FC2ブログ

ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  3DCG >  夢が勝手に叶った話 MMDエヴァ

夢が勝手に叶った話 MMDエヴァ



来ました。



ちょっとこれについては流石に一個書くべきと思ったので、いそいで書きます。


まぁこんなとんでもねーモノが出来てくれましたと。



自分は過去に、こういうことを書いておりました。
3年前の記事ですね。

まぁ自分には「そういう夢」があったと。 その夢が、半ば、勝手に叶ったようなもんです。

こんなんあるか?と。 寝てるウチに夢が叶うなんて。


ちなみに自分はこの人に何も頼んでいません。 いきなり始まっていました。

そんで、予告編をみた以降の色とかのアドバイス以外は、自分は、特に何もしていません。
気がついたら、こうなっておりました。


あともともと この「うなぎ」「弐号機」モデルですが、これは昔 このブログ上でなんかコメントで頼まれて、
そんで自分が作ったっていう品ですね。
(あの頃は無償でなんでも作ってたのだなぁと。 今は無理だけど) (それは、時間と生活の問題)


でそのモデル自体は今もここにあります。 ありますが、これはリギングスキニングはまだ出来てないデータなのですね。

(いやまぁ正確にはやってるっちゃやってるのですが、
 これはメタセコイアの登録版バージョンで開いて、しかもkeynoteってプラグインを入れないと動かないような古い形式で、骨が入ってるのです)


そういうモデルを、自分でわざわざ改造してpmx化して、この方はMMD動画を作ってくれたわけですね。


もちろんこの方の視点からすれば、「なんかしらんけどいい感じのうなぎと弐号機のモデルを配布しとる人がおる!」ということだったのかもしれません。

つまり お互いに 「勝手になんかやってくれてる!」 ということだったわけです。

そういう時代。


でもまぁだからこそ問題もあったりする。


こういうのを静止画でよくよく見たりすると、まぁウェイトがガタガタだなぁと なったりはします。

(せっかくのクオリティなのに! もっともっと行けるのに! と思ってしまうと)



この辺、もし事前に自分に相談してくれていたら、自分は大喜びで
新しくウェイト塗りもして、pmxモデルをセットアップしたはずです。

そんでその際、便利なモーフもいっぱい用意したはずです。

まさに、磯光雄モーフとか、本田雄モーフとかです。
そのカットごとに、最も頭部がイメージ通りになるようなモーフを用意したはずです。
弐号機の顔
磯光雄の原画

ノリノリで作ったはずです。


まぁだから言いたいことだけど、 「自分のモデルを使ってなんかやりたい人」がいるとしたら、
(もちろん勝手に無断にやってもらっててもいいんだけど)

本当は事前に自分に言ってくれたほうが よっぽどいいことがあるぞ、ということです。

「画」を途中で見せてみるとかさぁ、 絶対、自分に言っときゃ良くなりますよ。



この人だって、 予告の時点では、色とかこんなでしたからね。

もっと前の段階では陰と線もダメでした。 もっと前は、曲面分割フリーズ前のモデルを使っていました。 よくある話。


エヴァMMD


この予告をみて自分は「あ、このままじゃイカン・・・!」となりまして、 ひたすらアドバイス罪しまくりました。



各パーツの色も 彩度も 線の太さも 陰の強さも 空気遠近法も グローも・・・ いろんな事 延々といいました。
お互いにDMで延々とやり取りを重ねました。


言えば言うほどどんどん良くなるので、もう、すごかったですよ。


そんでこうなりましたとさ。
エヴァMMD



だってせっかくの動画が、あの程度の色で台無しになるのは、もったいなすぎる!って、 今みくらべてみたら、分かるでしょう??
ほんのちょっとの事で一気に変わるのですよ。

でもこういう事、作ってる本人さんさえも分かってなかったりするのだから、 これはもうアドバイスするしかないのだ

(つまり完成形・理想形が頭の中で見えてるかどうかってことでもありますね 自分は見えてるつもり)


でまぁ、 素晴らしい動画なわけだし、
自分の夢が勝手に叶うなんて とんでもなく喜ばしいことが起きた動画ではあるわけですが、


もちろん この自分のこと、まだ不満が無いわけではない。


この結果を見た上で 思うことはあります。


エヴァMMD

エヴァMMD

色合いは、ほぼ完璧なところはありますが、 それが「まちまち」だなぁと思ったりはします。
(↑の2つは、一番色が最適なとこらへんだと思ってます)

いい色だったのに、次のカットでは なんか中途半端に戻ってたり~というのが、どうも安定しません。


まぁこれは色々間に合わなかったんだろうなぁ というのがわかります。

弐号機の背中の色とか見ればわかりますね。
直ってるところと直ってないところがありますから。

エヴァMMD
効果が強すぎるように見えるところもあります。

いやまぁ、強すぎる分には結構かっこいいのかもしれない。 全編これだったら、どんな印象だったのだろう。



エヴァMMD

で、モデルに関しては、 自分自身でウェイト塗り直したいとか、モーフ入れたいとかはあるとしてー

(ウェイトのせいで色々突き抜けてたり、変な部分があるので)
(コマ送りで見ないと案外気づかないレベルだったりするけど)

(モーフとして直せば、うなぎのハネの収納とかも、だいぶ変わると思いますよ)


それ以外は、
背景は、なんなのでしょうね。 自分は木に不満がありますね。
この木はなんだったのでしょうか。

木

シーンによってはいい感じの木はありますが、 なんか「上部がなくなってるような木」がいっぱい生えているのですね。

背景なぁ~
背景


あとは「煙の描写」とかも、もっと直せるプロがいるのではないでしょうか。


(なんでこんな話をしているのだろう 完全版がほしいからだろうか)


いや、
一方で、 コメントで言われている部分。
フレームレート落とせとか、 コマ落とせとかいうやつ。


これは、自分に言わせりゃ 言ってるほうが「実は一周して分かってない事」 だとさえ思ってます。

これに関してはかつての「夢の話」で、既に語っています。 自分は「フルアニメーション」でリメイクしてこそだと言っています。



ではあらためて、「本物」を見直してみてください。




あれ? びっくりするくらい、 「思い出の中の動き」よりも、ガックガクだった とは、思いませんか?

これ、コマ落としてないですよ。


一部の戦闘のアニメは、多分12fps、場合によっちゃ もっとガクガクなところがあるのではないかと思う。

こうして30fps以上で録画してみて確認してても分かるのですが、だいたい3フレームに渡ってくらい、「同じ絵」が続いてたりします。
やはり動画的にも10fpsくらいで動いてるようです。 今こうしてみると、わりとガクガクに見えるわけですね。

(もちろんその上で超かっこいいから、作画マニアはありがたがるわけだけど)
(ブレードの動きはすごいです)


で、それをどう補間するか? 
やはり30fpsでいいのではないかと思うわけです。


一部の動きが良くないように見えるのは、自分的にはこれ、 フレームレートの問題ではありません


「線形的に」「単調に」変化していってるだけの部分で、 動きがつまらなくみえたりする。

その違和感だけをみて、 「フレーム抜け」とか言われたりするわけですね。
(でもそれ、自分的には違うのです)


やっぱり、一部のシーンは問題なく、 「思い出を正しく補完するような形で」、 いい感じにヌルヌルになっているわけですよ。


30フレで違和感なく、「思い出通り」に感じ、 12を見かえしたら思い出以上にガクガクになってたのなら、それはそういうことです。

それが理想の補間への道

そこへ至ろうとしているのだから問題ない。


一方 どういうところでなら確実にフレームを抜いていいかというと、 せいぜい↓「ここ」くらいですね。

エヴァMMD

このシーンは、 まぁ、全て「一定の速度」で回転しつづけている うなぎ達です。

これには線形補間をイジるも糞も、ありません。 下手にツメたりしても、変になるだけ。

ここが滑らかすぎてヘボく見えるというのならば、もちろんここはフレームレート落としていいわけです。



でも、それ以外のところの動きがヘボく見えたのならば、そこは実は「フレームレート落とせ」という問題ではなくて、 

もっと動きの「ツメ」を最適にしたり、キメキメにしたり、 全フレームキッチリ動きを設定する そういう必要があるってことです。


エヴァMMD

MMD的にはこういう部分ですかね。


それが理想の、フルアニメーション化への「道」です。 

もちろん全フレームでキー入れるというのは大変すぎる! 大変すぎるけど、それが「理想」 「夢へと至る道」ってことです。

(まぁそれが簡単にはできねーから、レート落とせということを一言でプギャってるのかもわからんが)
(もちろんプギャはプギャで大事です) (自分だって色に注文付けたし)


今の現状は 元々12フレのアニメを30フレに補間して、いい感じにしていってる「過程」「途中段階」ということですね。

これに対して「12に戻せ」「12で作れ」というのは・・・ 自分に言わせりゃー、 分かってない! 

理想に至ろうとする道の途中で、「元来た道に戻れ」と言っているようなモノなのです。


元がどれくらいガクガクだったか、それを思い出の中で 脳内でどう埋めていたか を考えるべき。


というわけで自分的には、旋回シーン以外での「コマ落とせ」は 要らないヤジです。


自分に言わせりゃ、一周して、分かってない。

これは言っておきたかった。


なんかね、カクカクのアニメを見すぎているウチに、勘違いしている人がいるわけですよ。

CGアニメはガクガクにすりゃいいという、手法への思い込みでもありますね。 それ、労力と妥協の問題ですから。
夢や理想についての話ではない。


・・・まぁそんな感じでした。


というわけで素晴らしかったわけですが、どうなるのでしょうね。


このYasiroさん的には、もうこれで「このプロジェクト」は終了、 という感じなのでしょうか?


自分的には、もっともっと 完全版 というのまで作ってくれてもいいのですけどね。
(贅沢言い過ぎ?)



「完全版」です。 そりゃもう 「戦自VS弐号機」のシーンから、やってほしい。
戦自VS弐号機



自分から協力できることとしては、もし頼まれましたら、 弐号機とうなぎの再pmx化、まではやります。 
これは無償でやります。



自分は相手を選んで、やるべきことはタダでもやります。

(ゴジラアースつくったり、ゴジラ・アースリメイクしたりとか、指定コースじゃなくてもやりましたからね)
(やるべきだって思ったから)

(相手を選ぶってのは、悪いことですか!?)(逆ギレ)
(でも自分の思う「クリエイター優待」って、こういうことだよ)




あとは、 ↑このVTOL機も作ります。 こいつも、タダで、喜んで作るでしょう。


ここまでは無償ででも やりたいです。 もし完全版をやってくれる というのであれば


で、旧劇用のアスカモデルに関しては、 これは流石に無償でやるのはキツイ。 
(2ヶ月はかかる)
(んで、あのアスカの何が大変って、顔モーフの用意でしょうね)


でもこれなら、この方なら、竹コース以下でも作ります、といいたいです。
(普通は女の子のモデリングなんかやりたくないので松コース以上行くところですが、これは別)


でもさぁ、実際、アスカ抜きでも現状、こんなうまく処理出来るわけですね。
アスカと弐号機の動きが「シンクロ」してるから、アスカの動きを弐号機に置き換えることで、いい感じにつなぐことができてるのですよね~)



あでもそんだけでも足りんよな。
ミサイルもいるし、戦艦もいるし、まだまだ色々要る。

ミサイルもあれもこれも


てか、誰かが作れよと思いますね。
これだけのことやってる人に、なんかやりたくならんか?と。

奉仕の気持に、なることなんです。


ということでした。 夢が勝手に実現するような時代です。  つーか自分がお金払いたいくらいだよね。

あ、でも、MMD杯zero4って、もう無いのか。 作っても、発表する場がない?



あとはなんでしょね。 


コメントの「Yasiroさんはカラーに入ったら?」みたいなやつ。 これって今や、大げさじゃないと思う。





だって、まさに↑これ作った 薫。さんは、カラーに就職しましたからね。




今や、MMDでもポートフォリオに使える時代なのではないかと。

関連記事
[ 2020/12/23 18:32 ] 3DCG | TB(0) | CM(7)
 
技術的なことは良く分かりませんが、
確かに素晴らしい動画が出来ましたね。
人の夢と書いて儚いと読みますが、
人と思いがけず協力し合って叶える夢は、
決して儚いものではないと思いました。
[ 2020/12/23 19:17 ] [ 編集 ]
NEETさんの作るエヴァの体型が好きです
本田さんの絵が持つ独特の「流れ」みたいなものを感じて気持ちいい…
NEETさん監修のエヴァフィギュアがあったら絶対買います!

余談ですがカ◯ーのアニメーターにニートさんが作ったクルクル回るエヴァのGIF作画を参考に紹介したら版権描くとき(うろおぼえ)に使ってました
[ 2020/12/24 05:26 ] [ 編集 ]
自分の作ったものから新しい仕事が生まれるのって良いですね。
MGS4のインタビューか何かで小島監督が言っていた理想に通ずるものを感じます。

そして同時に「もったいない」と言う気持ちも理解できる気がします。
モーションやカメラの動きに緩急や揺れを付ければ…
一部カットの陰の付け方をもっと原作通りにすれば…
遠景用のモデルを用意できれば…走行用の木のモデルがあれば…
それだけであの動画のクオリティが何倍にもなりそうなんですよね。
(これはこの人の問題じゃなくて、時間や使っている道具の問題なのだと思いますが)

この人の仕事はそのまま、もっと良くする方法がある…
それが分かっているだけに、これで完成させてしまうのがもったいない気持ちになります。
たいそうなことを言いつつ、自分は何もできないのが歯がゆいです。
子供を見守る親心ってのはこういう気持ちなのでしょうか。
[ 2020/12/24 15:11 ] [ 編集 ]
探せば粗は見えてくるがここまで作れる情熱は尊敬に値する
メイキングも出してくれるので是非見てみたい。
[ 2020/12/24 17:55 ] [ 編集 ]
コメ返信

>白うなぎパイ さん

>人と思いがけず協力し合って叶える夢

MMDというのはまさにこれですね。
みんなでアセット出し合って協力してる感じでしょうか。

まぁ最近の自分は限定配布ばっかりになっちゃってますが、
エヴァ関連のものはこれからも自サイトにフリーで転がしていきたいと思っています。

今作ってる新二号機も出しますからね。




> 名無し さん

>本田さんの絵が持つ独特の「流れ」みたいなものを感じて気持ちいい…
どもです。 今ならもうちょっとあれも直したいですね。 
やっぱ、腕のあたりのポリゴンケチってるから膨らみすぎてるところもありますね。


>NEETさん監修のエヴァフィギュアがあったら絶対買います!
自分がアレンジしたりしたらどうなるんだろうなーと思ったりはしますね。

[ 2020/12/25 15:43 ] [ 編集 ]
コメ返信


>名無し さん


>そして同時に「もったいない」と言う気持ちも理解できる気がします。
>それだけであの動画のクオリティが何倍にもなりそうなんですよね。


そうですねー。


「自分の夢なのだから自分で全部やりたかった」というのはもちろんあります。



でもこの数年間、モデリングに追われてるだけでなんも出来てなかった自分からすれば
やりたかったというのはやっぱり、「言ってるだけ」なのかな、と。

そもそも自分でも書いてますが 殆ど「諦めちゃってた夢」なのですよね


自分だったらMMD上で、というのは考えなかったかと思います。
Blender覚えてでも、やったかなぁと思うわけですが、
この人はMMDだからこそ完成できたのかな、とも思ったりしますね。



> 名無し さん

>探せば粗は見えてくるがここまで作れる情熱は尊敬に値する


そうですね。 究極的には「情熱」ということになってくると思います。

自分が言ってるだけで動けなかったのはそういうことですし、
この方がMMDで完成させたのはそういうことでしょうね。

[ 2020/12/25 15:52 ] [ 編集 ]
エァーー
すっごい

[ 2021/04/18 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -