FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  ジョジョ5部アニメについて

ジョジョ5部アニメについて

  
自分の絵って全体貼ったら下手くそなのバレるから
顔アップだけ貼ったらいいんじゃないかとか思ったりした。 (無駄)
パープルヘイズ


ジョジョ5部アニメ化決定
多分今のところ「今年の一番めでたいニュース」だと思うので
なんか書きたい気がする。

けど、今は何も書きたくないような気もする。本当に文章かくの面倒くさい。
(でも一度書き始めると止まらなくなる)


色々作業をしている筈なのに何も書きたくない。
この絵もあっちゅうまに描いたけど、別にどうでもいい。
今はそんな感じ。


でも自分は5部が一番好きなジョジョだとか過去に言ってなかっただろうか?
それとも2部だっけ? まぁそんななので、やっぱこれについて語らないというのはありえない気がする。
よってなんかだべっていく。


ジョジョ5部は戦闘が本当に面白い。一番面白いと思う。
「戦闘が面白い漫画」のジョジョの中で一番面白いので、そりゃぁもう面白い。
だから期待してくれ(お前が描いたのかよみたいなテンションで褒める)
そればっかずっと何度も言ってる気がする。
だからもういいや。


見たいシーン
・ズッケェロ拷問 のダンス
・敵か!敵か!敵か!
・こっちこっちおあああー
・早送りされるナランチャ


言い方が気になるシーン
・誰のだってぇー
 (このセリフ大好きなので)
・あんたの名前公衆トイレ?
 (声でバレるだろうが、という話)
  (でも2部でも同じような問題はあったはず)
   (痛メツケテヤル)


分かってること
・蛇はパンを食うのか? まぁ食うんだろうな
・ポルポは指を食うのか? まぁ食うんだろな
・このド低脳がぁー まぁこの腐れ脳みそなんだろうな


テンポについて

1部は全44話

2部は全69話

3部は全152話

4部は全174話

5部は全154話


1部+2部113話を26話でやって、物凄いテンポだった 4.34
 (1部はダイジェストすぎたかもしれんが)

3部152話を48話でやって、ダレ気味の部分があった 3.16

4部174話を39話でやって、まぁちょうど良かった 4.46
(作画力が3部のときよりかなり落ちていたが)


・・・ということから考えた場合、
まぁ今回も3クールでちょうどいいのではないか?
(原作4話をアニメで1話、というのが良いテンポっぽい)


ジョジョのアニメは、今のところ2部が一番良かったと思っている。
多分、「ジョジョをアニメでしか知らない人」からの評価も、そうなっていると思う。(独自研究)


3部アニメが面白いとしたら、
それは実は、玄田哲章とかねるねるねるねの人とか、上院議員の怪演が面白かっただけなんじゃないかという
そんな気がしないでもない。

実際、「ジャスティス戦」だの、「ストレングス」だの、「ダークブルームーン」だの・・・
3部の序盤のスタンドバトルには、
「なんだその勝ち方?」てのがすごく多い。雑。 

それでも、エンヤ婆が出てるだけでアニメのジャスティス戦は面白かったような気がしたので、やっぱこれは「声の力」だ。


でもよく考えてみると「声の力」が一番すごかったのは1部なんだよね。
一部はとにかく熱い。暑い。


というわけで各部アニメの「魅力」「強み」というのを考えた場合、こういうことになる
(スゴイ、超スゴイとかで6角形でやったほうがよかったか?)

1部 テンポ+声の力
2部 テンポ+戦闘の面白さ (あと地味に二部アニメはBGMも好きだ)
3部 声の力+作画力 -ダレ
4部 



今の処、
4部アニメが一番中途半端であるような気もする。 
(6角形を作ると、一番面積が小さかろう)
(ま、まぁ作品全体に漂うオシャレ感?みたいなのが魅力か)

多分、アニメでしかジョジョを知らない、という人の評価であれば
4部は今の処一番インパクトに欠ける。 多分外人の評価もそうなってる(独自研究)


じゃあ5部はどうなるかというと、
とにかく戦闘の面白さは保障済みである。 マジで5部の戦闘はいい。


そうなってくると、自分としては「作画力」が気になるのだ。
5部の戦闘の面白さを底上げするためには、それが必要。


何億回も言ってるけど、5部の戦闘はただ面白い、ただ過酷なだけではなく、
空間感、スピード感がある。 

戦闘のシチュエーションが、「常に移動しているような状況」が多い。

走ってるケーブルカーの中での戦闘、
船の上での戦闘、
走ってるトラックの上での戦闘、
走ってる列車の中での戦闘、
走ってる車の中での戦闘、
更には、飛行している飛行機の中での戦闘!
・・・


「3部でもそういうのはあっただろ」って思うかもしれんが、)
(やはり同じ「飛行機の中での戦闘」にしたって、 
 3部のクワガタ戦と、5部のノトーリアス戦では、「実際に読んでる時に感じるダイナミックさ」が段違いだというのがわかるだろう)
(5部はそういうのが凄い)
(マジで自分は初めてホワイトアルバム戦読んでたとき、「寒いような感覚」があったのを覚えてる。それくらい夢中になった)



5部のこの、ダイナミックな戦闘感、
ここのところをちゃんと映像化できれば、「ジョジョ5部アニメが最強!」ということもありえる。

この辺、
「サーレー戦」の絵面が、しょーもないか、しょーもなくないか が分かれ道な気がする。

サーレーが石をバラまいて登っていって、先回りをするシーン、
あれの、「空間感」。
それを見たい。


そういうので言えば、4部アニメの「ジャンケン小僧」は本当にガッカリだった。

あの、「ジャンケン小僧回」の面白さというのは、
しょうもないジャンケン勝負というのを、
まるで3部のラストバトルとかドラゴンボールの戦闘であるかのように 物凄いジャンプ、空間移動のなかでやってるという事。

ただそこに付き申す。


それなのに、あれの映像化で背景動画を頑張らなきゃ、
本当に「単にしょうもないジャンケンをしているだけの図」になってしまうじゃないか。
で、そうなってた。 ガッカリ。

てか、
気合を入れるどころか、4部アニメでは明らかにこのジャンケン小僧回を「捨て回」にしていた。 作画的に捨てていた。

それはダメでしょーがと思ったものです。

「そんなこと言ったってスケジュール的に、労力的に無理です」
というのなら、
最初から完全にエピソードごと捨てて、あとでOVAの特典にでもしてれば良かったんだ。
(岸辺露伴のOVAとか作ってるんだから)


でアニメの「作画力」を憂うのはまぁここまでにして、
じゃあ次は「声」でも憂うかというと、それはもういいや。

自分的には「5部ゲー」に思い入れがそこそこあるので、
ジョルノの声は朴璐美がいいとか、そういうことも言おうと思えば言えるけど、まぁいいや。

5部ゲーの存在が最近どんどんでかくなっているのは、
やはりこの動画ミーム汚染がひどいというのもある気がする。
名シーンが事前に全部崩壊するのでもうヤバいと思う。



あとはまぁ「ローリング・ストーンズ」をやるのかやらないのか。
これをOVAにして特典にするならちょうどいいね。
(恥知らずも・・・無理か)



もう一個思ったこと。
キング・クリムゾンを特殊OPで表現しようとしたら、タダのスキップにしかならない気がするんだけど、
そこんところをどう処理してくるんだろう?


・・・
今の所、5部アニメで気になってることはこれくらい。
とにかくめでたい。

関連記事
[ 2018/06/23 11:24 ] 駄文 | TB(0) | CM(5)
来ましたねー第5部
自分も嬉しいです
第4部はASBと声優変えて来たので5部はどうなるかが今のところ気になります(多分ウルジャンCMと同じでしょうが)(冗談じゃねえぜッ!俺は「4」って数字が大嫌いなんだ!「4月号」なんて絶対に見ねえぜッ!」)
浪川ジョルノも朴璐美ジョルノも好きですけどね
まあ普通に考えれば浪川さんでしょうけどGERの無駄無駄は朴璐美がやってくれたら最高ですね
とりあえず5部アニメ化おめでとうって感じです
[ 2018/06/24 22:36 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 崩しモナ さん


> 多分ウルジャンCMと同じでしょうが

なるほどウルジャンCMがありましたね、
と思って調べてみたらジョルノぜんぜん喋ってない!
やっぱ内部的には検討中なんですかね。


> 浪川ジョルノも朴璐美ジョルノも好きですけどね
> まあ普通に考えれば浪川さんでしょうけどGERの無駄無駄は朴璐美がやってくれたら最高ですね

無駄無駄ラッシュはホント5部ゲーのが耳にフィットしてますからね。
GERはGERしか喋らないのでGERだけ朴璐美さんってのはいいですね。
[ 2018/06/25 19:39 ] [ 編集 ]
>自分的には「5部ゲー」に思い入れがそこそこあるので、
これ良かったらちょっと語ってもらいたいです。
各所で駄作呼ばわりされてますけど、結構凝ってるゲームだと思うんですよね。
[ 2018/06/26 23:33 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しさん

> これ良かったらちょっと語ってもらいたいです。
> 各所で駄作呼ばわりされてますけど、結構凝ってるゲームだと思うんですよね。


いや、それほど語るほどのことは出来ないと思いますスイマセン。


駄作ではないと思いますよ。
(過去に自分がどう言ったかの保障は出来ませんが)


自分的には、「トゥーンレンダ」というのを最初に意識したゲームになるかと思います。
まぁ実際は、トゥーンというよりか押し出しポリゴンで輪郭出してるんだと思いますが、
それでも当時は「こういうのができるようになってきたのかー」と思ったもんです。

当時ジャンプでも特集くまれてたと思うし、
やっぱそういう中で、何にワクワクしながらそういう特集を読んでいたかというと、
「漫画のような映像をゲームでやれるようになった」というところだったと思います。


「ブチャラティが来る」のシーンがどうなるのか、
そういうのだけで特集組まれてた気がします。


「あの漫画のシーンがゲーム上だとこうなるのかー」という点。
今見たらしょぼく思えるかもしれないけど、当時はあれが最新技術だったしスゲーと思ったはずなのです。


だから当時としては
「そういうイベントシーンを見れる」というだけで自分の中では価値があったと思うのです。


「色んなイベントシーンがある」
というのをなんとなくゲームの作り込みの中にカウントしない人がいるかと思いますが、
この作品に関しては、そういうのをちゃんと作っているというのは
かなりデカいと思います。

(いやだからこそ、戦闘よりイベントが多いこと、そして紙芝居部分も多いことをガッカリした人もいるのかな、とは思いますが)



あと作り込みというか、
「この敵との戦闘をちゃんとゲームにするのかー」というのが多いですよね。

普通なら諦めそうな奴をちゃんとゲームの中に落とし込んでいる。

(そういう意味では、クラフトワーク戦とかもやりたかったような気はしますが、)
(まぁ流石に難しかったですかね。 ミスタ操作でやるとして、普通に撃つと全部攻撃止めてくる敵、というのはゲーム的に厳しいか)



あとどうしても自分的に「思い入れ」がデカイというのは、
やっぱ「声」の事なのかな、と思います。
こっちのゲームで声のイメージが固定されてしまっている名台詞がかなりありますからねw



あと普通に敵が強かったというのも思い出にはなりますね。
セッコがすげー強かった気がします。


まぁそんな感じです。
語れるっちゃ語れるけど記事にするのは無理かな、くらいですかね

[ 2018/07/04 11:38 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます。
>自分的には、「トゥーンレンダ」というのを最初に意識したゲームになるかと思います。
そういえばこの頃そんな時代ですね。ときメモ3が果敢に挑戦したけど下膨れでひでーとか、風タクがディズニーを動かしてるみたいでスゲーとか。
発売日順に見比べると見事に進化が一目瞭然で面白いです。
そして声は本当に思いますね。声優の一致もさる事ながら、演技指導が凄くちゃんとしてます。
その点で現行アニメは「そのセリフそんなサラッと読んじゃうの?」みたいのが結構あるんですよね。

ちなみに僕はこのゲーム、ラッシュをした時「ダダダダダダダダダッ」って機関銃みたいにヒットする所が好きでした。
ASBの当たり判定がシャーっと通り過ぎるラッシュより原作に近い感じします。
[ 2018/07/05 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -