ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  キルタゴ文明

キルタゴ文明

頭痛が酷くて何もする気にならない.
これはマズイ.

よってちょっと「痛み」とかについて考えてみる.

アニメ映画マンガゲーム,まあ別に何でもいいんだけど
最近何かを鑑賞していて「痛てえええ」
思うことが無い気がする.

ゲームで考えてみる.
いわゆる暴力的な表現のゲームってのがあるけどどうなんだろう.
1.プレイヤーがボタンを押す
2.主人公が攻撃モーションをする
3.攻撃の判定がでる
4.攻撃が敵に当たる
5.敵が被ダメモーションをする.
6.血が出たり切断したりする.

いつまでたってもこの範疇のゲームしか無いんじゃないのか.
(自分が最新のゲームを知らないだけかもしれないけど)
一応プレイ動画だけならいろいろ見たことはあるけど,
目を背けたくなるような暴力的なゲームなんて一度も見たことが無い.
ポスタルとかにせよ死体がバラバラになったりエフェクトが出るだけで
分かってしまえば何もグロイことは無いと思う.すぐ飽きるんじゃないの?
あの表現力でグロゲームの代名詞ってどうなのよ.
しっかりとした表現力があれば血や切断面とかに頼らなくても
ただ人が人を殴るだけでも痛みは表現できると思うんだけどなぁ.
いや別に流血や体の欠損に頼るなって言いたいわけでもないんです.
頼るなら頼るでそういう表現がショボ過ぎると思うんですよ.
いつまでたっても.

アニメとかでも,最近アニメ見てて痛そうだなって思ったことが
あんまり無いことに気付く.
(黒神は女の子をちゃんと殴ってるのが結構印象に残ってるけど
 放送自体見なくなってしまった.)
神作画としてよく紹介されてるナルトとかの松本憲生パート
物凄いのは分かるけど殴り合いが痛そうに見えるかというと
全然そんなことはないんですよね.
まあこれは表現の目指してるベクトルが違うって事でいいけど.
しかし,普通に見てればスゴイ物でも痛みを求めて見ると
途端に物足りなくなる
ってのは面白いですね.

そういやグロアニメの代名詞といったらエルフェンとかになるのかなぁ.
あれもベクターで切断してるばっかりでグロくも痛そうでもないんですよ.
だからエルフェン程度がグロの代名詞になってしまうアニメ界がおかしい.
(ちなみにエルフェン自体はグロとか抜きで大好きです)

別にこのニートが何かを表現してやろうって言ってるわけでもないのです.
一消費者としてプロの表現するモノがショボイと文句を言ってるだけです.
特に痛みの表現に関して.

むしろこれは全部自分がおかしいのか?
でもネットが普及してみんなのグロ耐性暴力耐性って
どんどん上がってきてると思うんだけど.
いつだったかのロシアの殺人ビデオ.あれも食事しながら見れました.
この世に目を背けたくなるような暴力なんて存在するのか?
でもああいうビデオを見れば巷のグロゲームなんて何もグロいことしてない
お遊びってのも納得してもらえると思います.

しかし現実であの程度なんだから架空の物を表現できるゲームやアニメが
そういうものを超えるどころかまったく及んでないのは何でなんでしょう.
不思議です.

この世に目を背けたくなるような暴力なんて存在するのか?
って言ったけど,多分無いんだと思う.
目から得られる2次元の情報なんて大したこと無い.
もうちょっとひねくれて考えてみよう.
2次元生物のグロというものを考えてみる.
2次元生物は3次元生物(我々)からすれば常に体の断面を見られている
状態にある.だから2次元生物にとってのグロは3次元生物からすれば
「おまえ自身いっつもそうじゃん」なレベルなんです.
同様に4次元生物からすれば3次元生物は常に体の内部を見られてる.
だからこの世にある3次元生物のグロなんて何でも無いはず.
これは,人体構造を熟知してる人・人体解剖したことがある人とかにとって
その辺のグロ動画がグロでもなんでもないであろう
ことと通じると思う.

ではこの世に存在するグロを超えたモノとは何か.
脳内で4次元視界でも作り上げて
(我々の視界を2次元視界というなら正確には3次元視界か?ややこし)
その中で4次元生物を痛めつけたらいいんじゃないでしょうか?

まとめ:今回もまた「痛い」記事が書けましたね!

関連記事
[ 2009/03/01 23:43 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -