ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  3DCG >  有機変形とはなんぞや

有機変形とはなんぞや

とりあえずベイルできました。

ベイル

例の如くファイルはこちら。 うまく使いこなせよ。
↓mqoファイルのzipファイル
ベイル.zip IE系だと右クリック保存
(403とかで取れない場合は3DCG置き場へ)


にしてもベイルというのは、アーチと違って意味不明な変形をしやがるので
まだまだこれで完成とは言えません。
(だからちゃんとレンダリングする気もまだない)


ここではを作ったにすぎません。

だからこれからやることは
を逆に変形させてを作ること、
のピロピロと、を2つくっつけたを作ることです。

PVで
ルシフェルさん
「これは有機変形ではない」
「折り紙のようにきれいに畳まれているだけなんだ」

とか言っていますが、天界ジョークは意味がわかりません。

②⇔③間の変形は、
やはりただのモーフィングにしか見えない。

そして
①⇔②間の変形には、
エフェクトによる目眩ましがかかっています。
3DCG的に、これらの間には埋められない溝があると思う。

同様に、④⇔⑤間でも、
2つのベイルの間からニュッと生えてきてる部品があるけど
これも、畳まれているとかそういうのではない気がする。
単にそういうモデルを作っておいて、
の時はベチャッと潰しておくだけではないか。

そしてはまたに戻ってくるんだけど
そのときの継目はどうやって消滅させるのか。
誤魔化すしか無いのではないか、と思う。


やっぱりこれは、時間を軸にして
単にモーフィングしているだけにしかみえない。
(ルシフェルさんは、時間軸を自由に移動できるっぽいしね)

でもそれだと、「有機変形」とやらにあたってしまう気がする。


その上でこの変形を折り紙で例えた
ルシフェルさんの言っていることを解釈するに、
これは、2次元人折り紙1次元の視界で観察しても
畳む前と畳まれた後では、同じ形状(紙)だとは
理解出来ないような隔たりがある」
ってことと同じなのではないかと思った。
(3次元人の2次元視界では、「紙」であることに変化がないことは分かる)

同様に、「ベイルは4次元の立体・固体であって、
4次元上軸でのちょっとした回転を加えるだけで、
固体を覆すような変形はしなくても、3次元人の2次元視界上では
モデルに大きな変化が起こる」
って感じなのかと思う。
(そしてルシフェルさんの視界には、ベイルが畳まれているだけなことが分かる?)


つまりルシフェルさんが言っているのは結局こういうことではないか。
4次元目は時間ではなく、空間だと。


ラミエルさんの変形もそうらしいし。
そういやラミエルさんも天使ですね。お仲間ですね。
関連記事
[ 2011/02/26 16:47 ] 3DCG | TB(0) | CM(3)
No title
美しいベイルですね。私のブログで画像をお借りいたしました。ご容赦ください。動画を見てもらうとわかりますが、本気版(次回載せます)はもっと美しく作って折ります。
[ 2011/04/03 11:25 ] [ 編集 ]
No title
書き忘れました。当方の図像との対比させるため、上下、左右を反転させていただきました。こちらもご容赦ください。いろいろ検索をかけて一番美しい画像だったのでお借りしました。ご不満あれば削除いたします。
[ 2011/04/03 20:05 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 川合工房 さん

> 美しいベイルですね。私のブログで画像をお借りいたしました。ご容赦ください。動画を見てもらうとわかりますが、本気版(次回載せます)はもっと美しく作って折ります。

うおお!ありがとうございます!!

というか、自分も多少は折り紙を囓ったことのある人間として、
「スタイリッシュ折り紙」であるベイルは、折ってみたかったのです。

ですから、色々投稿されているニコ動でも「ベイル」で検索したりしていました。
そのためKawai工房さんのその動画は、既に見ていたりしますw


というか本当に凄いですね。
ウォッチリスト登録余裕でしたw


> 上下、左右を反転させていただきました。こちらもご容赦ください。

大丈夫です。問題ありませんw
こちらこそ使って頂いてありがとうございました。

[ 2011/04/05 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -