ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  Flash作成過程 >  フリーダムモデル人形

フリーダムモデル人形

まず一段落.前回言ってた
「今見ているカメラの向きを法線とする平面に沿って移動させる」
をやってみました. 頑張れば出来るもんですね.

Zキー パースをきつくする
Xキー パースをゆるくする


何もないところをドラッグするとカメラが動くので,
それと組み合わせることで自由に部位を移動できます.

太陽とかも移動できます.


実はこれはドラッグしているのではなくて,
ドラッグしたい位置に変換されるであろう座標を計算して
そこに頂点を移動させているのです.

そのためには,
カメラの向きがどうであれ常に右に位置する座標と,
常に上に位置する座標を考える必要がありました.
この座標変換において.
このプログラムでは Zrot=0; に固定しちゃってるので,
常に Zsin = 0; Zcos = 1; 扱いで良いので単純でした.

x = -Ycos;
y = 0;
z = Ysin;

このような座標だと常に原点より→に見えます.

x = Xsin*Ysin;
y = Xcos;
z = Xsin*Ycos;

このような座標だと常に原点より↑に見えます.

そして,ある部位をクリックしたとき,
クリックしてからの_xmouse_ymouseの移動差に応じて,
上記の座標成分を,その部位の遠近に合わせて足してやれば
その部位をドラッグしたかのように移動できます.


んで,これだけでもうポーズは自由に付けられるので
使おうと思えば十分使えると思います.
問題は,各間接の長さがフリーダムなことと,
腕とかが胴体から離れようが知ったこっちゃない状態なことです.
これらを解決したら大体最初にイメージした通りのモノになります.

でもそれを実現すると
ある意味自由度が制限されることになりますね.
よってこれはこれで置いておきます.
直接swfファイル

ポーズ付くよ~.


まあ2D版でも出来るっちゃ出来るけど.


関連記事
[ 2009/02/03 18:10 ] Flash作成過程 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -