ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  Flash作成過程 >  花火メーカー作り その2

花火メーカー作り その2

やはりまだまだ途中ですが、エフェクトメーカー
この位の所まで作って、かなり飽きてきた。
まずは花火をそれなりに作れるように。


全画面とか。
Zキー 花火発射
Xキー 一時停止・再生
Cキー コマ送り


パラメーターは必要最低限なものを考えてたらこんな感じになりつつあります。

「横数」「縦数」で、エフェクトの数を管理します。
「初速」は、エフェクトの撃ちだされる初速度。
「減速」は、削られていく速度のパーセント。
例えば、減速が5だったときは、フレーム毎に速度が95%になります。
「打上」は、「初速」とは別に上方に打ち上げられる速度。
このパラメーターを付けないと花火っぽくならなかったので。
「重力」は、重力加速度。
これが大きければ大きいほど、下にピューンと落下する。


結局、球面上にランダムにばらまくのではなくて
縦分割と横分割に数を当てはめるやり方にしてしまった。

なんでそんなアホなやり方を採用したのかというと、
例えば「雨の飛沫」などのエフェクトを作る時、
横数を増やし、縦数を1にすることで、
ドーナツ状に広がるエフェクト群も作れるようになるからです。
つまり最終的に、花火「以外」にも対応するため。 あと楽だから。


で、現時点でも「多少の花火的なモノ」は作れるようになったので、
実際に出来たエフェクトのアニメを、ラスターとして保存してみる。

花火gif花火gif


このような使いどころの分からないGIFアニメにもなるし、

こうして出来たものを「更に」フラッシュの素材として取り込み、
そのまま花火にすることも出来るワケです。



全画面とか。
Zキー 花火発射
Xキー 一時停止・再生
Cキー コマ送り


「リアルタイムに粒子を描画するよりは軽かろう」ということで
このように、大量に花火を打ち上げることも出来るようになるのです。

※とか言いながらZキーを押しっぱなしにすると、
  あなたのCPUが死ぬおそれがあります


死の花火

関連記事
[ 2011/09/09 19:20 ] Flash作成過程 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -