ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  忍凱旋のすゝめ

忍凱旋のすゝめ

たびたびこのブログで名前が出てくる天誅ってゲームの
紹介/宣伝/布教/洗脳をしておこうと思います.

といっても初代天誅(立体忍者活劇天誅忍凱旋)が神ゲーだって話です.
自分はまでしか知らんけど天誅は初代から劣化する一方のゲームだと思ってます.
Wiiで出た4も評判悪いらしいですね.

まあ基本忍者が後ろから近づいて押すダルマさんが転んだゲーだけど.
クロスレビューするとこんな感じ

殿堂入り プラチナ  ゴールド シルバー  
タイトル 天誅忍凱旋 天誅弐 天誅参 天誅紅
ハード PS PS PS2 PS2
ニート  10  9  8  7
PS至高の神ゲー フィールドBGMが無い.唯一泳げる.ボリューム多め. ボリュームはあったような.難易度ヌルめ.あと変な英語版とか. 力丸はぶられ.演出頑張ってる.ボリューム少なめ.

なんでこんなことになるのか.
凱旋が神ゲーすぎるからです.


なにが凄いって忍凱旋はこういうプレイが素でできるってこと.
デバッグモードという開発者気分になれる裏技があるのです.

そして自分で任務を作れる虎の巻ってモードが忍凱旋と弐には
あります.これもかなり面白い.
CDに入ってる任務は真面目だけど,自分でカオスな任務を作って
ニヤニヤするだけで面白いです.

敵の巡回ルートに矢の発射スイッチを配置して
全自動弓矢発射装置を作ってぶら下がり中にその弓を食らうことによる
吹き飛ばし効果を狙わないとクリアできない任務とか作ってました.
この虎の巻が自分のゲーム作りに結構影響を与えそうな予感です.
マップの地形表現なんかこれを目指してるところがありますね.

あと設置した忍具とかがイベントシーンでも発動するとか
そういうフリーダムな所も面白すぎです.
越後屋を地雷で燃やした人はかなりいるのでは.



で,こういう紹介してるとネタゲーバカゲーとして面白いだけなのかと
思われそうですが,普通にゲームとしてハマれます.
そんで初代はBGMもすっごく良いです.鬼陰バトルとか.
英語フランス語イタリア語の勉強もできます.さらにポルトガル語
そういういろんな要素が加わって,自分の中では
PSでこれ以上のゲームを知らないレベルに好きだったりします.
マジオススメゲームです.

..そんなこんなで人に勧めたことも多い忍凱旋ですが,
「グラフィックがショボイ.敵がバカ.メタルギアのパクリ」
とか言われてしまいました.(´・ω・`) ッザケンナ…

つーわけでPS2の忍道戒ってゲームもオススメです.
アクワイア開発だし虎の巻っぽいモードもあります.
ある意味天誅が正当進化したゲームと言えます.

関連記事
[ 2009/01/11 00:14 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -