ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  けもフレパライヴ論

けもフレパライヴ論


「けもフレ騒動」について
なんか結構な長文を書こうとしてたんだけど、
ギリギリの所で踏みとどまることに成功した。

一日放置することで凄い冷静になれました。

「まぁ、騒ぐほどのことでもないか」
 ↑この精神大事。


ということで、そのかわりに、けもフレに関してずーっと書いてみたかったネタ文章を書く。







やーなむちほー

よく、↑こういうネタがある。

「けもフレ」「ブラッドボーン」をクロスオーバーさせたネタです。

何故よりによって「ブラボ」なのかというと、多分「獣の病」という設定があるからだろう。
 (案外、その「獣の病」ネタの一点突破だけなのではないかと思う)



でも ここで、
自分に言わせれば、ブラボ以上に けもフレと親和性が高いゲームがあるのです。



最も、けもフレに近いゲーム。 最も、けもフレと絡めやすいネタが多い(と思われる)ゲーム。


それが、パラサイト・イヴ2である。



というわけで、
「けものフレンズパラサイト・イヴ説」というネタです。


◆シャンバラちほー

パラサイト・イヴ2には、「シャンバラ」という、巨大なビオトープ施設のような場所がある。

そこでは様々な地球上の環境が再現されていて、そこに「ある種の生物」が飼われ、展示されているのだ。

これ、完全にジャパリパークじゃないですかっと。

パラサイト・イヴ2 シャンバラ


◆サバンナちほー または アフリカ単一起源説

けものフレンズは、サバンナからお話が始まる。


パライヴ2のシャンバラちほーも、なんと サバンナから始まるのである。

アフリカ起源



この事について、「けもフレは人類の進化の歴史を辿っている」とかいう考察がされていたように思う。

で、この説は、話が進むにつれて正しいのかどうなのか怪しくなっていったんだけど、
パライヴはそうではない。

明らかに、ちゃんと人類史を意識してサバンナから開始されているのです。
つまり、パライヴのほうがしっかりしているくらいなのではなかろうか。


◆フレンズ化と ANMC化

けもフレの「フレンズ化」というのを一応ざっくり説明すると、

野生の生物にサンドスターとかいうのが入ると、
人間と動物の中間っぽい「フレンズ」というモノに変化してしまう。
・・・
そんな設定だったように思う。


この辺、ブラボと絡める場合は、「獣化の病」「ヤーナムの血の医療」とかと引っ掛けているワケですが、

じゃあパライヴの場合は何に当たるのかというと、
「ANMC化」ですね。 (アンミックと読む)


アーティフィシャル・ネオ・ミトコンドリア・クリーチャー

前作の「NMC」、ネオ・ミトコンドリア・クリーチャーに対して、
人工的に作られたクリーチャーという訳です。


この、シャンバラにいるキチガイのようなモンスターが、みんな「元人間」。 
 (一応虫系のモンスターは違うんだけど)

しかも、その人口進化を「自ら」望んだ「志願者」だというのは、本当に強烈な設定でした。


「ゲーム中に出て来る化物が実は元人間」という設定なんて、本当に山ほどあると思うけど、)
(この、「自分で志願した」という一点だけでも、パライヴ2のANMCの設定のドギツサは突き抜けていると思うんです。 今でも)




ボーンサックラー系


赤ん坊のような姿をしていて、
餌となる生物を見つけると、自分の頭に血液を集中させて、頭蓋骨を爆発させて、獲物を倒す。
それで自分は死ぬけど、仲間が餌にありつければいい。
そんな、究極的な利他的行動を取れる。


・・・とかいう、完全に頭がおかしい敵クリーチャーの生態。
これに志願するってどういうことなの・・・。

本当に、デドスペのネクロモーフとかも裸足で逃げ出すほどのキチガイ設定だと思うんです。


◆すごーい知能


けものフレンズのフレンズ達は、「全員馬鹿」と言っても過言では無いほど、「全員馬鹿」でしたね。
このことについて、なにか理由付けはあるんでしょうか?
(まぁ、元動物だから、むしろ賢くなってるくらいだという解釈も出来るかもしれんけど)


で、パライヴの場合は
ANMCの知能に関して、しっかりとした設定があります。




ANMCは、
「下手に知能が高いと不幸になる」というので、わざと知能を落としているという設定があるのです。
これほんと哲学。


何も分からなくなって、快楽物質だけ供給されてる人生で良いんじゃないかと、
赤ん坊のような姿で、ずっとそうやって生きてりゃいいんじゃないかと、
世界中の金持ちがそれを望んだということになっています。

(だから自分はいつも、「快楽機械」について考える時、パライヴ2のベータジェネレーター君に思いを馳せてしまうんだ)



・・・
まぁそんな感じなので、
自分は
「敵が馬鹿であることにちゃんと理由があるゲーム」というのが大好きなのですね。
これもいつも言ってるけど。


・デモンズソウル
・ダークソウル
・SIREN
・・・


敵モブの行動が多少変でも、単純でも、ルーチンワークでも、
「ああ納得」ということですよ。



「馬鹿なことに理由がある」

すばらしい・・・


◆色んなフレンズ達

とまぁそんな感じで、
実際にパライヴ2のフレンズ達を紹介していこうかと思う。


・走るのが得意なフレンズ
チェイサー 由良先生


・泳ぐのが得意なフレンズ
泳ぐのが得意なフレンズ


・食べるのが大好きなフレンズ (博士と助手)
パラサイト・イヴ2 グラトン


・火を使えて、自分で"調理"が出来るフレンズ (博士歓喜)
火男

(ところで↑コイツは「るろうに剣心」に出てきた「火男」「般若」のミックスだと思ってる)
 (バーナー君、御庭番衆説
 (「火男」は誰でもわかるだろうけど、)
 (顔が壊れたところが「般若」の素顔にすごい似てるんです)
  バーナー


・カメレオンのように透明化できるフレンズ
透明化できるフレンズ


・擬態が出来るフレンズ
擬態が出来るフレンズ


・あと、バッテリーのフレンズもいます。 
これで3話のネタと絡めることもできますね。

バッテリーのフレンズ



・・・まぁざっとこんな感じ。


ところで自分としては、
パライブ2の敵モンスターというのは、「家畜人ヤプー」が根っこにあるんじゃないかと
勝手に思ってたりもするんです。


家畜人ヤプーの中で、ヤプー(日本人)は、
人間が使役するためのありとあらゆる形態に改造されているワケですが、
そのパターンというのが、非常にパライブ2に酷似しているような気がするんです。



家畜人ヤプーの、
・舌人形

・セッチン(人間便器)

・海中畜人(マリン・ヤプー)

・畜人(ヤップ・ホース)



パライブ2の、
・サックラー系エネミー

・ファッティー系エネミー

・ダイバー系エネミー

・チェイサー系エネミー

・・・
見事に一致してると思うんだよね。


自分は、パライヴ2の敵をデザインしてた人は、明らかに家畜人ヤプーを意識してると睨んでるんだけど、
これ、どうなんだろうか?

(偶然ですか? こじつけですか? 箇条書きマジックですか?)

(「マンアフターマン」とかもあるのかなぁ?)
(いやでもやっぱし、ヤプー志向だと思うんだよ)

(とにかく、「人体改造の極み」つったら、これですよ)


◆あとまぁミュージアム

けもフレの7話で、なんかクイズがやってましたね。

ミュージアム

あれ見てる時なんかも、自分はパライブ1の博物館を思い出してましたよ。
パライブ1の博物館でもクイズがあるんです。

だからなんだって感じだけど、まぁそんだけ。

無人と化した博物館の中で、自動の音声ガイダンスのクイズだけがやってるという・・・
(そういう全体の雰囲気に、似てるものを感じたのです)


・・・
以上、
そんな感じでした。


まぁこれくらいの類似性(無理やり)で、
自分は けもフレと パラサイト・イヴには繋がりがあると主張している訳です。


でも、ブラボよりかはよっぽど近いでしょう???


というわけでアイディアは提示した。
誰か、けもフレとパライヴを絡めたネタMADでも作ってくれ (他力本願)

関連記事
[ 2017/09/28 20:10 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)
けもフレは遅すぎて廃れてるし誰がやっても空気になったかと
未だに監督も決まってないんじゃ今騒いでたとしても公開時はエンドレスエイト状態ですよ
監督続投にしてもあの制作ペースじゃ何年先になるか
案外降ろされたのも全然進んでないからなんじゃないかと思いますが
どっちにしてももう終わってるコンテンツでしょう
[ 2017/10/01 09:45 ] [ 編集 ]
けもフレ騒動についての記事見たかったな。
[ 2017/10/01 18:24 ] [ 編集 ]
コメント返信

> 名無しさん

> けもフレ騒動についての記事見たかったな。


読みたかったですか。


では
一応どういうことを書こうとしていたかということを、
ここに 一発書きで垂れ流してみますよ。



けもフレ騒動について、自分の周りでも結構な人がいろんなことを言っていて、


で、その中で、たつき監督の リテラシーについて、「コンプライアンスがなってない!」みたいな感じで、
叩いている人がいたんですね。


自分はそれに関して、それはちょっと違うのではないか と思ったので、
そういう方面について、ちょっと語りたかったんです。


たつき監督が今回やった行為は、
内部情報の暴露かもしれない、機密保持に抵触するかもしれない。 本来やってはならんことだったかもしれない。



でも、本質はそういうことではない

結局のところ、自分はそのような暴露をすることにより、このような騒ぎを引き起こす、
それらすべてを覚悟の上でやったに違いない。

ならば、そういうことについて、今更コンプライアンスがどうのこうのという「作法」の話をしたってしょうがないじゃないか、という
そういうことを思ったのですね。




自分はいつだってそうですよ。

人を殺して、警察に捕まるか、一生逃げ続けるか、
どっちにしたって「覚悟」はしている筈だし、
その行為に至るためのどうしようもない感情はあったワケで、

じゃあ既にその行動を完了してしまった人に対して

「人を殺すのは良くないことですねー」なんていう作法の話を今更したって
なんにもならんではないかと、

そういうの分かった上で「ライン踏み越えてる」んだと、
自分はそういうふうに思うんです。



・・・
で、今の時代は結局、 このようにして

一個人が、ツイッターなどで爆弾発言をすることが出来る。

自分に不利なことが起こった際に、周りを道連れにして、
大騒ぎを引き起こすことが出来る。


この「構造」自体が、「望ましい」ことなのではないかと 自分は思うのです。



もしも、皆が「お作法」を守っていたらどうなるか?
もしもこのような個人発信が出来ない時代だったらどうなっていたか?


誰かが、会社の中で、組織の中で、閑職に追いやられる、飛ばされる、村八分にされる、いじめを受ける、

・・・そういう「嫌がらせ」が、

権力や上下関係を傘にきた圧力が、「通り放題」だった訳です。

それが昔のスタイルです。

弱い立場の人間は泣き寝入るしかなかった。



でも、それが変わったわけですね。


一人の人間が、自分に不服な人事が起こった際に、その不満をツイッターでぶちまける。暴露する。

それだけで、もう会社全体が大騒ぎになる。



今回はたつき監督自体がまぁ監督であるし、

ファン全体から監督自身が「コンテンツ」であるかのように愛されているからこその大騒動だったワケですが、


別にこのような例にも限らないはずです。


どっかの会社で嫌がらせを受ける。
どっかの会社で不当な人事を受ける。


今までなら泣き寝入りだったろうが、これからは、その会社の内部の不利な情報をツイッターにぶちまけて、
自爆テロをすることができる。 

どうせ首になるくらいならお前らの会社の暗部を全部さらけ出してやるぞ、ということになる。

それで逆に脅しをかけることもできる。


・・・

まぁつまり、これは「反逆」ですよ。



今までは、上司のいいなり。 上の方の、偉い人のいいなり。 角川のいいなり。

それで下の立場の人はそれに従うしかなかった。


でもこれからはそうとも限らない。

下の人間が「反逆」できる世界が来ている。


「反逆」っていうとあれだけど、
これはどう考えても、組織の透明性を上げることにも繋がってく筈。



とにかく、「意地悪な人間が減る」世界に向かわざるを得ない。




だから今回の話は

そういう「反逆」が出来る世界の成立を、 認めるのか、認めないのか、ということだと、自分は思ったのですね。




・・・だから、その上で、あらためて、 たつき監督のあの 暴露ツイートにたいして、

「リテラシーがなってない」
「コンプライアンスを守らない監督なんて駄目よね」
「大体、バス的なんか作ってるから怒られるんだろーが」


みたいなことを言ってる人は、自分の価値観とは違いますかね、みたいな話をする予定だったんです。

そういう予定でした。



あと それプラス、


『作品は誰のもの?』みたいな話も デカかったですね。



今回の件で、


「けもフレは角川がIPもってんだから角川の作品であって、
たつき監督のモノではない。 監督だからって作品を私物化してはならない」

みたいな意見がありました。



自分は実は、こういう意見は違うんじゃねーかと思うんですね。

かといって、真逆の、「作品は全部作った人のモノ」、というわけでもないんです。



これは、「語る人間の立場によって変化する事実」なんです。



そういう話についても、割りと同じくらいの文量書けると思いました。




大体この「作品は出資者のモノ!」みたいな意見というのは、

クリエイターだけが言っていいようなモンだと思うんですよね。


クリエイターの立場だからこそ、そういう意見を言えるのであって、


じゃあ出資者側が、「ワシが金だしてるから作品が出来るんじゃい」なんてーこと、言っちゃだめなんですね。

これは「お互い様」だと思ってるんです。



そこんところをお互いに

「ワシが作ってやってるのに」
「ワシがカネ出してやってるのに」

になったら、駄目ですね。


そうじゃなくて、

「スポンサー様がいるから私は作品を作れるんです」
「クリエイター様がいるから、作品が出来るんです」

と、お互いには認識していなければいけないんです。


この、「立場による認識の違い」を、 間違えてはいけないと思うわけです。 そういう話を、久米田先生がやってた筈です。

(だからこの話は、漫画を一ページ貼れば終わる話です)




で、「消費者の立場」としては、

「俺が見てやってるから作品がある」
「俺が買ってやってるから作品がある」

ということも、言ってはいけないことだということがわかるわけですね。


(じゃあ不買運動は、立場を勘違いしてるからやめろということかというと、
 これはこれでさっきの「反逆」にも繋がるような気がするので難しいですね という話)


結局、暴露や不買騒ぎによって、なんだかんだでいい方向に進んで行きそうな気がするからです。

(それがなければ、たつき監督が一人泣き寝入って、消費者が気がつく頃には、すべて手遅れだったかもしれんわけですから)




・・・みたいな、そういう話をしようと思えばいくらでも出来たんですが、やっぱ止めといたってことですね。

垂れ流しだけでもクソ長いですね。
[ 2017/10/10 11:19 ] [ 編集 ]
けものフレンズなど死んでしまえ、
と思う。

全滅してしまえ

地球から、けものフレンズなどというクソを無くしてしまえ。
さいっあくのシナリオです
[ 2017/10/18 19:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -