ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  Flash作成過程 >  使徒時計製作中 その3

使徒時計製作中 その3

作業環境が変わってから移行に手間取ったけど
まぁなんとかやっていけそうになりました。

というわけでようやくマトリエルさんの頭の部分ができましたとさ。


マウスと方向キーとかでグリグリできます。


たったそれだけなんだけど、この部分は、
これだけの割に、かなり頑張ってます。
自分の持つ擬似3Dのネタがてんこもりです。

拡大表示しまくって、
どこがどうなっているか想像してもらえるとありがたいです。


といいつつ、自分でペラペラと説明しだします。

マトリエル

① 頭の中心
  球は、どこから見ても円であることをやめぬ。
  だから球などは、_xscaleと_yscaleを、そのままソイツの持つ
  遠近感にあわせて拡大するだけです。最強の素材。
  でも一応影の方向と、影の深さはアニメーションするようにしています。

  こいつは、頭の中心と、その真正面、その真横の座標を持っています。

② 頭の境目
 こいつは、円弧の形状をしている画像と、まっすぐ棒状の形をしている画像の
 モーフィングです。
 その基準となるのが、①がもっている中心と、真横の座標の、X座標差です。
 それプラス、①の持つ真正面への方向を向くようにしています。
 それだけで、球の分断をしているっぽくなります。

 この境界線を動かしているのと全く同じ関数で、
 マトリエルさんの両肩の部分にある光の円環も動いています。
 (それにしてもマトリエルさんの肩にあるコレはなんなのだろう)
 (正直、コレが無い方が、統一的なデザインで良いと思うのに)
 (マサルさんの肩にあるアレみたいなもんだろうか?) 

③ 目
 目が持つ座標と、①の中心との「単純な距離」がわかれば、
 それを遠近感で割れば単位球としてのdがわかる。
 それはそのまま、目玉の、①に対する角度のコサインと言う事。
 だからそのサインにあわせて_yscaleを縮めるだけでいい。
 向きは中心を向かせる。
アホ

④ クチバシ
 これはもうそのまま3角ポリゴンとしてテクスチャ貼りました。
 ↓こんなの。
 裏側を向いているときは赤くしています。
 マトリエルさんのクチバシの裏側は赤いのです。常識ですね。
マトリエル


これでようやく、時計っぽく頭が動くようになりました。

でもコイツ、時計としては微妙ですよね。
秒針にも分針にもなってないし。
タイミングが意味不明です。

今はとりあえず、短い方は0.5秒に一回動き、
長い方は10秒で一周するようにしています。
本物も、わりとそんな動きです。

マトリエル

関連記事
[ 2010/07/19 14:08 ] Flash作成過程 | TB(0) | CM(5)
働けても高卒から無職ニートの漏れにはアルバイトが限界だ

(泣)

辛うじて親がローン無しの住宅があるので死んだら漏れは一人っ子だから200万~の名義変更して住宅引き継ぐつもりだお←親から金を贈与して貰う(贈与税分は自分で払うけど)

親が土地も資産も無い家賃生活の家庭に産まれた子供は必然的に家賃暮らしになるでしょ?

今の時代3000万の家たてるのに何十年ローン地獄に見舞われるのか考えただけど怖い

ローン中にリストラされたらね…人生オワタになりかねないし

そう考えると名義変更して所得税や固定資産税が年間20万くらいだから月に直すと2万以下で家に住める漏れはまだましかなって

これだけが救いです
(後は親は保険も財産も無いし)

最低ラインのアルバイトでもとりあえず生きれるから(老後の年金生活までは考えてない)けど安心してる

9月頃からすき家かどっかでバイトして免許も取ってみるよ

上記の考え方からして漏れはホームレスまっしぐらな人間だからどっかで一歩踏み出さなければ
[ 2010/07/22 18:35 ] [ 編集 ]
こらこら
テンション下げんなや(w

下手すりゃ親の介護だってあるんだぜ?
地元の皆さんには今後いろいろお世話になるだろうし、
いろいろ顔つなぎしとくとか、そういうことも考えてみたらどうだ?
「周囲の人が、自分がどういう人間か知っている」っつーのは
(昔はヤンチャしてたとかいうのも含めて)けっこうな財産だぜ?
自分磨きして逆玉狙いっちゅーのもないこたない。

二十歳前なら頭下げて回っても格好がつくだろう。
そうそう悲観するもんでもない
(つーか、こんなとこで愚痴るほどの話でもない)
と思うがどうだ?
[ 2010/07/23 23:34 ] [ 編集 ]
コメ返信
>群馬のニート(19)

なんだかよく分かりませんが自分には、
あなたが随分しっかりした人に見えるのですが。。。
というかバイトしている時点でニートでは無いですよね。
立派なフリーター?さんです。自分より格上の存在なのです。おめでとうございます。


自分が19の時はなんにも考えていませんでしたよ。
なんというか、
いつか最後に生活できなくなったら、自殺すればいいと思っていましたし、
自分は自殺せざるを得なくなるまで追い詰められればいいとも思っていました。


というか今もワリとそんな感じですね。
結局、ローン、所得税、贈与税、固定資産税やらなにやら、
自分は本気で考えたことがないのです。
将来とか未来について、考えたくもないですし、
自分は想像力もないから考えられないんでしょうね。(学習性無気力)


自分は、自分の親がどの程度財産を持っているのか持っていないのか、
その辺の情報を本気で知りません。
親と話さないし、話したとしても、金の話なんて死んでもしたくないので
絶対に知り得ない情報なんですね。
(そんなんで何故今、生きていけているのか、という説明もまた、
 死んでもしたくないのですが)

自分の人生を台無しにしたのは親だと今でも思っていますし、
自分をして労働力として十分有効活用できなかったのなら、
それによって発生する不利益も被ればいいとも思っています。
育児に失敗した親は、一人の人間の人生を台無しにした
それ相応の不幸を受ければいいと思っています。


「親と生まれた環境」という要因は、
「今の人生」という結果を出力するための「関数」です。
あなた自身と、あなたの行ってきた行動は、「引数」です。

あなたの人生のことは何も知りませんが、
あなたが高卒なのもきっとあなたの親のせいです。

-----------------------
なんか今回、わざと滅茶苦茶を書こうとしてるっぽい自分ですが
まぁ未だにこの程度のことしか考えることの出来ない自分と比べれば、
あなたは随分と自分の将来について計算出来ている気がします。
あなたはホームレスにはならない気がします。
(そういえばホームレスの人は生活保護とか受けられないのかな?)
(住所はあるワケですよね。 まぁよく分からんですね)
-----------------------


> Mr.Moto さん

>親の介護
これほどまでに絶望的な概念もないですね。

「姥捨て山」
「定年食」(筒井康隆)
「黒いちゃんちゃんこ」(永井豪)

↑これらのほうが希望があります。
崩壊寸前の生にしがみついてまで
子孫に迷惑をかける親は死ねばいいと思います。
(逆は真ならず)

もっと正確に言うならば、
正しく子供を教育できた親だったなら、
子どもが「親は死ねばいい」なんて考えを持つことも無いので、
結局、自分の子供に「親は死ねばいい」というようなことを
考えられている時点で、その親はそのまま「死ねばいい」ということです。
一人の人間を、そのような考えを持つクリーチャーに
産み育てた張本人なのですからね。


>いろいろ顔つなぎしとくとか、そういうことも考えてみたらどうだ?
>二十歳前なら頭下げて回っても格好がつくだろう。
>そうそう悲観するもんでもない

ところで自分には無理ですね。近所づきあいとか。
いつか自分が殺人鬼になってニュースになったなら、
近所の人達には「あいつは異常だった」みたいなことを言って欲しいです。
ありがちな、「礼儀正しい人だったのに・・・」みたいなことは言って欲しくないです。


>(つーか、こんなとこで愚痴るほどの話でもない)

まぁこういうことを決めるのは、一応
どんな異常者であっても自分ですよね。自分の糞ブログなので。

とにかく自分以外のニートの方の話は、
とても有り難いです。
(有り難いなんて言うのは不謹慎か?)

というわけで本当にありがとうございました。


あえてなんか言うとすれば、
県名とか年齢とか、そこまで個人情報を出してくれなくても良いですよw

というか、名前欄がわけわかんなくなりますかねw
自分が「〇〇ニート」みたいなテキトーな名前で
意味不明なコメ返信してるのが悪いのですが。

[ 2010/07/25 06:23 ] [ 編集 ]
義務教育
> 自分をして労働力として十分有効活用できなかったのなら、
> それによって発生する不利益も被ればいいとも思っています。
その点についてはまったく同意見。

義務教育というのは、社会という公的なリソースを
有効かつ永続的に利用してゆくためのスキルを身につけさせるものだから、
基本的には社会の永続性に支えられているわけであり、
「あなたのため」より「お国のため」が優先される。
国益より自分の利益を優先する輩を生むのも、
国益に適う人間を活用できないのも、
義務教育の失敗といえる。

まあ、個人的な話をすると、
おれの父親は、こうした義務教育観からいうと
成功例であり、おれの母親は失敗例
(というか、いわゆる戦後教育の成功例)だったと思う。
父親は公的規範に従い、母親は私的規範に従うタイプだと思う。
父親が病気で動けなくなったときに、
母親が私的規範に従って行動したことに対して父親が憤っていて、
結果的に父親が寿命を縮めた
(正直、おれの父親は母親に殺されたと思っている。
父親の介護は、同性ということもあったろうが、
それほど厭ではなかった)と考えているが、
公的規範に従っているおれは、その母親の介護をしている。
それは、私が父親と同じように公的規範にコミットしており、
そうするのが父親が殉じた公的規範に適合すると
判断したからである。

このあたり語りだすと長くなるので、
自分のブログかなんか立てたほうがいいかも知れんと
ちょっと思った。
[ 2010/07/26 23:14 ] [ 編集 ]
コメ返信
> Mr.Moto さん

>国益に適う人間を活用できないのも、
>義務教育の失敗といえる。

社会が社会にために、まさに「社会のためになる人間」を育てることができて、
それがその人自身のためにもなれば、まさに理想なのですが、
まぁそんなに今のこの社会がうまくやっていけるワケもなく、
結果、この自分のような「反社会的存在」を、社会自体が産んでしまうんですね。

そんなことは、社会のためにも、
そしてもちろんこのニート自身のためにもならないんですね。

なんというか、馬鹿と馬鹿同士がお互いに傷つけ合っている構図でしょうか。
自身も含めて、"人"を救うポテンシャルが低いんですね。
救えないですね。


>まあ、個人的な話をすると、 ~

なるほどー、割と尊敬できる父親さんだったのでしょうか。
羨ましい限りです。

自分は本気で、人生は7割くらい親で決まると思っています。
(これでも少なめに言っています)
(確率的決定論なら、親で10割決まります)


>公的規範に従っているおれは、その母親の介護をしている。

割と本気で偉いと思います。
(なぜか、「偉い」という言葉には少し、上から目線成分が含まれている気がしますが、
 純粋にリスペクトってことです。)


それとは関係なく、この自分が将来、あの親の介護をするかどうかとかは、
さっぱり予想が出来ませんね。

(ジョジョ5部に出てきたチョコラータにみたいに
 要介護者に罵詈雑言ストレスを与えて自殺に追い込むとか)
(あとは、ディオ・ブランドーが、父親のダリオ・ブランドーに
 対して行った、何か)

まぁ、こんな滅茶苦茶を言っていても結局、
過去の自分は、今の自分の状況ですら予想出来てなかったワケで。
(案外普通の行動を取る、というのがあります)



あと最近の自分は、コメント欄がぬるぬると続いているのも
悪くないかな、などと思っているので
割と気にしないのですがねw
[ 2010/07/28 11:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -