ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  アスキーアート >  デスブログへと至る道 ~または実写AAの糞難しさについて~

デスブログへと至る道 ~または実写AAの糞難しさについて~

東原亜希さん という方のAAを作りました。
かなりヤバイ人らしいですね。 → 東原亜希伝説

そんな人のAAを作ってしまうなんて
このニートの身の上にもきっと、最悪な災厄が降り注ぐこととなるでしょう。

     ,  '  ̄`. : <    '⌒丶
    /  ..: ;.: :    > . : : : : .‐ 、 ‐- 、
  / / ..:;::'′ _,.  '′. : i ; 丶 `丶   、\ ノ
  !,.' .:::   / .:/ / .: : : :l :i  . :ヽ: : .\ ` く´
  ,' .::  / ,' .:/. :/.: : : : :l: :l: : : : .lヽ: : . ヽ : .ヽ
 .: ::. ///;' .:/l: :/; : : : : |: .:l: : : : :| ヽ : : . ', : :.ヽ
  ', :. i//.,' ://|: :'/; : : : :|.: .:|: : : : :l ヽ: : : .', :. :.ヽ
  ',、:.l八: //八: :'/,: : : :|: :丿,.: =‐.、  '; 冫'ヽ; :∧ヽ
  〃ヘ;j乂/// :ハ: : '/,: : :|: ;'/ _,... 、     ,.ハjヽi/∧ 丶
  l|.:厂`ヾ / ://人: .'/; : | _,.イじj ゝ    `¨ ' ∨,ハ. '⌒ヽ
 _,乂   〉:/〃 ハ.\'/; :l   `            Y.:i ;i__ 丿
、_彡ヘ   |/⌒乂ノ  '; j:リ         .:       l; : :lト 、
  フ'^ト、_八 ノ 〈   ,'ノ;′          ´ '′  八: リ人> 、._,.
,/  .八.丶〈\ヽ冫_ノ:,:'            ,..: __..、 ,' / / >ヘ __
  .,:三三. ヽ丶>イ<、        ー<二.イ // / .:彡'′⌒)
 ヽ:三...三.  \,彡'⌒ヾ、: .        `  ´ 〃 / .:<_,.イ/
   ヽヽニ三..  (/⌒ヽ、ミ; : : .丶          j://:i : : . <_,. 、
     ≧-‐===卜、_八 :',     ` : :,r-=≦八:|: ;彡⌒彡ヘ:',
  /. : : : : : : . \: . \ 乂        /    ⌒ヘ(: .<´  .ノ|
  ∨/: : : : : : : : : . \: . \ 丶    /          \ヽ: : 三;:ノ
   ∨/: : : : : : : : : : : : : : . \    〈          \_`'<.__フ′


まぁそれは置いておいて、
改めて、実写AA糞難しさを痛感したので
ちょっと思ったことをまとめて書いてみます。


 

まず元画像がこれ↓
これがAA作成依頼スレに貼られていました。


そして、元画像のエッジ検出をしたモノがコレ↓
(一応、ネガポジ反転グレースケールもしてますが)

これは、分かりやすく輪郭を視覚化したワケです。
画像を線で追って再現するAA化を行うにおいて、
AA書きが無意識に脳内でやっている処理に一番近いのがコレでしょう。

分かりますね。
もうこの時点で、ビックリするほど似てないのですよ。
「機械による忠実で愚直で正確なエッジ検出の結果が
全く似ていないのに、どうして実写AAを似せることが出来るのか」

ということです。
(愚直という所に救いのポイントがあるような気がしたけど、無視しよう)

「実写AAは、拾う線の取捨選択が難しい」というのもあるでしょう。
でも、機械が完璧に線を拾ったとしても、似ることは無いのです。

並べてみてもこんな感じ↓
tes on Twitpic

やっぱり似てないですね。
というか、なんかブサイクに見えますね。
実写のAAを作るとき、女性の人をトレースしても元よりも可愛くなる事が
殆どと言っていいほど起こらないのも、この辺から来ているのでしょう。


目線も変わっているように見えますね。
目線が、写真では左下方向なのに、エッジ抽出では右上に見えます。
(まぁ「AAは目が命」なので、コレに関しては
 何が起ころうと言い訳せずに全力で似せようとしなければダメですが)

のソリューションはもう、分かりません。
若い女性の実写AAで、鼻は一体どうしたらいいのか。
こんな風に、「もの凄いハイライトを当てられたような感じで
殆ど書き込まずに逃げる」
 これしかないのではないか。

の表情も違って見えます。
妙に、「イーッ」ってしているように見えますね。
これもAA化する時にも苦労しました。


他の問題点としては、
髪などのボリューム、厚さ、色んなニュアンスが変わって伝わることです。

例えば、耳の後ろ、後ろ髪をまとめた部分。
写真の方だと、そんなにボリュームは感じない部分なのですが
エッジ抽出の方は、妙にボリュームがあるように感じられてしまいます。
そして、AA化してもそのまま、モサァとした違う印象になってしまうのです。
(だから自分はこの部分、あえてあんまり描き込まないようにしました。
 「三トーン」とかで軽くやっつけております)

あとアゴのラインもくせ者ですね。
そのままトレースすると
妙に下ぶくれに見える気がします。
自分はかなり角度を捏造しています。
(これ、ライトニングさんの時もやってたり)


ちなみに、
「なぜエッジ抽出だけでこんなにイメージが違って伝わってしまうのか」
についての分析自体は出来ておりません。
(ただ、起きる現象そのものに恐れ戦いているだけです)

でも、アニメ/漫画などはこの輪郭抽出をしてもそんなに
イメージが変わってしまうということは無いはずです。
(だからそれらのトレースは比較的簡単なのだろう)
「エッジ抽出によって大きくイメージが破壊されるモノほど
AA化は難しい」
ということでいいんじゃないでしょか。


そして、何千回でも言いますが、
問題を認識出来ていることと、それを解決出来ているかどうかは別問題。
結局、自分もこんなふうにグダグダ言ってますが
結果は一番上のAA自体を見れば分かります。

微妙です。いや、酷いです。ゴミです。
どうにもなりません。


しかも、まだ問題の羅列は続くのです。

ところでAAは、ある程度画像を拡大縮小してトレースする事が多いです。
今回も、自分はこの画像のように240%に拡大してトレースしました。


なんの脈絡もなさげにアップになりましたが、
なんか印象が変わったんじゃないでしょうか?


さ ら に ブ サ イ ク に 見えるようになったと思います。
多分これも、別次元からの大問題。

ある種の画像は
見るサイズ、解像度、ディプレイからの距離、視力などで
印象が変わってしまうということ。


このような画像もそうだし、AA自体もそうだと思います

「見る画像のサイズで印象が変わるなんて、んなことあるか!」
「そんなオカルトありえません!」

などと思う人は、この辺この辺見よう。
(もうあんまり説明する気力も無くなってきた)

ちなみにAAの場合は、見る角度によっても変わります。
(人間の視覚は、上下の繋がりを補間する力があるらしいです)
(AAは上下にスライスされて2pxの縞々が入っていますが
 それがあまり気にならないのはこのため)


んで、この辺の問題点がどう繋がってくるか。

AAを作る人というのは、
ある程度AAの見方というモノも無意識に体得しているので
「AAってモノはこんな感じの距離で見るぞえ」ってのが
分かっているんだと思います。

逆に言うと、その慣れのままAAを作っていてしまうと、
AAの見方というモノにそんなに頓着していない人が見た時に、
「なんか似て無くないか?このAA」
「なんかこのAA、遠目から見るとグロいんですけど?」

みたいなことになるんじゃ無いか、という話。
(何万回でも言うけど、このニートはそれを解決出来てない)
そして、「元画像の時点でそのような事が発生する実写AA」は、
通常以上に、その危険性がデカイということ。


なんかテキトーになってきたけど
他にも問題はいっぱいありますね。
AAが二値画像であること。
それもユニコでも使わない限り
実質、線と点しかないようなモノであること。

実写AAには、そういったあらゆる問題が詰まってる気がします。

解決方法?
シランですよ。
(何億回でも言うけど、ニートが知ってりゃ苦労しない)

首を90度傾けてみたり、
自分のAAが最もゴミの如く見えるポイントを模索するのも
イイと思います。
(なんじゃそれ)

で、何兆回でも言うけど
結局出来たのは↑のようなAAなので、どうしようもないです。
「女装したひろゆきです」って言った方がまだ広まりそうなAAですね。


結論:

実写の
若い
日本人の
女性の
トレースAAの
ムズさは
異常


関連記事
[ 2010/05/12 15:17 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -