ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  思考ログ1

思考ログ1


なんかコメント不可にすると物凄い開放感があって、
いくらでも、なんでも、書ける気がしてくる。 なんだこれ。

結局自分を縛り付けていたのは他者の反応(があるかないか気にすること)だったんじゃないかと。
嫌なコメントがついてたら嫌だなぁと思うからブログの編集画面を見に行けなくなる)
完全に断ってしまえばもう何も気にならない。 体が軽い

5月まではこの方針なので、今のうちに好き勝手なことを垂れ流しまくっておきます。
最近考えたことも膨大すぎて頭がおかしくなる。


思考ログ 垂れ流し


ネタ候補

◆自分の好きな話とは 小説とは 本とは

◆良いレゴ 悪いレゴ

◆電子レンジでパンをこんがり焼くやつについての怒り


◆人口論 VS 小国寡民 VS 8分の1計画
 人間が大勢いる真の意味とは

◆邪悪な動物とは? 邪悪とは独善とは?

汚職とは


◆トリコについて
◆沈黙について   未だ書けてない感想文


◆ダクソDLCについて 
 書いた

◆ソウルシリーズ全般について

◆もし自分がフロム社員なら
 書き中


◆将棋について
 競技というものについて

◆多様性について

◆自立 自給自足という概念について

◆攻殻について

 


・・・この辺が
自分が最近考え、ブログに書こうと思いつつ書いてなかったり、
メモを書いたは良いが投稿はできずに放置してたりする話題。

GWあたりまでにこれらの話題を消化できるだけしていこうと思ってたりする。


今回のメインは、電子レンジの話



 

思考ログ


◆電子レンジでパンをこんがり焼くやつについての怒り


なんかやってて、見ただけでムカツイてしまった発明について。


「電子レンジの中にパンを入れて加熱すると、
やたら暑くなるだけで、オーブンやトースターのようにこんがりとはならない」という事は誰でも知っていることだろう。


そこんところで、
この金属でパンをはさみながら電子レンジにぶち込むことで、
その金属が温まったことでパンをこんがりこがし、
電子レンジでもパンをこんがり焼けるようになる
、という発明が紹介されていた。

ベイクイット


自分はそれを見て、なんじゃそりゃ?と腹が立ってしまったという話。


自分が気になったの「効率」である。



電子レンジでその器具を使い、パンをこんがり焼くのと、
電子トースターでパンを焼き、こんがり焼くのとを比較してみよ。

どう考えても、トースターで焼いたほうが電気料金が安く済むはずである。
消費する資源・エネルギーが少なくて済んだはずである。

どうもこの発明をみてる人は、パン焼くのに時間がかかる点のみをネックだと思ってるようだが
そんな点どころではないのだ。


なぜあらゆる点で効率が悪いのか。


これは当然ながら、「その金属を加熱した分だけ」のエネルギーが無駄になっているのだから、
トースターで焼いたほうが何倍も効率が良いわけだ。
つまりそれだけ分のエネルギーが無駄に使用されたということ。
(勿論、電子レンジだけ所持していればいいという、ミニマリスト的な発想からは評価されるのだろうが)
(そんなにミニマリスト的なことを言いたいのなら、コメだけ食うとか、シリアルだけ食うとかまで極めればいいんだ)
(大体ミニマリストがこんな器具をつかって、朝イチイチ時間を余計にかけてパンを焼くということが馬鹿げている)


・・・
このような考えはどんどん加速する。


例えば、いまは 「オール電化オール電化」と有難がられているが、
そもそも それはそんなにいいことだろうか??


肝心なその電気を得るために、火力発電所で化石燃料を「既に」燃やしてきたワケだ。


① 燃料をもやし、

② その熱で水を温め、

③ 水を沸騰させ蒸気にし、

④ その圧力で蒸気タービンを回転させ、

⑤ それでダイナモ的に電気を生み出し、

⑥ その電気を送電し、

⑦ その電気で電子レンジを動かし、

⑧ コイルに電気を流して磁場を生み出し、

⑨ 特殊な金属内の極性をもった分子とやらを回転させ、

⑩ その分子の回転の摩擦により金属を温め、

⑪ その温まった金属を通して、ようやく、やっと、パンをこんがり焼く

⑫ パンおいしいねん



・・・
ということである。

まず普通の発想の持ち主でも、
「普通のトースターに比べて」、⑨⑩のプロセスが無駄だらけなのくらいは、一瞬で分かるだろう。


でも自分には、②~⑩までのプロセスの全てが無駄に感じられるのである。


つまり、間に「電気」をかませること自体が、無駄になってるはずなのだ。


「熱」は「熱」で利用すればいいだけの話だったはずだ。
そこを変換する際に絶対にロスが生まれる!


火でオーブンなりなんなりを焼き、それでパンを焼く。

その「直接的な一手」に比べて、このオール電化、
「しかも電子レンジでパンこんがり」とか抜かしているプロセスは、どれだけ無駄だらけか。


オール電化とか、
電気自動車をありがたがったりとかしてる人間のことが、自分は良くわからない。

(まぁ百歩譲って、オール電化が良いのは安全性だけであろう。 
 電気でプレートを温める方式は、エネルギー効率的には絶対に落ちる筈だ)


同じ資源で同じような結果を得ようとした場合、

火で直接パンを焼くのと

電子レンジでパンを焼くのと、

一体何倍の差が出るだろうか???
 

実はもう、同じことで100枚くらい焼けてたんじゃないだろうか?


電気自動車にしたって、
ガソリンで走る車と
石油で発電した電気で走る車、
同じ燃料あたり何Km走れるかの「倍率」をちゃんと提示すべきだと思う。
(家で充電するのなら火力発電所なんだから、そうなる)

そこんところを、「水しか排出しないクリーンな車です!」とかいう
問題を他所に押し付けただけのキレイゴトで宣伝しているから、胡散臭くなるんだ。



このようなムダを全て消滅させていけば、
人間は食べるパンなんかに困ったりはしないはずだ。
キリストもパンなんか増やしてんじゃねーぞボケがと。

そんなことしてる暇があったら、電子レンジでパンをこんがり焼こうとしてるやつを戒めろ!!!!

十戒+:人間はパンを電子レンジで温めてはならない


効率を考えないのは、七つの大罪よりも、罪深い。

(割りと誇張なしにこれを思ってる)
(効率を考えない人間はエネルギーを捨ててるのと同罪なわけで、)
(食べ物捨てたりエネルギー捨てたりするのがグラトニーより罪深いのは、ちょっと考えても分かるよね?)

食べ物を粗末にすると怒るくせに、エネルギーの無駄使いにはそんなに怒らない人間が多すぎる
(問題が見えやすい・見えづらいという差があるだけで、どちらも本質的には同じ罪なのに)


・・・という怒りである。


(こういう理由でオール電化に怒ってる人間というのは地球上に何人いるのだろう?)
(それが最終結論ではないにせよ、)
(マトモな脳の持ち主なら、そのようなことは人生で一度くらいは考えるべきである)

(オール電化をやめれば、同じエネルギー・資源で3倍はパンを焼けるということが分かるのだから)

((ここで出てきた「3倍」という数字は、火力発電の性能から、常識的にポンと産まれてくるべき数字である))


もっというならば、
人間がこうやってメシを焼いて食ってる行為も、
「変温動物が太陽光で日向ぼっこしている行為」から比べれば、何倍も不効率な、馬鹿げた行為なのだ。


だって、

化石燃料も、

それを燃やして電気にするのも、

それでパンを焼くのも、

元を正せば「全て太陽光の結果」である。 
(石油石炭は太古の動植物の死骸であるからして~)



つまりこうである。


① 太陽が照る

② 小麦が育つ

③ 小麦をパンにする

④ パンおいしいねん

⑤ パンを消化する

⑥ 炭水化物をグルコースに

⑦ グルコースをグリコーゲンに

⑧ グリコーゲンを燃やす

⑨ 「体温維持」とか、「脂肪」とかになる



(その「脂肪」も、いつかは燃やすか、体温維持に使われるわけで・・・)
結局は、すべて、「太陽光を体温維持に変換するための過程」である。


そうやって考えれば、変温動物が日向ぼっこしてる姿がどれほど理にかなっているか、分かるだろう。

一方、恒温動物が、体温維持のためにやたらメシを食いまくってる姿が、どれほど不効率で醜いか。



冷血動物以外に産まれてきて恥ずかしくないの?? (高橋邦子)


(まぁこれは誇張である)
(本質は「おにぎり」である)
(携行するエネルギー 備蓄できるエネルギー いざという時に取り出せるエネルギー志向、ということだ)
(生物はそういうものをありがたがりすぎてきた)



今回の話は、単に「ベイクイット」という商品にケチを付けているだけの話ではない。
それだけでは生産的ではない。

代替案はある。


せめて、我々ができることとしては、「太陽炉」をいたるところに設置することではないだろうか?
太陽炉で直接パンを焼くようになれば、どれほど効率的だろう。

(コンビニで配ってるお湯とか、全部太陽炉で温めるようにしたらどうか?とかそんなことを考えたりする)
(公園には全部、太陽炉でも設置しておいて、いつでもホームレスが白湯くらい飲めるようにしたらどうだ?、と)

(太陽光パネルなんかをありがたがってるんじゃないぞ、と)



物事の仕組みを理解し、
本質の理解を深めていけば、
腹を立てるポイントももっと変化していくであろう。


みんなあらゆることに怒れ。


そうすれば「電子レンジでのパン焼き器」にも、これくらい腹を立てることができるようになる。


そういう話。


◆賞賛ポルノ?

狭い世界のアイデンティティ

最近↑こういうのの醜さがよく分かる。 分かりすぎる。 自分でも。

だからなんかこう、感想すら書くのがはばかられるかもしれん?

勿論自分はべた褒めみたいなことはしない、はずなんだが。
(?? シンゴジラはべた褒めしてたかな? でもあれは本気の感想だぞ。)



こういうのに名前を付けるなら、まぁ「賞賛ポルノ」とかになるのかなぁと思った。
(他には「残酷ポルノ」とか「拷問ポルノ」とかいう言い方の奴とかあるし sawとか パッションとか)


で、こういうことすら、一種の「フリーライド」と言える筈。

二次創作もフリーライドなワケで。

賞賛ポルノもフリーライドなワケだ。



褒めまくることにより、神輿を担ぐことにより、その神輿自体の「ブーム」に一緒に「乗せてもらってる」という感じだろうか。

神輿をかついでいるフリをして、実はこっそり神輿にフリーライドしているワケだ。



この手のフリーライドで一番酷いのが、まぁ「岡田斗司夫」とかだろう。

けものフレンズを一話で切ったとか言っておいて、
あとから掌返して、ほめまくる。

シンゴジラを予告見て叩いておいて、
あとから掌返して、ほめまくる。

そうやって自分のブロマガに誘導するわけだ。


ああいう「掌返す」サイコパス野郎がまぁ、一番邪悪な奴だとして、
果たして自分はどうだろうか? みたいなことも考えてしまう。



こんなことを一瞬でも自覚してしまうと、
もう今までと同じようになんかの感想文とかすら書けなくなると思うんだが、
自分はダイジョブだろうか? そんなことを勝手に自分で心配してたりする。


で、一旦フードポルノの話。


自分はかつてフードポルノを叩いているし今でも同じように思っているが、
フードポルノに対する世間側の考え方が変わってきている。

まず店側の対応というのが根本から変わっている。
 (この辺は痴豚様の話の受け売りだが)


要はメシ屋で写真パシャパシャ撮る行為は、もはや迷惑行為扱いではなくて
宣伝効果があるんだから、店側としてももっとやってほしい。

むしろ「インセンティブ」を与える店すら出て来る始末だという。
(食事をしてその様子をツイートしてくれたお客様には、何割引きだとか)


そこまで考えるなら、
自分の勝手に考えている「感想ポルノ」というのも、まぁ結局は
宣伝になりうるんならいいんじゃねーの、みたいなことになってしまうんだろうか?

そんなことを考えた。

これは結論でない。


◆こないだの「探偵ナイトスクープ」が最高だったという話

おならの幽霊回

あれもまた「幽霊を信じる人間というのがどれくらい馬鹿か」というのが分かってしまう話。


自分は最初から、なんかの機械トラブルで音が出てるだけか、
または一種の音姫(トイレ用擬音装置)かなんかかとおもってたよ。

おならの音がする音姫ってなんだよ 本末転倒すぎるだろとは思ったが)


目の前で実際におならの音がして、その音声をマイクが捉えている。

この時点でもう、絶対になんらかの現象だと思った。


大体、TVが幽霊の音を完璧に捉えた映像なんて今までないでしょ?

それなのにこんなにハッキリとおならの幽霊の音が捉えられていて、それをオンエアされてるということは、

絶対に「オチ」がつくということも読めてしまった。



霊媒師さんが来てしまっているのもヤバすぎると思う。

おならの幽霊を除霊するバカバカしさ。 
立ち去るときにおならがまた出てるのに無視して終わったという、除霊行為のテキトーさ。

(あれで金とるのか除霊師は)

(そしてオチが分かることで、除霊という行為が如何に詐欺的なのかがバレてしまうと思うんだが、
 あの除霊師の人はよくオンエアOKしたなぁと思う)



とにかく、あのおなら幽霊回は傑作だと思う。

これを見せるだけで、幽霊を信じる人がどんなに馬鹿か。

なんでもかんでも除霊とかお祓いとか言いだす人がどんなに馬鹿か。

そしてそういう行為でメシを食っている人、
霊能力者がどんなに胡散臭い商売かということが、すべて一発で分かってしまう。


◆図書館 奨学金 ホームレス 勉強 研究 とは

そんな風に
自分がNHK以外の民法で唯一見てるのが「探偵ナイトスクープ」なワケだが、
そのあとぼけーっと付けてたら、岡山県に日本一の図書館があるとかなんとかやっていた。

見ていると本当に日本一の良施設らしい。

DVD見放題
映画のデジタル上映会とかもやってる
なんか、ここでずーっと過ごすだけで、本当に一日潰れないか?という気分になってきた。



で、自分が思ってしまったことは、
「岡山県に住んでいるホームレスって、ここに通うだけでもう相当楽しくないか?」
ということだった。


んで、そんなことを考えてしまった直後に
「いやいや、ホームレスって図書館に入れるのか? 入り浸ってて良いのか?」
という考えが頭によぎった。


どうなんだろうか?


普通の人なら「税金払ってないやつは税金で運営されている図書館には入るなよ!」みたいな認識で止まっているだろう。



だが、自分の「図書館の認識」は違う。



「図書館」の真の存在意義とはなんなのか。 自分は分かっているつもりである。


(この辺、自分が前に「勉強や教育の意味について」書いた回を抑えてれば大体おk)

(「図書館に新書を置くな!」と嘆いている作家さんもいる。
  だが彼は、図書館の意義をどこまで分かって言ってるのだろうか)


図書館の意義とは、まぁ、「保険」のようなもんである。


本を買えない程の貧しい子供がいたとする。

だがそんな子は、勉強さえできれば学者になれるほどの資質を秘めていたとする。
(てかそういう子は必ず一定数いるだろう)


そこんところで、「勉強が出来るのは金持ちの子供だけだ」と制限してしまうような社会だと、
その社会が産出できる学者の数を制限してしまうことになりかねない。


故に、「勉強は誰にでも最低限は出来るようにしておくべき」ということである。

「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」とかにもかかってくる。



故に、図書館というのはその本質として、「貧しい人にこそ」開かれるべき場所なワケだ。
 (そこんとこで税金払ってない奴云々いうのは、もう最初の理念からズレはじめて来ているわけだ)


図書館はホームレス問題を抱えているが、
やはり図書館とホームレスとは切っても切れない関係にあるのだろう。
それくらい密接な関係なのだ。

そんなことを思った。


「図書館のせいで新書が売れない」という発言は、その時点でなにかズレている。

「それを言ってしまう時点で、世も末」ということでもある。

本来そこを意識してはいけない部分だったはずだ。


本の売れ行きというものは図書館という施設「アリき」で考えるものであって、
「自分の本が売れないのは図書館がすぐに入荷してしまうからだ!」とか言い出すのは相当おかしいぞっと。

(勿論、これらは「前提」として、
 やるべきは「そっから先の」議論である。)

(本当に、どの程度新刊を入荷すべきなのか?)
(税金を使ってどの程度のエンタメ施設をやっていいのか?)
(そもそも図書館は「人気取り」「客寄せ」のような行為をする必要があるのか)
(TV番組で番宣みたいなことをしている岡山県の日本一の図書館のように、と)


◆奨学金問題

こういう考え方で、最近の奨学金問題もハッキリと理解出来るようになる、筈。

都会では、「奨学金返さないやつは借金踏み倒すやつとおなじだ!」みたいな不寛容論が増えている。 (要出典)


これも、自分の考えは違う。


大体は図書館に対する認識と同じで行けるだろう。


要は、
「金持ちしか上等の教育を受けられないような社会」と、

「能力のある人間はその能力の限りの教育を受けられるようにして、金はまぁ後で出世払いするようにすればいい」とする社会。

このどちらがマシか、このどちらがより発展するか、豊かになれるか、

というだけの話であって、
まぁ前者が話にならないくらい「中世」なのは誰でも分かるだろう。



だから真の問題は、

今は高等な教育を受けた筈の人(大卒)とかでも就職がなかったりするから、
そのせいで奨学金を払えなくなってしまう人が増えているということ。

「出世払い」ができないくらい社会がクソになってるのが問題。

それは、それ自体の問題であって、
そこんところを「奨学金返せなくなった奴は借金踏み倒した詐欺師」とか「奨学金みたいなシステム止めるべき」とか言う人は
流石に認識不足としか言えないという話。


これくらいのことはニートにも分かるくらい簡単な筈だと思うのだが、
最近、素で、こういう「不寛容な馬鹿」が増えてると思う。 そういう意見がネットに蔓延る。


(ちなみに自分自身は奨学金とかとは無縁の人間である)
(自分を擁護するためにこういうことを書いている訳ではない)
(自分は親にだけ負担をかけている)

(「研究とか勉強とはなんぞや」、ということを考えていれば、自然とこういう価値観に行き着くはずだ)


で、あらためて図書館に戻ってくるが、

「図書館のせいで本が売れない」というのも同じであって、

それは出版不況の問題であり、

「図書館のせいで出版不況になった」
「図書館は新書置くのやめろ」、とか思ったならそれは相当おかしい。


それはどれくらいおかしいかというと、

「奨学金で合格したやつのせいで代わりに俺が大学に落ちた!」
「奨学金やめろ」とかいうのと同じくらいおかしく、恥ずかしいのだ。



◆最近の痴豚様

先々週だかの 「ユーチューバーVS屋台のテキ屋」についての言及は本当に面白かった。


ちなみに
あの事件に対する自分の見解。


・あんなことしても屋台のバイトの人を困らせるだけ

・ああいう「自分って正義やろ?」感が、凄い嫌

・てか、あのユーチューバーの喋り方が嫌 なんなのあの喋り方

・・・
みたいな嫌悪感はある。

かといって、別に当たりくじを入れてない屋台を擁護するでもない。
 


でも、あんな行為をしたところで、
そして仮に、あのユーチューバーのやった行為が「スタンドアロンコンプレックス的に」広まったとして、
仮に仮に、皆が「屋台のくじで大人買いをして不正を暴く」とかが一大ムーブメントになったとして、

じゃあ実際、屋台のくじがちゃんと当たりを混ぜて正当なくじ屋になるかというとそんなワケがなくて、
そこは「マニュアル」が一個増えるだけだと思う。 (そもそも正当なクジ屋ってなんだ? 非営利か? 儲けないのか?)


その「マニュアル」とは
「当たりくじ常に一個隠し持っておいて、なんかメンドそーな奴が現れたら、そっとくじの中に混ぜろ」
程度のマニュアルだろう。

もしくは、「もう既に大当たりは出ました~」の一点張りだろう。


もしくはもしくは、そんな風に世知辛くなってきて
ガチガチになってきて儲からなくなると
みんなくじ屋事業から撤退するだけだ。 
 (それを望んでるのかもしれないが、「正当なクジ屋なんてものはない」ということでもある)



・・・故に、あのユーチューバーがやったことは

実際の目の前のバイトのにーちゃんを困らせた、晒し者にしたというだけのことであって、
何の役にも立たないし、何のエンターテイメントにもなってない。


痴豚様が提唱したように、
子役を使って一芝居うって、店の人が最終的に子供の方に同情してクジを止めるかどうかを観察する、
とかのほうがよっぽどエンターテイメントだと思う。


てか、自分としては、そっち方面でスタンドアロンコンプレックスが起きてほしいくらいだ。


◆レゴについて

最近の痴豚様でいえば、「レゴの話」は凄い気になった。


自分としてもああいうことは結構思う。


駄目なレゴの車

最近のレゴの、「全部そいつの形ごと作っちゃってるだけじゃん!」は駄目だと自分も思ってる。

専用パーツ否定派っていうか・・・)
(「これはポルシェにだけ使いまーす」みたいな感じの、一切切り離せなさそうなデカイパーツで構成されてる車とか、全くワクワクしない)



といってもこの基準は自分でもよく分からない。

自分は↓この、サメのちっこいレゴが死ぬほど好きだ。
サメのレゴ
サメレゴのツイッターアイコン作るくらい好きだ。
サメレゴのツイッターアイコン

オウムのちっこいレゴも死ぬほど好きだ。



でもこれも、ブロックでやらずに全部形づくってるだけ、といえばそうである。

「専用パーツはダメだ!」という価値観も分かるつもりだけど、
それでも自分はレゴのサメがすきなのだ・・・  (ちっこくて可愛いからいいのかね?)




積分系レゴ

そしてまた、こういう↑ なんか機械で計算・出力したかのような、
こまかいブロックをただ精密に並べまくって表現したようなレゴ
の良さも、自分は全く分からない。
(実際並べるときの労力はあるだろうが、それでも馬鹿みたいだ)


こういうの、「積分系レゴ」っていうらしいけど、糞ダサいと思う。
価値が分からない。 創造性ゼロじゃないのか?
こういうの否定する派閥ってないの? 積分系レゴ否定派。 もっと否定されるべき。


他にも、
マイクラでこういうの作って (しかもプログラムで出力して)
喜んだり褒めたりするのもさっぱり分からない。

わからない! 文化が違う!



自分はこういうレゴ、「邪道」だと思っちゃう。

(ドット絵で言うと、超巨大なドット絵を、イラストを減色して作ったりしてると、邪道だよなぁ?
 そんな感じ?)

(でもこういうこと言い過ぎると、逆に叩かれるんだよなぁ)
(痴豚様のあの意見に対しても、「今日の伊集院、何言ってるか全然わかんねー!」っていってる人いるし)

「全くこれだから最近のレゴは・・・」みたいな感じなので、老害っぽくもあるんだよなぁ)


レゴランドのカート

痴豚様はレゴランドの↑こういうカートのデザインにも文句付けてたけど、
多分、この車輪の周りとかの「ブロックを組み立ててる感」が一切ないデザインが気に食わないんだと思う。

ひとつなぎ感がだめ。

実際、「アーチ状のレゴパーツ」はあるんだから、せめて「そういうのを組み合わせて形作ったような感じ」さえ
出せればいいと思うんだが、そういう努力がないから、
「レゴブロックを組み合わせて車を作った感」が全く出ないんだと思う。

故に、レゴ感薄し、ワクワクしない、と。


・・・
勝手に思ってるんだけど、こういう価値観の違いって、

子供の頃、レゴで真剣に、
「自分で、ありあわせのブロックを組み合わせて、なんでも表現してやろう なんでも自分で作ってやろう」
・・・
という遊び方をしてこれた人間かどうか
で決まってくるんじゃないかと思う。


痴豚様もそういう遊び方をしてきただろうし、
自分もそういう遊び方をずっとしてきた。


買ってきたレゴは、
一通り遊んだら全部バラして一つの巨大な箱の中にぶち込んで、
そっからが本番だった。
その箱の中から使うべきパーツを自分で探し出してきて、自分で考え自分で組み立てて
好きな何かを作ろうとしていた。 それが一番おもしろかった。



だから、全部完成品の形で表現しきっちゃってるレゴに違和感を覚えるし、
組み立て方が決まってるレゴのキットにも魅力を感じないし、
細かいレゴで全部粒子状に表現するやり方にも納得出来ないんだと思う。

キットの設計図通りに組み立てて、それで完成だと思って満足するような子供は馬鹿だと思う。

子供の頃、真面目に、創造的に、自分で考えるレゴの遊び方をしてきた人間は、
積分系レゴ否定派とかになれるとおもってんだけど、
どうだろうか?


けもフレレゴ

例えば、
↑このようなレゴが、レゴとしては至高の表現だと思っちゃう。


・ありあわせ感
・最小単位感
・超フィットしてる感
・もはや、ここにはこのパーツしかなかっただろ!感
・・・



これこそが、設計図どおりにモノを組み立てる「エンジニアリング」という概念に対する、
「ブリコラージュ感」であり、それがレゴの真髄なのではないか???


(自分で言ってて物凄い悟ってしまった・・・)
レゴとはブリコラージュだったのだ・・・完全にこれだ)

(アスキーアートもこれかもね 文字フィット感とか、そういうこと)


こういうレゴ原理主義者とか、そういう価値観の信奉者とか、いるかね?


自分はそっち側の人間。


良いレゴ・・・悪いレゴ・・・
そんなの人の勝手? (カリン)


(でも、指摘されることで啓蒙される部分もあるはず)


関連記事
[ 2017/04/26 11:58 ] 駄文 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -