FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  また、最近思ってることリスト

また、最近思ってることリスト


馬鹿な文章を書き続けるのもやっぱり体力が要る。
そんでもう止めたくなっている。(最初からやるな)

多分今回も一週間くらいでやめると思う。


そしてこういうことをやってて、書きたいことのネタが尽きるかというとそんなこともまったくない。

ていうかこういうのをやる時、
今までは「書きたいことリスト」をまずはリストアップしてたんだけど
今回はそれすら忘れてた。

よってそれをやっていく。




大体なんでこういうことをやっているのか。


重要な話をした後に、いつもいつも、なんでこういう品性を疑われるような馬鹿話ばかりをして、
「記事を流して」しまうのかというと、

やはりそれが自分の性格だからとしか言いようがない。 てか流したい。



あと、やっぱどうでもいいコラムみたいなのが自分は好きなのだ。


最近ドハマリしたモノに、
panpanyaという漫画家さんのマンガがある。

INU
(アイコンを見れば分かる)

その人のマンガにも、いい感じの、どうでもいいエッセイ?が載っているのだ。


ああいうのを見ると、あてられてしまう。
ああ、こういう、どうでもいい事書きまくりたいなぁと思ってしまうのだ。

まずはこれが一つ。



 

前前前回の記事についての、一応報告。 中間報告。


あの記事でも言ったことだけど、 最終的に 「看板記事」みたいなのをいつか出そうとは思ってる。

で、それを書く前に、もう一回くらいクッション的に何か色々言っておくべきだと思った。
それがここである。


自分は、「5000円~」で、何でもやる、と書いた。
それにノッてくれる人はどれくらいいるか、というつもりで、あの記事を書いた。


そしたら、実際に「ノッてくれた人」が現れたわけである。



で、いきなり、一つが10万円の案件、
もう一つも、2万円の案件になりました。


自分は、あの記事でいった通り、
生活費のためにああいうことを言い出した訳です。


で、元々の自分の皮算用では、 一件5000円の依頼が、月に2個位の頻度で来て、
それで、月収1万。 年収10万くらい稼げればいいかと思っていたのです。



それが、もう、いきなり、有り難いことに、「一年分の儲け」を得られる算段がついてしまいました。
本当に有り難いことです。



つまり、今の自分の感触として、 この、
これからは看板を立てて、「何でも屋」として小遣いを稼いで生きていこう、という計画は、
なんだかんだでやっていけるのではないか? という手応えになってきているのです。



勿論、楽観視などできない。


今回依頼を投げてくれた人は、多分、自分に対して、何らかの「感じ」、

(それは、お情け?とか? 相当のよしみ?とか、 そういうの)

で、「最初だから」投げてくれただけなのだろうということだって、十分考えないといけない。


今はいきなり12万の皮算用だけど、
これが、コンスタントに、年収10万~20万にならないと、やはり困る。

もっと、ランダムな感じ。
全然知らないような人から、
全然親交のないような人から、

発作的 突発的な依頼が出るようになってこそ、「軌道に乗ってる」状態といえるのでしょう。





そのためには、色々とやっぱ考えたほうが良いよなぁと思うのです。


自分を安く売りすぎだ、という意見もありました。

「5000円~」という自分の料金設定は安すぎるのか?
だが、上げるのも難しい。


イラスト一枚5000円となると、結構妥当な気はする。
 (世の中には5万円で振られてブロックする人がいるらしいが 自分の金銭感覚で言えば、理解できない)

だが、3DCG一個5000円となると、確かに自分でも安売りしすぎなのかもしれないと思ったりする。



何を基準に考えようか?


すごいシンプルに、
「ニートの時給」みたいな感じでいいと思うのだ。


ニートの命、
ニートの時給なんてものは、時給500円くらいでいいと思う。 (もっと安い?)

んで、イラスト一枚に、最大かけるような時間は、たしかに10時間くらいなのかもしれん。
(そらイラストにもよろうが)


じゃあ3DCGはどうか?

自分の感覚として、
「二週間あればなんでも作れる!」という、自信があるのです。 実際、そういうのがなんかある。


カマキリ6種作ろうとして、めちゃ気合入れてて、実際かかった時間が、確かに「一ヶ月半」くらいだと思う。
6で割れば一体一週間だけど、
まぁ使い回しの部分もあるし、6で割るのもおかしい。 3で割れば二週間。


恐竜シリーズもそんなだったと思うし。


そして今作ってる、自分としてはめちゃ気合入れているつもりの 人体骨格
あれも、二週間くらいで、めどが付きそうだ。



二週間!

これが、自分が気合入れて作ろうとした場合、3DCGで「何でも作る!」のにかかる大体の時間、だと思う。


で、ニートの時給換算で、「二週間」で作ったモノの適正価格を考えてみる。

500円 * 8時間 * 14日 = 56000円 也


そうやって考えると、自分が作ったモデルの値段は、
オーダーメイドとして考えると、5万がまぁ十分なくらいな値段 な気がする。

(これは「十分すぎる」という評価である。 これ「マックス」でいいくらい、という話。
 自分が毎日、8時間気合入れて作業に取り組んでるかどうもあやしいし)




・・・そんな風なことを考えた場合、

(イラストなんかと違って、自然と気合を入れてしまうであろう)
3DCGの依頼に関しては、「5000円から~」のスタートは、キツイかなあ?という気もするのだ。


じゃあ料金設定を考え直すのか・・・? 難しい。
「一万円から~」などとするのか?


それもなぁ。
自分は、料金の設定はなるべくシンプルにしたいんだけどなぁ。



まぁ、依頼してくれる人が、この辺のことを分かってくれたら有り難いのだが、
そういうことも言ってられん。


勿論、こういう意見はあります。




どんな雑なモデルでも、このくらいでも、10万からスタートすべき、という意見もあるかもしれない。



でもやっぱ、自分は

てか、「自分なんかに依頼をしてくれる人」、というのは、

「このブログ経由で自分のことを知ってくれている人が依頼をしてくれている」

というパターンしか無いと思うので、 (自分は一切宣伝行為をしないと思うし)

やはり、全て、「友情価格」でやっていきたい、というのもあるのです。


(大体あの10万というのは、プロでの依頼の話だろうし)
(違う? MMDer間でもそうあるべきなの??)


・・・というわけで、こんだけダラダラ書いてて別に結論は出ないんだけど、
まぁ自分を売る値段考えるの難しいねということでした。


でもとにかく、一応、やっていけそうな感じはするのです。



少なくとも、自分は、「一年間分」、もう既に、 生きる糧を貰いました。

(ニートの一年やすっ)
(正確にはまだ受け取ってないんだけど、まぁ、今年一年はやっていけそうなのです。)


その報告でしたとさ。


で、こっから先。

最近の書きたいことリストを並べておきます。




◆最近やったゲーム

・INSIDE

・RAIN WORLD

・ライフイズストレンジ

この辺のゲームについて、語ろうと思えば語れる。


特にライフイズストレンジ。


「ライフイズストレンジが、サイレントヒル3にすごく似ている!」という、
まーたこじつけの箇条書きマジックみたいな記事を書きたいと思ってます。

これは書きたい。





◆自分の記憶が全く当てにならないと思ったこと。

ダークソウル2で、自分はノーデス指輪を獲るために攻略頑張った記憶はあるんだけど、
一方、ノー篝火指輪を獲った記憶がまったくなくなっていたのです。



「ダークソウル2のPS4版がフリープレイに来る」というデマがあったので、
しばらく、ダクソ2ハイスペ版でも、両手透明キャラ作りたいなぁとか、妄想してた時期があります。


そのさい、自分がダクソ2でノー篝火クリアをしたことが、全く思い出せなくて、ビビりました。


やった記憶がない。

どんなセオリーだったかも思い出せない。

そんなキャラ作ったっけ?
そんなやりこみやったっけ??



それで、
実際にPS3を久しぶりに起動して、ダクソ2を確認してみたら、
見事に右手武器を透明にする指輪をつけた、レベル80くらいのキャラが、エスロイエスにいました。


つまりやっていたのです。


ノー篝火クリアという、ゲームの攻略をやったというのに、
もう、たった3年くらい前のことで、 ここまで完全に頭のなかから抜け落ちるというのは、ヤバイと思った。



「3年」


自分の記憶は、短期記憶も長期記憶も、もうヤバイことになってるのではないか。


「3年」を基準にして、なんかもう昔の自分がやったこと、書いたことが、別人のことのようにしか思えない。

そういうのがある。

・・・
なんか書いてしまっている。

まぁ続ける。 書くたいことリスト



◆「逃げる」、ということについての、とある4コママンガについて延々と語れるなぁ、という話


◆「進化」とか、「淘汰」について、考え直せるなぁと、よく思う
 「変化できるものだけが生き残れるんだ」
 「深いなぁ~」

 みたいなCMがあったけど、自分はあれムカつくし、実は全然浅いと思うんだ。



◆未来人が現代人を殺しに来た、というプロットがあるので、その設定の話を延々と出来るなぁ、という事



◆ダークソウルに関する、「アプデ前」というネタ集を思いついた、という話。

 地獄のミサワと「アプデ前」という話題を組み合わせた、ネタ集を思いついたのだ
 ダークソウルのHDリマスター版が出る前に、これをやりたいような気がするし、できない気もする。



◆天国と地獄がなぜ存在しないかについて語ったワケですが、
 もっと他にも、 「幽霊が何故存在しないか」についてだって、自分は延々と語れると思ってるのだ。



◆ 前に「説教系主人公」ということについて語ろうかと思っていたわけだけど、
更にもう一個、 「これは次に来るんじゃないか」、というモノがある。
それが、

「押しかけ系悪友」という概念である。

「押しかけ系ヒロイン」ではないのである。 それは古いし、もうそういうのは流行らない。

次の時代は、これなんじゃないか? こういうのが求められるようになるんじゃないか?
ということについて、延々と語れるような気がしたのだ。





◆「ぼくらの」について、改めて語れる気がする。 (てか語ってない) (再評価したい)


◆「うみねこ」について、改めて語れる気がする。 (これも再評価)



何故この2つなのかというと、
なーんか、「覇弓封神演義」のせいだとおもう。

どちらも、微妙なアニメ化をして、フェードアウトしていってしまった作品だと思う。

再アニメ化、 (てかうみねこに関しては、解答編をちゃんとアニメ化してくれ!)
される機会を与えられてもいいくらいの、傑作だと思う。 もうちょっと評価してあげて。




◆「自給自足」とか、「自立」とかを、全否定する価値観の話

実はこれがかなりしたい
今やるなよ、って話なんだけど



◆邪悪な生態をしている動物リスト
◆真・七つの大罪

思いつき




◆「オタクの互助会」という言葉は凄く良いと思った。

なにかそういう、新しい、「楽さを追究するための生き方」を模索できないだろうか?
それは結婚とか同棲とかを、完全に越えられると思うのだ。




◆笑いについて

「笑い」とは何か?

笑いとは、感情とは、これもまた「関数」なのだ、ということについて語りたいと、ずーっと思っている。


これは書けば結構凄いことになると思っているのだけど、
しんどくて書けない。



・・・
大体、今パッと思いつくのでこんな感じかなぁ。



「最近、こういうことについて考えてる」
「こういうことについて語りたいんだ」
「いくらでもこの話題なら語れる」


そう思っていても、
本当に、それをそのまま全部書いていくことは中々できない。


思うのは簡単、でも、書くのは
すぐに疲れてしまう。


頭のなかで延々と考えている、ブログに書くべきネタ、
書く方が全く追いつかない。



そんで、書けないで放置している間に、

何を書こうとしていたのか忘れたり、
書こうとしていた熱意が無くなったりしてしまって、

永遠に書けなくなってしまうのである。



それがわかっているからこそ、
せめてこうやって箇条書きにして、
自分がどういうことを書こうと思っていたか、 そしてそれを結局書けないまま 忘却の彼方に捨てていったか、
という「ログ」くらいには残しておきたいのだ。

関連記事
[ 2018/02/20 19:54 ] 駄文 | TB(0) | CM(9)
ぼくらののアニメ(なるたるもですが)は微妙なクオリティにも関わらず、
設定のキャッチーさと音楽パワーだけで、なんやかんや高評価を受けてる気がします。
原作を読んだ人間にはなんとも複雑な気分です。
[ 2018/02/20 21:54 ] [ 編集 ]
凄いな。ニートさんの3Dモデルはプロと比べても
まったく遜色ないから然るべき場所で看板上げれば
顧客は付くと思ったんですが、
(たちまち5000円なんて馬鹿馬鹿しくなって値上げすると思ってました)
まさかここだけですぐにそんな話になるとは。
見る人は見てるもんですね。

ニートさんがおっしゃる通り時代が変わってきてるのかもしれません。
ちなみに私がゲーム会社に勤務してた頃、3Dモデルの外注は
一体当たり10万円くらいでした。
(上の個人的な独自ルートみたいだったけど雑魚キャラだと半分くらいかな)
(部外秘だったし私もあまり細かい数字まではわかりませんが)

あとはもうトラブルなく商談が成立するように祈ります。
相手がプロなら問題ないですが、素人同士だとどうしても
考え方が違ったりしてトラブルになりがちですから。

今はゲームデザインの段階なのでもう少しかかりますが、
状況次第では私も前言撤回してこちらから外注するかもしれません。
素人同士のトラブルは正直、懲りているので、
システムを利用しないと不安はあるのですが、
私としては作品クォリティを上げるため、ニートさんには
いずれ外注したいと思っているんです。

ご才能に相応しい対価はお支払いいたしますので
その時はどうかよろしくお願いいます。
[ 2018/02/21 08:35 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 灰田 曾太朗 さん


あ、「音楽パワー」わかります!


石川智晶、
アンインストール
バーミリオン、 (アンインストールよりこっちのが好きなくらいです)
ロストイノセント、
・・・
回路
日曜日の太陽

・・・
楽曲にはメチャクチャ恵まれてますよね。


「Little Bird」とか、
完全にジャベリン戦のための曲ですし。

ほんとに、ジャベリン戦だけで映画作ればいいくらいなのに。

[ 2018/02/21 22:34 ] [ 編集 ]
コメント返信
> もくず さん


> 状況次第では私も前言撤回してこちらから外注するかもしれません。
> ご才能に相応しい対価はお支払いいたしますので
> その時はどうかよろしくお願いいます。

それは本当ありがたいです!
まさにその時はこちらこそよろしくです!

[ 2018/02/21 22:38 ] [ 編集 ]
いろいろ好転しているようで
他人事ながら、嬉しく思います


自分は趣味で少しばかりメタセコ弄るようになって
ニートさんの3Dモデルやべぇ(小並感)
って思ってるので
ひょっとしたら、いつか取り引きしたいと思う時が
あるかも、、、?って感じです


少し差し出がましいというか、ある本の受け売りなのですが
漠然と、いろんな人をターゲットに商売するよりも
顧客に優先順位をつけたほうがいいそうです
かいつまんで言うと、嫌な顧客に浪費するよりも
気分良く取り引きできる顧客にエネルギー注いだほうが
いいって事みたいです


嫌な客を切れとか、そういう事ではないのですが
ふらっと来て唐突に注文つける人よりも
今そうやってすぐに依頼してくれるような方たちのほうを大事に考えて
商売されたほうがいい気がするのです


出すぎた意見かも知れないのでごめんなさい--;;;
何にしても、そうやってすぐに依頼がくるというのは
いい状態なのではないでしょうか
陰ながら応援しております
[ 2018/02/22 14:10 ] [ 編集 ]
コメント返信
> folder さん


> ひょっとしたら、いつか取り引きしたいと思う時が
> あるかも、、、?って感じです

そのときはよろしくです。


てか、別に依頼は3dcgに限らないんですけどね。
自分が作れるものならなんでも良いのです。


といっても、例えば折り紙の依頼とかならキツそうだなぁ。
自分の場合、天啓が降りてこないと折り紙思いつかないから。
すっごい不安定になりそう。



> 少し差し出がましいというか、ある本の受け売りなのですが
> 漠然と、いろんな人をターゲットに商売するよりも
> 顧客に優先順位をつけたほうがいいそうです
> かいつまんで言うと、嫌な顧客に浪費するよりも
> 気分良く取り引きできる顧客にエネルギー注いだほうが
> いいって事みたいです


一応はわかりますが、
まぁ選べる立場でもないよなぁ、とも思います。

そもそも選べるほどに依頼が来るのかどうかと。


まぁ、今年分はもう十分な依頼が来たと言えるので、良いのですが。
[ 2018/02/23 09:33 ] [ 編集 ]
なるほど、ニートさんの作れそうなものなら
何でもいいのですね
まあ、自分は今収入ないですし
趣味レベルなので、期待はしないで下さい- -;


自分も、折り紙の創作は
「作った」というよりは「できた」って事が多いですね^ ^;
というか、最近は全然紙いじってないですけど・・・


ところで、ニートさんは、蛇腹系の作品は
あまり好きではない感じですか?
見たところ、蛇腹的な構造が入ってる作品は
ほとんど無いかな~と思ったので・・・
[ 2018/02/23 14:17 ] [ 編集 ]
コメント返信
> folder さん
>
> ところで、ニートさんは、蛇腹系の作品は
> あまり好きではない感じですか?
> 見たところ、蛇腹的な構造が入ってる作品は
> ほとんど無いかな~と思ったので・・・


確かに蛇腹系は全然やってませんね。

自分のは22.5度系ばっかですね。

何故やらないのでしょうね。


なんかこう、例えば蛇腹系で虫を作ろうとするとします。

すると、やっぱし蛇腹系の宿命として、 「足の根元」に行けば行くほど、紙が厚くなるところが、あると思うんです。
(この点、22.5度系なら、どんなに折り込もうが、足の厚みは、足全体で一様になることが、分かると思います)

この辺が、自分が蛇腹系が好きくない理由じゃないかなぁと思ってるんです。



あと、蛇腹系は、準備が大変そうw

紙を何分割して作るか?

どういう配分にするか?

そういうのを事前に全部計画してから、紙に折り目を入れて、詰めていくようなイメージがあります。


自分は、22.5度系で、テキトーやりながら考えているので、
やっぱ全然スタイルが違うんじゃないかなぁという感じがあるんですね。



・・・でもまぁ色々言ってるけど、
単に食わず嫌いとか、やらないから学ばない、やらないから知らない、知らないから極められない、
やらないから作れない
・・・
・・・とか、
そういうことなのだと思います。


本当は、蛇腹と22.5の両方の混合だって、考えられる筈なのですしね。

虫で言えば、胴体部分は蛇腹系で、手足の部分は22.5度系でやれば、
さっきの問題は解決するわけですし。


つまりは
本当は何事もいっぺんやってみるなんでしょうね。

[ 2018/02/25 12:17 ] [ 編集 ]
なるほど~
確かに蛇腹のカドって、何か野暮ったい感じしますね
工夫しないと用紙効率も悪いし
ニートさんらしいと言えば、らしい気がします


返信どうもでした^ ^;
だから何だ、って事はないんですけど
折り紙好きとして、ちょっと気になってたので・・・
自分的には、ニートさんの
蛇腹的な構造を入れた作品を
いつか見てみたいな~と思ってます
(ガチガチの蛇腹でも、22.5度系との混合でも)
[ 2018/02/25 19:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -