ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  2年ぶりにヱヴァ破の感想

2年ぶりにヱヴァ破の感想

さて、実況時には殆どロクな感想が呟けなかったけど、
(破は展開が早すぎるから、リアルタイムで大した考察は吐けない)

あらためて2年越しくらいで、ヱヴァ破の感想を書いてみようと思います。
(破を初めて観に行った時の感想文はコレ。2年前の文体ってやっぱ違う)

もちろん自分はエヴァヲタとしてはニワカレベルの雑魚だけど
それでもエヴァは大好きなのだ。


そして未だにこの、
「旧劇の頃のコンプレックス」が完全に抜け落ちて
「綺麗な熱血モノとなった新劇」を楽しめていない人達がいる。


そういう人達は、旧劇を持ち上げて、
「新劇はツマランツマラン」と言い続けているんだけど、
自分に言わせれば、
「そういう人達は本当に旧劇も愛していたのか?」という感じがする。


よって今回は、そういう人達のためにも
分かりきった当たり前のことではあるけれど、
新劇の楽しみ方を、ゆとりニワカのニートが書いてみようと思う。

(だから前置きがむちゃくちゃ長いです)
(というか半分以上が前置き)



 

前提
「そもそも新劇とはなんなのか」

これをどう捉えるか。


「エヴァで大当たりしたけどそれ以降実写でコケた庵野が
また金のなる木のエヴァで二番煎じをしてる」

みたいな捉え方をしてるヒトは、そりゃまぁ新劇を楽しめないわ、とは思う。


では新劇とはなんなのか。
旧劇の一部の設定を踏まえつつ、
少しずつレールを外れていくこの物語は一体なんなのか、という話。



一番分かりやすい考え方は、
やはり「ループ/パラレルの一種」というもの。

今風に言えば「まどマギ」である。
カヲル君なんかは、序破ともに、ループやパラレルの観測者のような発言をしている。

そもそも序のときの庵野秀明の所信表明
「『エヴァ』はくり返しの物語です。」という一文が明記されています。
(当然、まどマギのずっと前のこと)


だから、新劇は、
「ループ」であるなら、旧劇でサードインパクトが起きた後、
(何故か)世界がリセットされてまた新たに始まった世界と考えられるし、
「パラレル」であるなら、そもそも別の可能性として
旧劇とは交わらない世界として展開していく物語と考えられる。


ちなみに自分は、
『ループといえばループだし、パラレルといえばパラレルだし、
スターシステムといえばスターシステムだけど、
そこまで厳密にループであることが設定に関わってくる物語ではない』

くらいの捉え方をしています。

つまり、
根本のところでは「繰り返しの物語」ではあるけど、
何故ループが起こったのか、
誰がループを起こしたのか、
何のためにループを起こしているのか、

そのあたりの部分が、そんなに核心に関わって来るお話ではない。
そんな感じの捉え方です。



「で、新劇がループ・パラレルだったら何だというのか」

少なくとも次のような捉え方が素直にできるようになるということです。

・これまでの話をナシにするわけではないということ。

・大人たちも、子供たちも、(そして使徒たちも)成長しているということ。

・そしてなにより、世界の崩壊(旧劇)を知った上で、
 「熱血・成功パターン・カタルシス」を楽しめるということ。

・他の世界の多様性を否定するわけではないということ。
 旧TVシリーズはともかくとして、
 貞本漫画版のズレもパラレルによるものだと考えられるし、
 正式に続編の名を与えられているPS2版の「エヴァ2」だって
 あの分岐するシナリオ全てが、多様性の一種だと捉えられる(JA改最強




つまり「ループ・パラレルモノ」としてのお約束の楽しみ方
「前の世界ではあんなに悲惨だったのに、イイハナシダナー」
「別の世界ではあんなに軟弱だったのに、セイチョウシタナー」
「何度もやり直して成功する世界にたどり着いたんですね、ガンバッタンダナー」

などなどが、普通に出来ますよ、ということ。

(まぁガチホモがシンジさんのためにそれをやったというなら、
 変態ほむほむ以上に台無しなような気もするけど)



もちろん、「新劇はループなんかじゃねーよボケ!!」
という考察をしている人達もいる。

新劇がループであることを示す断片はたくさん見られるけど、
そりゃ、「ひぐらし」や「まどマギ」のように
厳密にそれらがシナリオ全体に関わるような伏線であったり、
なにか矛盾のない変異であったりはしなかったりするので、

「新劇はループじゃねーよ」という主張をすることは
「新劇はループだよ」というのと同じくらい、たやすかったりはする。



もちろん、どんな考察をしても自由だとは思います。

ただ、新劇が「ループ・パラレルでありうる」ことも知らずに
「なんとなく二番煎じしてるだけでしょ」という捉え方のままで
テキトーに新劇を見て、
「なーんか旧劇の頃のドロドロしたのが抜けきっちゃって、
 サッパリ垢抜けちゃった新劇はつまんねーな」

などと言っている人が、やはり多いような気がするのです。


だからこそ、当たり前のことだとは思うけど、一応、
「ループ・パラレル解釈だとこういう楽しみ方が出来ますよ」
ということを書いておくのです。



まぁいずれにせよ、「エヴァ旧劇は見とけよ」というのは大前提なんですけどね。


ループ・パラレルじゃなかろうが、
新劇は、旧劇を知っているだけで楽しみが倍増します。

旧劇を知っていることがネタバレにはならないからです。
そういう「いい意味での裏切られ方」をされるような構造になっています。


初見時は、「えっあれがああなちゃうの!」という驚きが出来るわけだし。
(その最たるものは、アスカが3号機のパイロットになったことか)
(あと、暴走ではなくシンジさんの意思によってゼルエルを倒す展開も
 ビーストモードの意味がわかれば、ちゃんとカタルシスになる)


んで、
初見時はその驚きだけで楽しめばいいワケだけど、
何度も見るのであれば、もっと次の領域に進まなければならない。

つまり、
「何が変わったか」という驚きから、
「何故変えたのか」という考察に進まないといけない。

そういうことをせずに、
破を何度も見てりゃ、そりゃつまらなくなってしまうワケですよ。



(ただ、この「何故変えたのか」の考察は
 あまりループ/パラレルにかかわらない部分で行うし、
 かなりメタな部分に入りますが)



というわけで、ここまでが前提。

ここからは、
自分が今回あらためてヱヴァ破をみて、
なんとなくここはどうしてこうなったのかを考えた部分です。



「何故新劇はアンチドロドロなのか」

新劇は、旧劇にあったドロドロ要素がことごとく排除されています。

◆おそらく無くなったであろう設定・展開
・リツ子が、レイを憎んでいる
・リツ子とレイが、ゲンドウを奪い合っている
・アスカが加持さんに憧れている
・あとはトウジと、レイがアルミサエルで死んだりね

こっからはよく分からんけど
・多分ぽかなみさんは2人目ですらない
 (Qでナオコが出てくるかどうかすら微妙)
・下手したらEVAのパーソナルとして
 母親の魂を生贄にした設定も、無くなったかも知れない
・加持さんが新劇でも死ぬかどうかは、微妙



で、
「こういうドロドロ要素が無くなったから新劇はツマラン」
と言っている人もいますが、
やはりそこは、「何故ドロドロが無くなったか」を考えるべきなんだと思う。


それはまぁ、「庵野がモヨコと結婚してド欝が治ったら」みたいに
考えることも出来るでしょうが、
自分としては、「またドロドロをやったら、それこそ二番煎じだから」
だと思っています。


自分も、エヴァの旧劇は、鬱アニメとして最強だと思っています。
「Air/まごころを、君に」
あれほど自分の心をズタズタにしてくれたアニメ、というか映画はありません。マジで。

だからこそ、鬱アニメとしての傑作がみたいのであれば、
それこそ旧劇を観ればいいだけなワケで、
またしても新劇で観客の心を折る必要はないのです。


その上で、
新劇はアクションと、カタルシスに最強特化しているのです。

もう今更、欝に舞い戻る必要はないのです。
(そういう意味でも、まどマギはエヴァの遙か後ろを歩いている気がする)


だから当然、Qでも鬱展開はないと予想しています。

「春エヴァのことがあるし」
「どうせまた、アスカが助かると見せかけて鳥葬なんだろ」

みたいなことを予想している人もいますが、
賭けてもいいです。Qで鬱エンドはないです。

それをやる脈絡がないからです。



とかまぁ、そういうメタレベルでの「脚本のアンチドロドロ化」
そして、裏設定としての「ループ・パラレルの可能性」

それらを踏まえれば、
新劇が欝展開じゃないことを不満に思うことは無くなると思うのです。




実はこの辺の話が、大体したかったことです。


あとはどうでもいい、あらためて気付いたこととかを、並べておきます。



新ゼルエルさんは、ガメラ3のイリスに似ている。

ちょっと箇条書きマジックしてみます。

◆ゼルエルさんとイリスさんの共通点
・ヒロインを食べちゃう所
 そんでもってコアに取り込んじゃう所
・敵を吸収して、その性質、能力をコピーする所
・防御力が高そうで、意外とインファイトに弱い所 
 (ケイジ内の戦いは、京都駅での戦いだよねー)
・そもそもゼットンオマージュの「最強の敵」である菱形の発光体を持っている所
・ヒロインをコアから抜き取られて死ぬ所


そしてなによりも、
バニシングフィストでやられる所。

初号機が、失われた左腕をATフィールドで再構築させて、
それをゼルエルさんにブチ当てる。

ガメラが、失われた右腕にプラズマ火球を当てて再構築させて、
それをイリスさんにブチ当てる。

そっくりですね。


とかなんとか、そういう視点で見てみると、
ヱヴァ破ガメラ3は色々似ている。


でも、別にそれはパクリじゃない。
なぜなら、そこには樋口シンジさんが居るだけだから。





ヱヴァ破のラストの展開はウテナに酷似している。

破で、シンジさんが綾波に手を伸ばして叫ぶ。
「綾波、手を!」
「来い!」
「綾波は綾波しかいない、来い!」


この辺、ウテナの最終回にそっくりだったりするのだ。
(最近ウテナを見た。ハマった)

ウテナが姫宮に手を伸ばして叫ぶ
「姫宮、手を!」
「はやく手を!」


とかなんとか、まぁ随分と似ているので、
これまた「ヱヴァ破はウテナのパクリ」とか言ってる人がいる。


でもやっぱり、これも別にパクリじゃない。
なぜなら、
ウテナのシリーズ構成の榎戸洋司さんは、ヱヴァ破の脚本に噛んでいるから。


つまり、ガメラにせよウテナにせよ、これらの符号の一致は
パクリじゃない。そしてオマージュでもない。

同クリエイター達による、
自作品の展開の「昇華」であり「リビルド」なのだから(キリッ



だからこそ、
旧劇で、2人目レイがアルミサエルさんに殺された展開にはならなかったのだ。
ウテナが手を離してしまったような展開にはならなかったのだ。
云々



あと、さらに瑣末なことだけど。

「なぜガチホモはロンギヌスの槍をブッ刺したのか」

超神展開キタコレ!と思ったのに、
あっさりと封印されてしまって「なんじゃソレ」
と思った人も多いと思う。

でも、やっぱりこの展開も必然だと思えてくる。


普通に考えると、これは
「カヲルはシンジさんのためにも、サードインパクトを止めたかったから」
なわけだけど、メタな所でこの展開変更を考えてみる。


なぜなら旧劇の時、「どうやってゼルエル撃破後の初号機を回収したのか」
ってのは、謎すぎるから。


S2機関を取り込んでエネルギー∞になった初号機が勝手に止まるはずはなく、
シンジ君も溶けているので濃度圧縮しようがそんなの関係ない。
つまりリツコさんが言うとおり「止めようがない」のだ。

一応貞本漫画版では、「これに対する回答」を出してたけど、
正直、かえって矛盾点を増やしている。 
ジオフロント下で戦ってた初号機が
なんで第3新東京市の兵装ビルの罠に引っかかってるの?
「いつの間に上に行ったんだよ?」と。


いずれにせよ、ネルフ側に初号機を止める手段なんて無いのである。


ではどうやって次の20話「心のかたち 人のかたち」の展開に持っていくかというと、
最強の停止信号プラグであるロンギヌスの槍で貫くしか無い、というワケ。

それがこれ。

だから、ガチホモが槍を使ったのは必然なのです。

(あとこれにより、アラエルさんのリストラも確実だと思われる)



最後に、Qについて

ぶっちゃけウルトラマンを嗜んでないと、
新劇のこれからの展開はサッパリ予想出来んと思う。

自分はウルトラマンさっぱりなので、分かりません。
まぁそれでもいいんだけど。


で、どうなるんでしょうね。

             / : :  /  /⌒ヽ    _
             /  : : /  __/     \′  ヽ
             /   : :/  / /            \_
          '      .:/   _/  /  . . : : : .       : : .ヽ
        /      .:イ //   ′. : : : : : :/|        : : .\
        .:       :/ ∨. :,'   . : /: : : :.:/\_|: .    l     : : : :.
       |       :|: : |: : l  : : / : : :∠   |: : :/  .:|  :.  : : :.',
       │  丶  :ヽ_;|: : |: : : / .::/__`ヽ\_,.|:.:/: :l;、: :|   .:∧:      /
        ヽ:.   \ 〈「|: : |: : /..::/ イじl l   |/|:/∧:.:|:|: : . : | :/     /
         \: .   : 八:/: : :;  └┘    l ∨/∧|/∧|: : |ヽ|/__/ . : : : /
         _>─: :ヽ厂∨\|       _ 〉 ∨// //八: :|: : \: : : : : : : : /
    、    ` ̄ ̄/ : :∧ 〈              \///: : 〉,': : : : .` < __´
     ` ̄ ̄ ̄ ̄/: : :/ ∧└       , ─ 、     j厂: : : /: : : : : : : : : : . .  ̄ ̄ ̄ ヽ
      . . . : : :∠: : :/ ://'⌒ト            /\: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
               . : /: : : : ノ| ヽ          /. : : .\: : : : : : : : : : . .
             . : : : : : : : :/. :|   \      /|: : : : : : : .丶 : : : : : : : : : : : : . .
         . : : : : : : : : :/ . : : |.     \_/|: : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
    . . . : : : : : : : :/ . : : : : : : 个─────个: : : : :/ ̄`ヽ: : : : . \: : : : : : : : : . .
   / ̄ ̄ ̄ ̄´/: : : : < ̄ヽニ ニ厂 ̄|//》─< イ厂ヽ ',: : : : : . \ ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : .
            /: :>´___ノ   ∨_/  ∠二、   ヾ/__ノ  l: : : : : : : . \
        /: :/∠二二厂 ̄ヽ  / ̄ ̄ ̄\     /\ l: : : : : : . ´ ̄\
         '⌒  ∠二二.ノ ∠二.ヽ∠二>=ニ二二\  》//// |' ̄ ̄ ̄`ヽ
           /´ ̄ ̄ ̄ ̄\ 0 2 /=ニ二二二二 ヽ |///  |



        /〈       /'⌒>ー───ヘ: : : : .\    │ / ⌒ヽ
          、|: :ヽl⌒>/  . :      : : : . . \: : : : .>r┬< . :<⌒ ー─: :/
          : : :厂 /  . .:        : : : : : . \/. :/: ハ  丶 : .ヽ   . :/    、
          ',:ノ      :/          : : : : : : . ヽ : : /: :;     : :. . :'  ̄ ̄`ヽ :.\
        /       .;            : : : : : : : . ',:/: : :| : :/   : : l : :     : : : . \ 、
        /   .;     :l     :.       : : : :丶: : :l、: : :| :/     : : :| : .      : : : : : .〉 〉
     / /  .:/     . :|: .    l       : : : : :l: : :l \: :|/    : ; :| : : .\ . . : : : : : : /
      /  .:/    : :/| :l    .:|  丶  : : : : :l :l |/'⌒ヽ:.     : /:/ : : : : :.>─‐ 、
     :/  .:/     : :/ | :l   : :l \_ ヽ: : : : :l八| ⌒〉 l:;    : :| ′、__/       \
      | : :l    . :  l :|:.  : : l/// >、\: : :l    / l:l   : :|/|/         _  \
      | : :|l  : :/  >_、:ト: . : : l ∨////ヽ : : :l  、  丿|:.   : :l  l      l 〃⌒ヾ  \
      ',: :八 : / \|Jlトヽ: :│ \////,ハ : :|| ̄l: :.|l   : :ヽ \    l |l \_l|     \
       :/  〉:八 ー‐ヽ V;リ  \|   ` ̄ ̄ l: :l  |  厂八    : : ` < __, ヾ=彳/   
        '  /:/   . : ∧¨ノ       />、  ∨ :l //  \     : : . . >─── /─ヘ、__ 丶
         /:/   : : /  :.   \´ /.イ: : : :.         \    : : : : : . . . /∠/////////> 、
       /:/   : : /    \   <   l: : : :;ハ   / /: : : :.、   .:>────<_/\ ` <////////
      ´  /   : :. l      > 、  \ 「 ー‐' / / /: : : : : 》  /  ∠二八_____\  ` < ///
       イ    : .ヽ__/∠⌒ > 、 ー─' /厂 ̄`ヽ  /  // / /  /  / : :/  ヽ
       丶 ____,  ⌒          ー‐'   l\厂\ ┘ / /  / /  /  / : :/    ヽ
                                        / :|   \_/ /  / /  /  / : :/      \


金ローの予告では
まーた大尉が生存報告して
2号機がトップをねらえ!してましたが。

あれは一体何と戦ってるんでしょうね。


「使徒には役割があって、
旧劇の使徒の役割を新劇の使徒は受け継いでいる」

的なことを自分は考えてるけど、
当然、役割を奪われた使徒はリストラされるわけですよ。
(リストラされたからこそ、役割が統合されるとも言える)


一応残ってる使徒はアラエルさんアルミサエルさんなんだけど
こいつらの役割は、

アラエルさんの役割
・弐号機と弐号機パイロットの侵食
・ロンギヌスの槍の遠投

アルミサエルさんの役割
・第3新東京市の破壊
・零号機の破壊
・零号機パイロットの侵食


くらいだと思うけど、
それらは全て、新バルディエルさん新ゼルエルさんに受け継がれましたね。

だから、この二人の出番はないと思う。


では、残りの使徒は、タブリスとリリンを含めて12使徒なのか。

それとも、「全く新しい使徒」が出てきて、
それと全エヴァが、宇宙で戦う展開なのか。

(それで全13使徒)
人間=リリンが13使徒とかステキやん?


それくらいのトコロまでしか予想できません。
(初見の感想から何も成長していない・・・)



ちなみに、あんな絵を描いたりしてたけど、
カヲルとシンジさんが戦うのがよく分からんけどね。

カヲルがロンギヌスの槍を投げた理由は、
上記の通りで、別に敵対してるからじゃないしね。

つーかガチホモだし。





以上レポっす。チラシの裏すんません。


関連記事
[ 2011/08/28 17:47 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(7)
仮設5号機の大ファンです。
エヴァドット絵シリーズに
仮設5号機も追加して
いただけないでしょうか?
[ 2011/08/30 21:44 ] [ 編集 ]
コメ返信
> エヴァドット絵シリーズに
> 仮設5号機も追加して
> いただけないでしょうか?


はい。作ってみたいと思います。

ですが今の自分はなんというか、

昔のフォーマットというか
昔のクオリティに合わせてモノを作るとかシリーズを追加するとかが、
苦手なのです。


昔のシリーズ無視して
256*256以上のサイズだったら
むしろ頑張れると思うのですが、

そういうドット絵でもいいですか?
それとも小さくないとダメでしょうか?
[ 2011/08/31 20:14 ] [ 編集 ]
仮設5号機なら
なんでもいいので、お願いします。
[ 2011/09/09 06:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
分かりました。
というか作り始めてはいるのですが
やはりサイズが大きいし、今のニートはヤル気がないので
一週間とか以上、かかるとは思いますので。
[ 2011/09/11 23:45 ] [ 編集 ]
どうもです。
実を言うとガメラとゴジラ
だいすきです。
保育園生の頃からのファンです。
あ、ガメラとゴジラのドット絵も
ちゃんと保存してます。
[ 2011/09/12 16:29 ] [ 編集 ]
結局、Qは鬱展開になってしまいましたね
[ 2014/10/13 01:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> 名無し さん

> 結局、Qは鬱展開になってしまいましたね


まぁ鬱は鬱でしょうが、終わり方は希望がみえるというか。


そういやこれはQ見る前の破の感想文ですかね。

見事に踊らされてるといった感じでしょうか。

でもこの後、手のひら返す記事を書いているので自分的にはそれでOKなのです。
この時点まで全力で夢を見せておくのがエヴァであると。

[ 2014/10/15 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -