ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  Flash作成過程 >  活動限界の活動中

活動限界の活動中

やる気は出てきたような気がするけど
そうなると変に凝り性になるのでやっぱり何も完成しないのであった.


例の糞ゲのタイマー表示くらい,
7セグメントでかっちょよくやろうと思い,
どうせなら活動限界の表示画面っぽくしようと思い立ちました.


途中までこんな感じでやってました.
しかしテキトーに作っても面白くないし,
作ったモノにそれ以上の応用が利かない.

ということで
どうせならもっと頑張って作って時計のフラッシュとかにでも
応用できるくらいのにしようということに.


しかし元の活動限界画面はこんな風に遠近感がかかっていて
バランスが非常に分かりにくいです.
これを見ながら上のようなパス絵を描いても正確じゃないし,
ましてこれをそのままトレースしたのではいかんのである.

よってこれに逆にパースをかけて
直交させる.

といっても実際にやったことは,
「メタセコの四角ポリ一枚にこいつをテクスチャとして貼り付けて
回転と視点設定でカメラ距離を弄りまくって
うまくいくポイントを探す」
という原始的な方法.
当然もっと賢い方法はあるんだろうけど.
凸四角形の4点を入力したらそれを長方形に変換してくれるソフトとか.


というわけでこういう直交画像?が得られました.
↑この水色の線が元の画像の輪郭線だったワケです.
こんなに歪んでたのね.   → ∠> 

んで,これを資料にしてパス絵を描けばいい.
それが出来たら今度はこの水色の線がちょうど長方形になるように
パース変形をかけてやれば綺麗に出来上がるはず.
..って感じでやってます. 

全部ParaDrawでやってるんだけど
多分極太明朝のフォントがないから困りそう.

関連記事
[ 2009/11/02 19:09 ] Flash作成過程 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30