ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  Flash作成過程 >  3次元ドット絵

3次元ドット絵

なんとかフラッシュで3D表現が
自力で出来るようになってきたっぽいので
やりたいなぁと構想してる妄想は盛り沢山です.

・3Dのゲーム
 例のアクションゲームの地形を何とかこれで表示できまいか.
 それが駄目なら最初っからゲームを考えたり.

コイツを3次元化
 ゲームのフィールドを立体にするならキャラもそうしないといけない.
 各間接の座標を3次元座標変換にかけてやればいい.
 最悪キャラが歩くだけのフラにはなる.

・モデル人形3D版
 今まで「腕を伸ばした最長範囲は二次元に起こすとタダの円」
 とか抜かしてましたが.ちゃんと3次元的に腕の長さや姿勢を
 扱えるものを作りたい.
 3次元化することで2次元的な表現はショボくなると思うけど
 完成すればマジで使えるモデル人形になるのでは.

・なんかモデリングしたものを表示するだけ
 3角ポリゴンだけで作ればどうの,とか言ってたけど
 かなりキツそう.入力が配列に数字入れてチマチマ作るしかないから.
 なんか建物とかなら出来るかも.

・立体的な背景
 例えばシューティングゲーの背景だけちょっとだけ3Dにするとか.
 奥行きのある雲が流れていったり.
 あとレースゲーの地面だけとか.

・3次元のライフゲーム
 二次元では周りの8個のセルを基準に
 自分含め3個で誕生・維持とか決まってますが
 3次元では周りに26個だからどうしようかな.
 

今回は3次元のドット絵のような物を表示するのを考えてみました.

「糞重いフラ作るな死ね!」って人は簡易版の方をクリックしてください.

要は遠近感に合わせて大きくなる円を並べてるだけです.
それだけだとノッペリしてるので距離に応じて暗くなるようにしてます.
(これが重さに拍車をかける.簡易版では無いです.)
なぜ円なのかというと球は二次元に起こしても変形しない立体だから.
半径√3の円にすれば頂点だけで繋がってるセルも繋がるけど
実際やってみるとでかすぎてピカチュウの顔も悲惨な事に.
仕方ないので半径√2.辺で接してるセル同士はまぁくっつくくらい.
でもナナメからみるとスカスカ.

ボクセルに近いけどイチイチ立方体の形状を表示しなくてよいから
それよりは処理の重さマシなはず.ボールセルと命名.

しかし練習で作った13*13*13のピカチュウが
こんなに重くなるとは.
あとドット打つ?のも結構メンドイです.
軽くするために内部をくりぬいたりしてるし.
うわぁ…ピカチュウの中…すごくスカスカナリぃ…

ちょっとしたビーズ細工的なものしか作れないのか!?



関連記事
[ 2009/01/05 22:08 ] Flash作成過程 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30