ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  ニートが人生について語るようです

ニートが人生について語るようです

銭ゲバまことにおもしろうございました.
人生について思ったことをつらつらと語ってみる.

といっても,「人間の幸福について」とか「人生の意味について」
とかを語るつもりはありません.
・幸福は相対概念です.
・人間の人生は,自分と自分以外の全ての人間にとって無意味です.

よって語る意味はありません.

自分が,人間の人生を模したゲームを作るならどんな物にするか
考えてみました.(基本ステータスについてちょっとだけ)

人間の体内のステータスにエントロピーってのを用意します.
こいつは常に増え続けるステータスです.
こいつが,その人間の体質などよって決まるある量を超えると,
その人間は生命維持活動が出来なくなって死にます.
このことで老衰だろうが餓死だろうが殆どの死を表現できます.

プレイヤーは食事をしたり風呂に入ったり睡眠を取ったりすることで
エントロピーを減らすことができます.呼吸をするだけでも減らせます.
しかし一日の間に勝手に増えるエントロピーの量をマイナスに出来るほど
減らすことはどうやってもできません
だから人間は毎日死に近づいていくのです.
あと,食事をとればマイナス出来るってのも,
「あなたは食事をした!エントロピーが100ポイント減った!」
みたいな単純な計算ではなく,
規則正しく栄養バランス良く食べないとあまり効果はありません.
食べ過ぎるとかえってエントロピーを増やします.

現時点でのその人間のエントロピーや体質などで,
その人間があと何日でエントロピーに耐えられなくなるかも
大体計算できます.これが寿命になります.

こんな感じでパラメーターのやりくりをするゲーム.
現実の人間の人生もこれと似たようなモノなんじゃないでしょか.

で,問題はここから何をするかであって,
エントロピーをちまちま増えにくくするようにして長生きする事自体が
目的のゲームではつまらなすぎます.
そんなのはゲームのシステムの前提というか基本の話です.
無視してもいいくらいのです.
(たまにはD-ダイブD-ダッシュして命を削ってもいい)

結局人間は命を削って何かをしないといけないわけです.
何もしなくても毎日一日づつ寿命が縮まります.

そしてこのニートは,現実の人生においてエントロピーのやりくりを
殆ど放棄しています.
いや自分なりに考えて最も管理が楽になる設定の生き方をしています.
運動をしない.25時間生活.体重や筋肉を限界まで落とす.
一日一回の食事.笑わない.怒らない.等々.

普通に考えれば通常の人間よりもエントロピーが増えやすい
人生の攻略法でしょうか.
でも全て考えあってのことです.

代謝/細胞のコピーだってエラーの蓄積になりエントロピーが
増える原因になっていると思います,
これを運動しないことや食事を最低限にすることで抑えているつもりです.
(カロリー制限が老化を抑える研究とかもあるようで)
でも当然運動不足などによって体質パラメータが不利になり
結局の所,早死にするかもしれません.
どっちでもいいのです.運動しないで良い/食事しないで良いってのは
管理の楽さに繋がります.

とにかく自分は人生ゲームにおいてエントロピーの管理が
めんどくさくなったのでこのスタイルなのです.
さっきも言ったけどエントロピー管理は人生ゲームの目的ではないです.
だいたい人生自体がどうでもいいなら体調管理などどうでもいいのです.

そしてこの生き方を破綻するまで続けます.
それで破綻して死ぬことになっても後悔することは絶対ないです.
ニートになったことだって後悔してないし,
これからどんな酷い目に遭っても知りません気にしません.
真に後悔するのはこの世に生まれて来たことだけです.

寿命を削って生きてるって事になるのかな.
別に寿命を削って生きてるからって何か良い物が作れるわけでなし.
(例えるなら意味もなくD-ダッシュして同じ所をウロウロしている状態)
全て承知した上で不摂生をしている人間に何を言えようか.
自らゲームオーバーになることを目的に生きている人間に何を言えようか.

関連記事
[ 2009/03/15 22:28 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -