ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  久しぶりに電波っぽい話

久しぶりに電波っぽい話

さて何も書くことがない。
でも実際のトコロ、
自分は常に、頭の中に流れている文章の量は相当あるつもりなのです。


自分はいつの頃からか、
頭の中で、常に何者かに向かって喋り続けるようになっています。

「自分の脳には常に何らかの聴衆が接続していて、
自分はそれらを楽しませなければならない」
という強迫観念があります。
頭の中で面白いことをしゃべれていない人間の人生には
価値がないような気がするのです。
しかもその内容は本人が本人にとって面白いだけでもダメなのです。

(これはオカルトや宗教臭い話ではない、つもりです)
(その「何者か」は、存在しなくてもいいのです)
(例えるなら、ラジオのDJとか、ゲーム実況主の感覚にきっと近い)
(誰に聞かれているか分からない、そもそも聞かれているかも分からない)
(自分の人生自体をゲームだとして、それを実況しながら生きている感じ)
(でもその内容は、どうせ垂れ流すのなら出来る限り面白くしておかなければいけない)


もしも人間の人生は虚構とした場合、
ある人間の人生の価値を決めるモノは、
その人間にとってが自分自身の人生が面白いとか、
成功しているように感じるとかではありません。
その人間の人生を鑑賞している存在にとって、
ソイツの人生や脳内が面白いかどうか。

これで全てが決まると思っています。

(人生は何者かに対しての鑑賞物であるかもしれない。
 そう考えておいて問題はない。 「被盗聴の妄想」
 というような話は何度か言ってきた気がします。それの延長の話)
(いくら自分自身で自分の人生は面白いとか自分の人生は成功してるとか
 感じていてもダメで、鑑賞者の知的好奇心に応えられる内容でなければ
 人生の鑑賞を切られてしまう
(ちょうど、人間がつまらないアニメ(虚構)を切るように)

例えば、
「何かを食べておいしかった」とか「自分の人生は幸せだなぁ」とか
そんなレベルの低い悦びは、人生の鑑賞者には通用しません。
そんな感情を抱く人間はきっと、見飽きているに決まっています。



これは完全に、自分がいつの頃からか思いついた妄想の話なんだけど、
それでも自分は自分の脳内を何者かにとって面白いモノにしておこうと努めています。

鑑賞者にとっての脳内の面白さ=その人間の人生の価値
これに関しては、出来る限り人類の上位に入り込みたいと思っています。


(いつか人間の人生はメディア化されて接続を選択されるようになっているかもしれない)
(そうであって欲しいだけかもしれない)
 ↑この理由もいつか説明しないといけない
(むしろそうだと考えておこう/そう考えて備えておくべきだ)
(人間の人生は、自分のためでも他の人間のためでもない事は考えれば分かる)


そうやって考えたときに、
自分の人生の「メディアとしての価値」について考える。
コイツは、放っておいても価値ある人生だろうか、鑑賞者に対して。
他の68億の人間を押しのけて優先して接続されるに足る興味深さだろか。
(いや、今まで存在した人間、そしてこれから発生する人間全ても競争相手である)
(特に、完結してきた偉人達の人生なんかは、かなりの人気シリーズになっている筈だ)

それらに対する自分の、このニートのアドバンテージは何だ?
少なくとも自分は、思考と行動の異常さと合わせて、 
(こんな事を考えている時点でそれは保てる)
そして、頭の中で常にゲーム実況のように人生を実況する、
という事をし続けています。
自分の人生のポテンシャルの面白さと合わせて、
「これで全人類の上位何パーセントだろうか」などと考えたりします。



その結果、自分の行動はかなり異常なモノになってくる。
他人から見ると理解できない選択を平然と選んだりする。

それはそうだ。
「利己主義」でも「利他主義」でも絶対に説明が付かない
行動原理なんだから。


存在すらしない何者か(全人類と何の関わりもない存在)が、
自分の人生をヲチしているとして、
その者にとって最も興味深く、面白くなるような行動の選択を選ばないといけない。

これが、このニートの行動原理です。

普通の人間なら到底恥ずかしくて出来ないような行動を敢て選んでみたり
逆に、普通の人間なら当然選ぶような普通の選択は、
当たり前すぎて恥ずかしくて選べなくなります。


こんな、誰のためにもならない 
妄想の上位存在に対しての自己ピエロ化した行動ばっかりしていると、
結果もちろん、人生はボロボロになっていきます。
(まさにニートになったりします)
(そりゃそうだ。利己でも利他でもないんだから)

それすらも、「やはり人生の鑑賞者にとっては興味深いだろう」という
無限ループの正しさで成り立っています。



そして常に自分は頭の中で喋りながら色んな事を考えています。
寝る前とか布団の中とかは、特に大量に頭の中で喋ってます。
そういうときの自分は、いくらでも更新するネタがある気がするし
何だって語れる気分になっています。


でも起きると、全てがバカバカしく思えてきて
結局何も書けないです。

例えば今書いているこの、「ガチ電波」な内容の話は、
寝起きの精神状態では絶対に書けないです。


つまり、こうして何かを書いているときというのは、
「躁鬱」で言えば「躁」の状態の時が多い。 (そりゃそうだ)
だから結局残るのは、常に頭がオカシイ時の文章だけになる。
今だってオカシイ。


さらに、ちょっとした事、下らない事などは
全部ツイッターの方に流れるようになってしまいました。
(それにしたってツイッター上では
 あまりネガティブな事は呟くに呟けない)


これはヤバイと思う。
これをヤバイと思うのがヤバイのか。

関連記事
[ 2010/04/24 19:35 ] 駄文 | TB(0) | CM(4)
No title
誰かに向かってしゃべっているような感じは、思考と言語が関連しているとすれば自然のような。ひょっとしたら程度の差はあれ皆そんなもんかもしれませんよ。リアルで確認してないでしょうから、他人がそう思ってないかどうかって、チェックしてませんよね、きっと。
誰かに見せてるとまで思うかどうかは別?でもそれで結局、諦めをつけたり妥協できるなら、強迫とまではいかない気がするんですよね。もっと別の何かに対して理由付けをしているのではないかと、とりあえず私にはそう見えます。

「毎日更新する」とかじゃなくて「気が向いたら更新」という条件なら、どこかに閾値があるんでしょうから、冷静な時に見るとヤバイってのは普通じゃないかなぁ。
ちょっと話が違うかもしれませんけど、例えばネット上の掲示板やらブログのコメなんか、言いたいことがあるから書くのであって、(知り合いなんかで義務的になってるのは除くと)信者っぽい書き込みか、批判めいたネガティブなコメの2つに偏ってるって印象がありますけどねぇ

酒は週1くらいでしか飲まないのに、日記を見直すと常に飲んでるように見える、って誰かが言ってたな。
[ 2010/04/25 00:03 ] [ 編集 ]
コメ返信
>程度の差はあれ皆そんなもんかもしれませんよ
そうなんですかね。
自分のは、もうちょっと進むとヤバイレベルだと思います。
まぁ独り言よりはマシだと思ってますけど。


>もっと別の何かに対して理由付けをしているのではないかと
そうですね、結局説明できない何かを隠しているんだと思います、
このニートは。


>信者っぽい書き込みか、批判めいたネガティブなコメの2つに偏ってるって
確かにそうかもしれませんね。
どうでもいい人は何も言わずに去っていくだけでしょうから、
意見が出ると言うことは、肯定でも否定でも
そのモノに対して多少なりとも関心があるってことでしょうね。


>日記を見直すと常に飲んでるように見える
それは面白いですねw

自分なんかは、このブログを見る限り
常に発狂しているように見えると思います。
でもやっぱり、実際に自分は常に発狂している
と思うので、何の問題も無かったですね。
[ 2010/04/26 17:59 ] [ 編集 ]
No title
似たようなことを語ってくれた友人知人のことを思い出して
なんだか懐かしさを覚えました(ニートやってたヤツもいましたよ)
本当にバイタリティ溢れる連中で、いろんな体験を聞かせてくれました

「一週間不眠不休でナンパしてヤリまくった」とか
「一人でリヤカー引いて中国横断してきた」とか
「藁しべ長者をやったら高級車もらっちゃった」とか

変なことばかりやっていて、その中でも一番驚いたのが
「航空券とパスポートだけ(現金も衣類も持たず)持って
現地の人と仲良くなりながら世界中まわってきた」でした

無事に世界一周を果たしたニートに動機を訊いたところ
「今まで生きてきて後悔ばかりしてたから、面白いことやろうと思った」
「もう死んでもいいっていう覚悟みたいなものもあったしな」
と爽やかに返されました。学業不振で高校を中退して
英語すらまともに話せないどころか、健全なコミュニケーション
ができないことに絶望していたのを知っていたので
帰ってきた時の変貌ぶりといったらすごくビックリしました

>普通の人間なら到底恥ずかしくて出来ないような行動を敢て選んでみたり
>そして常に自分は頭の中で喋りながら色んな事を考えています。

ニートさんもこれだけ素地が整っているんですから
自分の信ずるところの異常さとか面白さをネットとか頭の中だけでなく
もっと生身対生身でもってアピールしても良いんじゃないでしょうか

ただ、ぶっちゃけた話ですけど
ニートさんのブログは「ガチ電波○ね」とか「基地外やめろ」
みたいな批判的なコメントが常に見られるようなものではないので
異常だとは思えません(このエントリに関しても個人的にそう思います)
だから、犯罪にならない程度に狂気じみたことを期待しています

>存在すらしない何者か(全人類と何の関わりもない存在)が、
>自分の人生をヲチしているとして、

「2001年宇宙の旅」の原作に出てくるモノリスを作った生命体とか
「神は沈黙せず」に登場する「神」みたいな印象を持ちました
「神」に気に入られる存在になりたいって感じですか?

最後に、ブログでは書かないだけで普段こういう感じの
こと(http://natsumeryosuke.seesaa.net/)もやってたりしますか?
[ 2010/05/20 23:02 ] [ 編集 ]
コメ返信
>宮本 さん
なんか、凄い体験ですね。
そんな友人さんが少なくとも3人もいるとは、それも凄いです。

>「今まで生きてきて後悔ばかりしてたから、面白いことやろうと思った」
>「もう死んでもいいっていう覚悟みたいなものもあったしな」

これは良いですね。
人生の崖っぷち感がピークになって振り切れると
一周して謎のやる気が出てくるんでしょうか。

今の自分はそこまでの絶望とかは無いんですよね。
(それが一番の絶望だと思います)
自殺寸前の人間の、「死んだ気で頑張ってみる」って
気持ちは、凄い行動力になるんでしょうが
今の自分はあまり自殺も考えてないようです。


>自分の信ずるところの異常さとか面白さをネットとか頭の中だけでなく
>もっと生身対生身でもってアピールしても良いんじゃないでしょうか

たしかに自分はネット内のことしか考えてないですねー。
そして、そのネット内ですら、吹っ切れてない感じがします。

しかし、リアルで何かデカイ変なことをやるとなったら、
犯罪めいたことしか思いつきません。
世界一周とかも、あまり自分は興味がないのです。


>「神」に気に入られる存在になりたいって感じですか?
そうですね。
「神」って名前や概念では無い、と思いたいのですが、
殆ど自作の宗教なだけかもしれません。

ただ、通常の宗教と違って、
普通の意味で神に気に入られる/好かれる必要はないんですよ。
(そういう信仰思考の人間は、神にとってつまらない思考だから)

だから自分の考えを、「宗教とか神」に置き換えるなら、
これは「教義において殺人も許される宗教」ですね。
「映画の登場人物は、エンタメ全体として考えれば殺人が許されてるから」
(もちろん映画の世界内では罰せられるでしょうが)


>普段こういう感じのこともやってたりしますか?
ナンパってことですか?
自分はそういうこと全くやらないですねー。
きっと自分は他人に興味がないんでしょう。
[ 2010/05/22 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -