FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲーアイディアor理想のゲーム >  ゲームの「絵面」に対する審美眼

ゲームの「絵面」に対する審美眼


あと思ったこと。 (長くなったので分けました)

そうしてタブレットPCを手に入れ、触ってみた機会に、
appストアとかでゲームを探してみたんだけど、

ほんと、ゴミみたいなゲームしかないですね。 どうなってるんですかこの状況は。

(こういう、愚痴みたいなしょうもない話が延々と続きます)


(あと、ゲームに対する審美眼の話)
 (↑通常の意味とは全然違うイメージの話 グラフィックセンス全体の話だから)




 

自分はなんか、 漠然と、
こういうタブレットで、「ディアブロ」みたいなハクスラが出来たら、やれたら、
そしたら人生どツボでドハマリで泥沼になるんじゃないか?
 と思ってたんですよ。


だから、appストアで 「ハクスラ」とか「ローグライク」とかで検索してみたけど、 (勿論英語でも)
ゴミみたいなのしか無いじゃないですか。 


なんで、「ああいう」ゲームしか、無いんだろうね。

なんで、売れてるアプリって、ああいう「見た目」の奴しかないんだろうね。
(自分に言わせりゃ、ああいうのは全部ゲームモドキなんだけど)


なんで、売れてるスマホゲーって、どれもこれも、
ああいう、けばけばしい色彩感覚のモノばかりなんだろう??

アメリカ人の食う菓子みたい。


アイコンみかける時点で
「つまらなそう・・・」って思ってしまう。



本当に。


タブレットの、あのくらいの画面で、 ディアブロ1くらいの画面のゲームが出来たら、
本当にヤバイと思うんだけど、なんで誰も作らないんだろう。


それでみんな、
しょぼいディフェンスゲームとか、
しょぼいパズルゲームとか、
しょぼいカードゲームとか、
しょぼい運ゲーとか、
しょぼい放置ゲーとか、ばっかしてるんでしょ?


Age of Empiresも知らなかったような人間が、
 しょぼい戦略シミュレーションゲームとかをスマホでやって、それで面白いと思ってるんでしょ?)


(処理的な問題は大したこと無いはずだよ)
(ディアブロ1がどれくらいのスペックで動いたと思ってるのか)


あと、どんどん言いたいことがズレていくんだけど、
なんで「ゲームの画面」というのはどんどんダサくなっていくんだろうね。




ディアブロ1は、こういう画面だった。

ディアブロ1

ディアブロ1


(ほんと、タブレットでこういうゲームが出来たら、どツボだと思わない?)
(延々とやってしまうよ)
(これくらいの画面でいいんだよ)


これが、ディアブロ2でこうなり、

ディアブロ2

(まぁ2はそんな悪くないんだよ)
(この草原のチョイスは自分が悪い)


で、ディアブロ3ではこんなんになってしまいました。

ディアブロ3


これで、自分はもう興味を失ったのです。 


(ディアブロ3は自分一応持ってるけど、全然やってない)


「ゲーム性」とかの問題ではない!)
(「ディアブロ3だって、中毒性あるよ、面白いよ!ビルド楽しいよ!」とかいう問題ではない!)


(絵面、色彩、グラの全体のセンスが、どんどんケバく、ガキっぽくなるにつれ、
 どうしても「こんなのディアブロじゃない!」という思いが抜けないのです)

(てか、ゲーム部分にしても、◯ボタンで武器振ったら、)
斧の正面から衝撃波が出て攻撃するような触感になってて、なんじゃそりゃ!?って思ったのが)
(自分のディアブロ3の第一印象でしたよ)



それにしても、この「緑」の使い方ってなんなんだろうね?


センスのないゲーム、センスのない洋ゲーって、かならず、この「緑」の使い方をする、気がする。

(これも誰かが言ってた気がする。 この、「緑」と「赤」の使い方ってなんなんだろ、ほんと やめて)

(「トーチライト」とかやる気にならんのもそう、 ほんと、なんで洋ゲーはハクスラ作ろうとしたらああいう色味にするの)
(あんなケバケバしい、いかにも「ガキ向け」みたいな絵面のゲーム、やりたくない)
(仮にいくらゲーム性が面白かろうが、絵面が駄目なら、全部駄目です

(自分に言わせりゃ、lolとかですら、これ)
(あぁまた、ああいう色使いだらけの、ケバいゲーム・・・、ってなる)


今思えば、
ディアブロは、1が一番すごかった。 本当に。



これは思い出補正などではない。
(それにしてもこういう話って、ゴジラの「VSシリーズ至上主義」の時の話にも似通ってくるなぁ)


画面の暗さ、 SE、 雰囲気作り・・・


特に、本当に、本当に、SEが秀逸だった。 (これ前にも言った気がする)


ポーションが空中にくるくる回転して、地面にポチャっと落ちるSE。

バックラーが空中にくるくる回転して、地面に落ちるSE。

剣が空中にくるくる回転して、地面に落ちるSE、

指輪が・・・

アミュレットが・・・

お金が・・・




というかこの、
「乾いた空気の中で音が響いていく感じ」を表現しているような
そんな風に録音された音源、環境音、
これが本当に凄い。 いつ聞いてもディアブロ1の効果音はいい・・・・。



ディアブロ1の、SE周り、雰囲気、これが一番突き抜けていたから、未だにディアブロ1が最強なんですよ!!!







こういうメチャクチャなTA動画見るにせよ、それだけでも、
ディアブロ1のSE、BGM、環境音が一番秀逸なことがよく分かる。


ゲームのSEってほんと重要。




ゲームって、放っておくと、どんどんカジュアルに、大衆向けになってしまう。

そんで、尖ってた部分や、どぎつい部分、 シロウトお断りな部分が、どんどん優しくなっていってしまう。
結局「良さ」が失われてくのだ。

そんなところもあるかもしれん。



ソウルシリーズで言えば、
シリーズ恒例の毒沼マップとか、
これについて考えるだけでも、わかりやすい。


デモンズソウルの「腐れ谷」

ダークソウル1の「病み村」

ダクソ2の「クズ底」

ダクソ3の「ファランの城塞」



どんどんヌルく、
どんどん明るく
どんどん毒が弱く、
どんどん死にづらく、
・・・
ついにファランに至っては、落下死の要素すら、なくなりましたね。



結局、デモンズの腐れ谷が、

一番おぞましく、 (壁にびっしりダニのグラフィック)
一番気色悪く、 (ナメクジの大群)
一番毒も過酷で、
一番死にやすく、 (巨大腐敗人) (落下死)

そして結局、 一番おもしろくて、一番達成感があったんですよ!!!


(一番雰囲気もよく、一番没入感があった)
(そして、一番おぞましい筈なのに、どこか、一番腐れ谷が心が癒やされるようなところも、無かっただろうか?)


・・・
こういうこと。
こういうこと。


勿論、このような考えをこじらせすぎて、

逆に、難しくしまくりゃいいんだろ?
気色悪くしまくりゃいいんだろ?
ってやりすぎたら、 そら過ぎたるは及ばざるが如し、だろうけど、
まぁ、言いたいことは分かるよね。


ディアブロの1が持っていた、 あの「雰囲気のパワー」
それが一番の魅力だったのだということ。


そういうことをちゃんと心から理解して、
本当に雰囲気の良いハクスラの新作を作ろうとする人が、なぜ、どこにもいないのか???

(ExanimaとかEITRに、期待)



「進化じゃない」とコメントしている人と、握手。


つくづく思う。

ゲームをリマスター・リメイクするのにしたってそう。


「画面の良さ」
「絵面の良さ」 そういうことに対する審美眼というのが、育ってない人が多すぎるのではないか?

どうも、
画質の良さ」しか、分からんらしい。


そして、そういう人間がゲーム作ったりリマスターしたりするから、碌でもないことになるんじゃないか?


自分は、ワンダリメイク、やってません。


これもまた、動画をみて、なんか、画面全体が「悪く」なってるように思えたからです。


第三の巨像 劣化

あと巨像のモデルもかっこ悪くなってるように見えたし、
ワンダのモーションも、単なるモーキャプに見えました、

ワンダは、オール手付けモーションで作っていて、
それで「宮崎走り」とかするから、それが魅力なんじゃないかと。





外国人のコメントみてると、安心しました。

自分と同じようなことを、彼らは気づけています。
PS2版のほうがグラフィックが良かった、と。
リメイクで悪くなってる、と。 

PS4版は、埃、煙が足りないって言ってます。 そのとおりです。
(「色奉行」って記事で、こういう話もしたなぁ)



でも、日本人で、ワンダリメイクに文句つけてる人って、全然見かけませんよね。

自分はそれが凄くおかしいと思う。



DMCの新しいリマスターのコレクションも、碌なことになってないらしいです。





「画質」は良くなってるように見えても、

それ以外の 色味、「空気遠近感」とか、そういうトータルでの「実在感」とかが劣化しているということに、
気づきもしないでリマスターの作業をしてる輩が、多すぎるのではないでしょうか???


DMCコレクション
DMCコレクション



そして、DMCもまた、
1の雰囲気作りが一番秀逸だった、
1の環境音やBGMが一番良かった、
1が最も悪魔的で魅力的だった・・・

という点で、ディアブロと通じるモノがありますね。


なんでこうなるのか?
正しく監督できるセンスの人間が外れると、ゲーム制作の現場というのは
そんなに簡単に変化するのか?
自主的なセンスで、良いものを作れないのか?という疑問がある。

(もちろん、DMC3だって神ゲーですよ)
(ゲーム面では)

(でも自分が今回言いたいのは、 雰囲気とか画面作りのセンスが培われない、引き継がれない、という問題の話)




FF10オリジナル
FF10リマスター

これで、「良くなった」と思えるセンスの人間がいるのが、ヤバイ。



サイレントヒルHD

これで、「良くなった」と思えるセンスの人間がいるのが、ヤバイ。
(どちらがホラーゲームとして適切だと思いますか?)


ワンダリメイク

これで、「良くなった」と思えるセンスの人間がいるのが、ヤバイ。
(どちらに巨大感があると思いますか?)


全部共通してる。

空気感が失せてる。
実在感が失せてる。
薄っぺらくなってる。

画質はよくなっても、CGであることが丸わかりの絵面になってる。
・・・
・・・
前のが良かった。



業界全体、 そして、プレイヤー全体の 審美眼というのが、もうちっとマシになってくれることを本当に期待します。

正しくリテイクを出せるようになってくれ、現場が。


関連記事
ワンダは足されたディティール自体も変に野暮ったくて、別文化の様式に見えます。
潰れていた物を復元したんじゃなくて、解らなかった部分を適当にでっち上げた感じ。
碌に設定画も確認していないのでは?
雰囲気が魅力のゲームで、まるっきり雰囲気の違うリマスターにGOを出す意味はあるのか。

文中でPS2版とPS3版がごっちゃで扱われてますが、そこでの変化はどう思いますでしょうか?
[ 2018/03/25 03:04 ] [ 編集 ]
なんでPS2の時に出来てた被写界深度とかモーションブラーとかってリマスターだと軒並み消えるんだろうな。何でもかんでも綺麗にしちゃえば済むって話でもないだろうに
やっぱ製作陣とリマスター班だとその辺の考え違うのかね
一番理解できないのは、そういうゲームの空気感を構成してるものが消えても気にしないどころか、むしろ消えた事を喜んでるプレイヤーが居るって事だよ。国内国外問わず。今はぱっと見綺麗ならそれでいいのかなぁと
ただDMCHDに関しては1と3をS埋めする程度しか遊んでないけど、まぁ大したバグも無いみたいでそこは評価できると思う。いつだったかカプコンはカリーナのグラップルの仕様が変わりましたとかほざいてたけど、今回はしっかり原作と同じ仕様になってたし
長々と書いてすんません。でも最後に一つだけ
結局はリマスター版じゃなくて原作遊ぶのが一番良いんだろうね
[ 2018/03/25 20:39 ] [ 編集 ]
正直現場や業界の人間を責めるのは酷だしお角違いだと思う
現場は単純にユーザーが(正確に言うなら多数派のユーザーが)喜ぶものを作ってるだけだから

この手のリマスター版作っても全く売れず、誰からも評価されてないのに淡々と自己満足で作ってるなら、それ商売としてどうなの?って感じで責めるのもまだ分かるけど
実際にはこの手のリマスター版作れば売れるし評価されるからね

どこまで行っても責められるとしたら自分たち側、ユーザー側だけだと思う
[ 2018/03/26 01:55 ] [ 編集 ]
第3の巨像、軽くショックです…^^;
素人目に見ても
遠近感とかリアリティが損なわれてるのが
何となくわかります


以前はスペック不足を
如何にプラスにするか、だったのが
今はスペック過多を如何に抑えるか
って感じなんですかねぇ


メタルギアは
機器のスペック不足で
戦闘を表現できないから
逆に戦闘を避けるスタイルになったと
聞きますね


リソース過多だと
わびさび?とかそういう感性を
見失いがちなのかも
ゲームに限った事ではないですけど
[ 2018/03/28 01:00 ] [ 編集 ]
変愚 is best graphic
[ 2018/03/29 00:12 ] [ 編集 ]
コメント返信



> 灰田 さん


> 文中でPS2版とPS3版がごっちゃで扱われてますが、そこでの変化はどう思いますでしょうか?

PS3版のリマスターは、PS4版のリメイクと違って、
これに関しては画質以外の変化は無いと思うのですよね。
一応、アス比は変わってるでしょうが。

多分、ネット上の動画で見る限り区別つかないレベルじゃないかと。
だからごっちゃに扱ってますね。

まぁ、その単なるリマスターすら ちゃんとやれてない下請けがあるわけですが・・・


自分は、PS3版のリマスターのときは、ワンダリマスター買いましたし、やりましたよ。
トカゲと木の実を全部集めて、そこで燃え尽きましたね。 やっぱやること自体は変わってなかったですからねw

(フレームレートが上がって第三の巨像のTAの難易度が上がりまくってる とかの変化はあるらしいですが)


そのへんがPS4版のリメイクでどうなっているのかとかは、気になりますね。



> タケノコ さん

> 一番理解できないのは、そういうゲームの空気感を構成してるものが消えても気にしないどころか、むしろ消えた事を喜んでるプレイヤーが居るって事だよ。


本当にそう思います。

割りと解せないのが、普段どうでもいいことでネガキャンとか
ありもしないでっち上げとかをやる、ゲハブログ?とかですら、

「ワンダと巨像のリメイクのグラフィックすげwww」みたいなことしか言わないことですね。

提灯記事しか書かない。

こういうときくらい、ネガティブなことをちゃんと言えばいいのにと、むしろ思います。

そうすりゃ、ああいうとこの影響力だって、少しはいい方向に活かせるかもしれないのに。



> folder さん

>メタルギアは機器のスペック不足で戦闘を表現できないから逆に戦闘を避けるスタイルになったと聞きますね

ハードの限界から逆転の発想で生まれた表現ですね。

それが、最終的に、敵兵が賢すぎるから、目が良すぎるから
馬鹿にしよう、敵兵の目を悪くしよう、とか、制限するようになる。

確かにどこかでおかしなことが起こってくるのかもしれませぬ。



> 名無し さん

> 正直現場や業界の人間を責めるのは酷だしお角違いだと思う


「酷」、「お門違い」? なのですかねぇ。


もちろん、単なる下請けの仕事、
とりあえず別ハードで動けばいい、ってだけの仕事だと思ってやってるのかもしれませんけど。


でもやっぱり、外注だからって、
ゲーム作りに関わっている以上、少しは何かのセンスを見せてほしいし、
発注する側も、何かのこだわりや、リテイクをバンバンしていってほしいのですよね。



勿論こういうリマスターリメイク作品が売れることで、

genDESIGNとかにお金が入る。
上田文人さんの知名度が上がる。

そういうことにも意味はあるでしょうけど。


トリコがそんなバカ売れしたわけでもないだろう中で、
genDESIGNは、とにかく開発に時間かけますからね。

そんなこんなで潰れてしまっては元も子もない。

だから、こういう「お小遣い稼ぎ」は重要なのかもしれません。


でもやっぱ、
物凄いこだわり、雰囲気の作り込みで評価を得てきたブランドなのですから、
その歴史的作品のリメイクなのですから、

こういう中途半端なのが透けて見えるような作品となると、やっぱ自分は買いたくない、やりたくない、って思っちゃうんですよね。



> どこまで行っても責められるとしたら自分たち側、ユーザー側だけだと思う

そしてまぁそういう考え方もありますね。


例えばお色気で釣ってるような深夜アニメしか円盤が売れないとする。
だから、お色気で釣ってるような深夜アニメばかり増える、みたいな悪循環ですか。


ユーザー側がこれを変えるには、
良いものを買う、
悪いものは買わない、 これだけですかね。


まぁ自分としては「発信」もしていきたいと思うので、それでこういう文章になるんですね。
[ 2018/03/30 15:03 ] [ 編集 ]
>でもやっぱり、外注だからって、
>ゲーム作りに関わっている以上、少しは何かのセンスを見せてほしいし、
>発注する側も、何かのこだわりや、リテイクをバンバンしていってほしいのですよね。

ゲーム作り、というか仕事への理想が高すぎるんじゃないかな。
デザイナーにしても下請けにしても、彼らはみんな賃金のために仕事をしているのだから。
ましてやリマスターなんて商売は典型的なパンのための労働なんだからあまり手間を掛けていたら本末転倒になってしまう。(既に指摘されている事を復唱してるだけかな、これは)

僕は別にニートさんの意見が間違っていると言いたい訳じゃなくて(この記事には全面的に同意出来る)、
多分ニートさんは商業主義に対する嫌悪が強いと思う。
つまり無分別であるというか、折り合いを付けてもいい所に拘るというか、そういう物を他の記事を見ても感じる。
別に悪い考え方ではないけどね。
[ 2018/03/31 07:21 ] [ 編集 ]
あ、ホントだ
ワンダなんか分かりやすいや
ワークッキリハッキリ見えて綺麗☆
でも雰囲気台無し
[ 2018/03/31 21:56 ] [ 編集 ]
ディアブロも、ドラクエでもメトロイドでも、シリーズが進むにつれ
居心地のいい寂寥感みたいなものは失われていますね。なんでだろう。
[ 2018/04/02 23:26 ] [ 編集 ]
コメント返信
> イル さん

> ディアブロも、ドラクエでもメトロイドでも、シリーズが進むにつれ
> 居心地のいい寂寥感みたいなものは失われていますね。なんでだろう。

これはなんでなんでしょうね。

ディアブロ1は確かに今見ると「走る」機能すらありませんでした。
そのせいで町をうろつくのは結構キツイものがあるのですが
ダンジョン内だとその遅さがあんま気にならないのですよね。
だから結構ダンジョン内に浸ってる感じがあります。
アイテム一個一個とかお金を拾う一つ一つの地道な動作が楽しかったりします。
お金が自動取得になったり、
ダンジョン内でも走れたり
壺が自動で壊れたり
・・・
そういう便利さで追加された機能が、没入感を潰してるのかもしれません。

[ 2018/04/08 10:30 ] [ 編集 ]
いやー、ワンダに関してはよく比較として並べている画像を目にしてたのですが

本気でリメイク前の方がいい絵に見えるんですよね。特に巨像の比較スクショに関しては。
え?こっちの方が表現力高いやん?ってなるんですよ。まあ静止画だからってのもあるんでしょうけど
イラストや絵本の決めの一枚に対しリメイクの方は生データ感がすごい。と言うか、セット、舞台っぽいというか。
言っては何ですが中〜遠距離でもくっきり見えすぎて空気感が欠落してるんですよね。
リメイク前にあった空気感、距離感、スケール感を殺している。

言うなればあのもやと白飛ばし全開の絵面は当時のハード的な制約の中での「ごまかし」技法であった事は
確かでしょうけど、それを絵画的な雰囲気にまで昇華させていたんですよね。モネとかターナーみたいな。
ぶっちゃけゲーム史に残る「雰囲気ゲー」の最右翼なんだからそこ汲まないでどうするって感じではありました。
白い鳩とか補正をかけすぎているせいで光ってるくらいだったので特にシンボル的になってるとかもあったんですが
普通になってるとか。
仮定の話ですが同じようにICOをリメイクしたらヨルダも光ってない(白飛ばししていない)でしょうな。
[ 2018/04/25 03:52 ] [ 編集 ]
コメント返信
> リューサン さん


> イラストや絵本の決めの一枚に対しリメイクの方は生データ感がすごい。

生データ感分かります。
CGのビューワーで、モデルをを見てるような感覚になっちゃいかんのですよね。




> 言うなればあのもやと白飛ばし全開の絵面は当時のハード的な制約の中での「ごまかし」技法であった事は
> 確かでしょうけど、それを絵画的な雰囲気にまで昇華させていたんですよね。モネとかターナーみたいな。
> ぶっちゃけゲーム史に残る「雰囲気ゲー」の最右翼なんだからそこ汲まないでどうするって感じではありました。

静岡1にも言えますね。

静岡1の霧と闇は、
PS1時代に、広大な街をそれもリアルタイム3Dで駆け回るために生まれた苦肉の策ですね。



> 白い鳩とか補正をかけすぎているせいで光ってるくらいだったので特にシンボル的になってるとかもあったんですが
> 普通になってるとか。
> 仮定の話ですが同じようにICOをリメイクしたらヨルダも光ってない(白飛ばししていない)でしょうな。

ICOのなんかの本を持っているんですが、
背景を担当していた人が、
上田さんに「もっと白で飛ばして!」って言われまくって困っていたようですね。


白で飛ばしまくる。

多分、普通のデザイナーの人なら避けたいとこなんでしょうね。

(でも、更に、ワンダの場合、空を急に見上げると、物凄い強烈なグローが乗って、眩しさで目がくらむ演出があります)
(そしてそのあと徐々に目がなれてくるという表現さえやっています)
 (これもそのあと色んなゲームにパクられました)


こういう「眩しさの表現」というのも
白で飛ばす思い切りから生まれたんじゃないかなぁと。

まぶしいものはまぶしいんだから#FFFFFF以上なんだよ!って感じでしょうか



ダークソウル1も、黒で飛ばしまくっているところがあります。
でもそういうのは、シリーズを重ねるに連れどんどん弱まっていきましたね。

ダクソ1だけが独特の高コントラストの色調を持っていると思います。

「ダーク」ソウルなんだからもっと暗くていいと思うんですけどね。



(逆に映画とかで高コントラスト・黒で飛ばしまくりとかやられると不自然な映像になって嫌なので、勝手なこと言ってますが)
[ 2018/04/27 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -