ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  明日からがんばるさんがんばれ!

明日からがんばるさんがんばれ!

季節性の謎の頭痛が発生して死にたくなって発狂しているところに
死にたくなるレベルの神漫画が来たので紹介します。

紹介って言ったって、この漫画はあっという間に
pixivでランキング1位になっちゃったし、
いろんなとこで既に話題になってるから、もう当たり前過ぎるんだけど
まぁとにかく読んで欲しい。

自分は、とにかくこう言うモノが死ぬほど好きです。
(文字通り、死にたくなる)
(死にたくなるけど、どうしようもなく好きなんです)



 

どういうトコロが好きなのか。
上手く説明できないけど、
似たような作品を並べるとこうなる。

◆ ネムルバカ「駄サイクル」というワードで有名になった作品)
絶夢 (これも何度か宣伝した)
◆ 闇金ウシジマくん (バイトくん編)
◆ 僕の小規模な失敗
◆ 俺はまだ本気出してないだけ (これはどっちかというとギャグサクセスか?違うか)

並べてみてなんとなく分かってくる。
要素を抜き出すと、

・モラトリアム
・ワナビ
・漠然と何者かになりたい・成功したい自分がいる
・何かしたいけど何が出来るのかが分からない
・何者かになること自体が目的化されてしまっている
・夢を追う以外の人生には、何も無い
・むしろ進学、就職、退職などから来る圧力が凄まじい
・だからこそ、夢を諦めて普通に生きることすら、やるにやれない
・自分の力量の程度は分かっていて、絶望している
・周りの人間のレベルが高かったり、
 むしろ程度が低すぎたりして、絶望

・そして結果、人生はうまくいかない

まぁ、漫画家漫画アンサクセスストーリーって感じなんだが、
別にこのテーマなら漫画に限る必要な無いはずだ。
(ネムルバカは、音楽だし)
(なぜこういったモノは、漫画メディアであることが多いのだろか)

まぁその疑問は置いといて、
こういう要素に吐き気を催しながらも惹かれてしまうのは何故だろう。

自分を見てるみたいだから?
それはおかしいか。
大体、自分はもっと程度が低い。
(なにより、自分はこういう教育受けてないし)
そもそもこれらの作品の登場人物のように
「作品をパブリッシュする」ということすら、自分はしていないワケだし。

自分がニートになった経緯とか、その頃感じていた閉塞感を、もはや表現する気すら無い。
むしろ、これらの作品を消費することで、自分はその体験すら風化されてしまっている。
(これこそが「本当の絶望」の気もする)
(大体この人とかは、自分の失敗を作品に昇華できて、
 さらにそれが評価された時点で「救い」だよ)

考えてみると、主人公が逆境に耐えながらも最終的に成功するタイプの
ストーリーだったら自分には全然、来ないし。(まんが道とかか?)

末路、深淵、破滅?
「失敗願望症」という言葉がしっくりくるか。 自他共に。

とにかく自分は「失敗」というモノを恐れながらも追い求めてしまう。
別に、鼻から登場人物に積極的に失敗して欲しいなんて思ってない。
だけど、結果、それを求めている形になる。
こういった主人公達は、自分にとって、失敗しないとダメなんだ。
なんじゃそりゃ。酷い。


ちなみにこのpixiv漫画、あんまり有名になりすぎたせいか
カウンターの意見もちらほら見られる。
しかもそれを、現職の漫画家とかが言ってたりする。
(想像力のない成功者は黙ってろよ的なのしかない)

まぁそう言うのに限らず、
全然ロクに読まずにこの漫画を貶している意見も。
(まぁpixivで一位になった時点で・・・嫉妬か?)

「一体何を読んどるのかな」と思う。


いくらなんでも、ニート以下の読解で偉そうな批判するなよ、と感じる。

そうじゃなかったら、自分だってこんな発狂文章書いてない。


この人の絶望の根源は全て提示されているというのに。
この人は漫画の大学に入って、
なんの評価もなく就職もないまま卒業を迎えそうになってるんだよ。

それをして、
「結果だけを求めてる人間」だとか
「デビューを目的化した人間は失敗する」だとか
「周りの環境のせいにすんな」だとか
「20歳くらいで人生急ぎすぎ」だとか
「自キャラ可愛く描きすぎ」だとか
「結局失敗人生をアピールして被害者面」だとか
「こんな漫画を卒作にするなんて大学に失礼」だとか・・・

一体どこを読んだらそうなる?
そんな感想を持つならそれこそ何も読んでないだろ、と言いたくなる。


そもそも、作品のテーマを勝手に決め付けるのが良くないか。
(自分も半ば決めつけてしまってるが)
この作品は本当に、「大学への怨恨」や「不毛感」や「絶望」を扱ったモノなのか?

例えば「山下さんの罵倒ページ」にものすごく力が入っている時点で、
本当に言いたいのはむしろ、
この主人公のような「漠然とした漫画家志望者」への叱咤激励なのではないか。
むしろそう読み取るのが当然かもしれない。
そう考えると、上記のような批判は全て消え去るのが分かる。
(この作者さんに対して「周りのせいにするな」とか、あり得なさ過ぎる)

そして、そういう色んな解釈が出来る時点で、
自分が読み取れたテーマだけに決めつけて叩くとかありえんと感じる。
(そもそも作品にテーマ求める考え自体古くないか?)


でまぁ、結局最後は共感に落ち着く。
(自分とは別次元で違う人間のような気もしつつ)

例えば上の作品群だとネムルバカとか、死ぬほど好きなんだ。
「駄サイクル」に始まるセリフの一つ一つが。

「先輩 最近は周りに情報が多すぎて
 自分レベルの人間がどの地位止まりか
 早い段階で見えちゃうんですよ」


ネムルバカで一番好きなセリフがこれ。
(まぁこれ言った奴は先輩(石黒モチーフ)に殴られるんだけどね)

だから何だって感じなんだけど。


この漫画だと、
そりゃ78ページ目とかも凄まじいけど、

「人生で一番時間のあるとき・・・今出来ないようなら
 社会人になってもどうせ『忙しい・時間がない』とか言って
 結局言い訳して終わる・・・」


なんかこれが死ぬほど来た。

もうこのセリフだけで、これは神作品。


共感。 漫画が神な理由なんてそれだけで十分だろに。


関連記事
[ 2011/02/20 16:37 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/21 17:06 ] [ 編集 ]
コメ返信
> Ztaro さん

こんな発狂記事にコメントどもでする><

> 互いを支えて生きるからこそ「人」なのに、いつから優越感に浸りたがったのか。

なぜ「優越感」なんてモノがあるのでしょうね。
まぁぶっちゃけ、「劣等感」は好きなのですがw

> これも人間……いや生物のサガなのだろうか?争いも無く上昇志向の無くなった生物は、生ける屍に等しいんですけどね。

「自己顕示欲」「承認欲求」「目立ちたがり」「売名欲」色々ありますが、
そうやって考えると、ソレらの性質自体は
そんなに悪いモノでもないような気もしてきますね。
ソレが無かったら人間社会は発展しなかったでしょうから。
(まぁ、簡単に開き直って肯定してしまっても危ういですが)


> 誰かに頼って生きるという事は、誰かのせいにするという選択肢を今後孕むという事になります。
> この時点で自分という物に綻びが出来るんじゃないか、と予測しています。
> そして誰かのせいにしても、自分が生きてるからにはそれはやはりどうしようも無い事だと知るのも現実です。

人間、どこまで行っても「一人で生きて行く」なんてことは不可能ですからね。
そもそも生まれてきた時点で、他人から関与があるわけですから。

それを「他人のおかげで生きている」と捉えることも
「結局全て他人のせい」と捉えることも出来るわけですね。

これ自体は確かに正しいので
確かに誰にも否定、反論出来ないワケですね。
自分みたいにひねくれて捉えるとヤバいですがw


> 今、自分も18を経てもうすぐ子供と呼べる年齢じゃ無くなります。下手したらニートコースです。
> でもこれ以上何かに代償も無く縋るのは嫌と自覚してきたので、バイトをこっそり頑張ってます。

いやホント頑張ってください。
(なんて、ニートが人様に言えるワケもないですが)


にしても本当に世知辛い世の中ですね。

自分が18の時の原始人っぷりとか、
今の時点での精神年齢の低さとかを考えると、
やっぱり今の若い人であればあるほど
ワリとしっかりしてるように見受けられるんですけどねー。(ミサワかw)
思い込みですかね。

そして、そういうのに関係なく就職はないんですね。

ぶっちゃけ自分は、他人がニートになることを
一切止める気がない人間なので、本当に危険ですよー。


> この漫画とレビューを読めて何かが揺れました、この面妖な出会いに感謝の意を表しますです。
> それでも中々変われない人間ってのは、やっぱり難しい生き物ですな。

どもです。

結局自分もこの漫画を読んでグサッと心に突き刺さるモノはあったものの、
そうそう生活に変化はないんですよね。

この「変われなさ」もまた、「真の絶望」ですね。
これくらいのショックで心機一転出来たらいいんですけどね。
[ 2011/02/21 23:32 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/04/15 03:06 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無し さん


> 春アニメのピンポンオススメです


勿論ピンポン見てますよ!!


原作の漫画が滅茶苦茶好きなのと、
湯浅監督のアニメは全てハズレが無いこと、 (四畳半・カイバ・ケモノヅメ・クレしん映画・マインドゲーム等々)
というか自分は完全に湯浅信者なので、当然見ています。


ピンポンアニメ最高ですね。 

OPが未完成?なこと以外は
演出もアニメーションも素晴らしい出来で
こんなのが見れてしまっていいのかと不安になるレベルです。



しかしピンポンはシビアですよね。

死ぬほど努力してもアクマは結局勝てない。 才能がないからの一言で片付けられてしまう。

ペコとスマイル、
とにかく才能があるのが前提で、更にその上に努力を重ねないといけない。
いいコーチという環境にも恵まれないといけない。

そして最後に勝てるのは一握りの存在だけ。


そんな感じでしょうか。
[ 2014/04/18 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -