ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ニート生活 >  「不謹慎」「偽善」「自粛」について

「不謹慎」「偽善」「自粛」について

テレビを見ても新聞を見ても絶望的な情報しか入ってこないし
この世の終わりかと錯覚する。

気がつくと、一日中地震のことばっかり考えている。
(もちろん自分はロクな方向性で考えないが)

結局自分は混乱しているし、ある種興奮しているし、
また、発狂しているといえる。
で、発狂すると、こういう文章を書く。 どうしようもないね。


今回は、
「不謹慎」「偽善」「自粛」というキーワードについて、
なんか思ったことを書きます。 (キーワードというかマジックワード)

これらのキーワード中、特に「自粛」は重要です。
「この非常時に糞ニートが糞ブログを更新していやがる」という
事実の如何を問うためにも。


まず前提として、こういうの読んどいて↓
「今、Twitterやmixiで日常のこと書くと非国民扱いされることについて」


その上で、自分がこの糞ブログを
この非常時に更新する際、どのような心がけでいるかの言明です。


まぁ結果、クソ文章なので
精神衛生上だれも読まないほうがいいです。



  

「不謹慎」について

最近、やたらと目にする論調が、

・「こういう時に『不謹慎』といって他人の行動をなじるのはやめよう」
・「不謹慎と言いたいだけの奴こそ不謹慎だ」
・「不謹慎厨


こういうの。


つまりこのご時世、
何を発言しても揚げ足を取られて「不謹慎だ!」となじられやすい。
そういう風潮に反発しての、カウンターの概念が
ものすごい勢いで増えている。

そしてこういう、「不謹慎」という言葉をメタ的に捉えたり
不謹慎と言われることを先取りして、
「不謹慎かもしれないけど~」という前置きを付けた発言が、物凄く多い。


もちろん自分も最初期はそうだった。
3/12くらいの頃は、そういうことをぼやいていた。

でも、あんまりにもこの「アンチ不謹慎」的な発言が目に付くので
ひねくれ者の自分としては、もう一段階価値観を捻くれたくなる。


やり方としては3/12頃の自分の心理を分析すればいい。
結局、こういうのは自己防衛として言っているだけなのだ。
「なにか言いたいけど、『不謹慎だ』となじられるのが怖い」
だから、言い訳をつけたり、メタ的なことにしておく。


大体、「不謹慎かもしれないけど~△△」などと言うということは、
「不謹慎かもしれないけど~」という前置きを付けようが付けまいが
△△の内容が不謹慎に取れることに変わりはないわけだ。
(まさに「不謹慎かもしれないけど」というのはそういう意味だ)

ならば、最初からそんな前置きつけなくてもいいではないか。

それでもそんな前置きを付けるということは、
本当に言いたいこととしては
「これから自分は不謹慎なこと言うけど、自分は分かってて言ってる
だけから『不謹慎だ不謹慎だ』と安直に叩くなよ」

と、言いたいわけだ。

文頭に「不謹慎かもしれないけど~」を付ける心理はこんな感じ。

そこまで覚悟しているなら、
最初から正々堂々と、不謹慎なこと言えばいいんじゃないか?
今の自分は、そんなテンションになってきた。

自分でも不謹慎かもしれないと思っているなら、
そのまま押し黙るか、そんな前置き付けずに発言すればいい。



そして結局、
こういうことを言う人間が不謹慎なのか不謹慎でないのかというと、
ぶっちゃけ不謹慎な人間なんだと思う。 (自分がまさにそう)


「偽善」について

同様に、このご時世は何をやっても「偽善だ!」となじられやすい。
それに対してのカウンターもいっぱい見受けられる。

・「こういう時に『偽善だ』といって他人の行為を踏みにじるのはやめよう」
・「少しでも善意があれば偽善ではない」
・「偽善偽善って騒いでる奴が一番偽善者」


こういうので一番古くて有名なのがが
「やらない善よりやる偽善」って言葉だと思う。
まぁこの言葉は、あり得ませんね。


そして、「偽善」という言葉の解釈をリセットするモノもあります。

曰く、
「他者に利益が出た時点で偽善ではない」
「偽善とは他者に利益がでない独善的な行為を善行のように偽ることだ」

まぁ、これはこれで正しいと思う。

でも自分は、あまりにも最近こういう発言をみすぎたせいで、
またひねくれたくなっている。


結局↑の偽善の根本的解釈は、偽善の解釈を狭めているわけだ。

でも、そもそも人間の利他的行為なんて、突き詰めれば
全て利己的だということが分かってる。
(無償の愛というものはない。
 無償の愛とは…… 天国へ行くための「見返り」だからだ!)


ならばそれをして「利他的行為」という言葉が消滅するかというと、
別に消えないわけである。

ハチの利他的行動が全て利己的遺伝子で説明できたとして、
では「利他的行動」という言葉も全て「利己的行動」で塗り替えるかというと
そんなことは無いワケだ。


ならば同様に、
「少しでも相手のプラスになれば偽善じゃない」 なーんて狭義の解釈
偽善という言葉を狩る必要もない、ということが解る。


大体、↑の解釈だと、アグネスちゃんでさえ偽善者ではなくなってしまうではないか!

自分の基準としては、
「アグネスを偽善者と呼べない偽善の定義なんて、要らない」

やはり今まで通り、
すこしでも「あざとさ」が見え隠れする行為ならば、
どんな善行であっても「偽善」と呼んで良いと思う。



いや、むしろ自分はもっとひねくれよう
もっと、「広義の偽善」を使おうと思う。

自分的には、「善行をしたとアピールした時点で偽善」
ということにします。


つまり、これから自分達が被災地にいる人達のためにできること。
例えば
・節電
・募金
・献血

これらの行為をやったとしても、
やったことを報告した時点で、偽善者です。

そして自分も、そんなアピールは 死 ん で も し ま せ ん。
自分のブログで「〇〇をしました」的報告は、死んでもやりません。

(まぁ、自分は体重制限で献血は最初から不可能だけどね)


もちろんこの考えはこれから変わるかも知れないし、
「最初から偽善者だと思われないのなら」
それらのアピールをすることは可能といえば可能です。


「自粛」について

で、とうとう自粛についてです。

まぁ、わりと同じパターンですね。
このご時世、なにをやっても「自粛しろ!」となじられやすい(以下略

で、同様に、自粛連呼に対するカウンター概念と、
更にそれに対するひねくれニートからのカウンターです。
同じパターンなので書く必要もないですね。


んで、ここからは具体的な話。


このご時世に、
糞ニートが、
どういうわけが、
神の天罰も受けずに、
大した被害も被らずに、
のうのうと、生きている。 (なんという理不尽!)
のうのうと、糞ブログを更新している。 (なんという邪悪!)

被災地に居る人達は、
今も地震の被害に苦しんでいるというのに!


(まぁこのブログを読んでくれている人なら、
 ↑こういうのは通用しないってことは分かってくれるでしょうが)


ではどうすればいいか。
節電アピールも、
自粛アピールも、
謹慎アピールも、

全て自らの手で絶ってしまったニートが、どんな言い訳をしつつブログを更新するのか。


何もしません。

自粛に対するカウンター概念を持ち出したりしません。
前の記事と同様です。

自分がクズだから、
人の気持ちがわからないから、
死んだほうがいいような人間だから、
だからこそ、このブログはいつもどおり続けます。



まぁ、一番タチの悪い開き直りですね。

「こんな糞ブログ更新してる電力があったら
今すぐPCを窓から投げ捨てて、呼吸も止めて
被災地の方のためにCO2排出を抑えていろよ」

という意見も、分かります。

分かりますが、流石にそこまで言われたら
「じゃあなんでこのご時世にこんなブログ見てるんだよ以下略」
と、言いかえしたくもなる。


まぁ、誰にもそんなこと言われてないんですけどね。


どんだけ被害妄想全開で生きてるんだか。

関連記事
[ 2011/03/14 19:57 ] ニート生活 | TB(0) | CM(2)
No title
なんか嬉しいことでもあったんですか?
[ 2011/03/16 08:19 ] [ 編集 ]
No title
いい!共感。
[ 2011/05/02 11:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -