固めておきたい。

そのためには、ランクが60以上になってるのはキツイのです。

それよりは、ランクを40台に下げた状態で、TDMランクも下げて、

全部★4のファイターで固めて、ソイツらに★3の良い目の装備を着せて ガッチガチに固めてた方が、
 (サーブルとか持たせられるぞ 防御力もこれで2000近くは上げれる)
同格の人に襲撃をかけられたときに勝てる可能性は、よっぽどあると睨んだのです。


勿論、そんな風に固めていても、★5のファイターに襲われたらあっさり全滅するんでしょうが、
そんなのは★5のファイター1人を持ってるだけの自分の状態ではどうにもならないのは
同じことです。


そこから★5のファイターを10人も育てる手間を考えたら、
いっそ今持ってる★5のファイター1人を処分して、自分のランクを下げてしまうほうが、
確実に「相対的に強くなれる」チャンスだと考えたのです。



★5のファイターを一人でも持ってる状態だと、抗争以外の時にはLV60くらいの、
当然★5のファイター持ちの人に (そしてそういうのはクリア後の装備の人だろう)
襲われる可能性があるけど、

★4のファイターが最高の状態にしておけば、抗争以外の時には
★4のファイター持ちの人にしか襲われないわけです。


(そしてそんな人はクリア後である可能性は低いだろうから、装備もそんなに凄くないはず)
(何故なら、自分のようにここまでのことを考えて、せっかく育てた★5ファイターを削除するなんてキチガイは少ないだろうから)



・・・こういう思考ね。


こういう変なことを延々と考えられるゲームって凄い好きですよ。


自分が相対的に強くなれるためだったらなんだってやってやるぜ!!って気分になれます。

100回防衛成功したいなぁ。


100回誘拐と100回防衛成功さえなんとかなれば、
このゲームも十分トロコン狙えると思うんだけど。


はい。大体そんな感じ。

変な話だけで終わってしまいましたが、
こういう話は割りと発作的に書ける。



難しいのは未だに書けてないトリコの感想文だ。

トリコをね
安易に褒めるのも、安易に貶すのも、簡単なんだよ。


今、トリコを安易に貶してるゲーマーが多いと思う (要出典)


自分はそういうのを全部潰していくような感想文を書きたいとは思ってるんだけど、
それ自体が「攻撃的な感想文」になってしまうので、 (そんなのはトリコに相応しくない)

だからあんまし書きたくなくなっている。


じゃあ、かといってハートフルな?

感動しました!
景色がきれいでした!
トリコが可愛かったです!

・・・
みたいな感想文を自分が書くかというと、当然そんなのは自分は絶対に書くわけがない できない。


やはり、ナウシカとの関連話をするのが無難なところか?とか思ってる。


そしてそれも難しくてなかなか書けない。 トリコの評価は難しい。


関連記事
[ 2017/04/01 12:00 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/04/01 22:41 ] [ 編集 ]
Re: レットイットダイについて
> freeter さん


> 有用な攻略情報は殆どまとめていただいておりますが、素手について1つだけ情報があります。ご存知かもしれませんが。
> 30F以降でも敵を炎上状態にさせて防具を破壊してからなら素手でも十分に削れますよ。
> この手段は時間制限がある襲撃では役に立ちませんが、相手のドロップ装備メインで攻略していく塔では有用かと思います。
> キルコインの節約目的でデスバーナーアイロンと体防具1つだけを装備して登ることが多い私が多用した手段です。


おおこれは分かってなかったです。
確かに自分が燃やされたときはあっという間に装備がぶっ壊れますからね
敵にも同じことが起きるのならそのとおりですね。


自分は炎武器全然活用できてなかったようです。せいぜいロングソードSが、なんかカッコいいから持ってるだけ。

アイロンは凄くいい武器みたいですね。何故か自分は全く開発できてませんでした。
どうも自分は武器を性能よりもかっこよさで選んでるっぽいです。

今見てみるとスクラッチで開発できるアイロンはデスバーナーまでは上げとくべきですね。



> ノウミソダケはグロッキー状態にさせてからゴアティカルの即死を狙えますので、襲撃や制限系クエスト時の避けられないヘイターに使えますよ。

多分自分は脳ミソダケを、チューバーに試しに投げてみたことがあって
「何も起こらねーじゃん」とか思ってしまったんだと思います。アホでした。
雑魚即死だと今のイベントの凄い強そうなナイトライダーズにも使えるかも。




> 自分もこれが残念でした。
> 公式サイト・チャンネルでローグライクゲーム・ダンジョンを謳うのであれば、素もぐりで1Fから40Fまで目指せる設定・調整をして欲しかったというのが本望です。
> クリア後に1Fから40Fまでの制限クエストが追加されるというタイミングを考えると、"従来のローグライク的な楽しみはクリア後に星5ファイターで挑戦してね"というこなんでしょうか。


まぁああいうクエストやればいいんでしょうが、
「報酬がデスメタル1個」とかいうのがショボすぎてあれはあれで挑戦する気にならないんですよねw
難易度と報酬のバランスはもっと考えてほしいです。



> 私としては100円で遊びがいのあるゲームを世に出してくれたことにただただ感謝してます。
> 30F以降で迷いに迷って(ラスボス撃破後に解放されるバルブのせいで)2時間以上待合室に戻れなくなって放浪してるときは「今サバイバルしてる!ローグライク楽しい!」と興奮したものです。
> にわかゲーマー故に今まで須田ゲーには手を出さなかったのですが、少しずつ過去の作品にも手を出していきたいですね。


「ここのバルブこっちからは閉まってるのかよ!戻るのめっちゃ大変!」
ってなったのもいい思い出ですね。

やっぱ苦労して装備ボロボロになってカタツムリもなくなっちゃって
「どうやって生き残ろう・・・」ってなってるときが一番楽しかったように思えます。



> さてそろそろDarkSoul3に取り掛からないといけないんですが、DDONでは錆び武器交換イベントが来てますね……。
> 過去に錆び武器云々のコメント投稿をしている身なのでイベント走らないと……とは思うのですが、DS3の誘惑は耐え難いですね。


錆武器は、まぁ、まずは50個集めるだけがいいですかね。 (配られた150と合わせて)
次の200からキッツいです。

あと、自分はやっと赤職の武器、
ウォリアーの異彩+2が出ました。 

+3じゃないけど、無課金としては、ここらで満足しておくべきかと思って
この武器を強化することにしたのですが、

★1を強化するのに研磨剤が1
★2から強化するのに研磨剤が1×2
★3から強化するのに研磨剤が2×3
★4から強化するのに・・・?

という感じで増えていってるのが分かるので、
多分、手持ちの研磨剤じゃ★4に行くのまだ無理だとわかりました。

そして★4にしないとガチャ武器にすら届かない性能です。


結局、研磨剤を十分集めておかないと錆武器でても意味ないなーということが分かってきました。

実際に強化しようとしてみてわかったことですが、
というわけでやっぱし錆武器もそんなに頑張ることではなかったかもですね。



クランダンジョンとかでもっと安定して研磨剤とか手に入るようになればいいんですが・・・

[ 2017/04/04 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -