ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  ジョブズさんまじパネェっす!

ジョブズさんまじパネェっす!

さて今日の記事は今月のカレンダードット絵がどうなるかの
要になるのですが,最終的に日付を捏造すると思います.
だからどうでもいいことを書きます.

だからまたニコニコの話なんだけど
スティーブ・ジョブスの卒業式スピーチを見ていろいろ思ったことでも
書いてみます.

このスピーチは優秀な成功者が優秀な成功者のために話しているような
モノなのだから,馬鹿な人生の落伍者であるこのニートが拝聴する時点で
何も言っても的外れなんだけどまぁいいやそこは.

まず普通に見てみて,普通にイイハナシダナーって思うことは
このニートにも可能です.
でもそれじゃネタにもならないので何周かひねくれます.

(ひねくれ)
この人が最初に言った話.
この人は大学を中退したり自分が作った会社をクビになったけど
それで良かったと言っています.「最良の選択.結果的に良かった.」
こういうパターンって良く成功者の人が言うと思うんだけどどうなんだろ.
結果論じゃないのか.
結果的にあなたは成功しているからそういう失敗が成功の素に
なったかのように思っているかもしれないけど
その失敗が無かった場合のパラレルワールドで,
更に成功してなかったと断言できるのか.
とか思ってしまう.
確率的には大学を中退したり会社をクビになった人はそのあと
成功しにくいでしょう.
そしてそのまま負け組(死語)人生を送った人はこのような場所で
スピーチすることもありません.だから表に現れることはないです.
よって結果的に,「私はこれこれこういう挫折や失敗を味わってきましたが
結果的に良かったと思います」
みたいな成功者のスピーチで
世の中はあふれかえるのではないか.
そしてみんなそういう話が大好きなのである.

(ひねくれひねくれ)
人生に役立つスピーチとしてどんな要素が必要か.
成功を掴むコツと,失敗を回避するコツの2つがあるとすれば,
このような成功者のスピーチしかお目にかかりにくい状況ってのは
どうなんだろ.
その辺のホームレスとかニートとかを捕まえて,
別に演説しなくてもいいから何でそんな失敗人生を歩むことになったのか
とかを喋らせれば案外役に立つ話になるんじゃないのか.
成功者のスピーチから成功を掴むコツを得ようとするよりも
失敗者を反面教師にすることで失敗を回避するコツを得る方が
確実なのではないか.
少なくともこの人のスピーチからは,この人が優秀であり信念があり
そしてとても運が良いことはよく分かるけど,
自分の人生に役立ちそうな話は案外無いのでないか.

(ひねくれ自己肯定)
あと今の自分にかかれば,この人のいい話
自分がニートであり続けることを肯定する材料になりかねない.
この人の言う「点を繋げること」という話.
この話がなんか分かるような気がするのは
自分が訳の分からない有象無象を作っているからでないか.
モノを作っているとそれがどんなに下らなくても繋がりを感じてくる.
ParaFlaで3Dを表示するのを自力で考えてみたり,
それがモデル人形に繋がったり.そしてそのモデル人形にしても
実際に役に立つかどうかは実はどうでも良かったする.
実際に自力で作ったことだけが自分にとって重要.
これでロールピッチヨーがどうのとかも把握できたつもりだし,
ゲームのモーションとか3Dのキャラ表示とかにも繋がりそう.
学校で習った三角関数とかも,役に立ったと思えるのは
ゲームやフラを作ってるときくらいだったりする.それと折り紙か.
ニートになってから作り始めた意味の分からない有象無象が
全部繋がっていくような気がする.

(ひねくれ自己否定)
しかしそれが何だというのだ.
何かを作っていると繋がりを感じやすくなるのは当たり前じゃないのか.
自分の持つノウハウで出来ることをしていくんだから.
この人は「タイポグラフィを学んだことがマックのフォントの美しさ
に繋がった」
とか言っているけど,
よくよく考えてみるとそこに意味はあるのか.
自分の持つノウハウや美学を,自分の作るモノにつぎ込むのは
当然なんだから,それが繋がったように感じるのは当たり前ではないか.
自分の持つノウハウをつぎ込んだモノで勝負をして,
それが成功したとき,「あぁあのときアレを学んでいて良かった」と思う.
そこに何の意味があるのか.
別のモノであっても同じように感じていたはずではないか.

結果的にそいつが成功したかどうか.
あり得ない話だけどこのニートが何らかの意味で成功?すれば
自分の人生について言いたい放題ができるのと同じ.
「ニートになって私が興味をもったものは後に
 非常に価値のあるものとなりました」
とか言いたい放題である.
そんなのは馬鹿げている.いろんな意味で.

(ひねくれ続ける)
「今やってることがどこかに繋がると信じて」だってさ
そんなこと言われたらこの勘違いニートは
この生活を続けてしまうよ.今の生き方に信念を持っているし
こんな生活でも今の生活を愛しているから.
「最もクリエイティブな人生へ導かれた」だってさ
ニートになる前はロクに何かを作ったりしていなかったんだから
比較すればニートになってからクリエイティブになったと
言い張ることは出来る.
そんなんでいいのか.いいわきゃない.
そして「死を覚悟して生きていく」ってのはいつもやっていること.
というかニートはやたら巨視的なので人類が全滅した後とかまで
吹っ飛ばして考えるのでやたらと虚無的です.
「他人の雑音に惑わされない.」
「自分の直感に従う.」

この辺りの言葉も,とらえ方を間違えればニート全肯定になってしまう.
「Stay hungry. Stay foolish.」
馬鹿なニートは空腹ですよ?餓死すればいいじゃん.
そういう意味ではないだろうが.

(ひねくれすぎて素直になる)
とまぁこんな事を考えてみても,
別に馬鹿にしてるわけではないのです.
むしろリスペクトします.ジョブズさんまじパネェっす!
この動画で,この演説を小馬鹿にしてるコメントをみると
むしろハラが立つくらいですしね.
お前にジョブズさんの何が分かるってんだよ!

(ひねくれ客観視ピエロポーズ)
とまぁこんな風に低脳ニートApple創設者の演説を
引き合いにして色々見当違いなことを言ってるのも
端から観察する分には面白かろうってこってす.

                //|
            ////
        ___   |// ___
    ///////>─<//////\
    //////////////////////
  //////////////////////
  |////////////////////|
  |////////////////////|
  ∨//////////////////∧
    ∨///////////////////\
    ∨///////////////////
      ∨/////////////////
        \////>‐</////
         ̄ ̄      ̄ ̄

関連記事
[ 2009/03/28 00:25 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(3)
こんにちは
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
[ 2009/03/23 14:40 ] [ 編集 ]
古い記事ですがコメントします。
人生の失敗者に演説させてはどうかとおっしゃってますが、的を射てると思います。以前そういった視点から書かれた本を読みました。
「起業で失敗した人から学ぶ起業の術」とかそんなたいとかだったかな。
題の通り起業に失敗した人達の話が沢山載ってました。
まあ別に私は起業家でもなんでもないですが。
失敗から学ぶのは大事ですね

クソコメ失礼
[ 2013/05/03 14:03 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> 古い記事ですがコメントします。


しかし本当に古い記事ですね。

古い記事というのは、自分でも何書いてたか覚えてないですし、
書いていることに、もはや自分でも共感できなくなっていることもあります。
この記事も、割と糞記事ですね。もうちょっと突っ込んだことを書けるような気もします。


>失敗から学ぶのは大事ですね


自分がこの記事で書いていることは、
「成功者のサクセスストーリーを聞いても勉強にはならないのではないか」
ということですね。

(これは本当に今でも言われることだと思います)
(「どんなソシャゲーがウケるか」なんて誰にもわかってないのではないのか)
(「数撃ちゃ当たる」の結果の成功者だけが、成功のノウハウを語るが、実はそこには全く価値がなかったり)
(「認知バイアス」の中でも、特に『生存者バイアス』)
(・・・みたいな話ですよね)



では、逆に失敗者の失敗ストーリーを聞けば「他山の石」となるのか。

これも、「同様に謎」だと思うのです。


もしもこの世の「成功」と「失敗」が
殆ど「試行錯誤の中の運ゲー」でしかないのなら、
成功者の話も、失敗者の話も、「同様に価値がない」とするのが正しいのかもしれません。


つまり、「成功者の話を聞いて何でもかんでもチャレンジして、酷い目にあうリスク」を語るのなら、
「失敗者の話を聞いて何でもかんでも萎縮してしまって、何の成功も収められなくなるリスク」についても
考えないといけない気がしているのです。




つまり、「生存者バイアス」があるなら、「敗北者バイアス」もあるのではないか、と。

(ならば、両者の話をバランス良く聞けば、バイアスは無くなるワケですが)






このカオスで広大な世界の中で、
多くの人間が何かに挑戦して、その一部分が成功する。

それだけの話なら、それでいいではないか。

もしも全てが運ゲーであり
その率を高めるために人間ができることが(実は)特に無いのならば、
成功者を増やす方法は「母数を増やす」しかない。


ならば、サクセスストーリーで人間を勘違いさせるのも、意外と「正しい」のではないか。
それは一応、人類全体のためにはなるだろう。 (大失敗する個人は増えるけど)

そういうことを考えた上で、彼らは人民を煽っているのではないか。

だから売れたミュージシャンは皆、「夢をあきらめないで」的な歌詞を歌うのではないか。


そんなことを自分は考えているのです。


[ 2013/05/06 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -