ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  アスキーアート >  寄生前夜

寄生前夜

なんか、まぁ、今日はそういう日なので
パラサイト・イヴ3 The 3rd BirthdayのアヤさんのAAです。

アヤ・ブレア
ウソみたいだろ・・・39歳なんだぜ、これで・・・

買うつもりの無いゲームなのにAAを作ってしまうというのがたまにある。


パライブ自体は、1,2ともに大好きなゲームでした。
どっちが好きかとなると、かなり難問。
どちらも、それぞれ良いところと悪いところがあります。

そんな感じで突然、パライブの思い出を語り出す。

PE1は、
その、妙に壮大なスケールと展開が好きでした。ホント映画志向。
イベントとか会話とか、かなり物語的に楽しめたと思います。RPG的にも。
あと音楽も好きです。

そのかわり歩くのが遅すぎだったり。何度もやる気にはならん。
当然だけどグラは2に劣ります。


PE2は、
ANMCという敵クリーチャーの設定が最っ高におぞましいです。
敵のデザインも、最強に狂っています。
(利他的行動のために自分の頭蓋骨を爆発させて攻撃する
 ブラッドサックラーとか、マジキチ。 頭がパーン\(^o^)/

あと、グラフィックはベイグラ等にならんでPS1最高峰だと思う。
特にシャンバラステージの背景とか、やばすぎ。
いま見ても、画質によっては実写に見える。

そのかわり、2はMAPとかがかなり狭目に感じます。
(DISC1とか、アクロポリスタワーとドライフィールドだけで
 あっという間に終わるイメージ。短すぎだろ)

あと、ゲームプレイ自体はどうなんだろ。
劣化バイオとか言われてるけど。


で、
PE3自体は、ずっと前に「携帯アプリで出る」とか聞いて勝手に絶望していました。

それがまぁ、今回PSPで出て、そこそこ良ゲーらしいという噂も
聞こえてきているので、本来なら喜んで買えばいいのに、
やっぱり「やる暇ねぇよ」って気がして、買えてません。


まぁ、「これが成功したらPEシリーズが
据え置きに移行するかもしれない」
とかなんとかいう噂を聞くので
売れればいいな、とか、勝手に思っています。


 

こっから先はAAの解説とか

原寸

                         . -‐===‐- 、  _
                    , '´   _, -=ニ二丶 ´ ̄ ` 、
                   /    . : : .     ⌒ヽ三二ニ、 丶
                 . :   . : : .      _. -‐==ミ、 \ \
                     , '  . : : : .  ´     `⌒丶\: .ヽ  ヽ
               .:'  / ///. ′      . : : : .\ヽ: : .  丶
             /  / /// . ′            : : .丶 : :.ヽ  :.
               ,'  //, ' , ' 〃 . :′         、 : .       : :..  :.
               ,′//.' , '/〃 ./,′   . :/   . :/\ : :      ハ:  :.
              .: /イ l.: /〃 ://  . ://  . //   ヽ: :i :    l i : :
              ; .: /| l.:/ / .:// : :/// . ; //      :∨l ; .  | l ; :.
            ;l :/ l| l/:/ .://: :// / ///      :.l | | i  .:| |. l .;
             l|,' :|l;/:/ .://∠.,_  // //       _,:|.| |│ .; l l:│i
           儿ノノ八l:/// //厂 `≧:.、 //   ,.:≦´ ̄ ヽ人| :/// │l
          ∥ イl:|| Ν:l |:///、_,.二, / ′.: : ,二.,__ ,. l :/|///.: /| |
          〃  |l:||.:| | | l 〃 ^'¨´⌒   : :  ⌒`¨'^′.:l//|// ;'〃レ|
          ; ′  Ⅵ:.| レ|ノ八: .          .::         . :// ;|/ ,'∥  :
         /'     |N八 人: .\: .       ::.       . ::// :/ 〃 ||  ,′
        ′      |人\:.\丶              ///./ l: .八
               ノ/ ヽ \ \.    ` ー'´      イ .:/| |:/
               /    ∨冫:..、    ∠⊇ ヘ、 / | .://| ′
                   ノ八 l|   厂\ \ //|// l/
                      Ⅵヽ \_/\  \ \

                      ||:    \  \  \ \
                      /  ||:     \  \  \__>、
              __, >'     ||:.         \  \ 〈〈 ̄\丶,__
         _,..イ|:|:|:|:| l: 丶、   ||: .        丿\  \ \  \l:l:|:|:|:|:ト、_
      ,  ´ ̄:::l |:|:|:|:|:| |:   `丶 :ll;_: : .   . : : :\ \  \ \_\:l:l:|:| |::: ̄`ヽ
    .       ::l |:|:|:|:|:| |       ll  ̄`  ´ ̄\ \\\ノ⌒\》.:l:| |::     ::.
   .:        :l |:|:|:|:|:| |         ll       ∥   ヽノ\\_/\  \| |:      :.
   l        |i|:|:|:|:|:| |:.         ll      〃      〉─ヽ/ // \  \__,_、:.
   |         |l|:|:|:|:|:| |l          ll    〃     ∨ ̄ \ ///\   / ̄〉〉 :
   |         |||:|:|:|:|:| ||         个==介       . :/ ,. イ`ヽ\ ///\/ ̄仄  :
   |         |||:|:|:|:|:l.从        | ┘||   . . : .::〈 《  |\ \\///  /ハ》
   │    、  八:|:|:|:|:|:l:仆.、_      | //|| . :/ ,..イ\\ノノハ  ∨∨  // /
   |      \//:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l≧,.、    ̄ ̄ :/ ,.≦|:|:|:|:|\\_|   Ⅵ\//∠〉   :.
   ;.       //.:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l.ヽ     . :/ /.l:|:|:|:|:|:lノ‐、 >‐ノ   ∨〃厂´     :.
   ;:.      //l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \   :/. l:|:|:|:|:|:|:八  ` ー'丶    \/: : .       :.
    :;:     :' l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:\\//l:|:|:|:|:|:|:|厂 \         ヽ:: : : .      、
    :.    │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|`Y´|:l:l:|:|:|:|:|:|:厂ヽ.  `            :: : : : .    ヽ
     :.   │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|::l;| │ |;l:|:|:|:|:|:|\ `              :; :: : : : .    \
      :.  │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\\;//l:|:|:|:|:|:|:/,.へ、               \: : : : :    ヽ
     :.   │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|`Y´|:l:l:|:|:|:|:|:|:l\\/\             \: : : :     丶
         ヽヾ|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|::l;| │ |;l:|:|:|:|:|:|:|:l:\\/〉> ,. 、           \: : :    :::.
      ;.     \:.|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\\;//l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\∠/l:|:/\           \: :    ::.
     │     ∨:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|`Y´|:l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l /   \           \:.   :.
     | :      Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|::l;| │ |;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:/      \           \
     | :.      Ⅳ|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\\;//l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/         \           \



9pts表示

                         . -‐===‐- 、  _
                    , '´   _, -=ニ二丶 ´ ̄ ` 、
                   /    . : : .     ⌒ヽ三二ニ、 丶
                 . :   . : : .      _. -‐==ミ、 \ \
                     , '  . : : : .  ´     `⌒丶\: .ヽ  ヽ
               .:'  / ///. ′      . : : : .\ヽ: : .  丶
             /  / /// . ′            : : .丶 : :.ヽ  :.
               ,'  //, ' , ' 〃 . :′         、 : .       : :..  :.
               ,′//.' , '/〃 ./,′   . :/   . :/\ : :      ハ:  :.
              .: /イ l.: /〃 ://  . ://  . //   ヽ: :i :    l i : :
              ; .: /| l.:/ / .:// : :/// . ; //      :∨l ; .  | l ; :.
            ;l :/ l| l/:/ .://: :// / ///      :.l | | i  .:| |. l .;
             l|,' :|l;/:/ .://∠.,_  // //       _,:|.| |│ .; l l:│i
           儿ノノ八l:/// //厂 `≧:.、 //   ,.:≦´ ̄ ヽ人| :/// │l
          ∥ イl:|| Ν:l |:///、_,.二, / ′.: : ,二.,__ ,. l :/|///.: /| |
          〃  |l:||.:| | | l 〃 ^'¨´⌒   : :  ⌒`¨'^′.:l//|// ;'〃レ|
          ; ′  Ⅵ:.| レ|ノ八: .          .::         . :// ;|/ ,'∥  :
         /'     |N八 人: .\: .       ::.       . ::// :/ 〃 ||  ,′
        ′      |人\:.\丶              ///./ l: .八
               ノ/ ヽ \ \.    ` ー'´      イ .:/| |:/
               /    ∨冫:..、    ∠⊇ ヘ、 / | .://| ′
                   ノ八 l|   厂\ \ //|// l/
                      Ⅵヽ \_/\  \ \

                      ||:    \  \  \ \
                      /  ||:     \  \  \__>、
              __, >'     ||:.         \  \ 〈〈 ̄\丶,__
         _,..イ|:|:|:|:| l: 丶、   ||: .        丿\  \ \  \l:l:|:|:|:|:ト、_
      ,  ´ ̄:::l |:|:|:|:|:| |:   `丶 :ll;_: : .   . : : :\ \  \ \_\:l:l:|:| |::: ̄`ヽ
    .       ::l |:|:|:|:|:| |       ll  ̄`  ´ ̄\ \\\ノ⌒\》.:l:| |::     ::.
   .:        :l |:|:|:|:|:| |         ll       ∥   ヽノ\\_/\  \| |:      :.
   l        |i|:|:|:|:|:| |:.         ll      〃      〉─ヽ/ // \  \__,_、:.
   |         |l|:|:|:|:|:| |l          ll    〃     ∨ ̄ \ ///\   / ̄〉〉 :
   |         |||:|:|:|:|:| ||         个==介       . :/ ,. イ`ヽ\ ///\/ ̄仄  :
   |         |||:|:|:|:|:l.从        | ┘||   . . : .::〈 《  |\ \\///  /ハ》
   │    、  八:|:|:|:|:|:l:仆.、_      | //|| . :/ ,..イ\\ノノハ  ∨∨  // /
   |      \//:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l≧,.、    ̄ ̄ :/ ,.≦|:|:|:|:|\\_|   Ⅵ\//∠〉   :.
   ;.       //.:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l.ヽ     . :/ /.l:|:|:|:|:|:lノ‐、 >‐ノ   ∨〃厂´     :.
   ;:.      //l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \   :/. l:|:|:|:|:|:|:八  ` ー'丶    \/: : .       :.
    :;:     :' l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:\\//l:|:|:|:|:|:|:|厂 \         ヽ:: : : .      、
    :.    │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|`Y´|:l:l:|:|:|:|:|:|:厂ヽ.  `            :: : : : .    ヽ
     :.   │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|::l;| │ |;l:|:|:|:|:|:|\ `              :; :: : : : .    \
      :.  │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\\;//l:|:|:|:|:|:|:/,.へ、               \: : : : :    ヽ
     :.   │l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|`Y´|:l:l:|:|:|:|:|:|:l\\/\             \: : : :     丶
         ヽヾ|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|::l;| │ |;l:|:|:|:|:|:|:|:l:\\/〉> ,. 、           \: : :    :::.
      ;.     \:.|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\\;//l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\∠/l:|:/\           \: :    ::.
     │     ∨:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|`Y´|:l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l /   \           \:.   :.
     | :      Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|::l;| │ |;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:/      \           \
     | :.      Ⅳ|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l\\;//l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/         \           \

今回は、目の部分の記号のグリフの変化とかを考えるに、
原寸表示の方がいいかもしれない。


でまぁ、あんまり語るトコはないような気もする。

あるとしたら
服の部分の|:|:トーンについて。

12pts上で7ドットずつ増えていく|:|:トーンは、
9pts上では5ドットずつ増えていきます。

「12pts上でで16ドット進むと同時に、9pts上で12ドット進ませる」
これを守れば、9ptsでずれないAAになるわけだけど、

その比率で考えると
|:|:トーンは12ptsで
6.666666ドットずつ進む必要があるのに
実際は、7ドットずつ進んでしまいます。

だから、こういうトーンを使うと、ポップアップ時にズレが起きてしまうということ。

今回は、それでもなんだかんだでズレてませんねーという話です。
理屈としては、上下で同等程度にトーンを使いつつ、
場所によっては全角スペースによって伸ばして調整しているか、
半角lなどによって縮めて調整している、という感じです。

(まぁそういうことをやると、16ドットの枠線で囲った上でズレない
 ように作るのは不可能になるけど)


あとは、
このアヤさんは本来、結婚指輪をしてるんですが
勝手に外させていただきました。

しらんけど、これ、相手はカイルなの?バカイル?

意味がワカラン。

せめてマエダかピアースだろJK。
(もっと言えばダニエルかルパートでもいいぞ)

関連記事
[ 2010/12/24 20:48 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -