FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  キンクリについて小一時間くらい語り続ける

キンクリについて小一時間くらい語り続ける

 
垂れ流し文章。

キング・クリムゾン風キング・クリムゾン



なんか、キング・クリムゾンについて、ぐだぐだと 当たり前のことを延々と、語り続けたい欲求がある。
(わかりきったことをクドクドと・・・)




なんでかと言うとまぁ、
5部アニメでついにキング・クリムゾンが出てきて、

まぁ初見の人は能力が意味不明で全く理解できなかったり、
あとは初見じゃないにしても、混乱している人がいたり、ツッコミ入れてる人がいたり、


キンクリの解釈漫画

御本人解説


そんで↑こういう画像が貼られたりして、
みんな、あーだこーだ、キング・クリムゾンについて語ってる。


みんながキンクリの話をしている、今はそういう時代である。凄い時代になったもんである



そういうのを見てると、自分もキング・クリムゾンについて、今更ながら、色々語りたくなってくるのである。


てか、↑この解説画像にしたって、一応突っ込むことはできる。 そうじゃないだろうと。



まぁそんな感じで、とにかくキング・クリムゾンについて延々と語りたい。ありゃそういうスタンドだ。
脳内ラジオのような感じで。

ラジオの書き起こし文章みたいなもんだと思ってほしい。
(てにをはがめちゃくちゃなのは)
(つまり口述筆記くらいテキトーな文章です)




・能力の解釈
・どういう方向から理解しようとしたらいいか?

・キンクリを難解にしてる4つの問題

・ボスは、どう補強すれば、もっと強くなれたか?
・逆に、キンクリに相対する場合、どうするのが一番有効的な対処法か?


などなど



あと当然だけどネタバレ注意!!
原作読んでないアニメ組の人は読まないように。




キング・クリムゾンについて思ってることをメタクソに書きなぐる



・一種の集団催眠


でまぁキンクリの解釈。


自分なりの、一番わかりやすいキンクリの解釈は、

自分以外の人間を数秒「無意識にするに等しい」みたいなのがあるかと思う。
勿論正確にはそういうワケでもないんだが、ある種、そういうことだと思ってる。



自分が、キンクリに関する説明文の中で、一番詩的で美しいと思ってる部分がここ↓である。
「読んでいた本もどこまで読んだのか覚えていない」

これ。

キンクリ喰らった側の感覚はこういう感じなのである。



でも、「この感覚」というのは、実際に現実世界でもよくあるものだと思う。

例えば、寝床で本を読んでいる時なんかに、かなり感じる感覚なのではないだろうか?


昔自分は通学するとき、電車乗りながら本読んでたことがあったが、
その頃なんかは、めちゃくちゃこの感覚によく陥った。

あれ、どこまで読んでたっけ?と

今、目の前に広げている本なのに、どこまで読んだかわかんなくなってるのだ。



この辺が、自分がキンクリ大好きなところの一つだったりする。

本をボケーっと読んでて、うつらうつらしてて、どこまで読んだかよくわかんなくなる感覚になったとき
「今キンクリ喰らった!」って思うようにしてる。



まぁそんな感じで、

キンクリは、
全ての人間を、「数秒間ぼけーっと自動行動させる」みたいな風にも言えると思う。

キンクリ発動したら世界中で交通事故起きるだろみたいな意見があるが)
(多分それなりに自動運転なのだと思ってる)
ナランチャがチョコを食べたりできる程度には、やろうとしてたことをそのままやる)
 (ただし、ボスを狙って攻撃しようとしてた場合、ボスはそれを避けまくれるわけである)


相手は、ボスを狙って攻撃し続けているつもりでも、ボスはそっから離れることができる。
気づいたときには、ボスは回り込んでいて、後ろに立ってたりする。 そっから不意打ちをいくらでもかませられるわけだ。




「ディアボロの大冒険」で、キンクリを使った時、
ボスの分身みたいなのが数ターン出現して、敵はその分身を、馬鹿みたいに殴り続けるようになる。
その間、ボスは自由に敵をボコせるわけである。


別に時間を消し飛ばしてはいないし
ほとんど「身代わりの杖」みたいなもんなんだが、 かなり本質的に、正しく、キンクリをゲームに落とし込んだ表現だと思っている。




つまり
キンクリを一番簡単に理解しようとするとき、

「時間を吹き飛ばす」とか
「時間をなかったことにする」とか、
「時間を飛び越えることができる」とか、

そういう説明をされているから、妙に難しそうで身構えてしまうけど、

一旦時間のことは忘れて、

数秒間「ボーっと、自動運転みたいな行動をさせられる」ってな解釈をしたほうが、効果がわかりやすいのではないかと思ったりする。


それプラス、
キンクリ発動中で消し飛ばされた時間中は「ボスは物理無効」 てな感じで、大体いいのではないかと思う。


これがまずキンクリ入門編。


その上で、
キンクリにはやっぱり よくわからん描写が実際あって、
発動原理が、なんかシーンごとにまちまちなように見えて、 それで読者がさらに混乱するのである。

あと「エピタフ」も絡むから。



・暗殺対策特化

もう一個、 自分なりのキンクリの解釈方法がある。

これは、 「暗殺対策特化」みたいな感じである。



ここで「エピタフ」について考えていく。



例えば、 DIOのザ・ワールドは、 最強のスタンドだろうか? 本当に?



実際問題、劇中で、 DIOはポルナレフに 脳みそを突き刺されて、不意打ちを食らっていたシーンがある。
あそこで、もし、もっと十分にポルナレフがDIOの脳みそをシェイクできていたら、 
実はあそこでポルナレフは勝てていたと言えるのではないだろうか?


「このDIOを暗殺することはできん!」とか言ってるが、)
 (あれはシルバーチャリオッツだからいいようなモノの、 他のスタンドで不意打ちを食らわせてたら、勝ってただろう)
 (クリームのガオンとか)


時間を止めて数秒間やりたい放題できる最強のようなスタンドであっても、 
案外、気づかれる前に 不意打ちで瞬殺された場合、
死ぬときは死ぬことが、 ここで示されている。 (と思う)



そうやって考えれば、
多分DIOも、遠くからスナイパーライフルで脳みそを粉々にぶっ放せば、倒せる程度の生物なのである。
範馬勇次郎である。


(そういう意味じゃ、「一応DIOを殺せるスタンドリスト」、というのは結構たくさん並べられる
 (「対等」とか、「ザ・ワールドより強い」とかじゃない。 ただ、「殺しうるスタンド」って意味)
 (とにかく強けりゃいいのだ。 ザハンドとか、クリームとか・・・そういうのである)


で、
実はキンクリは、 「そういうのすら防げる能力」である。 
そのように、ある種、「時止め以上に強力なスタンド」として、デザインされた感じがある。



んでも、 さっきの簡単解釈のように「他人をぼーっとさせて不意打ちを撃つだけ」の能力では、 そんな風にはならない。


キンクリは、「キンクリ単体」では、 「攻撃面」では十分強いが、
「防御面」ではどうということはない。 この点は、ザ・ワールドと同じである。


で、ここに 「エピタフ」が加わる。

エピタフとキンクリが合わさって、ボスは、 めちゃくちゃ強固な、 
攻撃面、防御面ともに、かなり無敵と言っていいスタンドになるわけである。


まぁそんな感じ。


で、こういうこと言ってると、 定番の
 「ボス VS DIO」はお前はどっちが勝つと思っているのだ? みたいなことになってくる。

これがやっぱり難しい。



同条件でよーいどん で戦わせる、ってのが、 もうすでにおかしいのだ。



「同条件」で ザ・ワールドと キンクリが戦うってのは、 どういう事?
ボスとDIOが、お互いの顔が見えてて、 お互いのスタンドの能力がわかってるってこと??



それって、変じゃない?


ボスは、「絶対に自分の正体を誰にも明かさないように」してて、それこそが「ボスの強さ」である。
それを成立させているのが、 エピタフの「石橋を叩いて渡るシステム」である。 
エピタフの性質である。
ボスの「性格ありき」のエピタフであり、 エピタフありきのキンクリである。



その「前提」をいきなり崩しておいて、 同条件でよーいどんもないような気がする。



で実際、 本当にそういう風に、 お互いの顔と能力が割れている状態で ボスとDIOが戦ったら、
まぁ、DIOが勝っちゃうだろう。


時止めで、DIOは一気に距離を詰めて相手を殴ることができる。


一応、勿論、ボスはそれをエピタフで見ることができる。

だが、「一瞬で死んでいる自分の未来」をみる感じになるのではないだろうか?
エピタフで見る、DIOの行動自体が、一瞬で行われてしまっているから。

(もしくは、あるタイミングから未来が見えなくなってる、みたいなことありそう)
(なんかそういうのあるよね。 「フラッシュフォワード」的な)

エピタフでは、DIOの攻撃は対策立てようがなくないか?
何が起こっているのかわからないので、 その場から逃げる程度のことしかできないのではないだろうか?



DIO対ボス、 防御面ではボスは不利。


じゃあボスから先に攻めることが出来たらどうか?


ザ・ワールドより先にキンクリを発動できたとする。 

DIOは、キンクリ発動中の世界で、 まぁ時を止めたり殴ったりするだろう。 

DIOはキンクリ発動中の世界で、ボス視点、瞬間移動しているように見えたりもするだろう。

でもそれでも、やっぱり 「自動行動的な動き」にはなっている、と。
ボスはそれを全部避けることができる。

・・・
だがそっからどうするのか?


ボスはキンクリ発動中の時間に相手を殴ることができない。
あくまで、キンクリ発動「後」に、後ろから不意打ち とかするのがボスの攻撃手段なのである。


で、DIOの後ろに立って、キンクリで殴ったとする。 ズバアっと。


でも、そしたらその瞬間に時間止められるだけだよなぁ?とも思う。


ただでさえ、DIOは吸血鬼であり、そのタフさはヤバイ。
本当にここで、一瞬で脳みそを叩き潰さないと勝てないのだが、それではポルナレフと同じ土俵レベルでしかない。
(まぁシルバーチャリオッツよりかはキンクリは強いだろうが)
(だがブチャラティを瞬殺できなかった程度とも言える)


・・・
・・・つまりである。
防御面でみても、攻撃面でみても、 ボスはDIOには勝てないような気がする。



(上の考えでは、「ザ・ワールドを完全に超えるようにデザインされたスタンド」であるように思えていたのに、)
(案外、実際にDIOと戦わせると負けるような気がしてくる。 まぁこの辺もジョジョの面白いところである)



が、やっぱりさっき語ったように、

ボスは「誰にも自分の正体を明かさないように死ぬほど注意している」、というのがあって、
それも含めた上での「ボスの強さ」だと思うのだ。


同条件でよーいどんやったらどっちが勝つのか?、というのがもう既にそれを壊している気がする。



じゃあ、 ボスとDIOがお互いの顔も能力も分かってない状態から戦ったらどうなるのか?
・・・
なんかそれはそれでようわからんな。



・・・という感じです。



これが、今の自分の「ボス VS DIO」に関する見解です。


・キンクリを難解にしている問題シーン、4種。


◆トリッシュの奪い方

◆ブチャラティに見せた 未来のブチャラティ

◆リゾットの撃ち殺し方

◆ナランチャ串刺し



だいたいこの辺かとおもう。

とにかくこれらについて、それなりの個人的見解というのを持っていないと、
キンクリを理解したとは言えないだろう。


というわけで自分の見解を書いていきます。


◆1.トリッシュの奪い方



ここが、実はアニメでかなり解釈変わったところなのだ。
(みんなもっと注目しろ!!)



アニオリのエレベーターの穴

気づいたことなんだけど、 ↑実はこの天井が破壊されてるシーン
原作の単行本の、 55巻~56巻、 どこを見渡しても、そんな絵は載ってない。

原作


このシーンをアニメ化するにあたり、
アニメのスタッフが、 もう、どうしてもこの天井破壊は描写しないと、フェアじゃない、反則だと解釈したのだろう。
そうする必要があったと。



アニメ以前、

これ以前、
このシーンの解釈というのは、
みんな、 キンクリには 「壁すり抜け能力がある」みたいなことを、なんとなく信じていたところがあったと思う。


ジョジョの 頻出疑問WIKIなんかにも、 
このトリッシュ強奪は、キンクリでエレベーターの天井をすり抜けて、
トリッシュの腕をちぎって、 そんでまた キンクリでエレベーターの床をすり抜けた
、 みたいな解釈で、 説明をしている。


ここんところを、 アニメは切ってきたと思ってる。


多分、やっぱり、 キンクリには壁すり抜け能力なんか無いのだ。 ?
(てか、そんな自由に壁をすりぬけられるんだったら、ここを割る必要も無いワケだからなぁ)
床の穴


(追記: いややっぱそういう訳でもないか?)
(エレベーターは、「エレベーター側が勝手に上下してる」ってのが重要であって)
(やっぱすり抜けが発生してもいいような気がする)

とにかく問題はトリッシュの床抜けなんだけどね

(他人を掴んでキンクリ発動させたら地形すり抜けられるなら、)
(ボスはキンクリ射程内で、他人を地面にめり込ませていけばいいんだよ。そしたら全員しぬ)

(それとも、「エレベーターみたいに地形が動いていることが重要」だというのなら、)
(ボスは遊園地みたいなところで戦うと強くなるってことだよ)


じゃあアニメからの解釈だとどうするんだろうか?

「天井をぶっ壊して、キンクリ発動中に、トリッシュの手をちぎって、そのまま去った?」



まぁそれもよくわからんな。

キンクリ発動中にトリッシュの手をちぎることは、多分出来ない。

キンクリ発動中に、エレベーターの天井を壊すことも、出来ない。

キンクリ発動中に、エレベーターをすり抜けたり、トリッシュをエレベーターの床からすり抜けさせたりすることも、 出来ない。




とにかくボスは、キンクリ発動中に他人を殴ったことなんて、一度もないわけだ。
(それ出来たら強すぎっていうかー)
 (射程内入っただけで勝ちじゃん)

なぜなら、「キンクリ発動中の時間」というのは、消し飛ばされる時間であり、 
その最中に起こった出来事は無かったことになるのだから、
その間に殴っても無意味
なわけだ。

だから、キンクリ発動後に、後ろから殴る、みたいなことばっかりやっている。


・・・そうやって考えると、天井を壊すだとか、 トリッシュの腕をちぎるだとかも、 それ以外の時間にやったと考えるしかないのだが、じゃあいつだよ?っていうと、よくわかんなくなる。



エレベーターの天井は、予め壊していたと考えたらどうだろうか?
もしくは、物質の破壊は、結果として残る、みたいなのも、まぁあるとする???


「いつの間にかエレベーターの床の下にいた」のはどう考えるべきか?
床は破壊されていない。 ボスは壁すり抜けは出来ないし、しかもトリッシュを運んでいる。


だがこれはまぁ、 「エレベーターの構造」からして、天井からでて、こういう風に動けば、ありえないことでもないと思う。
エレベーターの構造

今の自分はそういう風に考えてる。



でもやっぱトリッシュの腕ちぎりは案外よくわからん。
(やっぱボスが触りながらキンクリ発動させたときはモノや人を壊せる~みたいな限定解釈が必要になるんだろうか??)



というわけで、 結局自分もまだよく分かってない アニメで却って分かんなくなった、というのがこのシーンだったりします。



でも、あの頻出疑問WIKIとか、
あの解説画像みたいに、 壁をすり抜けたってのは、 アニメ後からはアップデートされるべき解釈だと思ってます。


◆2.ブチャラティに見せた 未来のブチャラティ


アニメで、既読組が一番問題視してたのが、ここかと思う。
 (自分はここよりも天井についてもっと議論が白熱しろよと思ってる)


「そんな能力ねーだろ」とか、
「一度限りの能力」とか、
「思い込み」とか、
「凄み」とか、
「大人は嘘つきではないのです。間違いをするだけなのです」とか、
言ってる。



でも、個人的には「別に?」「そんなにおかしくなくない??」という感じである。




これは、やっぱし「エピタフを見せてやった」ってことで説明はつくと思う。


エピタフは、 ボスの前髪に映る、 「数秒後の世界で起きることのビジョン」、みたいなもんである。

(エピタフが自動でずっと発動してるのかどうかはわからんが、)
(キンクリを完璧にしているのはエピタフのおかげ)




このエピタフを、 ボスが、ドッピオに「貸し与えて」「見せてやってる」みたいに使っていたところがあるし、 (物は言いよう)

それと同じように、
ボスは、 ブチャラティに、「サービスで エピタフを見せてやった」 と考えたらどうだろうか。

そうすりゃ、
数秒後の自分を見るブチャラティということになる。


別に、そんなにおかしいとも思わないのだが?




アニメであのシーンに色々言ってる人は、エピタフを忘れてるだけなんじゃないだろうか。


(だからおかしいのは、 「これがキングクリムゾンの能力!」とか言ってるのが、まぁおかしい)
(未来を見せるのは、エピタフの能力である)


で、更に考えることは、
なんでワザワザそんなことをして、 「3部のヌケサク」と混同させるようなことしたのか???ってことだったりはする。



でもまぁ、考えてみると DIOだってお茶目ではないか。

ヌケサクとか、 ポルナレフの階段のトリックだって、 時間止めて、その間に何わざわざ小細工演出やってんだ?
ということである。


ボスも、そんなだったということである。


◆リゾットの撃ち殺し方


これも、自分的にはそんなにおかしくも難解でもないと思う。



キンクリ発動中の時間は、 ボスは物理無効。 ボス以外も、ボスからは物理無効、

発動中の時間は消し去られ なかったことになり、 結果だけが残る。

まぁそのとおりである。


だから、 エアロスミスの弾丸も、 ボスの体を通り抜ける。

じゃあリゾットにも当たらねえじゃねえかという感じかもしれないが、

そこでギリギリ能力解除しているのだと自分は思っている。 (確かそうだろう)
それで、自分には弾を当てさせずに、リゾットだけに食らわせたのである。 まぁずるい。


で、これからは、
 「壁すり抜けは起こらないのに、 弾丸すり抜けは起きるってどういうことだよ!?」みたいなツッコミは、発生すると思う。


これは何なんだろうなぁ。


例えばキンクリ発動中にボスや、それ以外の人物(ボスが触ったかどうかだとか)が、 壁や地形を透過することが出来たとしたら、
「そもそも歩けるのか」、みたいなのがあって、
だからやっぱそういうのは無いのだと思ってしまう。


一方、「飛んでくる弾丸」みたいなのが、体の中を貫通する、 貫通していく、
その間の時間を飛ばせば、 弾丸が体を貫いた、みたいな事実は消え失せて、 位置だけの結果が残る。
だから、すり抜けたようになる、という感じである。


つまり、なんというか、

飛ばされている時間の中で、

地形は 「位置は動かない」
でも弾丸は 「位置が動いている」

だから、すり抜けが起こる、
みたいな感じなのかと思う。


(動く、動かないは相対的な問題であって、そんなのはおかしいだろうが!! ってツッコミは、分かる)
 (この辺、 全て、「相対的な固定」で説明できるクラフトワークが好き)

(ボス自体が動いた・動かなかった、てのも重要なのかもしれない)


追記:

仮にキング・クリムゾンを「都合よいタイミングで解除しなくても」、
リゾットはエアロスミスの弾丸を喰らったんじゃないか?

という気がしたりする。


キンクリ中の動きの痕跡で、それに対応できるモノ、 それをすり抜けられるのは「ボスだけ」である。
それ以外のモノは、別に衝突し合う。 (ボスはボス以外を殴れないが)
 (やっぱり、キンクリ中にブチャラティは柱を殴れていたので)
 (猫の足跡も残る)

 (キンクリ以外の物理現象は ボス以外には普通に影響しあっているのである)

というルールなのであれば、
別に「0.5秒だけキンクリ」、とか言わずとも、
リゾットは普通にエアロスミスに撃ち抜かれていたんじゃないか?とか思ったりする。


(これは、「ボスごと貫通してたかどうか?」が重要だったりするんだろうか???)



あとどっちかというと、 このリゾット戦でちゃんと整理しないといけないことは、

この ドッピオVS リゾット戦、 前半部分では、 「ボスはエピタフしかリゾットに与えてない」ってことかと思う。


エピタフだけで、縛りプレイで、ドッピオはリゾットと戦ってたのである。 (結構凄いよなと)

エピタフは、未来予知をするだけのスタンドであって、
それだけでは未来の消去をすることはできない。


ここんところちゃんと覚えてないと、 「あれ? エピタフで見た未来って確定なんだっけ?」みたいなことで混乱したりする。


◆ナランチャ串刺しについて


ここで、人によって、解釈が分かれるのである。



キンクリ発動中は 物理無効である よって、

キンクリ発動中にボスが触ってる人間も、同様に物理無効になるとか、
だから、そうやって掴んだ人間を 建物にめり込ませて、その後キンクリ解除すれば、 それだけで串刺し攻撃になるとか、


そういう解釈をしている人が、結構います。

キンクリ解釈
(さっきのこの漫画でもそうです)

(なんでこういう人が多いのかというと、)
(それがやっぱり、エレベーターでトリッシュを強奪するのは、 )
(漫画だけでは「壁すり抜け説」で考えるしかないからだと思う。 天井が壊れてないので)



自分は、 (今の自分は) それは深読みしすぎではないかと思います。




ナランチャ串刺し
このナランチャ串刺しシーンは、 よく見れば、 この鉄柱は全部折られているのですね。
よく見たら上側は全部切られてる。

だから、 物理無効中に めり込ませて刺させたのではなくて、普通に上から刺したと考えることができます。



自分はそれでいいと思うけどなぁ。


(昔の自分がどう思ってたかはしらん)
(そして、未来の自分も、この辺の考え方をアップデートすることがあるかもしれん)
(とにかく今はこう考えている って感じです)


まぁこんな感じで、
考えれば考えるほど、 キンクリは、そんなに めちゃくちゃややこしい能力でもないような気がしてくるんですけどね。
破綻してる能力ではない、みたいな感覚)

(割と)(分かってないとこもまだあるけど)


「ものすごくひねくれた、捻じくれた、ややこしい能力作ってやろう!」みたいな姿勢では決してなくて、(最近のハンタのような)
むしろ、 なにかものすごくシンプルな目標があって、そのためだけに考え出されたような、そんな能力のように思えるのです。



この辺は、バイツァ・ダストと似てると思う。


バイツァ・ダストも、めちゃくちゃ難しい、ややこしい、みたいに思ってるひといるかもしれないけど、

バイツァ・ダスト解説漫画


とにかく吉良の「自分の正体バレたくない」 「自分の正体が速人からバレたらどうしよう!!」って思いから産まれたスタンドだとしたら、

まぁそのやりたい願望 ど直球のことしかやってないスタンドですから、 そういう意味じゃ、めちゃくちゃシンプルなスタンドです。



・・・
そういう気分になってくるんです。


キンクリもそんな感じ。

で、言ってることは、 ボスが言ってることそのままなんだよね。


人生の真っ先にぽっかり空いている落とし穴を、全部、予め 感知することができて、 
それを全部なかったことにすることが出来たら、

人生で、「不意の失敗」ということは全て無くすことができる。


そうすりゃずっと絶頂でいられる、と。



そういう点、
ある意味、バイツァのように、「長期間の時間を爆破してまた戻ってくる」ってのは手間がかかる。 
いちいち同じ朝をやりなおしたり、面倒だ。


だったら、
そもそも未来をずっと見張ってて、 なんか嫌なことが起こりそうだったら、 その時間ごと消し去ってしまうようにすればいい、と。



・・・
・・・

そうやって考えたら、

キンクリって、
バイツァ (自分にとって致命的に嫌なことをなかったことにする願望)

と、

ザ・ワールド (時間を止めたかのように一瞬でボコせる攻撃力)

その両方をあわせたような能力だと考えることもできます。


キンクリ食らう人間ってのは、 その人間視点からすれば、 ボスは一瞬で瞬間移動してて、そっから不意打ちを食らうのだから、
実質食らう側からしたら、ザ・ワールド食らってるのと同じような感覚なんだよね。 (むしろザ・ワールドより痛そう)



あとはまぁ、
ゲームで言えば ラグ使い?みたいなもんではあると思う。
(それよりもっと便利で強力だが)




例えば、
じゃあ ボススタンド使い同士が集まって、 ゲームの対戦をするとしよう。


DIOと、
吉良吉田と、
ボスと、
プッチと、
大統領が集まって、 ゲームをするとする。



スマブラでもやるとする。


一番強いのは誰だろうか??


そういうことを考えたときに、 一番有利なのは誰か つったら、
案外ボスなのですね。




ザ・ワールドは、 ゲームの攻略にあんまり活用できません。
 (他プレイヤーの妨害とかやらせたらあれだが)
  (あくまでネット対戦だとする)

時間を止めたら ゲーム機の時間も止まるだけです。 単なるストップ機能です。



メイド・イン・ヘブンは、まぁザ・ワールドよりは使えますが、 
それでも、もしゆっくりすぎて逆に操作ミスしたら、それで起こってしまったことは、確定です。



キラークイーンやバイツァ・ダストは、明らかにゲーム攻略には使えません。 
自分の正体限定すぎます。



D4Cは、どうなんだろうなぁ? (ある意味ゲームの「残機」みたいな発想なんだが)
まぁ、普通のD4Cは、使えない。
ラブトレインとかは、どうなんだ?




でも、 エピタフ+キンクリは、ゲーム攻略に使えます。
自分が失敗している未来をみたら、 その事実ごと消し去ることができるからです。


だから、ボスは、ゲームで「被弾する」ということを、 完全に無くすることができる、 気がする。

(プッチも、うまく操作すればゲームうまくやれるが、 それでも100%操作ミスをなくすることは出来ない)
(ボスは、ミスそのものを消せる


(勿論、毒沼みたいな所に入っちゃったら、時飛ばしてもスリップダメージはどうしようもなかったりするが)
(そういうのがキンクリの弱点)





以上。
・・・で、大体この辺までが、 能力の解釈です。
「自分なりの見解」ってやつです。



で、こっから先なんだよね。 ジョジョの面白いところは。


こっから先、色々妄想できる。



じゃあキンクリは、どうやったらもっと強くなれたか?とか、
強みや弱みについて考えていく。


キンクリの一つの弱さとしては、
「逃げる敵は案外逃しちゃう」 ってのが考えられると思う。


向かってくる敵の攻撃を対処・予知して、返り討ちにするのには最強のスタンドだけど、
こっちに向かってこない敵にはどうにもできなかったりする。



だから、実際 ブチャラティも逃してしまった。 

ジッパーを使って距離を取ろうとする奴相手に いくら時間を飛ばそうが未来を予知しようが、
そいつは「更に逃げているだけ」です。



そういうのがあって、
ボスが、集団との戦いは避けたりするのが分かる。



アニメを見てて
「ボスなら、あの島にいた 6人のスタンド使いくらい、やろうと思ったら全員瞬殺できるだろ!!」と思った人いるかもしれないけど、

それはまぁあの全員が 「死ぬまで戦い続けるほどの覚悟の持ち主」だったら、そうかもしれないけど、
実際は途中で逃げる奴がいるかもしれない。


その場合、 「正体がバレた状態で敵に逃げられる」ということになるワケです。


「ボスが最も嫌がっていること」が 「これ」なので、 
そういうことになるくらいだったら、
全員に逃げられることの方が、平気なのですね。



正体されバレてなければ、絶対に負けることはない。


でも、もし本体の正体がバレた上で、 
集団で後から波状攻撃を食らったら、その場合はキンクリでもどうしようもない場合があるのです。


例えば、パープルヘイズの範囲攻撃なんかを、共倒れ覚悟で撒かれた場合、
時間を飛ばしてもどうしようもなかったりする。


だからボスは、「本体バレ」を最も恐れている。


本体されバレてなきゃ、別にパープルヘイズなんて、食らうこと自体がない。

逆にそこさえ気をつけていれば、
どんなスタンド使いだろうが、 ボスは 「後手で勝つことができる」、ということですね。


例えばキンクリが一番苦戦したのは、まぁある意味 メタリカ戦ですよ。
あれは、リゾットが、キンクリに対して最適解みたいな行動を取ったから、ああなった。


とにかくキンクリは、「一定距離を取る奴」にはどうにもできなかったりする。


射程範囲外から、メタリカみたいなわからん殺しのスタンド能力で、チクチクチクチクやられたら、
流石に攻撃をくらい続けるしかない。


ボス攻略の基本がこれだなぁと。


(てか結局、GERみたいなのを用意しないと倒せない程度には強いのがキンクリなんだよなぁ)


じゃあ結局の所、
ボスはどうすればもっと強くなれたかつったら、

もう答えは
「遠距離武器を持つ」なのですよね。



ボスがナイフ投げとか覚えりゃ、最強ですよ。


キンクリ解除後、相手がハッと気づいたころには、 ナイフがありとあらゆる方向から飛んでくるみたいなことは、 
DIOよろしく、(プッチよろしく) やろうと思えばできたはずです。



ボスがやったことに ジョルノ戦で キンクリ中に血を飛ばして目潰しするってのがありました。
だから、やろうと思えばそういう行動もできた筈なのですよね。


大体、ここで解釈が分かれそうなことだけど、

キンクリ発動中には  ボスも、ボス以外も 物理無効ってのがあるのなら、
じゃあ例えば キンクリ発動中に 血を、 相手の眼球に「めり込むよう」に撒き散らしたとする。

そしたら、キンクリ解除後に、相手は目潰しをくらうどころか、完全に失明するわけですよ。


ここで、別に血じゃなくて、石とか砂とか、もっと言えば鉄パイプとかを投げればいい。 
(ロードローラでもいい)


相手の体に石や砂がめり込んだ時点でキンクリ解除すれば、 それで、もう相手は致命傷です。
全員、ナランチャみたいな負傷にすることができるんです。


もしもそうやって、ボスが適切な遠距離武器の使い方覚えたら、ホント最強ですよ。



最強すぎるので、 やっぱりこのキンクリ発動中はめり込むって解釈は違うんじゃないかと思ったりする。
(ボスが触ってようが触ってないが、そんなのは無い、と)


てか、キンクリ発動中にボスは物は投げられるのか?ってのも、解釈が分かれそうだ。

(やっぱり、物は運べないのか?)
 (でも、実際血は飛ばしているわけで・・・?)

(でもそんなに物を投げられないというのなら、 キンクリ発動中に動いたら、ボスって服が脱げないのか???



てか、やっぱり基本だけど、 そもそも、キンクリ発動中に、ボスは歩けるのか?


いや、そこは歩けるはずだ。
つーか歩いてるはずだ。 移動してるんだから。

(地面が消し飛ぶ描写はあるが、それでもやっぱりボスは歩いてるのだと思う)




・・・?

てことは地面はあるし、地面と干渉することは「できてる」ってことだ。

じゃあ、キンクリ発動中に「石を蹴る」ことくらいも、できそうなもんだけど??? (作用反作用の法則)

それは、ある意味、「物を投げれる」ってことだろ?


じゃあじゃあ、やっぱりキンクリ発動中に 石を、相手の直前まで投げるってことも、まず起こりうることだと思う。

(血を、相手の顔面の直前まで「投げる」ってことが、出来たんだし)
 (それとも、「自分の血」ってのが重要なのか???)



じゃあじゃあじゃあ、 キンクリ発動中に 蹴り飛ばした石が、 相手の体の中に たまたまめり込んでたら、
そこでキンクリ解除したら、 その石はどうなるんだ????



まぁいい。 「物質同士は、ボス以外は衝突しあう」としよう。
ブチャラティが、キンクリ発動中に柱を攻撃出来ていたし、 やっぱしそういうのはある。



じゃあ、 キンクリ発動中に、 ボスが 他人の体の中にめり込むことは、 できるのか??


向かってくる奴の胴体に合わせて、拳でも突き上げておけば
それで、もういきなりめり込み拳攻撃になる気がするんだけど。


つまり、ボスは、 
キンクリ発動中に、
「敵が自分のところに重なってくるのを待って、 カウンターめりこみを狙う」
ってのが 最強なんじゃないだろうか?




基本的に、
「キンクリ発動中にボスは他人を殴れない」というのが前提だと思いこんでいたけど、
実はこうやれば、やろうと思えば出来たんじゃないのか?????



これが気になって仕方がない。


時間を飛ばす。 その時間の最中に起こったことは全部なかったことになる。 残るのは結果だけ。
(大体残るのは、「移動結果」である)

 (そうやって考えるとキンクリって、移動結果だけを残すスタンド、みたいに言い換えることも出来そうだが??)



そうやって考えたら、 やっぱり 「めりこみ近距離攻撃」は、できるような気がする。
物を投げれるのなら、「めりこみ遠距離攻撃」もできる気がする。


それをやれるってんなら、 やっぱりボスはもっと強くなれたと思う。

(仮にめり込まないにしても、まぁ、少なくともDIOのナイフ投げみたいな脅威にはなるわけだし)



できるのか、できないのか?


出来ないっていうのなら、 ボスはキンクリ中に歩けない気がする。


いやでもそこは歩けてるでしょ。  


・・・堂々巡り。


わからん。



出来て当然と思うことですじゃ? (エンヤ婆)



・・・ まぁ、 キンクリについて、 大体、こういうことを考えていますよ。
ほんとテキトーに書いてるけど。

で、キンクリがこれくらい。



でも本当は、 マン・イン・ザ・ミラーが もっともっと面白くて、 難しくて、 もっと色々考えられるのだ。




あとは、「キンクリを倒せるスタンド一覧」とか考えるだけで、一日楽しく暮らせると思う。


・例えば デス13とか
 (寝てる間はボスはエピタフみてねーだろみたいなの)
 (つかデス13は普通に強スタンドだわ)

・ジェイルハウスロックで頑張る

・ヘビー・ウェザー
 (エピタフ見た瞬間にカタツムリ化)

(なんかそうやって考えると視界操作系が強いなぁと)


関連記事
[ 2019/03/06 15:21 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(2)
キンクリは場面で能力違ってるだろ!ってとこが多いんでその場のノリで変わっていってる感じですね
JOJOはキンクリに限らず長期間登場するスタンドは大抵途中で能力変わってますし(それこそスタプラから)

DIOと戦った場合を考えたことはありますが夜は道具抜きじゃ勝ち目無しかなぁと、昼は日光当てれば勝てますが
キンクリは作中描写だと時飛ばしが終わった後の不意打ち攻撃しか攻撃方法が無いのに対して
DIOはカウンターの時止め技能がある(ポルの不意打ち場面より)ので
夜のDIOはスタプラの本気のパンチを頭に喰らっても行動不能にならないタフさなので非力なキンクリじゃ無理だなと思った次第です
そこまでしなくても9秒止めながらウロウロしてるだけで勝ってしまいそうな気もしますが、キンクリは時止め認識は出来ないだろうし・・移動スピードも圧倒的な差があるので厳しいところです(
[ 2019/03/07 22:19 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 名無しさん


> キンクリは場面で能力違ってるだろ!ってとこが多いんでその場のノリで変わっていってる感じですね
> JOJOはキンクリに限らず長期間登場するスタンドは大抵途中で能力変わってますし(それこそスタプラから)

そういうところをなんとか勝手に「統一的に解釈する」ってのも面白いかと思ったりします。
(まぁスターフィンガーとかどうなったんだとはありますが)
(あとGEだけは本当に規格外にめちゃくちゃだと思います)



> DIOはカウンターの時止め技能がある(ポルの不意打ち場面より)ので
> 夜のDIOはスタプラの本気のパンチを頭に喰らっても行動不能にならないタフさなので非力なキンクリじゃ無理だなと思った次第です

やっぱ決定力不足なんですよね。 (破壊力Aなのにw)

あとキンクリはどれくらい次の発動にインターバルが必要なのかが結構謎ですね。
案外スタプラ系より早いんじゃないかとは思ってますが。

一発頭殴ってDIOが吐き気するほどダメージ受けてくれればいいのですが。

[ 2019/03/12 15:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31