ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  シリアスなポケモンについて

シリアスなポケモンについて

とりあえずポケモンの話。そればっかり。

もしも自分がポケモンの二次創作SSをやるなら、
どのように世界観・設定を固めていくだろうか、という話。

ピカチュウ


 

考えてみると
実際のポケモンの設定やストーリーに文句をいうよりは
このようにして自分の中で固めてしまうほうが
色々と健全な気もする。

だから、此処に書いてあることは、
実際にはそんな設定は一切なくても
「こうあるべき」という断定調で決めつけていきます。


まぁ色々と各テーマに基づいて

◆ポケモン自体について

まず、真っ先に固めるべきは
「ポケモンは人間を攻撃できるか否か」という点。
自分にとってはこれが一番大事。

アニメやゲームでは、一応「トレーナーが命令すれば可能」という
ことになっています。
ワタル「カイリュー!はかいこうせん!」
サトシさん「ピカチュウ!俺にボルテッカーだ!」

(なんだこの愛の差)

でも自分的には、この辺をフリーにするとかえってつまらないと思う。
この辺のことだけでも延々と語りたいけど、
やはりポケモンをそのように使えてしまうとなると
あまりにも殺人が容易すぎるし、その世界の住民の意識が
いろいろとおかしくなる。


そもそもポケモンとは一体何なのか。
ポケモンの技とは一体何なのか。

明らかに野生の動物が持つ自衛や捕食のための攻撃力の域を越えている。
攻撃種族値140のポケモンで「ダンプカーを パンチで はかいする」
攻撃種族値130のポケモンで「2びょうかんに 1000ぱつのパンチを くりだすことができる。」
これらから考えるに、攻撃種族値がさほど高くないポケモンでも、
少し本気で殴っただけで、容易に人間を殺すことができる。

さらに、あらゆる超常現象を起こしたり、天候を操ったり、
果ては災害まで起こせるポケモンもいるわけだ。

この異常すぎるまでの攻撃性と能力を持った生き物は何なのか?

トラヴィス事件の事も考える。
飼われているチンパンジーでさえ、ちょっとした精神状態の変化で
簡単に人を殴り殺すようになる。

ましてポケモンがバトル中に混乱状態におちいったなら、
「チンパンジーの何十倍もの種族値から繰り広げられる攻撃」によって
トレーナーだろうが関係なく、一瞬でミンチにされるに決まっている。

なぜそのような「事故」を、あの世界の人間は恐れないのか?

その辺りの疑問を全て解消させるため、まず次のような設定で固めます。
ポケモンは、古代文明が創りだした生物兵器の名残である。
その上でロボット三原則のように、基本的に人間を攻撃できないようプログラムされている。


ポケモンの起源については、アルセウスがどうの~
とかのツッコミがあるだろうけど、
アルセウスもまた、被造物ってことにします。
神話ごと作られた神です。
(まぁこのへんは、完全に平成ガメラですね)
(ガメラもまた、守護神でありながら結局はアトランティス文明の創りだした
 生物兵器。最終的に人間を守ることよりも地球を優先する)

これで大事なのは、人間側は絶対攻撃されないということが明らかになっている事。
(それを人間は、勝手に絆のためだと勘違いしたりもする)

もしここをフリーにしておくと、
ロケット団などがダイレクトアタックを積極的に行わない理由がない。
(その世界の法律設定でガチガチに固めてもいいけど)
(ロケット団が法律を守る理由もないか)
そして野生のポケモンがあまりにも危険すぎることになる。
そんな世界がもしキチンと存在しているなら、
人間はポケモンを手懐けて自衛をするか? んなわけない。
全員銃で武装します。

そういうのは、ちょっと困る。


そんな感じで、ポケモンの攻撃性には制限をかけておく。
その方がリミッターの外し方が分かった時とか、面白いから。
それ以前の段階で、何とかしてポケモンに人間を殺させる方法を考えるのも面白い。
(どっちにしたって、事故でも何でも、物理的にポケモンが人間を殺せるのは明らかだし)


◆ポケモンの数値情報

基本的に全て見えないものとする。

アニメのポケモンでも、種族値、レベル、PPなど、
ゲームでは見えていた数字は、全て出てこないはずです。

現実に生物が存在して、その生物の力を
体力測定以上の精度で絶対的に評価できるわけがない。
つまり、全てファジーです。

では逆に、ゲームに現れている数値は何なのかと考える。
解釈しやすいモノもあれば、難しいモノもある。

HPやレベル、種族値はまだ分かる。
(それにしたって、HPと瀕死、寿命、そして死の関係性なんて
 難解過ぎる問題だけど)

多分、一番解釈が厄介なのは、PP。
これは、自分的には、回数が決められているというよりも
ポケモンの疲労度や集中力を削る分数の分母のようなモノだと解釈する。
そして、疲労度は時間によって回復し得るとする。


◆死

当然のように
「ポケモンはバトルにおいて死ぬ」ということもはっきりさせる。

瀕死状態のポケモンに無理をさせると死ぬし、
当然、相手の瀕死のポケモンにトドメを差しても死ぬ。
(自爆系の技を使ったポケモンが死ぬかどうかは、考え中)

また、上記のPPの解釈でいくと、
限界を超えて技を出させ続けているだけでも、ポケモンは死にます。
(少なくとも寿命は縮む)
(だいたい、ポケモンバトルをさせるだけで、ポケモンの寿命は縮む)


とにかく、現実的に考えて
動物の負担になるようなことを度を過ぎて行えば、
簡単にポケモンは死ぬようにします。

例えばポケセンの前で
何度も瀕死と回復のループを繰り返してレベル上げ、みたいなことを
やっただけでポケモンは弱っていき、下手すりゃ死にます。

とりあえず主人公は、最初の一匹をこの方法で死なせる。
実際には、ライバルにそそのかされて一緒にレベル上げをしようとした結果、
カイジばりに騙されて、自分のポケモンだけ死亡させてしまう、
そんな流れにします。


◆道具・インフラ

ポケモン世界に銃はあるのかどうか、これも重要。
銃はポケモンに対してどの程度効果的か、とかも固める必要がある。

無いのなら、無いで結構。
あるのなら、なぜ銃社会にならないのか。
そのへんも固めないといけない。

それから、携帯などの通信手段をどの程度フリーにするか。
携帯を禁止したいのなら、
文明のレベルを退行させる必要がある。

そしてポケセンなどの施設の正体について。
何故、病院施設を無料で利用出来るのか。(税金なのか?)
とりあえずポケセンの存在理由などについては
相当黒い設定をつけてやりたい。


その前に、実際のストーリーでは
主人公にはポケセンの出禁を食らうようにします。
理由は、上記のようなポケモンを死なせるような
ポケセンの利用をしたことがバレて、ジョーイさんにブチ切れられたから。
もっと本当の理由は、ポケセンの存在は話をつまらなくすると思うから。


それ以外としては、
あの世界には学校がないのか?
警察や軍はあるのか?なども重要。
(そいつらの武装レベルも)
(アニメやポケスペでは、警察はいるみたいだけど)


◆人生

学校繋がりで、あの世界には義務教育というものがあるのか無いのか。
そのへんも固めないといけない。

そんなモノはない、ということにしたい。

あの世界は、この現実世界が学歴至上主義社会であるように、
ポケモントレーナーとしての力至上主義社会であるということです。

そこでは、トレーナーとしての腕オンリーで決定される
ピラミッド社会が築かれています。

そりゃそうだ。あの世界では全てがポケモン中心に回っている。
そこにおいて「ポケモンを上手く扱える・ポケモンバトルが強い」ということは
実際、それだけで大いに社会の役に立つ訳だから。

この現実世界で学歴が重要である以上に
トレーナーとしての腕基準で、強力な格差社会が生まれるはず。
ドラクォのD値みたいな。こういうドス黒い設定は良い)

つまり、ポケモン世界では、
ポケモンバトルが弱い奴=落ちこぼれ、人生の落伍者、ロクな就職先もない・・・
そんな感じの、ポケモンカーストが敷かれるわけだ。
(そりゃロケット団にも入るわ)


そんなこんなで、あの世界では10歳になると
ポケモンを持たせてトレーナーとしての旅に出させるのです。
義務教育の代わりとなるのが、それ。そういう世界。

そんでまぁ、あの世界での殿堂入りは
「一流国立大学の卒業」くらいの位置づけ、ということにする。

だから親も、このシステムに一切疑問も抱かずに、むしろ積極的に
子供を危険な旅に出させたがるのです。
(これだけで結構ダークな味付けが出来たけど、まだヌルイしヘボイ。
 更にもっと酷い真相を用意すべき)


で、最終的に主人公のせいで殿堂入りの座から蹴落されて
勝ち組人生への切符を失ったライバルはどうなるのか?等々にもなる。
逆にしてもいいけど。



ああ飽きてきた。
こんな感じで、まだまだ固めるべき設定は山ほど残っている。

バトル、モンスターボール、他のトレーナー、というか、「他人」
技、地理、政治、パワーバランス、そもそもどの世代か、などなど。


にしても、ここに書いてあることは全部、
「うるさい設定厨
真に「世界観」について調べて、理解してからモノ喋りやがれ」

って内容だし。

       /            、
       /// / /   、ヽ \ \       /
      / /  /   l     \\ ヽ         l  そ パ 売 自
    , / /   l  l  l   ,    ヽヽ       <   れ タ れ 己
    | | l   |  |  |   l     | l    |    |     │ な 満
    | | l   |│|  |   |      | | │  |    |    ン い 足
    l | トヽ |人|  |   人   l | | l 〃    |     で  っ で
    ' 乂 ∨_,イ\|\|ノ 卜、_ト、| l l //    |    す て 終
     ヽ∧八イじ^  丿 ^じト|  / / /     |     よ     わ
        l∧/            |// / /|     l            っ
     '⌒j人|ヽ    ′     八∨/ 「\                 て
   /    |  \ `ヽ二ニ'´ / /∨ |  \   ヽ
    |    人   `丶 _, イ ̄´    ノ     ヽ   \____
    |     ヽ             /      ',
    |       ` ‐--   --‐ ´
   ',  人            〈\
    |   ∧             ヽ ヽ
    |   /∧            `ヽ \_
   人   /∧          _// /`ヽ
     ヽ  /∧        (   / / / ハ



まぁこれらは土台。
その上で自分が描きたいものがあるとすれば、

ポケモン世界の腐った社会システム。
ポケモンが動物虐待なのはもう当然として、
ジム、ポケセン、殿堂入り、あの辺り全部腐ってる。
それプラス、勝手に追加したトレーナー実力主義社会。

そして、もっとちゃんとしたプラズマ団。
ちゃんとしたテロリストとしてのロケット団。
むしろロケット団の主張のほうが正しくあるようにしたい。



いや違う。それらも建前であって、
実際に自分が描きたいモノがあるとすれば、

ポケモンを使ったトレーナー同士の本気の殺し合い。
ポケモンがヒトを殺す。ヒトがポケモンを殺す。
幻想だった絆がぶち壊される瞬間。



でもそんなんで良いワケがなく
その先に何を表現したいのか、
ちゃんと考えてもいない。




あと此処に書いてあることは、どうせ一生使いません。

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄ ̄



では、何故今自分は、こんなのを書いてしまったのか。
そのワケが分かる人間は、この世に殆どおるまい。


いや、ホントすいませんでした。
関連記事
[ 2010/12/13 18:20 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)
No title
故・首藤氏による小説版が、その妄想の一助となる事と思われます。
まあ、どのメディアを基準にするかで、全然世界観が変わっちゃうのはポケモンの常ですね(ネットの二次だとポケスペ風なのが多いか)
二匹目のドジョウを狙ったメダロットは全てのメディアで根本部分(メダロットの起源)は共通している、というのと真逆なのが面白い比較になってると思います。どーでもいいか。
[ 2010/12/30 22:11 ] [ 編集 ]
コメ返信
> うんこ製造機 さん
まず、お名前がロックすぎますねw


> 故・首藤氏による小説版が、その妄想の一助となる事と思われます。

ほうほう。ポケモンの小説とかもあるんですね。
そしてそんなのを作ってる人ってなると若いイメージなんですが、もう「故」なのですね。

というか調べてみると、映画「ミュウツーの逆襲」の脚本家さんなのですね。
これはなんか凄そうですね。


> 二匹目のドジョウを狙ったメダロットは全てのメディアで根本部分(メダロットの起源)は共通している、というのと真逆なのが面白い比較になってると思います。

ポケモンの起源設定とか、ホント色々と考えられますよね。
別の星からきた生命とか。
自分は断然、遺伝子怪獣ですが。

もしくは人間の来世とか。
前世でポケモンを殺した人間は、ポケモンに転生して自分も殺されるという輪廻設定。
(これは「ポケモン不思議のダンジョン」の夢をぶっ壊すアイディアですw)

あとは、パラサイト・イヴ的なのもいいかも知れません。人間の進化の可能性。
そもそも、いくつかのポケモンは、
人間からポケモンになったというおぞましい設定がありますしねw
(ユンゲラーとかゲンガーとかデスマスとか)

[ 2010/12/31 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -