ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  自作ゲーム開発 >  スタイリッシュ守銭奴アクション

スタイリッシュ守銭奴アクション

我ながら、応援しているゲームをあそこまでdisれるのは
凄まじい性格の悪さだと思うけど、まぁそんなことは分かりきっている。

それより問題は、
「そこまで人様のゲームをdisるニートが作るゲームはどんなものか」
というのがあるかも知れない。 まぁその実態はクソなのですよ。

だがそれは当然でもある。
それは「映画評論家が映画が作れるか問題」に限らず。
「自分より絵が上手い人の絵が下手に見えることは可能」であるし、
「ゲーマーであればゲームデザインが上手くなるわけでもない」

ニートのお遊びと、一応はプロの仕事(それを職にしている・有償の)を
比べるのは、「それこそ自意識過剰すぎるだろ」ということにもなる。
(だが昨日の記事を読んでそういうことを思っている人はいそうだ)
 (↑こういうのが自意識過剰なんだよ)

結局、ニートがこのような事をいくら並べ立てても
「言い訳()」「自己弁護()」にしかならない。
最終的には「死ねよ」ということにしかならない。

でも、多少なりとも似ているトコはあるのだ。
「技術がないから抽象的で簡素な背景表示に逃げるトコロ」とか
「センスがないからサイケデリックな表現に逃げるトコロ」とかさ。
(そういうのはフリゲじゃ物凄くよくある話)
(ようは同属嫌悪か)

というわけで定期糞文安定でした。

いちおう、カマキリゲーの根本の部分が大体固まりました。
これで一応、ゲームとして遊べます。

3分以内に300円拾ってきてください。


全画面とか。

カーソルキー      移動/連打でダッシュ
Zキー             なんからを撃つ
Xキー              ジャンプ
Cキー          エフェクト出力吐血
Vキー           エフェクト変更


要は時間以内に金をあさましく拾うゲームです。


この後作るべきことは
ボス戦とか、
アイテムとか、
敵の種類とか攻撃パターンですね。

そういうのを作っていないプレーンな状態である今の段階が、
ある意味一番難易度が高いかもしれません。
(制限時間を伸ばすアイテムとかそういうのが無いから)

クソゲ

クソゲ

以下解説


 

解説のような言い訳のような話

金欠、体力0、時間切れ
ゲームオーバーになる条件が3つもあります。


酷いのは、弾を撃つのにもお金がかかること
だから、テキトーに撃っているとすぐ金欠になります。
(こんな酷いシューティングが未だかつてあっただろうか)


なんでそんなことになっているかというと、
「自分はZキーを押しっぱなしにするSTGが嫌いだから」
意味が分からないから。
(連打するアドバンテージがあるならまだいいけど、
 プレイ中ずっとZを押してるだけなのは本当に意味が分からない)
(それならまだ射撃ONOFFをトグルにした方がいいと思う)
(・・・またなんか他のゲームをdisってるぞこのニートは)


まぁこの、「金減りシステム」のおかげで、
命中技術を高める必要と、どの敵をどう狙うか、
「いかに出資を回収するか」
を考える必要があるわけです。

(あと「攻撃と回収のタスクの切り替え~」とかなんとか)
(Z押してない間は高速移動できるのとかはそういうこと)


基本的に正多面体として面が多いヤツほど硬くて、
持っている金や注射器(ヤク)も多いです。
そして「倒すと落とす金 - 倒すのに必要な金」も、
大きくなっています。
だからデカイヤツを狙うのが基本ではあります。


その他やったこと

◆加速・減速
カマキリの立ち位置でステージの進むスピードが変わるようにしました。
画面向こうに近ければ加速、
画面手前に近ければ減速します。


画面向こうに向かってダッシュジャンプ連打すると
かなりスピードがでます。


このゲームは運ゲーにみえるかも知れないけど、
自分の中ではそう思っていなかったり。

ランダム要素というのは、繰り返し試行をすればするほど、
安定して収束していくものです。

そのためにも、加速できるシステムにしました。
ステージの進むスピードに応じて敵も出現していくので、
これによって敵の配置をある意味確率操作できるわけです。


都合のいい敵が欲しい時とか、
「正二十面体」とか、「空中にいる雑魚」とか)
体力がヤバい時に注射器を落とす赤い敵が欲しい時とかは、
ちょっと危ないけど加速します。

逆に、手堅く倒したい強敵を相手にしている場合は
減速します。 (というか必然的にそういう動きになる)


他にも、銃撃したとき敵の位置を操ることが出来ます。
金は一回だけ反射するようにしましたが、
画面端で敵を倒すとその距離が短くなってしまいます。
その分、金を逃す確率が高まります。


そういうとこも操作する腕によって差がでてくる要素です。



まぁ結局やってみれば分かるけど、
ランダム要素で構成されたゲームであっても、
「機を実力で操作できる」のであれば、
結局、結果はほとんど固まってくるのです。


実際、「3分以内に300円をかき集められるかどうか」
スキルが上がれば確実に達成できるようになると思います。


(もちろんこれもランダムゲー作者の言い訳ですが)
(そんなことより問題は、こんなのやってて面白いかどうかなんだけどね)


でもこういう話は、人生にも言えることだと思う。

「人生は運ゲー、初期配置ゲー」ではあるが
それを実力で軌道修正できるのもまた事実。

(まぁ、その実力もまた、初期配置に依るモノだから
 結局全て運ゲーだということに戻ってくるんだが)


で、大体の道中の根本のところはこんな感じだと思う。

んで、この後やることは
ボス戦、新アイテム、敵の攻撃とか敵の種類の作り込みですね。


つまり、こっからの作り込みが一番時間がかかります。


ボスは、
お金を集めると出てくる感じ。
それまで集めたお金で戦う感じ。
最初のボスは300円で倒すわけですね。
つまり、ボス戦で苦労しなければ
次のステージの金集めも短くなるわけです。


アイテムは、
金と注射器の他にも
制限時間を伸ばすアイテムと、
あと、前作にあったようにネギを実装したい。
(実はネギはシフトキーを押すと
 現時点でも出てくるけど、
 何も考えてないのでバランスブレイカーです)


敵の種類と攻撃は、
前作で全く作れなかった部分なので、
頑張ってみたいトコロだけど、
どうせまたテキトーな感じで終わる可能盛大。




それにしても
なんでこんなダラダラしているのかというと
やっぱゲームをやるようになってしまったからではないか。

関連記事
[ 2011/04/16 17:54 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -